「水泳部」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 水泳部とは

2018-10-29

水泳部マッチョ男子がすぐにできるアルバイトがあった

マッチョな男が裸で給仕をやる、女性向けのサービスがあった。

これ鍛え上げた水泳部の男なら、ブーメランパンツや褌ですぐできるなw

 

「男」をリクエストしがちな高齢者女性の願いが実現

ジョアンさんに何かリクエストがないか尋ねると「男」との返答があるのがお約束になっており、そのためこの食事会を提案されても誰も驚かなかったそうだ。

クレアさんらはジョアンさんの希望を叶えてあげたいとインターネット検索し、セクシー執事シェフ派遣会社「ハンクス・イン・トランクス」の存在を知った。

そして、念願のセクシー執事給仕してくれるディナーが実現することとなったのである

 

若い男性とのスキンシップを堪能するひととき

食事会の当日、ミルトンロッジに入居する女性11人とその娘や孫娘は筋骨隆々男性たちから心温まるサービスを受けた。

料理3品のディナーコース提供されたほか、ひとときの戯れやハグキスと、健全マッサージサービスを堪能した。

 

イケメンというよりもガチムチってかんじ?

2018-08-17

anond:20180816204149

中学生の時、背が高く、女子にも人気のあった友達がいたけど、

彼女は当時高校生彼氏がいた(らしい)。

彼女曰く、胸毛のある人がいい、そして水泳部最高。

だった。純情な私は、冗談だと思ってその話題が出るたびに笑っていたのだけど、

大人になって。

当時の共通の友人に会って、たまたま話してたら。彼女話題に。

中学生時代に、高校生恋人はどうやら本当で、胸毛も水泳部も、まさにそのままの人と付き合ってたらしい。

彼女Rockが好きで、外タレの胸毛ありの人を推してた、そういえば。

(なので「胸毛LOVE」っていうのは、その推しのことを指してるのだろうと理解しているつもりだった)

面白い子だったので(バーン・ジョーンズの書く絵のようなタイプ美人)本当に冗談だと思ってた。

最後になりましたが。

彼女曰く「胸毛があるひととじゃないと付き合いたくない」だったかな。

何がどう、胸毛LOVEなのか知らないけど、「胸毛好きな人」(しか美人中学生はいたよ!って話です。

2018-07-22

anond:20180721100013

水泳部だったけど、水泳部じゃない人は悪気なく日焼け止め使うから、授業後の部活日焼け止め漂うプールで泳ぐ羽目になって最悪だった。濁って前見えないし、心なしかヌルヌルするし。

最近は水じゃ流れにくい日焼け止めもあるのかも知れんけど…完全じゃないだろうしそんな強いの塗る方が子供の方が体には悪いような。

2018-07-19

あずまんが大王で誰が好き?

俺は神楽

日焼け水泳部きょにゅうでツリメでめっちゃかわいくて最高

2018-07-11

牛さんはぜんそくなの?

近田の人は喘息なの?

鯖さんもそうなの?

サバカレーの人が水泳部だったのは、そういう繋がり?

2018-02-22

anond:20180222014010

ついでに言うと、水泳部人とは上手くいかなかったようで(そもそも若すぎ)←片思いなんだと思ってた。

大人になって?もあんまいい恋愛できなかったらしいとききました。美人で家柄も良くて明るくて、スタイルもいい人です。

あんまり若いうちに恋愛に夢中になってしまうのって、いろいろ面倒なのかなぁ。

それとも見かけで選ぶのでダメンズばっかりだったのかなって思った次第です。

噂好きの未婚の友人にきいた話なので、100%本当かどうかはわからないです。

anond:20180222012953

相手ががどんな美形でも自分に対しての自信がないたちなので。

それ(相思)なくしては何もできないと思うタイプです。父が怖かったしコンプレックスは言わないけど物凄いのです。

私は自分が好きでも、相手がこっちを好きになってくれないと絶対ダメと思う。

自分から一方通行はまず告白も出来ない。

好きになってもらえないなら、恋愛はなしだし、あたりまえだけど「気持ちが」ないなら私の場合Hはないです。


でも友人で、水泳部で胸毛のある人が好きとか言ってる子もいたので(当時中学生だったんだけど、

私は彼女冗談だと思ってた。大人になって他の子に訊いたら本当に高校生水泳部の人と付き合ってたらしい。)

増田さんのように、好みのタイプがはっきりしてて、理想タイプ口説いてゆく女子もいるんだと思います

の子長身美人でしたよ。

2018-01-09

すげえどうでもいい青春エピソードを浴びたい

高校のころ水泳部だったんだけどさ、

モチベーションあげるために水泳部モノのフィクションしかったんだわ。

バスケ部のやつがスラムダンク読むような感じでな。

で、当時の水泳部モノといえばウミショーだったんで、

アニメを録画して繰り返し見てたんだけど、

特にモチベーションは上がらなかったんだわ。

すげえどうでもいいだろ?

今、こんな感じのエピソードを浴びたい気分。

2017-12-18

水泳部の思い出(謎)

女子高と合同練習したとき彼女たちは練習水着でいちいちニップレスインナーをつけてなかった。

最初、乳輪やアンダーヘアがうっすらと透けて見えたとき、「え?透けてるけど気づいてないの!?」と驚いた。でもみんなそれが当たり前みたいな素振りだったから「そういうもんなのかな?」と思って練習してた。

2年3年になったら慣れてきて、いちいち勃起することもなくなった。だけどカワイイ子は練習中についついチラ見してたw

今にして思うと、彼女たちは一部の男子がフル勃起してしまって、プールから上がるときに腰が引けているのを見て、陰で笑っていたのかもしれない。

「なぜニップレスインナーをつけないのか?」野暮だと思って直接聞いたことはなかった。彼女たちの振る舞いは一体何だったんだろう…。(謎)

競泳やってるとスタイルが良くなるから見られても恥ずかしくない=自分の体に自信があったのかな?(ナルシスト

2017-10-28

anond:20171028114328

髪も地肌も痛むし不経済だし、これは可愛そうだと思いますよ。

学校も、地毛である証明書あれば許可してあげればいいのに。

水泳部なんて茶髪にならないほうがおかしいでしょ。カルキ入ってるんだもん。

地毛が明るいと思ってるみたいけど、部活辞めたらかなり目立たなくなりそう。

2017-10-10

お姉さんの年齢は素数に限る

13歳。小学校低学年の主人公ほのかな憧れを抱く、東京のいとこ。

17歳。中学生主人公親友の姉。水泳部美乳

19歳。高校生主人公が一夏の恋におちた東京女子大生主人公と同じ高校卒業生美大生の彼氏がいるらしい。

23歳。大学二年の主人公サークルの先輩の元彼女サークル卒業一年後に街で偶然出会う。

29歳。転勤で引っ越した同じマンションに住んでいる。猫を飼っている。バツイチだと思われる。

31歳。マンションの同じフロア人妻。髪の毛がいつも濡れている。

37歳。妻と死別し男手ひとつで娘を育てる主人公。娘の保育園の先輩ママ。泣上戸

2017-08-24

競泳水着思ひ出

もう20年近く前のことだけど、高校の頃、クラスメイト水泳部女子が、プールの授業のとき部活で使っている競泳水着を着てきたことがあった。

たぶん、普通スクール水着を忘れたのかな。

今はどうなのかわからないけど、当時の競泳水着って薄かったので、乳首結構目立った。で、男子は大体見てみぬふりをしていたんだけど、俺はバカだったし、その子のことがちょっと好きだったこともあって、かなり見た。見まくった。

当然向こうにもバレてて、ちょいちょい目があったりもしたんだけど、嫌がるわけでもないっつーか、むしろ普通に見せてくれたというか。授業のあとにも何もいわれなかったし、嫌われたりとか、女子あいだで噂を流されたりとか、そういうのもなかった。

……ってなことを書くと、フラグが立ってたのかとかなんとかもしかしたら思うかもしれないけど、別にそれから卒業まで何があったわけでもなく。

っていうか、その子彼氏は同じクラスにいた軽音楽部のちょっと不良っぽい男だというのは有名な話だったりなんかして。

なんだったんだろうなあ、と夏になるとしばしば思い出してしまうのである

なお、高校時代の夏の一番エロい思い出は、部活休みの日の放課後に部室に行ったら、友達友達彼女(Gカップ)がふたりきりでいて、俺が入って行ったら何事もなかったかのように振る舞っていたけど彼女衣服めっちゃ乱れていたこと。どう見ても事後です、本当にありがとうございました

2017-08-23

[]夜見山北中学3年3組の生徒はガンダムパイロットになれる法則

ヒーローまたはヒロインガンダムパイロット

望月優矢
佐藤和江
中尾順太(逝去)

サブキャラクターガンダムパイロット

小椋由美(アニメ版逝去)

ガンプラバトルなのでガンダムパイロットに含めていいのか分からない

サブキャラクターモビルスーツパイロット

敕使河原直哉
王子誠(アニメ版逝去)
猿田昇(アニメ版逝去)

王子猿田が共にMSパイロットになれて目出度い

ヒーローまたはヒロイン

杉浦多佳子(逝去)

サブキャラクター(追跡しきれなかったがモビルスーツを操縦していた可能性はある)

榊原恒一(主人公)

回数は多いがメインキャラではないゲームでの出演ばかり。Another出演以降は1回

風見智彦(アニメ版逝去)
綾野彩(アニメ版逝去)
前島学(原作逝去)
辻井雪人
役名が確定しない3年3組生徒

2017-01-30

[][]PSVITA アマガミ プレイ日記1

プロローグだけでとまってたけど再開した

新鮮と思ったのがtips的な感じで小さいやりとりを繰り返していくゲームシステムだな

鍵ゲー的にひたすらメッセージ送りボタンカチカチするのが続く、ふつーのアドベンチャーだと思ってたか

でもカチカチだけだとすぐ飽きてやめたくなるから、短いイベント連続イベントキャラも選べる(あるルートに入ったらずっとその子とのイベントばっかとかじゃない)から自分には割りとよさげシステムだな

個人的には水泳部の子が一番好きだったけど、今ちょこちょこ会った限りではカオルも確かにいいな

あんな異性の友達いるかっつううううううううううううううううううの!!!!!!!ばああああああああああああか!!!!!!!!!!11

何が、、、、、、、、、耳カプだはああああああああああああああああああああ

杉田が大絶賛しててあんチリチリ髪のどこがいいんだとか思ってたけど

杉田はいちご100%だとぜってーさつき派だと思うわ

ふとめの子?はキャラは別として新谷良子の声がどうも新谷良子しか聞こえないのがちょっと・・・

あと森なんとか先輩なんなんあれ

えろすぎじゃねーの

妹と風呂入りたいね

ななさきのスカートのぞきいね

こんなことしか考えられないか(ry

あああああああああああああああああああああああああああああああ

2016-12-20

[][]買った・プロローグクリア

DL版がセイレンアニメ記念セールで安くなってたから昨日買ってはじめた

プレイ

裏表のない素敵な人ですくらいの名台詞があるのは知ってる程度

OPタイトル画面で待ってたらなんか始まるかと思ったけど何も始まらなくてちょっとがっかり

しかし久しぶりにこてこてのテンプレギャルゲをやってる感じがするw

さえない主人公とやたら気のいい男友達・・・

口パクと外の台詞ときに白い息のアニメが一瞬でるのが地味にいい

主人公名前自分名前にした

でも主人公の人のよさ、もしくはゲスさのなさが台詞からにじみでてて、嫌悪感はないけどこれ俺じゃねーな・・・俺には無理・・・みたいに思って微妙気持ちになった

ひぐらしとかセカンノベルみたいなTipsっぽい感じのやつが最初に表示されたりして、ただの選択肢だけのADVとはちょっと違うなと思った

PSストアでウィッチャー3もセールしてて買おうかまよったけど、

ハード持ってなくて買う予定もないPS4ソフトよりも、

持ってるvitaアマガミをやってたほうがいい気がするから買うのやめた

セールで安いといわれるととりあえず買っとけと考えてしま貧乏性なおしたいからそのリハビリのいっかん

閑話休題

ちょこちょこやってくかな

まだネットハイも終わってないし

とりあえずだれからいくか・・・

水泳部の子かなー

2016-08-16

SMAP解散 マジ?」とTwitterつぶやきながら自撮りをあげる意味不明女子たちがネットで話題だが、

あれって大学生あたりの男子オリンピック見ながら「今水泳やってるけど中学の頃水泳部だったから気になります」とか聞かれてもないことつぶやくのと大体一緒やろうな。

2016-07-13

ラブライブサンシャイン3話は俺ならこうする

無印3話の客がいないパターンデレマス3話の成功するパターンは外す。かといって単に失敗するパターンは後味悪いので不可。とすればこれしかないぜ。あと善子誕生日おめでと。

------------------------------------------

曲ができたので、果南と花丸に名前だけ借りて5人として申請書を提出する千歌たち。

しかし認められませんわ!

「そんなの横暴です!」

「そうだよダイヤ生徒会長規則を守らなくてどうするの」と休学明けの果南。

ぐぬぬ…では一週間後にライブをなさい! そこで生徒の心を動かせれば認めなくもないですわ」

「その挑戦、受けて立ちます!」

衣装もできたので2年生3人でライブ練習中。

場所はどこにするの? 講堂?」と梨子

「そんな高級なものうちの学校にはないよぅ。東京学校はいいなあ」

「ないものねだりしないの。体育館ステージいいんじゃない?」

「そうだねー」

そこへ花丸が様子を見に来る。ルビィもくっついてくる。

名前貸した手前、裏方くらいなら手伝うずら」

「助かるよ~。あ、ちょっと通しでやってみるから見てくれる?」

初めて見るライブに感動して拍手する花丸。しかしその後ろでルビィがジト目で考えこんでいる。

(う~んいくら初心者はいえ、このレベルじゃ今のスクールアイドル界では通用しないよぉ。それに体育館でやるって聞こえたけど、ステージの狭さをちゃんと考慮に入れてるのかな?)

「ルビィちゃん、何か気になる?」

「ピギィ! なな何でもないですぅ!」

衣装も完成し、いよいよ明日ライブの日となる。

浜辺で一人練習している千歌を窓から見て微笑む梨子

一方ルビィも家でこっそり踊っていた。

(ここは私ならこうするかなぁ…)

「ルビィ? 何してますの?」

「ひっお姉ちゃん、何でもないよ」

そして花丸は善子にメール

明日学校に来れば面白いものが見られるよ』

登校のきっかけがしかった善子は、そこまで誘われたら仕方ないわねーとか言いながら制服の準備をする。

ライブ当日。衣装に着替えてステージの幕から恐る恐る首を出すと、体育館は満員だった。

「え…こんなに…?」

ダイヤ拡声器を持って人を集めている。

「全員集まりましたわね~? 欠席は許しませんわよ~!」

「あ、あの、ここまで大勢集めなくても…」

「ハァ!? お客が多くて文句を言うとはどういう了見ですの!」

「い、いえ文句とかじゃなくて、もちろん嬉しいんですけどっ」

「…人の少ないライブの辛さは、貴女たちには分かりませんわ」

過去への伏線を張るダイヤに、近くで聞いていた果南も複雑な顔。その向こうには謎の金髪が。

「ど、どうしよう、演奏会トラウマが…」

「わ、私もこの衣装恥ずかしくなってきたよ~。やっぱり迷彩服の方がよかった…」

「だだ大丈夫! 何とかなるよ!」

そしてとうとう始まったライブ

しかし案の定、緊張により動きは鈍く、さら舞台の狭さから互いに激突し、千歌が舞台下に転げ落ちてしまった。

まり返る体育館ダイヤ

(一瞬でも期待した私が愚かでしたわ…)

善子も呆れ顔である

「見せたかったのってこれ? まあ、ある意味面白いけど…」

「あ、あはは…」

苦笑する花丸の隣で、ルビィがぶるぶると震えている。

(こんな…こんなんじゃ…。

 スクールアイドル自体ダメだって思われちゃうよぉぉぉぉ!)

キレたルビィが壇上に駆け上がりマイクを奪い取る。

「エヘッ、みんなビックリした? ここまではちょっとした演出です!

ピンチから逆転するのが真のエンターテインメント! ライブの本番はここからだよぉー!」

「ル、ルビィちゃん!?

(ルビィ!? 何やってますのぉぉぉ!?

何の取り柄もないと思われていたルビィは、実はステージ上で豹変するタイプだったのだ。

「千歌さん、早く壇上に! マルちゃん音楽最初から!」

「は、はいずら」

ルビィ+2年生のライブが開始。ルビィのスクールアイドル知識を生かした的確なリードにより、何とか最後までやり遂げたのだった。

終了後、体育館内は拍手に包まれ

「ピギャアアアアア!」

我に返り真っ赤になったルビィは一目散に逃げていった。

仕事終え、自販機みかんジュースを買いに来る千歌。

「はー、何とか助かったよ。後でルビィちゃんにお礼言わなきゃ」

と、3年生のモブライブ感想を言いながら歩いてきたので、思わず隠れてしまう。

「あのルビィって子、ほんと可愛かったわね」

水泳部渡辺さんもさすがの運動神経よね。ナショナル級だもんね」

「あの曲、転校生の子が作ったんでしょう? さすが東京の人は違うわね」

仲間が誉められていることを嬉しがる千歌だが、千歌自身名前は出てこない。

「あと一人誰かいなかったっけ?」

「ああ…最初舞台から落ちた子?」

「そういえばそんな子もいたわね」

千歌の目から光が失われていく。

ジュースの缶が手から滑り落ち、地面を転がっていく。

それを拾い上げたのは別の3年生だった。

「諦めちゃう?」

「え…?」

スクーゥアイドォルをやりさえすれば輝けるなんて、そんな甘い話があるわけないわよねぇ。やっぱり普通普通、μ'sにはなれないって諦めちゃう?」

千歌は涙目になりながらキッと睨み付ける。

「あ、諦めません! 今は無理でも、もっともっと頑張れば、私だって輝ける時が…」

シャイニー! その気持ちはGoodよ。でも気持ちだけじゃ無理無理。タクティクス、戦術がないとね」

「せ、戦術?」

ぽかんとする千歌の頬に、冷たい缶が押しつけられる。

「ひゃあ!」

「私は3年の小原鞠莉

「あの小原ホテル!?

あなたの身柄、私のビジネスセンスに任せてみない? 悪いようにはしないわよぉ~?」

怪しく笑う鞠莉で次回に続く。

2016-07-02

http://anond.hatelabo.jp/20160702124908

水泳部の方がはるか水着姿多いし、男の尻をアップにするような変態アングルも多かったが

2016-05-28

の子時代はまだ詰め込み学習が幅を利かせていた時代で、全国展開している塾が満員御礼時代だった。

御多分にもれず教育ママだった母のもとに生まれた俺は、ある程度の金銭的余裕もあり、勉強以外にも多種多様習い事を受けた。

週二日の塾が2つ、毎日の家庭学習教材が一つ、習字そろばんスイミングスクール英会話野球

小学校までは季節毎に活動部活が変わるため(期間制だった)、サッカーバスケ水泳陸上と、受けられるだけの部活動を行い

中学からバスケ部所属し、上記習い事と家庭学習に加えて学校練習量の多い部活を両立した。

今、俺は学歴必要ない、上記の様々な分野とは全く関係ない生活を送っている。

基本的能力が平均的以下な俺は、これだけ勉強しても偏差値63が限界だった。県内一の進学校に落ち、滑り止めの私学に入った時には、

はいつの間にか侵されていた癌で入院していた。

間もなく母は死に、解放された私は全ての柵を捨て、勉学を一切放棄し、成績不振留年が決定したと同時に高校をやめた。

皮肉なことに、高校をやめてから進んだ道が今の職業に繋がっている。

中学卒業までの生活は、基本的苦痛だった。毎日毎日勉強ノルマがあり、母にチェックを得てから眠る日々だった。

習い事ノルマしかなかったので、いか効率的に終わらせるかという一点にしか興味がなかった。

(例外として、学友の多く所属していた野球をしている時、塾の休憩時間にお喋りをしている時は楽しかった。)

興味の無い習い事は、一定レベルまでしか身につかなかった。具体例を上げると、夏休み習字宿題評点で銀賞をたまに貰うくらい。水泳部マイナーな種目の三番手くらい。

時間を費やしても全く成長の意欲が無かったうえに、(あとから気づいた事だが)才能も劣っていたために、ただの器用貧乏が生まれた。

逆に、何もしなくてもいい点数がもらえるものが幾つかあった。教科で言えば国語現国は、何も勉強しなくても90点は取れた。漢字の書き取り以外は間違える気がしなかったし、実際ほぼそうだった。

音楽も同じ様に、リコーダー演奏も平均よりはるかにできたし、小学生時分のイベント特別楽器演奏できるとあらば名乗りを上げた。文化祭学芸会の劇ではサックスアコーディオンを誰に習わずとも独学で勉強し、演奏した。歌は基本的に手本となる生徒だった。

夏休み昆虫スケッチ習字よりも良い賞をもらえることが多かった。

今になって子供時代を振り返ると、なぜあの時に今の道に触れることができなかったのかと後悔する。なぜ専門家の道を最初考慮しなかったのか。

その道は、後になって発見しても遅いのだ。高校入学時に洞窟発見しても、辺りはもう夕暮れなのだ

母に対して思う事はそんなに無い。死んでから時間が経っているのもあるが、上記生活の辛さと、その他少しのいい思い出、それに同情と申し訳無さが合わさってある程度フラットになっている。

ただ、後悔だけが残ってしまった。

2016-03-20

[]田島列島子供はわかってあげない

水泳部女子書道部の男子ボーイミーツガールとちょこっとミステリ

絵柄とか間とかセンスとか、つばな道満晴明石黒正数好きな人間ならたぶん好きになる作風

個人的にはギャグセンスがすごく好きだった

恋愛部分の描写が薄い気がしたけど、まあこんなもんなのかな・・

実際人を好きになるのなんて、大した理由動機付けなんていらないんだろうな・・・

面白いけど自分のことを顧みるとどうしようもなくムカつしてしまタイプ恋愛描写だった

ただ「兄貴」の存在というかキャラ設定意味があまりなかった

最初のびっくりだけでそれ以降とくに大きな意味を持つこともなく

たぶん時間がたったときに、ふと読み返したくなるタイプ漫画だわこれは

んで、面白かったってことは、心に静かにしまっておきたい

他人にぎゃーぎゃーと面白さを喧伝するような漫画でもない

密かに心の本棚に入れておくタイプ漫画

タイトル意味はよくわかんなかった

2015-12-16

オフショルダー

前々からオフショルダーニットというものに憧れていたので、着てみた。

若干割高だったけれども、色も可愛く、バッチリオフショルダーだったので通販で購入してみることに。

これが甘かった。

というか、通販で購入した私が悪かった。

オフショルダーにならない。

どうしても、私の水泳部ソフトボール部で鍛えた強靭な肩幅ではオフショルダーにならない。

無理やりニットを伸ばしてオフショルダーにしてみても、腕を上げると似非とっくり坊やみたいになる。

本当にやめてほしい。何がオフショルダーだ。どうして私以外の女性は皆肩幅が存在しないんだ。大体、男と比べて1.3−1.5倍ぐらいの肩幅の私がオフショルダーをしようとしたところでガンダムがオフショルダーを着ているようなものではないのだろうか。馬鹿野郎可愛いからってちょっとテンションが上ってしまった私をぶん殴ってやりたい。

大体ニットのくせにあまりストレッチしない。伸びろよ。何故か伸びない上に巻いている首元をを必死で伸ばしても、ニットのくせに伸びない。いっそ一部切り取ってしまおうかとも考えたが、お値段を考えるとそれをするのも忍びない。

もっと伸びるぼくのオフショルダー。

ちなみに、今日デートの予定だ。なのでおろしたての洋服でうっきうきで向かおうとしたらこれだ。確認しておけということか?そういうことなのか?あぁ?

とりあえず電車の中で思いっきり伸ばしまくることにしようと思う。とても、つらい。

2015-08-12

カルピス

 あれはまだわたしがおぼこだった頃。おざなりな愛撫も、ちんぽの味も知らなかった頃。

 あの年頃の女の子には必ずひとり以上は好きな人がいた。それは話をしたこともないひとつ上の学年の綺麗な顔立ちをした少年だったり、汗ひとつかかないようないやみったらしい数学教師青年だったり。対象はなんだってよかった。好きな人がいることが大切だった。

 わたしだって例外ではなかった。わたしにも好きな人がいた。彼は同じクラスコンピューター部の男の子だった。彼はわたしにとっては好きな人の条件をしっかりと満たしていた。

 他の女の子たちは口を揃えて、ありえないだの、根暗男だの、乳臭い男だの、とにかく彼のことを罵った。「あなたに彼は不釣り合いだから。」って。わたしはあの不細工じゃがいも達より容姿に優れていたから、到底彼女達の手には届かないような、学年イチ顔が整っているサッカー部のあつしクンだとか、インターハイで2位になった水泳部のたつやクンだとか、そういう人を好きになって欲しかったんだと思う。本当に勝手。わたしはじゃがいものために描き下ろされた少女漫画ではないのに。

 根暗で乳臭い彼は好きな人に最適だった。彼は人に興味を示さなかった。顔は整っているし、気さくに話をするのに自ら人に踏み込むような会話をしているところを聞いたことがなかった。わたしはそこが好きになった。都合が良かった。話を避ける手間が省けた。おせっかいなブスがくっつけようとしても彼には取り付くシマがなかった。私にとってこんなに素晴らしい好きな人はいなかった。

 あの年頃の子どもたちは男女間で関わりを持たない。男と女の真似事をし始めてついには本当の男と女になる。お互いを強く意識して排他的になる。体が変わると考えも変わるのだろうか。

 わたしはその排他的空気だんだんと耐えられなくなって行った。彼もまた排他的空気に閉塞感を感じる一人だった。

 彼は射精を知らなそうな透き通った肌をしていた。ソプラノの声は永遠に失われないのではないかとさえ思えた。彼は周りの第二次性徴よりも遅れていたように見えた。彼は性に置いてけぼりを食らっていたはずだった。

 閉塞感に耐えられなくなっていたわたし達が歩み寄っていったのはごく自然な成り行きだった。これといったきっかけも無かった。

 ある日、わたしは彼の家で遊んだ大乱闘スマッシュブラザーズをしていた。Nintendo64いびつな形のコントローラーを握りしめて、ジョイスティックを壊れんばかりに倒して遊んだ。わたしはその日に初めてちんぽの味を知った。どうということはなかった。何の知識もない彼はコンドームも付けずに挿入した。わたしもわたしで何の知識もないものから、それを拒むことをしなかった。ただ、彼が精通を迎えていたらしいと、今になって気がついた。

 彼の家で飲んだカルピスが薄かったことを、今飲んだカルピスで思い出した。そうして彼の射精に思いを馳せた。

 品のない女。それにしても本当に、どうしてあの容姿射精などできたのだろうか。

2014-10-09

昔、すごい特殊仕事をしていた頃に出会った子供美少女になり再会

長文につき失礼します。

何年ぶりか、当時は女子中学生だった女の子友達と再会した。

お互いに照れくさい気分になりながらも雑談した。

当時は子供だったと思っていたけど、今見ると女子高生だろうか、

彼女高校生ながら、化粧も無しにすごい美少女になっていた。

彼女は「あの頃の警備員さんじゃないですか!」と言っている

そうだ、あの頃はそんな仕事していいたな

昔話になるが、新卒で入った糞みたいなブラック企業を辞めて完全にモンスター狩猟する仕事をしていた。

両親は怒り狂っていたが、俺は頑なに精神病だの言って回避していた

そしたら両親は自治体相談したらしい。

したら、丁度良いって話になった。細かい話は後述するけど、俺は実は器用貧乏だ。水道の出が悪いとかPCが壊れたとか、トラブルシューティングを主にやっていた頃もあったからってのがよかったらしい。

どうも自治体で人を雇って便利屋さんみたいなのに活躍してもらうって話だったらしい。

実際の仕事は、なんだろう。ワンボックス乗って町内を適当に走る。そうすると、町民が良いところに~~!って声かけてきて乗り込んで送ってあげる。無料でね。

後は事前に連絡貰えれば車の送迎とか、家電調子が悪いとか、PCの使い方がわからないとか、スマフォに切り替えたんだけど意味不明だよ!とか

色々あったけど、それなりに対応していた。ぶっちゃけ給料は糞安いんだが、食べ物貰ったり、ここは日本の糞田舎なのにチップみたいな感じで、「これとっといて」とかでお金貰ったりしてたなぁ

で、一日中そんな事をしているわけじゃなくて、ベース基地交番

田舎交番なんて場所も悪いし、外出してる時にある程度色々できて、車も出せる自分がいてくれたら助かる~って事で

私は基本的には交番にいた。

その交番に何故かよく来る、女子中学生がいた。

それが今回の彼女である

何故よく交番に来ていたのかは本人曰く「学校にいれば同年代の人はいるけど、地元じゃ一番若い警備員さんだから」って感じで話し相手になって欲しかったらしい。

まぁ自分女子中学生に何も感じない、ちょっとした妹ぐらいだ。場所交番だし、警備員としてそこそこ顔も広かったから両親も何も言わなかったようだ。

br)

再会しても、どうしたもんかな。私も彼女上京してきて、出会ったわけだけど、私は自分もっと奮い立たせる為だったけど

彼女は本格的に水泳部を続けたくて両親に反対を振りきって上京して、今は生活費の為に部活も忙しいけどバイトもしなくっちゃ!って満面の笑みでいった。

心苦しかった。彼女は笑っていたけど、私も奨学金あったりするので、そういうのがどれだけ辛いかはわかるつもりだ。

何か、私が役に立つことはないか?と言ってみたけど、なんもないです~って言われてしまう。

手前味噌だが上京してから色々あって、一部上場企業コンサルタントなんかしていて、年収は決して低くはない。

ぶっちゃけ女の子一人を養うぐらいは余裕である

でも、この子は固いというか両親の教育がいいのか、意味もなく人に施しを受けるのが嫌いなのだ

しろ現代社会ってこういう娘の方が珍しいよね・・・

から何も言えないから彼女大好物寿司だと言うから回らない寿司に行った。

案の定彼女は「こんなお店はちょっと・・・」って言ってたけど、もう気にしない。高いネタばんばん頼めばいいの。

あの頃は確かにお金なかったけど、今はもうこれぐらいは余裕で傲れるんだから、遠慮されるとこっちが心苦しいよ。だから奢らせて。

一応納得したようだ。

そろそろ帰らないと不味いなって時間になったので、送ってくよって言ったんだけど

今まで以上に断られてしまった。それは無理にストーキングするのもちょっと・・・って思ったか

その時はもうそれでおしまいにした。

今日警備員さんにご相談があります。って連絡がきた。

やっぱり何かに悩んでいたようだ。

私はアラサーなので女子高生好意を寄せるのはいけない事だと思っているけど

でも、彼女の眩しい笑顔を見るたびに、その思いは揺らいでいく。

付き合えないなら、いっそ突き放すべきなんだろうか、それでも・・・別の良案はないものか、と日々悶々としています

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん