「痴呆症」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 痴呆症とは

2021-09-27

anond:20210927101514

ボケ痴呆症認知症痴呆症を抜いた流れとは同じじゃねーの

ボケの諸症状だって昔は病気とは思われてなかったけど、まぁ、実際には病気だったわけで

ひきこもり病気の症状ではないとは言い切れんだろ

ひきこもり」の表現社会的距離症候群”に変更をってので、

痴呆症認知症に変更された例を出すのは的外れにも程がある

ひきこもり」というのは学校会社に行けなくなった結果単に定期的に行くところがなくなったというだけの状態なのであり、別に病気の症状ではないのだから

痴呆症認知症に変えた事例で言うなら糖尿病高血糖症とかに変えろという主張で使うべき。

いやほんと、「ひきこもり」は今のままの呼び方別に問題いからそれよりも糖尿病の方の名前を変えろ

2021-09-24

天皇

T局のR部門の豚天皇

以前痴呆症の様に机バンバン叩きながら昔のあること無いこと話す人(フェニックス台湾チンポ師匠弟子)のR番組で豚 (SNOKKNあるいはTNKKN)のことを天皇呼ばわりしていたが、実際T局内ではそういう扱いなんだろうなAアナ同様に。

以前から自身のRで『後輩GにPになるんじゃないか』とか延々と自分はいかにもPしてないみたいにいいながらも過去番組ではPに該当するようなことしまくってたあいつ。

その化けの皮が剥がれただけだよあの報道は。

アイツはそういう人間なんだよT見てればわかるだろ。

N(E)のアレ降りろ。

2021-09-22

anond:20210922223207

辛い

なお、うちも泣くところまでは一緒だが理解しない模様

 

痴呆症になった時に見分けようがない

からおかし

2021-09-13

看護師痴呆症高齢者相手赤ちゃん言葉を使うのが耐えられない

親が定期的に検査入院するので普通の人よりは入院病棟に行くのだけど本当に驚いた

看護師痴呆症高齢患者への言葉遣いが完全に赤ちゃんやす時の赤ちゃん言葉なのである

食事を口に運んだら「はいもぐもぐごっくんしましょうね~」

歯を磨き終わったら「はいぐちゅぐちゅぺっしましょうね~」

鼻水出たら「はいお鼻ちーんしましょうね~」

いくら痴呆症でもこの扱いは無いでしょうよ

看護師人達自分が将来痴呆症になった時に赤ちゃん言葉で赤ちゃん扱いされて平気なんだろうか

自分は将来いくらボケたとしても歳相応の言葉遣いで応対して欲しいので一筆書いとかないととか余計な事を考えてしまった

あと最後の方は完全にボケ祖母がまだ時々戻って来てた時にオムツウンコしたのが仕方ないのは分かった上で耐えられないって泣いてたのを思い出した

anond:20210912221401

ピケティのその主張と

日本の没落は矛盾しないだろう

全体の平均が上がってることと

かつての秀才が加齢で痴呆症

掛かっていることは矛盾しない

2021-09-02

anond:20210902141809

高齢痴呆症からすぐに増田に戻ってきて叩かれるの繰り返しを毎日ループしてるのですw

2021-08-10

anond:20210810173000

あなた痴呆症

かっこいいことばかりいっても

漏らすようになるのよ

糖尿病生活習慣病と呼ぶの、もうやめませんか」という記事があったけれど

それよりも「高血糖症を糖尿病と呼ぶの、もうやめませんか」と言いたい。

絶対、『糖尿病』という『尿』のついた病名がスティグマを強化して病院に行くのを躊躇させてるだろ

精神分裂病統合失調症に、痴呆症認知症に変えたんだから糖尿病もいい加減名前を変えて欲しい

2021-08-03

二階さんって痴呆症

って前に書いてあったな

2021-07-02

評論家立花隆、「ゲーム脳日本が滅ぶ」と予想するマヌケだった

ジャーナリストノンフィクション作家として有名な立花隆

「ぼくの血となり肉となった五〇〇冊 そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊」で、次のような予測を書いている。

日本はそのうちゲーム脳人間蔓延で滅びるのではないか。(P.329)(2002年10月)

馬鹿である

滅びるどころか、テレビゲーム社会に浸透し、eスポーツとして社会に益をもたらしている。

そもそもゲーム脳」とは何か?

日常生活ゲームに置き換えて考える脳」ではない。

ゲーム脳提唱した森昭雄によれば、テレビゲームプレー中、

前頭前野のβ波がα波に比べて低くなる。

β波が低くなった状態は、痴呆症認知症)の脳波と一緒になる。

考える力が衰えた状態が、ゲーム脳なのだと。

まりテレビゲームは脳に悪い」という説だ。

森昭雄学説実験については、ゲーム脳を支持した連中に負けないくらい、反論批判が多い。

森昭雄実験に使った「α波β波解析用携帯脳波計」に問題があるとか、

被験者の集め方、被験者への意見の聞き方に問題があるとかだ。

さらなる問題は、ゲーム脳肯定し、いい加減な結論を下した立花隆だ。

立花隆2000年代前半に話題となった「キレる若者」についても、鵜呑みにしている。

最近の若者羞恥心がない」「若者の相当数は脳機能が低下してる」などの俗説を、無批判に垂れ流している。

考えなければならないのは、ゆとり教育週五日制になった結果、子供たちがいちばんふやした時間テレビゲームに費やす時間だったという事実だ。(P.329)

豊富反証によって、ゲーム脳エセ科学認定された。

立花隆は「知の巨人」と名高いが、とんだお笑いぐさだ。

デジタルゲームeスポーツの発展において、立花隆の言説は害悪だ。

死んで良かった。

2021-06-17

anond:20210617162846

自民与党として今時点では必要だけど、立民は野党として必要ない

野党役割果たしてない

コロナ流行しはじめた時はサクラサクラサクラしか言ってなかったのに、1年後には自分たちコロナ対策給付金について言及してきたとかい痴呆症政党だもん、本気でやばい

から国民民主を育てる必要があるという増田の言い分は真っ当だと思ったよ

将来、ノウハウがない万年野党与党になれるか、それで政権を回せるのかという問題は必ず出てくると思うが、

まずはまともな野党として育てっていってほしいね

そして、成長した暁には与党として政権を任せてみようと思える、安定した国際情勢になっていて欲しい

流石に中国戦争仕掛けてきていたら政権交代は厳しいし…

2021-05-16

anond:20210516021157

今日情弱ハゲ無職高齢痴呆症なのをいいことに

下半身裸で汚い停留睾丸ぶら下げてるのを見せながら乗り込んでは

訳のわからないことを供述しており…

2021-04-11

anond:20210411135012

昔の飼い犬はそんな感じで残飯食べてて栄養過多が原因で内蔵を悪くして死んでいった。

だいたい寿命は10年程度だったと聞く。

最近ドッグフードは低カロリーだけど必要栄養はあるとか高品質な物が当たり前になった。

そして犬の寿命も伸びたが代わりに足腰をやられるとか痴呆症になったとか介護必要な老犬が増えた。

今のほうが正しいのだろうけどペットを飼うということに飼い主のハードルは高くなっていると思う。

2021-03-04

anond:20210304123215

痴呆症ってのは50から発症するもんなんだよ。

はてな創成期に成人迎えてたあたりの奴らはそろそろ痴呆は逝ってんだろ。

2021-02-02

anond:20210202003318

8-2となると定年退職して子供2人に孫、下手したら曽孫もって状況で、

最近痴呆症気味であることを自覚しつつある自分配偶者終活として、

終の住処や遺産相続自分たちの死後の葬式などを真剣に考えるくらいのレベルだろう

2021-01-28

anond:20210126215835

b:id:uva知的障害の子供を捨てる方法はないらしい」これがこわいよね。社会責任を取れといって許さな

この人の親も行政も、この人が痴呆症になっても捨てる方法がないし、もっと早く事故災害障害を負っても捨てる方法がない

けどこの人のように子供を捨てることを肯定的検討できてしまう時点で、この世界では子供の人権がいかに低いままなのかよくわかる

2021-01-26

[]2021年1月25日月曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0011117806160.443
018212434151.649.5
0236296182.341
0334235669.342.5
04315026162.158
05152643176.271
0692848316.4130
0746333372.535
08969853102.644
0992879495.645
101561472994.443.5
1116719713118.054
1218221031115.641
131381353798.150
1411719153163.732
1512318942154.043
1614118098128.454
1714119510138.443
1818319783108.149
191611247577.537
201401040974.431.5
211191009284.840
221921258265.532
231991520476.426
1日2711293312108.241

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

foreach(22), 骨肉の争い(3), インクリメント(4), 映画秘宝(4), 信用金庫(6), ヒュンケル(3), 七福神(3), 燃(6), 信金(4), 熱源(4), 終端(3), for(32), 専業(11), 文学(12), goto(8), DM(10), ワクチン(36), 副作用(10), 女子大生(6), GOTO(10), 腸(6), ループ(9), ゆ(8), 介護(21), 摂取(10), 危険性(7), 子宮(7), 育児(24), 憎悪(7), 論文(15), パートナー(16), 緊急事態宣言(16), BL(22), コード(13), 発達障害(15), 支え(12)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

■娘の性欲が理解できない /20210123154953(19), ■ぐれ@gureshi_dbとかいう超ブロリー界隈の害獣 /20210125153558(18), (タイトル不明) /20210125085238(13), ■なぜ女だけが妊娠出産犠牲になるのか /20210124125604(12), ■「推し、燃ゆ」読んだ。生活悲惨な人は趣味が何でも悲惨。 /20210125174505(12), ■今の自分がまともかどうかを検証する方法 /20210125200528(12), ■統計学素人GoToトラベル論文斜め読みする /20210125115059(12), ■「よき」やめろ /20210125113410(11), ■従来のFor文は無限ループ可能性があって危険から使うと怒られるってマジ? /20210125095954(11), ■次男っていうだけでこんなに不遇なのは普通? /20210125161234(11), ■中年男性による「BTSの顔覚えられない」ブログが女にバズってる /20210125111934(8), ■コロナ禍で家族がハマったもの /20210124195303(8), ■みんなが大好き、和歌山県第3区県民です /20210125131814(7), ■自分で産みたい男の存在無視しないで欲しい /20210125064849(7), (タイトル不明) /20210125223757(7), ■次の時代西欧パブリックエネミーは中国日本韓国になるのでは? /20210125112515(7), ■最近オタクってさ薄いよね(特に女) /20210125165845(7), ■理解のある彼君が多い割に、性被害に遭った彼女を見捨てる男は多い /20210125101243(7), ■『理解ある彼くん現象』ってなかなか興味深いよな /20210124135804(7), ■顔面ニキビ常勤から非常勤になった /20210125173104(6), ■西田のプボバポペは面白いの? /20210125175517(6), ■二階さんって痴呆症? /20210125110329(6), ■二次創作における、原作否定お気持ち表明 /20210125174359(6)

2021-01-25

二階さんって痴呆症

二階さんが言ってるんだけど

この日本語は難し過ぎて意味が分からない

記事の取り上げ方がよく無いのか?

メシを食った、どこで食った、アホらしいね。我々はどこの会合で何を食ってきたか全然覚えてないわな。食事合いの手っちゅうか、そこにあるから時間つぶしになるわけで、そんなもんがあろうがなかろうが話の場をつなぐ。世の中ではその食事にこそ関心がある。話の内容にこそ、真がある

2020-12-28

続 肉を食っても(倫理的に)かまへんやんか

anond:20201228215958

限界事例の人たちにも人権があり、危害を加えてはならないを削除する

 ホッブスの言う「自然状態」を考えよう。これは自分他人倫理的な制約に縛られない状態で、誰を殺そうが誰に殺されようが文句は言えないという社会である。こんな状態では暮らしていくことが出来ないので、人々は「契約」を結んでお互いを拘束し合う。人々は「契約」によって自分自由に行動する権利を一部放棄してお互いの権利尊重あい権利を守り合うための制度規則を共同で守ることにする。もちろん、このような「自然状態」と「契約」が本当にあったのか?という疑問はもっともなものなのだが、それはまた大きな話になるので、ここではとりあえず人々は何らかの「契約」をしたという立場から動物権利を考えていくことにする。

 さて、このような「契約」を結ぶためには、例えば自分権利認識したり、その権利放棄/移譲したり、約束責任持って守ったりなど、それなりの程度の能力(以下では契約能力と呼ぶ)が必要になる。大型類人猿などの研究が進み、それらがかなりの認知能力を有していることは確認されつつあるが、それでも上記のような契約能力を持っているとは言えないだろうし、ましてや牛や豚や鳥に契約能力を認める人はいないだろう。したがって、人間動物との関係はいまだ「自然状態」であり、お互いを好きに殺して食べて良い関係だということになる。もちろん、「自然状態」だからといって牛や豚や鳥が人間を襲ってくるわけではないが、それは動物たちが「契約」を尊重しているからではない。

 一方で、人間契約能力があるといっても、その大きさは各人で異なるのは確かである。私のような凡人と、高潔思慮深い偉人との間には契約能力に差があるはずであり、それでは我々が動物を好きにできるように、偉人は凡人である我々を好きにできるとも考えられる。この問題解決するために、範囲性質(range property)という概念を導入する。これは、ある最小限の契約能力を有していれば、その差は考えずに同じだけの権利が認められるという考え方である。ここでいう最小限の契約能力がどのようなものかは議論があるだろうが、リバタリアンである私としては、「"個々人が別々に存在し、自分人生自分責任で辿る"ということを認め、お互いの権利判断尊重し合う」能力としたい。この能力から、お互いの権利尊重すること、そのために自分自由の一部を放棄することなどが直接的に導かれる。また、個々人が別々に存在してお互いの権利判断尊重することから、そのような最低限の能力を有していればその差を考えずに同じだけの権利が認められるという範囲性質も満たすことができる。

 しかし先にも書いたように、最低限の契約能力(それがどのようなものであれ)を持った人間けがお互いの権利尊重し合うという主張からは、上記のような最低限の契約能力を持たない限界事例の人たち(例えば乳児、重度痴呆症、ある種の知的障害者など)の権利制限しても良いという主張が直接的に導かれてしまう。この問に、私は「そのとおりである」と答えたい。

限界事例の人たちと動物たちをどのように扱うべきか

 ここでは、限界事例の人たちから将来に契約能力を有すると見込むことができる相手(例えば子供)とできない相手(例えば重度の痴呆症、ある種の知的障害者動物)とを区別する。

 将来に契約能力を有すると見込まれ相手に対しては、相手契約能力を有した将来のある時点から現在を見たときに、その権利制限にある程度の妥当性が有ると判断できる範囲でのみ権利制限することができる。これは別に現在日本でもおかしな話ではなく、例えば20歳になるまで飲酒喫煙禁止されているし、18歳になるまで選挙権は無い。端的に言えば、嫌がる子供を押さえつけて歯を磨くことは許されても、レイプすることは許されないということである。このため、子供についてはたとえその子供が契約能力を有する人間大人)が保護していないとしても子供本人に権利があり、契約能力を有する人間と同様の制限なしに殺したり人体実験に供したりすることは倫理的に許されない。

 一方、将来に契約能力を有すると見込めない相手については、その相手保護する契約能力を有する人間の"被保護者"としての従属的権利しか有しないとするのが妥当だろう。つまり、本人の同意ではなく保護者の同意によって本人の"扱い"を決めてよいということである。この"扱い"には子供とは違い、「その権利制限にある程度の妥当性が有ると判断できる範囲でのみ」という制限は無い。なぜなら、その判断をする将来が存在しないかである。したがってもちろん、殺して食べるという扱いでも構わないことになる。しかしながら、どんな動物も誰もが自由に殺すことができるわけではない。"被保護者"としての権利は有している以上、自由に扱ってよいのは"保護者"が居ない相手だけである。牛や豚や鳥を食べて良いと言っても、他人保護している(ペットとして飼っている)動物保護者の意見無視して食べることは出来ない。また"被保護者"に対して殺すなどの本人に害のある何らかの重大な判断を下そうとする保護者は、自分の代わりに保護したいという契約能力を有する人間が居ないことを確認する倫理的義務がある。もし、限界事例の人たちや動物たちが殺されそうになったなら、契約能力を有する人間福祉団体なども含む)は誰でも、以後は自分責任を持って保護すると約束して必要なら金銭的な保証なども含めて以前の保護者と合意することで、殺すことを止めることができる。(食べるために)殺してよいのはそのような保護者が名乗りでなかった相手だけである

まとめ

倫理判断普遍可能である

遺伝差異自体差別をする理由にはならない

動物人間と同じように苦しむ

認知能力契約能力等、動物人間区別する道徳的重要な違いとされている違いは人間同士の間にも存在する(すなわち、限界事例の人たちが存在する)

限界事例の人たちにも人権があり、危害を加えてはならない

これらの組み合わせから容易に「動物にも「人権」があり、危害を加えてはならない」という結論が導ける

ことを認めた上で、⑤を削除して肉食を擁護した。

 限界事例の人たちや動物から、将来契約能力を有すると見込まれ子供とそれ以外を区別した。前者はその子ども自身契約能力を有するようになった将来において権利制限にある程度の妥当性が有ると判断できる範囲判断するだろうと見込める範囲)でのみ権利制限が許されるとし、後者契約能力を有する人間の"被保護者"としての従属的権利しか有しないとした。ただし、"被保護者"としての権利しかさないとしても保護者が自由に扱えるわけではない。"被保護者"に対して殺すなどの本人に害のある何らかの重大な判断を下そうとする保護者は、自分の代わりに保護したいという契約能力を有する人間が居ないことを確認する倫理的義務があり、(食べるために)殺してよいのはそのような保護者が名乗りでなかった相手だけである

 最後に、この結論を受け入れた社会がどうなるかを現在との比較から想像してみたい。子供については、現在と変わらないことは説明した。それ以外の限界事例の人たちについては、現在広く受け入れられている「人権」よりも若干制限されることになる。しかし、実質的には扱いは変わらないだろう。現在でも彼らの扱いは最終的には保護者の意思で決められる。上記のような社会で誰も保護しようとしない限界事例の人たちが殺されたとしても、現在でも誰も保護しようとしない限界事例の人たちは死んでいるので同じである上記のような社会では限界事例の人たちが捨てられることになり問題だと言う人が多いならば、その人達積極的保護するだろうし、少なくとも福祉団体寄付をするだろう。介護疲れから無理心中が起こっているような現在に比べて、福祉団体に大きな人的・金銭支援がなされる社会は、現在よりも限界事例の人たちにとって生きやす社会と言える。


 以上、倫理的観点から肉食を擁護した。この結論について、私を差別主義者であり倫理的に許されないと批判したい方々はもちろん居るだろう。ただし、もしあなたが肉を食べているなら、私を差別主義者と批判しながら肉を食べることについて、その判断をどう倫理的に許容しているのか一度考えてみてほしい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん