「スイミング」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スイミングとは

2017-05-28

久しぶりに体重体脂肪率を計ったら……

一人目出から約6年。

ずっと母乳育児をしてきたが、最近末っ子もあまりおっぱいを飲まなくなって来て、いつ卒乳してもおかしくない感じ。

私は母乳の出る量の減少と共に、産後から無尽蔵だった食欲が減退してきて、年相応の食事量で充分満足出来る様になってきた。

が、酷く偏食な子供達の残り物をつい勿体なく感じて、満腹なのにそれを無理に食べてしまい、常に胃もたれしている今日この頃

皆様におかれましてはいかがお過ごしですか?

私は逆流性食道炎をぶり返しそうです。

あと、近頃身体が重く感じて、立ち上がる時につい「どっこらしょ」って言ってしまう。

きっと、母乳が出なくなりかけている事による消費カロリーの減少と残飯処理のせいで太ったのだろう。

あーあ、と思っていたところ、子供が通うスイミング教室の待合室の片隅に「ご自由にお使いください」と貼り紙されている体脂肪率測定機能付き体重計があったので、乗ってみた。

43kgしかなかった。

なお、私の身長は154cmである

この身長でこの体重だと、鶏ガラボディーに近いと思う。適正体重はたしか51kgくらいだったはず。

昔、大学時代に困窮極まりない時期があって、その頃に44kgまで痩せた事があったが、その時期は真冬で、三ヶ月のうちに三回もインフルっぽい高熱で寝込むなど、体調が悪くて悲惨だった。あの頃よりも軽いって。

だが、体脂肪率20%だった。

これは女性としては普通健康的な部類なのではないかと思う。けれども、どちらかといえば病的な痩せに近い体重で(見た目も結構ショボくれてしまっているが育児で疲れてるのでやつれているだけで体重関係ないと思っていた)、しか20%の体脂肪率とはこれいかに。

体脂肪率体重以上に長らくはかっていなかったけれども、記憶によれば学生時代の困窮するよりも以前は体重48kgで17%位だったんじゃないかと思う。

ちなみに、私にはバイトの賄いで昼は豚カツ夜はカツ丼を食すへヴィーな日々を送った経験もあるのだが、その期間は体重が最高で57kgにまでなり、しか体脂肪率は具体的な数値は忘れたけれども肥満領域にはかろうじて届いた事はなかった筈だ。

若い頃の私は、運動音痴だったわりに筋トレ大好きだったか筋肉質で、骨密度もやたら高かったので、意外と体重が重くて体脂肪率は低かったのだ。

それが長きにわたる運動不足と、もしかしたら授乳で、筋肉と骨が減少してしまった模様。

逆に脂肪は増えているのだ。自分で見て分かるところには余分なお肉はついていなさそうだけれど、一体どこに?贅肉はついているのだ。

内臓脂肪だろ、常識的に考えてて。」

夫にサクッと断言されて、私涙目

ですよねー。いつの間にか私もすっかり中年ですしおすし

筋肉しょうがないとしても、カルシウム毎日欠かさず摂取していたので、骨がスカスカかもしれないというのはかなりショックだ。

私の知り合いに、40歳の時に咳やくしゃみをしたら肋骨が折れたという女性が二人もいるので、そうならない様に努力してきたのだが……。

2017-04-21

[]2017/04/20

覚えてるのは大きく2つ

1個目

閉店間際の駅の売店にいったら、こんにゃくピザが半額になっていた

よくカロリーオフこんにゃくラーメンとかあるけどあれのピザ

生地が全部こんにゃくからもちあげるとふにゃふにゃしてる

直径10cmくらいのピザが4つ入った真空圧縮パックみたいな感じ

迷って、買わなかった

2個目

学校プールくらいの大きさの室内プール

泳いでるのは自分とあと2,3人

途中でスク水の子が入ってきた

俺が小学校ときクラスで2番目に好きだった小田さん

目の端でちらちら盗み見てた

そしたら小田さんが、にこにこしながら急に何かをポーンと投げた

それは小田さんから5mくらい離れた水面に落ちた

なんだなんだと近づいたらおっぱいだった

(正確には人間を寝かせて輪切りにした胸部部分)

うひょっ!!!と思って興奮した

その後すぐ、いや待てよ・・・ここにおっぱいがあるってことは・・・と思って小田さんを振り返った

そしたら小田さんが、

おっぱいはいいけどさすがに股間はダメだよ~」みたいに言いながら股間を両手で隠してた

そっかー残念って思った

小田さんの胸部はポッカリあいてて向こう側が見える状態だった

なんでこんな夢みたかと考えるに、

小田さん小学生にしては胸が大きいほうだったのと、

たまたま同じスイミングスクールに通ってて偶然同じ時間のレッスンだったとき乳首が立ってたのに興奮した、子供時代まばゆい記憶が、今こんなゆがんだ形で夢となって現れたと思うと、何か不思議な感じがする

2017-02-05

水道代を払わないスイミングスクールに金払えと言ったら

子供から水泳を習う機会を奪うな、水泳文化を滅ぼす気か、などと

逆に文句を言われてしまいましたとさ

2017-02-02

http://anond.hatelabo.jp/20170201120618

住まい

練馬区中古マンションを3,000万円くらいで購入した。

月々10万弱の返済で、子供高校になるまでには返済できる予定。

【家庭】

妻は結婚してからずっと専業主婦子供は一人、うち一人は公立小学生中学受験はさせたい。

習い事公文スイミングをしていて、2万円弱くらいかかっている。

生活

基本的には自炊で妻が頑張ってくれている。

外食は月に1〜2回くらい。晩酌毎日ビール1本くらいかな。

海外旅行

まり妻が海外が好きではないので、新婚旅行で行ったきり。

国内旅行は、近場と遠くで年に2回くらい。

【その他】

車は無いけど自転車で行ける距離で大抵のことは事足りる。

高級レストランとかはあまり好きではないので行かない。

子供には頑張ったごほうびとしておもちゃを買い与えることが多い。

家族服装ファストファッションがメイン。まずブランド物は買わない。

貯金有価証券含めて年代の平均の倍くらいはある。

自分生活

昼食はコミュニケーションも兼ねて同僚や部下と外で食べることが多い。場所柄もあって1,000円前後はかかる。

夫婦ともに趣味読書なんで月に数万くらいはかかっている。

飲み会は少なくとも毎週1回はある。立場があるので部下の分も払うことが多い。地味にキツい。

基本的ビビリなんで、生活水準を上げないようにしている。年収700万円くらいのときと変わっていない。

今後、日本は衰退していくので子供には海外仕事をできるくらいの教育をさせてあげたい。

不動産は市況に左右されやす財産にもかかわらず、売買のタイミングライフステージ依存してしまうので、あまり良い資産ではないと考えている。

から基本的には賃貸派だけど、底値だと思ったタイミングがあったので再販価値の高そうな物件を買った。

2016-12-11

[]lady navigationがもし夫婦漫才だったら

綺麗だあなたスイミングスタイル

海でもプールでもない陸を歩いてる姿から、そこを連想するのムッツリ感あるぞ!

涼しげ忙しい町を行く

水着脳内補完してない?

オフィス街でしちゃいけない露出度を想定してない?

目に止まらぬ人の世の流れにふらつかないで

からオフィス街水着の女がいる! 怖い! 見ちゃダメ!」的なことを、私で想定してない?

公園のベンチでソフトクリーム舐めるその姿に魅かれてるよ

ちんこは舐めねえぞ!

LADY NAVIGATION Youre Fresh!

ごめん、英語わかんない。


地球に弾ける頬

弾けるお尻っていいたいのを我慢して、頬って言ってるの、伝わってくるー

あふれる涙も世界ひとつだけのパール

アナルパーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーール!!!!!!!!!

N=A=V=I=G=A=T=I=O=N

N=A=V=I=G=A=T=I=O=N

2016-10-19

ネットの海をスイミングしてると

常に何かを叩いてる人がいっぱい。なんなんだこの世界は。

2016-10-15

さっき見た探偵ナイトスクープ

ペットボトルの蓋が開けられない」という女性の依頼。スイミングスクールインストラクターで握力も

弱くないとの事で非力というわけではないが、実際開けようとしても開けられない。


というか見ていてすぐに「ひょっとして開けた時、フタが上部とリングに分かれるのがわからなくてフタ全体を

回しているのではないか?」と私は思った。実際そうだったんだ。後半で出てきた物理先生が指摘して開けら

れるようになってVTR終了。でもこれってラテ欄の「ペットボトルの蓋が開けられない」の文字を見た時点で、

気づく人がいてもおかしくないレベルだと思う。


私は番組文句がある訳ではない。そうじゃないかと思ったスタッフはいたはずだけど面白い映像が撮れそうだ

と思えば取材に行くだろう。本人も問題はない。ちょっと引くけど。子供の頃開けられなくてお母さんに開けて

もらってたとの事でお母さんもいつしか缶の飲み物ばかり買うようになっていたらしい。一旦開けられないとな

ったらある種の思い込みのようなものだってあっただろう。

私がちょっとどうかと思うのは家族や知人に誰一人私と同じように考えた人はいなかったのか?という事だ。この

取材は依頼人の勤務中で一度本人が中座した時に家族と、スキューバ仲間だという数人の知人男性がこれまでにコ

ツを教えたんだがダメだったという話をするくだりがあったのだけど、知ってて教えてないとも思えなかった。戻

ってきた本人が再挑戦した時も涙ながらに懸命に開けようとしていたし、物理先生に教えてもらい開けられるよ

うになった時も感激の涙を流していた。番組に依頼もしてきたわけだし切実だったんだろう。そういう人にそんな

仕打ちはしないだろう。


とすると、まわりの人たちはそこまで深く考えなくとも開けられていてその仕組み(というほどでもないけど)を

深く考えていなかったというわけか。それはちょっといかがなものか。一人くらいいるだろう普通

それともぜ~んぶ仕込みだったのか。

2016-08-16

そういえば通ってたスイミングスクールで女の先生おっぱい触る小学生低学年の男いた

小さいか性的じゃないってわけじゃないな確かに

2016-06-09

進んだ知識や技術で異世界行って俺SUGEEEEEだとアーサー王宮廷コネチカットヤンキーとかスイミングプールが干上がる頃に待ってるぜとかも入るんだろうか

2016-05-28

の子時代はまだ詰め込み学習が幅を利かせていた時代で、全国展開している塾が満員御礼時代だった。

御多分にもれず教育ママだった母のもとに生まれた俺は、ある程度の金銭的余裕もあり、勉強以外にも多種多様習い事を受けた。

週二日の塾が2つ、毎日の家庭学習教材が一つ、習字そろばんスイミングスクール英会話野球

小学校までは季節毎に活動部活が変わるため(期間制だった)、サッカーバスケ水泳陸上と、受けられるだけの部活動を行い

中学からバスケ部所属し、上記習い事と家庭学習に加えて学校練習量の多い部活を両立した。

今、俺は学歴必要ない、上記の様々な分野とは全く関係ない生活を送っている。

基本的能力が平均的以下な俺は、これだけ勉強しても偏差値63が限界だった。県内一の進学校に落ち、滑り止めの私学に入った時には、

はいつの間にか侵されていた癌で入院していた。

間もなく母は死に、解放された私は全ての柵を捨て、勉学を一切放棄し、成績不振留年が決定したと同時に高校をやめた。

皮肉なことに、高校をやめてから進んだ道が今の職業に繋がっている。

中学卒業までの生活は、基本的苦痛だった。毎日毎日勉強ノルマがあり、母にチェックを得てから眠る日々だった。

習い事ノルマしかなかったので、いか効率的に終わらせるかという一点にしか興味がなかった。

(例外として、学友の多く所属していた野球をしている時、塾の休憩時間にお喋りをしている時は楽しかった。)

興味の無い習い事は、一定レベルまでしか身につかなかった。具体例を上げると、夏休み習字宿題評点で銀賞をたまに貰うくらい。水泳部マイナーな種目の三番手くらい。

時間を費やしても全く成長の意欲が無かったうえに、(あとから気づいた事だが)才能も劣っていたために、ただの器用貧乏が生まれた。

逆に、何もしなくてもいい点数がもらえるものが幾つかあった。教科で言えば国語現国は、何も勉強しなくても90点は取れた。漢字の書き取り以外は間違える気がしなかったし、実際ほぼそうだった。

音楽も同じ様に、リコーダー演奏も平均よりはるかにできたし、小学生時分のイベント特別楽器演奏できるとあらば名乗りを上げた。文化祭学芸会の劇ではサックスアコーディオンを誰に習わずとも独学で勉強し、演奏した。歌は基本的に手本となる生徒だった。

夏休み昆虫スケッチ習字よりも良い賞をもらえることが多かった。

今になって子供時代を振り返ると、なぜあの時に今の道に触れることができなかったのかと後悔する。なぜ専門家の道を最初考慮しなかったのか。

その道は、後になって発見しても遅いのだ。高校入学時に洞窟発見しても、辺りはもう夕暮れなのだ

母に対して思う事はそんなに無い。死んでから時間が経っているのもあるが、上記生活の辛さと、その他少しのいい思い出、それに同情と申し訳無さが合わさってある程度フラットになっている。

ただ、後悔だけが残ってしまった。

2016-05-21

週刊少年ジャンプを読まなくなった理由

好きになる漫画が悉く打ち切られるから

しか短期打ち切りじゃなく1年くらい続いてから切られる。つらい

一例

ワークワーク

ジャンプ読み始めた時からドベだった。当時掲載順=人気順なんて知らなかったか普通に円満終了だと思っていた…。でもラストはそれくらい綺麗に終わらせてる作品フジリューしか描けなさそうなファンタジー全開な感じが好きだったんだけどそれが逆に読み辛くなっちゃってたのだろうか

カイン

割と終盤の兄弟死に別れる展開とか感動してたら打ち切られてた。でもあの悲しいラストは好き。

後体から手の機械が出るデザインめっちゃカッコいい!って思ってたのに数年後ネット感想みたらダサいダサい言われてて泣いた

謎の村雨くん

地味に好きで地味に続いてたのに地味に打ち切られた

この作者今何してるんだろうか

P2

絵柄好きだった。後結構技の解説とか丁寧にしてくれてて読み易いなーキャラも魅力あるなーって思ってたら巻頭とってすぐ打ち切られた。上げて落とす鬼畜ジャンプ。この作品はアンケも出してたからすこぶる悲しかった。作者のジャンプ+でやってた漫画好きだったのにそれも終わってしまった…

・大臓もて王サーガ

最初下ネタ全開のノリは好きじゃなかったんだけど、だんだんキャラに魅力が出たりして面白くなってった作品だと思う。後パロの速度が異常に速い(先週のテニプリを次の週ですぐネタにする)のも好きだった。キャラ同士が恋愛しててドキドキしてたら打ち切られてた。

みえるひと

ジャンプしからぬ日常シーンとバトルシーンが両立してる所が好きだった。1年くらい?頑張って打ち切られた。サイレンも好きだったけどこっちのが好き。雨宮さんはかわいい。この作者最近ジャンプで連載してたみたいけど打ち切られたよね…西先生と同じくジャンプから離れた方が良い作品書けそう

ムヒョとぼっけさん

ムヒョ最初可愛い絵柄の割にシビアな所が好きだったけど、後半に行くにつれて胸糞悪さや作品テーマの1つの「罪には罰」の罰が凄いなあなあになったりしてて失速した印象。正直終わった時は「あー…」とはなった。ぼっけさんはおどろおどろしい雰囲気好きだなーって思ってたらあっという間に終わってちょっとショックだった。その後の作品は大体前作までの欠点が直ってなかったり作風が変えられなくて劣化ムヒョになってしまった印象。最近他誌で始めた連載は面白いのかな

サムライうさぎ

1話雰囲気が凄い好き。日常の会話シーンとか面白かったのにバトルシーンがマジで面白くなかった思い出。

アマリリススイミング短編集は作者の作風の広さにびっくりした。後この人も週刊少年ジャンプきじゃなかったのでは…と思わされた。

ダブルアーツ

ルーかわいい。後半に行くにつれてどんどん展開に無理が生じてたのでこれも終わった時「あー…」とは思った。でもそれでもボーイミーツガールな感じとかRPGみたいな雰囲気が好きだった。

キルコさん

キルコさんかわいいし気楽に読めるコメディギャグ漫画だなーって凄い好きだったのに終わった。これは終わると本当に思ってなくてショックだった。

・M0

これは作者ギブアップ説と打ち切り説両方聞くんだけどどっち?

最初主人公魔法使わないのかよーってがっかりしたけど、「魔法が使えないのにどうやって魔法を使ったように見せかけて切り抜けるか」みたいな制限された状況でなんとか打開策を見つける展開が地味に面白くて好きだった。ジャンププラスのも面白くて好き。

リリエンタール

ジャンプらしくないけどほのぼのしてて、尚且つSF?っぽい不思議要素もあった所が好きだった。これも特に目立った欠点が見えなかったから打ち切られた時は本当にびっくりした。

ソウルキャッチャーズ

心が見える能力音楽漫画で使うアイデアの斬新さに驚いた。展開も熱くて王道少年漫画って感じで好きだった……のになんかジャンプネクストいったり……+行ったり………すぐに打ち切られるよりは幾分恵まれてたのかもしれない。

おまけ

好きだったけど打ち切られなかった作品

めだかボックス

わりと掲載順にハラハラしていたのでアニメ化はびっくりした。先が読めないなんでもありな展開をよくやるから続きを楽しみにしてたな…言彦編は本当になんでもありになって逆に冷めてしまったけど

スケットダンス

最近ジャンプ+で読み返したら懐かしさでいっぱいになった。読み切りから好きだったから、最初掲載順が下がってったのは焦った。そこからロマン回による復活も驚いたけど。ボッスンが酷い目に遭う話が好きだった。

ここに挙げた以外でもジャンプの好きな漫画全然あるんだが、それでも新連載で好きになったのが悉く死んでいく様はちょっと心が辛くなって、めだかが終わりハンター休載した時ぐらいから読まなくなってしまった

最近遊戯王ハンターが載ったから久々に読んだんだけど割と新連載ばっかで驚いた。とりあえずヒロアカ面白そう

2016-05-12

彼は18歳の夏に命を断つ。

両親ともに勤務医だった。それも代々続くような医師家系ではなく、自力で這い上がってきたタイプの。

保育園時代に「お風呂に入るのを嫌がるから」との理由で通わされたスイミングスクールは、毎回始まる前に女子トイレ嘔吐していた。

9歳のときいじめにあったが、親は学校側の対応に任せ放置した。学校側はからかいの延長と判断した。ゴミ箱に捨てられた教科書は、元のようには返ってこなかった。

少年学校1位の成績を維持し続けた。いい成績をとっても、親がほめてくれるようなことはなかった。浮かれるなとは言われた。

市立中学への入学部活に入らなければスイミングスクールを週3に増やすと言われた少年は、陸上部に入部するが、4カ月で不登校になった。本人にアプローチをかけることは親はしなかった。

その間、世間では引きこもり定義されたその間に、少年インターネットで様々な世界情報を手に入れる。

中卒15歳、高卒認定を6科目取り、理科2科目落とし、秋の受験で残り1科目までにして、

人生がわからなくなった。

とても生きづらい、つらいと感じて15歳で手首を切った。

市販薬乱用も頻繁に繰り返すようになった。

今まで溜め込んできたものが発露した、涙を流すだけでは耐えられなくなった。

精神科に行きたかった、楽に生きたかった、けど。

輸入した無水カフェイン錠をざらざらと水で流し込んで、げろげろと吐いて親に病院に連れて行かれた。

「親に対する敵意が妄想的」。精神科医が下した病名は統合失調症だった。処方も統合失調症の急性期に対するそれそのものだった。入院先は閉鎖病棟だった。少年は面会に来る親に退院させてほしいと要求するが、rejectされるばかりだった。医師に言ってもはぐらかすだけだ。それは主治医判断から、と言う。4カ月目に無断離院をし、退院の扱いになった。

それからは病者を扱うかのような態度で親は少年に接する。

「薬は毎日必ず飲め」

毎日××kmは歩け」

勉強しろ、夜9時から朝6時まではルーターの電源を切るからネット禁止

インターネット少年にとって、狭い世界から脱却できる、同じ時間を生きる人がいると実感できる唯一のツールだった。

だいぶ前に契約した超低速SIMカードけが救いだった。

高卒認定は16歳の夏に合格した。

医療は何の役にもたたなかった。

外来診察には診察室に親が入ってくる。そしてうっかり「死にたい」とでも言ったものなら、主治医がちらつかせる「入院」のカード

少年は親のためだけに、元気な表情であり続けた。心の中がすごくぐちゃぐちゃでも、元気な振りをし続けた。

主治医「××くん、表情いいし大丈夫だね。処方同じで2週間後」

母親うつ病で、SNRI睡眠導入薬が処方されていた。当時連絡を取っていた閉鎖病棟時代の友人が自殺するというので、着いて行った。

母親に処方された睡眠導入薬と自分の持っている睡眠導入薬、ざっと数えて100錠、冬山で凍死計画。

でも、目の前の15歳の命が失われることが怖くなって、少年らは山を降りた。

捜索願で警察保護され、親元に帰される。警察の前では「生きていてよかった」と口にするが、家に帰れば

母は

病院帰るのッ!? とりあえず薬増やせ!!」

「薬だけは飲んで!!!」

父は

「薬は元の場所に戻しとけよ」

主治医

「飲み続けないと一生脳が不可逆に萎縮する」

と言った。

言われたとおりに薬を飲んで、死にたいと思ってこっそり腕を切っては、過食嘔吐を繰り返した。

求められる「笑顔」を演じながら。

18になる直前に、病院を変えると少年は言った。両親は納得しなかったが、今の病院にはもう二度と行かないと言ったら、県立精神科病院への転院を認めてくれた。

案の定診察には親がいるので好きなようには話せないが、抗精神病薬漸減され、ADHD向けの薬一つに処方が絞られた。

「飲み続けないと一生脳が不可逆に萎縮する」

過去医学部生として、今臨床に携わるものとして、主治医の話を聞いて頷いたあなたがたは今。

「診断名出てよかったね」

ADHDかー、俺もそうだと思っていたんだよ」

少年は今年の春に東京大学入学し、親元を離れた。

なにがしたいのかわからない。なにもしたくない。つまらない。

親の支配からの脱却を願っていたのに、なんで、なんで。

今の主治医はこう言う。

自己同一性確立できてないんだろうな」

彼は18歳の夏に命を断つ。

近くの12階建ての団地から飛び降りる。

もうやり残したことはない。

2016-04-02

年度末あるある

キャンプインのニュースを聞くとあせるレベル

2015-11-20

実家金持ちでつらい

両親とも医者でつらい

2人で交互に病院を切り盛りしててつらい

共働きなのに幼稚園なのがつらい

風邪をひいたらつきっきりで看病してくれてつらい

学校から帰ったら必ずどちらかがいてつらい

毎年予防接種を受けさせられてつらい

毎日家族食卓を囲むのがつらい

夏休み最後の日に宿題を手伝ってくれるのがつらい

誕生日クリスマスだけ高いレストランに行くのがつらい

欲しいものなんでも買い与えられなくてつらい

本と勉強道具だけいくらでも買ってくれるのがつらい

スイミング英会話を習わされてつらい

吹奏楽部に入ったら楽器を買ってくれるのがつらい

勉強はしなくていいけど宿題はしなさいって言われるのがつらい

成績が良い時にご飯が豪華になるのがつらい

成績が悪い時に次はもう少し頑張らないとねって言われるのがつらい

病院は継がなくていいって言われるのがつらい

大学上京を認めてくれるのがつらい

やりたいことをやりなさいって言われるのがつらい

一人暮らしには不相応な良い部屋に住ませてくれるのがつらい

毎月米と野菜仕送りしてくれてつらい

帰省チケット代を出してくれてつらい

演劇サークルに入ったらわざわざ東京まで観に来てくれるのがつらい

成人式に一番かわいい着物を買ってくれるのがつらい

彼氏を紹介しても和やかでつらい

結婚資金いくらでも援助してくれるのがつらい

結婚式で泣かれるのがつらい

娘には何でも買い与えられてしまってつらい

2015-10-26

痴漢をされた小学生の友人女子の反応がいま思い返したら泣ける

小学生時代、通ってたスイミングスクール

前後に並んだりコースですれ違った時に

必ず尻の割れ目を触ってくる中学生男子がいた。

一緒に痴漢被害にあってた女の子

「こーゆーのってさ!ホーリツとかでショケイできないのかな!」

「あ、最近テレビでギョーレツのできるホーリツソーダンジョってのやってるよ!手紙送ろっか!」

「そうだね!そうしたらきっとやめてもらえるね!」

とか話してた。

そんなこと、最近思い出してなんだか泣けてきた。

一緒に話してた子、小学生低学年だったからなぁ。

なんかその、問題への認識絶妙なズレとか、正義自分たちを守ってくれるという過信とか

そういうの全部ひっくるめて、いま思い返すとつらいなぁと。

その頃は無駄中途半端な保健体育の知識があったか

その男子が手にセーシをつけてて、私の体に入ったら、こどもができちゃう!?

って、すごい怯えてたな。

そのくらい無知で、でも大人にそんなことも聞けなくて

ただただ一人で歯を食いしばっていたな。

その男子が「あたま弱い子」と親の間で噂されてて

また違う形でツラい思いしたのは、別のお話


なんかTwitter界隈で、女子高生フリー素材化の気持ち悪さとか

それにまつわる痴漢=自慢と取られる論議見てたら

ふと思い出しちゃって、久しぶりに増田になんか来てみた。

もう頭いい文章とかあんま書けなくなっちゃったな。ごめん。

2015-10-23

ちょこちょこ故郷から一万光年をまた読んでるけど作品ごとに好き嫌い激しい

個人的には故郷へ歩いた男、スイミングプールが干上がる、レースのやつ、ビームしておくれ、ふるさとへ辺りはわかりやすくて好き

苦痛思考CIAモノの2つ、ハドソン・ベイ毛布よ永遠にはまあ好き

後はあんまり読む気にならない

2015-10-01

な、ほら読むだけで全身運動させられただろこれだからスイミングなんだよ

すいすいすいすいすいようびーの人の文を読んだら負けだこれからは加齢にスルーするしかない

呪いスイミングクラブで全身運動させられるのから解放しなければならない 

2015-09-30

あんなの会社じゃねえ重機に踊らされて中腰地上数十センチ凝視ゴミの中スイミングさせられる鬼教習所しかない

2015-07-01

悩ましかった平泳ぎ

自分運動音痴ではあるが、水泳だけは人並にできる。ただしクロール背泳ぎ限定

これは、小学生の頃スイミングスクールクロール背泳ぎまではマスターできたものの、平泳ぎが壁となり、そのままタイムアップとなってしまたからだ。

というわけで、頑張って頑張ってマスターできなかった平泳ぎだが、平泳ぎが出来ないというのは即ち、キックが出来ないと同義である

当時はどのようにキックを習ったかというと、

  • 足は常に外股をキー
  • 頭を水面上に出したまま練習

実にこれを2年位やった記憶があるが、とにかく前に進まない。キックしまくっても進まないうちに身体が沈んでしまって更に消耗すると。

一般に平泳ぎは「最も楽な泳ぎ方」と言われているけど、絶対嘘だと思った。一番疲れる泳ぎの間違いじゃね?みたいな。

そもそも足の裏でキックとかどうやっても無理というか。

でも他の人はどんどん上達する。

彼らとの違いは多分脚の形で、自分は当時からO脚・偏平足・内反小指と三拍子揃った、相当悪い脚だった。

大学の知り合いもやはりO脚で平泳ぎが出来なかったと言っていたので、O脚に平泳ぎは無理なのだと思っていた。


それから四半世紀。

アラフォーになって基礎代謝を上げる必要が出てきて、でも最近ジム通いが飽きてきたタイミングで、知人から地元プールの大人向けスイミング教室の話を聞き、しか格安だったので気分転換に行ってみた。

平泳ぎバタフライのコースだけど、まあ初回はキックが出来ないことの再確認で終わるだろうと予想していた。


ところが、である

なんと初回のレッスンで、あれだけ苦労した平泳ぎが、難なく習得できてしまったのだ。

その時コーチから受けたアドバイスはたったの3つ。

  • 足は常に内股をキー
  • 頭を水面上に出さない。二の腕を必ず耳の後ろにくっつけて、頭をプールの底に突っ込ませる感じで泳ぐ
  • 一度キックしたらひたすら伸びて、身体が浮いてきたタイミングで、手で左右に水を押し広げると自然に頭が水面上に持ち上がるので、そこで息継ぎし、その後で再度キック

これだけで泳げるようになるなんて、一体昔の苦労は何だったのだろう。意味がわからない。

昔と今で何が違うんだ?という感じ。

しかも泳げてみたら分かったが、確かに楽な泳ぎ方なのだ


そして泳げて嬉しいは嬉しいが、もっと早く泳げるようになりたかったというのが正直な感想である

というのも、個人メドレーっぽいことをしてみたい自分としては、ゆくゆくはバタフライという、全く未知の泳ぎを一から習うことになる。

そんなのアラフォーの手習いで習得できるのだろうか。もし習得できるにしても物凄く時間がかかるのでは?と不安で仕方がない。

間違っても小学生よりも短期間で習得できるとは思えないし、どうしたものか。

2015-06-30

母親が泣き叫ぶ子供の涙を収集した結果

その涙でプールができた。そこでスイミングスクールをはじめたのが「習い事」の起源である

2015-06-29

リハビリ文章を書く。

文章を書くことがリハビリにいいと言ったので、ひとつ書いてみることにした。

土曜の平日は、スイミングスクールに通うのが私の日課だった。

スクールから家までの道のりは近くもなく遠くもなく、徒歩で10分、自転車だと10分といったところだ。

だが、ゴールまで半分といったところで、落とし物にしていることに気がついた。

どうやら機内に置いたままだったらしく、それに今ごろ気づく自分も優しいものだ。

腹いせにそこらへんを走っている車を念力で爆破しようとするのが、私の処世術だ。

なぁに、別に水着がなくても泳げる。

ここの講師は融通が利いて頼りになる。

きっと分かってもらえる。

滞りなく授業は終わった。

その中に私はいなかったが、泳げないものは仕方がない。

では、少し早いが次の用事を済ませよう。

次の用事は妻の頼みごとで、地図コンパスを買ってくるよう言われた。

コンビニに置いてあるような陳腐ものではなく、百貨店にあるような高級なものが欲しいとのことだった。

「何の地図か」という肝心の部分を聞き忘れたが、とりあえず世界地図を買ってくれば文句は言われないだろう。コンパスも同じだ。

では電車に乗って百貨店に……、財布は水着の中に入れていたのだ。

仕方なく徒歩で百貨店を目指すことにした。

トホホ

わず出てしまった言葉だったが、その短絡さに自ら呆れ、咄嗟に口を両手両足で覆った。

途中、妻の幻影に「あと3時間はかかる」と言われて辟易したが、どこか私の足は軽やかだった。

結局、3時間かけて百貨店に到着し、地図を無事手に入れた。

さすがに徒歩で帰る力は今の私には残っておらず、電車ダメなのでバスで帰ることにした。

こういうときのために、免許を取っておいてよかった。

しか今日の私はどうも間が悪いようで、途中で尿意に目覚めた。

自分ロボットならこんなことにはならないのに。

……いや、バッテリー必要からそれはそれで不都合か。

オムツをしているので最悪漏らしても大丈夫だが、できれば尊厳を保ちたい。

何とか漏らさず家路に着いた。

妻にコンパスを買い忘れたことを責められた。

今の私はそれどころではなく、「コンパスなら君がいるじゃないか」と嗜め、急いでトイレに駆け込んだ。

一息ついたところで、妻に詰め寄られて「申し訳がないか」と聞かれた。

あるかないかでいえばあるのだが、私がコンパスを買い忘れたことは事実だし、思いつく限りの案で妻を納得させる自信がないのも確かだ。

「ない」というしかなかった。

妻はそれを聞いて数分の沈黙の後、「そうか」とだけ漏らして去っていった。

明らかに彼女は不機嫌で、妻はこういうときひたすら寝て過ごす。

こうなったら、私がどうしようと明日になるまで妻は起きない。

実のところ内心では安堵していた。

なにせ今日の夕飯はカレーで、妻の作るモノはお世辞にも美味しくないからだ。

だが、カレーを食べたかったのも確かで、一人で食べたくないのも確かだ。

私は暇な友達を誘って、夕飯を済ませることにした。

友人のカワチは、不健全健康体だった。

私の愚痴を聞き流してくれる気さくな友達だ。

私はカワチと落ち合うと、さっそく吉野家カレーを食べようと持ちかけた。

彼もカレーを食べることには賛成してくれたが、カレー松屋で食べようと言って来たのだ。

「あのほっといてくれる雰囲気が好きなんだ」

彼らしい意見だ。

私としては、カレーを食べることができれば場所は問わない。

のだが、カワチは吉野家へ行こうといった私の言葉を予想以上に重く受け止めていたらしい。

「それでいい」といった私に遠慮し、そこからは「どうぞ」合戦だ。

数分後、埒があかないと感じてココイチで食べることに決まったが、カワチも私もこういうことにはどうも不器用だ。

カワチはサラダ、私はカレーを食べながら、お互いの身内の話を始めた。

「お前んところの奥さん。どうだよ」

「まあ、相変わらず。でも、ありがたくもある。喧嘩をしてもすぐ仲直りできる子供同士みたいな関係で」

「俺のところは、最近ちょっと不気味にさえ思ってきた。絶対に思うところはあるだろうに、やたらといい夫として扱ってくれるしさ」

「実際そうなんだろう」

「どうかね。あいつが好きだったタバコを吸わなくなったのは俺と結婚してからだ。いや、妊娠が発覚してからだったか?」

「私に聞かないでくれはははははははは」

こうして、何気ない会話をして別れ、家路に着く。

いつもとさして変わらない休日

妻の機嫌は思いのほか早く直っていた。

どうやらコンパスは、隣のナカガワさんに余りものを貰っていたようだ。

しかし、一通り書いてみたが、これでリハビリになるのだろうか。

2015-01-15

http://anond.hatelabo.jp/20150115034606

おれも運動神経はひどいほうだった。水泳だって、小5のとき幼稚園児に混じって1年間スイミングスクール通いしてなんとか息継ぎできるようになったし(この屈辱感ったらないよ。増田みたいに息継ぎできないままのほうがずっとマシとすら思う)。自転車死ぬほど練習したからなんとか乗れるようにはなったけど、逆上がりは当然できないし(あんなんできる方がおかしい)、球技とかもはや意味不明

それでも中学バスケ部に入ってからは、運動神経は人よりだいぶ下手ぐらいにはなった。

文を読む限りだと、そもそも身体を動かすための基礎的な筋肉が不足している感じがする。

で、一般人普通生活するだけでその種の筋肉がつくらしいんだけど、俺らみたいにつかない人もやっぱり居るんだよ。

そういう人は他のことで補うしかないと思う。散歩とかどうだろう。一眼レフでも買ってさ。一眼レフ重いし、腕力もつくんじゃないかな。

2014-11-29

痩せないと別れるって言われたので、ジョギングスイミングに通って食事制限もして、どうにか痩せた。

だけど、食べたら吐く癖ついちゃったのと、会った時に停滞期で痩せてなくても「痩せたね。かわいくなったよ。」って言われて、

少しリバウンドした時も同じこと言われて、「この人私のこと見てないのかなー」って思って少しずつ冷めていった。

付き合う前からデブだったので、付き合い出してから

「お前は服のセンスがない」とか

「痩せろ」とか言われるのいみわかんなかったけど、

まぁ付きたいたいから頑張ったよね。

服のセンスは少し良くなったけど、私の着たい服ではなかったし、

いわゆる「男ウケする服」でもやっとしてた。

人と付き合うときに、意見のすり合わせが大切なのはわかってるけど、

「ダサし、太ってるから横歩きたくない」

って言う人は意見のすり合わせ以前の問題だと思ってる。

2014-08-12

スイミングスクール子供を通わせている親が、本当に望んでいることは「水泳の上達」じゃない

http://www.ex-ma.com/blog/archives/1124

ブクマで↓の通り突っ込まれまくっていて、

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.ex-ma.com/blog/archives/1124

これスクールの近くにおいしいカフェとかショッピングセンターができたとかだったら味わい深いんだけどなー

親向けなのこれ。どっちかというと子どもがチラシを見て惹かれて「そうだ太郎君や花子ちゃんも誘って一緒に行こう!」とかなってねずみ算式に予約が埋まった気がする。

という辺りが真実なんだろうけど。

ブクマ見ても「いや、親はチラシの通り考えるんだ!」と言い張ってる人達は何なんだろうか。

突っ込んでる人達、どう見ても「親」側の人でしょ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん