「貧民窟」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 貧民窟とは

2017-10-19

金沢って貧民窟ってイメージあるな。

貧富の差がすごいのか。

従業員を安くこきつかう見本みたいな町だからな。

高くとって安く払う。

2017-05-25

お酒って超強力な麻薬でしょ?

外で歩きながら飲むとかマジで無理

どこの貧民窟お話だよ

許されてる場所で許された形で嗜む

それが世間批判抗う数少ない手段だろ

愛好家が最低限の義務も守れないなら辞めちまえよ

2014-07-12

http://anond.hatelabo.jp/20140712120516

俺ならその息子を褒めるが。

自分の手持ちキャッシュをきっちり回せるのは素晴らしいことだ。

正直、増田の皆さんってド貧乏なのか育ちが貧民窟なのか知らないけど

マネーリテラシークソ以下の皆さん勢ぞろいですね。

つーか、独立して金稼いでいる男に対して

女が子ども扱いする権利は無い。旦那をガキ扱いしたら、そりゃ離婚だ。

家庭に対して損失を与ええるという投資行動に対して夫婦間の相互理解必要だろうが

手持ちのキャッシュフロウの中で完結するお話に関して

子どもの躾」みたいな次元で口を出すなら、それは夫婦関係破綻している。

2014-05-28

『最暗黒の東京』を読んだ

Amazon.co.jp: 最暗黒の東京 (岩波文庫): 松原五郎: 本 http://www.amazon.co.jp/dp/4003317416

1893(明治26)年刊行。明治中期の東京の貧民の生活を描いたルポルタージュタイトルはたぶんウィリアムブースの『In Darkest England and The Way Out』のもじり。

この頃の東京貧民窟は、不潔で不衛生で汚くて臭い。体は汚いし着る物は汚いし家は汚いし布団は汚いし食器は汚いし食べ物も汚い。とにかくありとあらゆるものが汚くて臭い。彼らは「煮しめたる如き着物より粉々と悪臭を漲らし」、「垢に塗れたる布団の襟より一種得ならぬ臭気を放」つ布団で眠り、「板壁の壊れかかりし破れ目に襤褸片(ぼろきれ)新聞紙を貼りて、辛うじて人目を除ける」家に住み、「膳には框(ふち)なく椀は悉く剝げたるもの」を用い、「饐(す)えたる飯、餒(あざ)れたる魚の骨」を食べるのだ。様々な言葉でもって表現されるその不潔さは、読むものの食欲を減退させること間違いなし。中でも最低の食事は、豚の飼料の残りカスである「薯類を以て製せられたる餡のやや腐敗して酸味を帯びたるものと、洗いたる釜底の飯とおよび窄りたる味噌汁の滓」だろう。残飯屋として働く著者はこれを一椀五厘で貧民に売り、貧民はそれを買い食べる。そういった光景が広がっていたのは、わずか100年ちょっと昔の東京である

著者は彼ら貧民の生活は「欠乏」の二文字に全て代表されるといった。とにかく彼らの生活にはありとあらゆるものが不足している。貧すれば鈍すを地で行く彼らの生活悲惨だ。車夫の生活が苦しいのは鉄道のせいだと仮想敵を作り、高利貸しから借金をし、現実から逃れるためにまずい酒をあおる。一向に風向きは良くならないし、この生活から抜け出すための方法もわからない。しかし町には近代的な豊かな生活を送る者があふれている。著者はいう。

「金銭は社会流通物なれども、彼らの社会には金銭なるもの殆ど融液する事なし。精巧なる器具、美麗なる什器、あらゆる物質は世上に積れて人々の自から取るに任されたるほどの有様なれども、彼らのためには、鏡中の花、水中の月にして元よりこれを取る事能わず、また取ってこれを使用するの権利を褫奪(はくだつ)され居るものの如し。故に彼らは物貨山積したる大都会中央に住ながらも、なおその身は曠漠(こうばく)たる無人の原野にあるものの如し。」

なぜ彼らにはその権利がないのか。それは彼らが飛び抜けて優秀な能力を持たず、なにより教養も人脈も何も持っていなかったから。これは現代にも通用するというか、身の回りにそういう奴がたくさんいるし、自分自身もその一人だ。どうやったらお金を稼げるのか、どうやったら人並みの生活を送れるのか、誰も教えてくれないし、どうやって調べたらいいのかもわからない。この世に存在するビルマンションもすべて誰かの持ち物なのに、どうやったらビルマンションを買えるのか、その方法は皆目見当もつかない。とにかくなにもかもがわからないし、それを自分自身で解決できるだけの能力も持ち合わせていない。こうなったらもうお手上げだ。ただ日々の生活が漫然と過ぎ行くのを待つしかない。

おそらく、必要なのはちょっとしたきっかなのだ。何も見えない最暗黒を抜け出すためには、門を開き、道の在り処を教えてくれるだけでいい。誰か早く、日々の生活に埋もれて考えることさえできなくなってしまう前に、教えてくれるだけで。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん