「ウエストライン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ウエストラインとは

2017-11-26

大きい人向けの女性服の話

ちょっと前に話題になった男性向け女性服のベンチャーの話とか、162cm以上の女性用の服がない話とか。どっちも同じ方法解決出来る。

骨格の男女差として1番目立つと思われてる肩幅の問題は、実際には身長比率と肩幅で比較すると男女差はほぼ無い。

肩幅が広く見える男性筋肉量が多くて大きく見えるからで、女装をしようと思う様な男性なら本当に差が無いと考えて問題無い。

男女差で一番大きいのは骨盤の幅とそれに伴うウエストライン位置の差で、その辺は余程太ってない限りラインの見えにくい服装で誤魔化せる。

背の高い女性女装用の服を同時に賄えるならボリュームとしては十分だと思うのでどっか本気で考えてくれませんかね。

追記: 骨格差以上に男性の肩幅が広く見える理由

背の高さを無視した場合そもそも大きい

背の低い女性ヒール等で底上げがあるから相対的に肩幅が狭い

平均的男性はどう頑張っても筋肉量的に幅が広めに見える

目標にする女性女性の中でも細身

2017-09-15

私たち勃起について語るとき起こりえるささやか奇跡


兄の家に恋人といった。

甥の誕生日だったからだ。


成長した顔をみたら小さい頃の兄にそっくりだった。

厩戸皇子顔の美男子だ。


バッキンガム・バックブリーカーの模擬をするなどして適当あやした。

実父母も来ていて、ルイボステーを囲いしばし談笑した。

父の突起乳首頭皮露出についての話題ピークアウトだった。


みな楽しそうでよかった。


帰途。電車

恋人と互いの挙動について感想戦を繰り広げていた。


その中で驚愕質問を投げかけられた。


「なぜ、あなたはずっと勃起していたの?」


寝耳に永久凍土が落ちてきたような衝撃だった。


「ぼくが、勃起? ハハン、冗談


恋人こちらがとぼけていると思ったようで、不快感をあらわにする。


「リトル・タニグチは、私のバッドボデーにご不満のようで」


どうやら恋人は私が義姉、実父に欲情したと誤解しているようだ。


違う。断じて違う。欲情どころか勃起もしていない。

そもそも勃起アルファベを満たしていないのだ。


私の勃起条件

α. ブレックファーストを摂る前

β. ポール・スミス エクストリーム香り

γ. 20代巨乳存在


「いずれか一つでも、要件を満たしていないと、勃起は発動しない」


そう説明したが、恋人は納得しない。平素インテリ頭脳はもう赤チン寸前。


うそよ、この目で見たものあなたミニミニテントチノパンマイムマイム!」


声が大きくなる。向かいの席の老夫婦が怪訝そうな顔でこちらを見ている。


「やめてくれ。人が見ている」


「後ろめたいことなんてないわよ! ほら! 見せて御覧なさい! マイムマイム! マイムマイム! マイムベッサンソン! ヘイヘイヘイヘイ!」


「やめなさい!」


「うひょ~! マイムマイム~! おそ松チンポ~! うひひ~!」


失笑噴飯!」


はいかれた恋人をおいて電車を降りてしまった。

人波もまばらなプラットフォームのベンチに座り込み、しばらくうなだれる。


誰そ彼時の風にあたり、少しだけ冷静になって考えた。

私のリトル・ミスターについて。彼はなぜ暴走してしまったのか。


そうすると、一つのことに気づく。

私たちがずいぶん長い間、対話をしてこなかったことに。


ぴん、と挨拶をするように、チノパンごしのチンポをはじく。

ふふ。と思わずこぼれる。これは笑みだ。汁じゃない。


私は少しのセンチメンタルとともに手帳へ筆を走らせる。


拝啓

リトル・ミスター。しばらくぶりだ。元気かい。こっちはまあまあうまくやってるよ。

最近職場チーフに昇格したんだ。同僚との関係も良好。

ずっと欲しかったベストパートナーも出来た。時々ファイトもあるけど楽しいよ。


なんてね。ちょっとかしこまってみたけど、こんなこと全部知ってるよな。

なにせ、君とはずっと一緒だったんだから

小さい頃は毎晩ベッドのなかで、語り合ったよな。

水泳の授業の夜に担任先生のVラインの角度を求めたり、

ドライオルガズムの宗教貢献について朝まで話したりさ。

未来セックスフレンドをどうすれば喜ばせることができるか研究しようと、

アダルトショップでエアドールを買った夜はケッサクだったよな。

バスタブに浮かべたせいで中の空気が膨張して君がはまっちまって、

帰ってきた母さんがみたこともないような顔してさ。

テンパッて円周率を覚えてるだけ叫んだっけ。

君があんまり張り切ったせいだよ。

なんてね。うそだ。ぼくのせいさ。君はいつも正しい。

悪いのはいだってぼくの方だ。


さっきのこだって、本当は欲情しちまってたんだ。

でも義姉さんに、じゃない。

猫だよ。あのスコティッシュフォールドのメス猫さ。

ぼくの家族はみんなバカからあいつが発情期に突入したことに気づいてないんだ。

だけどぼくだけはそれを知っていて、あいつもぼくを知っているんだ。

ウィンウィン。でも生物学的に勝者はいない。

あいつは物理的に死ぬ。ぼくは社会的死ぬ

そのせめぎあいの末路、バニシング・ポイントがあの勃起ってわけ。

勃起アルファベなんてでたらめさ。あんものを信じるのはバカジョックスだけ。


ぼくらは目を背けたい真実出会ったとき、見てみぬフリしてしまう。

でもそうやって蓋をした真実は、ナイトメアのようにぼくらを襲う。

そうならないように、ぼくらには超越した視点必要なんだ。

かみさまみたいな存在だよ。

きっと君のような。


いつかまた、夜が明けるまで語り明かす日を楽しみにしている。


親愛なるリトル・ミスター

ウエストライン愚か者より



手紙を書ききったところで、静かな風が吹いた。

うす暗いプラットホームに、一本の電車がやってきた。

どうやらもう最終電車のようだ。


私はぼんやりとがらんどうの電車を眺めていた。

すると、光の中から、一人の人間が近づいてきた。


「いきましょ」


彼はそういって私のチンポをつかんだ。


「離せ変態!」


私は走って帰った。

手紙は川に捨てた。


2014-04-19

オトコの磨き方 上級編

日本男児はいから軽薄児になったのだろう。

街なかのAVショップには美女作品がたち並び、ネット上には淫らな動画ごまんとある。

昔よりもはるか進歩したと思われる性的環境幸せなことと男は考えるかもしれないが、はたして本当にそうだろうか。

しろ現代性的環境のせいで日本の男が廃れつつあるというのが私の考えだ。

男どもには、皮相的な代物に狂喜乱舞するのではなく、もっと深いところを見られる存在に立ち返ってほしい。

それがひいてはわが国全体の繁栄にも資するである

今回は、男を磨くための一つの提案をさせていただきたい。


第一に確認しておきたいのは、女性の魅力は曲線美とやわらかさにあるという真理のことだ。

頭頂部からゆるやかなカーブを描いて垂れさがる黒髪、首筋から二の腕にかけてのやさしいライン、胸部に光るおわん型の丸いものあらた生命を宿そうと待ちかまえるくびれ、そして芸術的な臀部。

自分のごつごつした体と女性のたおやかな体との隔たりをよくのみ込むことが鍛錬の大前提となる。


女性を見るための審美眼を養ったら、次はいよいよ実践に移る。

まず、スマホパソコンを用いて全身の写ったビキニ画像を求める。

できるだけ若い方がいいだろう。いわゆる"安産型"の女性ならなお良い。

そして、ペットボトルや空き瓶など、曲線を帯びる容器を探しだす。

自分ポン酢の空き瓶がお気に入りだけれども、あき缶でもボールでも曲線がありさえすれば何でもかまわない。(練乳のチューブを使おうとしたときは牛のマークが目に入って萎えたので選定は慎重に)

容器には水を入れておく。


よし、準備は整った。

部屋のドアを閉め、容器を目の前に置いて、えり抜きの一枚を凝視する。

女の子からだは宝箱。画像には見えない深いところから宝のありかを探るのだ。

息子が反応したら画像を離し、こんどは容器をじっと見つめる。

ペットボトルキャップが頭だとすれば、首から胴体への線はもちろん、下方のウエストラインや、えもいわれぬ柔らかい感じまでが女性のそれとそっくりであることが認識されよう。

さっき得られた女性の美が、容器と照応して、息子はいっそう堅くなる。

右手はしずかに動きはじめる。

ああ、うつくしい。女性って、ほんとうに美しい。

慣れないうちはときどき画像に頼ってもいい。女性のすばらしさを復習し、また容器に見入る。そのくり返し。


やがて調子がでてくると、おもむろに目をつむり、容器へ唇を合わせるようになるはずだ。

曲線のあたりを、きわめて優しい唇づかいで、そっとなぞる。舌を使うのもよい。

中には水が入っているけれども、あまり強く口づけすると倒れてしまうので、やさーしく、やさーしく、ふんわりと。

女性に愛撫するのって、たぶんこんな感じなのだろう。

右手あいかわらず息子を刺激しているのだから、気分はほとんど性交しているのと変わらない。


さあ、ついに興奮は頂点に達する。

ティッシュに発射するもよし。容器にぶっかけるもよし。

物と人間との最終勝負。

ふぅ。

安易AVヌードにすがるのでなく、生まれながらの想像力を駆使して、しかペットボトルや空き瓶で抜けたときの達成感は言葉では言い尽くせない。

男の階段を上った実感が得られること請け合いだ。


以上、読んでみるとわかるように、これは少々難易度が高い。「自慰革命」(http://anond.hatelabo.jp/20140410163334)を中級とすれば上級クラスに値する。私自身まだ完全に会得したとはいいがたい。

そんなの難しくてできない、あるいは恥ずかしくてできないと言う人もいるかもしれないが、この方法創造性を育むためにも早漏改善するためにも有効だし、容器を増やしての疑似3Pなど工夫もいろいろ考えうる。実にファンタスティックからぜひ一度ためしてみてほしい。

ただし家に人がいる場合は十分注意すること。ペットボトルや瓶をなめながら手淫するところを見られたら面倒くさいことになると思うので、自己責任でやるように。

今回紹介したオトコの磨き方が、日本の発展に少しでも貢献できるとすれば、筆者としてこれ以上の喜びはあるまい。

2007-08-02

http://anond.hatelabo.jp/20070802171123

増田です。


ビキニなんて着れんですよ。

ヘタすりゃ小学生に負けるんだから。

つか、波に攫われて脱げかねん。


競泳やってたから今でも競泳用。

色気なし。

ピチピチだからひんぬーはある程度誤魔化せるし。


普通水着とかビキニに比べたらものごっついハイレグで、

デフォで半ケツなあたりがせめてものポイント

ウエストラインからヒップラインだけは自信あるぞ!


ひんぬーだけどな。

肩幅広いけどな。

2007-06-20

http://anond.hatelabo.jp/20070620140440

でもって薄着の女性とか見るともっとくらくらする。

思わずタックルしたくなる。後ろから。しないけど。

あー。なんか分かる。違うかもしんない、というかたぶん違うけど。

なんかねー。薄着の女性ウエストラインキレイな人(というより逆三角体型の人、かな)を見かけると「後ろから逆クラッチウエストを抱え上げて風車バックブリーカーをかけたい!」って衝動がわき上がるときがある。あと上り階段で目の前に素足が来ると「引きずり倒してアンクルホールドかけたい!」とか。

なんでしょうこの暴力衝動は。格闘技経験無いし不可解すぎるし絶対やりませんが。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん