「松坂桃李」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 松坂桃李とは

2019-05-23

吉沢亮山崎賢人松坂桃李千葉雄大菅田将暉などの男は好きだけど、

「男」というグループ範囲が広すぎて興味ない。

「男」というグループや「女」というグループに対して、叩くほどの興味を持てるのが不思議

「A子という女に最悪行為をされたのでA子に死んでほしい」みたいな内容ならわかる。

「女」というグループは広すぎ、いろいろいすぎ。料理上手なおばあちゃんとかも含まれる。

2019-04-11

anond:20190411230233

じゃあどういう話?

風俗店には沢尻エリカ石原さとみ広瀬すず新垣結衣クラス顔面の人がいないということ?

吉沢亮福士蒼汰松坂桃李佐藤健クラスとか?

そりゃ居ないに決まってるよ。そもそも数が少ないんだから

2019-03-02

理由が分からないけど苦手な女優さんたち

理由は分からないけれどどうしても苦手で、その人たちが出ているドラマが見れなくなる女優さんが何人かいる。

嫌い、ではなくて、苦手なのです。

竹内結子

松本穂香

川口春奈

葵わかな

高畑充希

から苦手な順です。

すごく見たいドラマ映画でも途中で無理無理…ってなって、非常に辛い。

脇役なら我慢できるけど主役だと、ほんとにどーしても無理。

顔が嫌い、声が嫌い、演技が下手とかじゃないのです、ただ苦手で見てられない。

CMは割と平気、というか気にならない。

ドラマだと無理。

この方たちの共通点ってなんなのだろう…?


ちなみに俳優さんにも、ここまで無理無理じゃないけど、やや苦手な方たちがいます

堺雅人

松坂桃李

相葉雅紀

満島真之介

生田斗真

ドラマ大好きっこなのに見れないの多くてくやしいー

2019-01-16

anond:20190116120402

だってそれ「遊戯王レアカードを何枚も持ってる」位の意味しか持たんやろ。

松坂桃李に対して自慢するならともかく、そうじゃない人間に誇っても価値そもそもないって前提を忘れがちだからキモがられるんだよ。

2018-04-15

映画娼年」の感想 ネタバレ

石田衣良原作映画娼年」を観た。

衝撃的な体験だったのでここに記す。ネタバレしまくります

自分原作小説存在は知っていたが、読んだことはなかった。ただただ「松坂桃李エロい姿をデカスクリーンで観たい」という下心だけでこの映画を観に行った。

観賞後、頭に浮かんだただひとつ感想が「人生いちばん濃密で官能的な119分間だったなぁ」というもの

まず冒頭からセックスシーンからだった。さすがにびっくりした。生娘ばりにひゃっ…⁉︎となった。馬鹿デカスクリーンに映し出される、松坂桃李の引き締まった綺麗な尻。生涯忘れることはないだろう。

スクリーンの中の松坂桃李無気力をそのまま体現したような青年だった。そのへんの行きずりの女であろう相手とのセックスの後もだるそうで、本当にこんな生気がない男が娼夫になるんか…???原作未読の自分は甚だ疑問であった。

その後も死ぬほどセックスのシーンがあるのだが、松坂桃李、いや、森中領は娼夫としてセックスを通し、日々を過ごしていくうちに冒頭の無気力そうな姿から生き生きとした青年に成長していく様は本当に感動した。松坂桃李演技力に感服してしまった。最初猫背で少し引きずるような歩き方をしていたのに、最後のシーンでは胸を張って堂々と歩く森中領を観て、松坂桃李ってマジで天才だなと…。観賞後に改めてポスターを見ると、松坂桃李が森中領にしか見えなくて困る。

この映画には先ほども書いたとおり、死ぬほどセックスシーンがある。多分10前後はあった。でも、どのセックス最初から最後まで丁寧に描かれていたからどれも心に残っている。本当に綺麗なAVを観ている気分になった。

いわゆるベッドシーン、ラブシーンがある映画最初から最後まで描かれていないものが多い。しかしこの映画前戯からまり絶頂に達した(なんかこの言い方キモいけど良い感じの表現が見つからなかった)後のまどろみまでしっかりと、それでいて繊細かつ丁寧に描かれていて、監督のこの映画にかける熱をひしひしと感じた。カメラワーク素人にも分かるくらい凝っていたし、一番最後セックスシーンである領と咲良行為も、舞台で培ってきた表現なのかな?そんな感じのシーンだった(語彙力)

自分は領の一番最初のお客さんであるヒロミとのセックスシーンがお気に入り

我慢するのってすごくむずかしい。私、領くんと今すぐしたいな」という台詞からセックス。本当に最高だった。

賛否両論あるそうだが、自分松坂桃李の喘ぎ声?というか行為中の声もべつに良いと思う。リアリティがあるし。でも高速手マンはみてて痛かった。自分がされてるわけじゃないのに膣がヒリヒリしそうだった。

とにかく領とヒロミさんの獣のようなセックスは本当に素晴らしかったし、松坂桃李ヒロミさん役の女優さんどちらも凄いなぁと思った。演技であれだけ本能をむき出しにしたみたいなセックス表現できるなんて、俳優さんって凄い。

雑感しかないけど感想終わりです。

観賞後、映画館を出た足で本屋に向かい原作小説を買い、翌日には続編の「逝年」、その翌々日には完結編の「爽年」を買い、再入荷を待って映画パンフレットを買った程度にはこの「娼年」にドハマリしている。舞台を観れなかったことを私は一生悔やむであろう。

2018-02-10

彼女の作り方教えるから彼氏の作り方教えろ

彼氏いない歴史=年齢の私だが、男だったらすぐに彼女を作れた自信がある。まあ文句があるだろうけど、とりあえず非モテの君たちに彼女の作り方を教えるので彼氏の作り方を教えてほしい。

【外見】

清潔感重要、汚らしい格好はNG

服装ユニクロ店員無印店員の真似をする。スタイルに自信のあるやつは韓国スタイルもよし。モテる

髪型シンプルに。パーマは平均以上の顔のやつだけができる限定ヘアーだ。できれば黒髪。暗めの茶髪くらいならよし。

好青年風の髪型がやはり受けがいい。松坂桃李髪型とか真似しとけ。

・黒縁メガネイケメン度が増す。ブス隠しにもなる。ただオタクっぽいやつはコンタクトにするべし。

眉毛重要。恥を捨てて眉カット専門店美容院カットすべし。

・やっぱり標準体重くらいがよい。痩せてるやつも太ってるやつも標準体重目標に鍛えるべし。

・色黒も色白もイケメン以外はマイナス点になってしまう。健康的な肌色を目指すべし。

・歯並びも重要。ガタガタのやつは黙って矯正ホワイトニング歯磨きを使いなさい。

口臭は殺すべし。お口クチュクチュモンダミン。

姿勢悪いとスタイル悪くみえる。背筋はピンと真っ直ぐに。

ヒゲは受けが悪い。モテたいなら剃るべし。

・爪にゴミ、鼻から鼻毛、髭の剃り残しこれはがっかりポイント。しっかり身なりを整える。

・唇カサカサはよくない。メンソレータム(薬用リップ)でしっかり保湿。ただ女の子の前では絶対塗らない。

ニキビは殺すべし。皮膚科に行きなさい。

・肌の乾燥は意外と目立つ。風呂上がりは全身ニベア

香水はやめとけ。柔軟剤のにおいがする方がモテる

・服はシワシワ毛玉だらけは絶対NG。気をつけろ。

身長が低いや髪が薄いなど努力しようが無いところはもう気にするな。他の部位で勝負しろ大丈夫、それでもモテる

内面

・とにかく優しい男になれ。上から目線女の子のこと分かってるよみたいな態度は最悪だ。女の子ガラス人形だと思って細心の注意を払って接するべし。

笑顔を絶やさないべし。クール系もかっこいいけどモテたいなら無難に明るく。

・仲良くなった女の子にはちょっとSっ気を出してもいい。(無理ならいいけど)

お酒に酔っ払うとボロが出るので、理性が保てる範囲内で飲むべし。

・やっぱり奢ってあげるべし。(気の無い女の子には奢る必要ないよ)

相手のことをよく見て些細な変化に気づくべし。

ありがとう、ごめんなさい、いただきます、ごちそうさまは必ず言うべし。

相手の話をしっかり聞くべし。質問責めもキモいから程々にだけど、女の子に話を振ってあげるべし。ただ引っ込み思案な女の子場合自分から話すべし。

自分を過大、過小評価せずに中の上だと思うべし。自信は明るさにつながるし、謙虚さは気遣いにつながる。大事

女の子の話にはとにかく賛同すべし。

・ただ自虐ネタはしっかり否定するんだよ

【狙うべき女の子

・中の下から中の中くらいの女の子。自信が無い子が多いから押したらいける。

趣味の合う女の子。恥じるべき趣味なんてこの世には無いけれどやっぱり理解出来ないものもある。趣味が合う子を死ぬ気で探すべし。

ナチュラル服装メイクの子を選ぶべし。個性のある子は自分に自信があるので非モテにはハードル高め。

【やってはいけないこと】

ナンパ彼女を見つけようとする

出会い系彼女を見つけようとする

・気になる女の子SNSをこっそり見ない

・うまくいかいからって引きずりすぎない

・ただ、すぐに狙う女の子を変えない

・すぐ諦めない

貢ぐ

・長文LINEする

電話しまくる

女の子の傷つくようなことを言う

・付き合ってもないのに高価なものをあげる

・すぐに名前呼び捨てにする

・他の女の子の話をする

女の子悪口をいう

元カノを会話に出す

・受け身

出会いの場に行くことに消極的

【私が言われたら嬉しいこと】

・いい匂いするね

・食べ方綺麗だね

・いつも笑顔だね

・持ち物を褒められること

・声が可愛い

・顔などに自信が無いので最初はそれ以外のこと(持ち物、雰囲気など)を褒めてほしい

【女ウケの良いアピールポイント

料理が上手い

・歌が上手い

運転免許持ってる

・部屋が綺麗

運動神経がいい

外国語が出来る

マーチ以上の学歴

お酒強い

男子校出身

スポーツをやってる

女友達が少ない

長くなかったが、これを守れば彼女はできると思う。個性を大切にするのもよし、モテ街道を歩むのもよし、モテたい人は参考にしてね。あーーーーそんなことよりだれか彼氏になってくれ。by非モテ女子大生

2017-05-23

趣味競馬です

って言う人にどんな人を想像する?


この質問松坂桃李柳楽優弥名前が出てくるならJRAイメージCM大成功

高畑充希土屋太鳳名前が出てくるなら大大大成功ってなところかな


まあ現実カンニング竹山井崎脩五郎でいい方というね



というわけで今週は日本ダービーです

めでたいめでたい

2016-01-26

http://anond.hatelabo.jp/20160126144339

松坂桃李とか意味を込めて付けられた名前なのに「桃」

という女っぽいイメージいじめられてた、と情熱大陸放送してて、

それに関するところは結構放送時間とってたぞ。

よほどいじめたやつのこと憎かったようだったし、顔がすべてとかありえん。

残念だが顔がすべて

速水もこみち松坂桃李を見てみろ。DQNネームなのにイケメンから許されてる日本代表じゃないか。

想像してみろ、キンコメ女子高生制服盗みそうな顔してる方を。

あの顔で「もこみち」なんて名前だったら、学生時代はアダ名は「もっこりもこみち」と「もっこり」とか言われ、女子から存在卑猥と罵られ、歩くだけでセクハラだと訴えられるんだぞ。

名前を変えたんだ、顔も変えてしまおう。

http://anond.hatelabo.jp/20160126125040

2015-09-13

ピースオブケイクを見たんだけど。

実写映画の方ね。

綾野剛野郎、俺の多部未華子といちゃいちゃしやがって

一緒に風呂入るとかなんだよ、くそ

いいよなー、俺も女の子と一緒に風呂入りたい

柄本佑多部未華子おっぱいもんだりしやがってたし、ちくしょー

でもなー、多部未華子多部未華子で、

綾野剛松坂桃李菅田将暉をはべらせてたしなー

贅沢なビデオ屋だよなー

特撮秘密基地みたいだよなー

どうせならオダギリジョーとは言わないから福士蒼汰あたりも一緒に出せばいいのになー

おまけに峯田和伸に、だ・第一印象からーとか言わせるし、ギターで歌わせるし、

すげーなー

わけわかんねー

酔っぱらって書くもんじゃいね

おやすみ

2015-05-25

戦隊俳優の追っかけをしたら特撮が嫌いになった

うっかり戦隊に出ているイケメン俳優にはまってしまったのは去年の春のことだった。人生特撮に触れたことは殆ど無くて、弟に付き合って流し見していたくらいなのでそれは自分にとってすごく衝撃的な体験だった。


 元々ジャニヲタだったので憎悪を伴う閉鎖的なコミュニティには慣れていたつもりだったけど、それにしても特撮ヲタ村社会はひどかった。2chに平気で「俳優の追っかけで来てる女どもが鬱陶しい」とか書いてある。

 正直「特撮ヲタ」の皆さんってお金を払ったり、ヒーローショーやイベントに足を運んだりしているとは余り思えない。こちらとしては、曲がりなりにも(俳優目当てとはいえ)ヒーローショー等に100回以上足を運んだし、地方公演にもわざわざ行って動員になった。ブルーレイも全巻購入、雑誌も全て買ってアンケートハガキも出しているし、プレミアムバンダイから出ている衣装アクセサリー系のアイテムを「特撮ヲタ」の皆さんは果たして買うのだろうか。ニンニンジャーの青の子衣装なんて全部揃えたら5万円以上するらしいと聞いた。買えるものなら買ってみてほしい。

 戦隊を1年間追っかけたけれど、結局スーパー戦隊の1年1年を支えているのはその年度ごとについている俳優のファンだと感じた。もちろんメインターゲットであり主要購買層であるのはマジョリティである子供とその親なんだろうけども。


 イケメン特撮は女の見る特撮でどうのこうの - LOVE! HEROES!

http://maki555.blog88.fc2.com/blog-entry-2088.html

 このブログに詳しいが、編集家の竹熊健太郎氏がこのような発言をしている。このような発言をしている点からみて、恐らく氏は相当な「特撮ファン」なのだろう。


女性が見る特撮は、私にとっては特撮とは呼べないのですよ。若手イケメン俳優が出る特撮は、その時点でイケメンドラマであって、「似て非なる何か」なのです。特撮ドラマの「主役」はあくまミニチュアであり着ぐるみであり、光線やメカ破壊と爆発でなければならんのです。漢の世界なのです。」


 言い分は非常によくわかる。確かにこちらが重点的に見ているのはミニチュア着ぐるみや光線やメカ破壊や爆発ではない。漢の世界かどうかも正直どうでもいい。

 ただ、この文脈においてまるで女性ファンが特撮のものを軽視し、思考停止してイケメンのみに反応しているような言い方をしているのは少々お門違いかなと感じる。周囲の俳優ファンは作品ストーリー性に深く感動、共感しているし、その中にはヒーローショーに通い詰めるうちにスーツアクターの魅力に気づいて俳優の出演しないショーにも足を運ぶようになった人もいた。俳優も結局出演する作品がなければ俳優をやれないわけだから、決して俳優ファンは作品特撮というコンテンツを軽視しているわけではない。


 しか現実的に、ミニチュアや光線や爆発を重視する「彼ら」はブルーレイを全巻買ってくれたり、水道橋まで足を運んでヒーローショー40分に2400円を払ってくれたりするのだろうか。

 結局特撮正義希望を謳っているけれど、結局のところ商業に支配される商品だということにこの1年間で気づいた。アコギなこともするし、制作であるT社もスポンサーであるB社の意向が最優先だ。

 特撮ファンは、特撮正義希望を謳ってはいものの外側は商業で出来ていることを理解できていないのだろうか。大人なのだからその辺りを理解してもらえるとありがたい。


 毎週ダラダラとテレビ放送を視聴し、2ch感想を書き込んでいるだけではT社やB社にとって一銭の利益にもなっていない。

 確かに舞台挨拶はしごし、映画を鑑賞せずに途中退場や途中入場などする態度が批判されることはままある。このような行為についての是非は分かれるだろうし、作品に対して失礼だという特撮ファンの意見も頭ごなしに否定するつもりはない。けれど関連雑誌パンフレットブルーレイ等を購入し多少なりとも作品に貢献しているし、そもそも映画が見やす中央から後方列の席に座ることはあまり無いのだから、爆発や光線が好きな特撮ファンの皆さんは映画鑑賞時に見やすい席が取れて逆に良いのではないだろうかとすら思ってしまう。


 俳優ファンは当該作品が終了すれば特撮から離れていってしまうので、そういう観点でも特撮ファンが俳優ファンを嫌うというのは理に適っているかもしれない。

 だが俳優ファンの中にもいわゆる「DD」(誰でも大好き)は存在し、イケメンが見られれば誰でもいい、誰でもいいとは言わずともそこそこ好みのタイプなら良いという層は一定いる。

 スーパー戦隊作品に出演する俳優は得てして駆け出し、もしくはキャリア比較的短いいわゆる「若手」であることが多く、戦隊作品をやっている段階ではファンが少ない為小規模なイベント楽しい思いをできることも多い。その後松坂桃李などのように世間一般にも名が知られるメジャー俳優になる可能性もある為、青田買いしていたという形になり自己満足できることもある。

 戦隊作品に出演する俳優は毎年ヒーローショーなどで頻繁な顔出しを行うため、非常に俳優に会える機会が多い。逆に戦隊作品が終了すると一気に会える機会が減ってしまうため、作品終了と同時に手軽に会いに行けるようになる次年度の戦隊俳優へと乗り換えてしまうケースもとても多い。「ずっとこれからも◯◯くんのファンだよね」と誓い合っていたのに半年後には違う俳優のファンになっていたりしてなかなか世知辛いジャンルでもある。

 そのような事実鑑みると、俳優ファンの中でも一定層はずっとT社にお金を落とし続けているということになる。

 これではいつまで経っても光線や爆発が作品の中心に据えられることはなく、毎年毎年イケメンアクションをしたりイケメンが変身したりするイケメンだらけのヒューマンドラマが繰り広げられるばかりではないのだろうか。

 特撮ファンはまず、T社から見て自分たち意見比重が非常に低いことを自覚すべきではないのかと思う。そして特撮作品意見するならまだ良いが、俳優ファンにまで苦言を呈するのは辞めてもらいたい。


 個人的な話をすると、俳優ファンとして戦隊作品を1年間追っているうちに特撮ファンのことが嫌いになり、最終的には特撮というジャンル自体のことも嫌いになってしまった。もう新しく特撮作品を見ることはないだろうし、特撮イベントに足を運んだりもしないと思う。

 スーパー戦隊仮面ライダーも、4クールドラマとしてとても面白いシリーズだと思う。でも特撮はもう「文化」になってしまっている。例えば毎年毎年、俳優の演技を棒読みだ、どこが酷い、等とこき下ろしたりする行為が既に毎年恒例の文化として扱われている。これはすごく嫌だ。

 郷に入っては郷に従えと言われればそれまでだけど、彼らはいわゆる排他的マニアックネタで盛り上がることを良しとする「オタク」そのものなんだと思う。ならば仲間内だけで盛り上がっていてほしい。俳優のことにまで口を出さないでほしい、というのが正直な意見だ。彼らが、自分たちのことを「あるべき特ヲタの姿はこうだ」と思っている限り特撮ファンの裾野は決して広がらないと思う。

 俳優ファンは細かい人間関係排他的な部分はあるものの、いろいろな応援のし方が許容されているし、それに俳優が好きならば誰でも俳優ファンだ、と自分は思う。特撮ファンは違う。俳優が好きで特撮を視聴している場合、それは決して「特撮ファン」ではないと言うのだ。あくまでも俳優ファンの域を出ない、と。


 自分たちハードルを高くしすぎると、どんどん閉鎖的になって自分の首を絞めることになるし、閉鎖的になりすぎた故に現状の「特撮」が「特撮ファン」のものでなくなっていることに本当は気づいているのかもしれない。俳優ファンの自分視点では悪あがきをしているようにしか見えなかった。

 そういう文化圏に足を踏み入れるのが嫌でもう特撮には関わらないことにした。

 結論としては、村社会は怖い。平和になりましょう。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん