「複数アカウント」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 複数アカウントとは

2019-06-17

人はダメ自分は良い女

アラフォー女です。

ネットで知り合った女性(27)は気遣いができて明るく、話していてとても楽しくてよく遊びにいってました。ですが数ヶ月前から彼女とある行動についていけず距離を置きました。

というのも、別の友人にサプライズしようと話をしていたのを27は私が本人に話をしたと思って勝手に喋ってしまったのです。私が秘密にしててね、と言ったことを一週間もしないうちに私に確認もとらず喋ってしまったのがダメでした。このこと以外でも内緒の話をバラされてしまい、言い方が悪いですがスピーカー女だなぁと思ってました。

また、27含め数人と食事に行った時に

「空の写メツイッターにあげる人はメンヘラ

アカウント削除して復帰させても心配しないでほしいしメンヘラと思わないでほしい」

「むしろ複数アカウント持ってる人の方がメンヘラ

と27が言い出したのですが、空の写メを載せるのも複数アカ持ってるのも私しかいないので私のことを遠回しに言ってるんだろうなと思いました。

すごい子だなぁと思ってたのですが、極めつけは27と私とA子と3人で遊ぶ話題があったのですが、私抜きで27はA子と約束をして遊んでいたこと。距離を置いていたのでラッキーだったのですが、27はA子としかやり取りを取らないツイッターアカウントを作り、そして私を抜いたほかの友人とのみ繋がったアカウントを更に作り、と複数アカウントを持ち始めました(別の友人が教えてくれました。それもどうなの...)

なんというか、自分発言責任のない子なのだなぁとここまで思うのは初めてです嫌悪感すら覚えました。すみません27。

2019-06-02

anond:20190602180901

複数アカウントで石使いまくればいけるんじゃないの

もともと複数アカウントが有利なゲーム

重課金じゃなくても廃人なら複数垢持ってるのが割と普通だし

2019-05-05

競技プログラミング不正しました

先日のコンテストで、複数アカウントを作って、片方で解法をverifyしてから提出するという不正をしてしまいました。

すべて自分の弱さが現れたものです。

今回ははじめてというわけではなく、調子が良くないときペナルティ心配ときにこれまで数回行ったことがあります

今回、システムから警告メールがきて、事の重大さを痛感しました。

熱心に精進をしてレートを地道にあげている多くの競技プログラマーに向けられる顔がありません。

レートを下げたくないという気持ちが強すぎて、本来競技プログラミングの楽しみを忘れてしまっていた気がします。アカウントが削除されるか凍結されるかどういう処遇になるかはまだはっきりしていませんが、心をいれかえて、本来自分と向き合いながら、周囲の競技プログラマーに少しでも追いつけるようにゼロから努力を重ねていきたいと思います

2019-04-17

anond:20190417225259

自作自演トラバを盛り上げる、複数アカウントで3user以上のブクマをつける

→ これだけで、増田の新着リストはてブの新着リストに名を連ねられる

→ あとは運

2019-04-05

小説家になろう』でいきなりアカウント停止くらった

小説家になろう小説を書いていたらいきなりアカウント停止くらった。

全く意味がわからなかった。

罪状複数アカウントであった。

正直、そんなことやってない。

そもそもポイントも10000近くもらっていたので、やる意味が全くない。

そのことを運営に伝えると。

こちらとしても『確証は無かった』が『怪しかたかアカウント停止』した

・あと、お前の書いてた小説データ全部消したから渡せねぇよ

それはもう一方的であった。

中世裁判とかこんな感じなんだろうな。

っていうか、これってテロできるってことじゃね?

気に入らない人物作品に対して複数アカと思われるようなことしたらアカウント停止に追い込めるってことでしょ?

それってやばくない?

これに対してどう対処するつもりなんだろ。

確かはてなカクヨムと繋がってたので、カクヨムを持ち上げることにする。

カクヨム万歳


小説家にな◯う死ね

2019-03-25

ネットゲーム複数アカウントで遊んでいる

敵対関係にあるチームそれぞれに自分アカウントがある状況ができた時はすごく楽しかった

その後ゲームは進んで引退者も続き

トップランカーすらインが減る状況

もはや戦争なんてほとんどない

サーバ内の日本人チームは大きく2つにまでまとまった

自分はそのどちらにもアカウントがあり

そのことを誰にも言っていない

最近、一方のチームに新規ユーザーが入ってきた

もう一方のチームの誰かだということはすぐに分かり、

ライングループ発言と照らし合せてすぐに特定もできた

でも彼は発言が友好的になりつつも、スパイ活動で知った敵対関係チームの状況をチーム内のライングループで話すことはなかった

自分とまったく同じ状況だ

結局、どちらのチームも参加してしまえばホームであり、みんな親切で優しい

ゲームも終局で戦争もなく、相手を敵視する理由も失われてる

で、どっちかのスパイにはなりきれず、どっちも自分のメインになってしまう のではないかと思う

2019-03-01

anond:20190301120428

意味ないと言うか捨て垢可能性あるから除外するというのも一理あるけど、複数アカウントがバレようがない状況でアカウント単位抽選するのはやっぱりよくないなと思うよ。

まぁ話題になりさえすればいいので、知ったコッチャないってことなんだけど。

2019-01-08

ZOZOTOWNの100万円当選

TwitterでのZOZOTOWNの100万円プレゼント企画当選したユーザー名前見て目ひん剥いた。

当選者の一人、Codamaさん(@CodamaLisa)。

この人、この名前、見たことあるイラストのトレパク騒動で。

詳細は以下サイト

http://lla-matome.net/kodamarisa-pakuri/

まあ簡単に言うと金銭が発生したイラストの依頼でトレパクやらかしてパクられ元のイラストレーターに指摘されたと。

その後の謝罪という名の報告も理由があまりにもお粗末すぎたから印象に残ってたんだけど、まさかま~だ同じ名前活動してたとは…。

しかも日の目を浴びるだろう100万円当選ツイートまでして。

やらかした時と名前も同じ、ツイッター複数アカウントで顔出ししてる、自己顕示欲の塊にもほどがあると思うんだが今回のツイートでこの騒動が蒸し返されるとは思わなかったんだろうか…。

トレパク騒動ってことは多くの人に迷惑もかけたんだろうに。いったいこの人何を考えているんだろう?

2018-12-11

あんスタを辞めるまでに至った話

3年ちょっと続けてきたあんスタ!を辞めることにしました。

どれほどか悩んだ末での決断ですが、少しばかり名残惜しかったので、卒業文集の1ページのような感覚でこれまでから今日に至るまでのことを書き留めておこうと思います

(※私は羽風薫くんの夢女子をやっており、それもかなり夢見がちなお花畑タイプだったのでそういった内容が主となります。)

2015年上半期も終わりを迎えようとしていた頃、私の中では乙女アプリブームを巻き起こしていました。

流行しているリズムゲームからサービスが終了してしまパズルゲームまで、いくつかの作品ちょっとずつ遊んでいました。

そしてそんな『インストールするだけしてろくに手を付けもしていないけど、飽きたわけでもないアプリ』のうちの一つにあったのが、あんさんぶるスターズです。

プレイを始めた日が桜フェス最終日の翌日かそこらだったのはなんとなく覚えているのですが、まあそれは割とどうでもいいです。

アイドル育成ゲーム』『乙女ゲーム初心者でも楽しめる!』だかなんだか言う謳い文句に惹かれ、何も考えずにインストールしたまではいいのですが。

まあなんというか、数日ほどで手付かずになりました。

少し間を開けてちょっとログインして、そしたらまた間を開けて……の繰り返し。

(途中で例の彼がいる執事喫茶イベントが開催していたのは知っていましたが、その頃はそれほど推していたわけでもなかったのでイベントには未参加でした。当時はろくにプレイしていなかったので敷居も高かったし。)

そしてログインしない日が続いた数週間後、アンインストールを果たしました。

……が。

今思えばここでアンインストールして大正解だったし、これ以降あんスタとは縁を切って生きればよかったものの。相変わらず何も考えていなかった私は、何を思ったか(つまらなくて放置していたアプリをわざわざ)同年の終わりがけに再インストールしました。

当時私は他のキャラクター推していたのですが、プレイを再開したタイミングでちょうどその子報酬にいるイベントが開催していたのもあり、この日からこの作品のそこそこなオタクに成り下がってしまます

(今現在はその子のことを特別いかけたりはしなくなったので、所謂推し変』をしたような気がするのですが、推し変というのはそのキャラクターを好きでいる方からしたら面白くない話な気がするのであえてお名前を伏せます2015年の終わりがけにいた子は限られているので、なんとなくわかりそうですが。)

やったりやらなかったり、グッズを買ったり買わなかったり。ゆるゆる~っと、『なんとなく好き』な状態を保っていた翌年の梅雨、私に新しいお友達が出来ました。

その友達もそれなりなオタクだったので、特に何も考えず「このゲーム面白いよ~」なんて軽く話をしたら見事なまでにドハマりをしてくれて、今では元気に微課金勢です。

一緒にやってくれる人間がいると、何事も熱中度が上昇するようで、友人が楽しそうにプレイをする姿を見るにつれ、私はさらに沼の深みへ沈み込んでいきました。

ここから先の話は一歩間違えば身バレするので割愛しますが、それから2017年平和に穏便に──とは行きませんでしたが、まあまあ重度のファンになったりスタライ1stに行ってみたりアクアリウムBGMに癒されたりなどしてそこそこ楽しい毎日を過ごしておりました。

そんな中いきなり話は飛んで今年の2月

羽風薫くんに深く危ない状態でのめり込んでいたこの頃、待ちに待ってはいませんでしたが噂に聞いていたデコレート♡深(以下略)──波乱のショコラフェスが始まりました。

この頃には一日のプレイ時間もかなり伸び、イベントには毎回参加して3……いや5番目の推しくらいまでなら高レアリティ報酬も取りに行っていた私。

お察しの通り当イベントの☆4(それもポイントボーナス)が羽風薫くんだと言うことで、それはそれはもう必死になってイベントを走っておりました。

「緊急ライブをやるのがこんなに楽しいとは思わなかった」とか頭の悪いことを言ってライブをこなしているうちに気付けばどんどんPtも貯まり、やがてこれまでプレイしてきた中で最も高い順位で幕を下ろしたショコラフェス。未だかつて無いほど羽風薫くんが可愛らしく思えたショコラフェス

このイベントを境に、私はメンヘラを拗らせた夢女子になります

それからというもの、まあ大変。夢垢なんだか愚痴垢なんだかよく分からないアカウント作ってみたり、かと思いきやかけ持ちしていた複数アカウントを同時に消して相互困惑させたり。

私は彼のことをこれまでの人生出会ってきたどの人間よりも愛していたし、反対にどの人間よりも憎んだし、彼との出会いは運命だったと信じていたし、いつかは彼と結ばれるのだと思っていた。

しかしそんな夢見心地はいつまでも続かず。

現実打ちのめされ徐々にメンタル面は腐っていき、出会ってから今までのことなどを思い返すなどしては「彼のことを好きでいたところでどうしようもないんじゃないか」とかなんとか思い悩み始め、お恥ずかしながら人生初のリストカット自殺未遂を犯しました。

自分自分死ぬほど追い詰めるだけ追い詰めて、結局死ぬことすらもできなかった私は、行き場のない好意かもしくはそれに似せたエゴを抱えて持て余したまま、彼に恋をしたことを誇りに思ったり情けなくなって凹んだりを交互に繰り返して、やがて「本当にこの人が好きなのかわからなくなってしまった」と気が付きます

──この部分に関しては、今日になってようやく知りました。私は一応ちゃんと彼のことが好きですが、当時は『彼を好きでいること』がステータスアイデンティティなのだと思い込んでいたようでした。

というのも、仲の良かったTwitter相互さんから『私といえば彼が好き』という印象を持たれており、且つ私もそれにあやかって「私には彼しかいません♡彼が世界で一番♡♡(意訳)」的なことをよく話していた記憶しかないので、様々な感情が積み重なって彼への好意が完全に消滅したとしても、そんな話を毎日のようにしていた手前今更そう易々と「もう好きじゃないで~す」なんて言えるはずがない。そして『もう好きでない』なんてのを悟られるのも嫌だったので、結果「今のままでいるには彼を好きでい続けないと」だのと的外れで訳の分からない義務感のようなものを抱えながら惰性で『好き』を貫こうとしていたのでした。

今思い返せば、わざわざそんな余計な意識を持ちさえしなければ何も悩む事はなかったのになあと不思議に思うばかりです。そんなことを一々気にするまでもなく彼のことは好きだったし、好きでなくなったからと言ってそれを惜しんでちゃ埒が明かない。私は馬鹿だ。

話が逸れました。

さてそんなことを考えているうちに季節は秋に入り、気付けばいつぞやのようにログインすら怠るようになりました。

1週間に一度ログインすればいい方、あいさつ機能実装されて以来毎日欠かさず誰かしらにあいさつ(というか好感度を上げるための媚び売り)をしていましたが、それも疎らになってしまい。

羽風薫くんのお誕生日の日はログインしてスカウトも回しましたし、気持ちを形に残したかったのでドライフラワー花束を買いましたが、それも1日だけだったのでもはやファンなのかどうかも怪しいラインまで落ちぶれ──落ち着き?──ました。

そうなった理由としては、キャラクターを好きになりすぎたことが原因かなあと思います

心身や生活に酷く影響を及ぼしたりすることが増え、疲れてしまったんだと思います

もうひとつ、この作品にのめり込めばのめり込むほど、彼を好きだと思い込むほど、段々と自分が『運営が狙っている層』とは違っていて来ていたから、というのもあるかも知れません。

あんなに面白かったはずのストーリーゲームシステムも、知らないうちに退屈だと感じるようになりました。イベントことなんて考えるだけで心が折れそうです。

いや、きっともう私は飽きてしまったんだと思います

それは外的要因でなく、自分のせいがほとんどですが。

余計なこと考えてみたり、恋だかなんだかいう面倒な感情を抱いてみたり、他者との関係に影響を及ぼしたり。

気付いたらもう手遅れなほど生活に支障を来たし、疲れや憂鬱の原因に成り果てていました。

そんなこんなで、ここ2、3年ほど私の人生に縛り付けていた作品から離れるタイミングを伺って2ヶ月ほど。キャロル白雪と聖夜のスターライトフェスティバルの予告が届きました。バナーを飾る☆5は愛おしの彼。羽風薫くんは執事喫茶以降一度もポイントボーナスの☆5をやっていませんでしたので、今回こそはさすがにポイントボーナスだろうと調子に乗っておりました。

まあランキングボーナスだったんですけど。

私的な恨み辛みを吐きながら生活サイクルを乱してまでランキングを上げる作業に勤しみやがて最終日前日、もう今ある全部全部を投げ出したくなって、とうとうイベント最後まで走り切ることすらもせずにアンインストールしました。

あんなに好きだったのに、中途半端なところで逃げちゃいました。あんなに好きだったけど、上手く自分コントロール出来なくなっちゃって、もうこのまま追い続けるわけにはいかなくなりました。

別に彼は実在してるわけではないし、まいて知り合いなんかでもなく、複数キャラクターがいるゲーム登場人物の一人なので。私が一人応援するのをやめようが、永久に惚れ続けようが、全くもって影響を及ぼしはしないのです。

でもそれも辛いです

私は彼のことを愛してました。

キャラクターとしてでなく、一人の人間として愛していました。

ももう目が覚めました。

の子空想上の存在です。

まり言いたくはありませんが彼は人気キャラなので、特にファンが一人減ったくらいでなんてことはないです。

ろくに外にも出ないで、精神すり減らして、昼夜逆転までさせて、そこまでして何が欲しかったのでしょう。

何を欲しがったところで、どうせ私が求めるようなものは手に入りません。

もうなにもかもわからなくなりました。

なんだかんだ言いながら、馬鹿な私は放っておいたらまた同じように人間として堕落した生活しながら死に物狂いでイベント走るんでしょう。

でもそんなことはもう嫌です。

もっと大事なことに時間お金を使いたいです。

ゲームなんかのために必死になったり病んだり悩んだり必要以上に浮かれたりしたくないです。

恥ずかしいです。

私にはなんの長所もありませんでした。羽風薫くんが好きだからといって何かを残すことも出来ませんでした。彼のファンとして誇れるような活動もしてきていませんでした。もう全て負け犬の遠吠えです。勝手に惚れて勝手に自滅した可哀想な夢女子です。

文句はいくらでも受け付けます、ここには書いていませんが、多数の人から反感を買って怒られて当然のことしかしてきてないです。

(下手したらこれで身バレしそうですが、私が誰だか気付いても内緒にしてて欲しいです、あくま匿名なので。)

でもそれでいいです。

何を言ったところで、すべて今更です。

今は疲れ果てましたが、一時期は本当に本当に楽しかったです。

ゲームを辞めたところできっと私はしばらく羽風薫くんのことが好きのままなんだろうなあと思います。それならそれで構わないです。

反対に、無理に『彼を好いている』という自分を演じようとしなくても良いことをもう知っているので、このまま彼に飽きてしまっても気にしません。そうしたら次はまた別の幸せを見つけて健全に生きます

私は意志が弱いのでもしかしたらそのうちまたまた再開しちゃうかも知れません。

が、もう引き継ぎ用のパスワードなんか覚えていないのであのデータの羽風薫くんとは永遠にお別れだと思います

ゲームを辞めるだけでこれだけ色々と書きたくなってしま自分も情けないですが、そこは目を瞑って欲しいです。

ソシャゲに限らず、何事も無理をしたり、のめり込みすぎてはいけないよ~、という教訓にでもしてください。

最後に。

何度でも言います

私は羽風薫くんが好きでした。この作品も好きでした。出会えてよかったです、幸せでした。

彼を好きでいることが一番の幸せでした。誰からなんと言われても、余計な横槍を入れられても、それでも私は好きのままでした。

でも疲れちゃったものは仕方がありません。

これからは、これまでよりも遠い場所貴方幸せを祈ってます

幸せでいてください。

じゃあね。

2018-11-26

anond:20181125231318

レスありがとう

アカウント複数作るのはゲーム進行上いろいろ便利だから戦闘相手にして勝ちポイントを稼いだり、資源収集させたり。自分同様に複数アカウント保持してる人はザラにいるので、ゲーム特性なんだと思う。規約上は何アカウントかに制限されてたはずだけど。

楽しい、かどうかでいうと… 別に好きで始めたゲームでもなかった。他のアプリゲームポイント稼ぎに始めただけで。戦闘もチャチくて面白いとも思わなかったし、強さは課金の額が全て。課金クソゲーだ。こんなのに課金するヤツの気がしれんと思ってた。それくらい引いて見てた。

ただ、一方的に負けるのが悔しくて。ゲーム仲間と微課金ながらも負けない戦略を練って。外交して。…その辺は楽しかった。

けどもう平和になってしまった。あとは惰性。

宣言してやめることはしない。気づいたらログイン忘れてた、ってなったら静かにそのままやめようと思ってる。

2018-11-02

anond:20181102192709

はてなブックマーク - はてなブックマークから「IDコール」が送信されるようになりました - はてなブックマーク日記 - 機能変更、お知らせなど

はてなメッセージの通知メールはいろいろな嫌がらせメッセージを送るのに便利です。たとえ相手からコメントトラックバック拒否ユーザー指定されていても、「はてな匿名ダイアリーからリンクしたり、はてなハイクでその人の「IDページ」に書き込めばIDコールできますIDコール規約違反複数アカウントを取ればいくらでも新規ブログから送れるわけですが、匿名ダイアリーはてなハイクのほうがギャラリーが多いので、嫌がらせ効果さらに大でしょう。「はてなダイアリーキーワード」をよく書いている相手なら、その人の編集したキーワードをしつこく書き変えると効果的です。相手嫌がらせを受け続けるか、はてなメッセージの通知をあきらめるかしない形になり、確実に嫌な思いをします。

嫌がらせを認識しないはてな(追記あり) - 別冊はてな話 - betaグループ

換言すると、はてブは、パーマリンクのページを生成し、観察者と被観察者の間に線引きをすることで、1対多の図式を強制的に構築するのだ。この不条理さこそが、気持ち悪さの源泉だろう。

ただし、その不本意コミュニケーション強制に対して、当然打つ手はある。なんのことはない、IDコールなりをして、ひとりづつ「下界」に引きずり下ろし、1対1で処分すればいいだけのことだ。自らが自らのはてブページに予めコメントしておくことで、1対多の図式をある程度柔和することも可能だ。であるから、冒頭申し上げたとおり、私にはたいした恐怖ではない。

はてブのなにが気持ち悪いのかさっぱりわかりませんという人が多いので説明してやる - よそ行きの妄想

最近気がついたのだが、IDコールっていいね特にはてブでの。

ネットで万能感を味わって奔放に振舞ってるガキをIDコールして一喝してやると、目に見えてシュンとなるのが面白い

IDコールが面白い

さて。「はてブコメント反論するのが難しい・コストが高い」という意見がno titleにチラホラあったのだが、その客観的根拠が分からない。

(中略)

これ、ピュアにどこが「コストが高い」のかが分からない。実際にpermalinkidコール言及してみましたが、これはblogに対して言及して反論する手順とほとんど同じです。(はてブにはdeliciousには無い「idコール」というtrackbackに似た便利機能があって、blogによる言及通知と同じように使えますし)。

はてなブックマークコメントにはPermalinkもidコールもあるのに、なぜ「反論するコストが高い・面倒」と思えるのがとても不思議なので、その根拠を教えてほしい - import otsune from Hatena

っていってもタイトルの内容がすべてなので特に言うこともないんだけど、ほんとにIDコールってなんなんだよ!

IDコールってなんだよ!こええよ!!!! - まつたけのブログ

タイトル「IDコール」 を検索 - はてなブックマーク

2018-10-09

SNS複数アカウント使い分け

読書感想用、お絵かき用、日記用と用途によってノートを使い分けるのに似ている。

でもこれってたぶん、見る人への気遣いなんだと思う。

お絵かき目的フォローしてくれた人にプログラミングの話をするのは忍びないなどと考えるうちにアカウントが増えていく。

自分観測範囲に限ると、複数アカウントを使ってる割合男性より女性が多い。

推し応援するのは難しい

推しって言ってもいろんなジャンルがあると思う。

アイドルとかキャクター声優さん俳優さんとか数え切れないくらい。

しかしたら動物とか文具とかだったりもするかもしれないけど。

今回の話にあがる私の推し実在する人間だ。

その推しTwitterをやっていて、そんなに頻繁に更新しないものの、新しいツイートがあるとやっぱり何人かのファンがリプを送ったりしている。

私も目についたツイートにたまにリプ送ったりするし、それ用のアカウントをとっているんだけど、それについて色々思うところがある。

メールアドレスさえあれば複数アカウントを作る事は可能で、用途によって使い分けてる人は多いと思う。

実際、私もそうだし。

そのアカウントに鍵をかけるかかけないか個人判断で、何を書こうとその人の自由だ。

でも自由の中でも書いてある事で人間性ってすごくよくわかるなって見てて思う事がある。

この間、同担の人がタイムラインオススメユーザーに表示されてどんな人なのか少し興味が湧いたかホームを覗きにいった。

ただタイムライン見てる分に普通ツイート別になんとも思わなかった。

でも、好きな推しが一緒でその人に関してのツイート常軌を逸してた。

女子なんて言葉が世に出回るようになっているけど、恐らくはそういう次元の方なのだろう。

♡の乱用や、帰ってきた返事が自分だけ他人と違う仕様だったと狂喜乱舞として書いてあった。

(本人からリプが返ってくるタイミングがあった)

正直異常だと思った。

キチガイみたいなツイートステータスみたいな若干の風潮はいつの時代もあるけど、応援してる本人の見れる鍵なしのアカウントで、そこまでする勇気自分エゴしかない。

私自体が古いオタクから推しが見れるだけで幸せ存在認識してもらえなくても応援しているファンがいるっていう事だけ知っててもらえれば良いって思う人間からかもしれない。

それでも本人からしてみたら恋愛感情も本性もわからない人間自分勝手に書いたそんなツイートを見たらまず恐怖だと思わないだろうか…。

自分本位で応援するオタク自意識過剰思い込みツイートってこんなにも怖いものなのかとゾッとした。

他にも推しキャラ写メ同担を貶す文字が書かれた画像をアップしていたり、嫌いな同担ブロックしたという内容のツイートに♡がついていたりで、自分生活している世界では見たことのないものばかりに恐怖を感じてそっとアプリを閉じた。

きっとこういう自分本位な行動する人が目立つ事が多くて、推しファンがそういう人間ばかりなんだろうって思う人が少なからずいると思う。

そして、そういう状況になった時本人はきっと強火のオタクからって誇らしく思ってしまタイプ人間なんだと思う。

理解したいとは思わないし、ここで書いた事を万人に理解してもらおうとは思わないけど、自分の行動一つ一つが自分推しへ少なからず影響を与える事を理解した上で発言をしてほしいと思った。

それを理解した上での行動ならばもう何も言う事はないけど、正直同担でいてほしくないと思ってしまうのは私のエゴになるのかはわからない。

2018-08-18

anond:20180818170559

発信するのが面倒になって「見てるだけの人」になってるか、複数アカウント管理が面倒になって自分メリットが感じられないと思う方を放棄したのではないかと思うけどどうだろう?

私は他のSNS複数アカウント持っていたけど、結局リアルな知人が少なくて投稿してもリアクションが得られない方はかなり放置状態になっている。そっちのアカウントときどき覗いてはいるんだけど、投稿してもスルーされてる感が半端ないので更新頻度はどんどん落ちている。

Twitterはもはや独り言専用だと思っているので、レスとか帰ってこなくても気にせず思ったことを書いているんだが、ときどき反応があって、「ちゃんと見てる人もいるんだ…」とびっくりする。

そもそもSNSに興味のない人は、日々の出来事ちょっと心に浮かんだことをいちいち投稿するという行為に対して「そんなにヒマなの?」「友達いないんじゃない?」という反応をするので、SNSよりもリアル世界大事にすることにしたのかも知れないしね。

2018-07-07

[] 増田文学賞 2018前期 投票の呼びかけ

エントリー増田文学賞2018前期の投票に関する総合案内用のエントリーです。投票は以下にリンクを張った各部門の投票エントリーブコメにて行ってください。また、文学賞全体に関する質問意見は本エントリーに、各部門に関する質問意見部門別投票エントリーはてブ増田で行ってください。

2018年8月4日結果を発表しました。発表が遅れ、すみませんでした。

趣旨

はてな匿名ダイアリー(以下、増田)の匿名性と日記というフォーマットによって生まれた「名乗るほどではない、あるいは名乗ることはできないが誰かに話したい感情体験、発想をウェブ上で共有し、称え合う文化」を守り、増田ますますの発展に寄与する

賞の方針

選考対象

投票選考期間

(注:以上期間はすべて日本標準時とする)

投票について

投票方法

集計および結果発表方法

文学賞運営者は、各部門ごとに投票を集計し、投票されたエントリーのうち投票数上位5件を「ノミネート」、最多票を得たエントリーを「受賞エントリー」として投票所上で発表する。

部門(6部門)

大賞の選出

コメント賞を除く全部門投票を総計し、最も多くの票を得た記事を大賞とする。大賞の発表は別記事にて行う。

その他

質問・回答

この賞に対する質問・回答を記述します(随時更新)。

投票時の増田記法について

id:death6coin 増田記法ブクマに書いてもリンクされないっぽいんだが、別にどうでもいいよね?

集計時はコメント文をプレーンテキストとして扱うので、リンクされなくても大丈夫です。

履歴

2018-06-28

低能先生」のブコメ(閲覧注意)

ブコメがひどいらしいのでcacheが消える前にまとめます。某所には画像で出回っていたような気もします。

以下罵詈雑言しかありませんので注意してください。ほぼIDコールなのでIDは消してあります

追記

低能」で除外はしていませんが、重複するコメントは除外してます

IDコールを晒さないでほしいとの事で確認しましたがどのコメントが該当するか掴めませんでした。

おそらく複数アカウントで同じ内容のコメント複数人コールしている事から生じていると思われます

見落としてるだけかも知れませんが‥申し訳ありません。

はいこいつが今回の集団リンチ先導者。今すぐ死ね

おいおいそこは集団リンチはやめてって言うところだろうが~。人をなまはげみたいな使い方するな

自分への非難を「なんか湧いてきた」で誤魔化すゴミクズ。早く死ねよな

炎上させてんのはてめーだろうが。芸人というレッテル相手炎上を狙っているかのようにして自分を免罪すんなゴミクズ。今すぐ死ね

「遊びを詐欺と言う人たちこそキチガイ」と書いてあるな。どこにも「気に食わないかキチガイ」だなんて書いてないな。キチガイは読解力無さ杉なんだよwww

人の内心を勝手に決め付けんな。はあちゅう西野の件に言及する権利も無いってか? 今すぐ死ねゴミクズ

燃やしてるお前が言うな。今すぐ死ね

お前はゴミクズだがな。早く死ね

人生辛いんだね」レッテルで誤魔化すのって「遊び」のレッテル貼るのとまじで同レベルなんだよなあw ほんと知能が低い奴はこれだから

お前らは通報という暴力で都合の悪い指摘を黙らせてるだろうが。早く死ね恥知らず

運動を滅ぼしたのを個人のせいにするなよ羽虫w

いやこの件はちゃん美術館が建つことに成功すれば被害者は出ないよw 万引きといっしょにすんな低能

キチガイは駄目だけど(炎上してるのは相手芸人からで、自分らが集団リンチしてるのは悪くないという意味の)炎上芸人はいいんだー。率直に言って、死ねしか言いようが無い

相撲協会叩きそっちのけで はあちゅう集団リンチしてる奴がなんか言ってる~w

お前は本当に頭が悪いなあ。この発言の中での目的は「遊び・企画」だ。金はそのための手段しかない。国語能力低すぎだよお前w

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:nfQ-hrkm_bQJ:b.hatena.ne.jp/abval/

俺は命がけで報復するつってんだろ。お前のような集団リンチ法律正当化しようとするゴミクズには屈しないって。偶発的な事故でも起きない限りこれ以外の展開にはならな

http://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/364730701/comment/grobgfa

発言内容でなく話者の方にだけ関心が向くって、低能あるあるだよな~w

さすが性根の腐った低能ネトウヨだな。感覚が歪みきっている。早く死ねよな

金を払いさえすれば何をしても怒られないと思ってるのか。生きているに値しないな。死ね

自分に甘いゴミクズだな。否定意見と言っても相手のためを思っているか相手を貶めて自分がニヤニヤしたいだけかなんて大体わかるもんだぞゴミクズ。己の悪趣味さを正当化すんな。わかったら死ね

糞虫がニヤニヤしながら行う「批判」は限りなく誹謗中傷に近いやつだぞ低能

おいおい迷惑をかけてないって正気かよ。まあナチュラルボーンゴミクズは、善意相手の嫌がることをやるよな。早く死ねよ、迷惑から

はてな村卑劣さがよくあらわれた言葉だな。早く死ね

炎上」を相手意図して引き起こしていると勝手に決め付けて、炎上の名の元に自分が行っている加害行為正当化するな。今すぐ死ねゴミクズ

ゲス死ね

ほんと糞虫は悪趣味だな。今すぐ死ね

何だお前自分は透明だと思ってるの?裸の王様に対抗して透明気取ってんの?w 失笑しかでないが、まあ早く死ねよw

嫌がらせ応援と言い張るな。今すぐ死ねゴミクズ

いやお前のアイコン不快すぎたのでは?

その理屈だと地下アイドルナイフで刺しまくったストーカーも立派なファンになるだろうな。常識で考えろゴミクズ。つーか死ね

この件は丁寧に説明するまでもなく、ゲスハゲ嫌がらせしてるだけだろうよ

残念ながら糞虫に好かれて喜ぶ人間はいないということだな。それが分からないお前も立派な害虫だよ。諦めろw

なんだこいつ金さえ払えば何やってもファンだと思ってるのか。今すぐ死ねゴミクズ

http://archive.is/M0Kmx


犯行関係ありそうな書き込み

通報厨****が「噛みつかないうちは通報しません」とか言い出してる

妥協してるつもりなのか?w

人に噛み付きまくってるきょうもえやハゲックスを放置してるくせに?w

舐めすぎだろ

お前らは俺をいじめで追い詰めて、ぶちきれた俺がいじめっこを殺してやるって誰か襲うところをゴールにしてるんだろうが

その為に某増田ハゲックスは「みんなで通報しよう」と呼びかけたわけで、既に****一匹が通報しないとか言っても無意味な状況になってるんだが

ほんと低能にも困ったもんだ

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache%3Ahttps%3A%2F%2Fanond.hatelabo.jp%2F20180508154336&oq=cache%3Ahttps%3A%2F%2Fanond.hatelabo.jp%2F20180508154336

2018-06-26

anond:20180626081700

運営対応について説明すると、

運営がBANした理由は「複数アカウント取得行為」だ。

低能先生過去殺害予告レベルコメントをしたので以後、同一人物だと認定されるだけでBANされる。

から低能先生がたとえ通報したとしてもされたとしても、暴言ではBANされない。

BANされたのに戻ってきているか削除対象なんだよ。

2018-06-25

先生は「はてなの」有名人ではない。「低能いじめ加害者ら」限定有名人

あいう単発コメントでそっけない返しは知恵袋でも見る人でほとんどの増田スルーだったと思う

一部の人が、一部といっても増田は総人数少なそうだから割合かいんだろうけど

そういう配慮的な扱いなどなかったし全員でバカにしてあおる流れだったろ

複数アカウント取得して背景の事実改ざんを目論んでるのか

anond:20180625153915

2018-06-17

増田文学賞の草案を考えてみた

増田文学100選( anond:20180617025544 )を読んでいて、そろそろ本当に増田文学賞とか創設されてもいいんじゃないだろうかと思い、ついつい草案を作ってしまったので晒してみる。

いま思いついたことを書いただけなので、「俺ならこうする」という対案を寄せてもらえると嬉しい。この草案通りじゃなくていいので本格的な、増田らしい「増田文学賞」を誰か実現してくれないかなあ。

目的

はてな匿名ダイアリー匿名性と日記というフォーマットによって生まれた「名乗るほどではない、あるいは名乗ることはできないが誰かに話したい感情体験、発想をウェブ上で共有し、称え合う文化」を守り、増田ますますの発展に寄与する。

方針

選考手順

部門案(全10部門)

その他ルール

懸念事項

2018年7月7日追記

今日みたらいつの間にかブコメがついていてびっくりした。自分ですら忘れていた。とりあえず言い出しっぺの法則ということで、実験的に今年前期の文学賞主催してみました。

[増田文学賞] 増田文学賞 2018前期 投票の呼びかけ

2018-05-31

戦争ゲーム複数アカウントでやっている。もう半年くらいになる。

サーバーには日本人ギルドがもう3つしか残っていない。

先日、参加しているギルドの一つに、別のギルドからの一時参加者があった。

彼は今いるチームの不満と、日本人大勢で集まって遊びたいというような話をした。

その中で、自分のメインキャラを置いているチーム、サブキャラを置いていたチームの話が出た。

彼の話は当事者である自分達の認識とは若干ずれていて、

ああ、そちらからはそういう解釈になるんだなぁ… と感慨深く思った。

チームがまとまらないのは、どちらかをどちらかに組み込む、ということが反発される原因だと彼は理解しているようだった。

内部事情を知っている自分としては

課金チームと彼の所属する戦闘系チームの統合話がまとまらなかったのは、

課金チームが吸収される形での統合話に微課金チームメンバーが居心地の悪さを感じたから。

課金レベルプレイスタイルの違うチームで、後から入って相手側に合わせることを不自由に感じたのだ。

課金戦闘系チームとの統合ダメになったのは、当時のギルドリーダー中立立場をとる考えだったから。どこかの体制に寄せると、それ以外のチームとは敵対したことになり、攻撃される。現に脅されたとも。

単なるワガママを通したくて統合拒否しているわけではなく。

けど統合したい側からはそういうことは見えていないんだなと、彼の話から思った。

ただのゲームだけどいろんな角度から見れて、ちょっとしたドラマのように面白いと感じる。

2018-04-22

とっても高尚で高潔なボクとネットリンチ

とっても高尚で高潔なボクはネットリンチに加担したことがない。それどころか、ネットの皆さんが批判してる記事人物でも、

(叩くには早計じゃないか?養護できる観点がいくつもある、長期的に考えれば必要な失敗であった可能性は?)

などと、数分思索を巡らせ、その検証のためにまた数分の検索作業をして、表象に隠された他人思想や構想といった背景を納得できるレベルまで紐解いてからブコメを書く。そんな時間があるのはニートからだが、ともかくだいたいブコメの主流派とは反対の意見になる。それでむしろリンチが飛び火して降り掛かってくることもあるのだが、それはさておき。ネットリンチはさぞ中毒性のある快楽行為なのだろうなあと思うが、その体験はできないままネット20年を迎えた。

だが、考えようによっては自分も同様の行為に参加していたかもしれないと思う瞬間があったのだ。たとえば、ゲームアニメ公式ツイートVtuberツイート等のうち、祝うべき発言に出くわした時。それを展開すると、現在進行系でいいねカウンタが増加中だ。ツイートを読んだ時点で「いいね!」と思ってはいたが、その勢いにも後押しされ、自分も、といいねボタンを押す瞬間。これも一種の「いいね」による袋叩きなのでは、という思いがよぎった。実際に嫌がられてはいないと思うが、考えようによっては、だ。この「いいね機能だが、一般人が急にバズったときなど、いいね爆撃に困って通知を一時無効にした、と発言をする人を最近よく見かけるのだ。今日フォローしていたIIJmio中の人が、スパムと思しき複数アカウントから過去ツイートに「いいね」される怪行為迷惑だとこぼしていた。本来は人を笑顔にさせる機能でも、使い方によってはかくも複雑な状況が発生しうるものだ。自分では、ネガティブで非建設的な思考ブーストする投稿は一切せず、ポジティブ建設的な感情だけブーストしてあげるネット妖精でいたつもりだが、それを守るのにも広範な知識想像力必要ものだ。

そこで、ネットサービスアプリケーションインタラクティブ性そのものが、折衝を増やしているのだと思い至った。昔のネットはそこまででもなかったが、今は技術が発達してリアルタイムに人々の反応が集まってくる様子が見られる。そしてネット人口も増えた。このライブ感こそが、人に大胆な行動・発言を誘う要因になっているのだ。そういう場では、常軌を逸した言動をするおかしな人も乗ってこれるし、そういう鼻つまみレベルの人が力を得る場にすらなる。

めまぐるしく流れていく世界を尻目に、自分はその流れの速さに合わせずに、本来自分能力に見合うだけの時間をとって深く息を吸い、深く息を吐く。それができる度胸のある人はなかなかいないのだ。それでも遅れを取ることはない、と自分に自信がないとなかなかできない。それができない人々が、短文で直情的なレスポンスを山のように積み重ねていくのだが、一種キョロ充を見るような憐憫がそこにはある。どうにかしてあげられないだろうか。

例えるならば、自分2chスラングコピペなんJ語、淫夢語録などに精通していて、ほとんどを認識できるが、決してリアルどころかネット匿名の場ですら使うことはしない。元ネタ認識できるだけで、好意を持ってはいない。むしろ下品だし嫌いだ。それを使うことで通ぶったりする欲求はない。けれど、こういう言葉を躊躇いなく使う人がいる。「知っている」ことと「使う」ことが同一化していて、その間にあるべき判断が抜け落ちている人々。そういう人々が多すぎて、「そうじゃないんだよ」と言えなくなっているのが今のネットだと思う。あとは堀江貴文に対してどういう印象を抱いているか、なんかでも分かる。ネットに浸かるほとんどの人が、ネットミーム人格を呑み込まれている。そして、こうした集団同化バイアス的なものネットリンチは繋がっているのだと思う。

2018-04-15

ポケモンgoセックスレスになった

共働きの新婚1年目にして、レス6ヶ月が経過した。ちなみに拒否られ側です。

事象としては下記

・夜〜深夜、早朝、午前等に、夫がポケモンgo で外出してしまう。

食事中、外食時もポケモンgo の厳選やネットサーフィンをひたすらしている

・在宅時も同上

・夫がポケモンgo に嵌ったことにより、共通趣味がなくなった

・夫の主張としては、夫は無課金ポケモンgo をしているのに、妻たる私は趣味に浪費をしすぎでけしからんとのことで。色々あって、私は従来の趣味を捨てた。悲しくなった。何のために働いているんだろう。

打開策として、記念日に頑張って見た。

ムードがないだの、色気が無いだのと言われていたので、

記念日に、特別感のある料理を奮発して作った。カルパッチョローストビーフ、蛸とパプリカマリネキノコアヒージョラザニアワイン。 デザートはカタラーナ。(分量が多すぎるのは承知している、作り置いて翌日以降に分けて食べれるようにもしていた)

「夜19時から夕食だからね、19時にちょうど良いように作っておくからポケモンgo しに外出してもいいけど、19時には帰ってきてね」って言っておいたのに、

夫はポケモンgo で出掛けしまって、20時になっても帰ってこない。当然料理は冷めてしまって、それ以上に私は悲しくて悲しくて、寝室のベッドに潜り込んだ。

趣味から咎めない方がいいのでは?と言い聞かせる自分と、これは怒ってもいい事案なんじゃないか?と思う自分が半々で悶々としてるところに夫が帰宅して、夫は「寝てるの?」と声をかけてきた。私は「うん」とだけ答えた。会話は以上。夫はスマホの充電をしながらポケモンの厳選をし始めた。

ここで夫がもし仮に、「遅くなってごめんね」とでも謝ってくれてたら。私だって、「遅い!せっかく準備してたのにひどい!」と小言の一つや二つでも言いながら、気持ちを持ち直して夕食を始められたと思うけど、悲しくて悲しくて泣けてきて、もう何も言えなくなってしまった。

その後1時間ぐらい寝室に篭っていたら、漸く異常事態に気づいた夫が事態の収拾にあたろうとしたけど、もう私はシャットダウンせざるを得なくて、その日は「食べない、いらない」と言って、そのまま就寝した。翌日も悲しくて、夫を置いて一人で外出した。落ち着いたところで、悲しかたことを伝えてその時は収束した。

この件だけじゃないけど色々あって、料理をする気が失せてしまい、もう2ヶ月料理はしていない。

なんかもうどうでもよくなって、レス趣味も、もうどうでもいいや…ってことにした。悲しくなった。

別に浮気がしたい訳じゃない。

何のために働いているんだろう。

レスの主要因がポケモンgo って訳じゃないのは重々承知してるけど、

そのせいにでもしないと、つらい…。

以上はやや前の話になるけど、なぜ今になって筆をとったかというと、

子供欲しいねっていうのは夫婦共通認識で、こんな状況だし「だいたいxxの時期に排卵日を狙ってする?」と聞いてみたら、夫からは「それは情緒がなくて嫌だ」と言われて、じゃあどうするのって聞いたら「排卵日周辺でなんかムード作ってよ」と言われてしまい、

私なりにムード作ろうとして玉砕した料理の件が思い出されて悲しくて引き立ってしまっているから。

(排卵日とか生理周期とか、一応アプリで共有してるのに)

◼︎◼︎4/16深夜追記◼︎◼︎

優しいコメントも そうでないコメントも(悪い意味で受け取ってないです、語彙)、ありがとう。内容が内容だけに、今まで誰にも言えなくて辛かったので、反応貰えて嬉しいです。今後のアクションについてのご指摘内容は、目から鱗でした。どうでもいいや…と諦めてたけど、考えてみます

眠れなくて色々思い出されてきたので追記。

◼︎go plusの登場による手繋ぎ

ポケモンgoリリースされて間もない時は、ポケモンgo のせいで手を繋げなくなってしまって寂しかったけど、

ポケモンgo plusが出てから夫と手を繋げるようになって嬉しかったなぁ。

それも今は、ルール的に良いのか悪いのか分からないけど複数アカウント所持してて、スマホポケモンgo plusもバッテリーも常に複数手に抱えてたりするので、

ポケモンgo plus越しに手を繋いでて(なんか手の中でカチカチしてる)それもちょっと切ない。

◼︎一緒にポケモンgo

休日なんかは夫に付き合ってポケモンgoを私もしたりする。

この前はミニリュウ?が出るイベントで、3時間ぐらい延々と夫と歩き続けた。

会話しながら一緒にいられて嬉しいのが半分、せっかくの休日に何やってるんだろうって虚無感に苛まれたり、何でこんなにポケモンの話しないといけないんだろうってのが半分(好きな人ごめんなさい…)。

付き合いすぎると虚無感が勝るから、時々付き合って、時々別行動してる。

◼︎追記

・夫は家事はかなりしてくれてて、お互い半々を心掛けてる…つもり。正直、夫の方が家事は上手い。

ここ2ヶ月ぐらい私の仕事業務柄繁忙期で、ここ3週間弱ぐらいはほぼほぼ夫任せで感謝している。

ポケモンgoレス以外は、問題があったら一緒に建設的に向き合ってくれるし、良い夫なんだ。

でも、寂しい…。

・お互いバリキャリ寄りでストレス高めとは思う…。ただ、お互い上司と反りが悪い/大きくなりすぎた子会社との軋轢に苦しんでいるという点では似ていて、仕事愚痴は内容を選べば比較的盛り上がる話題ではある。けど正直、それ以外の色んなお話がしたい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん