「広汎性発達障害」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 広汎性発達障害とは

2024-03-01

anond:20240301140542

ちょっと違う

ASDADHDどっちもある、と言いたいなら「神経発達症(群)」

ちなみに広汎性発達障害もその下位分類である自閉症アスペルガー症候群も旧病名で、今は自閉スペストラム症(ASD)と言う

ある15年ほど前、ある病院では自閉症と言われ、

その2年後、別の病院ではアスペと言われ、

さらにその数年後、また別の病院ADHDと言われた

これが広汎性発達障害ってやつか

ある15年ほど前、ある病院では自閉症と言われ、

その2年後、別の病院ではアスペと言われ、

さらにその数年後、また別の病院ADHDと言われた

これが広汎性発達障害ってやつか

2024-02-25

発達障害が起こした犯罪一覧

他にも知ってたら教えてください

神戸連続児童殺傷事件1997

 発達障害中学3年生がハンマーナイフ小学生5人を殺傷し、2人を殺害した

全日空61便ハイジャック事件1999.7.23

 28アスペルガー無職の男が全日空61便で機長を刺殺してハイジャック

豊川市主婦殺害事件2000.5.1

 アスペルガー17歳少年が「人を殺してみたい」という動機から主婦ナイフで滅多刺しに殺害、夫も負傷させた

西鉄バスジャック事件2000.5.3

 広汎性発達障害17歳少年西鉄高速バス牛刀ハイジャック人質1人を殺害、2人を負傷させた。

岡山金属バット母親殺害事件2000.6.21

 アスペルガー高校生野球部練習中に部員バットで殴打、自宅に帰宅母親を撲殺した。

山口母親殺害事件2000.7.29

 広汎性発達障害の16歳の少年口論の末に母親金属バット殺害

レッサーパンダ殺人事件2001.4.30

 29歳の軽度知的障害広汎性発達障害の男が待ちで出会った19歳の女性バカにされたと勘違いし刺殺

長崎男児誘拐殺人事件2003.7.1

 中学一年生アスペルガー少年が4歳の少年誘拐、ハサミで性器を切りつけた挙げ句突き落として殺害

佐世保小6女児同級生殺害事件2004.6.1

 小学6年生のアスペルガー少女同級生バカにされたと勘違いカッターナイフ殺害

石狩女性会社員殺害事件2004.8.9

 15歳の少年逆恨みを抱いていた同級生母親を刺殺

寝屋川教職員殺害事件2005.2.14

 寝屋川市の中学校に広汎性発達障害17歳卒業生侵入逆恨みから教師1人を殺害、2人を負傷させた。

富山県自宅放火父親殺害事件2005.5.1

 22歳の無職アスペルガー男性が自宅に放火父親を焼死させた。

タリウム使用母親殺害未遂事件2005.8~

 16歳アスペルガー高校生母親食事タリウムを混入し殺害を謀った。

町田市女子高生殺害事件2005.11.10

 アスペルガー男子高校生逆恨みから同級生女子生徒を滅多刺しにして殺害

大阪姉妹殺害事件2005.11.17

 山口母親殺害事件犯人出所後、面識のない姉妹強姦、刺殺した

宇治学習小6女児殺人事件2005.12.10

 アスペルガー23アルバイト塾講師が塾生の少女逆恨みから刺殺

渋谷区女子短大生切断遺体事件2006.12.30

 21歳のアスペルガー浪人生短大生の妹を口論の末に自宅で絞殺遺体解体して遺棄した。

香川県坂出3人殺害事件2007.11.16

 43歳無職広汎性発達障害男性金銭トラブルから義姉とその孫2人を刺殺

岡山駅突き落とし事件2008.3.25

 19歳の広汎性発達障害の男が岡山駅で男性線路に突き落とし殺害

津和野祖父母殺害事件2008.5.22

 父親に対して不満を抱いていたアスペルガー無職23男性八つ当たりから祖父母を刺殺

富田林市高校生殺害事件2009.6

 広汎性発達障害高校生女性を巡るトラブルから同級生を撲殺

豊川市一家殺害事件2010.4.17

 30歳の軽度知的障害自閉症引きこもり男性父親と姪を殺害母親、弟とその妻を負傷させ自宅に放火した。

平野区市営住宅殺人事件2011.7.25

 42歳無職男性が30年にも及ぶ引きこもり生活の末に姉を殺害

佐世保女子高生殺害事件2014.7.26

 15歳のアスペルガー女子高生同級生絞殺解体した。

名古屋大学女子学生殺人事件2014.12.7

 19歳の女子大学生が高齢者女性マフラー絞殺加害者高校時代同級生2人にタリウムを飲ませて殺害しようとしたり、放火未遂を図っていた。

和歌山小5男児殺害事件2015.2.5

 31アスペルガーの男が近隣の少年嫌がらせを受けていると勘違いし刺殺

名古屋小6受験殺害事件2016.8.21

 アスペルガー男性小学6年生の息子に対して教育虐待の末に刺殺

2018年東海道新幹線殺傷事件2018.6.19

 22歳無職アスペルガーの男が新幹線のぞみ号車内で鉈を振り回し、男性一人を殺害女性2人を負傷させた。

福岡IT講師殺害事件2018.6.24

 42歳無職引きこもりアスペルガーの男が荒していたネットサービス運営通報された逆恨みから面識のないブロガー男性ナイフで滅多刺しにして殺害

・元農林事務次官長男殺害事件2019.6.1

 44歳アスペルガー無職男性が元農林事務次官父親殺害された。父親は長年長男から暴力に苦しめられており、近所の子供を襲うのでは無いかとの懸念から犯行に及んだ

2024-02-19

anond:20240219111708

それ、ASD自閉スペクトラム症)と広汎性発達障害PDD)を混同しちゃってるね。

APAのDSM-IVDSM-5にアップデートされたときアスペルガー症候群を下位分類に含めた広汎性発達障害PDD)という概念自閉スペクトラム症/自閉スペクトラム障害ASD)という概念に移行したんだよ。

このアップデートにより、DSMからアスペルガー症候群という病名は消えた。

さらに、WHOICD-10ICD-11アップデートした際、APAのDSM-5を踏襲したので、同じくPDDASDとなった。

このアップデートによって、ついにDSMだけでなくICDからアスペルガー症候群という病名は完全に消えて無くなった(下位分類にも存在しない)。

増田操作診断基準における下位分類という概念が分かってないっぽい?

WHO ICD-10

コードF84 広汎性発達障害」の下位分類のひとつが「アスペルガー症候群(F84.5)」

【参考】https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/main/002/004.htm

WHO ICD-11

コード6A02 自閉スペクトラム症

【参考】

https://journal.jspn.or.jp/jspn/openpdf/1230040214.pdf

2023-12-16

アスペ仕事するの辛すぎ

  • やり方のこだわりが強すぎて、それ以外の方法が受け付けられない
  • 柔軟性ゼロ
  • 注意散漫でやるべきことに集中できない
  • 同じ質問を繰り返す

ググったら、広汎性発達障害(自閉症スペクトラム障害)って出てきた

会社にこんな人いたら、みんなどうしてるの?

2023-09-04

anond:20230904054335

自分広汎性発達障害の診断出た後、APD検査できる病院検査受けたけど、問題なしとの診断だった。

が、短文でも言語音として認識せず音としてしか捉えてないってことが時々起こる。「おい、ちょっとあれ持ってきて」が、「oichottoaremottekite」と聞こえるみたいな。これぐらいの短い単文なら聞こえた音を自分脳内再生して、あ、そういうことね、と理解できることもある。これがAPDかどうかは診断降りなかったからよくわからんけど。どうなんだろね、これは。

長いと、<ごめん、よくわかんなかったからもう一回言って>になる。

2023-07-24

旧称で呼んではならないモノ

旧称名称・現名称理由
トルコ風呂ソープランドトルコ本国からの強い抗議(いわゆる遺憾の意
DQNネームキラキラネームDQNのもの侮蔑語として認められた関係キラキラネームという単語のもの侮蔑語になっている場所
ブラインドタッチタッチタイピングブラインド盲目(目の見えない人)に対する差別表現ではないかという指摘から回避するため(一説)
グルジアジョージア同国政府から要求
レイザーラモンハードゲイレイザーラモンホットガイいわゆるLGBT対策、ただし芸風は一切変わらない
レイザーラモンリアルゲイレイザーラモンリアルガイ上記と同じ
ジェシー・マクリーコール・キャスディオーバーウォッチセクハラ問題での影響
さくらんぼ小学校東根市立大小学校ロリゲーで知られる私立さくらんぼ小学校との衝突事故仮称ではあったもの話題
デブプラスデブピアラブプラスの開発元が本気になって訴えた関係
ベルノースオーシアパターン、「この土地をその名で呼ぶと、"いや、ここは南ベルなのだ" と土地の人に、内心腹を立てたような顔を返される」
志賀丸太氏子達磨中国韓国からの強い遺憾の意によるもの
日本ユニシスプロジー「Unisys」の商標日本国外使用できないため(尼崎USBの影響ではない)
キエフキー現在戦争中の政府から要求
エアーズロックウルル先住民であるアボリジニー聖地であるため(一説?)
プラグプラグ目の見えない人を指す差別語のため
メクラ栓プラグ上記と同じ理由
ビジネスガールオフィスレディ女性自身』が公募した単語そもそも職業婦人」という単語も昔から存在していた
アナルアヌス英語問題エイナスしろどのみち下ネタ
被験者実験参加者実験を行なう者と実験をされる者とが対等でない等の誤解を招くため
ビホルダー鈴木土下座ェ門BASTARD!!』に『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のビボルダーとほぼ同じものが出てクレームが付いた時に鈴木という担当者土下座していたという話から
マリアージュペアリング未婚の人に配慮して
ウイダーinゼリーinゼリーウイダーブランド使用を取りやめた
アスペルガー症候群自閉スペクトラム症アスペの他に自閉症広汎性発達障害などを含む言葉として包含した言葉
槍魔栗三助生瀬勝久NHK放送にふさわしいとはいえない
海砂利水魚くりぃむしちゅー『新・ウンナン気分は上々。』における企画改名
バカルディさまぁ~ず『新・ウンナン気分は上々。』における企画改名
オス・メスピンインサート・ソケットインサートセックスチェンジャーと言われるほどなので
ニューコンビーフニューコンミートJAS基準改正された関係
虚弱フレイル英語にしておしゃれにする
身障者体の不自由な人しょうがいしゃと言わないため
ソビエト連邦ロシア崩壊したため
巻き戻し早戻しテープではなくデジタルデータになったため
痴呆症認知症差別語の回避のため
精神分裂病統合失調症差別語の回避のため
看護婦看護師男のナースも居るので
DMMFANZAブランドのため(DMM自体存在
エスキモーイヌイット差別用語に指定されたため
AV女優セクシー女優聞こえがよく無難表現になるため
ふぁぼいいねシステム改悪
援助交際パパ活名称回避による取り締まりからの逃れ(どっちみちやってることは……)
化学調味料うまみ調味料味の素から圧力
ミューグラブウェドルグラブ差別語の回避のため
能年玲奈のん友達から呼び名から
ロスタイムアディショナルタイムロスが良くない単語から
キーマンキーパーソンマン以外にもキーになるから
ブラッフォードブルーフォードメディアtypo
支那中国蔑称語(正確には中国ローマ字Chinaから蔑称ではあるが)
火薬庫明大前もうないため
優性遺伝・劣性遺伝顕性遺伝・潜性遺伝優劣が差別的なので
ChampagneAlexandrosシャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会(C.I.V.C. ) 日本支局から要請
master/slaveprimary/secondary差別語(奴隷
インディアンネイティブアメリカン差別用語に指定されたため
大学入試センター試験大学入学共通テスト独立行政法人大学入試センター意向
自殺点オウンゴール差別回避のため
癩病ハンセン病差別表現回避のため
山止たつひこ秋本治山上たつひこからクレーム
赤いプルトニウム赤プルプルトニウム放射能汚染されているため
ジーパンデニムパンツが良くないということで
将棋倒し群衆雪崩ドミノ倒し含めて表現が分かりにくいため(余計に分かりにくいという意見もある)
肌色ペールオレンジエロ回避
加勢大周坂本一生加勢大周」の所有権を巡り裁判沙汰
ビルマミャンマービルマ語における公式国名であるため
シンクロナイズドスイミングアーティスティックスイミング単語芸術性を求める演技にふさわしくないため
宅地建物取引主任者宅地建物取引士法改正によるもの
ヒュンダイヒョンデ本来発音統一
スチュワーデス客室乗務員キャビンアテンダントなどと呼ばれるが、全てポリティカル・コレクトネス理由
2ちゃんねる5ちゃんねる買収と改悪
TwitterX買収と改悪

この他大量にあったものの、増田仕様にひっかかりそうなのでここまでとする

もう誰かWikiでも作っておけよ

2023-06-12

半年付き合った彼女に浴びせられた言葉

相手無職バツイチ双極性障害Ⅰ型、広汎性発達障害

タイミング生理躁転したとき

日本の男はロリコンばかりのバカばかり」

「男は全員無自覚モラハラしてる」

「男はみんな女を縛り付けて踏みにじる」

「男は定年してみんな奥さん退職金持っていかれたり家を追い出されたり介護復讐されてる」

日本の男はひょろひょろしてて全員みっともない」

「男は女に自分が痛いところを突かれると全員被害者アピールする」

「男は事実を言われるとだんまり攻撃してモラハラする」

「お前は元旦那そっくり

すべて録音してるんだけど、これを裁判に訴えたら慰謝料とれる?

2023-05-19

anond:20230519013156

自閉症か何かって書こうとしたらそう書かれてた

特定不能広汎性発達障害なのかな

2023-02-17

広汎性発達障害持ちだが病院に行くか迷っている

10年ほど前に診断を受けた。しばらくは投薬治療精神疾患患者向けのセラピーのような物を受けていたが、数ヶ月後に転職引越しをしたためにまともな治療をしなくなってしまった。

転院をしたはいいが家から距離あいしま物理的に面倒になった。転職とはいえ実質ニートに近かったこともあり金銭的に厳しかたことや、自立支援引越しを期に失効したのでグズグズだ。

それでも当時ハマっていたゲームを通じて仲間と交流をしたりして、自分が危うい存在なことを無理矢理追い出していた。なので今までは何とかなった。

今はまた別の新しい仕事に就いたが、やはり能力的な面と自身特性上のこともあってかなり厳しい。

なにかストレスがかかると自暴自棄になり突発的な自傷行為に走りたがるし、集中できるときとそうでないときの落差が激しい。ミスをするのは当然だし、ミスをするのがわかっているので仕事にはそれほど身が入らない。できることはトコトン出来るけど、一般的なことがまるでできないのは発達にはよくあることだろう。そしてそのできることすらド素人より出来る程度だ。

結局、投薬治療等を行うしかないのだが自分の中で薬が効いていた実感はあまりない。量が足りないのか単に外れだったのか、診断自体が間違っていたのか。

どれにせよ原状を回復させるのは自分だけではどうしようもない。でもお金がかかるし、投薬をするなら自立支援を受けなければならない。当然それは会社に知られることとなるから自分に対してどのような不利益がかかるかは未知数だ。

動けないし、動いても無駄かもしれないというのが本音

2022-09-20

子どもつくる上で本当に障害児(これは身体的なものというよりは発達障害とか知的障害の方)ができたらと思うと心底恐ろしいんだけど、

みんなそれほどそのことは怖くないんだろうか

子どもほしいと今思ってる人、あるいはすでに子どもいる人はどうやってその恐怖乗り越えたんだろう

今度結婚するんだけど、相手はいつかは子ども欲しいな、って感じなんだよね

でも変な子どもが産まれ自分人生台無しになってもいいって覚悟全然できない

自分兄弟広汎性発達障害だけど、仲は最悪だし、子どもときはとにかく早くいなくなって欲しいとしか思えなかった、今もそれは変わらない

あいうのが自分の子どもだとしたら耐えられない、会話もまともに通じなくて、空気全然読まなくてとにかく一緒に居たくない

こんなのの世話に人生費やしたくないとしか思えなくて、SNSとかでもそういう育児で苦労してる人ばかり見かけてつらくなる

 

今日のやまゆり園の報道とか見てても、明らかに家じゃ世話見切れなくなってそういう施設に入れてると思うんだけど、

施設入れるまでは自分時間金もそれに全部吸い取られて、その上で多分そういうところに入れてるよね

もう本当に自分人生なんかなくなる覚悟でみんな産んでるのかな

正直そんな簡単に「なんかかわいいから欲しい」って全然感じられない、リスクの塊にしか思えない、将来の負債しか見えなくて、

こんなの、いつか欲しいなんて永遠に思えないと思うんだけど、みんなどう割り切って産んだんだろうか

2021-12-08

仕事ができなさすぎて非常に困っている

端的に挙げると

  • 仕事段取りが非常に悪い
  • 仕事内容を把握していなかったり、そもそもの手順を間違えているなどが多い
  • 仕事に意欲が持てず責任を持って取り組んでいない
  • あらゆることが先送り、投げっぱなしで進まない
  • 思い込み想像で動くことが多い

こういった諸症状がある。

普通の人ならできることがまるで出来ない。

これが仕事からまだ良いのかもしれない。実生活趣味世界だと一番害悪だと思う。責任分岐点がきちんと組織の中にあるからギリギリやってこれたのかも。

ただ少なくとも仕事において絶望的なので先行きがない。

原因はある程度わかっている。恐らく何らかの発達障害小学校に上がる前当たりから奇妙な言動があり、小中学校では完全に奇行種だった。5年ほど前に広汎性発達障害と診断されたのでいまもそうなんだとおもう。それが大本となって学業仕事全般が最悪な結果を残している。転職回数もそこそこある。退職理由は全てが似たりよったりだ。

よく転職する際に「この程度のことも出来ないなら社会通用しないぞ」という殺し文句があるけど、それがそのまま通用する人間が俺のようなタイプ

普通の人ならできることがまるで出来ない。

何ができるのかもわからない。場所給与職種も変えても駄目。

2021-11-08

俺の精子脳は昆虫並み

支援サイトにその支援サイトで設定できる上限のプランを用意している人がいたんだけど、閲覧できる作品が月500のやつと同じと書いてあって、見つけた当時は月10万とか馬鹿げてるなとしか思わなくてスルーしてしまった。

それが後になってみて気になり始めた。「ぜひリクエストしてください!丁重に描かせていただきます。」みたいなことが書いてあったのを思い出し、それが後になって貴重な条件にみえてきたのだ。

skebとかで数万円の単価で絵を描く人はよく見るが、プランとして10万円とかい価格で用意して好きなように酷使できるにしてる人って今まで見たことなかったから、そういう人は一体どんな絵を描くと気になって仕方がなくなってきたのだ。逃がした魚は大きい的なやつかもしれない。

それからはもう他のエロ絵で抜けなくなってしまった。一旦関心がそっちに向いてその絵をひと目見るまでは何も性的に興奮できなくなってしまったのだ。

広汎性発達障害と診断されてるのでその気質が影響してるのかもしれない。

何につけてもその絵師サイトをもう一度見つけることに興味が向き、資格試験勉強にも集中できなくなった。

依存症だろうか。とにかく今の俺の状態昆虫並みなんじゃないか

障害診断されてるのでそれ用のかかりつけ医もいるが、しかし性依存症ではないかということはカミングアウトできないから根が深い。

特に男が陰でそれなりの頻度でオナニーとかしてるのは当たり前の話だが、だからといって誰かに対峙するたびに「この人も自慰してるんだろう」とかいちいち思ったりはしないだろう。医者であってもだ。

それが一旦カミングアウトしまうと常識でありながらそれゆえに意識されてこなかった事実が、その瞬間から前面に押し出される。その瞬間からきっと医者に俺は「エロいことしてる人」と診察を受けるたびに思われるようになるわけだ。そうなることがどうしても嫌だ。それをすれば治療前進させることができるんだとしても嫌なのだ

漫画とかテレビなどオタクについて公共媒体で語られるとき、こういうことについては触れられてないと思う。

なにかのはずみで無惨様よろしく昆虫並みの行動傾向になってしまオタクがいることを。

それはそういう発表力、記者であるという社会的立場とか単純に文章力がある人に、こういう実感を持ちうるほどそこまでR18オタク界隈にどっぷり浸かっている人がいないからかもしれない。ある程度知識を揃えようとしたところで知識として得られるものはうわべにとどまり、あとはイメージで補うということをしている結果メディアに描かれるオタク像はどうしても似たり寄ったりになるのだろう。もっと多種多様症例があるだろうにそれは記述されないのだ。

逆に俺みたいな当事者もまた、文章力とかないので緻密に事実の細部を伝えきれず結局は四捨五入するようにかなり「丸められた」状態しか伝えることができてないと思う。表現力などがないから結局メディアが語るステレオタイプと大差ないことしか伝えられずに終わってしまうということだ。

ジャニーズ宮下?だかはラブライブとかエヴァとかあくま地上波アニメ範疇オタクであると印象づけたいようだが、そこを対馬忍のゆきかぜのちっぱい最高ですとか言うようになったら俺も好感持てる。ハマってる18禁絵師がいるとか言ってほしいものだ。

だって個人感性としては「可愛いということ」単体には価値がないから。可愛い子がエロかったりときにはパンスト被せられたりがに股ポージングさせられてるような絵や動画にはじめて魅力を感じる。下手なたとえなのは自覚してるがたとえるならば、自転車のボディーだけ与えられてもタイヤだけ与えられてもそれ自体には使用価値がなくて、自転車ごと与えられてはじめて使用価値が出てくるようなものだろう。

そして地上波アニメエロいことを求めるのは非効率から結局地上波アニメやその感想だけを連ねるだけの人には好感が持てないということになるわけだ。可愛い子が可愛いことしてるだけの絵面の何がいいの?としか思えん。

まあでもそういうことを平気でいうような芸能人もたくさんいるのだが気持ち悪いと思われるだけだから売れないというだけのことなのかもしれない。

芸能界を生き抜くにはアルコピース平子スマホ見せてと言われたときに「これ見せたら社会人としても人間としても芸人としても終わる」とか言うぐらいの慎みは必要なのだろう。俺はそれがないからこそ障害なのだろう。

2021-11-04

専業主夫になりたい

やや自分語りだけど、俺は自分のことを会社員として無能だと思っている。ずっと前に広汎性発達障害と診断を受けたこともあり、おそらくそれが原因だとおもうが真相はなぞ。

勉強は、得意ではないけど一定水準は超えていると思われる。しか仕事に関しては絶望的に無能だ。例えば予算に関する各種書類づくりもまるでだめだ。手順自体理解していないし他人との打ち合わせ等もロクにできない。書類作成も鈍くて取っ掛かりも遅くて外部に問い合わせるものも後手後手になっている。会議の進行もグズグズ。自分仕事なのに前任者に補助してもらわなければ何もうまく進められないし、なんならチェックして貰ってる担当外の人のほうがよくわかっている。自分領域なのにわかっていないことが多すぎる。

いままでいくつもの会社を渡ってきたし部署も移動もしてきた。その全てで同じようなミスをして同じような叱られを受け同じ無能烙印を押されている。


ただ、わかったことが一つだけある。

何らかの手順書として明文化され自分にもわかるようになっているものか、あるいは自身が興味を持って取り掛かったことに関してはスムーズに働くということ。決まりごととして明確に意図があり他人の考えが介在しないものルール自体に直接アクセスできるもの難易度にもよるけど意外とできたりする。もちろん自分理解していればの話。

無理なものは、個人見解意図を読む必要があったり、ネットで調べてもでてこないようなもの。あるいは明文化されず口頭で教えられたもの社会人として当然に備わっているとされるようなもの報連相とかね。コミュニケーションが介在すると途端にグズグズになる。

「なんでそんなこともできないの」というかもだけど、普通じゃない人にとってはこんなことが障壁になる

じゃー具体的に何ができるのって言われたら、例えば料理がある。材料を用意してその中でレシピを探し、手順通りに作る。これは小学校家庭科において基礎を学び、実際に味の違いや食材がもたらす化学反応や手順の意味を日々の生活の中で理解しているからだと思う。元々料理自体が好きだったこともあるかもしれない。特別なことはできないし大きなアレンジも無理だけど基本的ものはわかる。もちろん効率的に素早く作るのは苦手だけど、トライ・アンド・エラーの積み上げで結果もすぐに分かるから得意になった。なによりネットを調べるとあらゆる情報が載っているのが大きい。

DIYに関しても、手順やなぜそれがだめなのかが事細かくネット書籍に載っている。そういう物を調べて時間を書けて自分の中で形にしていくことで人並みにはできるようになる。

だけど仕事場で他人仕事の配分等を決めたり、事前に根回しをして書類を通したり、手順書なしに仕事をしたりってのは壊滅的にできない。もともと理解が遅くて興味あることにしか取りかかれないし優先順位が常に曖昧なんだよね。脳の働きが普通の人より制限されているんだと思う。これが広汎性発達障害によるものなのかは、正直わからない。

仕事なんだから興味あるとか関係なくやれ、ってのはそのとおりだ。でも俺は自分の中に根付いたことの周りにしか幹や枝を伸ばせない。その根が人より細かったり歪だったりする。


俺は一般企業社会人としては全く使い物にならない。物事をきちんと理解して自分のものとするまで時間がかかり、適切な反復学習と意欲がなければ全く身につかない。こうやってどんどん人との能力に差が出てきており、いまはもう取り返しがつかない。逆に家庭の仕事は昔から反復をしておりある程度は身についている。なにより調べればきちんと知識としてでてくるし自分アップデートしている。仕事なんだから我慢すればいいとはおもうけど、自分性質社会からは完全に出遅れものである以上は周りの補助なしにこれ以上するのは危険だと思う。

それなら今できる主夫業のほうが全然向いている。料理だって凝ったものから時短までそこそこいける。アイロン洗濯も訓練されてきたし自分で調べたりしてできるようになった。子育て心配だけど自分で調べられる以上はおそらく大丈夫だ。

社会に出てないと世間知らずになったり技能が身につかない、という懸念はある。だけどいまやってる仕事一般的な社会の中では随分と小さなことしかしていないし技術的なことに関しては初歩の初歩どまりなことがおおい。もちろん知識を蓄えればそれなりに仕事は回せるんだけど、そこに自分が至れるのは50年以上先だろう。だったら専業主夫となにが違うんだろう。


普通の人より知識技能も知恵も劣る。だけどネット家族を駆使してインプットアウトプットをできる環境でなら活動ができる。おそらく俺は家やコミュニケーションが取りやす特定の仲間内およびネットの中でしか生きられない。知識アップデートして技術を磨く機会が家庭やゲームネットの中にしかなかったからだ。それも普通の人には劣るんだろうけど、社会人として仕事をするよりずっとよくできる。

問題は金だ。それが最大の懸念

2021-08-08

広汎性発達障害児の心理療法 岡田 珠江

いい話風ふれあいエピソードとしてちょ~どいい~ちょ~どいいわ~

家庭環境や筆者との交流を子供が熱中している鉄道にいい感じに絡めてるのがよくできている風でよろしい!

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kokoro/2/1/2_1_1/_article/-char/ja

母親の面接が主訴の改善を確認してEくんよりも先に終了することになった。その際にEくんと通じ合えるようになったこと、Eくんが友達ともかかわるようになったこと等も述べられた。

このときEくんは母親面接の終了を母親から知らされておらず、面接の場で動揺した様子を見せたが、それを契機にEくんとの面接終了の目途について話をすることができた。

Eくんは面接終了について「終わるんじゃない。休止だ。休止路線には線路がない。でも妻線はおもしろい。休止路線なんだけどアスファルトに線路が残っている。」と言った。

筆者は休止に際し、バウムテストを施行した(図 3;#63)。描かれた木は砂漠に生えた南天の若い木で、風が吹いていると説明し、E くんは「大きく育つよ!」と感想を述べた。筆者は砂漠は一見荒涼とした風景であるが、実は栄養分を多く含むので水さえ与えれば植物が育つ土壌であること、今後現実の対人関係の中で水を吸収していくことがEくんの未来に向けての課題ではないか考えた。そして何よりもEくんの感想を心強く思い、面接を終了することにした。

「終わるんじゃない。休止だ。休止路線には線路がない。でも妻線はおもしろい。休止路線なんだけどアスファルトに線路が残っている。」

中盤、交流が深まってきたと感じられる一方、怖い面も覗かせてちょっとゾクっとさせるのも引き込まれるポイント!

第3期(#17~#24):鉄道で内的世界を表現し始める

ポケット時刻表を毎回持参し、鉄道を色々なかたちで表現し始めた。具体的にはノートに書いたF鉄道の主要駅の構造を説明したり、廃線の本を持参してさりげなく見せたり、難しい漢字の駅名クイズを出したりした。筆者はEくんが大事な宝物をそっと見せてくれたように感じ、このEくんの内的世界の表現を一緒にじっくり味わうことを心がけた。Eくんは旧字体を好んだが、筆者はこれも廃線や廃寺に共通したEくんの内的世界の表現として受けとめた。

#20 にはEくんは初めて血縁が複雑さや自信がないことを言葉で表現した。

トランプでは、カードを住宅に見立てて金持ちの屋敷、貧乏人の荒屋、地価の変動等の話を作ってごっこ遊びをした。

学期の終了にまつわる話から「学校の破滅も近い。爆弾を仕掛ける!」と言ったり、トランプでの見立て遊びで「賄賂を受け取って見つかった!」「脱サラして事業が倒産!」「人殺しだ!皆殺しだ!」等と言ったりして、徐々にEくんの破壊衝動も現れるようになった。

ただ、論文ってこんなエッセイみたいなワンエピソードの読みやすいものだったのかなって。心理療法の効果も読み取りにくいし。

コメント、というか査読が3本あるけれどどれらからも評価はあまりよくない。

「心理療法の有効性をいう前に」 麻生 武

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kokoro/2/1/2_1_14/_article/-char/ja/

本論文は13歳の広汎性発達障害の男子に対する1年9ヶ月間のプレイセラピーの報告である。論

文としての弱点は、3点ある。1つ目は、広汎性発達障害の子どもたちへの援助がトータルにいかに

あるべきかを論じずに、「心理療法が必要か必要ではないか」といったきわめて狭い視点から論文が

執筆されていることである。対人関係・コミュニケーションの援助および心理的な援助が重要なこと

は言うまでもない。しかし、それらは果たして「療法」なのだろうか。広汎性発達障害の人たちのか

かえる困難の大きさを考えるときに、その生活へのトータルな理解と援助の重要性を考えるならば、

「心理療法」云々はあまりにも視野が狭いように思われる。2つ目は、アスペルガーや広汎性発達障

害の人たちについての従来の取り組みや諸研究が踏まえられていないことである。3つ目は、本論文

のオリジナリティである。「心理療法の有効性を示した」というのがオリジナリティであるとは考え

られないことは、1に述べた理由による。残念ながら、本論文は、論文としてのオリジナリティに欠

ける事例報告と判断せざるを得ない。

岡田珠江「広汎性発達障害児への心理療法」へのコメント 久慈 要

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kokoro/2/1/2_1_18/_article/-char/ja/

この論文は、その組み立ての構成、主張の提示、根拠付けに不満を感じさせるものがある。この再整理

が必要である。また、他の研究者の主張の理解に誤解があるようにも思われる。さらに、根本的な疑問と

して、広範性発達障害に対し、心理療法のみを適用しているように見える筆者のやり方は、一般的に行な

われている治療の考え方からも、筆者自身がこの論文で書いていることからも外れている。

岡田珠江論文「広汎性発達障害児の心理療法」へのコメント 小島 摩文

https://www.jstage.jst.go.jp/article/kokoro/2/1/2_1_16/_pdf/-char/ja

岡田珠江著「広汎性発達障害児の心理療法」では、「はじめに」において、論文の目的を「事例を通して

広汎性発達障害児の二次的な心理的情緒的な問題に対して療法が適用できることを検討」することだと述べてい

る。しかし、本論で扱われている事例は1例だけであり、このことをもって当該療法が適当か不適かを問うこと

はできないと考えらる。療法の妥当性をとうのであれば事例の量は当然相当数無ければならない。当該論文は単

なる事例報告であり、論文の評価としては-1とする。


さらに余談だが査読がランダムに、門外漢にも依頼されているようでみな苦言らしきものを呈しているとろこも面白い。

 査読ということで命を受けましたが、「『査読』というものは、ある基準を示すことであり、執筆者にその基準をクリアーするのに際してのアドバイスをすることだ」(麻生武,2004)と私も思いますので、門外漢の私の文章は単なる感想文にしかならないと思います。

 しかし、会の趣旨からいってこのようなことも本来無意味ではないと思います。ただ、私の力不足から無意味な議論になりはしないか不安にも思っております。

学会にまったく明るくないが掲載された

「心の諸問題論叢」

http://www.eonet.ne.jp/~aaa-zzz/

が電子ジャーナルであることや論文の投稿を一般(全世界)から公募していることなどから通常とは毛色が違うものが集まったのかもしれない。

 まず『心の諸問題論叢』には、これまでの学会誌には発表できなかった独創性のある論文が公表されるでしょう。なぜなら、査読者からの一方的な指摘で却下されることが、もはやないからです。反対に、薄弱な根拠や議論の甘い進め方は、容赦なく批判されるはずです。これまで学会誌に投稿して採択されなかった意欲的な著者には、査読所見に対する反論の機会を与えるので、論文の審査基準をめぐる議論を喚起することにもなるでしょう。

2021-08-05

職場にいる無能発達障害者をどうすればいいのか

以下、Aという人物の特徴



本来はできるはずなのに数え切れないくらいの失敗をしているため誰からも信頼されていません。筆記等の試験パスしているし受け答えはできるから知能の後れはない。けれど数々の事象から明確に発達の傾向があると思われます。A本人もそれとなく自身広汎性発達障害と診断された経緯を数名に伝えてあるそう。転職前に通院歴があったらしい。

ただ、Aはかつての治療ではコンサータ等の治療薬を服用するもあまり効果が無かったらしい。発達の治療社会復帰はかなり時間と労力を要するので人材不足地方会社対応するにも限界がある。こういう人を抱え込んだ場合、多くはどうしているのだろうか。

2021-07-06

仕事を辞めたい

自分仕事に向いていない。

そもそも基本的能力が無いのです。書類は必ず手順や記述を間違うし提出する時間場所も期限も人も禄に合っていない。毎月のルーティンもやっとできるようになったがそれでも直ぐに忘れてしまう箇所が多い。同じミスを繰り返さないことが難しい。いったい何回目なんでしょう。

一人で仕事を乗り切ったことが殆どいか成功体験も皆無。誰からも一目置かれることはなく、信頼もされない。自分でも出来ないことを自覚してます。出来ないことがわかっているから身が入りません。他人に聞くこともためらってます。聞いてよいのかもわかっていないから。これから何年経っても同じだろうと落ち込む毎日。今現在も言い出せない案件があるし

転職を数回繰り返しているのは、ほぼ自分能力が劣っているためでした。要求されたことが満足に出来ずに人間関係悪化した上での退職無駄試験はそこそこできたから落差が激しいのでしょう。


広汎性発達障害と診断された過去を持ちますが本当にそうなのかは今でも疑わしい。それ以前の問題のようにも思えるし、慢性的睡眠不足なのかもしれないし。全ての原因が自分にある以外にわかっていることがなく、仕事に支障があるとわかると退職を繰り返してます。今回でラストと思っていたけどもう無理なのかも。

2021-04-28

様式美グダグダいう人は3種類だと思います

・お堅い仕事の人で職業病的に気になる人

相手が知らないことを言って煙に巻いたりマウントを取ることが多い人

・気に入らない相手に対して手っ取り早く圧をかけたい人

職業病統一されたマナー存在すると若い時は思ってたけど、どうも違うらしい…

これね…私がADHD多めのアスペっぽい部分も持ってる広汎性発達障害から、ある時期まではマジで気づかなかったんです。

でも、落ち着いて考えてみると間違ってたり一般常識でないマナーで人を攻撃する人ってけっこう多いか

「あー好き嫌いを正面切って言えない人のあてつけの手法か」

ってなってる

個人的マナーを口実に人に攻撃する人間は一番キライです。

これが科学だったり、正解のある知識だったらまだいいんですが…マナー攻撃するのって

「それ本当に誰の目から見ても正解で、みんなが気にすることなの?」

みたいなのも含まれてるからマジで悪意でしかないです。

客観的な正解があったり、知ってて当然であろうモノで攻撃するなら、相手が変わるチャンスはあるからまだいいよ?

ただ、知識でもマナーでも重箱の隅をつつく攻撃ってもはやマウントとそう変わらない。

その人の問題にするにはあまりに酷だから少なくともぼくはやりたくないし、やるならフォローする

https://anond.hatelabo.jp/20140704171301

2021-02-01

anond:20210201032643

その前にまず考えるべきは、そもそも「人の心がわかる」とはなんだろうか?ということです。

あなた発達障害者の方々の心はわからない、と考えているわけですよね?

このとき発達障害者と健常者であるはずの、あなたの違いとは何でしょうか?


当たり前ですが、人は、他人の心はわかりません。しかし、だからといってデタラメに行動しているわけではありません。

人間には、他人の心を「推論する」仕組みが備わっているに過ぎないのです。

どうやって、推論するのか?それは、「自分だったらどう思うのか」を相手の心の動きとして仮定

ささいな仕草言動から自然にそれを逆算しているのです。

これがうまくいくのは、相手も同じような心の動きを持っているときです。

そうでなければ的はずれな推論になってしまます

ここで注目すべきは、「相手も同じように自分の心の動きを推論して動くだろう」ということも仮定されているということです。

広汎性発達障害一部の人々は、これを自然に行うことができません。

もちろん、心がないわけでも、他人の心を推論する知能がないわけでもありません。

この推論を直感的に、仕草などから類推する脳の機能障害があるということが原因、と考えられています


もちろん、こういったことを後天的に理詰めで学習すれば、しっかりとしたコミュニケーション能力を身につけられる方もいます

発達障害教育はまだ手探りの状態ではありますが、方法論としては成立しつつあります

当然ですが、実際には人間の心は多様ですから、健常者同士でも本当に心がわかっているかはわかりません。

また、テキストを介してやり取りする場合は、この機能は働きづらいと考えられています

人間の心の特性理解し、適切な距離を保ってインターネットを利用したいものですね。

2021-01-11

DV被害記憶喪失した母親にモヤる

俺が母親の胎内にいた頃から父親DVが始まって、物心ついた時には既に母親を殺しかねない程DVエスカレートしてた

母親は気絶するまで殴られたり水を張った風呂桶に窒息しかけるまで顔を突っ込まれたりしていた

俺はその一部始終をこの目で見てきた

小学校の途中で揉めに揉めた末に逃げるよう離婚が成立し、そこから母子家庭になった

不幸中の幸いで俺自身はたまに蹴飛ばされる程度で大した被害は受けなかったが、幼児の頃からDVを目の当たりに育ったので心身ともに悪影響は受けている気がしている

俺は10代後半になって周囲との違和と生活の困難とを訴えて精神科受診した

種々の検査を経た後に広汎性発達障害という診断が下った

俺より8歳年長の兄貴定型発達だし、親族には父親含めて発達障害らしき人が認められないので、もしかすると俺の発達障害(様の異常)というのは発達期に受けた面前DVが脳の発育に影響を及ぼした結果なのではないかという素朴な疑問を持っているというわけだ(以前に面前DVが小児の脳に与える悪影響に関する記事を読んだことから湧いた単純な発想)

これは本題から脱線してるので置いておくが、最近になって母親と当時の話をする機会があり、あれこれと訊ねている内に俺の記憶母親記憶殆ど食い違っていることが発覚した

端的に言うと母親は当時の記憶殆ど喪失していた

子供の前でDVを受けたことはない」

DVの内容も大したものではなかった」

と言ったもので、全体としての被害矮小化して記憶していた

正確には改竄と呼ぶべきなのかもしれないが、事実と全く食い違っていること、それから自身の心象とを加味して喪失とした

俺は現在、大まかに分けて2つの感情に直面している

1つは困惑

母親はなぜあれ程の鮮烈な被害体験喪失してしまったのか

俺が推測するに、陰惨な記憶を保持していることに精神が耐えられなくて、自己保全の為に無意識が半ば能動的に記憶を消却してしまったのではないか

自身も、上述した″蹴飛ばされる程度の被害″は受けているのだが、これは実は兄から聞いた話であり、俺自身は完全にその被害喪失してしまっており、未だに実感もないのだ

人間には本来この様な防衛機制が備わっているのではないか

もしくは母親の脳に健康上の異常が発生していて、記憶障害の様な症状が発生しているのではないか

そうであれば医者にかかるべきかと思うが、この記憶の食い違い以外で母親記憶力に問題を感じたことがないので、恐らく違うのではないかと思っている

いずれにせよ俺はかなり困惑している

もう1つは憤慨

母親DV被害者ではあるが、同時に面前DV加害者でもあるというのが俺の兼ねてからの持論であった

もちろんそのことを母親に向けて主張したことはない、と思う

しかし、俺は面前DV記憶にずっと苛まれて育った

離婚して以来、俺は登校すると発話に困難が生じて黙りこくってしまう、場面かん黙症という異常をきたした

そんな具合であったから、当然のように虐めにも遭った

小学校高学年にもなると遺書を書き残したり(思い返す度に恥ずかしくなる)、自殺未遂を起こしたりといったメンヘラ入門的タスクも達成した

幸いにも死に切る勇気がなかった為に今の現在まで死に損なったままだが、俺は20代を迎えてなお少年時代の陰惨な記憶の影響下に生きている

それなのに、当の母親はすっかりそんなことは忘れてしまったと言うのだから、少しは腹も立つ😡

こんな犬も食わない様な話を出来る友人もいなければ支えてくれる彼くんもいないので仕方なく増田に書く

俺は母親を責めるつもりはないし、わざわざ忘れた記憶を思い出させようとも思わない

しかし、この蟠った感情言語化せずには先に進めないと思った

2020-09-20

anond:20200920194200

幼少時から学校に行ってなかったので広汎性発達障害があった

発達障害学校に行かなかったか発症するのではないけど?

頭いいかもしれないけどバカだな

2020-01-22

anond:20200122182731

そのレベル共感力不足は、(安易罵倒語としてではなく)広汎性発達障害の恐れがあるから、一度検査を受けても良い。

よくわからなかったら、ほごしゃの人にこの増田を見せてそうだんしてね。

2019-11-22

anond:20191122113343

こういう増田もそうだけど、比喩表現とか冗談とか皮肉がわからない場合広汎性発達障害とかの可能性があるから、診断を受けてみるといいかも。

発達障害はいろんな訓練とか行動療法、投薬とかで出来ることもあるみたいだし、悪いものだと決めつけずに社会と上手く折り合いをつけるためにも自分のためにも自分のことを知るのは大事だと思う。

2019-10-27

anond:20191027082252

広汎性発達障害強迫性障害持ちだけど、あんな群れで圧力かけられる安易さに溺れてる多数派ムーブ大好き連中と一緒にされたくない。

2019-09-26

20年間発達障害者として生きてきた私の話

はじめに

私は幼い頃に発達障害と診断されました。当時は広汎性発達障害と診断されましたが、これは現代言葉で言うと自閉症スペクトラム(ASD)にあたります

発達障害というのは「自閉症スペクトラムADHD学習障害」と3つに分類こそされていますが、それぞれの症状を併発していることが珍しくなく患者を3つに区分するのは難しいそうです。たとえば私が持つ障害自閉症スペクトラム的なモノが主ではありますが、ADHD区分に入るモノもございます。この境界はとても曖昧なのです。

ですから自閉症患者ではなく発達障害者と名乗らせていただきます

早い段階で自覚できたということが幸いし、人にも恵まれたためこの障害と上手く付き合っていくことができました。それらについて思ってきたことをつらつらと書き連ねていきます

まず私の主だった症状を紹介しましょう。

上2つが自閉症的なモノ、多動性はADHD的なモノとなります。以下にそれぞれ項を分けて書いていきます

コミュニケーション障害

コミュニケーション障害”という言葉は”コミュ障”というネットスラング若者言葉として広まっていますが、”コミュ障”の意味するものコミュニケーション障害が指す症状はやや違いがあったりします。

何が医学的な”コミュニケーション障害”に該当するかと言えばたとえば吃音などがそうですし、言語習得が困難な状態も分類されるそうです。有名な症状は冗談婉曲表現などが理解できないことでしょうか。適切な言葉遣いや声色が出来ないということもコミュニケーション障害になります

喋ることが機能的に困難だったり、相手の言っていることが理解できなかったり、言葉の使い分けが出来ないことなどが”コミュニケーション障害”です。

コミュ障”っていうのは単純に会話が下手な人のことを指すのでしょう。医学的な”コミュニケーション障害”とは違った意味合いでしょう。でも相手のことも考えず自分の言いたいことだけベラベラ喋るタイプコミュ障は『適切な言葉遣い』ができていないということで医学的な方に該当するかも…。

で、私の場合は『適切な言葉遣いができない』という症状があるそうです(ベラベラは喋りません)。

だいたい思ったことをそのまま言ってしまっている、というのが友人らの指摘です。ようは空気が読めません。

人のコンプレックスを平然と口に出したり、みんなが思っていても心に秘めていることを言い出したりとにかくドストレート。分かりやすいところで言うと、先生のつける香水に対して「臭いですね」と言ったことがあります

しかしまぁ困ったことに、やはりこれもどこら辺が変と思われるのか分からないんですよね。上述の例だって「お前そういうことを口に出すんじゃないよ」とか言われたかダメなことだったらしいと理解しているだけです。自分の知らぬうちに変な発言は多分しているし、モロに変な顔をされるときもあって最近は「俺また何かやっちゃいました?」という文言が頭に思い浮かびます

「そういう特徴があるらしい」とは理解できても、いつ発揮されるのかなぜ悪いのかということは理解しにくいことは自閉症的、ADHD的な症状の共通点かもしれません(私は学習障害ではないので、それについては何とも言えませんが)。

とにかく自覚がない。「発達障害なんだよね」とカミングアウトするも「例えばどんな症状があるの」と返されると、何が悪いのかはイマイチ分かってないせいでうまい実例が思い浮かびにくい。それが発達障害者です。まぁ実例を挙げられなくても、そのうち向こうが実例に立ち会うので心配ございません(心配ございますけど?)。

他人に無関心

他人に無関心”というのはそのままでございます他人からどう思われてもいいし、世間体無頓着なのです。社会性がないと言い換えてもいいでしょう。

自分が変と思われても、物心ついた時から「変である」とずっと言われているので今更どうとも思いません。尖った性格ですから万人受けしようはずもないのですし、誰かが私を嫌って近寄らなくなるならこちらも諍いがなくて済みます

オタクの方に分かりやすく言えば、現実でもツイッターみたいな付き合い方をしていると考えてください。

特に気兼ねなく自分の思ってることを言うし、その結果フォローされれば嬉しいしブロックされるならまぁそれも良し。自分も好いている人はフォローするし、嫌いならブロックする。まさしくああいう感じです。

この症状こそ自閉症自閉症たる所以でしょう。こんな風に思っているか障害を抑えようともせずに、結果世間から浮くということになるのです。

上述しましたスラングの”コミュ障”は『社交辞令のような世間話が苦手』なんて特徴を指したりもしますが、他人への無関心さから自閉症患者も同様に世間話が苦手だったりします。

というのも自閉症患者は”他人に無関心”ゆえに友達でもない人と世間話をする意味が分からないのです。だって楽しくないでしょう。緊張してできないというより、やる意味が分からずできないのです。無言になろうが無関心だからどうでもいいのです。

この世間話に関する感覚のズレに気付いたのはつい最近だったりします。発達障害でない人の感覚が分から比較ができないため、障害自覚していてもどこが変なのか気づきにくいものなのです。

今書いていて気付きましたが、自分は平気だからって無言でいたら相手に気まずい思いをさせることになるのですね。なるほどそれで変な目で見られたのか!

まぁこんな風に自身がなぜ悪いのかということを私は全然理解できていないのです。期せずして良い実例ができました。

では他人はどうでもいいか無作為に人を傷つけたり公共の場でなんでもできるかと言われれば、そうではありません。なぜかと言えばそれは自分で見ていて不快だと理解できるからです。自分が嫌だと思うことは嫌なのです。

他人に優しくすることもありますが、それは見過ごしたら気持ちいからだとか、古典的に言えばおてんとうさまが見ているからとかという理由です。自分尊厳のためです。つまるところ、自分本位なのです。

薄情に思えるかもしれませんが、友人とは一緒にいて楽しいからます家族大事にしたいか大事にしています自分で言うのもなんですが、こう素直に生きられるのは素敵だと思うのです。

世間の人が社会で感じるストレスを感じずに済んでいる気もしますし、この症状は特にお気に入りだったりします。

多動症

そして最後は”多動症”という部分なのですが…これが問題

まず多動症イメージを伝えるなら”落ち着きがない”です。

まず私はジッとしていられません。私は常に体が揺れているそうです。座っていてもやや揺らいでいるとか、自転車こいでいるとまっすぐ進んでいないとか色々言われます。これは本当に自分ではまったく意識していないことなのです。昔はとてもひどかったようで、散髪に行くと髪を切る人のほかに頭を抑える人がついていたりしたものです。

あとは突っ立っていることが苦手で、人を待つときなどは近くをウロウロと歩き回ることが多々あります

これだけならまぁいい方ですが、多動症というモノはこれだけで終わらないから厄介なのです。

多動症を持つ人間は致命的に集団行動が苦手です。

例えば、学校では整列をする機会が多くあるでしょう。多くの人はその列からなんとなく離れがたいというか、乱してはならないという集団の磁力のようなものを感じるはずです。しか多動症人間はそういった意識が弱いのです。

ゆえに人にかまわず突拍子もなく動き出してしまます。私としては突拍子なく動いているつもりはないのですが…。

私は友人らと固まって歩いていても、何か気になるモノがあれば集団から抜けてそちらの方に歩いていってしまます。旅などでは特にそうですね。「よくいなくなる」と言われます

いやこれに関しては本当に申し訳なくは思ってはいます。ただ本当に集団意識が皆無でして、浮かれて気を抜くとこうなってしまうのです…。

これも幼い頃はもっと酷く、幼稚園からよく脱走していました。悪いことをしている意識もなく「帰りたいから帰る」というごシンプル理由自主帰宅していたものです。

これに関してはまるで制御が及びません。

いや、散髪中に頭を抑える係が来なくなりましたし帰って良い時間までは帰らなくなりましたし成長はしたのです。落ち着きレベルを-1000から-100にはしただけ頑張ったのです。それでもマイナスなだけで。

なんとまぁ手前勝手な性分なのかと、自分でも呆れるくらいです。

苦労したのは私よりも担任や両親なのでしょう。

こんなにも迷惑をかけたというのにこのことでボロクソに怒られた経験もありませんので、私は先生にも親にも恵まれています。-100に出来たのはこの人たちのおかげなのです。

おわりに

さて以上のような障害がございましたが、私には一つ医師からも明確に欠点と言われているがございます

それは”自分客観視できない”という点です。

この文章から察する方もいるでしょう。自分ことながら「~~らしい」だの「~~だそうです」だのそういった言い回ししか出来ない部分が多いのです。

しかし「自分発達障害である」としか理解していなかった”自分客観視できない”私がこうも自分障害理解できるようになったという点は、なによりも成長した部分だと思うのです。

こんな風にたとえ話だとか実例だとかを挙げて説明をできるようになるというのは、発達障害者としては快挙なのだと思います。こうやって理解が進めてこられたから、今私はこの障害を負い目と思わずアイデンティティとして大事にしていられるのです。私は、自分に正直でいられる私が大好きです。

「なんとわがままな奴か」と私を嫌悪する方もいらっしゃるしょうが、人は所詮わがままものです。中途半端に取り繕うよりはいいかなと思っております。というか、そういう風に受け入れてくれている方以外は離れてくれて構わないのです。

ただし我々発達障害者が人に迷惑をかけている時はぜひとも言っていただきたい。まことに恥ずかしいことではありますが、私は何歳になってもハッキリと言われないと分からないのです。

私を育ててくれた先生方、両親、友人には感謝の念でいっぱいでございます

この記事発達障害者の共感、そうでない方から理解に役立つことを祈って締めさせていただきます

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん