「保母」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 保母とは

2020-07-16

なぞなぞ離職率円周率に近い企業とはどこでしょうか?

こたえ:3.14→だいたい3→太田胃散

※これはフリーなぞなぞです。保母さんが使えなくなったので代わりにどうぞ。

2020-06-06

いまどきは、とはおもうけど

俺らの頃は幼稚園が狙われて、保母さんがさすまた装備した。そういう時代だったんだ。さんこうまでに。

だけど、そんなよわいやつを・・・?とはおもう。

2020-05-04

anond:20200504153558

看護婦 → 看護士

保母 → 保育士

に関しては、20年くらい前に法改正して男性就業できるようになった職業

他に、女性だけしか就けない職業あったっけ?

2020-04-01

諸他の本で抜いた

保母かもしれん

2020-03-04

ひっそりやってね(弾圧


フェミニストがこれまでキリスト系やカルトと手を組み、過去国連海外を含め児童ポルノ禁止法青少年条例、そしてamazon等の民間に対してどれだけ暴れ続けてきたか

そして現在進行形赤十字JAの件でオタク以外の方々にどれだけのご迷惑をおかけして、尚且つ今も懲りずに国連ガイドライン独断変更や豪州議員ロビーをかけての外圧の輸入の為のマッチポンプを行ったりとどれだけ悪質な行為をし続けているか知らないからこんな暢気な事を言えるのだろう。

フェミニストに関しては独善的かつ強硬的に他者弱者権利すら悪用して、その権利すら踏み荒らしてきたから、結果今は世間から反社層扱いされるのは残当だよ。

あいつらが暴れたせいで児童ポルノ禁止法が歪み、リソースが割かれ児童予算がつかず、救済されない事態を招いたし、女性の権利に至ってはあの人達根底純潔教育悪魔合体があり、セックスヘイターだったりするからセックスワーカー人達を叩き、今や保母さんや実在女性ポスターすらバッシングし、国内でもグラドルコンパニオン等の職業反差別やら女性の権利やら平等を盾にして、逆に女性職業を潰そうとし、海外だと実際にレースクイーンを潰したりしたじゃないか

2020-02-03

anond:20200203141739

引っ越し幼稚園を転園する時、図工の時間に作った自慢のロケットを持ち帰りたくて

泣きながらロケットロケット!とわめいたり駄々をこねた結果

無事保母さんにとって貰えた英語

2020-02-02

三大ほんとはなんなの

保母さん

大腿骨

他は?

2019-12-25

anond:20191224124202

日本語なら、看護婦が、看護師に変わったようなものだな。

あと、保母に対する保父も、そうだろうな。他にもありそうー

2019-12-17

子供の名づけ

子供のころは好きな野球漫画登場人物名前自分子供ができたらつけるつもりだった。

今はさすがにそれはDQNネームみたいなもんなのかなと思ってるのでしないけど、オタクはいろんな名前に触れすぎるので、候補が挙がってはそれはあの漫画主人公だ・・・それは同じ名前キャラがいる・・・と思ってしまうし、もはやオリジナリティーのある名前なんてないんじゃないかと思ってしまう。

オタクだけじゃなくて、保母さんとかそういういろんな名前に日々触れるような仕事をしている人たちって同じ悩み持ってたりしない?

DQNネーム絶対つけないけど、名づけってどうしたらいいかなぁ。

2019-10-17

anond:20191017233312

皆様ご覧ください

ゲイ自分子供が出来ないので幼児保母を敵視するのです

2019-10-09

anond:20191009154510

ゆうてヤマギシじゃなくても天理教とか昔からやっとるからそこまで価値観ひっくり返すレベルの物でもないやろ。

やることは実際ただの保母さんやし。

2019-09-30

私は円周率になりたかった

私は円周率になりたかった。

円周率はほぼ3。つまり保母さんになりたかった。

保育園に通っていた私は保母さんにいろんなことを教えてもらった保母さんのことが好きだった。

から漠然と、私は保母さんになりたいと思うようになった。

成長して、円周率を学んだ。

私が学んだとき円周率は「3.14」つまり、ほぼ3だった。

私は保母さんになったら「私、円周率なの」というジョークを言うのだと漠然と思っていた。

将来のことを真面目に考えるようになった。保母さんになるための道を探した。

けれどその時にはもう、保母さんにはなれなかった。保育士というものに変わっていた。

円周率も3になっていた。

時代は変わる。

ダンジョキョードーサンカクカシャカイとやらはきっと社会を良くしている。保育士になりたかった男性が、呼称を気にしなくてよくなった。

教育要綱は二転三転していてよくわからない。今の人達円周率をほぼ3と認識しているのだろうか。

私は円周率になれなかった。

「私、円周率なの」というジョークは日の目を見ないままここで供養される。

2019-09-17

保父を目指してるんだが幼児に好かれない

見た目は別に問題ないと思うんだが

笑顔も声も練習して歌のお兄さんレベルだし研修先の保母さん達から問題ないと評価されてるのに

なぜか幼児達に好かれない

遠巻きにされる

しかけても「.........うん」みたいな感じ

同じ子は保母さんにはテンション高いので元々の性格ではない

手詰まりでござる

2019-07-25

乳母に奪われた

保母さんの人数はほぼ3人

看護婦勉強した漢語

anond:20190725135345

じゃあビジネスマンキャリアウーマン統合するのかね。

あと保母さんは保育士になったから、乳母は乳士に今後なるのかね?

2019-06-30

保育士メリット

保母さんと知り合える

園児と触れ合える

人妻と知り合える


あとひとつは?

2019-06-29

anond:20190629192946

大変でしたね、お疲れさまでした。増田さん。少し休まれましたら、また他の保育園探してみて。

従姉保母さんしてるけど、まめでいい人だよ。いつも明るいし。

いい園が見つかりますように。

2019-06-03

未熟

私には、憧れの人がいる。

恋とかではなく、素直に憧れている相手だ。いつも楽しそうに小説を書いていて、ストイックで、歳上で、私とは全然違う。

あんなに真剣感想のお手紙を書いたのは初めてだった。

どうしても気になった数点を除いて、私はとにかく褒めちぎった。素直な気持ちで褒めていたし、なにより、私なんかには悪いところなんて見つけられなかった。

いつも楽しそうに、でも真剣に、一生懸命に書いていた。時々悩んで、ダメダメだと漏らしながらそれでも書いて書いて書いて、書きたくて書いて本を作っている人で。その一生懸命ちゃんと届いていると伝えたかった。

私は、まだ働いてもいなくて、自分に甘くて、書くことがうまくいかなくて辛くなって逃げるときがたくさんある。

そんな私に、憧れの人の本から悪いところを見つけて指摘するなんてできなかった。見つからなかったし、たとえ見つかっても、こんな未熟者が言ってもいいなんて思えなかったと思う。自分なんかが口を出していいことじゃないと思う。

私が送った感想のお手紙でした指摘のうち、覚えているのは3つだけだ。

ひとつは、誤字。誤字というか、変換の都合だった。ゆするとねだるが、どちらも漢字になっていた。どちらも漢字だと【強請る】になる。そういう感じで、ちょっとこれはまずいと思った。

ひとつは、季節の都合だった。秋に咲くはずのない花が咲いていた。これも、ちょっとさすがにまずいと思った。

他にも、誤字や表記揺れくらいのことならいくつか書いたような気もする。そういう、明らかな問題以外は言わないよう努めた。表現というのはこだわりがあるものだろうから、できるかぎり立ち入らないようにした。

それでも、もうひとつは、表現に関わることだったから、書いてもいいのかわからなくなりながら、結局書いた。

言葉が古かったのだ。世界観には合っていたのだけれど、保育士さんを保母さんと書かれるとどうしても気が散ってしまった。しかも、世界観に合っているとはいっても、べつにその世界が古い時代というわけでもないのだ。むしろちょっと未来かもしれなくて、私が小学生のころかもう少し前くらいに淘汰されてしまったその言葉未来物語を読むのは、素直に気持ちが悪かった。ただ、きっと意図があったのだろうと思って、否定するつもりがないことを添えてできるだけ丁寧に書いた。

お送りした感想たちは、とても喜んでもらえた。嬉しかった。相手が作ってくれたすてきをすてきだと思えたことを伝えられた。一生懸命書いてくれたものに報いれた気がした。

でも、ダメだった。

私のやり方は、よくなかったらしかった。

いつもストイックで、自分なんて自分なんてってなってるところに、あなたはすごい人なんですよって素直に言い続けた。好きなんだって素直に伝えた。あなたが思ってるよりあなたはすてきなんですって、めげずにずっと言った。

相手には、それはただのぬるま湯しかなかったそうだ。

あなた肯定され続けるのは違う」

「褒められるのは困る」

違う意味だったかも知れないけれど、そんな風に刺さってしまった。正しく理解するために読み返すことすらこわい。

あなたあなた否定し続けるのが辛くて、肯定し続けた。

あなたあなたを認めないぶん、私が褒めた。

あなたが高みを目指しているのはわかっている。でも私には何もできない。

私とあなたは多分友達だと思いますあなたがいやがらなければそう名乗りたいです。でも、小説を書く人間としての私とあなた全然対等じゃないし、対等になれると思っていないし、対等になりたいわけでもない。ゆるされるなら、私はずっとずっと上にいるあなたを見てがんばりたい。私はずっとあなたの下だから、何もえらそうなことは言えない。

ただひとつあなたよりうまくできることは、あなたのいいところを見つけること。

私には、あなたを認めることしかできない。

すごいことを素直にすごいと言って、正直にすてきだと言って、あなた肯定して、それで時々、本当にまずいと思ったところだけ伝える。私には、そんな当たり障りのないことしかできない。

言葉が古かったと指摘したその文があなたの中にわだかまっていたことを知っているのに、教えてもらったのに、それでも引き続いてあなた表現に口を出すことなんてできない。

私は、どうしたらよかったんだろう。

書き終えたファンレターを送っていいのかすら、判断ができない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん