「オネガイ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: オネガイとは

2018-05-18

anond:20180518163144

編集の途中で消されたんだな

過去には以下の記述があった

https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%8B%E3%82%BB%E3%82%B3%E3%82%A4&oldid=64309521

千葉県のYさん(ちばけんのワイさん)

ニセコイ」の読者で、万里花の熱心なファン。本編には登場しない。第1回ニセコイ人気投票万里花に単独で1500票を投じ、それについて紙面で万里花がコメントしたこと話題になった。

第2回ニセコイ人気投票では、前回から2000票もの票数を増やし、メインヒロインである千棘を抜いて万里花を第2位に押し上げた。万里花も「貴方のおかげでやりました、やりましたわYさん!!」とコメントさらに、Yさん自身も19位にランクインした。

第1回ニセコイエピソード人気投票では、万里花が主役を務めた第97話「オネガイ」が1204票を集め、1位となる。この投票では、1回の投票に付きジャンプを購入し投票券をハガキに貼らなければいけなかったが、千葉県のYさんは800票以上投票した。

2015年3月3日万里花の誕生日には、月の権利書と花束原作者である古味の元に届いたことが週刊少年ジャンプの巻末コメントで判明した。

第3回ニセコイ人気投票には参加しなかったが、万里花の誕生日花束と、特注で作られたガラスの靴を送り、万里花が花束を抱えてガラスの靴を履いた絵が紙面に掲載された。

最終回では本田が紹介した万里花の見合い相手の1人としてその存在示唆された。

2017-11-13

anond:20171113061921

刑灸ゾーニング車両日本死ね行き間も無くの出発です車内大変込み合っております少しでも多くの汚客様が座席に座れますよう大股開きでこんな村嫌だと詰め合ってアッピールするよう皆様のご協力をオネガイイタシマ

2017-03-22

辞めたいんだったら辞めたら?

ちょっと聞いてくれ

わい、Web制作歴10年やってるディレクタでふ。

転職チャレンジ成功したweb制作会社がいい感じのブラックすぎて泣ける。

来る日も来る日も炎上案件扱って疲れたし、毎日終電だ…。

定時に帰らせてほしいが空気的に帰れないし、納期がある。

辛いがワイは結婚したてで、貯金もしたいし、子供も欲しい。

金目当てだがもう少し会社にいようと思ってる。

日本に住むためには、金がいる。

精神的にメンバーが脱落しそうで

制作チームのメンバー最近エージェント会社登録したそうだ。

ま、そうなるよねっておもうよね。転職活動がぬばれ、止めないよ。

転職活動止めないけどさ、お願いしたいんだけど。

毎日毎日会社辞めたい、辞める」「なんだこの会社辞めてやる」

口開けた時はエージェント会社の話、今の会社愚痴上司悪口ばかり。

勝手会社のやり方に切れてだんまり、知るか。

そんなん聞き続けたら耳腐るわ!!!!!!

そんなにワイ愚痴ないのに洗脳されるわ!確かに上司は昇進に目取られて部下は使い捨てみたいな感じさ。

低賃金さ。給料上げろ、こんにゃろう。

会社てそんなもんじゃないの、おいらたちは歯車だぞ。

毎日毎日聞くのも疲れるし、モチベーションだいぶ下がるから

どうかオネガイシマス、とっとと辞めてください。

2014-12-15

大吟醸オ○ニーの続き

http://anond.hatelabo.jp/20141214202726

昨日酔いながら書いた日記ブクマされて驚いた

諸兄らは何故読んだのか…意味がわからないよ

大吟醸ぶっかけ教授を突っ込んだだけでそんなに狂気じみたことしてないよ

勉強になることを何ひとつ語ってねえよ!

こんなオ○ニーを語る処女がいたら嫌だからオッサンでオネガイシャッス

女がオ○ニーを語ったらドン引きされるし仲間内でも痛い子扱いだから

おっさん乙はある意味正しい 

処女は清純 処女はオ○ニーしない 処女ビッチは許されない

ゆえに榛名ビッチ扱いは許さな

榛名はわいの嫁なんや~~!!

こんな風に書いておけばおっさん創作乙扱いされる

榛名好きに女性提督はいない説が流布されてるから大丈夫であろう

さて本題に入ろうか

大吟醸オ○ニーではフラグのように

ワカメ酒やクリガーゼもしてみたかったけど

て書いた

書いたからにはフラグを回収しなければなるまい

ただワカメ酒は実践すると掃除が大変なので乳○ガーゼとクリガーゼに絞った

以下記録である

■乳○ガーゼ

大吟醸を漬けたガーゼを乳○に貼る

肌に付着したアルコールが気化してつめたく感じるが、経過とともにガーゼが乾いてしま

突起物を摘もうとしてもテープのせいで摘みにくい

摘みにくいせいで乳○への刺激が散漫になって感じにくい

ベストなのは大吟醸を口に含んだままちゅぱちゅぱ吸われることかな

吸ってくれる相手がいねえよ…チッ 攻めに吸わせるか

アルコールに弱いので肌がまけてしまうに思われたが、それよりも貼りつけたテープにまけた

かゆい

■クリガーゼ

これも大吟醸を漬けたガーゼを貼ってテープで固定するというもの

最初は痛気持ちいいだったが乾いてしまったのでぶっかけすぎた

いっってぇぇぇぇぇぇえええ!!(悶える

1分くらい反応できなくなる

敏感なのでちょっと漬しては触るに留めたい

これ…カリカリ尿道だったら痛いだろうな…ドМ向け

ぶっかけ教授

前回よりもぶっかけ度合を増やし、滴る程度でin

いったあああああ!!!……………ああ……あああ……うん、熱くなってきた

肉がアルコールを吸収するまで時間差が現れる模様

体調によるのか濡れ濡れなのはいいが、濡れすぎて教授が外れやすくなる

汁をふいて大吟醸inのあとズッコンバッコン♂

やっぱりいってえええええええええ!!!

くぅ……………………癖になりそう

ドМでよかったと思われる

大吟醸ゼラチンで固めてローション替わりにすることも考えたが

それはBLで描くべきであるので割愛する

■総括

酒に弱い奴が無理して飲むと二日酔いになって地獄をみるのが世の理

しかし今回大吟醸は100mlも使用していないので経済的にもフィジカル面でもきもちよくなった

なにより便秘に効いてよかった

ほろ酔いまじりに押し倒されて、乳○をちゅぱちゅぱされながら、熱く熟れた肉襞を掻き回される気持ちがわかってよかった

……

……

……

そう

おっさんから!!わいおっぱいついてない!

これは創作ぅ!!まぎれもない創作ぅ!!

いいか探すなよ!?

BL大吟醸シチュがあったとしても別人である可能性を忘れるなよ!?

マジ聞きしたらただの変態認定されるから!?フリじゃないからな!

以上

おっぱい

2014-11-16

キリンです

この年齢になっても声が上から降ってくるというのはどこか困惑してしまう。

「君が……」

「ええ、キリンです」

みぞおちのあたりに私の顔があるので、私は彼女の顔を見上げる。話で聞いていたのよりも遥かに背が高い。二メートルは軽く越しているんじゃないか、と思う。もっともそんな私の当惑をよそに、彼女ニコニコと笑っていた。

「まあ、とりあえず入って」と言い、私は自室に案内した。

「おじゃまします」

彼女が入るとそれだけで急に部屋が狭くなってしまった気になる。取りあえず座布団を用意する。この日に備えて部屋の掃除は抜かりなくやった。生ゴミを捨てた。消臭剤を撒いた。カーテンまできちんと洗った。生まれて初めての体験なので、部屋の掃除をしている段階で既に興奮してきた。でも、目の前に公称二メートル五十センチ女の子がいると思うと、複雑な意味で興奮してしまう。

「まあ、とりあえずビールでも」

「あ、ありがとうございます

安心してね。変な薬とか入ってないから

冗談で言ってみたつもりだったのだけど彼女の戸惑った表情に、しまった、と思った。でも彼女はすぐに目を細めて笑って言った。

大丈夫ですよ。人並みのクスリの量だと効かないですから

そのリアクションが逆に気まずくなって彼女に缶ビールを渡すと、その缶ビールは紙コップ並みの大きさに見えた。

「いやでも、こういうのってボディガードがついてたりするのが定番だって聞いてたんだけど。まさか手ぶらで来るとは思わなかった。催涙スプレーとか警報機とかで自衛するとか聞いてたし」

「あー、それってホンカク的に地盤が固まってるお店の話ですね。そのスジの人と繋がりがあるお店みたいな。ウチはフランチャイズ展開で、要するにコンビニとかと同じなんです。本社があって、脱サラしたオジサンが支店経営するとか」

大丈夫? 何か酷い目に遭ったとか」

「んー、でも、オマエは護衛がいなくても大丈夫って言われてます。ホラ」

と言って彼女は拳を私の前に差し出した。拳から彼女の顔までの距離が遠い。そのせいで拳が思っていた以上に巨大に見える。

「こんなにリーチありますから。オマエならカメダにだって勝てるって言われます

私たちはお互いにビールを少し飲んだ。

バスケとかバレーボールとかやってた? 君だったら引っ張りだこだと思うんだけど」

「あー。参加しても、オマエが入ると面白くないから出てけって、どこ行っても言われちゃいました。ユニフォームも特注しないといけないし。だから学生時代は絵を書いてました」

人間個性というのはこうやって潰されるものなんだな、という思いが頭をよぎった。

「それにしても高いね。五十センチ?」

最後に計った時は五十センチだったから、今はもっと高いかも」

「大変だね。電車とか辛いでしょ?」

「そうですねー。あと悩みなのはスカート全然似合わないとか」

「いや、そういう問題じゃないと思うんだけど」

「慣れれば結構ラクショウですよ」と彼女は言った。「もしかすると、利き手が左の人の方が私よりツラいかも」

そして笑った。



ダメですか?」

ことに及ぼうとして二人ともシャワーを浴びたのだけど、いざとなるとやはり自分の方が緊張してしまう。だから私たちは裸のまま、固まってしまった。

「ごめんね」と私は謝った。

「いえ、良くあることですから」と彼女は言った。

何か対策はないものだろうかと、沸騰するぐらい脳の中で思考をめぐらせながら目の前数十センチにある彼女の顔を見ていた。スタイルが気に入らないとか自分の好みのタイプじゃないとかい問題ではない。大き過ぎず小さ過ぎないおっぱいも、肉の余っていないスレンダーな腰も自分の好みだった。ただ、あまりにも目の前にある現象が非日常的なので、それに適応出来ないままでいるのだ。どこかでこの現象をすんなり受け容れられる接点を見つけなければならない。

「あ、そうだ。私、言葉責めっていうのヨワイんです」

言葉責めか」私は考えた。「おいノッポ、ノッポ! っていう感じかな」

「それって、言葉責めって言うんですか?」

「言わないかも」

「あと、ノッポっていうの子供の頃から言われてますから特にザンシンな感じもしないんですよね」

「じゃ、おい! デクノボー!」

「……ホンキで考えてます?」

「一応本気のつもりなんだけど」

「あ、そういえば私、子供の頃はダチョウってよく言われてました」

ダチョウか」

ダチョウ。そして彼女名前キリン。ふと閃くものがあったので言ってみた。

「なんだか中の温度が熱そうだな! ちょっとかめてみるよ!」

 私は祈るような気持ちで彼女の顔を見た。彼女は答えた。

「うーん、ザンシンといえばザンシンですね」

「俺もこんなことベッドの中で言ったことないな」

「ま、とりあえずそんな感じでオネガイします」

「分かった。じゃ音楽かけるね。いい?」

私は背を起こした。そしてラジカセスイッチを入れて音楽を流す。この日のために買ったアルバムだ。オアシスの"Standing on the Shoulder of Giants"。それを流しながら、とにかくさっきの感じでやってみることにした。

2010-02-18

誰か

http://anond.hatelabo.jp/20100217113611 これの残りのマーチバージョンをかいてくれ。

いや書いて下さい。オネガイシマス。

2009-04-15

http://anond.hatelabo.jp/20090415121939

男どもは女子供の為に必死に働いているのだ

不倫で家庭を壊したり、風俗で女子供に行くお金が減ったりすることに比べたらいいじゃないか。

男の働いた金が無関係な女の懐に転がり込むなんて事はないと思うが。

それとも、示談で済ませてよ、オネガイ!って話なのか

とりあえず風俗行くのと、痴漢するのと、どっちがいい?ってオカーチャンか、娘に聞いてみれ。

痴漢ならタダだからやってこい!って言われたら、大手を振って痴漢してタイホされたらオカーチャンと娘が良いっていいました、って言えば良い。

2009-03-22

http://anond.hatelabo.jp/20090322131900

現代社会における新聞立ち位置 というより、フランス革命あたりからこっち、ずっとマスコミはそう。

『パンがなければお菓子を』発言はマリーアントワネットではなく、マスコミ革命を起こすために(新聞を売るために)でっち上げ風説の流布

ドイツナチスプロパガンダ広報によりドイツ内を洗脳していたことは有名

戦時中日本に置いても、新聞は軍に有利な情報のみを流して、洗脳工作をしていたことは有名

戦後一時期、日本が良かったのは、わりと、そう言う物が解体されて力が弱かったから、技術が素直に伸びやすかった。

と思っている。

マスコミを絶対に信じるな!とは、言わないんです。マスコミを疑って下さい。

特に人間は、自分が理解しやすいことをマスコミが言うと信じるという傾向にあります。

これは、逆に言えば、理解しやすい、もっともらしい嘘を言えば、ウソ真実として報道できるという事になります(上記マリー参照 永久機関の説明文も同じ理論で書かれている)

マスコミを疑い、正しく科学を伸ばして、日本を豊かにするために、自分を疑って下さい。自分が信じていることが間違っているかも。という事を考えてみて下さい。

マジ、オモウ。オネガイ

2008-09-09

http://anond.hatelabo.jp/20080909155352

伝えたいことがあるんじゃなくて、

もともと回答があるような物じゃないので。

俺的にはこんなニュアンスで茫洋と漠然とこんな感じで思ってるけど、

そういう茫洋と漠然とした概念の集合に みんなは どういう事を思うのかな?

というか、なんというか、なぞなぞ一緒に考えようよ発想。

だから、こんだけ、広がってくれたんだと思うけど。

謎が多いほど、そこからあらたな謎が広がって あたらしい事がみえてくるべ!という感じ。

うんと、文才あるひと的に表現すると

アタシィ バカだから 難しいことわっかんないしぃー うまく表現できないんでー

とりあえず、こんな感じーーぃ ナンダケドォ。

ワカッテ?オネガイ? みたいな?

・・・ヤベェ文才がないにもほどがある・・・。

2008-08-24

職場子供に見せる=親のエゴ

おととい、客先にいたら、0歳児から小学生ぐらいの子供がわらわらとやってきた。

聞いたところ、今日は2・3年前からはじまった「子供職場に招待する日」らしい。

子供名刺交換をしたり、親の仕事の一部(システム部門はTV会議)を体験するらしい。

さすが就職希望ランキング上位の企業だなーと思った。

それで初めは微笑ましい気分で眺めていたけれど、だんだん親のエゴを感じるようになってきた。

子供たちは、知らない大人(だが相手は自分を知っている)と、その子供たちに囲まれ、

はてな太郎デス。ヨロシクオネガイシマス」と名刺を渡している。会話も

大人1「君の特技は、おとうさんと同じOX処理かな?」

大人たち「笑」

子供「????」

と、大人たち中心で進められる。

「いつも父がお世話になっています」ぐらい言うかと思ったら、そんなノリは全くなかった。

リーマンとして完全に分けられた「仕事」と「家庭」が無理やり混在された状態だった。

私は仕事=家庭であり生活である自営業の家で育ったので、リーマン子供仕事をどう捕らえているかは想像しかできないのだけど、

そもそも捕らえるなんてほど興味を持っていないように感じた。仕事を「面白いか、そうでないか」ぐらいの尺度でしか見えないというか。

それでもやらないよりはいいじゃない、という意見に反対はしなけれど、

子供をつれてくることで、職場人間子供の名前を覚えてもらったり、子供の話題をしたり、それこそ大儀的には「子供の育成」とか、

そういう親のエゴが大半のような気がした。

それがどうもつっかかっているのだけれど、どうせ子供教育自体、大人のエゴなのだから、気にすることないのだろうか。

そんなエゴの中でも、子供なりに何かを感じとるはず、それがあればいい、ということなんだろうか。

家庭という小さな社会から、会社という広い社会につれてこられ、挨拶さえまともにできない子供が印象的だった。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん