「citizen」を含む日記 RSS

はてなキーワード: citizenとは

2018-04-06

anond:20180406162450

区民もよろしく。

CITIZENとCIVICの違いか

知らんけど。

2017-05-30

[][] アジア戦争の準備 Preparation for the Asian War

共謀罪」と「犯罪のもみ消し」の親和性~権力犯罪隠蔽も容易となる共謀罪~ : 東京法律事務所blog http://blog.livedoor.jp/tokyolaw/archives/1066080724.html

 

日本は今、戦争対応するための法整備をしているように見えます

 

日本中国戦争をやらされるのは、既定路線だと思います

ドル保有国の1番が中国で2番が日本です。

中国日本戦争すれば、多くのドルを浪費します。

ドル管理人たちは、日本中国からドルを回収できます

 

アジア歴史は、欧米による蹂躙歴史です。

アジア各国が連携したら、アジアは強力な勢力になります

アジアを分断して、各国の力を弱めておけば、欧米アジア管理やすいでしょう。

アジア人歴史から何も学ばなければ、アジア人同士が戦争を起こすように欧米から煽られます

 

幸い、日本では「移動の自由」が保障されています。(憲法22条)

アジア戦争が起きても、安全を確保できるように、海外にも生活拠点を確保しておきたいです。

日本富裕層は、シンガポールなど海外にも住居を確保して、和僑在外日本人)のネットワークを築いています

 

日本が再び戦争突入したら、国民は「お国のために命を捧げましょう」と洗脳されるでしょう。

政府命令に従わなければ、非国民として逮捕されるでしょう。

楽観的な人は、何もしないで今のまま暮らせば良いのかも?

(アリとキリギリス

 

Japan seems to be doing legal preparetion to respond to the war now.

 

I think that the war between Japan and China is the established policy.

Number one in dollar holding country is China and number 2 is Japan.

If China and Japan war, we will waste a lot of dollars.

The dollar managers can collect dollars from Japan and China.

 

The history of Asia is the history of trampling by Western countries.

If All asian countries cooperate, they can make the powerful area in Asia.

If Asia is devided the Asia is weaken, and they are easier to manage by Western countries.

If Asians do not learn anything from history, Asians are encouraged to war with each other.

 

Fortunately, "freedom of movement" is guaranteed in Japan. (Article 22 of the Constitution)

For the preparetion of Asian war, we should get the house residence overseas to ensure safety.

The rich people in Japan have already get residence overseas and build the network of Japanese. (ex. in the Singapore)

 

If Japan go into war again, the people will be brainwashed, "Let's give your life for the sake of our country."

If you do not obey government orders, then you will be arrested as a non-citizen.

Maybe an optimistic person should live as it is without doing anything?

(The Ant and the Grasshopper)

2016-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20160516102150

言われてみれば…というレベルなので、今度電子マネービューアを忘れた時にやってみようと思います

そして、電子マネービューアはいまいち流行らなかったなあ(キングジムRELETを3つ買い、CITIZENのビューア付き歩数計を2個買ったくち)

2016-04-12

間違った事は正さないといけないです。

 警備業法に記帳されている教育(新任30時間・現任教育上期8時間・下期8時間)は義務付けられています。1級の検定保持者や警備員指導教育責任者の有資格者じゃなく普通の隊員がこの新任教育や現任教育を受けないとその後の半年の警備の仕事には就けないです。受けないと業務に就けなくなり経済的死活問題になる教育です。

そこで教育する会社の選任警備員指導教育責任者が嘘を云ってはいけないですよね。その中で「現場で警備業務以外にタッチするな!」選任警備員指導教育責任者が云っていました。この事はこの会社の建前だったのでしょか?

昨年の11月に建設現場でそこの職員の指示で保安要員で行っている警備員看板雪下ろしさせたり路上を竹箒で掃かせたりといった事をさせていました。その時問題あるからその事を現場警備員責任者に云ったのですが、一向に改善せず、この事を某所にメール送信したら警察が動いたことでユーザーお客様)の建設迷惑をかけた事で2月25日に警備会社に呼ばれに解雇予告通知書を部長から出されました。ただ地方公務員問題があったから動いたのでしょう。私は最終的に職を失いました。

この件を匿名労働基準監督署に問い合わせしたら公益通報者保護法に該当すると云っていました。

同じ内容を役所送信たらこういった解答が来ました。

役所の推進につきましては、日頃から特段のご配慮を賜り厚くお礼申し上げます役所の窓口です

意見いただきました、交通誘導員についてお答えいたします。

 本件につきましては、交通誘導に支障とならない範囲で警備会社の指示、交通誘導員判断により看板雪下ろし等を行っていたことを確認いたしました。この行為につきましては、警備会社の指示であるため「労働派遣法」に違反しておらず、かつ行為自体も「警備業法」に違反していないことから問題はありません。

また、某所による指導についてですが、某所へ確認をいたしましたがそのような事実はありませんでした。

引き続き、適切な道路管理に努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

ただ警備会社がこういった事を指示したら不味いですよ。

 以前、役所安全大会で警備業協会部長が「警備業務以外でケガした場合労働災害保険適用されない」と云っていました。

この件は YAHOO知恵袋質問しました。

 YAHOOへの質問・警備会社現場に行く警備員業務以外の看板の雪降ろしや竹箒で路上を掃かせたりする指示を出したら問題無いでしょうか?

YAHOOの答・警備業務中はさせたらダメです。現場交通状況によっては受傷事故の原因にもなりかねないですから。ただ作業開始前や終了後に自主的に行うような指導を行うと取引から会社や、その本人の評価に繋がってくると思います

 こういった解答が来ました。

企業の社会的責任

企業の社会的責任(きぎょうのしかいてきせきにん、英語:corporate social responsibility、略称CSR)とは、企業利益を追求するだけでなく、組織活動社会へ与える影響に責任をもち、あらゆるステークホルダー利害関係者:消費者投資家等、及び社会全体)から要求に対して適切な意思決定をすることを指す。CSR企業経営の根幹において企業自発的活動として、企業自らの永続性を実現し、また、持続可能な未来社会とともに築いていく活動である[1][2]。企業の行動は利益追求だけでなく多岐にわたるため、企業市民という考え方もCSRの一環として主張されている[3]。貢献度の指標としては功利主義的なSROI(社会的投資利益率)を挙げることができる。数値指標ピグー税議論されるような検証不可能性という問題が残る。

そこで、無責任企業発見し淘汰する消費者世論社会的責任(consumer social responsibility) 、あるいは市民社会的責任(citizen social responsibility)が必要不可欠と考えられている。社会的責任投資(SRI)はより直接的に評価する。国際標準化機構ISO)では、対象企業(corporate)に限らないという見地から社会的責任(social responsibility、略称SR)の呼称国際規格 ISO 26000 を2010年11月策定した。日本語にも翻訳され、JIS Z 26000 「社会的責任に関する手引」として2012年3月に制定された[4]。

企業コンプライアンス

企業コンプライアンス(きぎょうコンプライアンス、regulatory compliance)とは、コーポレートガバナンスの基本原理の一つで、企業法律や内規などのごく基本的ルールに従って活動する事、またはそうした概念を指す。ビジネスコンプライアンスという場合もある。「コンプライアンス」は「企業法律に従うこと」に限られない「遵守」「応諾」「従順」などを意味する語だが、以下では主にこの語を使う。なおRegulatory complianceは直訳すると「規制追従」という意味になる。

今日ではCSR(corporate social responsibility の略。企業の社会的責任履行)と共に非常に重視されている概念、仕組みである

2000年代から法令違反による信頼の失墜や、それを原因として法律厳罰化規制の強化が事業の存続に大きな影響を与えた事例が繰り返されているため、特に企業活動における法令違反を防ぐという観点からよく使われるようになった。こういった経緯から日本語ではしばしば法令遵守と訳されるが、法律規則といった法令を守ることだけを指すという論もあれば、法令とは別に社会的規範企業倫理モラル)を守ることも「コンプライアンス」に含まれるとする論もある(後述の「コンプライアンスモラル」参照)。また、本来、「法的検査をする」といった強い実行性をもっている。

 本州の方の警備会社はこういた事確率してきているようです。先月末までの会社のこういった事はいい加減なようです。

2015-09-20

置き時計デザイン昭和すぎる

5年位使っていた電波目覚まし時計電池の液漏れでこわれてしまったので、新しいものを買おうと思い、ネットで下調べをした。

いままで使っていた、比較シンプルデザイン製品生産終了となっており、別のものを探さなくてはならないことがわかった。時計メーカーサイトAmazonで30分くらい探し続けて、驚いた。

どのメーカーデザインも、30年位前から全く変わっていないように見えるのだ。というか、ばーちゃんの家に行くと置いてあった昭和40年代の時計と大差ないように見える。

SEIKO

http://www.seiko-clock.co.jp/product

リズム時計工業CITIZENブランド保有)

http://www.rhythm.co.jp/search/result2.php?category_id=03011

CASIO

http://casio.jp/wat/search/clock/result/?page=0&sort=1&pr1=&pr2=&type=YTowOnt9&wa=&mo=&func_s=1&brand=YToxOntpOjk7czoxOiI5Ijt9&func=YTowOnt9



置き時計たちの、この「昭和テイストはいったい何なのだろう。

自動車携帯電話デザインに比べると、驚くほど変化に乏しいように見える。

電波時計になったりして、内部の機構進化しているはずなのに、デザインだけは、昭和アパートの畳の上に置いてあるとしっくりくるものばかりだ。

置き時計デザインは、変わらないことが求められているのだろうか。つまり消費者昔ながらのデザインを求めているから、古臭いものが売れ続けて、デザイン上のイノベーションが起きないのだろうか。それとも、置き時計はもともと利幅の薄い商品なので、デザインを変えて消費者に訴えかけるだけのコストメーカーの側が払わないから競争原理が働かないのだろうか。

自分は以前と同じ製品ヤフオクで見つけて1000円で買ってしまった。

2014-06-20

海外海外の反応シリーズ!そういうのもあるのか

日本アニメファンが海外ファンにもの申す!「理想の父親アニメキャラに“野原ひろし”が入ってない」 | ニコニコニュース

http://news.nicovideo.jp/watch/nw1118603

こういうのって周りの国の目を気にする日本だけの文化だという先入観を我々は抱きがちだけど、海外にもあるんだなと感動。


海外の反応シリーズ」を知らない人のために少し説明すると、日本というのは閉鎖的な国で、

日本にいるとビックリするくらい海外情報は入ってこないし、ましてや海外庶民感覚というのは分からないわけだ。

ただ、日本人内向的だけど自意識過剰なところがあるから海外での日本作品の反応や日本出来事に対する反響というものに興味がないわけではない。

しろそういう反応に接する機会がないだけで潜在的には非常に興味がある。そのニーズに応えたのが「海外の反応シリーズ」というわけ。

海外の反応 まとめ で検索すると色々出てくる。ブログ記事もあれば動画もある。

http://hannoumatome.blog.fc2.com/


で、冒頭の記事は海外での海外まり日本の反応シリーズにあたるもので、niconicoで配信された内容をさら日本語訳したもの

俺自身がこの記事に取り上げられたわけではないが、「海外の反応シリーズ」にYouTubeコメが取り上げられる外国人の気持ちが少し分かったような気がして嬉しくなった。

と同時にネチズン(netizen。net+citizenから来たネットスラング。)といった死語が平然と出てくる所や

小林幸子ラスボスということの紹介で(Last Boss)と逐語訳で書かれている所におもしろみを感じた。


一点気に掛かるのは「波平と野原ひろしが日本の父親の理想像」と断定的に紹介されていた所かな。波平はともかくヒロシに至っては

おそらく記者価値観が多分に混入している。人間自分価値観情報フィルタリングして収集・選別するからな。

野原ひろしのような父親が持ち上げられるのは確かに海外では考えにくいし日本に厳然とある傾向ではあるが理想像とまで言っており、

ツイッター民もそれに無批判に受け入れていることにいささか旋律を感じた次第である

2012-10-20

なぜ当時の日本国民はそれを否定できなかったのか?

19xx年、なぜ当時の日本国民

南京大虐殺や強制従軍慰安婦を否定できなかったのか?

それは

旧日本軍は凶悪だからこの程度のことはやったかもしれないな」

「僕らのおじいさんは野蛮人からレイプくらい当たり前のようにやったかもしれないな」

という偏見があったからではないでしょうか。

これは戦後に生まれた全ての日本国民が持っている

旧日本軍に対する職業差別人種差別意識のあらわれです。

奇妙な話ですが、同民族である日本国民が旧世代日本国民に持つ

差別意識です。

ここでみなさんに問いたいのです。

旧日本軍、つまり僕らのおじいさん世代は本当にそのような冷酷無比な悪党でしたか

もしも、「旧日本軍悪党じゃない」

と信じる気持ちがあるのならば、南京大虐殺や強制従軍慰安婦について

国会検証するように訴えていただきたいのです。

それが事実であるならば、国会でもう一度検証したとしても

何の不都合もないはずなのです。

かつて19xx年代に某新聞社が提出した

南京大虐殺従軍慰安婦の確たる証拠」

同じものを、もう一度、国会に出してもらえば、それで済む話なのです。

***************************

 Citizen in 民主主義国家, Love 自由 Hug 知識,

 議論の深さと多様さは民主主義成熟を示すバロミータだと友人の香港人が言ってました

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん