「ツノ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ツノとは

2022-11-18

ガンダムって何なの?顔なの?

遠巻きにガンダムというものを眺めていたのだがイマイチよくわからない。

 

ガンダムっていうアニメシリーズの中にはガンダムじゃないなんかいろんな種類のロボットがあるのは知ってる。

なんか下半身戦車みたいになってるやつとか、でっかい砲台がついてるやつとか。

変形して空飛ぶやつとか、接近戦用っぽいやつとか、遠距離射撃用っぽいやつとか。

きっとコンセプトに合わせてシリーズが分かれているんだろうと思うんだけど、

じゃあその主役のガンダムってどういうコンセプトのロボットなのかよくわからない。

 

パッと見、明らかに顔を見たら「あ、これはガンダム的なやつだな」っていうのはわかる。

ツノがついてて、別個に別れた目が2個あって(目が1個しかないロボットが多いので特徴的)

なんか口のところがシュッてしてる(シュッってしてる。見比べたらわかると思う)。

でも機能的なコンセプトに統一性があるとはあんまり思えない。

なんかもういろいろじゃん。ゴツいやつとか、シュッてしてるやつとか、ゴテゴテしてるやつとか。

ってことは、ガンダムっていうロボットブランドは「あの顔」をしていることが特徴ってこと?

しかしたらあの顔をしていることが非常に機能的な可能性はあるけど……

 

よくわかんないんだよなー。

なんちゃらガンダムってどういうコンセプトで作られたシリーズなんだろうか。

anond:20221117180104

"黄色ツノ"でまんまと釣られたガンダムオタクたち、恥ずかしくないの?

2022-11-16

おすすめソシャゲを教えて下さいお願いしま

そこそこやってたFGOを3年前に辞めたくらいで今なにもしてない。

すこし時間に余裕ができてきたのでなにかしたいけど多すぎて分からない。

言われるがままにとりあえずプレイするからおすすめして。

可愛いキャラ見てブヒブヒしたいだけだからジャンルとか気にしない。

性癖的にしっぽとかツノとか生えてるといいなくらい。

2022-11-07

アメリカ人ってさ

すきあらば四六時中、大統領選挙やってるよな

こないだトランプから変わったばっかりな気がするけど

牛のツノつけて国会かなんかに突撃してなかったか

何だかんだ文句ばっかりで大騒ぎして

一時期は世界の警察とか偉そうにしてたのに

暇になったのか?

ロシア相手戦争しにいくかと思ったけど

ランボーとかまた映画化チャンスなのに。

スタローンジジイになったのか。

トムクルーズ戦闘機に乗せていくか

ワイヤーで天井でぶらさげるぐらいやれよなあ。

2022-10-18

赤ちゃんの髪の毛で筆作ってどうすんだ・・・

バカじゃないの?

そんな使わないもの10,000円使うの?

いや、水牛ツノから30,000円か・・・

はぁ・・・

2022-10-06

anond:20221006195157

Youtube公式チャンネルで2話まで見たけど、1話でツノが生えて、2話で爬虫類の目になってた。

あのまま、皮膚が鱗になって尻尾が生えてって、じわじわドラゴン化して言ったらホラー漫画になるな。

anond:20221006195157

ツノの生えた子が最近流行なんだよ。きっと・・

ヘラジカって冬にツノ落ちるらしいよ

毎年あんなでかいツノ生えるのすごいよね

2022-10-05

anond:20221005031741

ところでカブトムシは持つときツノを持てばいいんだが、クワガタってどこ持てばいいの?

大きなアゴを持ったら鋏まれて痛いし、脇腹持ったら節に鋏まれて痛い。

持つとこないよな、アイツ。

2022-09-28

anond:20220926034101

人魚の肉はフケツノカイ(キュウケツ[9つの穴]ノカイ)すなわちアワビのことではないかという可能性の話

九穴のあわび キュウケツノアワビ 怪異妖怪伝承データベース https://www.nichibun.ac.jp/YoukaiCard/0760021.html

話は確かに八百比丘尼伝説と似ている。

「フケツ」は「老けず」の意味か。

2022-09-26

人魚の肉と不老不死関係についての話

人魚の肉を食すると不老不死・不老長寿となる」という物語は、八百比丘尼伝説・昔話として有名でもあるし、仮にそれらを読んだり聞いたりしたことは無くても、高橋留美子連作漫画人魚の森』シリーズを読んだから何となく知っているという人も少なくない。

しかし、そもそも何故、人魚の肉を食したら不老不死・不老長寿となるのか?その理由というか説明については、知らない人も多いのではないだろうか。

これを書いている増田が、その理由らしきものについて書かれたもの最初に読んだのは、神話学者大林太良の著書『神話の話』(講談社学術文庫)であった。この現物を、確かに所有しているはずなのに本棚倉庫の中から見つけられないので、ここでは記憶を頼りに大林説を書き起こすが、もしも『神話の話』の現物を持っている人は、そちらを見た方が早い。図書館で探してもよい。

まず、八百比丘尼伝説概要は、大同小異、以下のようなものである。「龍宮の主を助けた漁師が、龍宮に招待されて主から宴などの歓待を受け、家路につく際に主から土産として、人魚の肉を貰い受ける。聞けば、それを食した人は、不老長寿となるという。家に持ち帰ったはいものの、人魚の肉を食べるのに怖気づいた漁師は、いったん戸棚にそれを保管する。しかし、漁師の留守の間に、彼の娘が人魚の肉を食べてしまう。人魚の肉のことを父から聞かされるが後の祭り。はたして、娘は不老長寿となってしまう。父親である漁師も、娘が結婚した夫も、近所の人たちも、漁師の娘が愛した人たちは皆、寿命が尽きて世を去るが、彼女だけは不老長寿の若々しいまま、この世に取り残される。その孤独境遇を嘆いた娘は、仏門に入るものの、その後も長く若々しいままで生き続け、とうとう八百比丘尼(八百歳の尼僧)と呼ばれるようになり、最後洞窟の中に籠もり、人々の前から姿を消す」

大林太良によれば、これと殆ど同じ内容の話が、朝鮮半島平壌仏教寺院伝説として残るという。但し、日本八百比丘尼物語には見られないディテールとして「結婚して夫を迎えたが、子宝に恵まれない」という描写が、朝鮮半島版の物語には有る。

まり人魚の肉を食することによる不老不死・不老長寿の獲得は、生殖能力喪失するというトレードオフになっている。このような不老不死性と生殖能力トレードオフは、八百比丘尼物語にだけ見られることではないことを知っている人もいることだろう。

例えば日本神話では、人間寿命に限りが有る理由として、ニニギノミコトオオヤマツミノカミから娘の女神を嫁に迎える物語が語られる。オオヤマツミには二人の娘、姿形が麗しくないイワナガヒメ、姿形が麗しいコノハナサクヤヒメがいた。ニニギノミコトは、見た目を重視してコノハナサクヤヒメを選ぶが「イワナガヒメを選んでおけば、不老不死でいられたものを」とオオヤマツミノカミから言い渡される。花が咲き、実を成し、種を残して枯れる植物のように、こうして人は有限の寿命となった。岩石のような、長い年月が経過しても残るような不老不死性は、こうして人から失われた。

女性差別侮辱する古語として「うまずめ(=子を産まない・産めない女)」というものがあるが、これを漢字で書けば「石女」である。言うまでもなく、この言葉にはイワナガヒメ(岩石の女神)とコノハナサクヤヒメ(植物女神)の嫁取り物語と同じ考え・物の見方が、素朴な形で反映されている。

昔の人たちが呪術的な発想として、生殖能力の有無と不老不死性を結び付けて考えたであろうという仮説自体は、現代人も自然と受け入れられるであろう。

問題は、何故、人魚イメージ生殖能力の有無が結び付けられたか、その点が定かではないところである。これについて『神話の話』の中で大林太良は、一つの示唆として、中国の人・袁枚(えんばい)の残した『子不語(しふご)』という書物に収められた、次のような挿話を紹介する。

「袁枚の甥が、地方役人として赴任する旅の途上で立ち寄った集落で、住人たちが騒いでいた。何があったのかと尋ねると、その集落に住む或る夫婦の妻の下半身が魚になってしまったという。彼女証言によれば、昨夜は夫と同衾し(夫婦の夜の営みを行い)、眠りについた。夜更け、下半身がむず痒くて堪らず、手で搔いていた記憶があるが、疥癬のように皮膚がポロポロと剥がれ落ちる感触が有った。朝になり、彼女が目覚めた時には、下半身は鱗の有る魚のものになっていたとのことである。剥がれ落ちていたのは、どうやら鱗だったようである

大林太良は、この『子不語』の挿話について、わざわざ夫との同衾について言及しているのは「下半身が魚になる前の女性は、二本の脚を開いて男性を迎え入れる性行為可能であったが、下半身が魚になったことで、脚を開くこと、すなわち性行為不可能状態になった」と言っているのだと考える。そして、人魚の肉による生殖能力喪失も、これと同じ発想なのではないかと言うのである

個人的には、この大林太良説を初めて読んだ時は「ううん、ホンマかいな?」という半信半疑感想であった。しかし『神話の話』を読んでから暫く経過した後、大林説を補助するような話を、別の学者著作で見かけた。が、やはりこの著作も、本棚倉庫で見つけられずにいた。それがつい最近、その本を古本屋発見して再入手した。嬉しい。だから舞い上がって、ここで記念にメモを残そうと思い立ったわけである

件の大林太良の説を補助する記述が載っていたのは、金関丈夫著作木馬と石牛』(岩波文庫)である。ちなみに、解説大林太良その人である

この『木馬と石牛』に収められた「榻(しぢ)のはしがき」という論文が、人魚による不死性と生殖能力喪失イメージの結び付き仮説を補助するような記述を含むものである。この論文は何について書かれたものか、簡単説明すれば、国文学におけるオナニー文学について論じたものである。これは、悪巫山戯で書いているのでも、嘘を書いているのでもない。本当のことである。初めて読んだ時は「お硬い岩波文庫で、こんな珍論文を読めるとは」と、かなり吃驚したものである

本題に入ると、金関丈夫によれば、天明六年の自序がある東井春江による『譬喩尽(たとへづくし)』という俚諺(りげん)辞典の「い」の部には「一夢二千三肛四開(いちむにせんさんこうしかい)」という俚諺(ことわざ)が収められている。その意味は「性行為の中で快感が大きいものランキングベスト4」である。念のために言うと、男性立場でのランキングである。4位の「開(かい)」が「女色すなわち男女の営み」を指す。この「榻のはしがき」の一節を初めて読んだ時「なるほど、『開(かい/ひらく)』の語と『男女の性行為』のイメージは、昔の人の頭の中では自然に結び付いていたのだなあ」と納得し、大林太良説も納得して受け入れられるようになったと、そういった次第である

何?ベスト3の意味が知りたい?いちいち言わなくても、字を見れば薄々察しがつくだろうからかい説明は書かない。なお、同「榻のはしがき」によれば、戦国時代頃に来日したポルトガル人宣教師たちが、布教活動を行うために編纂した日本初の日本語/ポルトガル語翻訳辞書『日葡辞書』には「Xenzuri」という単語が収録されているとのことである

とりあえず『神話の話』も『木馬と石牛』も、どちらも非常に面白い本なので、機会があれば図書館などで探して一読することをお勧めする。

また、人魚の話に関しては、椿のモチーフなど海女文化八百比丘尼伝承などにおける人魚イメージに影響を与えた可能性の話、人魚の肉はフケツノカイ(キュウケツ[9つの穴]ノカイ)すなわちアワビのことではないかという可能性の話など、色々ほかに面白そうな話が有るので、興味が有る人は調べてみることをお勧めする。

木馬と石牛』再入手で舞い上がっている状態で書いたので、乱文になり申し訳ない。とりあえず以上である

2022-09-02

anond:20220902082320

俺も、ツノが頭から急に出てくる人、って誤読してて、なんかの比喩表現かな、って思った

2022-09-01

ハゲ「もうこれからモビルスーツAIが生成すればいいよね」

というか、もうツノがあってトリコロールなだけでガンダムって呼ぶのやめろよ

2022-08-30

[] そのよんひゃくご

ツノカガヤキーッス

 

本日は国際行方不明者デー、ペルーではリマのローザの日、矢沢の日、そしてハッピーサンシャインデー

このハッピーサンシャインデーってのがよくわかりませんね。

太陽のような明るい笑顔の人のための日、この日に生まれた人は笑顔が素敵な人が多いから生まれ記念日だの、明るい笑顔で過ごせばハッピーな気分になれるだの。

笑顔押し付けみたいな記念日が制定されているようです。

まぁ別に一日顰めっ面でもいいと思いますよ。怒り続けたい日も感情が揺れない日もあっていいと思います

この日を作った人もきっと毎日笑顔で居たら幸せなるみたいな事じゃなくて、たまには笑顔だけで過ごしてみると気も紛れるんじゃねえかって思惑があったのなら色々誤魔化せそうな気もします。

あったらいいな、です。この日を制定した人達がそんなこと考えてるという記述を見た覚えはありません。

ただ『八月三十日はハッピー(8)サンシャイン(30)だからハッピーサンシャインデー』という記述を見て“なんじゃこれ”と思って調べたら更に“なんじゃこれ”だったので必死気持ちを誤魔化しているだけです。

自分の機嫌ぐらい自分で取りやがれって話です。

 

ということで本日は【適度な気晴らしよいか】でいきたいと思います

適度な気晴らしよいか!適度な気晴らしヨシ!

 

それでは今日も一日、ご安全に!

2022-08-29

アクリルスタンドの素を作るバイトをした

なんとなく消化したくなったので以下書いてみる。

2、3年前の話だが、「某有名マンガアクリルスタンドの素を作るバイト」をした。

当時派遣バイト登録していて、その日行かされたのがゴミゴミした下町っぽい場所にある会社だった。

初めて訪れた場所だったので、入り口が分からず、出てきた会社の人らしきおばさんに尋ねると、睨みつけられたまま言葉も発さず上を指差した。外の階段を上がって2階に行けということらしい。派遣とはいえ、今までこのようにあからさまに雑な態度を取られることはなかったので、入る前から会社レベルを察してしまった。

2階に上がると同じ派遣会社から来た人は4人くらいいて、「社長室」に通された。2階は2部屋あり、我々の今日作業場はその狭い「社長室」らしかった。自社パート、もしくは社員たちとは分かれて作業するらしい。

その会社は零細っぽさを漂わせているが、まぁまぁ長い中小企業のようだ。

社長室」には先代の社長、つまり今の社長父親写真がビックサイズで飾られてあった。なにやら叙勲もされたのか、勲章か何かをつけたお爺さんの写真がどこかの国の指導者のごとくデカデカと飾られている。当時もらったらしい賞状も誇らしげに飾ってある。上にはそこそこ立派な神棚があった。横にある小さな本棚には税理申告に関する「よくわかる」系の本たちと共に、百○尚樹の本たちがあった。

社長室」で待機していると、社長がやってきた。我々派遣担当社長である彼が直接やるらしい。初老の彼は始業開始時刻に合わせて神棚パンパン手を叩いて深々とお辞儀をした。

そして我々に対して本日業務説明をした。本日業務は、とあるマンガのグッズのシール剥がしだという。プラスチックに幼い女児若いイケメン男性クールビューティーな感じの女性がそれぞれプリントされてある。増田マンガアニメに疎く、もちろんそのグッズなどのこともよくわからなかったのだが、このシール剥がしものアクリルスタンドというやつの素になるらしかった。そういえばアイドルオタクの友人が持っていた気がする。

臨時派遣を4人呼ぶぐらいには納期が迫っているらしかった。大量の同じプラスチック供給され、とにかくたくさん剥がせという。4人のうち増田を含む2人は初めてで、シール剥がしの要領がなかなか掴めず、初めは一枚剥がすのにも若干もたついた。なにせ、プラスチックが小さく、キャラクター髪型などのデザインもあって、初めてには少し剥がしにくいのだった。

1人、何回か来ているという中年女性がいて、さすがに速かった。速いですね、などと3人で言うと彼女は「慣れです。」と冷静に返した。なぜか印象に残っている。中年女性は何回か来ているので、我々に色々情報を教えてくれた。休憩はお昼に1時間きっかしかないとか、それでも一応トイレ自由に行けるとか、パート女性ですごく性格のきつい人がいるとか。

しばらくやっているとなかなかスピードも上がった来た。所詮は「慣れ」なのである。我々が黙々とシール剥がしていると社長がやってきた。我々の作業をしばし見て、増田以外に初めて訪れた女性に対してイライラした様子で注意をした。「ちょっと、遅い。サボらずもう少し速くやる努力をしてよ。」増田女性は目を合わせた。女性はサボってなどいなかった。

雑な言い方に2人してげんなりした。

その後、昼休憩を挟んでなぜかパートたちと合同の部屋でやることになった。パートたち、喋る喋る。子どもたちも知った間柄なのか、子どもたちの話や下世話な地元の噂話などをずっーっと喋っていた。そして隣に派遣がいるにも関わらず派遣こき下ろすような会話。

彼女らはチンタラチンタラシール剥がしながら自らの会社こき下ろす。「アニメのおかげで仕事もできて良かったんじゃないの。こんだけ派遣も頼めるくらいなわけだよね。まあ、アニメ様様だよね。」…などなど。

詳しく書くほどでもないので書かないが、永遠と流れてくる話がクソつまらなく、またあまりにも品性がなかった。生まれて初めて「耳が腐る」という感覚を得た。シール剥がし以上に苦行だった。

また、パート女性たちは、社員なのかバイトなのか、高卒くらいなんじゃないかと思われる、とにかくかなり若いの子に対しての扱いやあたりがひどかった。結局1日しかいなかったので事情はわからないが、あれは職場イジメと言っていいだろう。若いの子は終始オドオドしており、居た堪れなかった。これもシール剥がし以上に苦行だった。

それでも増田たちは幼女キャラクターシール剥がし量産に努めた。これが今日仕事なのである。このキャラクターは小さく、剥がすのに手間取るが、髪型ツノみたいなのがあり、その出っぱった部分に爪を入れると剥がしやすかった。若いイケメン男性クールビューティーな感じの女性は、幼女より身長がある分そこそこ剥がしやすかった。

いよいよ待望の終業時刻がやってきた。社長室を出て、ゴミゴミした下町を駅に向かって歩いた時の解放感が思い出される。腐りかけていた耳を外気にさらし、間一髪のところで蘇らせることができた。危なかった。

同じく初めて訪れた女性と堰を切ったように本日現場のヤバさについて語り、多少スッキリした。あっという間に駅に着く。若いの子の置かれている状況についても話が及んだが、所詮、我々スポット派遣にできることなどないのである彼女は今元気だろうか。

増田女性携帯には派遣会社から明日の勤務も依頼するメールが届いていたが、2人して断った。

家に帰ってそのマンガ検索してみた。かなり有名らしい。(実際、後にアニメ化もされて世界的にも人気を得ているようである。)

あれから増田アクリルスタンドというもの認識した。増田にはアクリルスタンドの良さがわからぬ。そして、見ると少し苦い思い出が蘇ってくる。だが、この世にはオタクに限らず、またアクリルスタンドに限らず、たくさんの欲望存在しており、それで世界は成り立っている。例えば増田経験したクソみたいな仕事のおかげで、好きなキャラアクリルスタンドきらめきを楽しみ心から喜んだ人もいるのかもしれない。

そういうものだ、と自分に言い聞かせ、納得しつつも、一度変に上がってしまった解像度の高さはもう低くはできないのである

特にまとまりはない。ただあれから思うのは需要供給もクソだということである

2022-08-18

anond:20220815210557

これやると割りと平和な感じになる。

togetterのいっぬかわええ、ねっこかわええ、インコかわええ、ヤマタロウヤドリツノムシかわええ、NASA宇宙望遠鏡すげぇえ、みたいなのが残る。

ただ、togetterは糞みたいなまとめも7割くらいある。

うんこみたいなトピックをはずした後でも、なんていうかはてブホッテントリに上がってくるサイトの幅や話題範囲はかなり狭いし偏っている感じがする。

最近ロイターとかブルームバーグとか経済につよい外電が上がってくるようになったので少し改善された感ある。FXビットコ系の人口はもう少しあるとおもうんだが、

こんな一円にもならないところ使わないからか。

2022-08-03

ルリドラゴンツノ触るのは女の子的にどうなんかな

ツノなら全然触って良いよ?

なのか

胸や尻触られる位なら仕方ないけどツノ触れば満足?

なのか

いずれにせよ性癖が歪みそう。

モンハンイライラするところ

もっさりした移動スピード攻撃しようとしたらひょいっと動いてスカったり

アホみたいに突進ばっかりしてきて攻撃避けてもはるか遠くにいるとかイライラしない?

結局飛び道具が強いって作ったやつはハッパでもキメてたんか?

捕獲したら20秒で強制退場になるのはなんでなん?

しっぽとかツノとか、おとしもの回収する時間ないじゃん?

マルチだと必死になってモンスター殴ってるやつが損して、戦線離脱して回収してるやつが得するシステム必要??

2022-07-08

安倍晋三が撃たれたのがケツノアナだったら銃弾が腸を通って口から出るだけですんだのにな…

2022-07-05

ルリドラゴン感想多様性という言葉が出てくるのに違和感がある

あれから読み取れるのはせいぜい「異形の外見を気にしない(ように振舞う?)人たち」であって、

それは我々の現実社会からみて達成と扱いの難しい好ましいことである(ので意図的物語に編み込まれている)のは間違いないのだが、

それをして多様性尊重している人々が描かれているとするのはなんというか捉え方が大雑把過ぎである

同級生ツノが生えても気にしないが、同級生同性愛者とわかったら射殺かもしれない

2022-06-26

エロ絵はツノはやしときゃいい

鬼なんだから

鬼に人権などないのだから

2022-06-22

カブトムシモチーフガンダムをもし考えるのであればどんな設定になるのだろう

ツノをどうするかだよなー

まず頭からやすか、胸からやすか(メダロットnaviグランビートルみたいな)

そう、メダロットっぽくなってしまうのをどう差別化解決するかが難しい

MA形態カブトムシっぽくなる……ダメだこれもメダロットで既にやってる

じゃあファンネルカブトムシっぽいというのはどうか

いやそれはカブトムシではなく女王蜂モチーフでやった方がいいかもしれない

そうか、キュベレイってなんか甲虫っぽさがあると気づきを得た

この方針が良さそうか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん