「夢心地」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 夢心地とは

2019-10-31

自殺未遂すらできない

また死ねなかった。

人生で初めてバイト無断欠勤をした。いや、一応電話はしたのだ。二回。

「体調が悪くて。申し訳ないんですが今日は休ませてもらっても良いでしょうか」

すみません、代わりがいなくて」

「そうですか……」

そうですか……。

私は多分真面目な方だ。バイトを始めて4年、無断で遅刻も欠勤もしたことがない。今日私が行かなければ外国人バイトワンオペになることはわかっていた。

からなんだと思った。

うるせ〜!!知らね〜!!私は今!接客をしたら死ぬ

スマホの電源を切った。なんだか自棄になった。シフト予定だった22時を超えたら川へ行こうと思った。

家を出るとき、二日シャワーを浴びていないことに気づいた。化粧もしっぱなしだった。パンツにも血が付着していた。4日洗っていないジャージしか着れるものがなかった。

からなんだ。

うるせ〜!!知らね〜!!

今を越えれば何も関係ないと思った。死ぬにしても死なないにしても、今日で何かが変わると思った。

自転車に乗って走る。道行く人の喋り声が不快。じろじろ見られてる気がして気持ち悪い。

でもいいんだ。これから川に行くから。きっと何か変わるから

川に着く。良い場所を見つけるためにサイクリングロードを走った。

夢のような気分だった。空の黒が海のように深くて、飛び散るホワイトが生き物みたいに輝いた。電車が上に向かうのを見た。

ああ、よかった。きっとここは夢の世界だ。

きっとずっとこの川をゆけば、銀河鉄道に乗れる。

ふわふわした気分で走った。いくつか橋を越えた。川の近くまで下りられる場所を見つける。ここにしようと思った。

自転車を置く。

暗くて周りがよく見えず、最近の雨のせいで地面はどろどろしているし、背の高い草が邪魔で、川までの距離もよくわからなかった。

やけに川に至るまでが遠く感じた。

改めて今日の格好を考えて、このまま発見されるのは少し恥ずかしいかもなと思った。

川と見つめ合う。

その揺れる面に私がどれほど惹かれたか。その流れを、その深さを、何度夢に見たか

近づいたそれは、けれどもリアルで、暗くて、汚かった。

あと一歩で死ねるところまで行った。

いろんなことを考えた。

取り憑かれたみたいに泣き喚いた夜。

死なないでと言われたこと。

可哀想な目。

息ができず苦しかった。

今まで見たこと。

怖かった。

助けて欲しかった。

無理だと悟った。

から脱せたらどれほど楽でしょう。

涙が出た。死ねないなと思った。

帰り、自転車を乗ったおじさんに

ちょっとごめんな」

と言われて、入ってたカプセルが割られたみたいに急に肉体に現実感が戻ってきた。気持ち悪い。行きはあんなに夢心地だったのに、帰り道は最悪だった。

結局一歩が踏み出せない。これで何度目だろう。惨めだ。こうしてずっと死ねずに止まれないまま明日がやってくる。

絶望絶望絶望

空を見上げると星が馬鹿みたいに綺麗でムカついた。空気読めや。

写真を撮った。また見返すだろう。生の連続性を思った。無意識にこれからがあると考える。自分のそういう甘さにまた絶望する。

家の近くの富士そばに「カツ丼カレー」のポスターが貼られていた。

「カツって美味しいじゃん」

「うん」

カレーも美味しいじゃん」

「うん」

「美味しいと美味しいで最強だよね」

「俺も全く同じこと考えてた」

恋人とのくだならいやりとりを思い出した。

今日を過ぎてもまた明日に続くんだね。

何も変わらなかったね。そうやってお前はダラダラと生を引き延ばしていくんだね。

明けない夜がないことは、あなたにとって良いことですか?

絶望。やっぱり死にたい。その気持ちだけは肯定してあげたい。また近く、川に行こうと思う。

2019-08-24

ホールケーキを丸々ひとりで食べること

やって見たいなと淡く思いつつ、やったことなかった。

やってみた人いる?

最初夢心地ハイテンションになるけど、途中でやっぱり飽きたりするのかな

2019-06-15

6千円払って男性セックスした話 下

誰も待っていない、あの時の話の後半をようやく書く気になった

何人かにありのままをもう話してしまったので今更驚きもないかもしれないが備忘録として残しておく


兎にも角にもセックスのしたかった私はとりあえず探した、今年25の女の検索履歴に「女性用 性感マッサージ 無料」が残ったのは末代までの恥とするが私が末代なので問題はない。

やってみればわかるが実際そんなに完全無料なんてものは見つからなかったわけで、つかどれも嘘くさい、ネズ公系にしかみえない

わたしセックスしようとしたらツボ買わされた話もそれはそれで面白いかもしれないが、今回はセックスに重点をおきたかった、で見つけたのが

中イキしたい女性のためのプライベート性感エステリップス」だった

そこはどうやら代表1人でやっているらしく、サイトから今回応募した理由を送り、その返信でラインやらを交換の流れだった。

その時点で深夜2時半、どうせ返事など来ないだろうと思っていたがまあ問題なく来る、トントン拍子に話は進み、朝を迎える頃には1ヶ月後に「6千円払ってセックスをするために幕張本郷まで1時間エンヤコラ」する予定ができていた。私は迷いなく、ポピと共有していたカレンダーに「パーソナルトレーニング」の予定を入れた、嘘は書いていないと今でも思っている。

ここまで書いておいてあれだが、今回は真面目に行為中の話なんかは書かずリップレビューを書こうと思う。

必要以上の連絡はない

ラインを交換した時点でもしかしてこれから毎日連絡しなきゃいけないのかとげんなりした面もあったが、現実は前々日あたりに一言

「こんばんは★

もうすぐ11日ですね!

ラムラ具合いはいかがでしょうか(*´▽`*)」

「いい感じです!

仕事がめちゃくちゃ大変なのでストレスも解消したいです!」

「それならムラムラストレスも両方解消しましょうね(//∇//)

リップスでも推奨している中イキ用の玩具明日にはラブコスメから届くのですが、良かったら軽くお試しがてら使ってみますか(//∇//)?」

「いいんですか!?是非お願いしたいです!」

「良いですよ!

せっかくなのでお試しがてら使ってみてもし、良かったら購入検討してみるのも良いかもですね(笑)

コンビニでも受け取られるみたいなので(*´▽`*)」

「俄然楽しみです!

明日頑張ってきます!」

と体調のお伺いがある限りでそれ以外は全くなかった。

イメージは「メンクリセックス版」

今回私は3時間ほどサービスを受けたが、その1/3程度はカウンセリングに近いものだった。インポ彼氏をどうしたらいいのか、インポ彼氏とどうすればうまくいくのか、私に問題があるのかなどたくさんの質問を横になりながらゆっくりと話をしてもらった。ソファーでペッティングから風呂場、ベットその流れの合間に、相談を挟む。それが時間を買ってセックスしている、という異常空間への緊張なんかをほぐすためもあるんだろうなと漠然と思った

・2回戦というコスパのよさ

タイトルにも入れたが6千円で3時間2回戦、このとてつもないコスパの高さ、男性諸君には信じられないことだろう。あまりにも夢のようで、正直最初の時点でここまで素晴らしいサービスを受けられるとは思わなかった。だから私はこの帰り道に一ヶ月後の予約を入れた、そしてまたカレンダーに「パーソナルトレーニング」と入力した。ポピから

ジム熱心に頑張ってるね!」

ラインが来た、無視した。

ついでにリピーターには割引もある、最高のストレス発散だ

プロ技術は桁違い、帰り道は夢心地

とてつもなく、うまい。興奮するとかそういう問題ではなく技巧が素晴らしい。一度はプロのお世話になっておくのも知見として必要だと意識が変わった。っていうか4年ぶりだったからより、絶品に感じたのかもしれないが、それにしてもたまらなかった。

セックスってこんな楽しかったっけという感覚と、一度のセックスで与えられる満ち足りた感、明日も頑張ろう、インポ彼氏に対しても努力して友好関係を築こうという気持ちになった。その数日後、よっしゃたまには私からインポに優しくしたろかな!と舐めたが、先に寝らたので、このあたりから終わりは見えていたといえる



とまあ仕事に心を壊され、リボステに行けず、泣いていたわたしがこれを書いてるのは、次の予定が来週あるからで、でもそれ生理被りそうで最悪だなということで。

インポ彼氏とも無事円満に別れ(この話もまたいつか書くかもしれない)、完全なフリー空き家になった私は生理が来なければ次は男性が泣いて喜ぶような技を教わろうと画策しているので、もしいい感じに学べたら是非誰かやりましょう

2018-11-08

仮面ライダービルド感情破壊されて2ヶ月が経過した

2018年8月26日 日曜日

仮面ライダービルド最終回を迎えた

全49話だった

放送終了後

私はただ呆然と震えることしかできない何かと化していた

とんでもない最終回だった

本当にとんでもない最終回だったのだ

序盤からストーリーを展開しつつバディ要素で感情感情をぶつけてくるとんでもない作品だとは思っていた

冬の映画

夏の映画

やはりバディ要素を軸足に、感情感情へとボディブローを叩き込んでくる徹底してとんでもないヤツだった

そして最終回

ここまでの全てが詰め込まれ感情迫撃砲真正から受け止めた私の感情は、完全にバラバラになっていた

とんでもない

いや、とんでもないという言葉ではとてもおさまらない

尊いという言葉すら陳腐かもしれない

今までの積み重ねから期待していたものを遥かに超えた幕引きは、あまりにも力強く、切なく、暖かく、そしてなにより、過酷一年を戦い抜いたバディへの最高の祝福だった

これ以上はないと心から思えるそのさまを見とどけて、ただ呆然テレビの前でへたりこむしかできなかった

そこに、一年間追い続けた作品が完結してしまたことへの悲しみは存在していなかった

間違いなく、ライダー達の掲げた愛と平和は成し遂げられたのだ

それからひと月と少し

ばらばらになった感情がひとかたまりに落ち着きを取り戻しつつあった10月

ファイナルステージという、ヒーローショーとトークショー構成されるイベントを観に行った

ショーは、最終回の隙間で起きたエピソードを描いていた

迫撃砲などというものではない

レールガン

レールガンで撃ち出された感情が、私の感情を真っ直ぐに貫いていった

やっとそれとなく固まりかけていた感情は、それはそれは綺麗に爆発四散した

一瞬、現実現実なのかわからなくなった

あの最終回を更に加速させる素晴らしいステージを、まさか、生で、目の前で、目にすることができたのだから

最後握手会ライダー達と交わした手の力強さだけが、ああ確かに現実であるのだと伝えてくれた

会場からの帰り道、粉微塵になった自分感情を眺めて

ああ、これで「仮面ライダービルド」は改めて完結したのだな

とわかってしまったら、あとはもうどうしようもなく、ただ泣くことしかできなかった

ならば、私にできることは、ただひとつしかない

こうしてネタバレを極力回避するようにした結果回りくどく詩的なものになってしまった記事をしたためている今も、私の感情は未だ夢心地のような塩梅を見せている

それでも、いや、だからこそ、それらを含めて、今、こうして書きとめたかった

脆くも強いラブ&ピースを掲げ謳い続けたライダー達のことを誰かに伝えたかった

仮面ライダービルド」を、彼らの「物語」を、とにかく一人でも多くの人に知ってもらいたくて仕方がなかった

からもし、この記事を読んで心揺さぶられたのならば





どうか、彼らの生き様感情を、そしてそれらが行き着く結末を、見届けてはくれないだろうか



追伸

12月1月発売の関連商品数を確認してからというもの

正気で年を越せるか期待と不安でいっぱいです

2018-10-31

アラフォー処女の秘め事3 男性セラピストオイルマッサージ受けて

まず始めに謝っておく。

私が悪いのか、相手が下手なのか

(多分きっと両方・・・

タイトルから想像する色っぽい話は皆無だ!!

期待に添えなくて大変申し訳ない。

ガッカリされた方は、今すぐ他のページへ

飛ぶことをオススメする。

先日、某マッサージ店に行ってきた。

お店の中はとても素敵な

雰囲気

基本的に人の目(顔)も見れない私だけど、

出てきたお兄さんはつい凝視

写真の通り、2枚目さん。

詳しく書くと限定されてしまうので避けるけど、

ひとつだけ写真といでたちが違って、そのお陰で

私は安心して顔を見ることができた。

(ヒント:ヨン様

緊張するととにかく水を飲む私がシャワー

浴びている間にお代わりを置いてくれたり、

至れり尽くせり。

シャワーを浴びて紙パンツガウンで部屋に戻ると

まずは肩揉みをしてくれた。

なんか、、、親戚のおばちゃん気分。

若い異性が背中にペッタリくっついてくれるんだけど

どうも何も感じない。

ガウンの中に手を入れられた時はびっくりしたけど

それだけ。

そのあと、パンツ一枚で施術を受けるのだけど、

正直、施術のものより、会話に夢中になってしまった。。

多分、雰囲気作りのため?沈黙してるのかもしれないけど、

私はセラピストさんの経歴や仕事に興味津々。

普段相手の話を聞き出すことを生業にしてるので、

ついそのモードが出て喋り過ぎ、聞きすぎた。

マッサージも、うーん、、、これが俗にいう愛撫

てか、話に聞いた際どさはなく、まるで肉の塊に

オイルを塗られているような錯覚に陥ってしまった。。

唯一、私が苦手な脇の下に手が伸びた時は跳ね上がって制止。

本当に弱いのだ、そこ。

何度かくすぐられたけど、笑ってしまってダメだった。

言っておくけど、私は決して不感症ではない!(はず)

女性セラピストオイルマッサージは何度も受けてきたし、

その時に、苦手な脇の下に手が及んでも、歯を食いしばって

耐えるくらいのエチケットは持ってる。

上手な方だったら、時々モヤモヤした気分になることも

ないこともない。

きっとね、セラピストさん、良い子なのよ。

私の話をちゃんと聞いてくれるし、色々気遣ってくれた。

ほんと可愛い子なの。

から悪くは言いたくない。

ふつうお茶相手してくれるサービスなら喜んで

次も申し込んだ(かもしれない)。

でも、マッサージとか恋人気分は、ないなぁ。

すっごい二枚目で感じも良い人だから、今回

お金を払ったことに関しては後悔していない。

相手してくれて感謝してますありがとう

多分、それ以上に私の問題だと思う。

というか、お店で顔見た瞬間、私の営業スイッチ

入ってしまった。

まり、色々聞き出しちゃえモード

別になんの取材でもないのに、ただの好奇心

勝ってしまった。

気持ちよくなりたかったし、コリもほぐしたかった。

恋人気分で夢心地になるのを想像して、終わった後

ハマってしまうことを心底恐れて店に入った。

なのに、、、。

これさ、興味本位で入った「執事カフェ」と同じだ。

全然お嬢様扱いとかに夢はなかったけど、面白そうという

理由だけで時間もあったしブラッと入った。

好奇心いっぱいで執事やお客さん、店の内装など

眺めてたら、執事に「お行儀が悪いですよ」って怒られた。

(客なのに)

店を出る時に、執事が手を出してくれるんだけど、

それに思わずゲッとなってしまったりした。

お嬢様と呼ばれるのもサブイボで、全くそ世界観に入り込めず

単なる「変わった経験」の一つとして、終わった。

今回もそう。

普段できない経験をさせていただきました。

結構、高くついたけど、ずっと気になってた事を経験できて

良かった・・・です、ハイ(涙)

寒いなぁ・・・

あ、バストマッサージも受けました。

結構ゴリゴリされるんだなぁと。

目隠ししてたので見れなかったけど、多分結構触ってた。

中心は外してたけど。

どうですか?と聞かれたけど、目隠しされてるから

なんとも、と正直に答えてしまったが、失礼だったかな?

もっとハグされたり、頭撫でられたりを想像してたけど

多分、そんなムードどころでなかった。

ほんと、ムードはきっと二人で作るんだろうなあ。

私のが大人なのにごめん。

相手にも親戚の人と話してるみたい、っつわれる始末。

きっとお互いすごいやり辛かったんだろうねぇ。

でも、お金払ったの、私・・・

客よ、私。。

そういうムードを私が先導したのは自覚してる。

彼はステキ男性でした。

好みはあると思うけど、10人中10人はイケメン

答えるでしょう。それは事実

私も好みだったのでお願いした。

でも、最初にじっと見た時、恋人気分でないなと

思ってしまった。

素肌に触られる事自体別にいいんだけど、

どうしてもそんな気にならなかった。

(もちろんお相手もそうでしょうけども)

自分でもなんでだろう〜と歌いたいくらい、分からない。

別にここに申し込んだ時点で、何があっても(本番以外は)

自己責任で引き受けようという覚悟があった。

営業妨害にならないといいのだけど、

私の決死覚悟に彼のチャラさが合わなかったのかなぁと。。

チャラいといっても、とても丁寧だったのだけど、部屋の外から

結構大きめのポップな音楽が流れ込んだり、物音がしたり

決してセラピストさんが悪いわけじゃないけど、そうした要因も

私の気分に水を差したのは否めない。

この人間嫌いな私が色々話して見たいと思うというだけでも

担当してくださった方は良かったと思う。

悪くは言いたくない。

でも、私には合わなかった。

どうしても、その理由がわからない。

私はそんな潔癖な人間ではないのに。

しろ、これがよければ、さらもっと深いマッサージ

体験してみようと、その手のマッサージを受けている女性

ブログ読破してるくらい、積極的だったのに。

タイミング

相性?

私の魅力不足

どーしても、どーしてもわからないのです。

だれか、わかります

とりあえず、、、いつもの整骨院でコリを取ってもらおう。

2018-10-29

落語の聴き方

弁当食べつつ、下戸なのでお茶飲んで

耳心地の良い噺手になると良い気持ち夢心地になってうとうとしながら聴くのがたまらない。

漫才だとやかましくて寝ていられないか、寝てると下手にいじられて起こされる。

2018-10-02

お気に入り風俗嬢が退店しました

 ※非常に気色悪い内容だと思います。読まれる方は承知の上でお願いします。

 ついにこの日が来てしまった。

 数年前にフリーで予約して出会い、それ以降指名してきた女の子。徐々に人気が上昇して店舗ランキングに載るようになり、予約も取りにくくなっていった。最後に会ったのが7月。以降は何度電話しても予約が取れず、では10月の出勤状況は、と店舗Webサイト確認すると。

「退店しました」

 血が凍るとはまさにこの感覚。いろいろ情報を当たると、どうも9月末での退店は本人の意向だったようだ。出勤頻度が多かったのはそのためだったのか。

 そもそも自分のような、子供の頃から周囲に薄気味悪がられ、女の子にまともに相手をされることのないまま40年以上の人生を送ってきた男にとって、風俗店というのは女の子と触れ合える貴重な場所ひとつである。支払う対価の前には、イケメンブサイクも、自分のようなハゲデブメガネおっさんでも提供されるサービスは公平である(少なくとも建前は。もちろんそうでない店舗もあるだろう)。一方で、サービス以上の要求をしてくる客の話は、風俗嬢エッセイツイートでは定番ネタだ。自分非モテ自覚があるつもりなので、せめて仕事サービスをしてくれる女性不快感を与えてはなるまいと、ルールを守って遊ぶことを心がけてきた。当然のマナーだと思っていたのだが、そうでない客も多いと知って驚いたものだが。

 相手仕事である以上、本気で入れあげるのは遊び方として非常に格好悪いという認識もあるつもりだった。そういうことを理解していてもなお、このテンションの下がり具合はどうだ。

 スタイル自分好みなのはともかく、本来目的以上にお話が楽しかった。

 あるとき、お出迎えを受けたときに、待合室に持ち込んだ本を手にしたままだったことがきっかけで本の話題になった。「なにか面白い本があったら教えて」との言葉に、その街が舞台になったミステリ小説を渡したら、次に会ったときに「面白かった」と言ってくれた。イギリス歴史に興味があると聞いて何か本を渡そうと考えたが、ガチ歴史の本をいきなり渡してもちょっとアレかなと思い、学者から転向した作家エッセイ本を渡したら、それも面白いと言ってくれた。

 もしかしたら、興味の対象とズレれていたかもしれない。気持ちを無碍にしないよう、お愛想で「面白かった」と言ってくれただけかもしれない。それでも、感想を伝えられる程度には目を通してくれたのだろう。嬉しかったし、人にプレゼントする本を考える体験はとても新鮮で楽しかった。

 事情により日射しが体に良くない、と聴いたときは、本人の意向確認した上で日傘プレゼントした。だが事前に好みのデザインを聞くのを忘れたので、デパート店員に選んでもらった。喜んでくれたようだが、これが本当に言葉通りかは甚だ自信がない。

 最初に会ったとき

自分が気に入った子はなぜかすぐ辞めちゃうんだよね。2回目に会えたことがあまりない」

「そうなの? 大丈夫、やめないよ」

という会話を交わしていた。あれから数年経つ。本人の中でも心境の変化があったのか限界を感じたのか、それはわからない。いずれにしても仕方がないし、むしろ当然のことだ。だが、心のどこかで「(予約さえ取れれば)いつでも会える」「いつまでも店に在籍してくれる」という願望や幻想根付いていたのだろうか。

 交際したいとか一緒に人生を歩みたいとか、大それたことを考えていたわけではない。いや、我知らず「あわよくば」という思いはあったかもしれないが、もちろん本気ではない。

 面倒な仕事ストレスだらけの人生の合間にちょっとした癒やしをくれる彼女存在が嬉しかった。

 美味しいと評判のケーキ屋を教えてもらった。甘い物好きと言っていたので、差し入れたら喜んでくれただろうか。

 彼女の好きなものについてもっともっと聞きたかった。好きなものの話をする彼女の顔は生き生きとしていた。

 提供される「サービス」の思い出以上に、そんな些細な思いが浮かんでくる。彼女の技巧も夢心地だったが、出口へ案内される際につないだ手のひんやりした指の感触のほうが忘れられない。

 これではまるで失恋ではないか自分にとっての彼女はそこまでかけがえのない存在になっていたのだろうか。彼女にとっての自分大勢の「お客様」の一人、one of themに過ぎないのに。

 自分でも説明することの難しい気持ちを整理し立ち直るまでには、まだしばらく時間がかかることだろう。せめて会ってお別れが言えたら良かったとも思うが、それも叶わぬことだ。

 ここを見ることはないだろう彼女に伝えたい。

 M子さん、今まで楽しい夢を見せてくれてありがとう。そして、貴方のこれから人生幸せものでありますように。

追記を書きました。

https://anond.hatelabo.jp/20181005223729

2018-04-30

山口メンバーについて

46歳のおじさんって男性は思うんだなぁ

嫉妬かなあ

女子高生からすれば、素敵な男性、素敵な先生の年齢なんて関係ないんだろう

ジャニーズで、世の女性を夢中にさせてきた男性

かっこよくて渋くて大人男性の色気

芸能界権力があって、オーラあって、偉い人

仕事熱心で、優しくて

そんなのみんな好きに決まってる

みんな手を出せない

そんな中、もし私にだけ声をかけてくれたら

もう夢心地

最高の気分だったと思う

でもきっと、この46歳おじさんの、弱みを見せられて

到底受け入れられなかったんだろう

私が好きな、仕事熱心で偉いすごい人じゃなかった

冷めちゃった

甘えられないんだろうなぁ、お酒ないと

良い人すごい人がやめられない

思いきり本当は甘えたいんだろうなぁ

2018-02-02

レースクイーン業界闇深について2

レースクイーン業界ブラック体質について1を書きました。

セクハラに加え枕営業薬物汚染もきちんと実在しています

(追記2月4日: https://anond.hatelabo.jp/20180204023951 レースクイーン業界闇深4にて詳しい写真付きの記事うpしました )

2つ目の記事では薬物汚染について書きます

何万人もの前でランウェイしたりお話ししたり撮影したり、笑顔で立ち続けるているのにやはりど緊張します。

緊張を解くため、そしてとにかく痩せる為です!

サーキット場女子トイレの個室、VIPルーム、待機するワゴン車の中、宿泊先の部屋で、、、

ケタミン→一番人気。象の麻酔薬嘔吐作用があり痩せるに最適。

大麻→太っちゃうから食べてはひたすら吐く。過食拒食持ちの子が良くやる。匂いもきついし、見た目も明らかに変わるためサーキット場ではご法度

・赤玉→以前処方薬だったエリミン錠。ケタミンの次に人気。気分が高揚し最高の笑顔提供できる。

・処方薬→メンヘラに出されるデパス等をフリスクケースに入れ替えてラムネ感覚でぽりぽり食べる。

覚せい剤→とにかく痩せるため、苦みがあるため服用はできません。手を出した子は大体疎遠になっていく。

ETC・・・

私もサーキットガラス部屋で過去に同僚のレースクイーンとスニッてしまたことがあります

ショーのバックヤードで同僚と赤玉飲んでにこやかに、ヘアメイクをしてもらったことがあります

パキパキノリノリか精神安定剤を大量に服用し夢心地ステージに立つわけです。

一番私がサーキット場コイツパキパキやん?て思ったコは、関西出身美人さんの子

デビュー当初からタトゥーが腕に入ってて(ご法度)、デリヘルで働いてたのがバレて業界全体から後ろ指を刺されていました。

後に覚せい剤所持使用ニュースになっていてあーやっぱ様子おかしかったもんな〜って納得。

https://allabout.co.jp/gm/gc/201487/

https://ameblo.jp/growuplife319/entry-11092177522.html

有名どころで高島玲子の元旦那高知東生と一緒に捕まったアツコさん(五十川敦子さん)。

彼女F1レースクイーンでした。着ているコスチュームをみて貰えればお察しいただけますよね。

F1関係者は長年に渡る悪行をきちんと見ていたんですね。

http://secrettalk.me/talk/2303

レースクイーン業界の薬物のルートはたっくさんありますが、

私はゲートウェイ芸能プロダクション社長と、お付き合いしていた男性でした。

スポンサー接待のお食事の前に事務所女の子たちが大体5人から10人を集めた席からまります

男性マネージャーも2名から3名同席しています

キャバクラでいう黒服のような役割なんでしょうか。

まず、全員立たされてて一列に並びます

社長お前はOK、お前は太めだか今日一口も食うなど精査されていきます

チャンピオン犬の審査みたいな感じです。

接待が始まりお酒が入った時点で個々に社長に呼び出されます

最初のうちはサノレックスゼニカルなどの食欲抑制剤を渡されていつのまにか、千円札筒状に丸めて鼻から吸引するものになっていたパターンです。

スポンサーのほかに政治家編集部記者音楽メーカー接待があります

盛り上げるためにいろんな芸能人も呼ばれるんですね。

これは第3弾で書きたいと思います

2018-01-26

佐倉絆とわたし

この「女が好きなAV女優アンケートhttp://zerokkuma.hatenablog.com/entry/2018/01/21/020623をうけて、わたしわたしの好きなAV女優さんの話をします。

ひらりささんは自分の名を模したアカウントで誠実にやってるのに対してわたし増田でごめんなさい。

佐倉絆さんのこと凄い好きだけど邪な目でしか佐倉絆を見てないから「コイツ佐倉絆で抜いてるんだ」と思われながら生きるのは自意識的に死にそうなくらい辛い、というかまあ厳密に抜いてはないんですけど…抜くという概念?性欲処理の作業を「抜く」の一言で片付けられる男性諸君が羨ましいです。まーーーえっちな目で見てるんだけどね!

わたし佐倉絆さんとの出会いは、「徳井義美のチャックおろさせて〜や」という番組内の企画「手コキカラオケ〜90点以上とったら100万円〜」である

最初佐倉目的ではなく、挑戦者側に「某アイドルグループの手●くんに憧れている青年が出ている」という呟きをTwitterで友人が呟いていたのがすべてのはじまりであった。

わたしも友人も別に手●くんのファンというわけじゃないけど、彼はめちゃくちゃ面白いですよね。人間として面白い。男としての性的魅力は全く感じないけどとかく面白くていい奴だと思う。たまに見ると元気が出る。なんでモテるのか(よく噂は聞きます)1mmもわかんないけど、定期的に「手●見てえ」ってなる、不思議

でだ、その手●くんを目指してるってんだからそれなりに歌が上手いかチャラくてちょっとかっこいいかって思うじゃん、すっげえブサイクだった。ブスだけど格好付けて手●風の発言をして、手●を模した髪型をして、手●みたいな歌い方をするわけよ、手コキされながら。イきながら手●くんの決めポーズすんの。最高に面白いじゃん。しかも「恋を知らない君へ」(割としっとりした曲)ってチョイスがもう最高すぎて腹わたちぎれた。歌詞的に切ない曲なのでこの曲を歌いながらきったなく喘いでる姿はファンの人が見たら絶対怒るだろうけどわたしはあの映像より笑える映像をその前もそのあとも見たことがない。(手●と手コキってなんか似てるね)

そうして定期的に見るようになった手●カラオケ、手●以外の挑戦者も「おもしれーなw」って見てるうちに運命出会いが訪れるわけです。「よく見たら手コキしてる方の女の人めちゃくちゃカワイイ……!」って。

篠田麻里子似で、女子アナみたいに清楚なのになんかすっげえエロい

舌の出し方が天才的。ミリ単位天才

しみけんのお墨付きだもんそりゃ上手いわ

必殺技「絆のしずく」というくらいあって、唾液の量が半端ないんですよ、とろっとろ。ちゅーしたら絶対気持ちいいの。

きったねえ歌声なんか耳に入らないくら佐倉絆の「いっちゃうぅ?」しか聞こえなくなった やばい。大体の挑戦者より背が低いきずぽんは挑戦者肩に腕を乗せながら上目遣いでじぃっと見つめて来るんだけど、それがまた最高なんだ。手コキ部分は映らないかカラオケしてる挑戦者ときずぽんが着衣でうっとり見つめ合う図が映るんだけど、そこだけ見るとほんと月9みたいなんだよね……まあ手コキしてるんですけど。

細い指が、甘い声が男性器を握りながらわたし脳みそを握って溶かした。性的対象男性のみのはずだったのにえっちな気分になると「佐倉絆」、こときずぽんのことしか考えられなくなってしまったのだ。

気づいたらネカフェできずぽんの動画を夜通し見ていた。終電逃して夜中にネカフェに入ったはずなのにまた終電間際だった。笑えねえ。

手コキ物はもちろん、上原亜衣ちゃんとの百合モノがマジで最高。っていうか百合プレイって言ってんだからきずぽんと亜衣ちゃんがひたすらヤッてんのがこっちは見たいんですよ、「百合だーーー!」って飛びついたのに時々何が悲しくてきずぽんと亜衣ちゃんが2人してオッさんのちんぽ舐めてんの見なきゃいけないんだ、羨ましい、そこ代わってくれ。

(もちろん手コキが見たくてAVを見てる時は男性ありきだけど、百合が見たくてAV見てる時は男性器求めてないじゃん…?いちごパフェが食べたいのにトンカツを出される胸焼け感……)

あと、個人的にあの真っ白なきずぽんが水着の形に日焼けしたやつ、意味わかんないけど意味わかんないくらいドツボですね……

で、だんだん見進めるうちにわたしは、気づいてしまったのだ。「きずぽんの手コキを見たいんじゃなくて、きずぽんに手コキして欲しいんだ」って。あの細い指で、ねっとりとした視線で、意外とサバサバした声で、きずぽんに触られたい、きずぽんの手で陥落したい。私が男だったらAV男優にならなくとも件の「手コキカラオケ」に出演エントリーすれば、100000分の1くらいの確率でその施しを受けることが出来るかもしれない。けれど、わたしには生えてないのだ、男性器が。いくら願ってもわたしはソレを持ち合わせない。その時点で佐倉絆に手コキをしてもらえる確率は0.000000001からゼロになるのだ。こんなに悲しいことはない。

世の中の男性という生き物は実にずるい。実際にきずぽんと触れ合うことができなくたってAV男優に自らを投影することが出来る。その時点で5割くらいはきずぽんとセックスしてるようなモンじゃないか

ずるいずるい、超ずるい。短小だろうが包茎だろうがついてる時点で全部男性器なんだから、憎くて羨ましくて仕方ない。

お前もどうせ包茎だろ?とか思うことで日常不条理自己消化してきたのに(男性諸君からしたら実に理不尽な話だろうが、直接そういった表現他人を罵ったことはないので許して欲しい)きずぽんに出会ってからは「でもこんな男でも“付いてる”んだもんなあ……」と悲しくなってしまうのだ。


そんなわたし科学技術が救ってくれたのだ!

そう、VRである

http://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=84kmvr00001/

これね、マジすごい。VRが見れるビデオ店のVR機器は他の人の汗や精子臭いがすると聞いて迷いあぐねた結果、このためにAmazonでVR装置買ってよかった……なんと、きずぽんとわたしが結合してるんですよ、きずぽんもわたしも付いてないのに。どこからともなく現れた空想ち●こがわたしときずぽんを繋いでるという限りなくファンタジーフィクション

でも、今までわたしがきずぽんに手コキして貰うためには知らないおじさんとか到底自己投影なんか出来そうにないマッチョ黒人とかその他諸々エクストラとにかく「わたしではない何か」を通さなくちゃいけなかったのに、VRきずぽんはわたしの知らないおじさんではなくて、「限りなくわたしに近い男」を見てくれるわけです。もう8割くらいわたしときずぽんがヤッてるじゃん。

あのえっちな舌がわたしの口内を貪るためにちろりと覗く紅。

わたしファンタジー男性器を這うきずぽんの指。ファンタジー男性器にかかるきずぽんの唾液、そしてファンタジー男性器がきずぽんの小さな口の中へ………

実際は誰も居ないけれど、確かにわたしの隣に温もりはあった。今まで体験したどんなセックスよりもきずぽんとの擬似セックス夢心地で、とろけるように甘い時間だった。

科学技術わたしの無茶な願望を少しだけ現実にしてくれた。

でも、やっぱりきずぽんの手コキをよりリアル体感するために本物の男性器が欲しくて欲しくてたまらないのである

VRは所詮VR、VR機器は汗だくで湿っていてもきずぽんが抜いてくれて華々しく散ったハズの証拠現実には存在しない。だからわたし佐倉絆でえっち気持ちになったとき専用のわたし男性器を諦めない。

もし、天変地異が起こったり白い生物魔法少女契約を交わして男性器が生えてきたら、わたし金髪に染めて手●くんのソロ曲I’m coming」(すげえやばい)を歌ってきずぽんとにっこり見つめ合いながら手コキカラオケするのだ。絶対100万円獲ってやるわ。

2018-01-02

anond:20171227185115

夕方、向こうから

「(前略)明日の予定は空いてますか?会えませんか?(後略)」

と連絡が来て、翌日会いました。

とても楽しいデートで、夢心地でした。

報告遅くなりましたが、アドバイスありがとうございました。

2017-09-28

酔ったとき意識あって足取りふわふわして頭の中が半分夢心地みたいな感じになる

でも一人でいるときにわざわざそうなりたいとは思わない

字面だけみてもドラッグと同じじゃんと思うし

貧乏金もないし

お酒にハマれない人間でほんとよかった

2017-05-31

満員電車背中に乳頭

今朝、満員電車で、巨乳で割と美人なお姉さんが俺の背後に立ってたんだけど、

その人が押されて俺の背中に乳頭をこすりつけてきた。

あわわわーーと思いつつ、避ける事もできないからそのまま当てられてたんだけど。

2つのマシュマロ背中マッサージされて朝から夢心地だったけどすぐ新宿着いちゃったんだな。

あー興奮した。

痴漢じゃないよねこれ。

2017-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20170516161420

一人暮らしなら卓飲み。相手の家に行くでも可。

お互い実家とかだと難易度UP。如何にして2次会で夢心地にするか。相手のボディタッチと自分からのボディタッチへの対応も加味して、総合的に判断しつつホテル近所に行くか。はっきり伝える。

終電明日速い、家帰りたそうな子は全て無理。

2017-03-12

http://anond.hatelabo.jp/20170312120007

>>優しくて可愛くて思慮深い理想女の子好意を向けてくれて夢心地に<<

なれることがメリットだ、断る理由はない。

コスパ…?

大した費用拠出なく

>>優しくて可愛くて思慮深い理想女の子好意を向けてくれて夢心地に<<

なれたのならコスパもよいということになるな。

特段難しい話でもない。

実際にはそんなうまい話などないから、「メリットがない」「コスパが悪い」となるのだ。

結婚にはメリットがない!」「結婚コスパが悪い!」

結婚しない理由として、

結婚したいと思える相手がいない」

結婚式子育てには金がかかるので今の給料じゃ無理」

「今は優しい彼女でも数年したらヒスババアになるかもしれないから」

とかそういうのは分かる

だが

メリットがないか結婚しない」「コスパが悪いか結婚しない」ってなんなんだ?

俺は母港拡張指輪のために明石さんに金渡したり

アイマスで好きな子SR出るまで回して数分で数万飛んでいったり

好きな声優サイン会のためにけっこうな電車賃出して遠征したり

めちゃくちゃ好きだった漫画がクソみたいな展開になってたくさん買ったグッズと雑誌の山の中で途方に暮れたり

たから見れば無駄金ばかり使ってバカなことばっかやってる

リア充からは、ただの絵に何やってんだ?付き合ってくれるわけでもない相手に何やってんだ?と思われるだろう

でも好きなんだからしょうがない。俺は何度でもクレカを出す

交際経験のない非モテが言うのもなんだが三次との恋愛もそういうことじゃないのか?

子孫を残す必要のある由緒正しい家系で、知らない女との結婚を迫られてるなら

「知らない女を養うなんて!俺に何の利点もないじゃないか!」って言いたくなるのも分かる

でも別にお見合い結婚強要されているとかそういう状況じゃないわけだろう

なのに「結婚にはメリットがない」と言う

これはどうしたことか

メリットってなんだ。コスパってなんだ

メリットは利点

コスパ費用に対して得られるもの

優しくて可愛くて思慮深い理想女の子好意を向けてくれて夢心地になっとしても

「イヤ、恋愛にはメリットがないから」「結婚コスパが悪いから」って交際を断るんだろうか?

2016-06-09

同担拒否をしてしまった話

様々な場所で「ジャニーズ」における話や文章を見聞きした。

そのどれもに感心させられ、理解を深めた。

そこで、数年前に自身経験した出来事を語りたいと思う。

私はあるグループが好きで応援をしていた。

応援といっても、ファンクラブに入会し年一回のコンサートに応募したり、出演する歌番組を録画したり、DVDを購入したり、そのグループ番組をたまに見たりするだけで、活動の全てを把握し追っている人に比べれば緩いものだったと思う。

過去自身がそのような熱狂的な応援の仕方をしていたこともあったが、上記のような状況に落ち着いた。

応援の仕方が落ち着いたといってもグループに対する熱が冷めたわけではなく、そのグループのことが大好きだった。

よく、ジャニオタには「相方」という存在がいるが、私にとってそれは母だった。

母もジャニーズが好きで、一緒にコンサートに行ったりDVDを見たりした。

親子なので気を使わず、言いたいことを言えるのはとても心地が良かった。

しかしある時、いつものようにコンサートの案内が来て母と申し込もうとしていたら、プライベートで仲の良い友達から、急に私が応援しているグループの一人を好きになったので、コンサートに連れて行って欲しいというお願いをされた。以降、その友達が好きなジャニーズを仮にAと表記する。

Aは所謂、私の「担当」であった。その友達は、今までジャニーズを好きになったことはなく、ジャニーズコンサートに行ったこともなかったが、遊ぶ時に度々Aの話が多くなるのは感じていた。その度に私はAの性格や、昔の情報を教えてあげた。

友達は喜んで、更にAに入れ込んでいった。

そんな状況での頼みだったので、特に何も思うことなく快諾し、コンサートに申し込んだ。

無事当選し、チケットが届いたが、席は非常にメインステージから遠い場所であった。

それを友達に伝えると、とてもショックを受け、お金を出してでもいい席に入りたかったと私に伝えた。

私は会場に入れるだけでも幸せだと感じていたので困惑した。

いい席をお金を積んで買ったりする人がいるのは把握していた。

グレーゾーン行為ではあるし、行為に対する個人的な考えはあるがここでは割愛する。

その行為に手を出すつもりはさらさらなかったので、友達がそのようなことを言い出すのは驚いた。

結局その友達は口にしただけのようで、その席に入ることを選んだ。

ここで少し違和感を感じたが、友達ということもあり大目に見ていた。

次に違和感を感じたのは友達応援の仕方であった。

友達は度々Aが好きだ好きだと言った。

初期のうちは応援に熱が入るのは自身も分かっていたので、友達のAに対する思いを黙って聞いていた。

しかし、次第にAと付き合いたい、Aと出会いたいと言い出すようになった。「リア恋」「ガチ恋」というやつだ。

実際に自分もAに対して「リア恋」「ガチ恋」のような感情を抱いたことはある。もしかしたら今も自覚はないだけで、それと同じような感情を持っているのかもしれない。

だが、私はアイドルであるAを応援しているので、プライベートを貰いたいという思いは初期の熱があった頃を過ぎた今、落ち着いていた。ふざけてAと結婚したいと母に言うことはあったが、どこか夢心地での発言であって本気でそうなるとは考えていなかった。

しかし、友達は本気でそう発言していた。付き合いたい、出会いたい、結婚したい。自分いかにAを好きかという話をされる度、苛つきが増した。

また、友達応援の仕方にも疑問を感じた。Aが出る番組は録画するが、DVDCDは一向に購入せず、ネット上で映像を見ていた。

Aについて、色々なことを語るが、その全てが最近の状況を参照したものだった。長年Aを応援している私にとっては賛同し難いことばかりであった。

極め付けに、友達はAを私と同じ呼び方で呼んでいた。Aには大勢ファンが呼ぶニックネームがあったが、私は少し異なる(といってもごく一般的普通呼び方)で呼んでいた。

くだらないが、これらのことで友達に嫌気がさしていた。自分の器の小ささを感じたが、どうしても苦痛であった。母と応援していた頃の気楽で楽しい気持ちが薄れていた。

そして気付いた。これが「同担拒否」をする理由であると。以前、同担拒否をする意味を語っていた素晴らしい文章を読んだが、それに当てはまっていたのだ。

応援の仕方は、自由だ。だけど、私の応援友達応援の仕方は種類が違う。担当Aの好きな部分も、好きになり方も、見ている部分も全て違う。そして、Aのことが好きな分、独占欲(呼び方や歴の長さ)が出てきてしまう。そんな自分も嫌だった。

そのような気持ちを抱えて行ったコンサートはあまり楽しくなかった。友達がAの事について話しかける度嫌な気持ちになってしまった。コンサートが終わった後、友達ファンクラブに入会した。そして、私に一緒にコンサートに行こうと誘ってきた。

私は友達と共にAを応援することはしたくない。大きすぎる価値観の違いに疲れてしまうからだ。価値観が似ていたら、何か違っていたのだろうか、「独占欲」はなかったのだろうか。

現在その友達とは疎遠になったが、グループのことは変わらず母と応援している。私は、一人でひっそりと応援をしていくのが向いているのかもしれない。現実では、関わる人は通常程度にいるが、ジャニーズ世界では母しかいないのは、それを証明しているかのようだ。

2016-02-21

学校って辛くない?

義務教育時代は8時半登校で7時半に起きて全力で朝飯&準備して学校までダッシュ

息つく間もなくHRそして授業、合間の休み時間はたった10分、体育なんか10分で着替え、移動、整列までしないといけないし

トイレも極限まで我慢を強いられる(手を挙げてトイレ!とか絶対無理)、食事は30分で終わり、後片付けと掃除も30分、

休みは長いけど何もする気力が無く、午後に備えて寝るしかなかった、グランドで全力疾走してる奴らは頭がおかしいと思ってた

午後も2時間みっちりあるし、終ったころは4時。そこから部活を3時間、全身の細胞から力を振り絞るようにやってすっかり暗くなる頃に塾のバスに飛び乗る

塾で勉強をこれまたみっちり3時間ほとんど何も頭に入らない)やって、中休みに近くの駄菓子屋パンを買って貪り食う、帰るのは11時半

帰ってからも家の手伝い、掃除洗濯炊事片付け育児主婦メニューを一通りこなし、一風呂浴びてから宿題にとりかかる、ここで午前1時半

ラジオを聴きながら宿題悪戦苦闘、心はもう半分夢心地眠るのは午前3時

ここから少しの自由時間があり、親の目を盗んでゲームをしたり漫画を読む、カラスの声を聴きながら4時ごろ就寝

3時間ちょっと睡眠の後、再び学校へ全力投球、日曜祝日文字通り糸が切れたように微動だにできなかった

これ今考えると異常に辛い。辛すぎる。フルタイム正社員よりよっぽど辛い。刑務所より辛いんじゃねーかな。大人の仕事なんて一種類だけ延々とやってりゃ済むし。

これだけやって日本学力は低いってどんだけだよ。システムに欠陥ありすぎだろ。

2014-11-10

陰毛との一夜

高校修学旅行の夜、シティホテルに友人と宿泊したのだが、

その友人は陰毛のような髪をした底抜けに陽気な男で、

おい君、君はどんくらい腋毛が生えているか、としきりに尋ねてくる。

尋ねてくる分には可愛げがあるが、なあ少し腋をあげて見せてくれ、としきりに強請ってくる。

もう寝ようと提案するが、駄目だ見るまでは寝ないと駄々をこねる。これには閉口した。

僕がいやだよ、腋毛なんて他人に見せるもんか、と云うと、

じゃあ無理にでも見てやろうと、がっぷり四つに組み敷いてくる。

この陰毛男は、ひょろっとした体つきのくせして存外握力が強く、嫌がる僕の腕を

強引に持ち上げ、腋をじろじろ凝視してくる。

ふうん、なかなか毛深いね、とばかにしたように云うから、かっとして、

じゃあ君のも見せてみろと云ったら、やっこさん、喜んで万歳姿勢をとる。

その腋毛が髪質とおなじ縮れた陰毛状だったから、

わず、なんだ腋の下までチン毛が生えてるじゃないかと口にしてしまい、

えらく不興を買った。

その件はそれで収まったのだが、その晩、陰毛と枕を並べて寝ようとするも、どうにも眠れない。

陰毛のやつのいびきがうるさく、寝ようとしても寝つけない。

静かにしろと怒鳴りつけてやりたくとも、相手は夢心地なんだから仕方ない。

そんなら先の仕返しをしてやろうと、細かく裂いてぬらしたティッシュを相手の鼻に詰めこんだ。

するとなんの拍子か、やっこさん、ずぞぞと下品な音を立ててぬれティッシュを吸い込んでしまった。

このままでは窒息するかもしれん、と大わらわでティッシュを除くが、

破れた欠片が鼻の奥に吸い込まれ、もはや手の施しようがない。

まさか鼻をほじくる訳にもいかず、翌朝変死体発見されたらどうしようかと気を揉んだが、

だんだん考えるのが億劫になり、ええい、どうとでもなれと自分のベッドに戻って不貞寝した。

結局、陰毛は朝まで目覚めることなく、翌朝も元気はつらつとしていたが、

吸い込まれたティッシュのかけらがどうなったのかは、ついに分からずじまいである。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん