「Response」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Responseとは

2017-09-11

https://anond.hatelabo.jp/20170910205249

まじな話をすると、N予備校プログラミング入門コースやるのがオススメ

https://www.nnn.ed.nico

一日8時間勉強時間があるなら、だいたい一ヶ月で終わる内容。

月額1000円だけどしっかり勉強すれば一ヶ月の無料間中に終わると思う。

もともとN高等学校のノンプログラマーの生徒をWebエンジニアとして就職させるために作られたカリキュラム講師曰く去年はこれで二人エンジニア就職を決めたらしい。

内容も相当親切に説明していて、プログラミングで何か作るだけじゃなくて、就職必要な環境構築やセキュリティまでみっちりやる。

http://qiita.com/sifue/items/7e7c7867b64ce9742aee#%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%97%E3%83%88%E3%82%92%E3%82%82%E3%81%A8%E3%81%AB%E6%A7%8B%E6%88%90%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%A8%E5%86%85%E5%AE%B9

講師が書いてる入門コースで習うことがまとめ。テキスト教材もあるけど授業も1項目を2時間で説明している。授業は週2の生放送とそのアーカイブがある。

↓みたいなことが学べる

----

Webプログラミング入門コース

Web ブラウザとは (Chrome, デベロッパーコンソール, alert)

はじめてのHTML (VSCode, HTML, Emmet)

さまざまなHTMLタグ (h, p, a, img, ul, tableタグ)

HTMLで作る自己紹介ページ (HTMLタグ組み合わせ, コンテンツ埋め込み)

はじめてのJavaScript (JS, ES6, エラー)

JavaScriptでの計算 (値, 算術演算子, 変数, 代入)

JavaScript論理を扱う (論理値, 論理積, 論理和, 否定, 比較演算子, if)

JavaScriptループ (ループ, for)

JavaScriptコレクション (コレクション, 配列, 添字, undefined)

JavaScript関数 (関数, 関数宣言, 引数, 戻り値, 関数呼び出し, 再帰)

JavaScriptオブジェクト (オブジェクト, モデリング, プロパティ, 要件定義)

はじめてのCSS (CSS, セレクタ, background-color, border)

CSSを使ったプログラミング (transform, id, class)

Webページの企画とデザイン (企画, 要件定義, モックアップ, 16進数カラーコード)

診断機能の開発 (const, let, JSDoc, インタフェース, 正規表現, テストコード)

診断機能組込み (div, 無名関数, アロー関数, ガード句, truthy, falsy)

ツイート機能の開発 (リバースエンジニアリング, URI, URL, URIエンコード)

Linux開発環境構築コース

LinuxというOS (VirtualBox, Vagrant, Ubuntuインストール, OS, CUIの大切さ)

コンピューター構成要素 (ノイマンコンピューター, プロセス, lshw, man, ps, dfの使い方)

ファイル操作 (pwd, ls, cd, mkdir, rm, cp, mv, find, ホストマシンとの共有ディレクトリ)

標準出力 (標準入力標準出力標準エラー出力パイプgrep)

vi (vimtutor)

シェルプログラミング (シバン, echo, read, 変数, if)

通信ネットワーク (パケット, tcpdump, IPアドレス, TCP, ルーター, ping)

サーバークライアント (tmux, nc, telnet)

HTTP通信 (http, https, DNS, hostsファイル, ポートフォワーディング)

通信をするボットの開発 (cron, ログ収集)

GitHubウェブサイトの公開 (GitHub, リポジトリ, fork, commit, 情報モラル)

イシュー管理とWikiによるドキュメント作成 (Issues, Wiki)

GitとGitHub連携 (git, ssh, clone, pull)

GitHubへのpush (init, add, status, インデックス, commit, push, tag)

Gitのブランチ (branch, checkout, merge, gh-pages)

ソーシャルコーディング (コンフリクト、プルリクエスト)

Webアプリ基礎コース

Node.js (Node.js, nodebrew, Linux, REPL, コマンドライン引数, プルリク課題)

集計処理を行うプログラム (集計, 人口動態CSV, Stream, for-of, 連想配列Map, map関数)

アルゴリズムの改善 (アルゴリズム, フィボナッチ数列, 再帰, time, プロファイル, nodegrind, O記法, メモ化)

ライブラリ (ライブラリ, パッケージマネージャー, npm)

Slackボット開発 (slack, mention, bot)

HubotとSlackアダプタ (hubot, yo)

モジュール化された処理 CRUD, オブジェクトライフサイクル, filter)

ボットインタフェースとの連携 (モジュールのつなぎ込み, trim, join)

同期I/Oと非同期I/O (同期I/O, 非同期I/O, ブロッキング)

例外処理 (try, catch, finally, throw)

HTTPサーバー (Web, TCPとUDP, Webサーバーの仕組み, Node.jsイベントループ, リスナー)

ログ (ログ, ログレベル)

HTTPのメソッド (メソッド, GET, POST, PUT, DELETE, CRUDとの対応)

HTMLフォーム (フォームの仕組み, form, input)

テンプレートエンジン (テンプレートエンジン, jade)

HerokuWebサービスを公開 (Webサービスの公開, heroku, dyno, toolbelt, login, create, logs)

認証利用者を制限する (認証, Basic認証, Authorizationヘッダ, ステータスコード)

Cookie を使った秘密匿名掲示板 (Cookie, Set-Cookie, expire)

UI、URI、モジュール設計 (モジュール設計, フォームメソッド制限, リダイレクト, 302)

フォームによる投稿機能の実装 (モジュール性, textarea, 303)

認証された投稿の一覧表示機能 (パスワードの平文管理の問題, 404, テンプレートのeach-in)

データベースへの保存機能の実装 (データベース, PostgreSQL, 主キー)

トラッキングCookieの実装 (トラッキング Cookie, IDの偽装, Cookie の削除)

削除機能の実装 (データベースを利用した削除処理, 認可, サーバーサイドでの認可)

管理者機能の実装 (Web サービス管理責任, 管理者機能の重要性)

デザインの改善 (Bootstrap, レスポンシブデザイン, セキュリティの問題があるサイトを公開しない)

脆弱性 (脆弱性, 脆弱性で生まれる損失, 個人情報保護法, OS コマンド・インジェクション)

XSS脆弱性対策 (XSS, 適切なエスケープ処理, リグレッション)

パスワード脆弱性対策(ハッシュ関数, メッセージダイジェスト, 不正アクセス禁止法, パスワードジェネレーター, 辞書攻撃)

セッション固定化攻撃脆弱性対策 (セッション, セッション固定化攻撃, ハッシュ値による正当性チェック)

より強固なセッション管理 (推測しづらいセッション識別子, 秘密鍵)

CSRF脆弱性対策 (CSRF, ワンタイムトークン)

安全なHerokuへの公開 (脆弱性に対する考え方, HTTPの廃止)

Webアプリ応用コース

Webフレームワーク (Express.js, フレームワーク導入, 簡単なAPI, セキュリティアップデート, Cookie パーサー, ミドルウェア, 外部認証, ロガー)

ExpressのAPI (app, Properties, Request, Response, Router)

GitHubを使った外部認証 (Passport, OAuth)

スティングフレームワーク (Mocha, レッド, グリーン, リファクタリング)

継続的インテグレーション (CircleCI)

クライアントフレームワーク (Webpack, Chrome 以外のブラウザでもES6)

DOM操作フレームワーク (jQuery, jQueryアニメーション, this)

AJAX (jQuery.ajax, クロスドメイン, 同一生成元ポリシー, x-requested-by, CORS)

WebSocket (WebSocket, WebSocketの状態遷移, Socket.io)

RDBとSQL (DDL, DCL, CREATE, DROP, INSERT, DELETE, UPDATE, WHERE)

データモデリング (リレーショナルモデル, 正規化)

テーブルの結合 (外部結合, 内部結合, 片側外部結合, JOIN ON)

インデックス (インデックス, 複合インデックス, Bツリー)

集計とソート (SUM, COUNT, ORDER BY, GROUP BY)

「予定調整くん」の設計 (要件定義、用語集、データモデル、URL設計モジュール設計、MVC)

認証とRouterモジュールの実装 (Mocha, supertest, passport-stub, モックテスト)

予定とユーザーの保存 (セキュリティ要件, UUID, 複合主キー)

予定とユーザーの一覧の表示 (非同期処理, Promise, then)

出欠とコメントの表示 (入れ子の連想配列, Promise.all, 子どもからデータを消す)

出欠とコメント更新 (Promiseチェイン, リファクタリング)

予定の編集と削除 (要件の衝突, 関数再利用)

デザインの改善 (this, グローバルオブジェクト)

セキュリティ対策と公開 (X-Frame-Options, Heroku環境変数)

2017-05-29

[]グテーレス国連事務総長安倍総理との会談内容について

国会ウォッチャーです。

 今日参院法務委員会共謀罪法案審議入りとのこと。榛葉さんもカジノ法案などなどからそろそろ学習してください。

 特別報告者の地位日韓合意についての国連事務総長からコメントについて、外務省

外務省発表

本27日11時54分(現地時間日本時間18時54分)から10分間, G7タオルミーナサミット出席のためイタリア訪問中の安倍晋三内閣総理大臣は,アントニオ・グテーレス国連事務総長(H.E.Mr. António Guterres, Secretary-General of the United Nations)と懇談を行いました。

まず,安倍総理から北朝鮮情勢について,今は北朝鮮に対する圧力を強化すべきであり,中国役割が鍵となる旨述べました。これに対して,先方は,昨今の北朝鮮の行動を非難するとともに,北朝鮮に対して圧力を強化するためのツール国連安保理は有している,今後,関係国との間でも,北朝鮮問題真剣に取り上げる旨述べました。その上で,双方は,拉致,核,ミサイルといった諸懸案につき,緊密に連携していくことで一致しました。

また,安倍総理から慰安婦問題に関する日韓合意につき,その実施重要性を指摘したところ,先方は,同合意につき賛意を示すとともに,歓迎する旨述べました。

さらに,安倍総理から国際組織犯罪防止条約の締結に向けた日本の取組につき説明しました。この関連で,先方は,人権理事会特別報告者は,国連とは別の個人資格活動しており,その主張は,必ずしも国連の総意を反映するものではない旨述べました。

ドゥジャリッチ報道官コメント

28 May 2017

Note to Correspondents: In response to questions on the meeting between the Secretary-General and Prime Minister Abe of Japan

In response to questions received on the meeting between the Secretary-General and Prime Minister Abe of Japan, the Spokesman had the following to say:

During their meeting in Sicily, the Secretary-General and Prime Minister Abe did discuss the issue of so-called “comfort women”. The Secretary-General agreed that this is a matter to be solved by an agreement between Japan and the Republic of Korea. The Secretary-General did not pronounce himself on the content of a specific agreement but on the principle that it is up to the two countries to define the nature and the content of the solution for this issue.

Regarding the report of Special Rapporteurs, the Secretary-General told the Prime Minister that Special Rapporteurs are experts that are independent and report directly to the Human Rights Council.

訳文

2017年5月28日

記者への注釈事務総長日本総理大臣安倍氏との懇談の中で受けた質問への回答に関して

事務総長日本総理大臣安倍氏との懇談の中で受けた質問への回答に関して、報道官は次のように述べた

シシリーでの懇談の間に、事務総長安倍総理大臣は、いわゆる”慰安婦問題”について議論を行った。事務総長は、これが、日本韓国合意(an agreementなので、特定日韓合意をさしていないと思うが真意はわからない)によって解決される問題であることに同意した。事務総長自身は、特定合意の内容については言及しておらず、この問題解決性質と内容は二国間で決められるものだという原則を述べたものである

特別報告者については、事務総長は、総理大臣に対して、特別報告者は独立した人権理事会直属の専門家である(id:nisshi_jpさんの指摘通りだなと思ったので変更、ついでに人権委員会修正。染み込んだ感覚人権委員会と書いてしまう。)、と伝えた。

言ってること全然違うくないか?このコメントが出たって言うことは、日本マスコミがなんか聞いたんだろうけど。前半は賛意(support?agreeのことか)に関しては、日本韓国がお互いに納得して決めればいいことだって以上のことは言ってないですね。歓迎(welcome)のほうはよくわからないですが、韓国に対する勧告(CAT/C/KOR/3-5)の中ですらwelcoming the agreementしてますからね。日韓合意したことそのものは歓迎する一方で、条約14条の要請する目的と内容に対して不十分だという発表でしたからね。

 まぁ安倍さんがいろいろ説明したけど、事務総長自身は、「そうだね、二国間で話し合って決めてくださいね」といったというだけなんだと思う。合意の履行も、見直しもどちらにも言及してないっていいたんでしょうし、事務総長立場で、二国間合意についてコメントを求められても困るよね。

 後半については、やっぱり、人権理事会委託独立して動いていて、報告は人権理事会にするから事務総長である私に言われても困りますよ、というコメントだとしか思えないですが。国連とは別の、国連の総意といったタームがどのような形で出たのかはやっぱり気になしますが、国連の総意でないのは、総会決議を受けていない以上当然だとは思いますが。たとえ話に意味があるかはわからないけど、これはたとえば天下りとか日報隠しみたいな問題に対して、ある省庁から委託を受けた外部監査委員会みたいなのが出した結論が、国の総意を反映しているわけではない、みたいな場違い感がある発言だと思いますので、「国連の総意ですか」とでも聞かない限りそういう発言は出てこないと思うんだけどね。

日経記事にしてますね。

http://www.nikkei.com/article/DGKKASFS28H3S_Y7A520C1PE8000/

読売

http://www.yomiuri.co.jp/world/20170529-OYT1T50048.html

読売見出しは誤解を招きそう。

2015年日韓合意に基づいて解決したとされるべき、と意味でいったのであれば、to be solved by the agreement between Japan and Republic of Korea (in 2015)となっているはずだと思うけどね。

2017-05-25

[]一応マニュアルのとこ

http://anond.hatelabo.jp/20170524171732

id:yosukegatzさん

FAQはあくまFAQだからね。手続き正当性をなぜFAQでみているのか、どの部分を持って手続き問題がある、とツイート主がおっしゃってるのかわかりませんが、マニュアルにちゃんと書いてあって、ふつうに執り行われてる手続きであるとは思いますよ。そもそも国連特別報告者はあくまで準司法quasi-judicialで、問題提起大事だって書いてあるし、これが初動なわけだから、内容が不適切だとおっしゃるなら質問にちゃんと答えりゃいいんですよ。とりあえずツイート主が言ってることは根拠がないですよ。むしろ人権侵害がある国にこそ公開でやることで回答する動機づけをしてるのは明らかだし。

国際機関を含む多国間交渉の場は利害も考え方もまちまちだから手続き大事で、そこを外すと何も進まなくなる。日本政府問題を指摘しつつも誠実に対応する(ことが求められる)が、他の国(人権侵害のひどい国)なら「回答する前に書簡政府攻撃に使われた」として回答拒否の口実にしてくるはず。

これは実例に照らして真反対。緊急性や重大性が低く、相手がちゃんと回答してくる可能性が高い場合にこそconfidentialにしている。

今回の書簡基本的には「質問」であり、当該政府からの回答に加え、別途行ったその他の調査内容と合わせて検討し、国連人権理事会報告書を提出するのが特別ラポルトゥールへの委託内容。その報告書はまだ単なる個人作成文書であるがこの時点で公開されて議論対象となる。書簡公開はルール違反

これも事実誤認ルール違反じゃない。ちゃんと書いたように,マニュアルに認められている。

送られた書簡とそれに対する受け取った回答の文章は、受任者が対応した報告書作成するときまで機密にするか、受任者が、特定の状況によって、それ以前に行動が必要であると決定する。

37. The text of all communications sent and responses received thereon is confidential until such time as they are published in relevant reports of mandateholders or mandate-holders determine that the specific circumstances require action to be taken before that time.

プレスリリースを即座にすることも認められている。

重大な懸念や、政府書簡に対して本質的な回答が出来ない状態が続く場合などの適切な状況では、受任者は個人で、あるいは他の受任者(特別報告者、作業部会など)プレスリリースプレスカンファレンス、その他の公的意見表明などを行う場合がある。

一般的に言って、受任者は政府との対話の中で、プレスリリースなどのプレス向けの声明を発出する前にそのことを明らかにするべきである。受任者が、書簡の中で、プレスリリース等をすぐにおこなう意向を示したい時は、書簡の中にそのような意向記載することが出来る。受任者は、懸念された国からの応答に対しても公平に明らかにするべきである

49. In appropriate situations, including those of grave concern or in which a Government has repeatedly failed to provide a substantive response to communications, a Special Procedure mandate-holder may issue a press statement, other public statement or hold a press conference, either individually or jointly with other mandate-holders.

50. In general, mandate holders should engage in a dialogue with the Government through the communications procedure before resorting to a press release or other public statement. When a mandate holder sends a communication with the intention of issuing a press release shortly thereafter, such intention could be indicated to the Government in the communication. Mandate holders should indicate fairly the responses provided by concerned States.

とされているように、初動が一方的に公開であることは別に認められているし、反論公平性は、反論文を同じ場所に掲示することで保とうという意思が見える。

また前に書いたように、イギリスのSnooper's charterについては、就任直後にガーディアンインタビューでいきなり問題提起しており、不必要テロ危険性をマスコミ翼賛的に報道している状態に苦言を呈しているけど別にイギリスは「反論の機会もなしにメディアでしゃべるなんて!」とも批判もしてない。(なぜインタビューされたかというと、このケナタッチ氏の就任は、アメリカメルケルとかを盗聴してたことが明らかになったのちだったので、親アメリカ派のエストニア候補が反対されたという経緯でヨーロッパではその就任が注目されていた。)そしてイギリス政府は、ガーディアン政府見解を送り、ガーディアンもそれを掲載した。ただそれだけの話なんだよ。

 当然指摘は一方的になされるので、誤認があるなら反論すればいいだけなんだよね。我が国対応が際立ってみっともないだけ。

とりあえずツイート主はFAQじゃなくってマニュアルを読んだ方がいい。

2017-05-24

[]国連特別報告者の書簡一方的に公開されるのは普通

国会ウォッチャーです。

 ケナタッチ氏の書簡に対する、日本抗議文がアップされるのをwktkしてまってます。あと前文部科学事務次官実名事情を話す覚悟を決められた由、敬意を表しまして、ぜひぜひ参考人招致を実現して頂きたいなと思いますね。

5月22日官房長官会見

朝日記者

国連プライベート権利に関する特別報告者が懸念を表明されたということですが、政府としてはどのような対応をとられますか。」

菅義偉

「まずですね、特別報告者という立場ですけども、これは独立した個人立場で、人権状況の調査、報告を行う立場であって、国連立場を反映するものではない。これは明確に申し上げておく。今回の書簡を受けてですね、政府外務省は、直接説明する機会が得られることも無く、一方的に発出したんです。この点、さらには同書簡の内容が明らかに不適切もの、でありますので、強く抗議を行ったという、行ってます。それと同時に、テロ等準備罪処罰法案名前違うよ)というのは、187の国と地域が締結する本条約締結するために必要国内法整備であってですね。プライバシー権利表現の自由を不当に制約するできる利用がなされるということはまったく当たらないということですを強く抗議したということです。」

情報提供を公開で求めるのは、特別報告者のマニュアル上認められている

下のマニュアルのII methods of work B. Communication 37に、基本的には、レポート掲載されるまでは機密扱いになるけど、特定事情特別報告者が、報告書より前に公開する必要があると判断すれば行うことができると書いてあります。なので、公開するのは全然問題ない。

 菅さん一方的な発出の部分ですが、どれくらい特殊な例なんだろうかと、ケナタッチ氏の場合は、ポスト歴史が浅いので記録がアーカイブされていないのですが、表現の自由に関する特別報告者のComments on legislation and Policyをつらつらと眺めてみると、

http://www.ohchr.org/EN/Issues/FreedomOpinion/Pages/LegislationAndPolicy.aspx

もうまったく普通に書簡最後に、この文書はこのウェブサイトで公開しますし、返信も同様に公開しますよ、というようなことが書いてあります。むしろ書いてないほうが珍しい。

アメリカの、宗教的属性で、旅行者スクリーニングをやることをみとめる大統領令に対しての書簡や、旅行者ソーシャルメディア情報を提出させる大統領令など、ドイツインターネット監視法律強化案に対するコメントでは

 最後にお知らせさせていただきますが、この書簡は、特別報告者の任務のために、公に利用可能とするため、ウェブサイト投稿いたします。

 貴国政府からの返信に関しても同様に、同じウェブサイト投稿し、また通常の表現に関する人権議会に提出する活動報告書にも同様に掲載させていただきます

 Finally, I would like to inform that this communication will be made available to the public and posted on the website page for the mandate of the Special Rapporteur on the right to freedom of expression:

Your Government’s response will also be made available on the same website as well as in the regular periodic Communications Report to be presented to the Human Rights Council for its onsideration.

というようなコメントが書かれています

 これに対して、アメリカイギリスドイツなどの先進国は、形式だけにしても「忠告してくれてありがとう、これこれこういう法律から大丈夫です。もしもっと疑問があったら答えるよ」とか「忠告には感謝しますが、現在議会議論している最中で、議会の決定は政府とは独立しているから現段階で、どういう内容の法律になるかは答えられません。もし内容が明らかになったらすぐに情報提供させていただきます」みたいな感じの丁寧な応答がされています

 また先日書いたInvestigatory Powers Billについては、コメントはありませんが、同様にすぐにウェブサイト投稿されています。こっちのほうが珍しいパターン

 理由を書いてある奴もたまにはあって、たとえば、中国インターネットアクセス規制に関するコメント(これが中国から見えるのかは気になるね)では

また私は貴国政府に、この法案に関する私の見解をすぐに公に示すことをお知らせいたします。このプレスリリースは、私が、貴国政府と、この問題の疑問点を明らかにするために、コンタクトを取っていたことを示すことでしょう。

I would also like to inform your Excellency’s Government that I intend to publicly express my views on the draft legislation shortly. The press release will indicate that I have been in contact with your Excellency's Government to clarify the issues in question.

まぁ中国だと、こういう意見表明がされたことを自ら発表することなんて無いだろうしね。中国レスポンスは「中国法治国家から大丈夫」見たいな感じで、西欧諸国のような修辞はないのが笑えた。

 んで、日本特別秘密保護法立法段階でのコメントで見ると

貴国政府の返答は、人権委員会判断を仰ぐために作成する報告書にも公開されることになります

今回の申し立ての重大性、緊急性を考慮しまして、今回の書簡の内容については、プレスリリースを行うこととすることも、貴国政府にお知らせいたします。

The response of your Excellency’s Government will be made available in a report that will be submitted to the Human Rights Council for its consideration.

Given the seriousness and urgency of the allegations, we would like to inform your Excellency's Government that we intend to issue a press release on the issues contained herein.

とこれも一方的に公開書簡を送ってるけど、このとき別に怒った反応はしてない。でもお得意の

意味するところが必ずしも定かではないが、」に類似した

いかなる情報に基づいた書簡かは明らかではないが、特別報告間が得られた情報は正確ではないwhile it is not clear what information the communication based on, the information which Special Rappoteurs obtained is not accurate.」を書いてますね。

https://spdb.ohchr.org/hrdb/25th/Japan_31.01.14_%281.2013%29.pdf

まぁ正直、文章の修辞的な意味での丁寧さの欠如具合が中国の例に近い。

んで今回のケナタッチ氏の書簡

最後に、立法段階が相当進んでいることに照らしまして、私の見解では、迅速な公共の関心が必要な事項である判断いたします。ですから私は、プライバシーに関する特別報告者の任務として、貴国政府に、本書簡を公開するとともに、ウェブサイト投稿すること、そして私の懸念についてプレスリリースをを行う準備をいたしますことをお知らせいたします。またこのことは、私たちと貴国政府が疑問点を明らかにするためにコンタクトを取っていたことを示すものであります。」

と書いているわけで、むしろ丁寧に理由まで書いているという意味では、通例に照らしてなんら失礼な文書ではないと思うわけですが、強くprotestしたということですので、文書の公開が楽しみでならないわけであります

さないけど、特別報告官の行動マニュアル

http://www.ohchr.org/Documents/HRBodies/SP/Manual_Operations2008.pdf

緊急提言として、通常の外交マナーにのっとらない行動もできるとか書いてあるけど、公開書簡はありふれてというか、少なくとも事後的にでも公開されるものは、迅速に公開されるので、まあUrgent Appealから公開だっていうわけじゃなくって、コンタクトを取ってる証拠として公開するから、ちゃんと答えてよ、ということでしょうね。これによると基本的には60日以内には回答することになってるけど、トランプアメリカとか、中国とかは1年、2年回答してないのもあるし。

特別報告者の法的ステータスについて

特別報告者としての活動による訴追等は受けない、逮捕拘禁もされない、書いた報告書は誰にも訂正されない、等々書いてあるので、まぁ特別報告者がただのprivate(私人)ちう意味での個人だというのは相当苦しいですなぁ。

http://www.ohchr.org/Documents/Publications/FactSheet27en.pdf

The experts carrying out United Nations human rights mandates

are legally classified as “experts on mission” in the meaning of the

1946 Convention on Privileges and Immunities of the United Nations.

While they are working on their mandates, the experts enjoy functional

privileges and immunities that are specified inter alia in article VI,

section 22 of the Convention. These include:

“a) Immunity from personal arrest and detention and from seizure

of their personal baggage;

b) In respect of words spoken or written and acts done by them in

the course of the performance of their mission, immunity from

legal process of every kind. This immunity is to be accorded notwithstanding

that the persons concerned are no longer employed

on missions for the United Nations;

c) Inviolability for all papers and documents;

d) For the purpose of their communications with the United

Nations, the right to use codes and to receive papers or correspondence

by courier or in sealed bags;

e) The same facilities in respect of currency or exchange restrictions

as are accorded to representatives of foreign governments

on temporary official missions;

f) The same immunities and facilities in respect of their personal

baggage as are accorded to diplomatic envoys.”


まぁ国連特別報告者の見解がいつもいつも正しいわけじゃないのは当然でしょうから疑義には正面から答えればそれだけですむのになぁという話。正直、「一方的に発出してー!」って切れられても戸惑うんじゃないかしら。他国の反応を見てみると。

2017-05-18

一歩間違えれば列車脱線事故100人以上死傷。自家用自動車マイカー違法化禁止化したほうがいい。

踏切待ちをしていたクルマペダル踏み間違えで列車に突っ込む | レスポンスResponse.jp

https://response.jp/article/2017/05/16/294753.html

自動車運転しないという社会貢献を広めたほうがいいと思うわこういうのを見ると。

商業車はある程度仕方ないにしても、オスロみたいに自家用自動車マイカー禁止するぐらい踏み込んで交通安全を確保するべきだ。

ノルウェーオスロでは諸悪の根源である自家用自動車マイカー禁止して、自転車公共交通優遇しているほど自動車害悪の塊なんだよな。

イギリス首都ロンドンでは自動車から通行課税徴収して自転車利用者を増やすための自転車インフラ整備に充てているほどだ。

それほどまでに自動車は減らすべき害物としてある、という事実に気づかされる。

クルマ離れは実は善良なアクションなんだよね。クルマ離れが進めば進むほど重大事故も公害渋滞も減り、人々は自然と移動しながら運動するによりなり医療費も減る。

疾病は予防が最も安上がり。実際に、自転車によく乗る人は自動車依存者よりも健康寿命が長く長寿であるという研究結果がイギリスフランスオランダ等でも出ている程。

実は日本政府も脱クルマ自転車活用拡大推進の政策を進めており、これは自動車依存脱却のコンパクトシティ政策ともリンクしている。

自動車捨てて自転車乗れ、自動車運転不要都市部移住しろ!は政府の指針でもある。

自家用自動車マイカーの乱用で拠点分散化し、公共交通が衰退し、いざクルマ運転できなくなった年寄り障がい者になって初めて『自動車乱用が地域を不便に、そして危険にさせ、公害蔓延させた』事実に気付く。

からこそ今コンパクトシティ化推進が叫ばれてるし、公共施設の統廃合が全国で進んでいることから拠点の集約化が順調に進んでいる事実がうかがえる。

自家用自動車マイカー前提の地域に執着するのは悪!な時代ということだ。クルマを捨てて都市部に住んで、自転車公共交通使って生活するのが正義であり善な時代

2016-11-05

Communicating underwater is challenging.

Light and odors don't travel well, so it's hard for animals to see or smell.

But sound moves about four times faster in water than in air, so in this dark environment, marine mammals often rely on vocalization to communicate.

That's why a chorus of sounds fills the ocean.

Clicks, pulses, whistles, groans, boings, cries, and trills, to name a few.

But the most famous parts of this underwater symphony are the evocative melodies, or songs, composed by the world's largest mammals, whales.

Whale songs are one of the most sophisticated communication systems in the animal kingdom.

Only a few species are known to sing.

Blue, fin, bowhead minke whales, and of course humpback whales.

These are all baleen whales which use hairy baleen plates instead of teeth to trap their prey.

Meanwhile, toothed whales do use echolocation, and they and other species of baleen whales make social sounds, such as cries and whistles, to communicate.

But those vocalizations lack the complexity of songs.

So how do they do it?

Land mammals like us generate sound by moving air over our vocal chords when we exhale, causing them to vibrate.

Baleen whales have a U-shaped fold of tissue between their lungs and their large inflatable organs called laryngeal sacs.

We don't know this for sure because it's essentially impossible to observe the internal organs of a living, singing whale, but we think that when a whale sings, muscular contractions in the throat and chest move air from the lungs across the U-fold and into the laryngeal sacs, causing the U-fold to vibrate.

The resulting sound resonates in the sacs like a choir singing in a cathedral making songs loud enough to propagate up to thousands of kilometers away.

Whales don't have to exhale to sing.

Instead, the air is recycled back into the lungs, creating sound once more.

One reason whale songs are so fascinating is their pattern.

Units, like moans, cries, and chirps are arranged in phrases.

Repeated phrases are assembled into themes.

Multiple themes repeated in a predictable pattern create a song.

This hierarchical structure is a kind of grammar.

Whale songs are extremely variable in duration, and whales can repeat them over and over.

In one recorded session, a humpback whale sang for 22 hours.

And why do they do it?

We don't yet know the exact purpose, but we can speculate.

Given that the singers are males and they mostly sing during the mating season, songs might be used to attract females.

Or perhaps they're territorial, used to deter other males.

Whales return to the same feeding and breeding grounds annually, and each discrete population has a different song.

Songs evolve over time as units or phrases are added, changed, or dropped.

And when males from different populations are feeding within earshot, phrases are often exchanged, maybe because new songs make them more attractive to breeding females.

This is one of the fastest examples of cultural transmission, where learned behaviors are passed between unrelated individuals of the same species.

We can eavesdrop on these songs using underwater microphones called hydrophones.

These help us track species when sightings or genetic samples are rare.

For example, scientists have been able to differentiate the elusive blue whale's populations worldwide based on their songs.

But the oceans are getting noisier as a result of human activity.

Boating, military sonar, underwater construction, and seismic surveys for oil are occurring more often which may interfere with whale's communication.

Some whales will avoid key feeding or breeding grounds if human noise is too loud.

And humpback whales have been observed to reduce their singing in response to noise 200 kilometers away.

Limiting human activity along migratory routes and in other critical habitats, and reducing noise pollution throughout the ocean would help ensure whales continued survival.

If the whales can keep singing and we can keep listening, maybe one day we'll truly understand what they're saying.

2016-07-05

Skip to main content

简体中文 English Français Русский Español العربية Portuguese

ICANN WHOIS

ABOUT WHOIS POLICIES GET INVOLVED WHOIS COMPLAINTS KNOWLEDGE CENTER

gole.tech

Lookup

Showing results for: GOLE.TECH

Original Query: gole.tech

Contact Information

Registrant Contact

Name: guoyusheng

Organization: guoyusheng

Mailing Address: nantou, nanshanqu guangdongsheng 518052 CN

Phone: +086.075586334158

Ext:

Fax: +086.075586334158

Fax Ext:

Email: gys2008@vip.qq.com

Admin Contact

Name: guo yusheng

Organization: guoyusheng

Mailing Address: nantou, nanshanqu guangdongsheng 518052 CN

Phone: +086.075586334158

Ext:

Fax: +086.075586334158

Fax Ext:

Email: gys2008@vip.qq.com

Tech Contact

Name: guo yusheng

Organization: guoyusheng

Mailing Address: nantou, nanshanqu guangdongsheng 518052 CN

Phone: +086.075586334158

Ext:

Fax: +086.075586334158

Fax Ext:

Email: gys2008@vip.qq.com

Registrar

WHOIS Server: whois.paycenter.com.cn

URL: http://www.xinnet.com

Registrar: Xin Net Technology Corp.

IANA ID: 120

Abuse Contact Email:

Abuse Contact Phone:

Status

Domain Status: ok https://icann.org/epp#ok

Important Dates

Updated Date: 2016-04-25

Created Date: 2016-04-07

Registration Expiration Date: 2017-04-08

Name Servers

NS11.XINCACHE.COM

NS12.XINCACHE.COM

Raw WHOIS Record

Domain Name: GOLE.TECH

Domain ID: D19530286-CNIC

WHOIS Server: whois.paycenter.com.cn

Referral URL: http://www.xinnet.com

Updated Date: 2016-04-25T22:05:26.0Z

Creation Date: 2016-04-08T01:37:36.0Z

Registry Expiry Date: 2017-04-08T23:59:59.0Z

Sponsoring Registrar: Xin Net Technology Corp.

Sponsoring Registrar IANA ID: 120

Domain Status: ok https://icann.org/epp#ok

Registrant ID: C47347230-CNIC

Registrant Name: guoyusheng

Registrant Organization: guoyusheng

Registrant Street: nantou

Registrant City: nanshanqu

Registrant State/Province: guangdongsheng

Registrant Postal Code: 518052

Registrant Country: CN

Registrant Phone: +086.075586334158

Registrant Phone Ext:

Registrant Fax: +086.075586334158

Registrant Fax Ext:

Registrant Email: gys2008@vip.qq.com

Admin ID: C46402288-CNIC

Admin Name: guo yusheng

Admin Organization: guoyusheng

Admin Street: nantou

Admin City: nanshanqu

Admin State/Province: guangdongsheng

Admin Postal Code: 518052

Admin Country: CN

Admin Phone: +086.075586334158

Admin Phone Ext:

Admin Fax: +086.075586334158

Admin Fax Ext:

Admin Email: gys2008@vip.qq.com

Tech ID: C46402288-CNIC

Tech Name: guo yusheng

Tech Organization: guoyusheng

Tech Street: nantou

Tech City: nanshanqu

Tech State/Province: guangdongsheng

Tech Postal Code: 518052

Tech Country: CN

Tech Phone: +086.075586334158

Tech Phone Ext:

Tech Fax: +086.075586334158

Tech Fax Ext:

Tech Email: gys2008@vip.qq.com

Name Server: NS11.XINCACHE.COM

Name Server: NS12.XINCACHE.COM

DNSSEC: unsigned

Billing ID: C46402288-CNIC

Billing Name: guo yusheng

Billing Organization: guoyusheng

Billing Street: nantou

Billing City: nanshanqu

Billing State/Province: guangdongsheng

Billing Postal Code: 518052

Billing Country: CN

Billing Phone: +086.075586334158

Billing Phone Ext:

Billing Fax: +086.075586334158

Billing Fax Ext:

Billing Email: gys2008@vip.qq.com

>>> Last update of WHOIS database: 2016-07-04T17:33:49.0Z <<<

For more information on Whois status codes, please visit https://icann.org/epp

This whois service is provided by CentralNic Ltd and only contains

information pertaining to Internet domain names registered by our

our customers. By using this service you are agreeing (1) not to use any

information presented here for any purpose other than determining

ownership of domain names, (2) not to store or reproduce this data in

any way, (3) not to use any high-volume, automated, electronic processes

to obtain data from this service. Abuse of this service is monitored and

actions in contravention of these terms will result in being permanently

blacklisted. All data is (c) CentralNic Ltd https://www.centralnic.com/

Access to the whois service is rate limited. For more information, please

see https://registrar-console.centralnic.com/pub/whois_guidance.

Submit a Complaint for WHOIS

WHOIS Inaccuracy Complaint Form

WHOIS Service Complaint Form

WHOIS Compliance FAQs

NOTICE, DISCLAIMERS AND TERMS OF USE:

All results shown are captured from registries and/or registrars and are framed in real-time. ICANN does not generate, collect, retain or store the results shown other than for the transitory duration necessary to show these results in response to real-time queries.* These results are shown for the sole purpose of assisting you in obtaining information about domain name registration records and for no other purpose. You agree to use this data only for lawful purposes and further agree not to use this data (i) to allow, enable, or otherwise support the transmission by email, telephone, or facsimile of mass unsolicited, commercial advertising, or (ii) to enable high volume, automated, electronic processes to collect or compile this data for any purpose, including without limitation mining this data for your own personal or commercial purposes. ICANN reserves the right to restrict or terminate your access to the data if you fail to abide by these terms of use. ICANN reserves the right to modify these terms at any time. By submitting a query, you agree to abide by these terms.

There is one exception: ICANN acts as the registry operator for the .int TLD, and in that capacity it does collect, generate, retain and store information regarding registrations in the .int TLD.

© 2016 Internet Corporation for Assigned Names and Numbers Privacy Policy

2016-03-08

はてブ2階を表示するブックマークレット

最近2階が覗きたくなることが増えたので書いた。2階があればブクマ数の周りに2階のリンクを追加する。

javascript:void[].map.call(document.querySelectorAll("a.entry-info,.entry>a.entry-link,.users a"),function(e,n){n=new XMLHttpRequest,n.open("GET","/entry/jsonlite/"+e.href),n.responseType="json",n.onload=function(t,o){(t=n.response)&&e.insertAdjacentHTML("beforebegin",((o=t.count)+" upper"+(o>1?"s":"")).link(t.entry_url))},n.send()});

http://b.hatena.ne.jp/以下のページで使えるはず。

minify前
void [].map.call(document.querySelectorAll('a.entry-info,.entry>a.entry-link,.users a'),function(u,x){
  x=new XMLHttpRequest();
  x.open('GET','/entry/jsonlite/'+u.href);
  x.responseType='json';
  x.onload=function(j,c){
    if(!(j=x.response))return;
    u.insertAdjacentHTML('beforebegin',((c=j.count)+' upper'+(c>1?'s':'')).link(j.entry_url))
  };
  x.send();
});

2016-03-04

window.OBR = window.OBR||{};(function(OBR){window.OB_releaseVer="01000501";window.OBR=window.OBR||{};OBR.k=OBR.k||;OBR.La=OBR.La||{};window.OBR$=function(d){return document.getElementById(d)};OBR.d=OBR.d||function(){var d={},a={v:function(){return d},h:function(a){d.X=a;d.cb=;d.startTime=(new Date).getTime()},startTime:function(){return d.startTime},log:function(a){var e=((new Date).getTime()-d.startTime)/1E3;1E3>d.cb.length&&d.cb.push(e+" >"+a)},printLog:function(){if(d.X.c.dj)window.console.log(d.cb.join("\n"));else{var a=d.X.b.Ia();a&&(a.innerHTML=d.cb.join("
"),a.style.display="block")}return d.cb.join("\n")}};a.h(OBR);return a}();OBR.printLog=OBR.d.printLog;OBR.H=function(){this.J=[]};OBR.H.prototype.add=function(d,a){var c;"string"===typeof d&amp;&amp;"function"===typeof a&amp;&amp;(c={},c.name=d,c.ai=a,this.J.push(c))};OBR.H.prototype.Qf=function(d){var a,c;OBR.d.log("remove event :"+d);a=0;for(c=this.J.length;a<c;a+=1)if(this.J[a]&amp;&amp;this.J[a].name&amp;&amp;this.J[a].name===d)try{this.J.splice(a,1)}catch(e){OBR.d.log("rm evnt err: "+e)}};</p&gt;

OBR.H.prototype.o=function(d,a,c){var e,b,f,g;a=a||[];c=!!c;OBR.d.log("event fire:"+d);e=0;for(b=this.J.length;e<b;e+=1)if(f=this.J&amp;&amp;this.J[e]?this.J[e].name:"",g=this.J&amp;&amp;this.J[e]?this.J[e].ai:null,f===d&amp;&g)try{g.apply(this,a)}catch(h){OBR.d.log("fire event *"+d+"* error: "+h)}!0===c&amp;&amp;this.Qf(d)};OBR.H.prototype.sa=function(){this.J=[]};OBR.b=OBR.b||function(){var d={},a={},c=document,e=OBR,b=null;a.v=function(){d.X=e;return d};a.h=function(a){e=a};a.Ba=function(){return function(){}};a.Gi=function(){var a=window.jQuery;return void 0!==a?!(/1\.(0|1|2|3|4)\.(0|1)/.test(a.fn.jquery)||/^1\.1/.test(a.fn.jquery)||/^1\.2/.test(a.fn.jquery)||/^1\.3/.test(a.fn.jquery)):!1};a.F=function(a){return null===a||isNaN(a)?null:e.n("outbrain_widget_"+a)};a.Ia=function(){return e.n("ob_holder")};a.ne=function(f){var g=a.Ia();null===g&amp;&amp;(g=e.b.createElement("div",</p&gt;

"ob_holder"),g.style.display="none",f?e.b.insertBefore(g,f):document.body.appendChild(g));return g};a.Vc=function(){if(!e.n(e.c.Pb)){var f=e.b.createElement("iframe",e.c.Pb),g=f.style;g.display="none";g.width="1px";g.height="1px";f.src="about:blank";(g=a.Ia())||(g=a.Va());e.b.Q(f,g)}};a.Va=function(){if(c.body)return c.body;var a;a=e.b.K("","","body",!0);return 0>=a.length?c.lastChild:a[0]};a.createElement=function(a,g,b,e){var d;a=c.createElement(a);"string"===typeof g&amp;&amp;a.setAttribute("id",g);"string"===

typeof b&amp;&amp;(a.style.cssText=b);for(d in e)e.hasOwnProperty(d)&amp;&amp;a.setAttribute(d,e[d]);return a};a.G=function(a){if(e.c.$d===e.c.Od)try{c.createStyleSheet().cssText=a}catch(g){OBR.d.log(g)}else{var b=c.createElement("style"),d=c.body?"string"===typeof c.body.style.WebkitAppearance:!1;b.type="text/css";c.getElementsByTagName("head")[0].appendChild(b);b[d?"innerText":"innerHTML"]=a}};a.N=function(a,g,b,d){var m=c.createElement("script");m.type=e.c.wj;m.src=a;m.charset="UTF-8";m.async=!!g;m.defer=!1;b&amp;&amp;

e.b.s(m,"load",function(a){var f=a.target;f&amp;&amp;setTimeout(function(){f.parentNode.removeChild(f)},3E3)});d&amp;&amp;e.b.s(m,"load",d);return m};a.Cl=function(a,g){var b=e.b.createElement("link",a);b.setAttribute("rel","stylesheet");b.setAttribute("type",e.c.Eh);g&amp;&amp;b.setAttribute("href",g);return b};a.ih=function(a){var g=e.n("ob_iframe");g&amp;&amp;(g.src=a)};a.Hf=function(){var a;a=isNaN(a)?1E5:a;return Math.floor(Math.random()*a)};a.nk=function(a,g,b){return a.replace(g,b)};a.Ll=function(){var f;if(f=OBR.n("objsonpp"))if(a.kj())a.Ka(f.parentNode)&amp;&amp;

f.parentNode.removeChild(f);else return OBR.n("objsonpp");f=c.createElement("iframe");f.id="objsonpp";f.tk&amp;&amp;(f.tk="seamless");(f.frameElement||f).style.cssText="width: 0; height: 0; border: 0";f.src="";c.body.appendChild(f);return f};a.R=function(a){var g,b;b=c.getElementsByTagName("head");try{b&amp;&amp;0<b.length?b[0].insertBefore(a,b[0].firstChild):(g=c.getElementsByTagName("script"),g[0].insertBefore(a,g[0].firstChild))}catch(d){e.d.log("Err insertToHead:"+d)}};a.Kl=function(a){a=a||OBR;return"function"!==</p&gt;

typeof a.H?(OBR.d.log("namespace.EventManager not function"),null):new a.H};a.O=function(a){return encodeURIComponent(a)};a.Ka=function(a){return null!==a};a.pj=function(f){var b,c=!1;if(a.Zc(f))return!1;b=f.Oe().recMode||"";f=f.Oe().dynamicWidgetLayout||"";b=e.c.rk[b]||"";"2"===b&amp;&amp;"1"===(e.c.sk[f]||"")&amp;&amp;(c=!0);c||"1"!==b&amp;&amp;"3"!==b||(c=!0);return c};a.Zc=function(a){return void 0===a||null===a};a.tj=function(b){return a.Zc(b)||""===b};a.getElementsByClassName=function(b,g){g||(g=document);return g.getElementsByClassName?

g.getElementsByClassName(b):a.K("class",b,"*",!0,!0,g)};a.K=function(b,g,e,d,m,l){var p,q,n;p=[];e=e||"*";d=!!d;m=!!a.tj(m);e=l?l.getElementsByTagName(e):c.getElementsByTagName(e);l=0;for(q=e.length;l<q;l+=1)n="class"===b?e[l].className:e[l].getAttribute(b),null!==n&amp;&amp;(!1===m&amp;&amp;(n=n.toLowerCase(),g=g.toLowerCase()),(n=""===b?!0:d?-1<n.indexOf(g):n===g)&amp;&amp;p.push(e[l]));return p};a.Wb=function(a,b,c){a.detachEvent?a.detachEvent("on"+b,c):a.removeEventListener&amp;&amp;a.removeEventListener(b,c,!1)};a.s=function(a,</p&gt;

b,c){a.attachEvent?a.attachEvent("on"+b,function(){c.call(a)}):a.addEventListener&amp;&amp;a.addEventListener(b,c,!1)};a.Q=function(a,b){try{b.appendChild(a)}catch(c){e.d.log("Fail insert into Dom:"+c)}};a.lb=function(b){b=e.n(b);!a.Zc(b)&amp;&amp;a.Ka(b.parentNode)&amp;&amp;b.parentNode.removeChild(b)};a.insertBefore=function(a,b){return b.parentNode.insertBefore(a,b)};a.isArray=function(a){return a instanceof Array?!0:"[object Array]"===Object.prototype.toString.call(a)};a.sb=function(a,b){var c=/htt(p|ps)?:\/\/127\.0\.0\.1(:\d\d\d\d)?/i;

return/^htt(p|ps)?:\/\/([\w\-]*|[\w\-]*\.[\w\-]*)\.outbrain\.com(:\d\d\d\d)?/i.test(a)||c.test(a)?a:b};a.al=function(a){a=a.replace(/^(\s*)/g,"");var b=c.createElement("div");b.innerHTML=a;return b.childNodes};a.Ua=function(a,b){return a?a.getAttribute(b):null};a.xa=function(a,b,c){a&amp;&amp;a.setAttribute(b,c)};a.I=function(a,b){var c=RegExp("[ '\"|]"+b+"[ '\"|]");a&amp;&amp;!c.test("|"+a.className+"|")&amp;&amp;(a.className+=" "+b)};a.ma=function(a,b){a&amp;&amp;typeof b===e.c.$k&amp;&amp;(a.classList?a.classList.remove(b):a.className=

a.className.replace(RegExp("(^|\\b)"+b+"(\\b|$)","gi")," "))};a.$=function(a,b){a=a.replace(/[\[]/,"\\[").replace(/[\]]/,"\\]");var c,e;try{return c=RegExp("[\\?&amp;]"+a+"=([^&amp;#]*)","i"),e=c.exec(decodeURIComponent(window.location.href.replace(/\+/g," "))),null===e?b:e[1]}catch(d){return b}};a.sh=function(a){"string"===typeof a&amp;&amp;0<a.indexOf("#")&amp;&amp;(a=a.substr(0,a.lastIndexOf("#")));return a};a.ie=function(a){var b=e.c.ga+"/strip_default.png";a.src!==b&amp;&amp;(a.alt="",a.title="",a.src=b)};a.Oh=function(){var a=</p&gt;

null,b,e,d=null;if("string"===typeof window.OB_MP_feed)a=window.OB_MP_feed;else if((b=c.getElementsByTagName("head"))&amp;&amp;0<b.length)for(e=b[0].getElementsByTagName("link"),b=0;b<e.length;b+=1)if(d=e[b],null!==d.type&amp;&amp;("application/rss+xml"===d.type||"application/atom+xml"===d.type)&amp;&amp;null!==d.href&amp;&amp;""!==d.href){a=d.href;break}return a};a.D=function(a,b){var c=null;a.currentStyle?c=a.currentStyle[b]:window.getComputedStyle&amp;&amp;(c=document.defaultView.getComputedStyle(a,null).getPropertyValue(b));return c};</p&gt;

a.xk=function(){var b=a.Ia(),g,c;a.Ka(b)&amp;&amp;(g=e.b.createElement("span","ob_a"),a.insertBefore(g,b),g.innerHTML=".",c=a.D(g,"color"),a.lb("ob_a"),g=e.b.createElement("a","ob_a"),g.setAttribute("href","void(0)"),g.innerHTML=".",a.insertBefore(g,b),b=a.D(g,"color"),a.lb("ob_a"),c="rgb(0, 0, 0)"===c||"#000000"===c?"#555":c,a.G(".ob-tcolor{color:"+c+"} .ob-lcolor{color:"+b+"} .ob-bgtcolor{background-color:"+c+"} .item-link-container:hover .ob-tcolor{border-color:"+c+"} "+(document.addEventListener?"":".odb_li:hover .ob-zapping-icon,.odb_div:hover .ob-zapping-icon,.item-container:hover .ob-zapping-icon,.ob-dynamic-rec-container:hover .ob-zapping-icon,.odb_li:hover .ob-textual-zapping-icon,.odb_div:hover .ob-textual-zapping-icon,.item-container:hover .ob-textual-zapping-icon,.ob-dynamic-rec-container:hover .ob-textual-zapping-icon{display:none !important;}")))};

a.Ke=function(b){var g=a.Ie("property","og:url","meta","content");null===g&amp;&amp;(g=a.Ie("rel","canonical","link","href"));null!==g||b||(g=window.location.href);null===g&amp;&amp;(g="");return g};a.Ie=function(b,g,c,e){var d=null;b=a.K(b,g,c,!1);null!==b&amp;&amp;0<b.length&amp;&amp;(d=b[0].getAttribute(e));return d};a.jh=function(b){var g,c,d;g=b.g("tracking",!1);c=b.g("comScoreEnabled",!0);d=e.c.je;!1===g&amp;&amp;(!0===c&amp;&amp;!1===d&amp;&amp;!b.Pe())&amp;&amp;(a.Vc(),g=b.q("pid",""),b=e.n(e.c.Pb))&amp;&amp;(b.src=e.c.ga+"/"+e.c.Ub+"3rd/comScore/comScore.htm#pid="+</p&gt;

g,e.c.je=!0)};a.Ei=function(){var b=a.Lb(8);"string"===typeof window.name&amp;&amp;(""===window.name||-1<window.name.indexOf("frame"))?(window.name=b,b=window.name):"string"===typeof window.name&amp;&amp;""!==window.name&amp;&amp;(b=window.name);return b=e.b.O(b.substring(0,9))};a.Lb=function(a){var b,c;b=[];a="number"===typeof a?a:8;for(c=0;c<a;c+=1)b.push("0123456789ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXTZabcdefghiklmnopqrstuvwxyz".charAt(Math.floor(61*Math.random())));return b.join("")};a.me=function(a){for(var b="",c=0;c<a.length;c++)b=</p&gt;

b.concat(a[c]?"1":"0");return parseInt(b,2)};a.Xc=function(b){var g=b.getElementsByTagName("a")[0];if(null===b.offsetParent||0===b.offsetHeight||0===b.offsetWidth||0===b.clientHeight||0===b.clientWidth||"none"===a.D(b,"display")||"hidden"===a.D(b,"visibility"))return!1;var c=parseInt(a.D(b,"padding-top"),10)+parseInt(a.D(b,"padding-bottom"),10);return 0===b.clientHeight-c||g&amp;&amp;"none"===a.D(g,"display")?!1:!0};a.Oc=function(a){for(var b in e.La)if(e.La.hasOwnProperty(b)&amp;&amp;e.La[b].l===a)return e.La[b];

return null};a.Rl=function(a){for(var b in a)if(a.hasOwnProperty(b))return!1;return!0};a.Ga=function(a,b){return"function"!==typeof a?null:void 0===b?a():a(b)};a.kj=function(){return"Microsoft Internet Explorer"===navigator.appName};a.Fh=function(a,b){return a*b};a.Ge=function(a){if(!a||""===a)return[];a=a.replace("","").replace("http://","").replace("https://","").replace("www.","").replace("www2.","").split("/");a.pop();return 0<a.length?a:[]};a.ki=function(b,g){var c=a.Ge(b),e=[],d="";if(g>=c.length)d=

c.join(".");else{e[0]=c[0];for(d=1;d<=g;d+=1)e[d]=c[d];d=e.join(".")}return d};a.ti=function(){return"http"+("https:"===c.location.protocol?"s":"")};a.si=function(){var b,g;b=c.getElementById("widgetVersionSync");null===b&amp;&amp;(b=a.createElement("iframe","widgetVersionSync"),g=a.createElement("div",null,"display:none; height:0px; width:0px; border:none;"),g.appendChild(b),a.Va().appendChild(g));return b};a.ql=function(b){var g;g=window.OB_releaseVer;isNaN(g)||(isNaN(b)||g>=b)||(b=a.ti()+"://widgets.outbrain.com/external/sync/outbrainjs.html?needToBeVer="+

b.toString(),g=a.si(),g.src=b)};a.Sg=function(b){b=b.g("widgetVersionSync",0);isNaN(b)||""===b||(b=parseInt(b,10)||0,a.ql(b))};d.Rc=function(){if(b)return b;var a;try{var g=window.localStorage;g.setItem("OBtst","");g.removeItem("OBtst");a=g}catch(c){a={$b:{},setItem:function(a,b){this.$b[a]=b},removeItem:function(a){this.$b[a]=void 0},getItem:function(a){return"undefined"!==typeof this.$b[a]?this.$b[a]:null}}}return b=a};a.hg=function(a,b){d.Rc().setItem(a,b)};a.Qc=function(a){return(a=d.Rc().getItem(a))?

a:null};a.Gh=function(){d.Rc().removeItem("OB-USER-TOKEN")};a.h(OBR);return a}();OBR.ya=function(d,a,c,e,b,f,g,h,k){var m,l;m=this;l=0;k="function"===typeof k?k:OBR.b.Fh;m.start=function(){var p;l+=1;OBR.b.Ga(d,l)?OBR.b.Ga(a,l):(p=OBR.b.Ga(h,l))?OBR.b.Ga(e,l):(p=l===f&amp;&amp;1E3!==f)?OBR.b.Ga(e,l):(OBR.b.Ga(c,l),p=g?k(l,b):b,setTimeout(function(){m.start()},p))};m.start()};OBR.re=OBR.re||{fj:function(){return"complete"===document.readyState}};

OBR.Hc=function(){var d={},a=[];d.add=function(c){a.push(c)};d.remove=function(c){a.splice(c,1)};d.top=function(){return 0<a.length?a.shift():null};d.jj=function(){return 0>=a.length};d.Jl=function(){return a};d.qh=function(){a=[]};return d};

OBR.Ra=function(){function d(e,b){a.pb="resolve"===e?function(a){a&amp;&amp;a(b)}:function(a,g){g&amp;&g(b)};a.Pa=a.kk=function(){throw Error("Promise already completed.");};for(var f,g=0;f=c[g++];)f[e]&amp;&amp;f[e](b);delete c}var a={},c=[];a.pb=function(a,b){c.push({resolve:a,reject:b})};a.Pa=function(a){d("resolve",a)};a.kk=function(a){d("reject",a)};return a};

OBR.Ag=function(d){var a={},c=null,e,b;a.onClickOrAutoplay=void 0;a.onDisplayReady=void 0;a.onError=void 0;a.fetch=function(a){null===c?(c=a,b&amp;&amp;b(c,this),b=null):(c=a,OBR.Ja.of([this]))};a.shown=function(a){e=a;OBR.Ja&amp;&amp;OBR.Ja.pl(d.widgetId,d.playerId,e)};a.stopTimer=function(){if(this.tg){window.clearInterval(this.tg);var a=document.querySelector('[data-ob-player-id="'+d.playerId+'"] .timerNumber');a&amp;&amp;(a.textContent=a.parentElement.getAttribute("data-time"))}};a.placed=function(){OBR.Ja.ol(d.playerId)};

a.uj=function(a){b=a;c&amp;&amp;b(c,this)};a.Ue=function(){return d};a.Hl=function(){return e};a.Nl=function(){return d.when};return a};OBR.Fg=function(){var d={},a="00.000",c=null,e=null,b=0;d.start=function(){null===c&amp;&amp;(c=new Date);null!==e&amp;&amp;(b+=new Date-e)};d.stop=function(){var f=new Date(new Date-c-b),g=f.getUTCSeconds(),f=f.getUTCMilliseconds();e=new Date;return a=(9<g?g:"0"+g)+"."+(99<f?f:9<f?"0"+f:"00"+f)};return d};</p&gt;

OBR.rd=OBR.rd||function(){function d(){var a=window;a.googletag=a.googletag||{};a.googletag.cmd=a.googletag.cmd||[]}function a(a,g,c,e){var d=window;d.$revee&amp;&amp;d.googletag.cmd.push(function(){d.$revee.track({obpid:a,obsid:g,obdid:c,obpu:e});b.d.log("revee fire:"+e);b.d.log("revee fire id:"+c)})}var c={},e=!0,b;c.h=function(a){b=a;c.cc={}};c.Yb=function(f){if(f&amp;&amp;!1!==f.g("activateRevee",!1)){d();var g=f.q("pid",0),h=f.q("sid",0),k=f.q("did",0),m=f.ka();e||c.cc[k]?e&amp;&amp;(e=!1,f=b.b.N(b.c.U+"rva.outbrain.com/analytics-v1.js",

!0,!0,function(){m=document.location.href;a(g,h,k,m)}),b.b.R(f)):a(g,h,k,m);c.cc[k]||(c.cc[k]=!0)}};c.B=function(){e=!0;c.cc={}};c.h(OBR);return c}();OBR.c=OBR.c||function(){var d={},a={},c=OBR,e;a.Cg="opera";a.Od="msie";a.zg="firefox";a.xg="chrome";a.Eg="safari";a.Bg="mozilla";a.Al="boolean";a.$k="string";a.Vl="object";a.gl="undefined";a.Ul="number";a.Pb="ob_iframe";a.$e=!0;a.Ff=0;a.ec="outbrain_widget_";a.wj="text/javascript";a.Eh="このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

2015-12-17

どこへ行くべきか?

やりたいことではなくて、できることをやっていったほうがよさそうという話がある。

今、任期付きの研究者として任期切れを目前にしている。次を探しているが、結果は全く芳しくない。もちろん実力のたまものであり、邪推するよりずっと公平な世界が広がっているのだろうという感覚がある。

何かの役に立つということを目標に、幸運にも今の立場を得た。全く役に立っていないということはないと信じているが、非常に役に立っていて欠かせない人間だというわけではもちろんない。そのことは就職活動がはっきりと示している。

最近、私が主体になって行ったある論文の内容についての質問メールでうけた。それに回答し、論文の内容はまだまだ予備的なレベルだけど、と付け加えて送信ボタンを押した。実際内容は、客観的に見ればそれが何か別の知見に結びつくかは大いに疑わしいと考える人が大半だろう。もちろん、私自身はほんの少しは意味があることだし、場合によっては役に立つかもしれないと信じているわけだけど。

私の返事に対する短い返信はすぐ届いた。Quick response への礼に、私が論文提案した方法が何らかの情報を与えそうだとのコメントが続いた。

役に立つとはどういうことか、ということをずっと考えている。Wikipedia では21世紀課題として、今盛り上がっている地球温暖化エネルギーなどが挙げられている。私のテーマも、恐らく質問者テーマもそういった解くべき課題と直接は関係しない。何をもって役に立つとするかは、非常に難しいし、いずれも何の影響も与えない可能性が高いだろう。

ほどほどに役に立てるかもしれないが先細りでいすが無くなるかもしれない道と、客観的に見て勝算は薄いがもう少し役に立つということを具体的に想像できる道、どこに行くべきか迷っている。

2015-10-16

増田落ちてた

Proxy Error

The proxy server received an invalid response from an upstream server.

The proxy server could not handle the request GET /touch/.

Reason: Error reading from remote server

2015-09-22

https://www.youtube.com/watch?v=L_1Cn-NSeOQ

エイヨ― TOKYO, MABOSS, YES! 欲望放ちかませ

エイヨ― TOKYO, MABOSS, Uh!! (Yo) You know what time is it?

東京弐拾伍時あの店の倉庫に集合 騒がしい街見下ろすベランダで休息

磨く銃口 企む計画 終わらない反抗期かいpay back

ポッケぱんぱんのMoneyで鼻かむ ラップスター抜け出す格下ラッパー

まだ見ぬ未来 不確かな明日 手探り目隠しでハイハイ徘徊

ベイベベイベ― 手の鳴る方へ転がるstoneのよう響くflow

Here we go, YO! 日々膨張 始めちゃうぜ Can I Kick it, Tokyo?

から回る森のビルも森から回る回る 食べるよみんな明日マイクパス

Check 1, check 2, check 3, YES! 眠らぬ街といざS.E.X

この病む街から俺たち発進 旅立つsick life, illなtype

破壊に重ねる視界ゼロな未開拓テロ 今歌い出す

人に問う 溺れる溢れる 見えなくなる残念SHOW

イラッとくる価値の供養 流行歌 ファッション コンビニの下着Peach John

パーティーセレブ見失うgenom 脱法で犯す悪夢ゲーム

逃げ道がないコンクリLife 電磁波が溜まるどうしようもない

パない騙し合いそこに価値はない 薄い武器一つ戦ってはいけない

音が溶ける街に受ける刺激 健全的時を育ちはじめ

My microphone から調子はどう?From neo TOKYOから超電導

Yo, N da I con T.R.O we are 殺し文句のP.R.O

そう奴はFUDATZKEE おわかり?Mack チョキチョキ Swik どのくらいどう?

Swor-D (カキーン!カキーン!) まさにAvengers みてぇなMCs

(The saga continues)

帰ってきた余裕ちゃん 遊んでるfuture

適当上級ブツ供給

最近物足りてないエンドユーザー また告げてあげるドクーガンな集団

ブーキャン?ウータン?そんなんじゃねえよTOKYO N.M.Uじゃん?

田川純正のHIP HOP チューナー 列島縦断 MABOSS

B.U.S.I.N.E.S.S ノらすソらす自由ですYes

知ってるヤツらなら相変わらず 知らねえヤツは今知ったはずYes

街も人もビルもなにもかもがすっかり変わっちまっても

ずっとここ変わらず営業中 それがなにより誇りエイ要注意

A.JにForce One, ガッエッページェン

リンドに金棒無敵をプレゼント

キングジョーカー ダイヤプラチナ

チャンピオンさんNeo Tokyo Finest

ぶらす散らすプラス思考バウンス バイスレス皆に送るGod breath

耳に残るえぐるKillerのPhrase 返す返す巡るCall &amp; Response

そのすべての根源のBaseは この胸の鼓動がImage

ホログラムじゃなく生身のLive ボーカロイドじゃ愛せるわけ無い

機械じゃねえから自由を嗜み Dreじゃねえから明日を夢見る

俺はロジャーみたくわが道行くAvengersみてぇな

My microphone から調子はどう?From neo TOKYOから超電導

Yo, N da I con T.R.O we are 殺し文句のP.R.O

そう奴はFUDATZKEE おわかり?Mack チョキチョキ Swik どのくらいどう?

Swor-D (カキーン!カキーン!) まさにAvengers みてぇなMCs

Yes, don't stop Hip-Hop 東京弐拾伍時

DJ HAZI とB.L 平成弐拾六いくぜ!

Avengers, 4人です!in da Daimonion Studio

Back again!



------

Sword のとこよく分からん誰か頼むエイヨ―

2015-09-16

http://anond.hatelabo.jp/20150916021738

ありがとう

サンプルが殆ど見つからなくて、今のおいらには、このへんを読み始めるのがやっとな感じです。事前定義されていない場合は、MIB からコンパイルとかしなくちゃいけないのかな?

PHP みたく、アドレスコミュニティ名・OID の指定だけで Get-Request-Response したいよ~

WMI
MS公式ページ
WMI
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa378988.aspx

今の時点で見つけたサンプル

WMI
http://challengeandresponse.blogspot.jp/2012/07/csnmp-trap.html
WMI
http://uchukamen.com/Programming1/SNMP/ (「WMISNMP のほうがずっと楽にできると思います」だそうで...泣)

2015-01-26

http://anond.hatelabo.jp/20150126174257

責任」という日本言葉には「起きたことに対する罰を受ける」という意味合いが強いが、

「responsibility(あるいはaccountability)」という英語言葉にはresponseやaccountが入っていることからわかるように

「起きたことに対してきちんと答える、説明する」という意味合いが強い。

2014-06-18

You want to make some money? I can put you in touch with over 50 million people at virtually no cost. Can you make one cent from each of theses names? ef you can you have a profit of over $500,000.00 That's right, I have 62 Million Fresh e-mail addresses that I will sell for only $149. These are all fresh adresses that include almost every person on the internet today, with no duplications. They are all sorted and ready to be mailed. That is the best deal anywhere today! Imagine selling a product for only $5 and getting only a 1/10% response. That's $2,860,000 in your pocket !!! Don't believe it? People are making that kind of money right now by doing the same thing, that is why you get so much e-mail from people selling you their product....it works! I will even tell you how to mail them with easy to follow step-by-step instructions I include with every order. I will send you a copy of every law concerning e-mail. It is easy to obey the law and make a fortune. These 62 Million email adresses are yours to keep, so you can use them over and over and they come on 2 CDs. This offer is not for everyone. ef you can not see the just how excellent the risk / reward ratio in this offer is then there is nothing I can do for you. To make money you must stop dreaming and TAKE ACTION.

.

2014-06-16

I've contacted my bank and the embassy, the embassy is willing to assist me but my funds are depleted to pay for a new passport fees and other miscellaneous expenses. I don't have access to my account over and My bank said it would take 5 working days to access funds from my account. Please can you lend me some funds? I'll pay back, as soon as I return home. I await your response,

.

2014-04-28

戦後韓国慰安婦制度の使用」に関する海外研究

韓国訪問したオバマが「慰安婦はとんでもない人権侵害だ」と発言した。

それに対して安倍総理は「筆舌に尽くしがたい思いをされた慰安婦の方々のことを思うと本当に胸が痛む思い」だとし、

「20世紀は女性を始め、多くの人権侵害された世紀であった。人権侵害が起こらない21世紀にするため、日本も大きな貢献をしたい」と述べた。

これはちょっと意外な発言で、日韓メディア右派左派ともにちょっと戸惑った感じがしたように思える。

安部首相の真意がどういうものなのか、これからの行動を見ないと分からないが、

これは、慰安婦に対する人権侵害を認めつつ、「慰安婦制度をやっていたのは日本だけでなかった」という文脈を作ろうとしているのかなと思えた。

それはオバマの発言に対して、「米軍慰安婦はどうなんだ」「朴正煕韓国軍慰安婦管理はどうなんだ」という反応が多く見られたものを反映していると思う。

20世紀」という一般化といい、正直なかなかうまい手というか、慰安婦問題に対して右左をなだめる、これまでにないスタンスになるかもと思った。

そうなってくると、戦後韓国慰安婦制度本当にあったのかという話になってくる。あったなら、慰安婦像海外に建てるキャンペーンが別の意味を持ってくる。

別にあいつらもやってから、俺らは悪くない」という意図ではなく、

実際問題として、日本謝罪もし、アジア女性基金設立した一方で、韓国自身が実は同じ問題を抱えていたのに黙殺するという事態は、事実を明らかにする上でも好ましくないと思う。

まとめサイトではソースあいまいものも含めてよく目にするが、いくら内輪で盛り上がっても意味は皆無で

海外でどのようにどのように研究されているか、というのが重要になると思う。

残念ながら、メディアという点では海外では概して「20万人の韓国人日本性奴隷にされた」「日本はその歴史を否定しようとしている」という文脈で報じられているのがほとんどだ。

しかし、アカデミズムの分野では、ここ最近韓国自身の慰安婦制度に目を向けられているものも増えているように見受けられる。

おおよそ中立的立場であると見受けられるC.Sarah Sohという研究者2009年出版された"The Comfort Women"という本は海外でも評判が高いようなので、色々調べようと思った。

http://www.goodreads.com/book/show/6068978-the-comfort-women

検索すると、Google Readersで一部内容が見ることができ、その部分にちょうど韓国慰安婦制度について記述しているところがあったので、メモ代わりに引用しておく。

もちろん、この本は、日本慰安婦制度、および人権侵害にも厳しい目を向けているが、

この部分の結論としては、韓国慰安婦生存者を日本の抵抗のシンボルとして英雄扱いする一方で、韓国自身の慰安婦制度含む性の人権侵害には目を向けてこなかったということを言っている。

韓国戦後慰安婦制度を使用してきた」という事実は、単なるネット右翼デマではなく、海外研究者にも裏付けられている事実であり、もっと注目されるべきではないかなと思う。

"The Comfort Women: Sexual Violence and Postcolonial Memory in Korea and Japan" by C.Sarah Soh

(p:211~)

After its liberation from Japanese rule in August 1945,the Korean Peninsula was divided into two: Soviet troops occupied the northern half and the US military the southern half. The ongoing US military presence in South Korea led to the formation and maintenance of “Camp towns” (kijich’on, in Korean) around the military bases, a development that has had a striking social impact on Korean communities. Kijich’on (literally, base or camp [kiji] village [ch’on]) refers to the civilian world of commercial establishments and residential buildings that have sprung up around the US military bases and cater to the needs of the American GI’s. It is “ a place where Koreans and Americans- mostly male military personnel- meet in an economic and emotional marriage of convenience”. As of the end of 1996, 37,000 American troops supported the economies of ninety-six kijich’on. The estimated number of kijich’on prostitutes over the first four decades of the American presence ranges between 250,000 and 300,000.

(中略)

The kijich'on sex trade consolidated and expanded during the second phase, which began with the Korean War. In her testimony, Pak Sun-i who had laboured at three different comfort startions in Japan 1944 to the end of the war, recalled:

"At twenty-seven years of age, I was having a hard time making ends meet in Tongduch'on (the largest kijich'on just outside Seoul). I ended up cohabiting with a staff sergeant of the USArmy for about two years... One of my friends from the days at a comfort station in Japan also worked as yang-gonju, but she passed away."

An American veteran who served in Korea in the 1950s after the end of the Korean War recounted that on Friday nights half-ton trucks would bring into the base a few hundred women to stay the night or the weekend with the soldiers. In 1958, five years after the armistice, the majority of about 300,000 prostitutes in Korea reportedly served American soldiers. Some of them, like their earlier Japanese counterparts(RAA), married and emigrated to the United States as wives of servicemen.

The fact that the Korean military also availed themselves of the "special comfort unit" during the Korean War has received little public attention even after the Korean women's movement in support of the "comfort women" began in the 1990s. Only piecemeal anecdotal materials on it had come to light from memoirs written by retired generals and generals and the testimony of soldiers who fought in the war.

(中略)

Characterizing the Korean military comfort system as an "unfortunate offspring" of the Japanese colonial legacy, Kim Kwi-ok called for victimized women, civic organizations, and scholars to come together and confront the unresolved issues of this historical injustice. The media reports of Kim's work, however, have generated little response. There has been no public outcry regarding the Korean military's use of "comfort women" during the Korean War or its violation of women's human rights. Korean silence over these issues is reminiscent of earlier societal indifference toward survivors of imperial Japan's comfort system, It mirrors the reticence of many Japanese to come to terms with the history of their country's wartime comfort system. As in the case of Japan, many in Korea, including retired military leaders, apparently regard the women's sexual labour simply as the performance of gendered customary sex labour in order to meet the needs of fighting men. It is noteworthy that military authorities have acknowledged that the system of special comfort units contradicts the national policy of banning licensed prostitution. Nonetheless, they have insisted that the special units were created to fulfill an important strategic end.

(中略)

(日本人韓国への売春ツアー、及び韓国人東南アジアへの売春ツアーは看過されてきたが、という話の後)

However, when it comes to the issue of Japan's wartime "comfort women" system, which has been redefined by the international community as a prominent case of violence against women in armed conflict, no social critic or public intellectual in Korea would dare to take the customary masculinist position that such a system benefits the economy or promotes national security. This is because the comfort women issue has been redefiend as military sexual slavery and a war crime by the international community owing largely to women's collaborative movement for redress in Japan and Korea.

Still, little critical public discourse has occurred on the legacies of that historical institution or the social structural dimension of Korea'S comfort women tragedy. Few are willing to consider the unsavoury fact that, accustomed to indigenous public institutions that have granted customary sex rights to men, and licensed by the colonial government, many Koreans did not hesitate to collaborate in recruiting and runing comfort stations by trafficking in girls and young women. Rather than deal with the messy and unpleasant complications of the historical record, Korean public discourse has simplistically elevated the survivors to heroic symbols of national suffering under Japanese colonialism and its imperialist war of aggression.

By contrast, Japan, which is unavoidably seen as the perpetrator nation, has been in turmoil over contested representations of the comfort women phenomenon and its responsibility in the matter. Meanwhile, the international - as well as domestic - trade in public sex prospers in capitalist economies of Japan and Korea despite endless incidents of criminal abuse of women so employed by both foreigners and compatriots. The social historical legacies of masculinist sexual culture and political economic realities in the two countries continue to help construct women'S sexual labour as stigmatized yet customary care labour for masculine "need".

2013-09-22

ニートエロサイトを作ったら結構デカサイトに成長した

こんばんは。27歳のニートです。

ひょんなことからエロサイトを作ったら結構デカサイトになったのでそのことについて書きたいと思います

作成サイト

巨乳動画ストリーム
http://kyonyudouga.com/

まぁよくある動画共有サイトを使用したエロサイトです。

1日のPV数はPCSP合わせて60万PV

サイト開設の経緯

就職活動で躓き自信喪失し、はれてニートに。

さすがにニート生活にも飽き、何かやりたいなと考えた時にアフィリエイトを思いつく。

実はアフィリエイトについては以前から知っていて実際にやったこともありました。

しかしその時は全く稼げず、またその時は他にやることもあった為すぐにやめてしまいました。

ニートである今なら時間たっぷりある。

腰を据えてやったらどうなるだろうと思い、再度アフィリエイトを始めることにしました。

どんなサイトを作ろうかと考えた時に真っ先思いついたのがエロサイトでした。

ええそうです。エロが好きだからです。

サイト開設後の経緯

まずFC2ブログで開設しました。

アダルトサイトアクセスを集める手法としてアクセストレードと呼ばれる

他のアダルトサイト相互アクセスを送り合う手法が主流です。

そのため他サイト画像リンクが増え、とても使いにくいものになっています

画面をずっとスクロールさせないとコンテンツに辿り着けなかったり、ひどいところは騙しリンクもあります

当初は私もアクセストレードメインで集客をしており、サイト画像リンクだらけ。

ちゃごちゃしていてコンテンツの位置もわかりにくいというお世辞にも良いサイトとは言えませんでした。

そしてアクセストレードというのは結局のところ自サイトアクセス数により送れるアクセス数限界があるため、ある程度のところでアクセス数頭打ちになります

実際のところ私のサイトも1日3万PV程度で頭打ちになりました。

そのためやる気を無くし半年放置して2ちゃんまとめブログを始めました。

しかしそれも上手くいかず半年で閉鎖。

そこで2ちゃんまとめブログ運営で得たノウハウエロサイトの方で実行したことろこれが上手くいきました。

実行したこと

デザインをすっきりさせわかりやすい構成にする

これは一般サイトでは当たり前のことなのですがエロサイト大手サイトでさえ非常にわかりにくい構成のサイトが多いです。

一方で2ちゃんまとめブログ大手サイトほど他サイトへのリンクも少なくわかりやすい構成になっていました。

なので思い切って画像リンク等を全て外し、わかりやすデザインに変更しました。


②多更新にする

当時2ちゃんまとめブログキニ速VIPPER速報

後発のブログが多更新武器に台頭してきていました。

そこで私もエロサイトに多更新を取り入れ1日に1~3回更新だったのを1日24回、1時間に1回更新というスタイルに切り替えました。


③表示速度の改善

エロサイトはとにかく重たいところが多いです。

それは①で書いた通り画像リンクが異様に多いからというのもあるのですが動画共有サイトを利用したエロサイトは誰でも簡単に作れるため

その辺りがかなり適当なところが多いのです。

CSSspriteの使用やCSS,JSファイルのminify等ページの表示速度に関する施策を行っていないところがほとんどです。

なのでその辺りのことを一通り勉強し実行しました。


スマートフォンページの最適化

無料ブログ運営しているエロサイトスマートフォンページをしっかり作っていないところがほとんどです。

ほぼ広告ページとしてしか使用しておらず、コンテンツと紛らわしい広告を載せていたり、

コンテンツがあっても共有サイトプレーヤーサイズスマホ画面サイズに合わせていないなど

サイトとして使えるものほとんどありませんでした。

そこで私はスマートフォンページのテンプレもしっかり作り込み最適化させました。


これらを実行した結果、ページ数が増えるに従い検索からアクセス右肩上がりで増え

PCページ40万PV/日、スマホページ20PV/日というサイトに成長しました。


アクセスが増えた後いくつかの動画配信サイトとサンプル配信提携をすることが出来ました。

これには凄く驚きました。こんなことがあるのかと。

企業自分サイトが認められたようで凄く嬉しかったです。

SEOについて

SEO施策はググれば出て来るような基本的なことしかやっていません。

SEO業者も利用していませんし、今のところこのサイトしか持っていないので自演リンクも一切やっていません。

ただソースを綺麗に書くように意識はしています

SEOについてもエロサイトは基本すら出来ていないところが多いのでそれだけでライバルと差をつけることが出来ます

ちなみに私のサイトビッグキーワードアクセスを集めているのではなく(一応「巨乳」で4~7位くらいですがそのワードでの流入は少ないです)

大量の細かいキーワードアクセスを集めています

ロングテールってやつですね。

ロングテール検索順位の変動にビクビクせずに済むので良いです。

wordpress

先日FC2ブログからwordpress移転しました。

やはり無料ブログでは出来る事に限界があり、エロサイトはいえ良いサイトにしたいという思いがあったからです。

そのためデザイン機能にはかなりこだわりました。

デザインは某サイトパクリインスパイアしましたw

wordpressでの運営経験もなくサーバー関係スキルもないので移転にはかなり苦労しました。

キャッシュってほんと大事ですね。


我ながら良いサイトに仕上がったことと移転を期に今までの足跡を残そうと日記を書きました。

サイトの構成や使用プラグイン


jQueryプラグイン

glider

jwplayer

Sidr(スマホ)


WPプラグイン

001 Prime Strategy Translate Accelerator

Contact Form 7

Count Per Day

DB Cache Reloaded Fix

Exec-PHP

Head Cleaner

Infinite Scroll

Multi Device Switcher

Quick Comments

Search Everything

Search Regex

W3 Total Cache

WordPress SEO

WP-DBManager

WP-PageNavi

WP-PostRatings

WP-PostViews

WP Hyper Response


アフィリエイト収入について

多分これが一番気になるところだと思います

ぶっちゃけると月の収入はだいたい100万程度です。

そのうち7割程度がスマホページから発生したものです。

アフィリエイトという観点からスマホページの重要性がわかりますね。


現在PHP勉強してスクレイピングシステムを構築中です。

あとcookieを利用したブックマーク機能も実装したいです。

エロだけじゃなくて一般サイトWEBサービスも作りたいと色々模索しております


どうしようもないクズニートでも頑張ったらこれぐらいのことは出来ました。

ニートでも頑張れば出来るんだ!と思って頂けたら幸いです。

-----------------------------------------

03:59追記

たくさんのブックマークありがとうございます

とても嬉しいです。

確かに見やすくて使いやすいな。
けどリンク切れ報告フォームはなくていいの?実際他のサイトでそれが有効に使われてるのかはよくわからないが…
カテゴリけがシチュエーション別とかもあるといいなーと思ったけどこれ以上多くすると大変かな。あまり項目を多くするとまた見にくくなるかもしれないし。

お褒め頂きありがとうございます

リンク切れ報告フォームは以前は置いていたのですがあんまり報告してくれないんですよねw

自動リンク切れをチェックするシステムを導入する予定なのでそちらで行います

シチュエーション別もFC2の時はタグを利用してリストを作っていたのですが

FC2タグエクスポート出来ないのでwordpressではなくしちゃいました。

出来ないことはないのですが手作業でタグを登録し直さなければならないので…

かい方法が見つかったら実装させてみます

それだけのスキルを身につけたらどこかに就職できそうだw

就職しても多分続かないです。社会不適合者なんですよw

WordPressテーマは何を使っているんだろう?

テーマPCSP共に自作のものです。




-----------------------------------------

25日02:13追記

えーと下の方でステマだとおっしゃっている方がおりますがそのサイト製作者と私は別人です。

私はRubyなんて使えません。

巨乳動画ストリームは手動で更新しております

こういう事を書くと余計に怪しいと思われてしまうのでしょうけども。


あとステマ意味を履き違えてらっしゃると思います

ステマというのは運営者や製作者、その関係者が”利用者のフリをして”モノやサービスを薦める行為の事です。

運営者や製作者自身が「こういうのやってるんですけどどうですか?作ったんですけどどうですか?」と紹介するのはステルスではないただの宣伝です。

上でも書きましたが我ながら良いサイトに仕上がったので見てもらいたいなと思ったのです。

見てもらって感想を聞きたいなと。

エロ動画サイトってアクセスが多くてもコメントほとんど付かないし感想を聞く機会がほとんどないんですよ。

でもFC2ブログだとさすがに恥ずかしいのでね。

wordpressならまぁ見せても恥ずかしくはないんじゃないかと思いまして。


で、宣伝効果は正直あまりなかったです。

この日記はたくさんブックマークされましたけどサイトの方はほとんどブックマーク増えてません。

トップページブックマーク数22ですよ。

もうちょっとブックマークしてくれてもいいじゃないですか…

この日記からの流入も1日1000ユニークくらいでした。

私のサイトの1日のユニーク数の60分の1くらいですね。

肝心な時にサーバーが落ちてたせいもありますが。


結局この日記を書いた主な理由はただの自己満足自己顕示欲ですね。

ただそれだけのくだらない日記でございます

それがもし誰かの役に立つのなら幸いですと、ただそれだけのことでございます

2013-08-05

(不具合)ここでAA記法を使おうとすると

Proxy Error

The proxy server received an invalid response from an upstream server.

The proxy server could not handle the request POST /ユーザーID/edit.

Reason: Error reading from remote server

2013-06-24

人気アダルトサイト更新情報を簡単に見れる「画像アンテナ」を公開

人気アダルトサイト更新情報を簡単に見れる「画像アンテナ」をリリースしました

エッチサイトをそのままブックマークするのは ちょっと恥ずかしかったので

アダルトサイト更新情報を一覧でまとめて見れるアンテナサイトを作ってみました。サイトは以下より

画像アンテナ

作ったと言ってもwordpressを用いて 登録サイト更新情報フィードから取得し

表示すると言うシンプルな物でござる。

特徴としては

あたり前田のクラッカーですがスマホモバイル対応

サイト別の記事を最大70件表示可能(特定のお気に入りサイト更新情報をまとめて読めます

RSSを配信(当アンテナ更新情報を確認出来ます。)

・巡回してるサイト日本国内の大手サイト2次元3次元ジャンル閲覧できます

おまけ

サイトwordpressで作るにあたって 「便利だなぁ~」「これいいね!」と思ったプラグインを紹介しておきます。(ブクマ推奨)

WordPress › WP File Cache « WordPress Plugins

WordPressが早くなるプラグインです WordPress › MO Cache « WordPress Pluginsと便用する事で効果を発揮します。

WordPressを高速化するプラグイン「WP Hyper Response」 | [M] mbdbこちらもWordPressが早くなるプラグインです。導入後すぐに効果が実感できました。

管理画面も軽くなる模様

WordPress › WordPress.com Stats « WordPress Pluginsサイトへのアクセスリアルタイムで分かる高性能アクセス解析

Plip | WordPressプラグインのクリップサイト WordPressプラグインクリップサイト

と、まぁメジャーな物が多いですが その辺はご愛嬌

予定

サイト需要がありそうだったら 登録サイトを増やす予定(閲覧者さんの希望に柔軟に対応したぃ。)

2013-03-24

Q.なぜオバマは「バブルソート」を知っていたのか

A.GoogleCEOジョン・マケインに同じ質問をしていたから。

http://www.quora.com/Barack-Obama/How-does-Obama-know-about-bubble-sort/answers/2113736

Because John McCain was asked the same question by then Google CEO Eric Schmidt earlier in the year (May 2007), when he was invited to Google.

,

President Obama's aides noticed that and prepped him for it. President Obama could have gone prepared with a better answer but Dr. Eric Schmidt coulda followed up with a harder question, which is common in interviews for software development or engineering positions. So, he decided to use humor as a response.

Candidates@Google: John McCain

http://youtu.be/ZDDixe_N5sE

,

アルゴリズムはもはや大統領必須教養だ!」

ぐらいの、期待を込めてググってみたのにこんな理由が。

アメリカ大統領選の討論やら、インタビューの力の入れようを見ると当然問答集やリハーサルを重ねて

のぞんだんだろうなあ と感心する一方、ちょっと残念な結果に。

2013-03-22

502 Proxy Error

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

      見出し・本文が空白でも、投稿は完了しています

      ほっときゃ見れます。再投稿する必要はありません。

      投稿反映が数十分単位で遅延し始めて、もう何日か・・・

      ・・・これ、そろそろ何とかなりませんかね? > id:jkondo

      P.S. 遅延どころか、502多発でそもそも投稿が困難でした。

      

      Proxy Error

      

      The proxy server received an invalid response from an upstream server.

      The proxy server could not handle the request POST /************/edit.

      

      Reason: Error reading from remote server

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2013-03-12

なんかエラーが出た 自分だけ?

Proxy Error

The proxy server received an invalid response from an upstream server.

The proxy server could not handle the request GET /.

Reason: Error reading from remote server

2010-11-23

増田はてな記法AAを使うとエラーになる件

Proxy Error

The proxy server received an invalid response from an upstream server.

The proxy server could not handle the request POST /※はてなid※/edit.

Reason: Error reading from remote server




何これ…

2010-10-12

http://anond.hatelabo.jp/20101012153739

だから返答する義務はないと。

「返答」という言葉定義勘違いしてないか?

「問いかけに対して、答えや考えなどを述べる。」とある。

だから俺はあんたが俺に何を「問いかけた」のかがそもそもわからない、と言ってるわけだ。

問いかけられてないのだから「返答」しようがない。

何も言ってないけど「問いかけ」をテレパシーか何かで読みとって返答しろ、と言ってるのか?

ツッコミだってちゃんとした意見

意味が分からない。「意見」という言葉をどういう意味で使ってるのか。

それに対してレスポンスを要求されることがあることも覚えておきましょうね。

response意味は「something that is done as a reaction to something that has happened or been said」とある。

俺は「something that has happened or been said」が何なのかわからない、と言ってる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん