「夢心地」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 夢心地とは

2017-05-31

満員電車背中に乳頭

今朝、満員電車で、巨乳で割と美人なお姉さんが俺の背後に立ってたんだけど、

その人が押されて俺の背中に乳頭をこすりつけてきた。

あわわわーーと思いつつ、避ける事もできないからそのまま当てられてたんだけど。

2つのマシュマロ背中マッサージされて朝から夢心地だったけどすぐ新宿着いちゃったんだな。

あー興奮した。

痴漢じゃないよねこれ。

2017-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20170516161420

一人暮らしなら卓飲み。相手の家に行くでも可。

お互い実家とかだと難易度UP。如何にして2次会で夢心地にするか。相手のボディタッチと自分からのボディタッチへの対応も加味して、総合的に判断しつつホテル近所に行くか。はっきり伝える。

終電明日速い、家帰りたそうな子は全て無理。

2017-03-12

http://anond.hatelabo.jp/20170312120007

>>優しくて可愛くて思慮深い理想女の子好意を向けてくれて夢心地に<<

なれることがメリットだ、断る理由はない。

コスパ…?

大した費用拠出なく

>>優しくて可愛くて思慮深い理想女の子好意を向けてくれて夢心地に<<

なれたのならコスパもよいということになるな。

特段難しい話でもない。

実際にはそんなうまい話などないから、「メリットがない」「コスパが悪い」となるのだ。

結婚にはメリットがない!」「結婚コスパが悪い!」

結婚しない理由として、

結婚したいと思える相手がいない」

結婚式子育てには金がかかるので今の給料じゃ無理」

「今は優しい彼女でも数年したらヒスババアになるかもしれないから」

とかそういうのは分かる

だが

メリットがないか結婚しない」「コスパが悪いか結婚しない」ってなんなんだ?

俺は母港拡張指輪のために明石さんに金渡したり

アイマスで好きな子SR出るまで回して数分で数万飛んでいったり

好きな声優サイン会のためにけっこうな電車賃出して遠征したり

めちゃくちゃ好きだった漫画がクソみたいな展開になってたくさん買ったグッズと雑誌の山の中で途方に暮れたり

たから見れば無駄金ばかり使ってバカなことばっかやってる

リア充からは、ただの絵に何やってんだ?付き合ってくれるわけでもない相手に何やってんだ?と思われるだろう

でも好きなんだからしょうがない。俺は何度でもクレカを出す

交際経験のない非モテが言うのもなんだが三次との恋愛もそういうことじゃないのか?

子孫を残す必要のある由緒正しい家系で、知らない女との結婚を迫られてるなら

「知らない女を養うなんて!俺に何の利点もないじゃないか!」って言いたくなるのも分かる

でも別にお見合い結婚強要されているとかそういう状況じゃないわけだろう

なのに「結婚にはメリットがない」と言う

これはどうしたことか

メリットってなんだ。コスパってなんだ

メリットは利点

コスパ費用に対して得られるもの

優しくて可愛くて思慮深い理想女の子好意を向けてくれて夢心地になっとしても

「イヤ、恋愛にはメリットがないから」「結婚コスパが悪いから」って交際を断るんだろうか?

2016-06-09

同担拒否をしてしまった話

様々な場所で「ジャニーズ」における話や文章を見聞きした。

そのどれもに感心させられ、理解を深めた。

そこで、数年前に自身経験した出来事を語りたいと思う。

私はあるグループが好きで応援をしていた。

応援といっても、ファンクラブに入会し年一回のコンサートに応募したり、出演する歌番組を録画したり、DVDを購入したり、そのグループ番組をたまに見たりするだけで、活動の全てを把握し追っている人に比べれば緩いものだったと思う。

過去自身がそのような熱狂的な応援の仕方をしていたこともあったが、上記のような状況に落ち着いた。

応援の仕方が落ち着いたといってもグループに対する熱が冷めたわけではなく、そのグループのことが大好きだった。

よく、ジャニオタには「相方」という存在がいるが、私にとってそれは母だった。

母もジャニーズが好きで、一緒にコンサートに行ったりDVDを見たりした。

親子なので気を使わず、言いたいことを言えるのはとても心地が良かった。

しかしある時、いつものようにコンサートの案内が来て母と申し込もうとしていたら、プライベートで仲の良い友達から、急に私が応援しているグループの一人を好きになったので、コンサートに連れて行って欲しいというお願いをされた。以降、その友達が好きなジャニーズを仮にAと表記する。

Aは所謂、私の「担当」であった。その友達は、今までジャニーズを好きになったことはなく、ジャニーズコンサートに行ったこともなかったが、遊ぶ時に度々Aの話が多くなるのは感じていた。その度に私はAの性格や、昔の情報を教えてあげた。

友達は喜んで、更にAに入れ込んでいった。

そんな状況での頼みだったので、特に何も思うことなく快諾し、コンサートに申し込んだ。

無事当選し、チケットが届いたが、席は非常にメインステージから遠い場所であった。

それを友達に伝えると、とてもショックを受け、お金を出してでもいい席に入りたかったと私に伝えた。

私は会場に入れるだけでも幸せだと感じていたので困惑した。

いい席をお金を積んで買ったりする人がいるのは把握していた。

グレーゾーン行為ではあるし、行為に対する個人的な考えはあるがここでは割愛する。

その行為に手を出すつもりはさらさらなかったので、友達がそのようなことを言い出すのは驚いた。

結局その友達は口にしただけのようで、その席に入ることを選んだ。

ここで少し違和感を感じたが、友達ということもあり大目に見ていた。

次に違和感を感じたのは友達応援の仕方であった。

友達は度々Aが好きだ好きだと言った。

初期のうちは応援に熱が入るのは自身も分かっていたので、友達のAに対する思いを黙って聞いていた。

しかし、次第にAと付き合いたい、Aと出会いたいと言い出すようになった。「リア恋」「ガチ恋」というやつだ。

実際に自分もAに対して「リア恋」「ガチ恋」のような感情を抱いたことはある。もしかしたら今も自覚はないだけで、それと同じような感情を持っているのかもしれない。

だが、私はアイドルであるAを応援しているので、プライベートを貰いたいという思いは初期の熱があった頃を過ぎた今、落ち着いていた。ふざけてAと結婚したいと母に言うことはあったが、どこか夢心地での発言であって本気でそうなるとは考えていなかった。

しかし、友達は本気でそう発言していた。付き合いたい、出会いたい、結婚したい。自分いかにAを好きかという話をされる度、苛つきが増した。

また、友達応援の仕方にも疑問を感じた。Aが出る番組は録画するが、DVDCDは一向に購入せず、ネット上で映像を見ていた。

Aについて、色々なことを語るが、その全てが最近の状況を参照したものだった。長年Aを応援している私にとっては賛同し難いことばかりであった。

極め付けに、友達はAを私と同じ呼び方で呼んでいた。Aには大勢ファンが呼ぶニックネームがあったが、私は少し異なる(といってもごく一般的普通呼び方)で呼んでいた。

くだらないが、これらのことで友達に嫌気がさしていた。自分の器の小ささを感じたが、どうしても苦痛であった。母と応援していた頃の気楽で楽しい気持ちが薄れていた。

そして気付いた。これが「同担拒否」をする理由であると。以前、同担拒否をする意味を語っていた素晴らしい文章を読んだが、それに当てはまっていたのだ。

応援の仕方は、自由だ。だけど、私の応援友達応援の仕方は種類が違う。担当Aの好きな部分も、好きになり方も、見ている部分も全て違う。そして、Aのことが好きな分、独占欲(呼び方や歴の長さ)が出てきてしまう。そんな自分も嫌だった。

そのような気持ちを抱えて行ったコンサートはあまり楽しくなかった。友達がAの事について話しかける度嫌な気持ちになってしまった。コンサートが終わった後、友達ファンクラブに入会した。そして、私に一緒にコンサートに行こうと誘ってきた。

私は友達と共にAを応援することはしたくない。大きすぎる価値観の違いに疲れてしまうからだ。価値観が似ていたら、何か違っていたのだろうか、「独占欲」はなかったのだろうか。

現在その友達とは疎遠になったが、グループのことは変わらず母と応援している。私は、一人でひっそりと応援をしていくのが向いているのかもしれない。現実では、関わる人は通常程度にいるが、ジャニーズ世界では母しかいないのは、それを証明しているかのようだ。

2016-02-21

学校って辛くない?

義務教育時代は8時半登校で7時半に起きて全力で朝飯&準備して学校までダッシュ

息つく間もなくHRそして授業、合間の休み時間はたった10分、体育なんか10分で着替え、移動、整列までしないといけないし

トイレも極限まで我慢を強いられる(手を挙げてトイレ!とか絶対無理)、食事は30分で終わり、後片付けと掃除も30分、

休みは長いけど何もする気力が無く、午後に備えて寝るしかなかった、グランドで全力疾走してる奴らは頭がおかしいと思ってた

午後も2時間みっちりあるし、終ったころは4時。そこから部活を3時間、全身の細胞から力を振り絞るようにやってすっかり暗くなる頃に塾のバスに飛び乗る

塾で勉強をこれまたみっちり3時間ほとんど何も頭に入らない)やって、中休みに近くの駄菓子屋パンを買って貪り食う、帰るのは11時半

帰ってからも家の手伝い、掃除洗濯炊事片付け育児主婦メニューを一通りこなし、一風呂浴びてから宿題にとりかかる、ここで午前1時半

ラジオを聴きながら宿題悪戦苦闘、心はもう半分夢心地眠るのは午前3時

ここから少しの自由時間があり、親の目を盗んでゲームをしたり漫画を読む、カラスの声を聴きながら4時ごろ就寝

3時間ちょっと睡眠の後、再び学校へ全力投球、日曜祝日文字通り糸が切れたように微動だにできなかった

これ今考えると異常に辛い。辛すぎる。フルタイム正社員よりよっぽど辛い。刑務所より辛いんじゃねーかな。大人の仕事なんて一種類だけ延々とやってりゃ済むし。

これだけやって日本学力は低いってどんだけだよ。システムに欠陥ありすぎだろ。

2014-11-10

陰毛との一夜

高校修学旅行の夜、シティホテルに友人と宿泊したのだが、

その友人は陰毛のような髪をした底抜けに陽気な男で、

おい君、君はどんくらい腋毛が生えているか、としきりに尋ねてくる。

尋ねてくる分には可愛げがあるが、なあ少し腋をあげて見せてくれ、としきりに強請ってくる。

もう寝ようと提案するが、駄目だ見るまでは寝ないと駄々をこねる。これには閉口した。

僕がいやだよ、腋毛なんて他人に見せるもんか、と云うと、

じゃあ無理にでも見てやろうと、がっぷり四つに組み敷いてくる。

この陰毛男は、ひょろっとした体つきのくせして存外握力が強く、嫌がる僕の腕を

強引に持ち上げ、腋をじろじろ凝視してくる。

ふうん、なかなか毛深いね、とばかにしたように云うから、かっとして、

じゃあ君のも見せてみろと云ったら、やっこさん、喜んで万歳姿勢をとる。

その腋毛が髪質とおなじ縮れた陰毛状だったから、

わず、なんだ腋の下までチン毛が生えてるじゃないかと口にしてしまい、

えらく不興を買った。

その件はそれで収まったのだが、その晩、陰毛と枕を並べて寝ようとするも、どうにも眠れない。

陰毛のやつのいびきがうるさく、寝ようとしても寝つけない。

静かにしろと怒鳴りつけてやりたくとも、相手は夢心地なんだから仕方ない。

そんなら先の仕返しをしてやろうと、細かく裂いてぬらしたティッシュを相手の鼻に詰めこんだ。

するとなんの拍子か、やっこさん、ずぞぞと下品な音を立ててぬれティッシュを吸い込んでしまった。

このままでは窒息するかもしれん、と大わらわでティッシュを除くが、

破れた欠片が鼻の奥に吸い込まれ、もはや手の施しようがない。

まさか鼻をほじくる訳にもいかず、翌朝変死体発見されたらどうしようかと気を揉んだが、

だんだん考えるのが億劫になり、ええい、どうとでもなれと自分のベッドに戻って不貞寝した。

結局、陰毛は朝まで目覚めることなく、翌朝も元気はつらつとしていたが、

吸い込まれたティッシュのかけらがどうなったのかは、ついに分からずじまいである。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん