「客室乗務員」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 客室乗務員とは

2019-05-02

赤の他人に面と向かって「お前が言うな」という人

このニュースを見て、去年旅行帰りの飛行機で隣の席に座った人とのやり取りを思い出した。


成田行きアリタリア機で3人軽傷 客室乗務員、乱気流か

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44405300S9A500C1000000/


これとシチュエーションが似ていて、ヨーロッパ日本行きの飛行機の中。違うのは時間帯で、着陸4時間くらい前、日本時間で深夜の時間帯。


上空で緩い乱気流に突中したみたいで、機体がそこそこ揺れだし、間もなく機長のアナウンスと共にシートベルト着用サインが出た。


自分は中々寝付けず、目の前の椅子備え付けのタブレットっぽい端末で映画を見ていて、隣の人はフードをかぶって目隠しして寝ていた。


シートベルト着用サインが出て間もなく、隣の人に「あの、すみませんシートベルト着用サインが出ましたよ」と伝えたら、


『うるせぇな!!! あなたはそれをいう立場じゃないでしょ!?』と凄い剣幕で返された。


言い返すと口論になることは予想できたので、それ以上自分は何も言わず会話はそこで終わった。


その後着陸した後、降機許可が出て間もなくその人はそそくさと行ってしまった。



うーん、知らぬ他人に注意されてこういう返しをする人の心理は、一体何なんだろうね。


普段は見知らぬ他人にこういう事はまず言わないんだけど、それでもこの時言わないといけないと思った理由は、


(1)状況が飛行機の搭乗中。命を預けている客として、機長の命令絶対から


(2)乱気流でその人がこちらに降ってきて自分がケガをする可能性があったか


(3)自分だけでなく、ほかの人も巻き込んで2次被害が出る恐れがあったか


といった具合。


思うに、寝ていた所を小言で起こされて腹の虫の居所が悪かったのと、言葉の通り「一客のお前が偉そうに言うな」という事なんだろうけど、


遅かれ早かれこういう人は、人生のどこかで必ず痛い目に遭うか、最悪の場合死ぬと思ってる。


どちらかと言うと、そういう人は出来る限り他人迷惑をかけないように独りで死んで欲しい。


もしそうなったら「ざまあみろ」と「哀れだな」という気持ちが半々くらい。


良い経験になったので、次からキャビンアテンダントを呼んで注意してもらうことにしよう。逆恨みされて、空港外で刺されても困るし。

2019-03-06

偏見ですが

日本客室乗務員って金持ちメンズ出会うことが目的みたいな仕事から

スッピン仕事するとか有り得んでしょ

2019-02-18

厳しすぎる職業倫理が「バイトテロ」を生む

バイトテロ雑感 - ←ズイショ→

http://zuisho.hatenadiary.jp/entry/2019/02/15/203839

しろバカッター」が少ないことに驚く - シロクマの屑籠

https://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20190217/1550390275

 

この二人を読み比べると、自分は完全にズイショ氏の方に同感なのだけど、ブックマークだけだと書ききれないことも多いので、こっちで書いてみる。なお、id持ってるのになぜ自分ブログで書かないのかというと、ブログで書くと情と執着が移るから嫌、というだけの理由である

 

自分仕事海外出張が多く、実はこの文章日曜日の昼に外国で書いているのだが、海外接客業店員に接すると、日本と比べて驚くほど職業倫理が低いと感じる。コンビニ店員はガムを噛んでスマホを見ながら接客するのが普通であるし、ファストフードで注文をすっぽかされても"Sorry! We will do it now."の一言で終わりである。あるときなど、客の少ない時間帯の大手ドラッグストア雑貨店を兼ねている)では、店員同士が売り物のゴムボールバレーボールをして遊んでいた。微笑ましいものである

 

また、雇用者の側も、ある程度の「あそび」「緩さ」をアルバイト定員には許容している部分がある。アメリカマクドナルドCMでは、就業時間中に「俺、念願だった大学合格したんだ!!」と言ったアルバイト高校生を、クルー全員が拍手喝采してお祝い(英語で言う"Applause!"だ)するシーンがある。

  

これらは、日本であれば炎上したり、あるいは炎上を期待して「拡散」されたりしかねないことである

などと書かれてもおかしくない。

 

このような日本特殊さの元凶の一つは、「先生に言ってやろう」「世間に言いつけてやる」という日本人の多罰的傾向にあると思う。日本人は、クレーム相手に直接言えないチキン性格なので、自分が受けた不愉快や、自分が感じた不平等さ(例えば「自分職業倫理に縛られて生きているのに、なんでアルバイトあいつらは自由にしているんだ?!」という怒り)を、「先生」や「雇用者」や「世間」「マスコミ」に言いつけることで溜飲を下げる。そして、そのような「言いつけてやる」行為が、正義だと見なされている。

 

ところが、外国特に念頭に置いているのはアメリカであるが)では、そうはいかない。自分利害関係者でないのに他人の非倫理的行為告発して溜飲を下げるのは、どちらかと言えば「卑怯な」行為とみなされる。そんな「告発者」は"mind your own business!"と言われるだけである。また、自分が直接被害を受けていないことに対して、憤ったり「言いつけ」たりしてやろうという発想がそもそもないのである(逆に、直接の被害を受けたのであれば、その場で immediately に抗議すべきだ。「上」や「世間」に言いつけて叱ってもらうなんて悠長なことは言っていられない)

 

私は、実害のある「バイトテロ」と実害の無い「アルバイト店員のおふざけ」とは峻別すべきであると考えるし、今後の日本社会が今までのような窮屈な職業倫理アルバイト店員に求められるような社会はいられないと考えている。実害のある「バイトテロ」は許されるべきものではないが、それとは全く別個に自分に直接の利害が無いことにまで「世間に言いつけてやって」溜飲を下げようとするその他大勢の人々の行為意味がないと考えている。なぜなら、彼らのそのような行為は、「自分職業倫理に縛られて生きているのに、なんでアルバイトあいつらは自由にしているんだ?!」という僻みからまれる部分が大きく、自分強制されている職業倫理理不尽さについて、使用者教師に対して抗議して適正水準に是正するという正しい問題解決道筋から目をそらしてしまっているかである

 

たぶん、日本人口に占める外国人の割合が今よりずっと増えているであろう10年後には、日本流の接客過剰サービスや、サービス本質関係ない職業倫理や、感情労働の類は、今よりもだいぶ廃れているものと思われる。外国労働者は労働に対して合理的な考えを持っているので、お客に実害を与えるわけではないのに、儀式やしぐさを強制されるのは理解できない。おそらくそれらの、「お客様に気を使った」振る舞いは、ガラパゴス的な宗教儀式のようなものとして無意味ものとなっていくことだろう。そしてそうなった時代には、アルバイト店員の振る舞いにはアルバイト店員なりの「緩さ」「適当さ」が許容されるようになり、それがガス抜きとなることで、実害を生むような「バイトテロ」は減っていくのではないかと期待している。

 

追記

なお、諸外国でも「企業」や「有名人」が炎上することはままある。たとえば先日のユナイテッド航空オーバーブッキング乗客引きずり下ろし事件では、「ユナイテッド航空」が炎上し、多くのSNSユーザが「ユナイテッド航空」の非道さを告発した。だが、実際に乗客を引きずり下ろした客室乗務員警備員の氏名を特定したり、その客室乗務員警備員本人を告発したりするような流れは殆どなかったように思う。この展開は合理的であるユナイテッド航空告発したSNSユーザは、実際にユナイテッド航空顧客である場合が多く、自分たちも同じ目にあったかもしれない、ということが想像できるからである。一方、個々のSNSユーザにとって、客室乗務員警備員本人は、自身人生で直接関わる可能性が殆どない相手であるから、個々人を「特定」したり「告発」したり「言いつけ」たりしても、意味がないのである

(追記2)

自分が前に書いたエントリ

https://anond.hatelabo.jp/20190212141859

バイトテロ」と、「文明人」という幻想

2019-01-30

anond:20190130144211

自分生命安全や今後の人生がおびやかされることに関して、比喩に決まってるなんて言い訳通用しない。

客室乗務員に対して「これは爆弾です、はっはっは」みたいな冗談言うのと一緒で、相手にとってシャレで済まない表現は一切気持ちを汲まずに法的に処理するべき。

だいたい、部下がまじめに仕事しないという根拠加害者言葉しかないのに、なんでそのまま鵜呑みにしちゃってるの?鵜なの?あなたももサイコパスの術中にはまっちゃったの?

2019-01-11

客室乗務員と言えば、女性にとっての花形職業として位置付けられており、女性だけの聖域みたいな感じになってるけど、

どう考えてもこの男女平等社会に不釣り合いだ。

客室乗務員業務は重労働であり、むしろ男性の手を借りたほうが業務効率化の面でメリット享受できるだろう。

海外では男性客室乗務員も珍しくないのに。

雇用側が女性客室乗務員に拘る理由って何なんだろう。

2018-12-03

日本ポリコレって女性限定から男性オーケーな変更が多い

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ポリティカル・コレクトネス

これ見てて思った

性別限定する職業を男女共通で使えるようにするのもポリコレだが↓のように

職業 伝統的な表現 ポリティカル・コレクト表現

議長 chairman chairperson または chair

警察官 policeman police officer

消防官 fireman fire fighter

実業家 businessman businessperson

写真家 cameraman Photographer[要検証 – ノート]

要の人物 key man key person

英語で見ると男性限定表現だったもの女性も使えるようになった例が多い

それに対して日本女性限定名称男性も使えるように変更されたものが多い。

この違いはどこからまれたのか興味深い。

カメラマンビジネスマンキーマンのような海外では既に改定された用語はそのままなのは日本人はマン=男という意識が薄いからだろうか?

従来の用語 中立用語 備考

看護婦

看護士 看護師 2002年保健師助産師看護師法改正男性職業に就いているため。

障害者 障がい者

障碍者 「害」の字が使われていることに不満がある人の感じる悪い印象を回避するため。2001年平成13年)に東京都多摩市最初採用

助産婦 助産師 2002年保健師助産師看護師法改正。ただし現行では資格付与対象女性限定である同法3条)。

保健婦 保健師 2002年保健師助産師看護師法改正

保母

保父 保育士 1999年児童福祉法改正男性職業に就いているため。

スチュワーデス

スチュワード 客室乗務員

フライトアテンダント

キャビンアテンダント (CA) 1996年日本航空が従来の呼称廃止。他社も追随した。世界航空会社では、男性従事している。

土人 先住民 1997年北海道土人保護廃止

トルコ風呂 ソープランド トルコ人留学生、ヌスレットサンジャクリの抗議により、1984年に改称。

肌色 ペールオレンジ

うすだいだい 人種により、肌の色は異なることから

女優 俳優 男優という言葉があるのにもかかわらず、男性のみに俳優という肩書が使われることが多いため。

メクラフランジ 閉止フランジ JISなども改正済み 英語ではblank flange・blind flangeなどと云い、JISでも記号BLと残る

2018-09-02

ガラの悪い黒人のこと

差別は良くないとは思っている。

思い返すと、海外で嫌な気分になった出来事黒人との関わりであった場合が多かった。

ロンドン。一等車乗客用の雑誌を手に取ったところ、客室乗務員黒人男性)にそれはお前が手に取っていいものじゃないという風な扱いを受けた。一等席の利用者だといったところふいっと顔を背けて去っていった。

パリサクレ・クール寺院入口黒人集団がたむろしていた。ミサンガを売りつけようとしてくる。中年黒人男性が私の腕をつかんでぐいぐい引っ張っていこうとした。強い拒絶の言葉を発したところ腕を離した。

黒人さんに助けられたこともあった。

フェニックス空港にて、年配の黒人男性英語をろくに使えなかった自分を助けてくれた。

ベルリンホテルドアマン黒人男性)には凄まじいという他ないようなレベルおもてなしを受けた。

・あと、ニースの駅で応対してくれた黒人女性知的美人さんだった。

ガラの悪い黒人は、ろくな教育を受けていないのだろうと思う。当然だが品の良い黒人さんもいる。個人問題である日本人でも白人でもひどい奴は少なから存在する。

黒人からということで差別するのは良くない。ただ、海外で関わるガラの悪い奴の割合では黒人が高いように感じる。黒人は生まれつきなのだろうか、概して体格が良いし実際、身体能力も高い。だから経験的に、黒人が近づいてくると身構えるようになった。

近付くべきではない人間はどの国にもいる。体の感覚何となくわかる。目つきでもなんとなくわかる。危険性を感じる人間と目を合わせてはならない。すぐに距離をとることが大事である

無理に波長の異なる人々と一緒にいる必要はないのだ。要するに、人種を問わず距離を置いて付き合うことが大切だというのが結論である

2018-08-23

エアアジア機内にて

人が予約した窓際座席に座っていた関西弁の女2人に告ぐ。

客室乗務員に指摘されて、去り際に「他に席が空いているんだから、どこだってええやん」ってボヤいていたが、重要理由があるんだよ。

窓の外を見ていりゃ、お前らのような文字すら読めないアホな連中を見なくて済むんだよ。

わかったかい?

直接言ったらギクシャクするから、ここに記して、気持ちの平静を保つ。

エアアジア価格を低く抑えているが、残念ながら客層のレベルも低いのだろう。ま、利用している自分同類だが。

無事に目的地に着くことを願う。

2018-06-11

anond:20180611002602

イイと思う。傘ね。

でも事が起こって、いろいろニュースで流れてて、

犯人スペックや年齢が判った時点で

凄惨だったろう現場を見もせずに、

そのとき、どんな屈強な怖い人が暴れているのかも冷静に見れるような人がいるだろうか

いたとしたら亡くなった方なのでは。

今頃「傘が」という発想がどんなに良くても、

やや遅きに失した感が否めない。

それに、正当防衛でも相手を、生身の人間を傷つける経験など欲しくない。

もうひとつ。傘を奪われてさらにそれを凶器にされたら?

護身用にとあれこれ考える人がいるけれど、犯罪を犯して暴れるような人間は捨て身か狂ってるかのように思えるし、

そんなのが、逆に護身用の武器を奪って暴れられて、自分が傷つくならまだしも、それで他人を傷つけたりしたら

持ってた人が、立ち直れない程辛くならないだろうか。

自分を守る武器は、奪われたら逆にもっと危ない。

もし犯人ビルダー並みの体躯だったら、それでも傘で攻撃しようと言えましたか

中肉中背の若い男だったので、何とかできないか考えただけなのかなって思う。


客室乗務員に、催涙ガススプレーなど持たせていてもいいような気がする。

でも、悪さをする人はそういうのの置き場所をチェックしてそうだし本当にイタチごっこだな。

2018-05-03

anond:20180503084558

グリーン車でもウルサイがきんちょいるけど

客室乗務員が親にやんわり注意してくれるから助かる

2017-07-01

バニラエア案件類似事前連絡が無かったため搭乗を断られた判例

バニラエアの件で、ブコメでちょくちょく出てくる類似案件判例について簡単にまとめてみた。

2003年出来事であり、バリアフリー新法以前であることに注意。

概要

障害者である原告車いすでの搭乗を航空会社拒否され、債務不履行及び公序良俗に反するという不法行為責任で訴えたが認められなかった。

状況

航空会社言語障害により意思の疎通がスムーズでなく且つ上肢及び下肢に障害があることから、介助者の同行がなければ搭乗できないとした。

判決抜粋
一審

原告には、身体を抱えて移動させるとともに、緊急脱出を円滑に行うという客室乗務員にとって対応困難な援助が必要であるから原告身体状態は、本件規定安全上の理由があることが認められ、被告原告のこのような身体状態を知ったのは、本件飛行便の出発約2時間であるから被告において、原告身体状態考慮した人的、物的な対応を期待するのも無理な状況であったと認定し、被告従業員による留保解除権行使によって原告単独搭乗を拒否したことは、本件規定に基づく正当なものである

控訴審

公共交通機関提供している航空会社であれば、身体障害のある乗客に対し、身体の状況を事前に告知すべきことを要求することはできないところではあるけれども、前記認定控訴人の身体障害状態動作の実情、これまで航空機に搭乗した経験等の諸事実に照らすと、時間的余裕を持って上記の諸事実が被控訴人に知らされていれば、控訴人が単独搭乗することについて必要とされる介助や緊急時の援助態勢に関する検討をすることは十分可能であり、それによって、被控訴人が控訴人の安全確保に関する不安を払拭できたのではないかと推測することができる。

控訴人の前記身体の状況や外観によって控訴人を差別的に取扱い本件搭乗拒否に及んだものではなく、控訴人についての限られた情報時間的余裕のない中で、控訴人には単独搭乗を拒否できる前記特別の援助が必要との判断に基づき本件搭乗拒否に及んだものであって、このことが公序良俗に反するとまでは言えず、本件搭乗拒否について、被控訴人に不法行為責任を問うことはできない。

個人的感想

判例解説

判決は、原告請求棄却したが、事前に連絡すれば、単独搭乗の拒否根拠はないとした判断に意義がある。

とあるように、交通サービスに求められるものがどの程度であるかを示す事例といえるのではないか

航空会社が「介助者の同行がなければ搭乗することができない」と断ってるように介助者が居れば事前連絡必要なかったであろうこと、乗客側の登場経験なども判断対象になりうることなどが分かる。

参考

身体障害者航空機搭乗についての一考察

http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170629092629.pdf?id=ART0009677741

判例時報をもとにした一連のツイート

https://twitter.com/ktgohan/status/880073661780156416

2017-06-29

はてなブックマーク - バニラ・エアに声をあげた障害者に「クレーマー」、広がるバッシングに疑問の声

id:(略)←無知公共交通機関提供している航空会社であれば、身体に障がいのある乗客に対し、身体の状況を事前に告知すべきことを要求することはできない」https://twitter.com/ktgohan/status/880081514070892544

はてなブックマーク - 車いすで飛行機に乗る時は | いすみ鉄道 社長ブログ

貴方敗訴します「公共交通機関提供している航空会社であれば、身体に障がいのある乗客に対し、身体の状況を事前に告知すべきことを要求することはできないところではある」https://twitter.com/ktgohan/status/880081514070892544


https://twitter.com/ktgohan/status/880081514070892544

あとになって見つけましたが、「公共交通機関提供している航空会社であれば、身体に障がいのある乗客に対し、身体の状況を事前に告知すべきことを要求することはできないところではある」(大阪高裁平19(ネ)2425、判例時報2024p20)との判例があり、本来原則こちらです。



これなん?

障害者情報を知らされず搭乗拒否控訴棄却のやつ。

身体障害者航空機搭乗についての一考察

http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170629092629.pdf?id=ART0009677741

判例の引き方を知らないか孫引きで長いから流し読みで略しまくりだけど。


(略)

⑵ 本件に至る経緯
①  原告は、平成15年7月30日から同年8月
4日までの日程でタイ王国バンコク)へ
の旅行計画した。

(略)

②  原告は、前記の予約に際して、両上肢及
び両下肢に障害があって車椅子使用する
こと、言語障害があること、同行者はなく
単独搭乗を予定していることを旅行会社に
伝えず、そのため、被告はこれらの情報を
当日まで知らなかった。

(略)

④  同日午前8時50分ころ、被告日本支社
関西国際空港支店空港カスタマーサービ
ス部長である E は、原告及び B らに対し、
原告は介助者の同行がなければ搭乗するこ
とができない旨告げるとともに、その理由
として、原告言語障害があり、意思の疎
通がスムースにできないこと、上肢及び下
肢に障害があることを挙げた。
   B らは E に対し、搭乗拒否理由につ
いて具体的な説明を求めるとともに、原告状態説明するなどして単独搭乗を認め
るよう要望したものの、E は原告単独搭
乗を認めず、結局、原告SQ973便に搭
乗することができなかった。

(略)

  神戸地裁尼崎支部平成19年8月9日で
は、航空会社である被告原告単独搭乗
を拒否したことについて、原告が、本件搭
乗拒否旅客運送契約上の債務不履行であ
り、かつ、公序良俗に反する不法行為であ
るとして、被告に対して慰謝料等を請求し
た事案において、原告には、身体を抱えて
移動させるとともに、緊急脱出を円滑に行
うという客室乗務員にとって対応困難な援
助が必要であるから原告身体状態は、
本件規定安全上の理由があることが認め
られ、被告原告のこのような身体状態
を知ったのは、本件飛行便の出発約2時間であるから被告において、原告身体状態考慮した人的、物的な対応を期待
するのも無理な状況であったと認定し、被
告従業員による留保解除権行使によって
原告単独搭乗を拒否したことは、本件規
定に基づく正当なものであるとして、原告請求棄却した。そこで原告は、一審判
決を不服として控訴した。

2  大阪高裁平成20年5月29日(控訴棄
却・確定)

(略)

⑴  被控訴人の債務不履行の有無について
   公共交通機関提供している航空会社
であれば、身体障害のある乗客に対し、
身体の状況を事前に告知すべきことを要求
することはできないところではあるけれど
も、前記認定控訴人の身体障害の状
態、動作の実情、これまで航空機に搭乗し
た経験等の諸事実に照らすと、時間的余裕
を持って上記の諸事実が被控訴人に知らさ
れていれば、控訴人が単独搭乗することに
ついて必要とされる介助や緊急時の援助態
勢に関する検討をすることは十分可能であ
り、それによって、被控訴人が控訴人の安
全確保に関する不安を払拭できたのではな
いかと推測することができる。
   しかし、E は、控訴人に対し、D からの
前記報告以外に、その情報を一切知らされ
ていなかったために、SQ973便の搭乗手
続直前の段階における D から情報に基
づいて、前記の検討をした結果、上記のと
おり控訴人に対する介助や緊急時における
控訴人に対する援助態勢について不安を持
ち、介助者の同行を求めるという極めて慎
重な態度をとったものであるが、限られた
情報時間的余裕のない中で、E の取った
対応が、航空会社として不合理に過ぎる判
断であったとまでは言い難いものである。
   以上の点を考え合わせるならば、身体障害のある人の積極的社会参加、そのた
めの移動の自由の確保及び旅客航空機の社
会的役割に着目し、客室乗務員乗客に対
し、これまでに述べた意味での適切な援助
を提供すべきであること等を考慮してもな
お、E が留保解約権を行使して、控訴人に
対する本件搭乗拒否に及んだことが、当該
時点において E が認識していた事実関係
のもとでは、不合理であったとまではいう
ことはできない。
   したがって、本件搭乗拒否が E の故意・
過失による違法判断に基づくものとし
て、被控訴人に対し、その債務不履行責任
を問うことまではできないと言わざるを得
ない。
⑵  本件搭乗拒否公序良俗に反するとして
被控訴人に不法行為責任が生じるか否か)
について
  上記の事案の概要等で摘示した本件搭乗
拒否に至った事情及び判断記載のとお
り、E は、控訴人の前記身体の状況や外観
によって控訴人を差別的に取扱い本件搭乗
拒否に及んだものではなく、控訴人につい
ての限られた情報時間的余裕のない中
で、控訴人には単独搭乗を拒否できる前記
特別の援助が必要との判断に基づき本件搭
乗拒否に及んだものであって、このことが
公序良俗に反するとまでは言えず、本件搭
乗拒否について、被控訴人に不法行為責任
を問うことはできない。
⑶  以上のとおりであるから、原判決結論
において相当であり、本件控訴理由がな
い。よって、主文のとおり判決する。

最初ツイートのは平成19年

後のほうのは控訴棄却平成20年。(事件の日は平成15年

これ同じやつかな。

⑴  被控訴人の債務不履行の有無について

   公共交通機関提供している航空会社

であれば、身体障害のある乗客に対し、

身体の状況を事前に告知すべきことを要求

することはできないところではあるけれど

も、前記認定控訴人の身体障害の状

態、動作の実情、これまで航空機に搭乗し

経験等の諸事実に照らすと、時間的余裕

を持って上記の諸事実が被控訴人に知らさ

れていれば、控訴人が単独搭乗することに

ついて必要とされる介助や緊急時の援助態

勢に関する検討をすることは十分可能であ

り、それによって、被控訴人が控訴人の安

全確保に関する不安を払拭できたのではな

いかと推測することができる。

https://twitter.com/ktgohan/status/880081514070892544

で言われてる原則のあとに「けれども」つってなんか色々続いてるけど。

相当な理由があれば障害の内容については要求可、絶対ダメとはならない感じ。

2016-07-29

例の事件きっかけに。僕は少しだけ考える。<感情労働視点から

わたし精神科看護師をしています

相模原市事件を受けて、様々な意見が出ていて、いろいろと考えさせられています

とくに「重度の障害を持つ方に対するケアワーカーの陰性感情」についての議論には、様々な方向から風が吹き荒れているようにも感じました。

そこで私は、今回の事件を受けて「感情労働」とケアワーカーメンタルヘルスについて、少し整理してみようと思いました。

(様々な論点があると思います犯人病理などについては僕には分かりかねる部分が多すぎるので言及は避けます

感情労働(Emotional Labour)とは 1983 年アメリカ社会学者A.R.ホックシールドにより提唱された概念です。[1]

この概念は非常に有名ですので、ご存じの方も多いと思います

 

肉体労働はその肉体での労働を対価として賃金が発生します。

頭脳労働ではその頭脳での労働を対価として賃金が発生します。

感情労働は――肉体労働頭脳労働と同様にーーその「感情」が賃金と引き替えに売られるのです。

感情が「交換価値」を有していると考える訳です。

言い換えれば、感情労働を行う労働者は「上手にその感情管理し、それを提供し、自らの感情と引き換えに雇用者から賃金を得ている」とも言えるでしょう。

この感情労働を行う労働者としてホックシールドは,客室乗務員さら教師看護師なども例として取り上げていました。

さて、私自身も経験がありますが、重度の障害を持つ方に対し、長期間日常生活ケアを行っていると「穴を掘っては埋める」作業毎日しているような気持ちになることがあります

そんなとき患者(あるいは利用者場合もありますが、ここでは患者統一して表記します)に対して陰性感情がムクムクと湧いてきます

これは、患者自身が強烈なストレスや混乱の中にいて、言い様のない攻撃性を援助者に向けていることとも関連します。

患者が抱えるストレスや混乱と同じような感情看護者は感じてしまうのです。

「なんで、言うことを聞かないんだ!」「どうして、噛みつくの!」「何度言ったらわかるの!」と心のなかで大きな声で叫んだことは数えきれないほどです。

ケアする人とされる人の間にはーーもちろん、その関係に限ったことではありませんがーー「感情対称性」があります

(逆に考えれば、「自分自身感情から患者の感じていることを推察することができる」ともいえます。)

こうした無意識プロセス理解をすることは自身感情コントロールするために役に立ちます

しかしながら、このことに一人で気がつくことは、かなり困難であると私は考えます

感情労働概念や、感情対称性について、ストレスマネジメントについての十分な教育や、あるいはスーパーバイザーを交えたデブリーフィングセッションを行っていく必要があると思うのです。でも、現実には、そうしたことはケアワーカーの間では殆ど行われていません。

積み重ねられた陰性感情は、罪悪感や攻撃性、無力感に変化していきます学習された無力感自尊感情の低下や自己効力感の低下も引き起こします

そして、それらはある日、まるで波が引くようにものすごい力で『反転』することがあるのです。

また、前述までと矛盾するようですが、近年の研究では「感情労働は一概にメンタルヘルスに対して悪影響となるものではなく、顧客スタッフとの相互関係から職場にとって良い影響も与えうる」ともいわれるようになってきています。その肯定的な側面として達成感の向上や患者とのつながり感覚を強めること、職務満足感を高めることなどが述べられているのです。

感情労働はそれそのものが罪な訳ではない」と私は考えます

「よくコントロールされること」「よいものとして認知されるようにすること」が大切なのだと私は思うのです。

介護労働者待遇改善などの労働衛生管理については各所で述べられている通りだと私も思います

しかし、ケアワーカーメンタルヘルスに関しては金銭面だけでは解決できないものもあると私は考えているのです。

私は、今回の事件のもの犯人に対して、ある種の憎らしさや強烈な嫌悪感を感じています

当然、許されることではありません。

ただ、私は同時に、どうして今回のような凶行に至ったのかにとても興味があるのです。

同じような事件を繰り返さないために。

自分自身が、同僚が、家族が、被害者加害者にならないようにするために。

社会としてどうしていくべきか。

医療システムはどうあるべきか。ケアはどうあるべきか。

ケアワーカーメンタルヘルスに関してはどう捉えたらよいのか。

わたしたちがコントロールできることとコントロール出来ないことはなにか。

リエゾンなどに携わる専門職が率先し、十分な議論を行い、実施可能な具体策を挙げていけるといいなあと僕は思ったり考えたりしています

武井麻子先生は『感情看護』[2]の中で、Winnicottを引用しています。(P.263)

最後にそれをご紹介したいと思います

ウィニコットは、無慈悲にも自分を怒らせる赤ん坊ケアする母親について、このようなことをいっています

 母親赤ん坊を憎むことを、それをどうこうすることな容認できなければならない。母親赤ん坊に対して憎しみを表現することはできない。[中略]母親に関して最も注目すべきことは、自分赤ん坊によって大いに傷つけられながら、子ども報復しないで大いに憎むことができる能力、そして後日にあるかもしれない報酬を待つ彼女能力である

 同じようなことが看護師にもいえるのではないでしょうか。自分を傷つける者(それは患者であるかもしれませんし、そうでないかもしれません)を憎むことを看護師容認しなければならないのです。」

<参考文献>

[1] A. R. Hochschild, 室伏亜希石川准, 管理される心―感情商品になるとき. 2000.

[2] 武井麻子, 感情看護―人とのかかわりを職業とすることの意味 (シリーズ ケアをひらく). 2001.

[3] パム・スミス, 武井麻子と前田泰樹, 感情労働としての看護. 2000.

[4]Huynh, T., Alderson, M., Thompson, M. (2008)Emotional labour underlying caring: An evolutionary concept analysis. Journal of Advanced Nursing, 64(2), pp.195-208

[5]Benner,P.&wrubel,J.難波卓志訳,現象学人間論看護,医学書院,1989.

2016-05-02

腰巻きビル橋下徹なことに気付かないはてな左翼たち

教養ある先人らが遺した粋な建築物価値が分からない新人類以降の無教養大卒らが、

物理的に建物が残っていればいいだろうという短絡思考のもと、あちこちで重要建築物破壊している。

腰巻きビルに美しさを見出ししまセンスは、浮気相手客室乗務員コスプレをさせる橋下徹と同質のものだ。

 

腰巻きビル支持者は橋下徹も支持しろ。俺らに近寄るな。文化に命を張れるのが左翼の条件だ。

2016-04-23

ANAバナー広告男性客に若い日本人女性客室乗務員が毛布をかける絵面

特にジェンダーに関する活動をしているわけではないが、外国帰りの人間広告を扱う仕事している。

ANAもこれだけアライアンスを使って、認知度も上がり、元純ドメのヘリコプター会社とは思えない日本におけるコンシューマサイドでグローバル化をしている大企業の一つだし、その事には敬意をもちろん払っている。

また日本(というか世界的にもまだまだだが)の航空会社性質上、顧客サラリーマン男性が中心なので、その絵面を選択する気持ちもよく分かる。

繰り返しいうが、ジェンダーへの個人的意見・考えは別として…、これは「完全な失敗作」である事は言うまでもなく、せっかくグローバル化が進む企業がまだ、こんな悪趣味広告をしているのかという話である

多くの日本人は「何の話」をしているかも分からないかもしれないが…。

2015-09-12

外資系エアライン客室乗務員は多くが休職扱いですが、なにか・・・

日本アジアエアライン権利意識が高すぎる気がします。

ブルーカラーなので、その分手当が出てるけれど、その仕事が出来なければ(そしてそれなりの能力や既に経験値があるならば話は別なのですが)ポジション採用されてるのだから、そのポストに復帰できるまでは休職妥当

地上の仕事・・・そこから訓練するの?使い物になるまでに随分かかるけれど。その間に産休&育休に入っちゃうのでは。

少なくとも産休&育休は充実した体制だし(復帰してる人も大勢観てます)日系エアラインは恵まれてると思うのですが。

外資系エアライン客室乗務員は多くが休職扱いですが、なにか・・・

日本アジアエアライン権利意識が高すぎる気がします。

ブルーカラーなので、その分手当が出てるけれど、その仕事が出来なければ(そしてそれなりの能力や既に経験値があるならば話は別なのですが)ポジション採用されてるのだから、そのポストに復帰できるまでは休職妥当

地上の仕事・・・そこから訓練するの?使い物になるまでに随分かかるけれど。その間に産休&育休に入っちゃうのでは。

少なくとも産休&育休は充実した体制だし(復帰してる人も大勢観てます)日系エアラインは恵まれてると思うのですが。

2015-06-09

http://anond.hatelabo.jp/20150604200152

恋活アプリの続き。

いくつか使っているが、最近はいいねマッチングも増えなくなってきた。

新規入会者の顔ぶれを見ていても、新規入会が活発でないことがうかがえる。

今日客室乗務員29歳からいいねが来た。CAでも売れ残ることはあるのね。

でもおばさんっぽい見た目だったのでパス

25歳を越えると、生き方が出てくるのか、本当におばさんっぽい人はおばさん、35歳以上にしか見えない。

あと、こちらからいいねしても、相手が見返してくれることはマレだとわかった。

男性はいいねを連打するので、女性からしたら選び放題。

てか、男女の数はほぼ同じなのに、なんでこんなに需要の差があるのか。

余るほどにかわいい女性が生まれてほしい。

女性のかわいさ、若さは年を経て確実に目減りするとわかっているけれど、見た目に惹かれる。それが男か。

2015-05-19

http://anond.hatelabo.jp/20150519152509

俺はそういう客を「サービス乞食」と呼んでいる。

己が安い客だという自覚がなく、要求だけは高い、羞恥心のない者。

自分自身も接客等のサービス業に就いてることも多い。

日頃自分が切り売りしている尊厳の、怨嗟からくる要求の様にも思える。

そこまで言わなくてもいいのに、と諫めると、全体主義的に正当化するパターンが多い。

一番要らないのはサービス乞食に他ならないのだが。

また、意味のない怒鳴りや人格攻撃を行うが、その正当化は全く出来てない。

結局は自分鬱憤晴らしなのだが、認めようとはしない。

一方で小売やサービス業は目先の利益にのために

サービスダンピングしすぎたのでは無いかとも思う。

海外憮然とした客室乗務員など、小気味が良い。

サービス乞食は断固排除して、毅然商売するべきだ。

お客様」に陶酔した金払いの悪い乞食は、社会害悪しかならない。

2014-07-28

http://anond.hatelabo.jp/20140727074246

新しいゲームなんて幾らでも考え付きそうだけど

本当に掘り尽したと思ってるなら単に今の人が想像力が足りないだけなんじゃないの?

まず職業体験だって職業無尽蔵に存在するんだし幾らでも作れる

次にシチュエーションだって色々考えられる

その次に感情楽しい、怖い、気持ちい

スパイとして人をだますゲームとか

スパイとして機密情報とか極秘情報を盗み出すゲームだとか

逆に職場にいるスパイを見つけ出すゲームとか

警察組織内に忍び込んでいる犯罪組織スパイだか内通者だかを身内の捜査員の中から見つけるゲームだとか

見つけないと被害はどんどん出る

貢物をただ一方的にされるだけのゲームとか

そういえば助手系の役目が主人公ゲームって殆ど無いよね

医師主人公ゲームはいっぱい出てるけど、主人公看護師ゲームって無いよね

本当はそういう役目の方がゲームに向いてる気もする

消防士として火事を消すゲームとか

交通課として交通違反を取り締まるゲームだとか

麻薬取締官として麻薬を取り締まるゲームだとか

薬物摘発の鬼になる(検挙数差をつけてNo1になる)ゲームだとか

航空管制官としての仕事をするゲームとか

客室乗務員としての仕事をするゲームとか

もう無尽蔵に出て来る・・・

今の人が凝り固まってるだけか

知ってても作れないだけか

どっちにしろ無尽蔵に考えられる

2014-06-01

最近パイロット不足で誤解されていること

パイロット関係のことについて思いついたことをぐだぐだ書いていく。

パイロット就職

先週、J-AIRJAの子会社)の採用試験を受けてきた。この会社は去年から4ヶ月に1回くらい採用を繰り返していて今回で4回目。採用人数は毎回6人程度で応募者は毎回100人を超える。倍率は20倍くらい。この状態が他社も含めずっと続いている。これが、パイロット資格は持っているけど実務経験のない人の実情。いま実際に問題になっているのは機長が足りないってこと。機長は足りないのにその1つ下の段階の人はまともに仕事につけないのはなんでだろうってのをなんとなく書いていく。

航空会社新人パイロット需要は毎年100~150人程度しかない。JALがつぶれたときに700人以上のパイロットが職を失ったのでその時の影響がまだ続いている。1つの会社採用募集を出すと100人分以上の履歴書が届くけど採用されるのは数人。当然、履歴書を送ってる現役の人だけじゃなくて資格は持ってるものの半分あきらめて採用活動に参加していない人もいっぱいいる。

この応募者の中には航空大学校卒(パイロット養成する唯一の学校法人)の人もいっぱいいる。報道では、航大の人数を増やして~とか言ってるが現状ではまともに就職できていないので意味がない。さらに、自社養成の人数を増やして~とかも言ってるけど、それだとさらまっさらな状態の人に訓練を始めるってことだからかなり的外れなこと。


LCCの待遇は悪くない

この2年ほどでLCCは機材を増やし、パイロットもそろえた。そのパイロットほとんどは日本人なんだけど、一体どうやって集めたのか?答えは簡単、他社から引き抜いた。で、もし自分がどこかの航空会社で働いているパイロットだとしてそう簡単にLCCのような「格安」航空に行くだろうか?でも元の会社より待遇がよかったら行くよね。一般の人が誤解していることは、格安航空だからといって働いている人の給料が低いというわけではないということ。

結局、いまLCCで働いているパイロットJALやANAの子会社から来た人。それらの子会社よりLCCのほうが給料がいい。じゃないとわざわざ転職しない。飛行機を利用するみなさんに知っておいてほしいのは、JALやANAの高い航空券を買ったとしても機材がB737やA320以下の小さいものだったら、多くの場合実際の中身はLCCよりも待遇の悪い会社で働いている人達が運航しているということ。JALやANAのつもりでサービス要求するのはかわいそう。LCCは格安から安全性不安を感じる、とか言う人がいるけど、それだったら知らずに乗っているJALやANAの子会社のほうがもっと悪いから


訓練費用は10分の1、訓練期間

報道では、よく機長になるまでに10年とか何億の訓練費が~とかの話があるけど、ゼロから航空会社に応募できるまでの資格をそろえるのに2年、さらそれから6年で機長になれる。で、資格をそろえるのに2年と書いたけどこれをアメリカ基準でやると10ヶ月で全部の資格が取れる。費用は300万円くらいかな。国土交通省のやりかたのせいでそこからさらに同じ資格日本で取らないといけなくて、これに1年ちょっとと500万円くらいの追加費用がかかる。この部分は完全に無駄。で、東海大学資格を取れる学科を作ったんだけど、なぜかここでは全ての訓練をアメリカで修了させることができる。しか試験官がアメリカ人というわけのわからん扱い。それができるならいままで国土交通省試験官がわざわざ海外試験のために出張に行ってたのはなんだったんだ、国内でのバカ高い訓練費はなんだったんだと。で、そんな好待遇なのに学費は2000万、4年もかけて資格を取る。全部アメリカ価格から格安資格を取れるのにそんな高い学費は一体どう使ってるんだと思ったら、卒業生採用してくれた航空会社に裏で渡してるみたい。それが500万以上。そんなことされたらそりゃいろいろおかしくなるよ。ちょっと前までは訓練の質が~とか言ってたのに結局は金かと。

まぁこのへんの訓練期間とか費用は、JALやANAのような大型の機体を飛ばす大手のように毎月のフライト時間の少ないパイロットと、LCCのようにフライト回数が多いパイロットでは全然違ってくる。だいたいの場合大手の基準が紹介されるからかなり時間がかかるようなことになってるけど実際はそうではない。さらに、日本だけ妙にきびしい基準を緩和すればもっと短縮できるし、海外で訓練すれば費用場合によっては10分の1にもなる。

ちなみに、ジェットスターが公表していたA320への機種移行訓練は1ヶ月150万円。世界基準ではこの程度だけどどこかで機種移行について書かれた記事があったら比較してみてほしい。


なにが言いたいかというと

結局、航空会社が社内訓練費を出さないようになったことがかなり大きな問題だと思う。東海大学等にパイロット資格が取れる学科ができたが、これはつまり航空会社は訓練費をださず学生自分お金出して資格取ってねってこと。それでまぁ一応ANA東海大学支援してるから一応卒業生を数人だけ採用するけど、何人採用するかは航空会社側の自由だしそれ以外の人の採用約束できないのであとは自分就職先みつけてねってこと。東海大学入学する人はANAに入れると思って入るんだけどね。以前のような自社養成だと一般の大学生採用してから社内で訓練させていたけど、この方式だと訓練費を出さないですむし、技量不足等で最後まで訓練を終えられなかった人を他の職種で面倒を見る必要もない。これはパイロットだけじゃなくて客室乗務員でも同じようなANA支援学校がある。

パイロット医師弁護士のように個人で仕事をするのはむつかしくて、どこかの航空会社にいないと仕事ができない。資格を取っただけではそれを活かせないところに大学資格を取るということに無理があるように思う。

資格を取ったあと航空会社採用されると、その会社で使っている機種ごとの資格を取らないといけない。飛行機では一定以上の大きさだと機種ごとの資格必要になる。ここにかかる訓練費が国土交通省基準だとかなり大きい。航空会社はこの費用もけちる。ある程度乗務員として働くとどこの会社にでも転職できるくらいの経験値がたまるんだけど、その転職に関しては航空会社は以前はあまり気にしてなかったように思う。なぜなら航空業界は閉鎖的で、ステップアップができないような業界だったから。一度どこかの会社に入ってしまうと同待遇か下の会社しか転職できなかった。JAグループ、ANAグループ内でより待遇のいい会社には行けない。だから毎年のように待遇に関してストが起きる。だけどここ数年のLCCの設立で、訓練させたパイロットを他社に取られるということが頻繁に起こるようになった。ある会社の人事の人は「いままで育てたのに他社に行ってしまうような人は信用できません」って言ってたけど人事としてその発言ははずかしくないのかと思ったよ。で、そうなってくると自分のところで訓練させたあと他社に取られるの覚悟で新しい人を採用するべきか?となってますます訓練費を出さなくなる。こんな感じで、入社初期の多額の訓練費とステップアップのない業界事情が機長不足の原因の1つだと思う。


いまやらないといけないことは、今後も機長は不足するので増やさないといけないということ。外人機長を雇うという手もあるけど外国人ほとんどの場合短期でしか働かないし人件費日本人より高い。つまり一時しのぎにしかならずそのあとも同じ状況が続く。それなら日本人副操縦士を機長にしていくべきだ。LCC並みの多めのフライト時間ならいままでよりも短い期間で経験が積める。いまはLCCでの機長昇格はあまり積極的ではないけれど、この数年で体制を整えればいい。むしろ国が支援してLCCを機長養成機関みたいにすればいい。JAlやANAだと時間がかかりすぎる。早ければ入社して4年で機長になれるかもしれない。同時に、いまのままの未経験者の採用状況だと同じような状況が続くことは目に見えている。これはポジショントークだけど、でもたしかにいま副操縦士を多く採用しないと機長だけ増やしてもその後が続かない。自社養成をどうこうより、最短で問題を解決するにはい資格を持って就職活動している人を雇うほうが早い。そういう人がたくさん余っているんだから採用する代わりに給料をぐっと下げて、それを訓練費にまわせばいい。

訓練基準と手続きの緩和も必要国土交通省無駄に基準を高くしすぎている。技量の低いパイロットを増やすのは心配かと思うかもしれないけど、実際いまの採用状況は腕ではなく金で決まってるし、日本以外の世界ではもっとゆるい基準でスピーディーパイロット養成されている。それでも安全に運航が行われている。厳しい基準でも日本けが特出して安全というわけではない。

うまくまとまらなかったけど、またなにかあれば書きます

2013-06-24

遭遇した日本人クレーマー

乗っていた国内線飛行機が遅れた。

機械上のトラブルで飛ぶ前に何度かターミナルに戻り、整備を受け…という事を繰り返して、最終的に1.5時間くらい遅れた。

そこで、客室乗務員によって飴が配られた。


私の隣に座っていた女性は、CAが飴を持ってきた時には窓から外を見ていて、CAは「いらないのかな?」と思ったのか、次の席にうつろうとした。

誰がCAでもそうするだろうといった感じだった。私もいらないんだな、と思った。

そしたら女性は振り向き、「ちょっと!私にはくれないの?!」と声を荒げた。若い女性だった。

周辺の乗客がいっせいに振り向いた。

CAは「申し訳ございません」と言って飴の入った小さな籠を差し出した。


みんなが見ている中、女性は凄んだ顔でCAを睨んだ。

飛行機が遅れていること、飴配りを無視されたことに怒っていたようだった。

そうしておもむろに飴の籠に手を伸ばし、バシッ!と籠を叩いて飴を鷲掴み、両手で20個ほどつかみとった。

衝撃でこぼれた飴は私や、逆隣に座っていた人の上や通路に転がり、かといって放置するわけにもいかず、狭い中かがんで拾うことになった。

女性は飴をなめはじめたが、こぼした飴をひろおうとはしない。


飴を無視されてイラときたのはわかるけど、CAが隣の私たちに飴の種類を聞いている中でずっと窓を見てたのだから勘違いされても仕方なかった。

遅れたのはCAのせいではないし、誰にもどうしようもできなかった。

対応したCAがかわいそうだったし、なんか不愉快な気持ちになった。

2011-11-12

アメリカ行く便で空腹時に客室乗務員がニヤニヤしながら 
「おまえはチキンか??え?」って挑発してきたけど日本男児から黙って耐え忍んだ。嫌がらせは続いて俺だけ食事抜き 
だったけど何とか我慢した

2011-09-27

「そうしたいからそうなるまでそうするだけ」

友人は何をやってもうまくいく。

「うまくいく」基準は曖昧だけど、ここでは「彼が望んだ最低ラインの結果」ということにする。

たぶん皆さんの周りにも一人や二人いると思う。人生なんでもうまくいく人。

自分の友人もその一人。

自分は友人と付き合いが長いが、友人はたぶん挫折したことがない。

学生時代帰宅部だったが、スポーツは何をやらせてもその部活に入ってる人並みにはやれる。例えば柔道全国大会に行っている人にも普通に一本背負いで勝ったり。

難関高校、難関大学も簡単に入る。

就職も「大きさとかどうでもいいけど適当に受けてみた」と言っていたが恐らく現在世界トップ10ぐらいのアメリカの人気企業入社した。

一般人ながら極度の面食いで、狙った獲物は逃さない。それがアイドルであろうと飛行機内で出会った客室乗務員であろうと。彼女に1回フラれたことはあった。「私じゃあなた釣り合えない」と。

桁違いの資産暮らし、それでも中身は変わらないか自分は友人と未だに付き合っているのだろう。

でも、競争させたなら周りにいるような大概の人には負けない。そして望みを当たり前のように叶えていく。

しかしどう見てもごくごく普通の男だ。IQがすごいわけでもない。中肉中背。育ちは中流家庭。元々イケメンでもない。性格は正直悪い。極度のめんどくさがりやだし。

では何故友人は何でもうまくいくのか。

長い間友人を観察してきてわかったことがある。

それは「当たり前のことを当たり前にやる」ということだ。

例えば学校テストで友人は自分が知る限り100点しか獲ったことがない。

友人に何故100点を獲れるか聞くと決まって「テスト範囲を暗記して当日答え書けばいいだけじゃん」と返された。でもそんなのきついよ、と言うと「獲れるまで暗記すりゃいいじゃん」と返された。

友人はこういう思考なのだ。

柔道の授業前は体育の教科書を読み基本を確認してそれを実践でやるだけ。受験テストと同様。就職は必要なスキルを習得してその他いろいろ調べて臨むだけ。

恋愛は、自分を最大限にカッコ良く見せる方法実践し、アプローチ方法を考え実践、近づいたらどう落ちるか考えて実践

友人曰く「世の中ほとんどのことはうまくいく方法がわかってるからそれを実践するだけ」とのこと。困難なら「そのレベルまで自分を持っていけばいいだけ」と言う。

人はこれを「努力」と言うんだろう。しかし友人は努力なんて意識が全くない。

「そうしたいからそうなるまでそうするだけ」とは自分人生で1番心に響いた友人の言葉の一つだ。

それともう一つ。「俺からすりゃみんなが失敗したとか挫折したとか言ってんのがうざい。だって明らかに方法おかしいし、そのレベルに達してないし、うまくいきたいと本当に思ってんのか。」と。

何だろう。恐ろしく論理的というか。しかし、論理的なら恐らく友人はいろいろ成し遂げられなかっただろう。論理的なら「不可能だ」って思うような展開を覆してきてるから

ただ、自分からすると友人にもっと向上心があればな、と思う。絶対に余力を残している。その余力を使い切ったところを見てみたい気持ちはあるが・・。

友人は不可能はないと思っている上で当たり前のことを当たり前にやっている。かなり厄介な人物だ。

自分はいつも「そうしたいからそうなるまでそうするだけ」という言葉を頭に置いている。

1番シンプル成功への道だと思うから

しかし、友人が今の自分を見たら

「なんでお前MBA目指してんのに匿名日記なんて書いてんの?それなんかMBA目指す上で役立つ?」と真顔で言ってくるだろう。

まぁそう言ってきたら「気分転換代わりなるからいろいろ書いてんだよ。」とでも言おうか。

そんなこと言ってる間にも友人は「当たり前のこと」をしてるから自分は友人に追いつけないんだけど・・。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん