「続きを読む」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 続きを読むとは

2022-01-02

物語を読んだ後の感情言語化してみる。

最近小説アニメを観終わると喪失感のような悲しい気持ちになる。どうしてこのような気持ちになるのか、頭の中で考えるだけでは答えが出ないので、日記にして言語化してみたいと思う。

まず考えられるのは、完結したかかに関わらず、物語がひと段落してしまってもう見られなくなってしまう事への絶望だ。これは誰もが経験したことのある感情であると思う。完結した場合はもう続きを読むことができないし、公式から新しい供給がない限り、その世界の続きを見ることはできない。「続きが読みたい」という気持ちから二次創作を読み漁ったり、あるいは自分で書くという人もいるだろう。

しか自分最近感じている感情はこれとは違うように思える。絶望というよりは切なさ。自分が感じる喪失感は、物語世界に深く没入しているほど強くなりやすい。傍観者であるはずの自分が、その世界登場人物になった感覚。この感覚が続いている間は現実世界時間が止まっているような気さえする。この感覚のまま物語が終わったらどうなるのか。おそらく、自分だけ物語世界から追い出され、キャラクター物語が終わってもそのまま日常を歩んでいくのだろう。この感覚物語を読んだ後の喪失感の正体なのだろうか?それはわからないが一先ず仮の結論は出たのでこの日記は終わりにする。

※思ったことをそのまま文章にしただけの自己満足日記です。ですが他の方の意見もお聞きしたいです。

2021-12-10

「なんで同性婚推進派って嘘ばっかつくの?」の増田の嘘

「なんで同性婚推進派って嘘ばっかつくの?」という増田エントリ https://anond.hatelabo.jp/20211208080728 に、そこそこブックマークがついている。この元増田は、同性婚推進派が配偶者控除や第3号被保険による社会的コスト増の可能性を想定していないことを「嘘吐き」「都合の悪いファクトを隠す」と激しく非難している。ハンロンの剃刀(愚かさで十分説明されることに悪意を見出すな)という格言真逆という感じがするが、この増田の言ってること自体、よく読むと全くファクトに基づいていないのだ。いささか鼻についたんで長々書いてやる。

「兆円単位の財源が必要」って、一体どこから試算?

まず、元増田が何度も強調して論の中心に据えている「MAXで兆円単位の「新規財源が毎年」必要」「兆円単位新規財源は当然納税者税金から賄われる」について。増田仮定として、日本国内LGBTQ+が1000万人を超えるほどいるとし、さらに「この人数に同性婚を認めて将来的に2~3割が同性と結婚すると100万人以上の配偶者控除と3号保険が発生しうる」と言う。

おそらく、1000万人 × 2.5割 = 250万人=125万カップル で、その同性婚カップルの全てでパートナーの片方が専業主婦/主夫を選び、103万円(配偶者控除)〜150万円(配偶者特別控除)の壁に収まるようにパートなどで働く(or働かない)という計算での「MAXなのだろう。そもそも同性婚」の制度が何らかの形で立法化されたとして、そこで配偶者控除や第3号被保険者制度適用されるような建て付けになるかどうかは現時点では全くわからないのだが、まあそこはよしとしよう。

配偶者控除の「MAX」は820億円

というわけで、まず同性婚カップル125万人分の配偶者控除配偶者特別控除を概算する。2020年配偶者控除対象となったのは970万人、配偶者特別控除対象となったのは122万人で、この2つは重複できないので、合計1092万人いたことになる。この配偶者控除配偶者特別控除によって控除される税の総額は、以下の2016年試算によれば約7200億円。もう少し前のざっくりしたデータでは「約1兆円」としているものもあるが、概ねそんなところである

配偶者控除配偶者特別控除を含む。以下、同様)を廃止すると、所得税は年間で 7200 億円の増収となる。

WEB Journal『年金研究』No. 05 配偶者控除見直しに関するマイクロシミュレーション(Ⅰ)

現に1100万人いる配偶者控除配偶者特別控除対象者が控除されている税の総額が7200億円。ということは、LGBTQ+同性婚カップル配偶者控除配偶者特別控除が125万人増えたとしたら、それによる税控除の増分は820億円になる。あれ、「兆円単位」とは桁が2つ違うぞ? これは一体?

第3号被保険者扶養者側負担の「MAX」は1250億円

次に第3号被保険者だ。厚労省統計によると、2019年国民年金第3号被保険者数は820万人。国民年金保険料は現在は月額16610円、年額199320円。第3号被保険者場合、この金額相方である第2号被保険者が加入している厚生年金負担することで、第3号被保険者自身国民保険料を支払わなくてよいことになっている。

パートナーである第2号被保険者が加入する厚生年金負担した分の原資である厚生年金保険料は、厚生年金に加入する企業とその企業で働く従業員折半で払っている。言い換えると、マクロ観点では、その厚生年金に加入している働き手のパートナーの分を、加入者全員と企業負担している。まり、「新規財源は当然納税者税金から賄われる」という元増田発言は、第3号被保険者については完全にウソなのだ

ここは大負けに負けて、広い意味での国民負担とみなして以下計算を続けてやろう。LGBTQ+同性婚カップルの第3号被保険者が125万人増えたとしたら、それによって負担義務免除される国民年金保険料(厚生年金負担負担増)は約2500億円。うち半分は企業持ちで、残り半分を第2号被保険者負担するので、直接の負担増は約1250億円。これまた「兆円単位」とは随分開きがある。あれあれ?

元増田仮定通りに「MAX」を計算しても、配偶者控除で820億円、第3号被保険者で1250億円、合計2000億円の増分にしかならない。国民1人あたり2000円の負担だ。「推進派は都合の悪いファクトを隠す」と息巻いていた増田、これは一体どうしたことなんだい?

MAXで兆円単位の「新規財源が毎年」必要ですね。これを「どーでもいい規模」とは世界一金持ちイーロン・マスクでも言えない。誤解とかそういうレベルじゃない。意図的なら詐術無自覚なら恥ずべき無知しか言えない。


全くだ。誤解とかそういうレベルじゃない。意図的なら詐術無自覚なら恥ずべき無知しか言えない。猛省してほしい。

そもそも同性カップルには分業戦略フィットしない

…とまあ、ここまでは元増田の主張に乗っかりつつ、その主張通りに「MAXで」計算しても、彼の主張する財政コスト増のせいぜい1/10程度にしかならないことを示した。「金額問題じゃない、負担が増えることを認識していない(あるいは隠している)のが問題だ」という言い分もあるんだろうが、「兆円単位新規財源は当然納税者税金から賄われる。無自覚なのか、嘘吐きなのか」と「兆円単位」を振りかざして他人を罵ってた元増田が今更それを言い出すとしたら、随分みっともないね

さて、実はここからが本題だ。そもそも元増田は、男性でも女性でもいいけど、「同性同士が同性婚して、片方が専業主夫/主婦をやる(片方が103万円〜150万円の壁以内で働き、配偶者控除を受け取る)カップル」が現実にどれぐらいいると思っているのだろうか。そもそも元増田は、異性愛カップルでは片方が専業主夫/主婦(たいていは主婦)をやる家庭が多い理由ちゃん理解できているのだろうか

その理由ひとつは、図らずも増田自身エントリ冒頭で書いている。異性愛カップルが家庭を築き、片方が仕事をせずに専業主婦になるとき、その理由の大半は〈子育て〉だ。女性退職理由に関する調査では、出生あり既婚女性では「出産育児のため」という理由86.7%を占めている。そして増田は、同性婚が認められれば同性カップル子供を生まないと言う(確かに、将来的には日本でも同性カップル精子提供代理母で子を持つケースが増えるかもしれないが、今はほぼゼロに等しい)。つまり同性カップルにとっては、異性婚カップルの片方が仕事を辞めて家庭に入る最大の動機が、ほぼ存在していない

もうひとつは、異性婚カップルでは「片方がフルタイムワークで働き、片方が家庭に入って配偶者控除や第3号被保険者対象になる」という分業戦略有効からだ。男女の間に「働ける職場範囲待遇」に構造格差があるから異性愛カップルでは「夫が正規雇用、妻が非正規雇用103万円の壁・151万円の壁の範囲内で働く(あるいは働かない)」というオプションが取れる。しかし、同性カップルではこの戦略はあまり機能しない。なぜなら:

男性同性カップルは、両方とも正規雇用の安定・高収入職種就業している可能性が高い

女性同性カップルは、両方とも非正規雇用不安定・低収入職に就業している可能性が高い

からだ。つまりゲイ男性カップルの多くはそもそも上のような分業戦略を使う必要がない一方で、ビアン女性カップルの多くは分業戦略を取ったら生活が詰んでしま可能性があるのだ。現実にも、ゲイ男性同士のカップルにはダブルインカムパワーカップルが珍しくない一方で、レズビアン女性同士のカップル収入面が不安定になりやすいという傾向がはっきりある

性的マイノリティという視点では「LGBT界隈」などとひとくくりにされてしまうが、GとLの住む世界は、所得面で見れば全くかけ離れている新宿二丁目にはゲイバーは無数にあるが、ビアンバーは数えるほどしかない。これは両者の人口差ではなく、所得の差によるところが大きいと昔から言われている。ビアンは総じてゲイより可処分所得が少なく、ゲイほど頻繁に飲みに行けず、お金を落とせないので、地代の高い場所で店の経営が成り立たない。「貧乏レズ」なんて言葉もある。「性的マイノリティ」の問題生活軸で考えていくと、最後には結局「ジェンダー格差」の問題帰着するのだ。

改めての試算

異性婚世帯では、全体(1722万世帯)のうち女性フルタイム労働しているのが483万世帯、パートタイム労働(週35時間未満)しているのが668万世帯、完全無業なのが571万世帯という構成だ(2020年統計 https://www.gender.go.jp/kaigi/kento/Marriage-Family/2nd/pdf/1.pdf)。「パートタイム」と「無業」を足すと先の配偶者特別控除対象者1100万人より多いが、これは配偶者控除を受けるには週20時間程度に労働抑制する必要があり、そこからはみ出した人達パートタイムに分類されているからだ。ともあれ、異性婚世帯配偶者控除特別控除を受けているのは1100万/1722万=全体の65%程度ということになる。

仮に125万組のLGBTQ+が同性婚したとして、そのうち片側が配偶者控除や第3号被保険者などの対象になるカップル比率は、上記理由から異性婚世帯より多くなることはまずないだろう。「MAX」でも65%=80万組程度、自分推定では恐らく30万組以下だ。この推定が正しければ、税収減+年金負担増は500億円/年。国民1人あたり500円以下。元増田が言い切ってた「新規財源が当然納税者税金から賄われる」配偶者控除特別控除増による税収減は、200億円/年。国民1人あたり200円以下。

もちろん、それが0円でないのなら「『どーでもいい規模』ではない! 負担が一切ないなんてウソだ!」と言い張ることもできなくはないが、ではその前に、「推進派がウソを1つ吐く度に同性婚が嫌いになるわ」と言った元増田自身が、同性婚による経済的インパクトを膨らませるために、ここまでいくつのウソや不誠実な論述をしたのか、胸に手を当てて考えてみてほしい。

そもそも記事同性婚の話ではなく、元増田同性婚言及してないブコメを「嘘吐き」呼ばわりしている

そもそも彼が「嘘吐きだらけ」と批判するブコメがついてた記事は、同性婚配偶者控除保険制度には関係のない、東京都独自の同性パートナー制度に関する記事 https://nordot.app/840911614727651328 である。みなさん、この記事を改めて読んでほしい。ここに同性婚のことが書いてあるだろうか。東京都配偶者控除保険制度について何か独自施策をすると言っているだろうか。どこにもない。そしてそこに、(当然ながら)同性婚について何ら言及がないブコメ…たとえば:

shinobue679fbea 誤解を恐れずに言えばどーでもいい規模の話なんだから認めてやりゃいいんだよね。拒否理由は何もない。嫌いな人はこれまでもこれからも避けて通ればいい

u_eichi LGBTへの理解の深さがどうあれ、だーれも損というか不利益を被ることはないんだから、さっさとやっちまうべき。

がついている。

元増田はこれらの、同性婚については何も言及していないブコメを取り上げて、さも同性婚について言及しているかのように引用し、我田引水に控除や保険料の話(しか金額も財源もウソまみれ)を開陳し、あげくに彼らを「嘘吐き」と批判しているのである

これって、他人に対して異様に高い倫理的基準要求してる人間の態度としてどうなんだ? 事実かどうかはどうでもよくて、ただ増田の中でオーディエンスを騙せればそれでいいと思ってるのか? 元増田言葉を借りれば、「これって非常に不誠実な態度ですよ。正義や公正とは程遠い態度だと思いますね」。

元増田は「推進派がウソを1つ吐く度に同性婚が嫌いになるわ」とうそぶくけど、ここまで同性婚という問題認識するレンズが歪みまくり、語りにごく自然に大量のウソが混入してるのを見る限り、実は元増田こそが同性婚が嫌いだから推進派の言うことが何でもウソに見えるし、そうだと自ら思い込む(あるいは他人に思い込ませる)ために、今度は自らウソをつきはじめている」んじゃないか。わかるか? お前、冷笑を気取って闇堕ちしてるんだよ。

冷笑ファクトフルネス派」は党派性思考ファクト無視しがち

この元増田みたいな言論賛同する人達は、個人的には冷笑ファクトフルネス派と呼んでいる。彼らは「ファクト」を振りかざして色々なこと(特に福祉とか、公正とか、反差別とか、人の善意社会変革への希望とか)に冷や水を浴びせるのが大好きで、それをサポートしてくれそうな言説には「そうだそうだ」と相乗りする。しかしその「ファクト」をよく調べてみると、内容はまるっきりデタラメというケースも結構ある。この元増田もそうだろう。字面の勢いで「ファクトっぽさ」「冷笑っぽさ」を出すのがうまいだけで、中身はスカスカなのである

結局彼らが反応し賛同しているのは(たとえばリベラル嘲笑できる)「冷笑っぽい雰囲気」であって、自分自身の頭でそれがファクトかどうかを考えて腹落ちしてるわけではない。自分先入観裏付けてくれる、何だかもっともらしい意見から、無批判に受け入れているだけなのだ他人党派性冷笑したがる人間自身が、いつのまにか党派思考の虜になっている。何とも皮肉だ。

このエントリは昨日の夜中にアップしたものだが、時間時間だったか全然コメントがつかないので、補筆して新たに上げ直させてもらう。なんとかして元増田には読ませて反論させたいのだ。

https://anond.hatelabo.jp/20211208080728


追記

期待通りに元増田反論追記されていたが、ずいぶん主張のトーンが弱気になってるのは笑えるとして、内容自体が「そのレベル認識で、あんなイキった文章書いてたの?」という内容で、逆に驚いてしまった。

新たな反論は、実質的には「「配偶者控除」は相続税にも存在する事をご存知でしょうか?」のくだりだけなのだけど…(省略されました。続きを読むにはワッフルワッフルと言いながらここをクリックしてください

2021-12-02

読みかけの本。

 第9回BL小説大賞に出品したせいで先月は自分創作(出品作の直し作業)が忙し過ぎて、本を読むとかいう気分ではなく、読みかけて積んでしまったものが多かった……。

読みかけ挫折or挫折しそう。

アンタッチャブル』(馳星周

 馳星周先生作品って、少年漫画青年漫画二次創作BLを覚えた人間にはヒャッホー! な、ヒリヒリとした男同士の関係性を描いたものがちらほらある。私は『生誕祭』が好きだなぁー。けどここしばらく馳作品を読んでなかったなと思い、バディものだというし面白そうだなと思って本書を手に取ったのだが……。

 冒頭がすごくダルい。今まで読んだ馳作品の中でここまでダルいと思ったものはなかった。うぅ……なんだこれ。でも作者あとがきには楽しんで書いたって書いてあるんだなぁ。作者が楽しんで書いた作品駄作法則発動か、それとも中盤から急に面白くなるのか。わからないけど、十分の一くらい読んで脱落した。


私立探偵麻生龍太郎』(柴田よしき

 BL字書き仲間から、「柴田よしき作品BLだよ!」と教えられて、どの作品BLなのかわからないまま、とりあえず目に留まった本作を読み始めた。しかし、最近の私にはBL貧乏神でも憑いているのか、これもいきなりダルくてくじけそう。某BLレビューサイトマンスリーくじも外したし、散々な気分だ。



遅々として進まないけれど、頑張って読んでいる。

武漢日記』(方方)

 中華BLかぶれて中国に興味を持った私、感染症がどうかというよりかは、中国市井の人々の暮らしぶりを知りたくて、本書を読み出した。これは興味深い。封鎖下の武漢の人々の暮らしぶりもよくわかるが、中国一般市民暮らしや考え方も見えてくる。ステイホームするしかないので、著者のだしてくる話題ネットの話多めなんだけれど、中国ブラックジョークとか、漢詩パロディーとかが興味深い。

 中国といえば言論の自由のない国というイメージだけれども、それでも人々は完全に右へ倣え(いや左へ倣えかな。)している訳でもなく、動画血気盛んに行政批判地方自治体disくらいなら意外と大丈夫だったりするの?)や罵倒をしていたり、ユーモアを交えて上手く規制を交わしつつ本音吐露しているようだ。

 ちょっと意外だなと思ったのは、中国人達プライバシー大事にしている。自由感染症対策を天秤にかけてどっちを取るかっていう議論が出てきたりとか。また、感染症対策大事だけれども経済を回すのも大事でしょう、とかい意見も出たりして、完全に共産主義なのではなく、資本主義的な考えも取りれているようだった。いや、資本主義というよりは現実主義なのかな。

 著者の方方先生基本的当局を支持し信頼していると繰り返し述べつつ、極端な思想極左)は人々の暮らしに悪影響をおよぼすとも主張している。そしてよくネトサヨから攻撃されたりブログサイトからアカウントブロックされている。

 思い切った都市封鎖で徹底的に感染症対策をしたにも関わらず、なかなか感染者数が減らなかった武漢。本書は日記なので、リアルタイムにその状況を体験して書いている方方先生や、一般武漢市民にはどうしてこんなに長く閉じ込められなければならないのか、分からなかったようだけれども、この翌年に俯瞰で見れる読者の私には、さもありなんと思える記述が所々にある。一般市民の多くはステイホームをしていたものの、当時の武漢にはホームレスもいれば貧民街も一部にあったらしく、それらの困窮生活者は生きる為にいつも通りの暮らしをしていたようだ。また、物資の配給に従事していた人々……多くは市の職員ボランティアだ……の感染症対策情報不足物資不足から万全とはいかなかったようで、それが感染拡大に影響していたのではないかと私には思える。

 日本でも他山の石とすべき所は、役所というのは日常仕事様式から、どうしてもフレキシブル対応が苦手となってしまう、という点かなと思った。こればかりは国の主義とか関係ない感じがする。全体主義・強権主義的なところのある国は感染症のような問題には強いと、外の我々には見えたけれども、現実にはそれでもかなりの苦労があったことが本書にはありありと書かれている。

 ……とまあ長々と書いたけれども、まだ半分ちょっとしか読んでないので、頑張って続きを読む


女性の生きづらさとジェンダー 「片隅」の言葉と向き合う心理学』(心理科学研究会ジェンダー部会

 BL関係ないけど。読んでみれば、一般社会から顧みられることのない、普通から脱落した女性たちの暮らしものの考え方、世界の捉え方が書かれていて、興味深い。のばらあいこ先生の『秋山くん』『寄越す犬、めくる夜』の登場人物(こっちは主に男性だけれども、所属階層はほぼ同じだろうな)の日常とかを思い浮かべつつ読んだりとか。

 性的逸脱行為を繰り返す少女が、自らの価値を「需要」のある無しで語るくだりとか、衝撃を受けた。しかし、そこまで荒れた生活を敷いられているわけでなくても、自他を使える使えないで見ている人というのは世の中にはとても多いというか、ただそこに存在することさえ許されない、役に立つの義務であるかのような圧が社会全体にのしかかっている気はするよなあ。そういう圧が、社会の中の一番弱い人々を押し潰してしまうんだろうね。

 非行犯罪少年院に入れられた少女達が、更生教育を受ける中でやっと自分存在肯定することを覚えるということ。世間的には少年院に入るなんて罰だとしか思われていないけれど、そこが人生の根幹の部分を学ぶ唯一の場所であるという人も世の中にはいて、必要場所なんだなあ。しかし、女子少年院を出てから数年後に悲惨な姿でまた戻ってきた女性の話しは重く辛かった。せっかく自分を大切にすることを覚えても、彼女ゴミのようにしか扱わない人しかいない世界に戻っていくんだね。ネンショー出だということで……。

 まだ四分の一くらいしか読んでない。辛いけど最後まで読むぞ。


から読むBL

『飛行少年ズ』(野火ノビタ

 唐突に、紙の同人誌なんか家に一人で居られる昼間しか読む暇ないじゃん! と思って宝箱から発掘してきた。幽遊白書同人誌、なんだけど、表紙からして誰おま。これが野火ノビタクオリティ。だが読めばなるほど蔵飛……そしてエモい

 実を言うと蔵✕飛は特に好きではないが嫌いでもなく、しか野火ノビタ先生作品に限っては超好きなので本を買ったという。私自身は幽白の最推しカプは男女カプなので、表向きには蔵飛読むなんて言えない。腐に媚びてんじゃねぇと陰口を言われるので。BLのカプでは仙水✕樹が好きだな。推しても誰とも喧嘩にならないし。



という訳で、今日は久しぶりに読書の日と割り切って、ひたすら読むぞ。

2021-11-28

今のWeb開発に対する思うところ

これからCDNのエッジで何でもやるぞ!という流れになりつつある。

そうなればレスポンスが上がりユーザー体験が良くなる。結構なことだと思う。

 

でもさ、今まで散々レスポンス無視する方向に進化してきたじゃん。

大量の依存関係で生成されるJavascriptは巨大に膨れ上がり、メインコンテンツを遅延読み込みさせてユーザー待たせたり。

いや分かるよ。生産性を上げるには仕方なかったんだよね。今はその反省から多少改善されてるのも分かるよ。

画面を埋め尽くす広告も、トラッキング用のスクリプトも、続きを読むボタンビジネス上仕方ないよね。分かるよ。

 

でもそれでいきなりEdge Computingと言い出すってのは、何かモヤッとする。

いじめっ子社会活動を始めてキラキラしたこと言ってるような感じというか、

大量消費社会の申し子がいきなりSDGsとか言い出す感じというか。

 

いや内申書(Core Web Vitals)目当てでしょ?先生分かるよ。

本心ではユーザー体験のことどうでも良いと思ってるよね。

受験就活がなければそういうこと絶対してなかったよね。

そういう子だよね。君は。

ネットのどこに行っても時間を惜しんで続きを読むというのがなくなった

歳なんだろうが・・・

長文を隅々まで読むとか、このコンテンツを見ておかないと取り残されるとか、気づいたら朝になっていたとか、そういうのがなくなった。


Netflixアマゾンプライムビデオがもてはやされるけど、1フレームずつ細部まで見るのもない。

小説最後まで読んで、もう一度最初から読み直すということもない。

出てくる単語ノートに取っておいて、参考文献を調べるというのもなくなった。

記号画像検索して歴史的背景があるのかを調べるのもなくなった。

ラテン語語源を調べるのもしなくなった。


そこまでする情熱が出てこない。

ネットで少し探すと、こんな解釈があるのかとか、これは自分は調べてなかったとか、そういうのにぶつからなくなった。

2021-11-26

anond:20211125125857

noteでも無料部分に本文全文書いて、

単なる投げ銭として続きを読むには~を置いてる人もたまにいるね

2021-11-25

続きを読む課金になじめない

今どきの投げ銭代表格は配信でのいわゆる「スパチャ」なんだと思うけどあれに至っては理解すらできない。

アイドルコンサートこちらを見てもらおうと大きなウチワを用意するのと似た感覚なのかもしれないけど

人気のある配信者だとけっこうな金額が投げられていてビビる

まあ、スパチャに関してはもはや自分には理解できない世界なのである意味感心してしまうところはある。

理解できない世界なので良いも悪いもなくてなんかそういう世界があるんだーで終わる。

それより自分に身近なとことして一番モヤるのがnote続きを読むための投げ銭だ。

記事毎の料金は小銭程度なんだけどけっこうな率で売りもの記事を見かける。

記事を書くほうは労力も使っているし、買ってまで読みたい人だけ読めばいいシステムなのでなにも悪いことはないとわかってはいる。

そして自分は正直、ほとんどのものはその価格に見合った内容ではないのではと勝手に値踏みしてしまってるとこはある。

今の時代翻訳の助けもかりれば探せば見つかる情報というのがほんとに多い。

なのでテクニカル記事とかは買ってまで読むべきものはあまりないのではと思っている。

あと書き手経験値があってこその情報というのはあるんだけど、正直そこについても書き手への信頼度はそれほど持てない場合が多い。

強いて言えば創作系。この人の書いたものもっと読みたい、と思うものは有料であれば買うしかないとは思う。

ただ漫画だとこんな面白い作品ぜひとも金を払わせてくれ!と思うような無料Web漫画もそこそこあったりはするんだけど

web小説エッセイ的なものでそういったもの出会った経験は残念ながら自分にはほぼない。

noteというサイトに関しては利用者も多いし見やすいのでよく覗いてはいるんだけど

あーこれ続きは有料のやつか、となると一気に冷めてしまう。

一番多いのは

「この続きも読みたいっちゃ読みたいけど課金するほど読みたいものではないな」

というケース。

これが多すぎて最近noteを見る頻度が減ってきた。

自分ケチくさいのは重々承知だけど実際のとこどれくらいうまく機能してるものなのか気になる。

個人的には記事ひとつひとつに続きを読みたかったらお金払ってね、と促されるより

気に入ったら~円支払ってくれてもいいのよ、みたいなドネーションタイプのほうが全然払う気になる。

2021-10-16

腐女子感想体調不良

とある漫画タイトルにハマったので、SNSなどで他人感想検索して読んだりしているのだが、女性人気の凄いコンテンツだったみたいで(連載時には特にそんなイメージのないタイトルだったので少し驚いた)、まあとにかく腐女子の人たちの書き込みに触れる機会が増えた。

 

腐女子全員が「そう」と言うわけではないのだろうが、とにかく「吐いた」「ゲロが出た」「過呼吸になった」「(予定をキャンセルして)寝込んだ」という文章を目にする。

おそらく大袈裟表現なんだろうなとは思いつつ、いまいち理解できないのが、それらがどうやら褒め言葉らしいという点。

 

最初批判的な感想を拾ったのかと思った。

いや、まだ若干グレーではある。

ゲロ吐くから続きを読むのはやめてる」「無かったことにしてる」という人も何人か見た。

(その上で、その傷つく点をもってして「尊い作品」としているのが凄い。いやいや最後まで読めよ)

 

かに、読者を傷つけることの出来る作品というのは読み応えがある。

でも俺はなんか読んでゲロいたことはない。

ドラッグを扱った映画で画面に酔って吐いたとかはある。

感受性問題なのか?

性差なのか?

いや、男オタでもキャラが死んだりしたとか辛い展開だとかで吐くやつ普通に居るのか。

2021-10-07

anond:20211007114302

これ根本的に間違えてると思うけど、

いや、そちらこそ根本的に間違えてると思う。

弱者が最終的に求めるのはセックス、と言われているが、

強者は最終的にセックス求めない、とは言っていない。ツイート続きを読む真意がわかる。

モテない男性拙速な振る舞いを咎めている。強者男性が最終的にセックスを求めてないとかは言及してない。

あくまで、弱者男性女性をどう扱うかを気にしている。増田の論のなぜ弱者男性はそうなったのか、はそれはそれで説明として面白いが、ツイート主の問題提起とは独立していて、反論にはなっていない。

2021-09-24

anond:20210924023506

軽自動車28.8%)、コンパクトカーハッチバック(22.8%)が上位を占め、小さい車があおり運転を受けやすい傾向にありました。

軽自動車って自動車全体の38%なんだよね。

https://www.keikenkyo.or.jp/information/information_000453.html

 

自動車全体の38%が軽で、あおられ全体の29%が軽なら、むしろ軽自動車ってあおられにくいんじゃないですかね。

理由は、近所の足として使われることが比較的多いのであおられるような状況を走らないとかいろいろ考えられるけど、とりあえず一番最初からでたらめだと続きを読む気が起きないよね。

2021-09-05

オカルトSFって大差ないんだなって思った話

記憶が2つあるんだが」というスレがある。

有名なスレだと思うしまとめられてるので興味があるなら読んでみてほしい。真相はさておき読み物としては面白い

私は純粋2ちゃんねるユーザーじゃなかったので、昔も今もまとめを見ている。

まとめしか見てないので、次スレとか別板誘導リンクに気付かないことも多い。今回もまさにそれでこのスレのあとに考察スレがあったことを知らなくて今日読んだ。これもまとめられてるのでそれを見てる。

一応不思議体験なのでオカルト案件かな…という体なんだけど、出るわ出るわ考察の嵐。増田もだけど専門家が混ざってんなあって思うのはずっと変わらんね。

その中にあった「別事件の高位世界、高位存在が下位世界搾取してる」とか「予定が何度もダメになり、目的地に行けない時はその目的地の情報を受け取る準備が整っていないため」的な書き込みがあり、かつ古代の神々とか宇宙人とか、聖書に関連した話をしているわけです。

みんななぜそんな引き出しがあるの…と若干おののきながら続きを読むとまあ似たようなことを考え似たような帰結に至るのはあるあるですね、みたいなこと言うわけ。その分野の人なら常識ですよね、みたいな空気感学会とかゼミの発表会みたいで普通にすっげー!みたいな気持ちになった。「実際こういう学者がいるよ」とか書いてるの見てなんでそんなこと知ってんの!?と。東大王かと。

あくま考察だしオカルト案件なので一貫性とかはさておいて、その話の「もしかしたら」が全部好みだった。はやく出版しろその設定の物語書いてくれって思うの。ただ幽霊とかじゃないからこれはホラージャンルにはならんよなって。オカルトだけどオカルトジャンルの本ってなんだろう?ここまできたらSFじゃないのか?と思ったわけです。

もちろんSFのSが「サイエンスなのは知ってるので「オカルトは違うだろ!」というのも思ったけど、「未知の世界」には変わりないかなって思うとSFかなあと。実際の世界範疇のものって怪異スチームパンク異世界も大差ないんだなぁと漠然と思いました。という日記でした。ヤマもオチもイミもない文章になってしまったな。

ちなみに普段オカルトあんまり読まない。怖いから。1番好きなのは伝説92です。

2021-07-13

リベは内容を問題視して通報するがウヨ投稿関係ない内容で通報する

その結果、リベ左派アカウントは凍結しやすく、ウヨアカウントは凍結しにくい

アカ停止は「AI誤検知ツイッター社 望月記者ら復旧:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASP7F6482P7DUTIL04B.html

続きを読むには、望月記者アカウント乗っ取りの疑いがかけられた可能性で停止になったと書いてある

 望月記者のケースでは、アカウントが何者かに乗っ取られたか規約違反にあたる行為があったとAIが誤って判断し、アカウントを停止した。

また、菅首相批判ドキュメンタリー映画アカウントは、スパム疑いの通報によって停止になったと書いてある

今回、(公式アカウントを)スパムアカウントと誤認識した可能性がある」と説明するメールが届いたという。

 

一方で、右派ウヨに対して「このツイートは酷すぎる」と問題視して通報する場合、「差別投稿があるから」とか「フェイクやデマ拡散しているから」とかいった理由選択される

からツイートは削除されないし、アカウント一時的でも凍結しない

たまに5ちゃんねらーっぽい人らが面白半分に何でもありで通報するとウヨアカウントでも簡単に一時凍結になったりする

2021-07-05

新聞広告新聞記事を遮って出てきたり一つの記事を分割して何ページも跨がらせたりしないけど、web広告記事の前に割り込んできたり紛らわしい続きを読むボタン誘導するじゃん

web広告屋はあの日付と天気予報が見れる雑巾より程度が低いんだよな

広告を受け取る側のことを何一つ考えてないし、広告を出した企業が損なうイメージもわからない誤タップ乞食ってわけよ

まじでweb広告屋は死んでも天国いけなさそうだし子供が胸を張って親の職業を話せないだろうね

2021-06-30

続きを読む」のあとに「全文を読む」で別のwebに飛ばされるの頭おかしすぎてキレた

ライター以外みんな虚業なんだからさっさと死んでくれ

2021-06-02

河童と蛙みたいな書き方の小説

最近読んでるWeb小説、内容は面白いのだけど「河童と蛙」みたいな書き方がとても鼻につく

別につんつんつるんぶしてる訳じゃなくて、やたらと文章を途中で切って句点を打つ書き方

晒しにならないよう元文章をかなり改変して例を挙げるとこんな感じ

--------------------------------------------------------------------------

アノン王国からの帰り道。

マスダは懐から手紙小箱を取り出し。まず手紙の内容を確認した。

あいつらしい前置きを読み飛ばし。本題に入った辺りから読み始めるが。

そこには驚きの事実が書いてあった。

…(中略)…

あり得ない事態に、俺は思わず天を仰ぎ。

深く息を吸って、吐いて。心を落ち着かせてから続きを読む

--------------------------------------------------------------------------

手紙小箱を取り出し。」「読み飛ばし。」「読み始めるが。」「天を仰ぎ。」

こういう書き方ってここぞという時に使って文章を引き締めるものじゃないのか?

乱発されるとバカっぽいというか自分に酔っているというか、下手すると日本語不自由に見えるというか…

内容は立派な頭脳戦なのに書き方のクセですげーもったいないことになってるのが惜しい

2021-05-16

anond:20210512013126

最果てのパラディン勧めてくれて感謝。とりあえずなろうを読んだが。いい。

カドカワのサブスクで、1巻だけ読んで、なろうがあればそちらで続きを読むって感じが多いが、最果てのパラディンはなろうの途中で1巻を購入した。

完結させてほしい、応援したいと思う物語は近年まれ

筐底のエルピスはここ数年、続刊が待ち遠しい小説

2021-05-12

anond:20210512045724

日本女性として生まれて思うこと」という表題文章を見た場合にやること

まず最初に「どこの国と比較しているのかな?」という疑問が浮かぶので、それの答えとなる情報を探す。

…無い。

仕方ないので改めて本文を読む。

するとゲームオンラインゲーム?)がどうのと言っている。

その中で「オカマ口調だとみんな好意的だ。きっと男性と思われているからだろう」と考察していた。

しかし、「男性からみんな好意的」という仮説を裏付けるには

  1. 男性の見た目で男性の口調
  2. 男性の見た目で女性の口調
  3. 女性の見た目で男性の口調
  4. 女性の見た目で女性の口調

と、各パターン検証しないとハッキリしないはずだ。

なのに、今回は2番のみの検証で得た情報だけで結論づけている。

加えて、「そう考えるとなんだか妙に納得してしまった」と書かれており、某ひろゆきの「あなた感想ですよね?」というセリフ頭をよぎる。


文章続きを読む

その後はまた話が飛び、実生活で受けたセクハラなのかパワハラなのか(詳細は書かれていないので不明だが)に対して裁判勝利した、という経験談を語っていた。

って、なんだよ。ちゃん勝利できたんじゃないかそいつは良かった。

かに社会に出てそんなクソ野郎にぶち当たったこ自体はとんだ災難だと思う。

が、日本という国はそれを許さなかったということだ。

最後結論確認する。

「変な人達に関わらなくて住める環境が欲しい」とあるが、それを実現するための方法が「宇宙行きてー」という、リアリティの欠片もないものだった。

長い文章だったが、「解決したい」のではなく「話を聞いてほしい」だけの駄文を読まされただけだった…ということか。


「あー、そうだねー分かるわかるーアタシもそう思うわー」

これで満足か?

2021-04-30

ボーダレスネーム広告業界描写微妙すぎて、あまりにもあまりにも

少年ジャンプ+で人気連載中(日間ランキングで1位取ってるし人気でいいよね)の「ボーダレスネーム」、かつてマンガ家の夢を捨てたアラサー女性が、再びマンガ家になる夢を見つけ歩み始めるというマンガです。

主人公女性現在仕事広告代理店アートディレクターAD)で、イケメンだけどぶっきらぼう上司や、物腰柔らかなマンガ編集者などに取り巻かれながら、仕事や将来の夢に向けて悩みながら、成長するという、この20年くらいの青年誌お仕事マンガフォーマットにある程度乗っかっていると言えるでしょう。(それがジャンプ+で連載されるというのは面白いです)

1話目を読んだときは、ああ、これで広告会社やめてマンガ家修行始めるんだろうな、で、編集二人三脚してるうちに恋が芽生えたり、イケメン上司からちょっかい受けたりしつつ、マンガ家として成長するんだろうなと思っていたんですが、あれ? 2話目で女性コピーライターが出てきたよ、しかもまだまだ広告会社の話が続くみたいだよとなって、僕は正直、困惑しています

というのは、広告会社描写がかなりおかしい。こんな広告会社はありえない(正確に言えば、なくはないがこの規模の会社だと考えられない)のに、広告会社お仕事マンガとして進んでいるので、やばいんです。このマンガ読んで、広告会社disられても困るし、逆に広告会社に入りたくなってもやばい描写おかしいのにちょくちょくお仕事専門用語解説が入る(そこはいちおう内容はあっている)ので、ものすごくもやもやする。というのを立て続けに見せられてるんです。

なので、2話までの中でのおかしポイントを列挙して、何にもやっと来るのかを指摘してこのもやもや業界がわからない人と共有したいと思いました。

 

1話: https://shonenjumpplus.com/episode/3269632237331072609

・P5 何人か指摘してますが、31歳で入社10年目って、この人何歳から働いてるんだろ? 総合代理店AD職で美術短大専門学校卒で働くとなると、主人公学生時代、相当優秀な方だったんでしょうね。賞でも取ってたんでしょうか。

・P8 34歳のイケメンCD(34歳でCDも相当若いですが、まあ優秀だったんでしょう。岸勇希みたいな人なのでしょうか)が、オリエンに連れていきます。まあ、クライアント名を出さずにつれていくのはいいでしょう。そういうやり方の人もいます。でも、そんな雑な今から時間あるでオリエン連れてくな。急に入ったオリエンなら、まずはお前ひとりで聞いてこい(いや、CD一人で行くのもちょっと違うが、それは後述) 広告会社ADなんて死ぬほど忙しいんだ。そんな今から連れてくみたいなやり方でスタッフィングされたら他案件との調整が地獄になるわ。あと、肩たたいて声かけるな、現実で今どき、それやったらパワハラ案件になるぞ。

・P9~12 この回、最大のツッコミどころ大手出版社看板雑誌の60周年広告を競合でなく指名発注しかも、担当者広報2人に若手編集1人。それありえる?? そのキャンペーン、ひいき目に見ても出版社も全社総がかりでやる規模の案件だぞ。編集長どころか担当役員が出てくる案件だぞ。少なくとも競合で6社は呼ばれて、納期バジェット提示されて年間キャンペーン総合プレゼンさせられる案件だぞ。この会社出版社ハウスエージェンシーかなんか? そして、何よりこの広告会社営業いないの? CDが一人で直接話を聞きに行くなんて、怖くてさせられないよ。せめて、一人CPクリエイティブプロデューサー、ざっくりいうと広告予算スケジュール管理をする人)くらい連れて来いよ。CDにそこまでさせたら、普通会社だったらパンクするぞ。出版社出版社だ。こんなでかい案件で、オリエンペーパーも作らないのか。予算いくらとかキャンペーンスケジュールがいつなのかとか、KPI、KGIとか広告で達成したいこととか、現状の雑誌のコンディションとか、ADが「どんな広告がいいですか」とかふわっとした質問をして、編集が「見た人に夢を与えられるものですかね」とかふわっと答えて、それでGOするなよ。主人公も苦手なオーダーだとか思ってるけど、誰だってそんなふわっとしたオーダー苦手だよ。そして、イケメンCD、こんなでかい案件、一人のADに丸投げするな。俺がCDだったら社内で3チームは立てるわ。まあ、社内競合とか文化がない会社なのかなと思ったら、2話目で社内競合かけられてるし、2話目の案件より、こっちのほうが規模ははるかにでかそうだぞ。

・P16 主人公他人案件勝手に引き取るな。せめて上長に手伝ってもいいですかと聞いて一緒にやれ。というか、上司が丁寧にディレクションしてるのに勝手に引き取るな。このモブの後輩もありがとうって面するな。ちなみにこの付箋を見ると、マーケ部云々書かれてるので、マーケいるの? というか、マーケ企画書CDが赤入れてるの? そんなことされたら、戦争はじまるぞ。

・P17 やっぱり社内競合ですらないし、営業もいない。続きを読むとこれ、プレゼン前日だよね。プレゼン前日の打合せに営業いないし、紙だけで社内打合せするな。誰もノートPCすら持ってないのか。それともこれは2019年ですらなくて、2012年くらいの話か?

・P46 途中の徹夜作業するところとかはまあいいけど、この人、ADメインの人だよね。コピーから企画から全部ひとりでやるのは、あまりにも抱えすぎじゃないか。それと上司、直前打合せで追加案なんて出したら、それこそメンバーからヒンシュク買うし、ADは心折れるぞ。そういうのは面倒見がいいとは言わない。ただ、こういうのをやってくる人、たまにいる。某佐々●宏とか。でも、逆に言うとそれくらいの人じゃないとそういうことはやらない。あんなふわっとしたアドバイスじゃなくて、ちゃんと前日打合せの場か、そのあとにADを呼び出して、ちゃんと伝える。その方針で1つ追加できないかと聞く。

・P49 やっぱり営業がいない。ほんとにいないでいいのか。この会社CD営業マーケもやるのか。というか、出版社サイドもそんな即決していいのか。60周年だよね。

・P66 「営業マーケティングなどいろいろな分野の人たちが案件ごとにチームを組んで広告制作を行います!!!??? この会社にもいるの? なんでプレゼン営業来ないの??

 

まあ、1000倍ひいき目に見て、必要ない登場人物は省略したとしよう。しかし、この省略はお仕事マンガとしてあり得ないレベルで省略してると言わざるを得ません。

ゲーム会社でいえば、バンナムスクエニ規模のゲーム会社プログラマー一人でゲーム企画案を作って、自分コーディングしてゲームを開発して、自分で納品してるみたいな感じ。

IT企業でいえば、基幹システムの開発を一人でスケジュールもなしに作ってる感じ。

それくらいの違和感があります

 

 

2話: https://shonenjumpplus.com/episode/3269754496293826525

P3 これはいじわるかもしれないが、この編集さん、プレゼンのあとは作業から外れたのかな? まあ忙しいもんね。でも、せめてこういう感じ始めますってのは、広報から編集部に事前に共有されるよね。メールアドレス知ってたら、せめてその時点でメールするよね。まあ、忙しくて忘れてただけにしておこう。

P16 いくらなんでもこんなに面倒見が悪いトレーナーだったら外れもいいところ。というか、この会社、全体的に人を育てる感じがないよね。

P21 トレーナーになんで自分がこの人を見るのかの周辺事情ちゃんと伝えるのが会社というものです。そうじゃないとこうやって、自分を見放した上司と競合する仕事をしないといけなくなります。あと、今時、広告会社なんて(特にCR分野なんて)オタクだらけです。キラキラ女子みたいなほうがよっぽどレアです。だってアニメゲームマンガなどのコンテンツ重要情報源なんですからそもそもアニメゲームじゃなくてもオタクじゃないとCRの引き出しは枯渇します。

P23~24 ここがいちばん問題CRの打合せなんて100本ノック1000本ノックなんて当たり前。まして、この子コピーライターでしょ。コピー無限に書き続けるのが仕事みたいなもんだよ。一万歩ゆずってプレゼン前なので、そろそろ方向性を絞れって話なら、主人公が打合せ前にディレクションしないといけない。つまり、この子が怒られる筋合いは一ミリもない。

P32 上司、そこにいるなら、主人公相談にのってやれ。社内競合で負けたらお前の評価にも影響するんだよ。ほんと、この上司、何にもしねーな。主人公は早々に見切って、全スルーして上と直接話するようになったほうがいい。

 

2話目はこのコピーライターの子がとにかく不憫転職してきたばっかりでこんな目にあったら、俺だったらすぐに転職サイトを開く。

で、うすうす気づいたが、このマンガ広告会社って、主人公の成長のための舞台設定だけなんだよね。早くコピーライターの子と一緒に仕事辞めてマンガ家になれ。どうせそういう話にするつもりなんでしょ。で、ここまで書いて気づいたけど、この2話目の案件も社内競合なだけで、コンペじゃないんだよね。広告会社マンガで成長を描くためにコンペを使わないのって、相当奇妙なんだけど、そこに何か理由があるのだろうか。というか、社内競合のライバルをこんなに嫌な人に描写してるの、社内の摩擦がすごそうで嫌な会社だなあってなるんだけどいいのだろうか。

 

以上、広告業界関係者がとにかくイラっと来た部分を書きました。

2021-03-13

エヴァ感想 ※超ネタバレ

ネタバレへの注意】

どこかに感想を書き込んでみたいけど

増田で適切なネタバレ配慮のしかたがわからない

「=====」で「続きを読む」という表示をだすはてな記法増田じゃ使えないみたいだし。

とりあえずそこで困ったという文章を書いて字数を稼いでおけば多少はマシになるだろう





ネタバレ開始】

今までになくとてもわかりやすく、不快感がなく、気持ちよさが残るエヴァだった。

ゲンドウが庵野監督象徴してるのはわりと異論なく解釈されてるところだろう。

ならばシン・エヴァンゲリオンは

庵野監督ゲンドウ)がアニメ文化ユイ)にであった結果、

 生まれたのがエヴァというアニメシンジ)で、たくさんの悪影響(ニアサーインパクト)や

 悪影響をうけたファンインフィニティのなりそこない)をうんでしまったけど、

 庵野監督が時を経て成熟したエヴァというアニメ関係を結び直せた結果、

 ちゃゃんと原点から自省してガンダム(神)とかみたいになることを

 断念してエヴァという膨れ上がったカルト神話をきっちり解体して畳むことができました」

というお話であると順番に当てはめていくだけで理解できる。

ほかをあてはめていくと

ゼーレ版の人類補完計画エヴァ商業的に成功し続ける作品にしようという方向性

ゲンドウ版の人類補完計画エヴァカルト神話的であり続けて、ファン呪縛しつづけることで進化させようという方向性

富野由悠季監督ニュータイプという概念視聴者押し付けるような)

綾波神格化されたエヴァ

アヤナミ(仮)は多分パチンコなどIP利用(お年寄りにも触れられたという点で)

トウジやケンスケはい意味エヴァに影響されたファン

アスカエヴァで実現したかったもの象徴みたいなもの?みたいな感じになるだろうか

自らの子供たるエヴァという作品と向き合えなかった庵野監督

トシマエをつけるために振り返った結果、宇部新川駅から旅立ったあたりから駄目だったねという身も蓋もない自省が展開されるのだけど

不思議説教臭さも不快さもないどころか、謎の爽快感まで発生している。

それは、ユイアニメ文化象徴であり「庵野監督アニメに対する夢や野望」だったと解釈すれば

かつて憧れてキラキラ輝き続けるガンダムなどの数々の作品のように「自分作品よ、神話になれ」とにするのを諦めて

きちっとエヴァをたたむという断念の爽快さなのかもしれない。

実際、今の庵野監督にとってエヴァを稼げる商品にし続けることも

ファン呪縛し続けるカルトにし続けることも容易いことなのは

この内容で不快感を発生させない圧倒的な力量とクオリティーをみても明らかだが

あえてそれをせず、全力でエヴァを終わらせるのは清々しさがある

エヴァという神話がなくても人間普通に生きていけるし

こじれた人間が間違いで作ってしまった程度のものなのだ解体しきっても

現実エヴァリアル世界に良かれ悪かれ様々な影響を残してる。

ゲンドウがシンジエヴァという作品)のなかにユイアニメへの夢)を再び見出し

最後ユイアニメ文化)がシンジエヴァという作品)の身代わりになって出発を祝福する。

庵野監督の中で良くも悪くもエヴァという作品アニメとして許されて、受け入れられたということなのだろう。

キャラ一人一人を丁寧に開放し、「さようなら」をするのは

庵野監督エヴァが、そしてファンエヴァがよりよい関係を結び直すためのおまじないなのかもしれない

2021-03-09

anond:20210309110059

続きを読むテスト

できてるかな・・・

====

  • 初号機の中に髪の長いレイがいる「碇君ごめんなさい。碇君をエヴァに乗らないでいいようにできなかった」
  • シンジ「いいんだ綾波。あとは僕がやる」

終劇

=====

anond:20210309105706

それ使えないぞ

====

あとここは増田ひとりひとりの個人ブログだぞ?

=====

 

続きを読む記法 ==== ===== その後の内容を「続きを読む」にしま

2021-02-19

ってか、今の世界だと「日本しか勝たん」よな

日本って、これリリースするだけで世界獲れるよね?

・初期LINEパクリ的な、トークチャット)メインのSNS

スタンプ絵文字ニンテンドージャンプで盛りだくさん

無料

世界の民が歓喜でしょ。さいつよ覇権で勝ち確でしょ。

だって、HiやOlaより、片手をあげた可愛らしいピカチュウスタンプを押したいし、遅刻する友人を急かすのにクリリンの顔で「はやくきてくれー!」と送りたいでしょ。むしろそうじゃない人っている?


必要なのは、とにかく物量。

ドラゴボ、ナルトワンピ遊戯王キャプ翼デスノ、ヒロアカ、鬼滅、呪術

マリオゼルダ、ぶつもり、カービィ、スプラ

スタンプであれば、これらIPごとに、名ゼリフ名シーンをからめた20個を、漫画調、アニメ調、ドット絵、かっこょアレンジ、音声あり、などテイスト変えて5セットくらい、つまりおおよそ百個。とか、壁紙絵文字もとにかくたくさん。

これ、ぜーんぶ無料

グローバルで大きな面を抑えれば、あとは純広やらコラボやらでカネが儲かっていく。新機種を投入するスマホメーカーは、世界で億単位ユーザーがいるSNSで、ポケモンコラボしたオリジナルスタンプを出したい欲求に逆らえるだろうか?もちろん不可能とは言わないーー競合がドラゴボとコラボしてさえいなければ。


このモデルが優れているのは、勝ち筋がシンプルだってこと

大量のコンテンツを確保するために、ニンテンドー集英社にいっぱい金を払う必要があるが、逆に言えばそれだけで良い。SNSサービスレベルを高く保つの至難の技だろうが、これにしたって別に未踏技術というわけではない。

まり、金さえあればバカでもできる。

はーいすいません、「金さえあれば」ってのは確かに言い過ぎでーす。でも、「ブレイクスルー」も「パラダイムシフト」も「女子マネ弁当」も、

<要らない>

ってことはわかってもらえるんじゃないかな?(暗黒微笑)


海賊版違法DLの「上前をはねろ」

海賊版作品にハマったファンは、このSNS広告を見たり有料コンテンツを買ったりして収益を生む。違法遊戯王を読んだ読者がカードを買い漁るように。

これは、まるで「世界の果て」のようなプラットフォームだ。

違法合法無料有料、どんなコンテンツ人生をへたファンであろうと、最後はここに辿り着く。ここでスタンプ送り合ってワチャワチャしたり、短い広告動画を見たり、する「しかない」。なぜなら、Faceboook、InstagramtiktokカカオトークLINE、どのようなSNSでもジャンプニンテンドースタンプが大量に無料だったりはしないからだ。

いうまでもないことだが、この状況は、更なるIP誕生を祝福する。漫画家やゲームクリエイターは、自分の愛する作品が不当に盗まれ心理的負担から開放される。「僕のコンテンツ違法で消費したいって?気は進まないけど止めはしないよ…どうせできっこいからね。でも作品が気に入ったならスタンプひとつも使ってよ、無料なんだから」というわけだ。実際、単行本が一万冊売れるより、一万人のユーザースタンプを使ってくれた方が、作家により多くの報酬が入る可能性は、十分にある。


世界で人気を獲得したIPを、日本がどれほど持っているだろう?

初動はともあれ、as soon as possibleでジャンプニンテンドー以外の参加は必要だ。進撃、リゼロ、ニーア、モンハンバイオハザードメタルギアセラムンクレしんハム太郎スーパー戦隊ライダー、それに「おしん」。

実際のところ、海外での流行を考えれば、鬼滅より進撃、マリオよりニーア、よりオタクニッチな方がスタートダッシュを決められる可能性は大いにあるが、有識者による選定には時間がかかるので、まずはジャンプニンテンドーで良いはずだ。

ただし、ハンターハンター、テメエは(続き出すまで)ダメだ。ここ笑うとこですよー。


誰がやる?もちろん国策

自分でも予想以上に筆が滑ってムダに長文になり、ここまで肝心なことに触れずにきてしまった。「日本は」「日本が」と阿呆のように繰り返しているのは、この構想は、東インド会社みたいな国策企業が担うべき案件からだ。ニンテンドーが主導してジャンプと潰し合うような事態は避けるべきだ。

とにかく「日本IPを束ねて世界勝負しようぜ」というプロジェクトなわけで、どこか一社が担うのはかなり難しい。

ただ、コロナ禍でブーストされたswitch&鬼滅マネーを持つ両社が、ジョイントベンチャー立ち上げて、COOL JAPANの関連予算じゃぶじゃぶ注ぎ込む代わりに、他社IPの参加を制限するな、て縛りを入れるとかでもいいのかな?

COOL JAPANの関連予算は450億くらいだそうだが、全部突っ込めば足りるか?足りないならもっと出せばいいーーいや、そんな次元の話ではないのだ。

いか

これは世界中で日本IPを広く知らしめ、日本の魅力との接触頻度を爆上げし、国富調達する素晴らしいプロジェクトだ。反日感情を隠さな韓国人抗日ドラマで育った中国人アジアン差別する欧米人日本場所すら知らない多くの人々ーー誰もがこの魅力的なSNSとは無関係はいられない。「車のことなんて何もわからないけど、HONDAは好き。元カレとよくコラボスタンプ送り合ってたから。旦那には内緒ね」という具合に、日本ブランドが浸透していく。HYUNDAIMEISOコラボを申し込んできたとき、「あ、先行で登録された他社ロゴ類似してるんで」と断ることだってできるかもしれないのだ。

もう少し妄想を広げればこんなことだってできる。

「ええ、ええ、もちろんですとも。私どものSNSでは『天安門』も『法輪功』も『ウイグル』も、『プーさんだってNGワードで、反共的なやりとりは一切できません。貴国内で良家のご子女の方々がお使いいただくのに、なんの不便もございませんーーもっとも、我々はいだって、好きな時に、NGワードを解除することができますがね」


まりCOOL JAPANとき規模で語るのは全面的に間違っている。日本が持つIP保護とそれを活用したビジネス、つまり攻めと受けを備えたモデルなのだ。ここにある書いた目論見の十分の1も達成できれば、ジャパンディスプレイに投入された3,500億円より、よほど大きな価値を産む。

さらに、日本しか勝たんのだ。勝利約束されているのだ。JDIはどう見てもレッドなオーシャンにこぎ出すおじさん達の願望しかない泥舟だったが、「日本IP連合軍を備えたSNS」に勝てる競合が、どこにいる?アメリカか?ディズニーマーベルサウスパークが組んだらワンチャンある?え、待ってホントにそう思う?もうちょっと学ぼ?


課金じゃ課金じゃ

もちろん、時期が来て、相応の規模が獲得され、さまざまな状況が整備されれば、このプラットフォームを通じて、無料の新作漫画、(基本)プレイ無料ゲームなどもリリースすべきだろう。それに課金要素もだ。「ポイント」でも「コイン」でも「チケット」でもなんでもいいが、SNS内で流通する擬似通貨は、スタンプを買うこともできるし、無料漫画続きを読むことができるし、無料ゲームのスタミナを増やすこともできる。この通貨しか買えない公式物販?いいじゃないか、それ!

いずれ、この疑似通貨世界を牛じるだろう、日本メルカリポイントがそうなりつつあるように。


tiktokの方がいいかな?

ところで、筆者はおじさんで、この文章を読むのも大抵はおじさんかおばさんなので、LINEをパクれ、と連呼した。そのほうが理解が早いからだ。だが、パクるのはもちろんtiktokだって良いのだ。つまり投稿する動画の背景(グリーンスクリーン)や、エフェクトスタンプステッカーなどをIPデコってもいい。自分投稿する面白動画に、ボボボーボ・ボーボボのビュティツッコミ顔を貼り付けたくないホモサピエンスがいるのか?ただ、素人目に見てもtiktokの方が作るの金かかるだろうなあ。


最後に。

このようなエクセレントサービスは、国内の開発ベンダーではどこが作るべきだろうか?

ITっぽいからってNTT DATAに期待をするのは気が狂ってるとしか言いようがない。必須なのは「社内に開発リソースを持つ」「SNS運用経験がある」「国内企業」だ。理想を言えば、ジャンプWEB戦略の中核「ジャンプ+」レベルの開発や、ポケGOとまでは言わないがスマブラスマホ版くらいの開発を手がけた経験があるといいが、そんな都合の良い会社ちょっとすぐには見当たりそうにない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん