「月経前症候群」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 月経前症候群とは

2019-09-04

自分でも理解できない

月経前症候群の症状の重さは、同一個人でも症状が現れていない際は「よく考えたら我慢できたんじゃ?」と理解が出来なくなるので、他人理解を求めることは100%不可能

当事者になると、この世で一番不幸なのは自分人類皆敵で一歩でも外に出たら死ぬっていう考えが真理となる。別人格だと思っている。

2018-10-17

生理」「月経」が禁止ワードに設定されていた話。

PMS生理痛大学講義にろくに出れない日が続いた。

我が大学には、Web上で学校側に気軽に質問意見ができるサービスがある。加えて、病気の欠席については病気の期間等の基準を満たしてさえいれば、欠席扱いにはせず、病欠のとなる制度もある。

病気と診断されてはいものの、基準を満たしているか不安であった。また、女性特有個人差が大きい病気のため、教授個人に断るとなると、認めない男性教授生理痛の軽い女性教授もいて欠席となってしまうかもしれない、学校側の承認があったほうが良いと考えた私は、質問サービスで尋ねてみた。

月経困難症及び月経前症候群と診断されており、生理前後の〜日間講義に出ることが難しかったのですが、病欠基準は満たしていますか?」

使用できないワードが含まれています。」

えっ?生理ってNGワードなの?それとも通信エラーによるバグ

一応「月経」に変えてみるか。

月経困難症及び月経前症候群と診断されており、月経前後の〜日間講義に出ることが難しかったのですが、病欠基準は満たしていますか?」

使用できないワードが含まれています。」

「持病があり、〜日間講義に出ることが難しかったのですが、病欠基準は満たしていますか?」

送信完了

某有名女子大学が、心が女性であれば入学を認める。と公表し、世間を良い意味でざわつかせ、ジェンダーの悩みは広く周知されてきたのだと思っていた。

きっと同じく生理痛で悩む先輩方も、同じ質問をして、同じく理解されないことに苦悩したはずだ。

私がひどく悩み苦しんできた「生理」は、この大学では下品言葉カテゴライズされるようだ。

わず涙が溢れ、この大学に嫌気がさした。大学ってもっと、考えが広くて、年齢性別わず学びを認める場ではなかったのだろうか。

男尊女卑が昔より無くなったとは言え、壁はまだ厚いようだ。

意見フォームに「生理月経禁止ワードに設定されているのは明らかにおかしい。性別差別一種である。」と書き込もうかと思ったが、次に表示される文字はわかりきっていた。

日本もっと、性や病気の悩みに寛容な国になるために、私も少しでも広げ理解される為の活動をしたい。

夢がないままなあなあ大学生になってしまった私は、そう決めた。

2018-07-20

生理ピルの話

なんか定期的に流れてくるピル生理の話について書いて見たくなったので書く。なお、私は医者ではないので、その辺りはご理解ください。気になったら自分でも調べるといいと思うんだ。

そもそも生理ってなんだ

女性の体は常に子供が作れるように子宮が臨戦態勢で準備をしています。その準備というのは、子宮の中に血の壁を作り、いつでも精子卵子受精できる状況を作ること。とはいえど、いつでも受精できるわけではなく、だいたい28日周期で血の壁を作り直しています。血の壁は一度作られたら用済みなので、体の外に出てきます。それが生理月経)。その血はオシッコみたいに自分の力でコントロールできるわけではなく、だいたい3日〜7日ぐらいかけて勝手に出てきます勝手に血が出てきます。(大切なことなので2回)かなりだるいですし、人によっては貧血になったり、体力消耗したり、気分が悪くなったり・・・。この作用を起こすのは女性ホルモンの影響で起こるわけなので、そのホルモンバランスのせいで体に不調が出てきます生理の時期の女性はかなりつら〜〜い状況になっている人が多いのです。これが、大切な日(旅行とか、デートとか。スポーツ大会とか。まあいろいろ)に被ったら、いろいろなことを楽しめないのですよ。

もちろん、そういう気分にならない健康な人もいるのも事実なのですが、ひと月ごとに血みどろになるのが1週間続くのはやっぱりだるいよね。うん。

そもそもピルって何?

避妊目的で作られた女性ホルモンコントロールする薬。主に2種類のホルモンバランスコントロールすることで排卵を起こさせないようにすることで避妊効果を出している。一般的ピルと呼ばれた場合は低用量ピルを指すことが多い。中容量ピル存在する。大容量ピルは聞いたことがないけど、あるんじゃないかな。多分。

ピル自体は古い薬で、改良され続けてきた。昔はホルモンを大量に入れた中量用しかなく、ホルモンバランスコントロールするため副作用が酷かったそう。具体的には吐き気だったり、倦怠感があるそう。

そこで様々な研究がされてきて、少しのホルモン毎日飲むことで副作用が少なく効果を出すことができるようになったのが低容量ピルってわけ。現在でも中量用ピルは緊急避妊用に使われたり、低容量で効果がない人向けに使われています

実は低容量ピル避妊効果だけではなく、生理前の不調、具体的にはPMS月経前症候群)やPMDD月経不快気分障害)、月経困難症にも効果があるとわかりました。必ずしも万人にこれが効果があるわけではないけど、かなりの人がこれで救われているのが事実。なお、私もピルを飲み始めてからだいぶ楽になりました・・・

そりゃ、女性ホルモンバランスコントロールするわけだから効果があるってのもなんとなくわかるよね。生理の日付なのも飲み慣れてくると自由自在に動かすことができます。大切な旅行イベントの時に生理が被ってしまった・・・。なんていう状況も回避することができるお薬なのです。素晴らしいよね。うん。

PMS月経前症候群)やPMDD月経不快気分障害)、月経困難症って何?

PMS月経前症候群)やPMDD月経不快気分障害)とはすごく簡単に言うと、生理前や生理中になるととっても気分が悪くなったり、調子が悪くなる人のこと。

鬱みたいな症状が出る人も多いし、イライラする人も多い。肌荒れを起こす人もいる。1ヶ月ごとになんかめちゃくちゃ気分悪い、彼女、嫁から八つ当たりされるなんて人はこれを疑ったほうがいいかもしれない。

月経困難症は、読んで字のごとく月経生理)が困難な人。生理痛がめちゃくちゃ痛かったり、生理で出る血の量が貧血になるレベルな人だったり。人それぞれ。

本来生理は毎月起こるものなので、簡単に済ませられるはずなもの。(それでも生理で血がドバーだからだるいのは事実なんだけど!)

それが少しでも困難であればこれに当てはまっていると思っていいと思う。

低容量ピルが普及しないわけ

PMSPMDD月経困難症に効果があるのであればもっとみんなピル飲めばいいじゃん。と思う人は多いかもしれない。けど、日本ではまだ1%ぐらいしか普及していない。2013年国連人口部の統計によると、日本ピルの服用率はわずか1%。一方、フランスは41%、ドイツは37%、イギリス28%、米国は16%というデータがあるそう。ちなみに、韓国の2%、中国の1.2%とのこと。

あと、周りの女性でもピル飲んでる!って公言してる人は少ないんじゃないかな。なぜか。理由はいくつかあると思っている。

ヤリ◯ンの薬だと思われている。

ピルはもともと避妊の薬という印象が強い。最近PMS治療の側面が強かったり、生理自分意思コントロールするためにピルを飲んでいる人が多い。でも、ピルを飲んでると公言すると、風俗嬢なの?みたいな印象を持つ人はいるらしい。机の上の見える場所に置いておいたら、「コンドーム置いてるのと同じなんでしまってください。」みたいなこと言われた人もいるらしいので、そういう印象が強いようです。つらい。

保険外、自費治療扱いの薬だから

いろいろメリットは先に書いてきましたが、日本ではまだピルは自費治療扱いの薬なので、薬やピルを飲むための検査などが自費治療になり、とても高いのです。月経困難症だと言われると、一部のピル保険内で処方できるようですが、それでも一月2500円ぐらいからになるそう。ちなみに私が飲んでいるピルは自費ですが、3000円ぐらいです。ほぼ変わらない。普及するにはまだまだ高いお薬だし、早く保険適用になるべき。だと私は思います

出してくれる病院も少ないし、そもそも婦人科に行きづらい。

基本的ピル婦人科で出してもらえることが多いです。ですが、婦人科によってはピルを出してくれないところもあるそうです。理由はわかりませんが、多分避妊の薬という側面が強いため、何ヤリ◯ンになりたいの?みたいなことしか思わない婦人科医もいるようです・・・。そういう婦人科には私は行かないけど!

また、若い女性婦人科に行くと、何中絶?疚しいことしたの??みたいなことを思う人もいるらしく・・・。そういうのも含めて婦人科に行きづらい、婦人科に行くのは恥ずかしいという印象を持たれてしまっているところもあるのかもしれません。

どうしてピルは自費なの?

婦人科学会だったかな?あの辺りがピル保険内にすると、出生率が下がる。。。と言っているそうです。また、そんな性に関してヤリ◯ンを製造するようなやましい薬を保険内にすることはできないだろう?みたいなことを考える人がまだまだ多くいるため。。。だそうです。

海外の一部では、医師の診断がなくてもピルが買える国もあるそうなので、いろいろ考えちゃいますね。うん。

ピルデメリットはないの?

ここまでピルのいいところだけ書いてきましたが、デメリットもあります。そりゃ薬ですから

ピルを飲んでいると血栓症リスクが上がります簡単にいうと、心筋梗塞脳梗塞などの血管が詰まる病気になりやすい。

なので、定期的な検査必要です。かなり前からピルを飲んでいる私ですが、一時期血栓症の数値が上がって、2年ぐらい休薬していた時期もあります。今はその数値が下がったので普通に飲んでますけどね。

でも、そのリスクはかなり低く、2万人に一人などと言われています。それも、血栓体質・肥満タバコ・手術・年齢・長期安静・脱水・高血圧糖尿病などの要因が重なった人が鳴りやすいとされており、普通にしている人はほぼならないんです。

から医師検査必要だと私は考えていて、市販薬ピルが手に入るようになったら便利だけどむしろいか・・・なんて思っている人です。

まとめ

とまあ、ここまでつらつら書きましたが、ピル女性にとってはかなりメリットが多い薬です。でも、世論保険など様々な事情でなかなか普及していないのが事実

もっとみんなピルという選択肢簡単に選ぶことができるようになればいいのにな。と思う私でした。

2018-02-21

ビタミンBについて

ビタミンB2

エビデンスが見当たらない

ビタミンB6PMSに対しての有効性が示唆されている

RCT

・軽度~中程度のアルツハイマー患者409名 (平均76.3±8歳、試験240名、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為プラセボ比較試験において、葉酸5 mg/日、ビタミンB6 25 mg/日、ビタミンB12 1 mg/日を18ヶ月間併用させたところ、血中ホモシステイン濃度の低下がみられたが、アルツハイマー認識症状スコア (ADAS-cog) に効果は認められず、抑うつ傾向の増加が認められた (PMID:18854539)

・75歳以上の男性299名 (試験群150名、平均79.3±2.7歳、オーストラリア) を対象とした二重盲検無作為プラセボ比較試験において、ビタミンB6 25 mg/日、ビタミンB12 400μg/日、葉酸2 mg/日を2年間摂取させたところ、BDI (Beck Depression Inventory) スコアによるうつ病評価およびうつ病発症率には変化が認められなかった (PMID:18557664) 。

・経口摂取月経前症候群 (PMS) に対して、有効性が示唆されている。乳房の痛み、圧痛、抑うつなど、PMSの症状を改善するという知見がある。ピリドキシン50 mg/日および酸化マグネシウム200 mg/日、1ヶ月間の摂取により、PMSに付随する不安が軽減した (PMID:10746516) 。1日200~500 mgという高用量のピリドキシン摂取を支持する臨床医もいるが、1日50~100 mg程度の低用量で効果を示すと思われる。PMSに対する効果ビタミンB6の用量に依存しないため、効果のある最低用量で使用するべきである

ビタミンB12

RCT

・軽度~中程度のアルツハイマー患者409名 (平均76.3±8歳、試験240名、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為プラセボ比較試験において、5 mg/日の葉酸、25 mg/日のビタミンB6、1 mg/日のビタミンB1218ヶ月間併用させたところ、血中ホモシステイン濃度の低下がみられたが、アルツハイマー認識症状スコア (ADAS-cog) に効果は認められず、抑うつ傾向の増加が認められた (PMID:18854539) 。

・75歳以上の男性299名 (試験群150名、オーストラリア) を対象とした二重盲検無作為プラセボ比較試験において、1日あたりビタミンB6 25 mgビタミンB12 400μg、葉酸2 mgを2年間摂取させたところ、BDI (Beck Depression Inventory) スコアによるうつ病評価およびうつ病発症率には変化が認められなかった (PMID:18557664) 。

抑うつ症状のある成人900名 (60~74歳、試験群447名、オーストラリア) を対象とした二重盲検無作為プラセボ比較試験において、葉酸を400μg/日とビタミンB12を100μg/日、2年間摂取させたところ、抑うつ症状の自己評価 (PHQ-9) に影響は認められず、抗うつ薬の明確な増強作用も認められなかった (PMID:20805005) 。

統合失調症の成人139名 (試験群93名、平均45.3±1.1歳、アメリカ) を対象とした二重盲検無作為プラセボ比較試験において、葉酸2 mg/日+ビタミンB12 400μg/日を16週間摂取させたところ、陰性症状評価尺度 (SANS) 、陽性・陰性症状評価尺度 (PANSS)、Calgaryうつ病評価尺度のいずれも影響は認められなかったが、葉酸吸収に関与する遺伝子型を考慮した場合のみ、陰性症状評価尺度改善が認められた (PMID:23467813) 。

一般情報

・メチルコバラミンは経口摂取で、睡眠相後退症候群 (delayed sleep phase syndrome) の治療に対し、効果がないことが示唆されている。高照度光療法との併用の有無にかかわらず、メチルコバラミン原発概日リズム睡眠障害の人々の助けにはならないようである

ビタミンB12欠乏症でない精神病患者治療に対し、経口摂取でおそらく効果がない。

(PMID:25491145) Med Oncol. 2015 Jan;32(1):434.

(PMID:21867542) J Med Case Rep. 2011 Aug 25;5:413.

(PMID:26740832) Can Geriatr J. 2015 Dec 23;18(4):231-45.

(PMID:26147383) J Hypertens. 2015 Sep;33(9):1897-906; discussion 1906.

(PMID:25805360) Med Sci Monit. 2015 Mar 24;21:875-81.

(PMID:26786311) Ophthalmic Epidemiol. 2016;23(1):32-9.

(PMID:28248558) J Geriatr Psychiatry Neurol. 2017 Jan;30(1):50-59.

出典元:国立健康・栄養研究所健康食品安全性有効情報

ビタミンB2https://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv_agreement.html?49

ビタミンB6https://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv_agreement.html?48

ビタミンB12https://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv_agreement.html?46

anond:20180221105635

2018-01-20

大学生とき月経前症候群と診断された。

婦人科では漢方ピルどちらにするか考えておいてくださいね〜と言われた。大学生だったのでお金のこともあるしと両親に相談した。

母は、とりあえず漢方使ってみてだめだったらピルにとりかえてみればいいんじゃない?と。

父は、ピル?!妊娠できなくなるじゃないか!と言った。まさに開いた口が塞がらなかった。娘が、月の3/4も頭痛めまい吐き気のどれか一つ以上に悩まされて薬を処方してもらおうかというのにそれか、と。むかついたので、婦人科でもらった薬のパンフレットを穏便に手渡したところ、何で俺に渡すの?これ関係ある?と。いやぁほんとびっくり。

婦人科系の病気や症状って、知ってもらうことが本当に難しいんだなと感じた一件

2017-07-25

anond:20170724145323

よく似た経験をしたことがあるというだけの者ですが……

他の方のトラバにもありますように、

奥さまはPMS月経前症候群)で悩んでおられるか、

あるいはそれに加えて何らかのパーソナリティ障害、または気分障害をお持ちかもしれません。

いずれにせよ、奥さまが感じておられるストレスの原因はご主人であるあなたではなく、どこか別のところにあるのだと推測します。

その場合あなたが奥さまのどのような注意に従ったとしても、どのように行動を変えても、

奥さまが満足して現在状態好転するということはないように思われます

奥さまにそうした自覚がおありになるかどうかはさておき、いちど心療内科などにご相談されてもよいかもしれません。

2017-03-15

PMS言い訳にする女

PMSとは月経前症候群のこと。

男性特にピンとこないかもしれないが、月経前に気分が落ち込んだり、イライラしたり、お腹が痛くなったりする症状のことだ。ちょっとググってみれば直ぐに出てくるので、詳しく気になった人は調べて欲しい。

このPMS言い訳にする女が嫌いだ。

こう言うと女性の辛さがわからない男性だと思われるかもしれない。しかし私は女である。その上このPMSにあたる症状は自分も心当たりがある。月経前はお腹が痛くなったり、無性にイライラしたりする。だからその辛さはよくわかる。

それなのに何が嫌なのかというと、周りのPMS言い訳にする女は、それをどうしようともせずただ周りに配慮を求めるだけだからだ。その傲慢さに腹がたつ。

医者にかかろうともせず私はPMSからイライラするんだよね!と言って人に当たり散らしそれを理由自分の行動を反省しない。

PMSからでなんでも通用すると思うなよ。

病気から配慮して、が通じるのは、自分でできる精一杯の対処をしてこそ言えることだろう。診察を受けたり、薬を飲んだり、自分なりに気分転換を図ったり努力をして初めて、周りは気を遣おうと思うものだと思う。

それに周りの配慮限界がある。人に迷惑をかけると思ったら、しばらく安静にして、落ち着いたら戻ってくれば良い。

それがわからない女がいる。

なんの努力もせず許されたいと思うのは身勝手だと言っておきたい。

2016-06-22

PMS(月経前症候群)がヤバすぎて風俗面接に行った

http://anond.hatelabo.jp/20160523200124


男が知らない(であろう)話でもしようか


月経前後の症状についてはトイアンナ女史も詳しい。

http://toianna.hatenablog.com/entry/2015/06/01/215659


http://a-mp.jp/article/3496 ここにある、生理擬人化してコミカル描写したyoutube動画もなかなか良かった。入門編としては大変ナイス

このエントリはおりものシートとかPMSの症状とか個人差とか、排卵期の心身の変化など、生理痛とその前後がキツい私にとっても詳細を網羅しているなと思える内容でとても良かった。震災などで痛み止めも生理用品に絶対まれねばならないものだ。

私は痛み止めがなかったら、1日目は激痛のあまり失神したり嘔吐したり、座ることすらできなかったりする。


さてそれでは、生理前のあのしんどい症状によって引き起こされたメンタルの不調により私が起こした行動でヤバかったものを3つほど挙げたい。

私は落ち込みが強く出るタイプで、イライラしたり当たったりはあまりしない。自らを責め続けるのみである

そして生理が始まればたちまちに消え去る。


それでは、ワースト3の発表。



3位 遺書を書く・・・・死のうと思ったので。翌日読み返して冷静になった。



2位 ホームセンターロープを買いに行った・・・上に同じ。実行しようとしたがいろいろなことが起こり、断念。



1位 高級ソープ面接に行った・・・


死のうと思ったので、死ぬ前に短期お金を溜めて今までやりたかったけどできなかったことなど、豪遊してこの世への未練を断ち切ってから死のうと思った。もう死ぬと思えばハードサービスでも全然平気だった(知らない方のために書くと、風俗区分の中で本番行為違法でないのはソープのみであり、高級店はハードサービスをしなければいけないから高級なのだ。詳しい内容は調べれば出てくるので割愛

受かったしデビューの日も概ね決まっていたが、生理が始まらないと低用量ピルが飲めないので(理由はググって)、生理が始まるのを待っていたのだが、生理が始まったら当然ながら冷静になって丁重お断りした。




とにかく激しく落ち込み、死のうとしてしまうのが特徴である

もちろん、若干抑うつ傾向はあるもの生理前でなければ私はこんなことしようとも思わない。

こんなことでは日常生活が送れないので、低用量ピルを飲んだら超劇的に改善した。もっと早く気付くべきだった。

でも1か月分で3000円くらいするからキツいんだよなあ。



男も女も、自分のPMSも他人のPMSも、けして甘く見てはいけない。

追記:私の収入一人暮らし手取り14万程度だ。わけあってフリーター。そんな人間にとっての月3000円の価値は、おそらくあなたと違う。

2016-05-23

男が知らない(であろう)話でもしようか

別に男がこれを知っておけという話では無い。豆知識程度に受け取ればいい。

最近生理についての知識を災害時などの際に備えて、男も学んでおくべきだと言う話が出回っている。その通りだと思う。

女は男の勃起や朝だちについて特に面白くもなく下心もなく認識している(男女共通授業で普通にやるし)のに、男が生理について知らないのは不勉強だと思うからだ。

ただしこれは生理について最初に男女別の授業で行われる経緯もあるし、やっぱり自分経験しないことは気にするのは難しいだろう。

生理とは、女にとっても結構難しいものだ。大人になった今でも理解しきれていないと思う。

どういう症状が起きるのか。月に1週間弱(個人差あり)血液などが外に出る(出血量は個人差があり)。これくらいは誰もが知っているだろう。

それにともなって痛みが起きる。これも個人差があり、1日目に痛い人、3日目に痛い人、全然痛くない人、会社を休まなくてはならない人など様々だ。

生理痛の薬のCMをよく見るだろうから、これも良く分かっていると思う。ここまでが初級編。

ここから知らない人も居る中級編だ。

生理が始まって急に痛くなる人も居るが、多くの女性は「月経前症候群」というものに悩まされている。

よく「イライラしてるな。生理か?」といった無礼ネタを見かけるが、ああいうのって大体「イライラしてるな。生理前か?」が正しい使い方だと思うのだ。

これはPMSと呼ばれる症状なのだが、年配の方に聞いても「え?なにそれ?」と言われるかもしれない。この言葉認知されるようになったのも、最近の話だと思う。PMS和薬CMは本当に最近見かけるようになった。

これもよく言うのだが「生理中はおっぱいが張る」というよりは「生理からおっぱいが張りだす」場合が多いであろう。

あとは吐き気、食欲増進・減退。また生理時よりは軽いが、ほぼ同じような痛みが襲う場合もある。肌も荒れる。

何度も言うが、個人差はある。しかし実際気の置けない女子たちが集まれば、その悩み相談が始まるだろう。症状が無い人の方が少ない、と感じる。

(実際女子は、日常的にフラット生理についての話をしあう。女子高における会話の3割は生理の話だろう。アニメ可愛い仲良しな女の子たちもテレビ画面の外では生理の話をしあっている。)

ただこれは、自覚しにくい症状だ。

考えてもみてほしい。

だって、ムカつくことがあればイライラするだろう。なんだかお腹が痛いときもあれば、吐き気がする体調の悪いときもあるだろうし、肌が荒れるし、風邪をひくこともあるだろう。

現代日本ストレス社会イライラはつきものである

PMS自覚できるのは、比較精神が落ち着いてきて大人になってからだろう。1か月の身体リズムが完成し、その症状を自覚するのには、数か月~数年単位での自己検証必要だ。

個人的に、このPMSという言葉認識し、検証が終わってから、自らをコントロールできるようになった。「あのクソ上司のせいでイライラするんだ」じゃなく「生理前だからイライラしてるんだな」と理解できるようになった。人に当たらないで済む。本当に助かった。クソ上司はいつもクソ上司でそれが日常だ。

風邪をひく、と書いたが生理前・中は免疫力が下がるので風邪をひきやすくもなるのだ。ただでさえだるいのに、風邪コラボでもう最悪なのだが、これも理解していると少しぐらいの対処はできる(酒を飲まないとか、酒を飲まないとか)。

………と、まぁ。これは女の子にこそ知ってほしい話だ。知識があれば対処ができる。まず自分認識することが大切だろう。

女はこういうことと付き合ってる生き物だと、男はぼんやり認識してくれればいい。

ただ女は気分屋と分かった口を利く男にこそPMSを学んでほしいものだが。

で、PMSもそろそろ知られてて良い頃なので…。

排卵期という言葉を授業で聞いてことはあるだろうが、よくは知らないのではないだろうか。生理痛という言葉があるように、排卵痛という言葉もある。生理排卵は一緒では無い。女の身体は月に2度ほど、なにかが起こっているものだ。体温も上下大きく変化している。

それに、女はいろいろなものを使って、なんとか生きようとしているのだという豆知識を授けたいと思う。

「おりもの」聞いたことがあるだろう。女性の身体から出るのは生理期間中の血だけではなく、体内の分泌物が定期的に外にだされている。

汚いものではなく、男の精子卵子に届けるものなので大切なものだが、まぁこれも日常的には面倒なものである

災害時に「生理用品」と聞くと出血するから大変だ、その血を吸うもの必要だな……とはなるが、なかなかそっちまで気がまわってくれないかもしれない。通常のナプキン対応できないことも無いが、「おりものシート」なども生理用品のうちに含まれることを願う。

また、生理自分コントロールしようとも試みる。低用量ピルだ。修学旅行などのときに、初めてこれを使う子も居るのではないか。これは生理の症状やPMSを軽減する役割があるのだ。ただし服用中は妊娠しにくい身体になる。だるくなったり、つわりの症状が現れたりする。

早く生理を終わらせるために、膣内を洗っちゃえばいいじゃん、という発想もある。ビデだ。トイレについているやつじゃ無いぞ。直接膣内の血を洗い落すのだ。出血量の少なくなった生理後期に使うと、早めに終わらせることができる。生理終わりの時期に彼女が夜、謎の容器を使ってるのに偶然気付いてしまっても、詮索しないであげてほしい。君と清潔なセックスがしたいだけだ。

ここまで書いていても、多分まったく書ききれていない。

自らの知識が乏しいかである

こうしてまた、身体の探求をしに女は語り合いにいくのであった。

2016-01-24

ピルピルピルうっさい

生理が重いという話をした時。

生理前にイライラしたら、PMS月経前症候群)だどうのこうの。

生理話題になるとすぐ「ピル飲みなよ」って言い始める女が絶対いる。撲殺天使かよってくらいピルピルいう女が、絶対現れる。

今つけたけど、ピルハラだよ、それ。ピルハラスメント。飲んでないと、おかしいみたいな、そんな口調、ピルハラ

大体、ピルが全ての万能薬だと思ったら大間違いで、弊害もある。というか、弊害だらけだった。

私の経験から言うと、まずすごい肌あれ。不正出血オンパレード

生理前どころか一カ月イライラし通し。吐き気生理前には欝状態で口もきけなくなる。

ピルは数種類あるけど、全部上記のような症状がでた。ひどいもんだった。1年ヒイヒイ言いながら飲んだけど、結局やめた。

周りの人に迷惑をかけまくって、破たんした友人関係もあった。

こんなことだったら、生理が重くて唸ってる方がよっぽどましだった。

本当に、ピルハラする人達の、ピル万能説どうにかした方がいいって。ピル勧める人の気がしれない。

ピルハラダメゼッタイ

2015-09-05

メンタルヘルス周辺領域略語

A

A: 合理的な大人の心 [Adult](エゴグラム

ABA: 応用行動分析 [Applied Behavior Analysis]

AC: 従順子どもの心 [Adapted Child](エゴグラム

AC/ACoD/ACoDF: アダルトチルドレン [Adult Children of Dysfunctional Family]

ACT: アクセタンス&コミットメントセラピー [Acceptance and Commitment Therapy]

AD: アスペルガー障害 [Asperger disorder]

ADD: 注意欠如障害 [Attention Deficit Disorder]

ADHD: 注意欠如・多動性障害 [Attention Deficit / Hyperactivity Disorder]

AN: 神経性無食欲症 [Anorexia nervosa]

AS: アスペルガー症候群 [Asperger Syndrome]

APD: 回避性パーソナリティ障害 [Avoidant Personality Disorder] / 不安パーソナリティ障害 [Anxious Personality Disorder]

ASD: 自閉症スペクトラム障害 [Autistic Spectrum Disorder] / 急性ストレス障害 [Acute Stress Disorder]

ASPD: 反社会性パーソナリティ障害 [Antisocial Personality Disorder]

ASPS: 睡眠相前進症候群 [Advanced sleep phase syndrome]

AUD: アルコール使用障害 [Alcohol use disorder]

B

BD: 双極性障害 [Bipolar disorder]

BDD: 身体醜形障害 [Body dysmorphic disorder]

BN: 神経性過食症過食症) [Bulimia nervosa]

BPD: 境界性パーソナリティ障害 [Borderline Personality Disorder]

BPRS: 簡易精神症状評価尺度 [Brief Psychiatric Rating Scale]

BT: 行動療法 [Behavioural Therapy]

C

CBT: 認知行動療法 [Cognitive Behavioral Therapy]

CCT: 来談者中心療法 [Client-Centered Therapy]

CDD: 小児期崩壊障害 [Childhood Disintegrative Disorder]

CFIDS: 慢性疲労免疫不全症候群 [Chronic Fatigue and Immune Dysfunction Syndrome]

CFS: 慢性疲労症候群 [Chronic Fatigue Syndrome]

CP: 臨床心理士 [Clinical Psychologist] / 脳性麻痺 [Cerebral palsy] / 厳格な親の心 [Critical Parent](エゴグラム

C-PTSD: 複雑性PTSD [Complex post-traumatic stress disorder]

CT: 認知療法 [Cognitive Therapy] / コンピュータ断層撮影 [Computed Tomography]

D

DA: 発達年齢 [Developmental Age]

DBT: 弁証法的行動療法 [Dialectical Behavior Therapy]

DCD: 発達性協調運動障害 [Developmental coordination disorder]

DESNOS: 特定不能の極度ストレス障害 [Disorder of Extreme Stress not otherwise specified]

DD: 解離性障害 [Dissociative Disorder] / 気分変調性障害 [Dysthymic Disorder] / 発達障害 [Developmental disability]

DDNOS: 特定不能の解離性障害 [Dissociative disorders not otherwise specified]

DD-NOS: 特定不能のうつ病障害 [Depressive disorder not otherwise specified]

DID: 解離性同一性障害 [Dissociative Identity Disorder]

DIQ: 偏差知能指数 [Deviation IQ]

DMDD: 破壊的気分調節不全障害 [Disruptive Mood Dysregulation Disorder]

DPD: 依存パーソナリティ障害 [Dependent Personality Disorder] / 抑うつパーソナリティ障害 [Depressive Personality Disorder]

DSM: 精神障害の診断と統計マニュアル [Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders]

DSPS: 睡眠相後退症候群 [Delayed sleep phase syndrome]

DQ: 発達指数 [Developmental Quotient]

E

ECT: 電気痙攣療法 [Electroconvulsive therapy]

ED: 摂食障害 [Eating Disorder] / 勃起障害 [Erectile Dysfunction]

EEG: 脳波 [Electroencephalogram]

EFT: 感情焦点化療法 [Emotionally focused therapy]

EMDR: 眼球運動による脱感作と再処理法 [Eye Movement Desensitization and Reprocessing]

EPS: 錐体外路症状 [extrapyramidal symptom]

EUPD: 情緒不安定性人格障害 [Emotionally Unstable Personality Disorder]

F

FAS: 胎児アルコール症候群 [Fetal alcohol syndrome]

FASD: 胎児アルコールスペクトラム障害 [Fetal Alcohol Spectrum Disorders]

FC: 自由子どもの心 [Free Child](エゴグラム

FD: 注意記憶 [Freedom from Distractibility](WISC)

FIQ: 全検査IQ [full scale IQ]

FM: 線維筋痛症 [Fibromyalgia]

FMS: 線維筋痛症 [Fibromyalgia Syndrome]

FT: 家族療法 [Family therapy]

FXS: 脆弱X症候群 [fragile X syndrome]

G

GAD: 全般性不安障害 [Generalized Anxiety Disorder]

GH: 幻聴 [Gehörshalluzination]

GID: 性同一性障害 [Gender Identity Disorder]

GLA: 全般性不安障害 [Generalized Anxiety Disorder]

H

HFA/HA: 高機能自閉症 [High-Functioning Autism]

HFPDD: 高機能広汎性発達障害 [High Functioning Pervasive Developmental Disorder]

HPD: 演技性パーソナリティ障害 [Histrionic Personality Disorder]

I

IBS: 過敏性腸症候群 [Irritable Bowel Syndrome]

ICD: 疾病及び関連保健問題の国際統計分類 [International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems]

ID: 知的障害 [Intellectual Disability]

IP: 患者とみなされた人 [Identified Patient](家族療法での用語

IQ: 知能指数 [Intelligence Quotient]

J
K

K-ABC: [Kaufman Assessment Battery for Children]

L

LD: 学習障害 [Learning Disabilities]

M

MA: 精神年齢 [mental age]

MAO: モノアミン酸化酵素 [monoamine oxidases]

MAOI: MAO阻害剤 [monoamine oxidase inhibitor]

MBCT: マインドフルネス認知療法 [Mindfulness-based cognitive therapy]

MBSR: マインドフルネスストレス低減法 [Mindfulness Based Stress Reduction]

MD: 仮面うつ病 [masked depression]

MDD: 大うつ病障害 [major depressive disorder]

MDI: 躁うつ病 [Manic Depressive Illness]

MR: 精神発達遅滞 [mental retardation]

MRI: 核磁気共鳴画像法 [magnetic resonance imaging]

MSLT: 反復睡眠潜時検査 [multiple sleep latency test]

MTBI: 軽度外傷性脳損傷 [mild Traumatic Brain Injury]

N

NaSSA: ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動抗うつ薬 [Noradrenergic and specific serotonergic antidepressant]

NDRI: ノルアドレナリンドパミン再取り込み阻害薬 [Norepinephrine-Dopamine Reuptake Inhibitors]

NLP: 神経言語プログラミング [Neuro-Linguistic Programming]

NP: 保護的な親の心 [Nurturing Parent](エゴグラム

NPD: 自己愛パーソナリティ障害 [Narcissistic Personality Disorder]

NT: 物語療法/ナラティブセラピー [Narrative therapy]

O

OCD: 強迫性障害 [Obsessive Compulsive Disorder]

OCPD: 強迫性パーソナリティ障害 [Obsessive-Compulsive personality Disorder]

OT: 作業療法 [Occupational therapy] / 光トポグラフィ [optical topography]

OTC: 市販薬 [Over The Counter]

P

PANSS: 陽性・陰性症状評価尺度 [Positive and Negative Symptom Scale]

PCA: 人間中心療法/パーソンセンターアプローチ [Person-Centered Approach:PCA]

PD: パニック障害 [Panic disorder] / パーソナリティ障害 [Personality disorder]

PDD: 広汎性発達障害 [Pervasive Developmental Disorder]

PDD-NOS: 特定不能の広汎性発達障害 [Pervasive Developmental Disorder - Not Otherwise Specified]

PDNOS: 特定不能のパーソナリティ障害 [Personality Disorder Not Otherwise Specified]

PE: 持続エクスポージャー法 [Prolonged Exposure]

PET: ポジトロン断層法 [positron emission tomography]

PIQ: 動作性IQ [performance IQ]

PMDD: 月経不快気分障害 [Premenstrual Dysphoric Disorder]

PMS: 月経前症候群 [Premenstrual Syndrome]

PMT: 月経前緊張症 [Premenstrual Tension]

PO: 知覚統合 [perceptual organization](WAIS / WISC)

PPD: 妄想パーソナリティ障害 [Paranoid Personality Disorder]

PS: 処理速度 [processing speed](WAIS / WISC)

PSD: 心身症 [Psychosomatic disease]

PTG: 外傷後成長 [Post Traumatic Growth]

PTSD: 心的外傷後ストレス障害 [Post-traumatic Stress Disorder]

Q
R

REBT: 理性感情行動療法 [Rational emotive behavior therapy]

RLS: むずむず脚症候群 [restless legs syndrome]

RT: 現実療法 [Reality therapy] / 論理療法 [Rational therapy]

S

SA: システムズ・アプローチ [Systems Aproach]

SAD: 社会不安障害 [Social Anxiety Disorder] / 季節性情動障害 [Seasonal Affective Disorder]

SARI: トリアゾロピリジン抗うつ薬 [Serotonin antagonist and reuptake inhibitor]

SAS: 睡眠時無呼吸症候群 [Sleep apnea syndrome]

SD: 身体表現障害 [Somatoform Disorder]

SDA: セロトニンドパミン拮抗薬 [Serotonin-Dopamine Antagonist]

SLD: 限局性学習症/限局性学習障害 [Specific learning disorder]

SLTA: 標準失語症検査 [Standard Language Test of Aphasia]

SMIT: 自己洞察瞑想療法 [Self Insight Meditation Technology/Therapy]

SNRI: セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬 [Serotonin and Norepinephrine Reuptake Inhibitors]

SPECT: 単一光子放射断層撮影 [Single photon emission computed tomography]

SPD: スキゾイドパーソナリティ障害 [Schizoid Personality Disorder] / サディスティックパーソナリティ障害 [Sadistic Personality Disorder]

SRS: 性別適合手術 [Sex Reassignment Surgery]

SSRE: 選択的セロトニン再取り込み促進薬 [Selective serotonin reuptake enhancer]

SSRI: 選択的セロトニン再取り込阻害薬 [Selective serotonin reuptake inhibitors]

SST: ソーシャルスキルトレーニング/社会生活技能訓練 [Social Skills Training]

T

TA: 交流分析 [Transactional Analysis]

TBI: 外傷性脳損傷 [Traumatic brain injury]

TCA: 三環系抗うつ薬 [Tricyclic Antidepressants]

TS: トゥレット症候群 [Tourette Syndrome]

U
V

VC: 言語理解 [verbal comprehension](WAIS / WISC)

VIQ: 言語性IQ [verbal IQ]

W

WAIS: ウェクスラー人知検査 [Wechsler Adult Intelligence Scale]

WHO: 世界保健機関

WISC: WISC知能検査 [Wechsler Intelligence Scale for Children]

WPPSI: WPPSI知能診断検査 [Wechsler Preschool and Primary Scale of Intelligence]

WM: 作動記憶 [working memory](WAIS)

X
Y
Z

2015-08-12

最弱女子大生がつらつら考えた色んなこと

思考を整理したい気分なので、今まで溜め込んだ分の総決算も兼ねて書き殴ろうと思う(ネットの良いところでもあり、悪いところでもあるのは、思いっき利己的に何かを表現できることだ。)。

せっかくなので甘やかされて世間知らずな女子大生の私が、最弱で甘ったれ過去自分に向けて言い聞かせたいことをつらつら書いた。滅茶苦茶に、自分勝手に、たとえ矛盾がそこかしこにあっても、便所の落書きからしょうがない。

念の為、諸々の主義主張から出来るだけ離れて、中間的な立ち位置で語ろうとしているが、個人的恨みを多分に含んだものであることはご承知おき願いたい。

経験がなくても、大学生になったら化粧を始めた方が後々困らない。勿論、肌が弱い人など、出来ない人はそれでいい。化粧は肌を痛めつけてまでするものでもない。

ただ健康な肌の人は、面倒でも化粧をしよう。ブスでも化粧をすれば、一応きちんとした女性に見られる(言うまでもなく、世の中は見た目が9割だけど)。入学前に少し練習するだけで、基礎はきちんと身につけられるので大丈夫

大学生になると、年上の大人と接する機会がぐんと増える。そういう人にきちんとした大学生として見られたかったら、薄くても化粧をすることは有効手段である就活でも、化粧は必須である一般的に「世の中の女性は化粧をしているもの」という前提があることをよく覚えておこう。「女性」として見られるためにも、化粧という要素は重要である

・お洒落のことが分からなくても、何とかなる。流行が分からなくても、オフィスカジュアルを参考にして服を買えば何となくきちんとして見える。

洒落好きな人は目一杯好きな服を着よう。好き勝手に服を着られるのは多分大学生のうちだけである。ただ、就活ことなども考えると、「スーツじゃないけどきちんと見える服」を一揃い持っておくのが安心であるインターンシップ、実習、学会など、意外ときちっとしなきゃならない機会は多いのである

残念ながら、「女性」というものキレイ系の服を着て、ヒールで軽やかに闊歩することが理想形とされてしまっているので、おせっかいなおじさま達に女子力のことを心配されたくなかったら、適度に着飾っておくのがいいかもしれない。

もし服装について、地味だとかつまらないとか言われてもへこたれないようにしよう。そういうことを言ってくる中年男性もたまにいるが、もっと着飾った方がお好みですか、と言いたい気持ちをそっと抑えて、笑いながら適当な返しをするのがベストである

いちいち腹を立てて苛々するのは時間無駄でもある。こういう時はどれだけスルーできるかが重要である

・どんなにパニックになっても、年上の人の前では泣かないように気をつけよう。泣き虫な人は、気をつけて止まる涙ではないけれど、一度の失態を何度もネタにして笑う人もいることを覚えておこう(事実私はもう2,3年ネタにされて笑われている)。女の涙は武器、は古典ギャグであるので、意地でも泣かない方がいい。例え、月経前症候群情緒不安定だったとしても、何の理由にはならないので。学生の内に泣かないようになる訓練は絶対必要であるちょっとでも弱味を見せると途端に喜ぶ大人はいる。もし失敗して、笑顔でちくちくからかわれても慌ててはいけない。そういう人は大抵どこかで不幸だ。

・世の中には面倒くさい絡み方をしてくる大人(偏見かもしれないが多くは中年男性)が結構いる。残念ながら、相手が若い女の子というだけで気が大きくなる人や悪意なく人を追い詰めてくる人間存在している。セクハラ(パワハラ)の基準は難しいけれど、相当潔癖に考えれば世の中はセクハラ(パワハラ)だらけであるしかし、細かいことにいちいち憤っていては身がもたない。個人的許容範囲を少し広めに取り、スルースキルを磨いておくのがいいかもしれない。きっとこちらもそれなりに失礼なことを言っているかもしれないので、大らかに生きた方が人生はやりやすい。

ただ、どうしても我慢が出来ないことを言われたりされたりしたら、社会的に相手を殺す勢いでやり返そう。ただ単純に怒るより、正当な手順で追及した方が相手へのダメージが大きい。どんな人間にも、堪忍袋の緒が切れる瞬間があるのだから、正当に怒る権利はある。

そして、自分が面倒くさい大人にならないように気をつけよう。人間どこで恨みを買うか分からず、些細なイジリでも、包丁で刺される原因になることを心に留めておくべきである

お酒の席での振る舞い方を覚えていると、ストレスが軽減される。いわゆるコミュ障人間は、面倒くさい大人からいかに上手に逃げるか、という点に重点を置くといいと思う。普段いい人でも、酔うと面倒になる人間はいる。何を言われても華麗にスルーして、適度に愛想に溢れた対応を心がけよう。女の子愛嬌が求められるので、思ってもないことを笑顔で言うスキルを身に付けるのがオススメである。嫌かもしれないが、お酌の仕方なんかも覚えておいて損はないだろう。女の子がうまく世渡りするためには、使える手札は多い方がいいかもしれない。

ただ、お酒の席でこそ聞けることや話せることもある。飲みニケーション過大評価するつもりはないが、コネやツテの恩恵にあずかりたければ、適度に飲み会に参加するのも一つの手でもある。

・「女」だというだけで、なめられたり下に見られることは、残念ながら今もある。大学生若い女の子なら尚更そうである。「女」であることは脱ぎ捨てられないので、悪意や批判真正から受け止めずに、上手に意識を逸らしたり、開き直ったりする能力必要になる。

ただ、女ならではの楽しみというのも結構あるので、女であることを無理に抑圧する必要はないと思う。性別のことで悩むことがあっても、自分を責めたり悲観することはない。性別ときでごちゃごちゃ言う人間は、所詮その程度の人間から

・心にもないことを、愛想よく笑顔で言う能力というのは、特に年上の男性に対して結構役に立つ。カチンとくることを言われても、嫌だなあと思うことを言われても、その能力さえあれば波風立てずに一応コミュニケーションができる。我慢しないのが一番いいけれど、大人になるには我慢が必要だ。世の中は理不尽に満ち満ちている。

本当はぶち切れそうになるくらい怒っていても、ぐっと堪える精神力必要である。口ごたえする女の子は、一般的にはあまりまれない。精神的に同じステージに立たないように、上手くストレス分散させよう。

ちょっと傷付くことはたくさんある。擦り傷が積み重なると、結構心が疲れる(今これを書いてる私のように)。傷付くことは悪くない。体の強弱があるように、心の強弱にも個人差がある。心が弱いことは悪いことではないと思う。ただ、傷ついたまま折れっぱなしというのは、社会適応するためにはよろしくない。そういうダメージをうまく癒せる方法を手に入れよう。思い切り打ち込める趣味とか、大好きな音楽、美味しい食べ物…何かしらの自分領域は作っておいた方がいい。お風呂場で思いっきり泣くのも一つの手かもしれない。

嫌なことを真正から全部受け止める必要はない。許される範囲で受け流したり、逃げたりすると少し楽。甘ったれのまま育ってしまった過去はもう変えられないので、少しづつ強かになる訓練をしよう。スーパーポジティブになる必要はない。ちょっとした心の傷を自己修復できるようになると、肩の力を抜いて生きていけるようになる。

理不尽なことだらけ、と言ったけれど、世の中には意外とラッキーなこともあるし、優しい人もいる。人間から些細なことで一喜一憂する権利はあると思う。幸か不幸か、筋金入りの甘ったれなので、小さなことで落ち込むし、小さなことで喜ぶ。感受性には個人差があるから、許されると思う。というか、思いたい。


※追記

叩かれてるだろうな~と思って怖くてページが開けませんでした。ブクマコメがいっぱいでした。びっくりしました。

思ったより優しいコメントがあって泣きました。ありがとう。見知らぬ貴方言葉で私の心は救われています

疑われているようですが、一応現役女子大生です。男社会学問は中々辛いこともあります量産型女子になれたらもうちょっと防御力高かったかな。

読み直してみたらこれ、確かに「問題のあるレストラン」思い出しますね。少ししか見ていなかったけど、心に突き刺さるドラマでした。

とりあえず小心者なので、もう少しスルースキルを磨いて、軽やかに、豪快に生きていきたいです。早く大人になりたいな。

ただ、女性として生きることは悲しんでないです。世の中にウケやす女性自分が少しずれてるってだけで、自由気ままに私として生きる分には楽しいので。お化粧もお洒落も、自分の好きなことな楽しいです。

とりあえず、世の中にもし私のような「最弱」さんがいたとして、この走り書きを見て何かを思ってくれたなら、それだけで書いた甲斐があります

2015-06-26

http://anond.hatelabo.jp/20150626023557

生理の時の症状は個人でかなり違ってるのよ。

生理の軽い人と重い人の間には完全な断絶があるくらい。

同性間でもそんななのに、さら無理解であろう男に何か言われるのはかなーりむかつくよ。

ほっといて。

あとね、生理じゃなくPMS月経前症候群←つまり現在生理中ではない)でそうなってる人もいるので

イライラ生理中って決め付けるのは失礼ってレベルじゃないからヤバイから

生理中?」って絶対口に出すんじゃないよ。

気をつけてね。

2014-01-27

心療内科精神科に行く前に内科へ行け、食生活を見直せ

何だか気分が憂鬱で…」って症状で精神系を疑う人が多いけど、それは大きな間違いだ。

まずは食生活を見直そう、「それができないから病院行こうとしてるんじゃないか」って言われそうだけどそんな意識じゃ精神科心療内科へ通院しても治らないよ。

薬はあくまで手助けでしかないし、本人の強い意思がなきゃ病気なんて治らない。特に精神系はね。

炭水化物コンビニスーパー惣菜インスタント食品ばかりの生活じゃ栄養不足(鉄やビタミンBなど)でうつになる可能性だってあるし、砂糖炭水化物ばかり食べてる人なら低血糖症の可能性だってある。

食生活の見直しで改善される場合があるし、最近では心療内科でも栄養療法を中心とした病院もあるらしい。

あとうつに近い症状がでる身体疾患って結構ある。甲状腺疾患、PMS月経前症候群膠原病パーキンソン病肝炎更年期障害、癌など…。

身体疾患が原因なのに抗うつ薬を飲んだって効果はないし、誤診したままだと最悪命にかかわるかもしれない。

現在病院受診していて薬に不信感を覚えてる人も身体疾患を一度は疑った方が良い。

個人的に、何をしてもだめでどの検査をしても異常なしだった人以外は心療内科精神科受診しないほうが良い。

あの手の薬って効かない人はまったく効かないし、逆効果になることもある(自殺未遂暴力的になったり別の病気になったり)医者患者もっと慎重になるべきなんだよ。

精神薬をなくせ! ってわけではないよ、救われてる人だって大勢いるしね。

2013-11-17

ボーダーだと思っていた女性PMSだったかもしれない

http://anond.hatelabo.jp/20131116224742

これに書いてある内容が元カノ完全に一致する。

定期的に情緒不安定になって、死ねよこの糞ボーダー女、と思って別れたが、

もし月経前症候群だったとしたら…

女性にはメンヘラが多いと言われることがあるが、そのかなりの割合が、

月経前症候群で不調な女性勘違いしたものなのかもしれない。

2010-04-30

http://anond.hatelabo.jp/20100430155902

月経前症候群で誰のでもいいからぶっ潰してやりたくなるくらい不機嫌。

誰「の」でも

って何?

風邪で喉が痛い。更に月経前症候群で誰のでもいいからぶっ潰してやりたくなるくらい不機嫌。

で、頭が痛い。これはバファリンかな。

2010-01-19

http://anond.hatelabo.jp/20100119190428

自分女性じゃないので、もう一つ実感がないのだがとりあえず場つなぎにでも書いておく。

生理で関節痛が起こる人はあまり多くないような気がする。

自分の知っている限りでは、生理で関節痛を訴える女性はいなかった。

そのへんがもしかしたらポイントになるかも。

生理 関節痛」でぐぐると下記のようなページがあたってくる。

生理前のこんな症状で悩んでる方いませんか?

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0202/223342.htm?g=03

もしも水分貯留ならむくみや体重増加があるはず。

月経前症候群を軽くする方法を教えて下さい。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212101587

ピルは効く人が多いみたいだ。

2009-05-25

http://anond.hatelabo.jp/20090525172619

横だけど、婦人科にも色々あって、月経前症候群についてはきちんと話を聞いてくれるところもあれば「専門分野じゃないし」みたいな対応されるところもある。

気分の変化(鬱っぽくなる、イライラする等)が主症状だと特にそんな感じ。

もし最初にかかった医者で納得いかない対応されても、めげずに他のお医者さんを探してみてね。

元増田さんは日記つけてるみたいだから、気分の変化の記録はもうつけてるようなものだよね。

それにあわせて、まだつけてないなら基礎体温記録も始めるのをお勧めするよ。

そうしながら丁寧に対応してくれる婦人科、親身になってくれる医者を探してけばいい。

私は結局婦人科では近場に丁寧に対応してくれる医者が見つからず、メンタルクリニックで軽い安定剤を出してもらってる。

ちょっと遠い産婦人科生理不順を整える漢方薬を出してもらいつつ、しんどい時期は安定剤でしのいで、身体とホルモンの調子が改善されるのをじっと待ってる感じ。

元増田さんには良いお医者さんが見つかるといいね。

とりあえず婦人科

月経前症候群」で検索すれば、いろいろな情報が出てくるよ。

http://anond.hatelabo.jp/20090525155612

2009-04-10

http://anond.hatelabo.jp/20090410184851

補足しておくと月経前症候群、毎月生理前になると情緒不安定・微熱吐き気耳鳴りとか人によって色々出る。

それぞれの症状の複合もある。

更年期障害ホルモンバランス関係が有るので月経前症候群に近いかもしれない。

それが年単位で続く。

男性更年期が有るそうだけど女性より緩やかだから顕著な症状は出にくいらしい。

生理も人によって重い軽い有るけど重い人は貧血になるし、生理痛だって腹痛のほか腰痛頭痛人によって色々有る。

生理痛の痛みは理解できないとよく聞くけど、内蔵をわしづかみされるような痛みを感じる。

波が有るものの立っていることが困難なこともままある。それも毎月。

なら生理が来なければいいと思うこともあるけれども生理不順になれば不順になるだけ病気の可能性もあるだけに不安になる。

来たら来たで情緒不安定がひどくなる。

月経が有るうちは生理用品は嫌でも買わないといけない。

血で寝具を汚しそうで夜落ち着いて寝られないこともある。

出産の痛みは男性には耐えられないとか聞く。

経験がないから実際どうなのかは解らないけれども聞くところによると鼻に大根を無理矢理突っ込むような痛みだとか聞いたことが有る。

でも女には金玉攻撃された時の苦痛は理解できない。金玉無いから。

でもそれって女性器もないし妊娠することもないから生理痛出産の痛みが男には解らないというのと同じだよ。

女性病気になりにくいと言うけれども婦人病と呼ばれてるような女性がなりやすい病気というのも沢山ある。

乳がんで有ったり、骨粗鬆症であったり。

女性前立腺関連の病気がおこらない代わりに女性固有の器官の病気だっていろいろある。

http://www.k-salad.com/dic_trouble/condition09.shtml

女だから優遇されてるとか男だから病気になりやすいとかナンセンスだと思う。

「女」はストレスや痛みに強いという生物学的な利点は有るかもしれないけど、

男女どっちの性でも有利・不利が有るのにと思ってやまない。

で、生理痛PMSを引き取ってくれるなら元増田と性別交代していいよwマジで

温泉旅行行っても生理に当たると入れないし。

http://anond.hatelabo.jp/20090410181601

男がうらやましい。

生理痛月経前症候群情緒不安定も便秘癖もなくて。

TPOの名の元に毛の処理や化粧に追われ、化粧品や服も一々金がかかるが男より収入が低いことも多い。

そして常に「女のくせに生意気だ」がまとわりつく。

どっちもどっちのないものねだりだよ。

正直生理痛月経前症候群の辛さが消えるなら男になりたい。

母の更年期障害がひどかったせいで更年期障害も怖い。

出産も怖い。

2009-04-07

http://anond.hatelabo.jp/20090407000456

「私生理前は感情の起伏が激しくなるかもしれませんのでどうぞよろしく」なんて言えないよなぁ、とか。

断っておいたとしても「使えねぇ」とか思われないだろうか、とか。

毎月似たようなことを考えてます。

体調が辛いときに生理なのでと伝えたことはありますが、情緒不安定になるということまでは言えません。

言えたとしても、相手(男性)も対応に困るだろうとなとか、いろいろ考えてしまいます。

女子同士でも、症状に個人差があるせいで理解されなかったこともありましたから。

http://www.keiko-clinic.net/column0603.html

PMS(月経前症候群)とPMDD(月経不快気分障害)は「月経前から現れ月経が始まると消える症候群」と定義され ています。

月経前」というのは数時間という単位ではなく、短くても 3日ぐらい前から出てくるもので、

長い場合は排卵の直後ぐらいから症状 が出て、月経が始まった翌日ぐらいまで続くということもあります。

患者さんからの訴えは多岐にわたっています。身体症状では下腹部痛、 下腹部の膨満感、頭痛吐き気嘔吐

お乳が張ったり過敏になったりする、手足がむくむ、ニキビ便秘下痢、のぼせ、倦怠感、体重増加などが主な症状です。

ちょっと変わった症状としては食欲の異常亢進や逆の不振、嗜好の変化(甘いものや炭水化物が食べたくなる)というのも結構あります。

精神症状ではうつ、情緒不安定、過敏、緊張、睡眠の変化(不眠、過眠)、 集中力や判断力の低下などがよく見られるもので、

ちょっとしたことで 泣く、あるいは号泣するなどということもあるようです。

症状によっては薬を飲んだり、衝動コントロールするように勤めて対処できますが、直しようのない症状もあるそうです。

もう少し研究進んでくれないかな。

「なんとなく月経前の女性はいつもと様子が違うかもしれない」

家族恋人など身近な女性の様子から、なんとなくそう感じたことのある男性はいると思います。

でも、その症状に病名がついてることや、人によってはかなり辛い思いをしていることなど、詳しいことまで知ってる人はそれほどいないのではないかと。

PMS(月経前症候群)を認知している上司はいるのか?

だから女は、とか言われてしまうのは嫌なのですが

単純にPMSを知っている上司(男性)はどれくらいいるのでしょうか。

私は月経前は必ず頭痛と体がだるくなり気分の落ち込みとイライラが激しくなります。

社会人としてそれは我慢すべきコントロールすべきだとは思いますが、静かにしていてもオーラは感じるのか、その時期になると「今、機嫌悪いでしょ」とか「怒ってる?」と上司に言われます。

私はコントロールしているつもりでも、上司にそんな事を言われるくらいイライラしてるように見えるのか…と思ってまた気分は落ちていきます。

私の症状はきっと軽い方だと思っていますが、世の中の働く女性仕事中に月経前のイライラや体調の不安定さと戦う方がたくさんいると思います。

毎月お休みを頂くわけにもいきません。

そこで気になってくるのが女性の部下を持つ上司は、PMS認識があるのかないのか、という疑問。

知っている方は非常にありがたいのですが、おそらく知らない方もいるのではないでしょうか。

「私生理前は感情の起伏が激しくなるかもしれませんのでどうぞよろしく」なんて言えないよなぁ、とか。

断っておいたとしても「使えねぇ」とか思われないだろうか、とか。

女性の部下を持っている上司はPMSを少しでも理解してほしいと願うばかりです。。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん