「二村ヒトシ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 二村ヒトシとは

2019-09-02

私が彼氏と別れたくないけど別れたい理由

考えてみた。

1)嫉妬してしまうのが辛い

・彼はとある言語勉強しているのだけど、日本レベルを上げるためにはネイティブ恋人を作るのが一番いいとか言ってくる。

→その考えは正しいと思うし、他意はないと思うのだけど、傷つく。悪かったな、日本人で。

・実際、外国女の子とやり取りしている。

→いいんだよ、勉強したいんだよね、話せるようになりたいし、海外友達作りたいんだよね。わかるすっごくわかる。でもね応援したいけど、ちょっとさみしいんだ。


2)彼氏のやる気・元気・生命力がすごい

仕事も、遊びも、自己研鑽も、ストイックすぎる。

→私も私なりに自分人生のしく頑張って生きてる。でもここ十年の中で一番不調の今、私にとって眩しすぎるよー。

・いっしょにやろうってさ

→やりたいよーーーやりたい。でもわいには無理なんだよ。。。


3)自己嫌悪に陥りたくない

嫉妬する自分がやだ

嫉妬って自尊心高い人でもするもの自分に自信がないひとだけ?こんなことに心かき乱されず、自分人生をきっちり生きたいのに。

無能無気力自分がやだ

→私が彼を尊敬しているのと同じだけ尊敬されたいって思っちゃう



書いてみると、本当小学生レベル恋愛精神年齢だわw


応援したい↔そばに居てほしい

尊敬したい↔自分の糞さ

みたいな二律背反的な葛藤って、みんなどう乗り越えた?


宮台真司さんと二村ヒトシさんの対談でだれかが言ってたけど、恋すると恋人が光になるゆえ、自分人生が暗闇だったことに気づいちゃうんだよね。

多分、彼氏に負けないくらい私も自分人生ストイックにやりきる他ないのだと思うのだけど、彼氏と良い関係を築きたいために自分人生を頑張るって目的手段が逆転してるじゃん。。。なんのために生きてるのかわからなくなる。

恋愛は楽しくて辛い。

2018-07-15

anond:20180715161054

二村ヒトシなんかもそうだと思うけど、AVで飯食ってんのに「いや俺女性の味方ですよ、よくわかってるんで」みたいなスタンス取ってる奴らすごい気持ち悪くね?

これ俺だけなんかな?

2018-02-25

二村ヒトシさんが叩かれてる

なんで叩かれてるのか、わけがからない。

過去夜這い云々とか、犯罪者扱いされている。

相手が望んでないのに女性の布団に入り「やろうよ」と言い、断れたので布団を出た。

これって犯罪なのか?

望んでるか望んでないかなんて聞いてみないとわからんやん。

で、聞いた結果、断られたので、なにもしなかった。謝った。

何がダメなんだ?

かい状況はわからん場合によってはアウトのこともあるだろうけど、そんなの当事者しかからない問題じゃないのか。

そのときの二人の関係性とか、場所雰囲気、もろもろ。

叩いてる奴らはそういう経験ないのか、それとも、そこまで徹底して男女の関係清廉潔白を求めるのか。

セックスはつきあってから

セックスからはじまるおつきあいは許されないのか。

別に布団の中でなくてもカラオケでも部屋でもなんでもいい。

きな子といい感じになる。実際はいい感じになったと思ってるのは男だけかもしれんが、とにかくなったとする。

やろうとする。もしくはキスしようとする。上手くいく。そのときだけの関係のこともあれば、そこからつきあうこともあるだろう。

もし、男の勘違いで断られたり、拒否されたりしたら、ごめん。それ以上は何もしない。

そういうのもやっちゃダメなのか。

なんなんだ、叩いてる奴ら。

2017-11-25

イチロー信者ラノベすらろくに読めない人のお言葉です

イチロー名言 「僕が読書をしない理由」を見た。

これ!!!

そうか、ぼくはイチロー信者から読書苦手なのか。

読書が苦手というか、読書で染まった人間と喋るのが苦手なのか…すげーわかる!!

再三、「ぼくは東浩紀信者が苦手で、友達がそうなってしまたことについていけずに縁を切る結果になった」という話をしてるけど、あれなんで苦手かというと「本を読んだかどうか」「自分または東浩紀に近い解釈かどうか」がOSになって喋ってるから苦手なんですよ。

目の前にいる人と話せてない感じが

勉強することと、

共感することと、

崇拝することは全部違うんですよ。

勉強してるつもりでも、その文献通りじゃないと納得行かない(崇拝の状態になってしまってる人)と、会話をするとそれが宗教であれ、哲学であれ、目の前にいる人間以外との会話になるから、崇拝してる人と話しても面白くないの

ぼくはその友人の言葉や行動に興味があるのであって、東浩紀に興味があるわけでもなんでもないわけ。

から東浩紀基準で正しいか間違ってるかを判別し始めた時に、この人と会話してる気分になれなくて冷めた。

それが本を読んでる人達の、ある一定割合の人の態度だから避けてる

逆に、ぼくが二村ヒトシとか、藤沢数希恋愛工学読んだ時に、なんであんなに病んだり、キレたりしてたかというと、本の内容との距離感がつかめなかったから。

賛成すると本に支配され、反対すると猛烈に拒絶してしまう。

付かず離れず知識として、その人の生き方という1ケースとして冷静に読みづらい

一般読者にとって、下手くそ自己啓発本か、できの悪いラノベぐらいが一番読みやすいのは、本に自分が乗っ取られない(極度に崇拝せず、かと言って拒絶もしない程よい距離間を保ちながら)読めるからだとおもうんです。

逆に言うと、文章うまい人や論理構築がすごい人の本は宗教じみてしまいがち

色んな人に影響を受けてるから自分言葉じゃないもの引用・盗用になりがちな形で言葉を吐くことはぼくにもあるけど…なるべく自分なりに咀嚼して、完全に同じにならないように(できるだけ表面上違うけど、本質的には同じこと言ってるぐらいの感じに)したいのよね。

からいい影響は受けたいし

好きな女の子や、頭のいい人に共感はしたいよ?

だけど、崇拝まで行かないように、どうにかこうにか距離を保っていたいという気持ちがぼくの中にあるんです。

崇拝すると、崇拝した相手にも全然関係ないやつと話す時もつまんない。せいかいありきになって自分言葉自分の考えが話せなくなるから

2017-03-31

女になりたい元増田より II

Iの続きです

コメント群 VIII:今のわたしを見つめること

正直なところ、男女とも恋愛を謳歌していた思春期から変な距離の置き方をしていたり、身近な家族での男性父親のみであったりしたので、男性から見た「女性」という属性に付随するボーナスはいまいち掴めません。

ただ、女として生まれたことを前向きに楽しむべきという意味で受け取りました。持っているものだけでどうにでもなる、とはなかなか思えませんが、持っているものもっと大切にしようと思います

  • おいくつか知らないけど、まだ間に合うのでは?
  • 遅くはないよ。自分も似たような感覚20代後半を迎えた時、この状況を変えようと思い立ってから2年、恋人ができた。いつその時が来るかは分からないが、あなたが変えようと思わない限り変わらない。
  • からでも何も全然遅くないよ、沢山恋愛して傷ついたり失敗したりもするかもしれないけど、きっと幸せになれるよ。
  • わかる でも20代ならまだ遅くないよ、諦めないで失敗していいからいろいろやってみて欲しい
  • ちゃんとした女であることを求め始めたのならそれが第一歩だと思います。まだ20代、あきらめないで!
  • いくつになっても恋愛はできる。年を重ねれば可愛さではなく人となりに価値が出てくる。まだ20代後半。あきらめないで。
  • 20代後半で気づけてるなら大丈夫。女として生きる30代以降は楽しいよ。
  • 女として生きたいと気がついた時点で、もう既にスタート地点に立ってるんじゃないかな。既婚者との経験は辛かっただろうけど、それがあったから内なる欲望に気づいたんだし、無駄経験じゃなかったんじゃないかと。
  • 大丈夫性格が朗らかだったら、ある程度の年齢いけば、関係ないし。

今のわたしの年齢でも悲観することはない、まだまだ遅くない、というコメントをたくさんいただいたことは大きな驚きの一つでした。

自分の周囲に女性価値若さで測る人が多かった(男女問わずからか、こういったところにも偏った価値観形成されていたのだと反省しています

20代には20代の。30代には30代の。その先にもまたその年代ごとの楽しみがある。それを見つけるのは自分次第ということでしょうか。悲観して視界を閉ざしていては、見つかるものも見つかりませんね……。

完璧主義のせいで不満を抱えてもいましたし、女であることを放棄したがゆえに、男っぽいというのも図星です。そうした部分を見抜きながらも肯定してくださるコメントがあったことに大変救われました。

また、自分自身だけで自分肯定する、ということはまだ難しいですが、人に肯定していただいたことを切欠に自分肯定することなら素直にできる気がしました。そこからポジティブ言葉自然体、機会を増やす努力にも繋げることができたらと思います

他人価値基準自分価値を見出そうとするからうまくいかんのだ」というコメントに通ずるものがあるように感じました。

自分を見つめられていない、自分を大切にできていない人間が、真の意味相手と向き合って相手を大切にできるのか。答えは明らかですし、それをこの歳になるまで分かっていなかったのだという事実にため息しか出てきません。

これ以上繰り返さないためにも、今の自分、これから自分を大切にします。

コメントIX解決

自尊心・願望が高すぎるという話に繋がるものですが、わたしの中にある偏った「女性」に対する価値観から、そうしたサービス出会いの場で「選ぶ」「選んでもらう」ということは何かが違う……と感じていました。自然出会いの中で、自然に愛し愛される関係になりたいという気持ちが強すぎたとも言えます。(結果的にそうなってしまったとはいえ、不倫までしておいて「自然」もへったくれもないのですが)

真剣にその職を全うしている方、真摯出会いの場と向き合っている方に対してあまりに失礼な態度であったことが、ただただ恥ずかしいです。申し訳ありません。

上記のような偏見があったとしても、自分の中に閉じこもっていては何も変わるはずがありませんね。(その上扉を閉めていたのは自分でしたし)

まずは視野を広げること。そこからフィールドを選び、相手を選ぶ。それもまた自分が持つ自由なのだということを前向きに捉えて実現していきたいです。

  • もっと我儘になれば良いんだと思いますよ。
  • 似たような感じだった。求められる事に意味を感じるなら、自分を枠に入れず人と関わると、こうでなきゃいけないみたいなのは変わっていったよ。あと既婚者は性的な弱みを見せると関係求める人多いから注意な
  • 年上を好きになるなら、女をとして努力する方向よりも、もっと隙を見せて甘えてみてもいいのでは。自分に自信が無くても人を好きになってええやん。
  • 性別変えて似たような人は男性にもいるから、そういう人と悩みを共有して親密になるのがいいと思う。
  • 日本女性は35歳を過ぎるとデブになって汚くなるからあなたは20代で培った知識を活かして、30代、40代と女を磨き続ければいいよ

自己肯定感の薄さからわたしという人間の人となりを外に出すのも躊躇っていたのかなと感じました。

常識礼儀倫理観を軸に据えた上で、自分を豊かに表現できる人になれたらと思います

コメント群 X:まずは人として
  • 決して「女を安売りしとけば良かった」と思わないこと。今からでもまだ若いんだから、まず女としてなんて狭く考えず、少し広く構えて人間として好かれるように意識するだけで男女共にモテるよ。
  • あのね、女になる前に人間として目の前にいる人たちに興味をお持ちなさいな。男でも女でも。この人どんな事を考える人なんだろうってじっと観察していればそのうち愛すべき存在も見つかるよ。
  • この世には「女の子らしくない子」が好きな人間もいてそういう人は積極的にそのショーケースから出ろと言う。ショーケースは檻。女じゃなくて"人間"になろう
  • 若い女とのセックスにありつくためならわからないこともわかった振りする男の薄汚さに気がつかないのは幸せなのかどうか。女になるより人間になってくれ。
  • 他人は思ってるより自分を見てないし、自分他人をひとりひとり理解しておらずジャンル管理するレベルなことを冷静に頭に叩き込んで、一番好きな自分でいる努力だけしたらいいよ。結果どうなっても幸せだよ。

性にまつわるコンプレックスばかり主張していた書き込みでしたが、コメントを受けて読み返すほど、人間としての未熟さが丸出しになっている気がしてなりません。

さまざまな枠にはめ込まなければ、自分のことも、周囲のことも判断できなかったのだと思いますわたしの中にある理解範疇が狭く、属性に頼り切った思考とも言えるでしょうか。「他人をひとりひとり理解しておらずジャンル管理するレベル」というのはまさしく的確な指摘です。

わたしが憧れた親友たちは、男女問わず好かれている子ばかりでした。良いお手本が身近にいる(いた)のですから、今からでも見習っていきます

  • 女に囚われてる印象。恋愛に向いてなくても結婚はできるし意外と上手くいく。女恋愛に執着やめ「楽しい」の感覚アンテナを張ろうな。
  • どんなに美人でも意中の男性を必ずゲットできるわけじゃないんだよ。美人でも自分に自信がなかったり余裕がなかったら無理。まずは匿名でもこういうマイナスな事を書かない中身を身につけたらもう少し明るくなるよ。
  • 人生楽しんでいこ…恋愛がすべてじゃない…し、自分の中で鬱々としてたって闇しか広がらない。エネルギーを外に向けてみて色んな人と出会うことで新たな発見幸せ、縁もあるのかも。音楽かい趣味をお持ちだし。
  • 人と距離を取っておくと生きるのが楽なんだよね。期待も失望もしなくていいから。でもそれじゃ増田が望むものは手に入らない。自分で書いてるようにモヤモヤを打ち明けられる友人からじゃないか
  • 何かに対して、ホントはしたいけど自分には無理って思い続けて遠ざかってしまうってのはよくわかる。けど、めんどくさ!そんなに深く考えなきゃいけないのかなぁ?

こうしたコメントからは、人としての充実が、生まれ持ったものを輝かせることにも繋がるのだろうということを感じました。

考え無しに突き進むことは時に愚かな行いとなるかもしれませんが、思い詰めてどこにも進めないこともまた勿体ないことですね。

コメントXI:自信の持ち方

自分と向き合うこと。価値を見出すこと。認め、受け入れること。それができれば、今度は目指す場所を見定めて、自分なりに積み重ねること。

継続が力になるということを、こうしたコメントから痛感しました。積み重ねる前段階にも到達していない現状ですが、動かなければ進歩はないので地に足を着けて歩んでいきたいと思います毎日ちょっとでも。

コメントXII:おすすめしていただいたもの

恥ずかしながら知らない作品や著者のオンパレードでした。

少し検索にかけただけでも興味をそそられるものばかりで、時間はかかってもぜひ一つ一つ拝見したいと思っていますおすすめしていただきありがとうございました。

入りきらなかった……

2016-08-25

今日ナイス味噌漬けフェミ憎悪だよねぇ~

https://twitter.com/tm2501/status/768195874149105664

また勝部元気かよ…。 / 他2コメント http://b.hatena.ne.jp/entry/news.livedoor.com/article/detail/11921378/#tw?u=TM2501 … “コラムニストの勝部元気氏が炎上 ブログ記事記述を削除

間違ったことを言ってる自覚のない勝部元気にしろ、(自分欠点があったことを著書で自分自身反省点として触れてるようなアレな言動をする)二村ヒトシしろ、彼らから学べることは「女の人のイエスマンっぽい立ち位置で喋ると、バカでも間違いに気づいてても市民権が得られる」という教訓

いや、男がフェミニストだと自らを宣言したり、そういったスタンスに寄せることって「男女同権にしたい」って意味じゃなくて、日本だと「女性イエスマンっぽい振る舞いをするチャラ男です」って宣言だと思ってる。

そう考えていくと、学術的なものはともかく、巷にあふれるフェミニスト的な人らっていい意味でも悪い意味でも「立ち位置」であって、「思想」ではないんだよね。だから、僕は苦手なんだけどさ

R-指定っぽく言えば、

「お前は犬?客に尻尾振ることしかできない」

みたいなスタンスを地で行ってるタイプの人が、ことライター業やったり、本出したりするのを見ると「あー編集者って糞だな」って気持ちしかならんし、それに気づいてから単著もないくせに」とか言われても悔しくなくなった

バカなこと書いてないで、さっさと「おすすめフリーゲーム」の記事だけ貼って、ゴミ出しやら部屋の掃除やらをしよう。愚痴りたくなるような人達、それを賞賛する駄サイクルには関わらないことが最もメンタル健康にするから

2016-06-29

4年前青二才ブログ記事に一回軽く駄目だししたせいでいまだに青二才に恨まれて絡まれ続けるゆうきまさみさんかわいそうに・・・・・・青二才こういうところは4年前から全く成長しない。

https://twitter.com/tm2501/status/747727284010881025

そうでしょ。俺の文章って好き嫌い別れるのは「好きな人がとことん好きになるように」しか作ってないからだよね。

たまに「お前の文章大したことないな」とか言う人いるけど、それはお前に合わせてないだけ。みんなに合わせてたら自分の作りたいものなんかできないし

https://twitter.com/tm2501/status/747730038561316864

あー鶉まどかと同じ方向に行くんだ…完全な上位互換だけど / 他4コメント http://b.hatena.ne.jp/entry/toianna.hatenablog.com/entry/2016/06/28/173000 … “オンライン相談所『恋愛障害保健室』を開設します - トイアンナのぐだぐだ”

https://twitter.com/tm2501/status/747730449175318528

まどかなんか人気ブロガーですらないと思ってる雑魚から比較するのもおこがましいと思いながらも「あの路線売れるよね」っていうルートを最も明確に示したのは彼女であり、北条かやさんなのよね…。

ただ、上の2人は社会性というか、戦略運用が下手だったか大成できなかったのよね…

https://twitter.com/tm2501/status/747731167114334208

いや、またkanose周辺の人からミソジニーだ」とか言われそうな話だけど、僕は一貫して「ネットで最強なのは港区OL女性であることを全面的に売りにしていくスタイル現実ネットに持ち込んで、ネットだけの強さをぶん殴っていくスタイルだよ」というスタンスですよ…はい

https://twitter.com/tm2501/status/747731844112736256

で、僕は同時に言ってるわけ。「ネットでも現実でも港区OLか、港区OLの尻を叩いて金儲けしてる人が勝つようになって何が面白いんですか?ネットしか勝てない人の面白さをどんどん拾っていかないと、ネット現実の焼き写しにしかなりませんよ」と。理解されてないけど

https://twitter.com/tm2501/status/747732432363851777

オッサンオタクが大好きなゆうきまさみ氏も「サラリーマンやりながら(基盤をしっかりさせながら)クリエイターしなさいよ」みたいなこと言ってるけど、あの言い分について

サラリーマンできるやつは何をしても成功するんだよバーカ」としか思わないわけですよ。…履き違えてるやつ多すぎ

https://twitter.com/tm2501/status/747733257609973760

トイアンナさんは絶対にしくじらない最強の女性から、今後はネット彼女のような

「そつなくこなす港区OLが、最初だけ偽造して、その後は人間わらしべ長者段取り出版社人間二村ヒトシまで乗り換えて登りつめて行くスタイル

流行るんだろうなぁ…。もっと、前からあったけどさ

https://twitter.com/tm2501/status/747733983086125060

僕が僕のブログノウハウブログを教えて盛りたてるようなことをしてるのは、「ネットネット成功モデルを作っていこうぜ」という僕なりの、時代現実に対するアンチテーゼなんだけど…伝わんないんだよなぁ〜うん。

2016-06-08

君は最後までこの気持ち悪い文章が読めるか?

「99.99%の男は汚い。汚いから、女の子がやると官能的だったり、幼さが際立つことも、男がやると不愉快なだけ。だから、男は女の子が化粧とダイエットに力入れるぐらい面白い・頭いい・すごいにステ振りして殴りつけないと幸せになれない」

萌えは罪悪感を許すこと。

萌えとは「神道における大祓人形代」と同じで、男性自身の穢れた性格・愚かさを「でも、美少女なら許せるよね」と押し付けしまう。

美少女は身代わり人形であり、神様

アニメ萌えることはある意味神事なのだ

なんで、男…特にオタクあんなに少女趣味なの?

中身オッサン女の子を量産するの?

といわれたら、この2つのツイートに書いてあることを投げつけたらいいと思うよ。 (キモイしか思わない。キモイ



同じ所に、年月と一緒に消費されるだけで何も残らないところに突っ込んでいく女の働き手が群がった結果として、産業単位で、ギャラリティ単位地盤沈下していくあの業界と、その業界を見てると

「え?女って消費されたい生き物なの?」

と思う。だって1つは女の人しかなれぬ仕事やし…。

簡単にできるもの、誰にでもできること、みんながやってることは消費されるだけで何も残らないんですよ。 (消費されるだけの最たる例のブロガーがなんか言ってる)


冷静に考えてみたら、美容院女性誌読んで、友達と異性の話をさんざっぱらしてる女子恋愛のことで勝てるわけないことぐらい気づこうよ。

キャリアが違うんだよ!完全に!絶対的

床屋に行ったことな女性のために補足しとくと、床屋だと髪切りながら雑誌読めるない。あと、置いてあるものティーン雑誌的なものじゃなくて多くの場合マンガ雑誌からオタク力はつくかも知れないけど…恋愛力はつかないよね〜 (自分で服や美容院に行くようになってから言えよ豚)

女子会じゃなくて、君の観測範囲…つまり、お友達との共通項がそれって話でしょ?女子全般そうだというのは確認したことではなく憶測ですよね(マジレス) / “女子会の9割は下ネタと男の話。これはガチ。 - まじまじぱーてぃー” ただ、女子会の中では男が100%悪いという結論に関しては割と同意。でも、女子の難しいところは男や友達は「別れれば」が禁句で、「いい人そうなのに」とかフォローしないといけないこと。…はぁ〜 (女性にだめだしした後同じことを自分がさも新しいことを言ったかのように言い出す男ってモテなさそう)


前にゲス問題記事を書いた時にちらっと指摘したけど、「あなたモテないのはあなた気持ちいからです」を言い換えると、「女の子イエスマン女の子を悪く言わないポジションに陣取ると気持ち悪いと思われないかモテます」なのよね…。事実提唱者の二村ヒトシ自体フェミっぽいし(二村ヒトシフェミ定義してるだからトートロジー


逆に言えば、フェミニストになればモテるんですよ。(なぜモテたくてモテる方法もわかっているのにそうしないのか。フェミニストぶってみてもモテないことを本当はわかっているのにそこから目をそらす醜い豚)


やたら愚痴っぽい女性心理は「私、悪くないよね?ね?」だと思ってる - かくいう私も青二才でね (やたら愚痴っぽいブログを書く豚の心理は「僕悪くないよね?ね?」だと思ってる)

僕がMARCH以上入ってヤリサーに走ったり、お水の女王になってみたりして「社会に反発する私ってロックでしょ」とかやってるのを見ると「いや、君ら学歴キャラ立てたり、ちやほやされてるんだから、君らほど体制的で権威主義人達もそうはいないと思うよ。それも人の金を無駄遣いして」と思う (日本語おかしい)


私の仮想敵は勝って当たり前な人が更に勝つためにしか才能を使わない人です。ほんとうは、そういう人達に「業が深いですね」といえばいいのかもしれないけど、そもそもカルマという概念自覚のない人らだから…会話が成立せず一方的に苛々する  (自己紹介乙


つぶやきの内容が腹黒くなってきたから、離れるか…。(いつもはもっとまともな発言をしてると思っているらしい)


オレにしてはよくできた(むしろ、できすぎた)恋愛記事がかけてしまいました。女の子愚痴られた経験ブッチされた経験がここに生きていれば、次の恋が近々芽生えるんじゃないかな?と思いますはい。(ない)


汎用えりりさん ‏@eririsan_usagi 18時間18時間前 滝ニ臭を感じた (これだけわかりやす自分内面暴露してたらそりゃ出身校バレるよな)



続いた躁状態にようやく終わりが見えてきた。やっと人並みにつかれたというか、ちゃんと体内時計が働いて眠いというか…。体内時計おかしいと、ほんと良くない。人間が壊れる。 (これだけ好き勝手わめいて、躁状態が終わって鬱になったといっても全く同情の余地ないしこいつの躁状態はひたすらに迷惑からずっと鬱でいればいいのに)


この間、DeNAイベントで見てきたものと、最近感じていることから「これから先どうなるだろう?」というものを書いてみました。/これから起こる『ライター業の衰退』と『ブロガーの台頭』について|三沢文也|noteノート)   (斬新すぎるnoteの使い方)



なんか、kanose周辺の人は過激さでも、問題に突っ込む意味でも役割togetterに取って代わられたから、あの人達から完全にネット民的な強さが消えちゃったよなぁ〜。はてなダイアリー時代ネット民的にニュースおかしな人を三枚おろしにしてきた連中がことごとく弱くなってる (ネット民的な強さって今じゃただのニート

2016-05-08

http://anond.hatelabo.jp/20160508174613

二村ヒトシの「すべてはモテるためである」も叩かれてたか

「こんな服を着ろ」とか一切書かれてないので、即モテにはならないと思うが。

から見て、あの本は良く書かれてると思った。

2016-04-18

【通常運転】味噌職人青柳保子にブロックされた&はせおやさいに説教されたのが悔しくてまた味噌

なんで、タフでもない人が学歴ロンダリングして、キャバ嬢の真似事みたいな本でデビューしたんだ?そこがそもそも理解できない。(星海社との出来試合だったという可能性があるならば、ともかく…) / “北条かや 公式ブログ - 【加筆】う…”

主語が大きくなるかもしれないが、文章やってる女性に「まともさ」なんか期待するほうがバカだと思ってる。だって文章やらない方が圧倒的にモテるし、黙っててもちやほやされる位置に行きやすいし… / “北条かやとは何なのか:ロマン優光

北条かやさんのつぶやきを見に行ったら、すごくダウナーな感じになってた。なんというか、彼女中途半端さってなんだろう…。戦おうとして病んだというよりも、火中の栗を拾いに行ってやけどしたという印象

結局、文章やってて幸せになれるのは港区OLしながら、エキサイトオタク系のことも書きつつ、二村ヒトシとも座談会が出せるアオヤギホコみたいな完璧超人だけで、何にもできない僕の女版みたいなのは文章やらないほうがいい。精神的な意味で女の投げ売りリストカットに陥るから

正直言って、港区OLしてるアオヤギさんも、恵比寿OLしてるはせおやさい氏も「なんでもできる人」だから別に文章書く必要ないし、書くことが趣味だと割りってるからこそ、やらかさないんだよね…。女性文章書く人で長く続けていける人って結局「なんでもの1つが文章」な人なわけさ



@koumyonakakureg はてブコメント見てると「正論」が多すぎるから、「いや、女性有名なブロガーブログ出身著作者でまともでみんなから尊敬されてる人なんかそもそもいない(そんなに思い浮かばない)よね?」と思って書いたことです…はい

@koumyonakakureg …まぁ、男に対しても大多数の人にはそうだから、彼らが正しいことを言った時には「不毛だなぁ」と「そんな奴男でもほとんどいないし、女性なら尚更いないだろう」と…はい


@tm2501 男からしたら尊敬などしなくていい、馬鹿にして玩具にするのがはてななんだなあと思っただけです、ええ。

はしごたんぐらい悪魔に魂を売ったぐらいネット心中してる人間でずっと書き続けられてる・人気がある程度ある女性ブロガーって他に誰がいる?男ならそういう人何人かいて、ぼくもどちらかと言うとそう見られてるけど、女性はしごたんぐらいじゃない? あとは港区OLができる人の、暇つぶし

つうか、雑な言い方で申し訳ないんだけど、港区OLできるやつがブログも書いてもう一つの顔を出していくスタイルが「あんた、男でもできるんだからもっと他に生産的な趣味見つけろよ」感なんだよ…。それでもアオヤギさんに期待してたのは彼女が若くしてオタライターだったから…

限界感じてんだよ。中の人港区OLか、IT業界ネットワーク持ってる奴ばっかりが前に出てくる世界の中で、本当に野良犬のように一人で戦い続けることに限界を感じているんだよ。仕事辞めてから夢を目指せなんて言うバカに言いたい。夢に生きるしかない人はそもそも仕事に就けない

もう、港区OLと、大企業にお勤めの方以外には「自殺する権利」を与えたほうが社会問題が解決するからそうすべきだと思う。そうしてくれるなら、たとえ幸福実現党だろうが、共産党だろうが支持する。いつも勝つの港区民に住める人じゃないか


今あおにさいを尊敬してるとかいってるやつって何考えてんの?

2016-04-15

それです。ついでにいうと、穴モテありきな戦略に走ってる人に限って穴モテ狙いの男を批判して『私、こんな経験あるんやで』が多すぎるから『節子、それ経験やない!ただの消費行動や』と三沢文也a.k.a.青二才さんが追加

>言ってる意味全然からないんですけど「穴モテしてるだけの、たいして恋愛経験のない女が偉そうに恋愛論を語るな」ってこと?

アレだけやったんだから、もうやらんからね。

君のリクエストに最大限お答えして、はあちゅう記事なんかとは比べ物にならない程のゲスさと、両名へのIDコールまでやったら、僕は色々な意味で期待してたアオヤギさんからブロックされて軽く凹んだよw

男の友情を優先させすぎると、そのせいでモテなくなるから程々にしておこうと思った。一応、ちゃんと読めばちゃんと中身があるし、今のインターネットをきっちりと切り取った記事を書いただけに、すごく聡明な彼女からブロックされたことに「え?」とはなったけど…落ち度は僕にあるしなぁ〜

あとさ…あの記事って、そもそもゲス女系シンパシーのある女性が読めば、

あなたモテないのはあなた気持ち悪いから」の法則で、論理が正しいとか正しくない以前にレトリックで「ああ、こいつはコンプレックスの塊だからそこから女を批判してるんだ」とか議論すり替えるのよね…つまり不毛

オヤギ・トイアンナ両名にツイートされてからついたブコメが「青二才童貞」「コンプレックスの塊」だといった資質を問う声があるわけだが…童貞ではないけど、経験が少ないからあんまり恋愛の話をしないようにしているんでしょ?

まして、人の恋路にアドバイスできるほど僕は上手じゃないでも、上手じゃないからこそ「いい理論があればうまくなりたいなぁ〜」と思って、本や記事をぐらい読む程度には興味はあるわけさ。でも、その大半は自己肯定欲の低い男性説教して安心させる記事か、女性同士の世間話メディアに載せただけ

「泣けば許されると思ってる女がいる」

とまでは言いません。ただ、ゲスなことを言うだけ言って、支持するだけして、そのことを批判された時に「私が悪かった」感が一ミリもないはあちゅうとか峰なゆからへんのひとを見てたら、

女の子いじめたらかわいそうでしょ】待ちなんだなぁ〜」と。

一応、二村ヒトシメソッドと、恋愛工学理論を重ねながら語ったのは、(当然ながら男女問わず、)ある程度理屈っぽく考えられる人なら「二村ヒトシの言い方でたいていのことは批判できるし、(著書を読んでいる人なら気づいたと思うが)都合のいいように出し入れできれば、無敵の論法」と気づくため

ただ、僕はいわゆる「ゲス女」にイラときた時に言うのはコンプレックスというよりも、自分母親がバブリーな価値観に染まって、早々と寿退社した分際で、男の趣味昭和から出てないのに、それを押し付けられて子どもの時にすげー迷惑たから。そういう女が増えると僕が生きづらくなるんよ…

ただ、自分の中で「子どもの時にされてすごく嫌な思いをしたことをしてる女を増殖させる出版社二村ヒトシは大半の人が生きていくのをしんどくする」と思って言えば言うほど…僕の身の周りの女性自己肯定を低くしちゃうんだよなぁ…。

いや、僕も男は99.99%死ねばいいと思ってる派だけどさ

僕は「男は競争に勝って1万人に一人にならないと幸せになれない」と思ってるけど、女性については「考える事をめんどくさがらなかったら幸せになれる」と思ってる派なんですよね…。意外とわかってもらえないというか逆に取られがちだけど

僕が男の人に「好きなことを大事にしよう」だの「楽しめ」だのと言うのは、競争の勝ち負け、モテお金のあるなしを幸せ基準にしちゃったら、男の大多数は競争に負けて幸せになれないから

女性に対して「考えるのがめんどくさいからって共感できることに乗っかってない?」と言うのも、逆

ただ、僕に近づいてくる女て、僕が「考えるのがめんどくさって共感できそうなことを言う人」じゃない代わりに、僕と同じように「私の性では1万人に一人しか競争に勝ち抜けず、そういう人しか幸せになれないから大半の人は死ぬか、生きている以上最大限の現実逃避をするしかない」的な人なんだよね

で、僕はすごく話があって心地よいんだけど…ただ、あまりにも僕に都合が良すぎてと言うか、自己肯定欲が低すぎて「趣味があるから生きてるけど、それがなかったら死んじゃうんじゃないの?」という女の子とばかり会うのよね。心の穴の一致?うん

「遊んで暮らしたい」じゃなくて、「遊んで暮らしますビジネスマンマッチョイズムとか、キッチリ感がないから、とことんちゃらんぽらんかつ現実逃避して凡人らしく生きます。そりゃ、マネタイズのことは考えるけど、お金について考え過ぎると病むからあくまでもほどほどに。

最近の交友関係見てると、男の方はい意味でも悪い意味でも現実を生きてないか、社会舐めてるかで競争自体拒否してる人にいっぱい会う。

なんか、自分のいいところをもっと尖らせたような人に会える。

でも、コレが女性になると、ネット上見てる限り自分の危うさの部分を尖らせてるのよね…

2016-04-13

え?鶉まどかってブログ非公開にしてたのかよ…。

なんか、本を出版するまでの段取りがムダに手際がいい上に早い(割に、売れなそうなニッチな本)を出してたけど…でき試合だったんだなぁ…。

ニコ動にもフリーゲーム世界にも時々いるけど、商業化の宣伝のためにでき試合演じるのほんとやめろ

まどかさんは最後最後まで俺が一番嫌いなタイプブロガーさんだったわ。

あの人、文章力がちょっぴりあること以外は全部嫌いだわ。

特にサークルでもブログでも、自分が上位になれる場所容赦なく踏み台にしてクラッシュするのが嫌い

いや、ゲスブロガーとか、オタサーの姫みたいな人について大きな誤解があるから言っとくけど、その最大の誤解は

競争が少ない場所から美人に見えてモテた」

だけってことだからな?

野球で言えば、地区予選優勝みたいな実績で「優勝したことある」とか言って、高校野球語っちゃうやつな

いや、オタサーの姫は「病んでるところがかわいい」とか「自己肯定欲が低すぎて、優しくしたほうが答えてくれるいい子さが好き」とかあるけど、ブログ界隈のゲス女はそれすらないから

「(そもそも、女の子絶対数が少ないモテやす場所なのに)モテた私、すげー」

しかないからなぁ…

ゲス女の話してて思い出したけど、ゲス界隈ってなぜか慶應義塾が強いのが個人的面白いわ。

二村ヒトシ引用する(または近いこと言ってる)人多いし、はあちゅうもトイアンナ慶応やし…。

まぁ、伝統的に慶応の人って「社会舐めてるから成功してます」みたいなのがあるから…うん。

例えば、男から奢られたい(でも、返す気がない)

例えば、男からチヤホヤされたい(でも、ちやほやする気はない)

例えば、自分が愛されてる(何か人にしてもらう)ことで、自分の自信にしてる。

…これさ…「男」の部分を「女」に変えたら、ヤリチンですよね?

ヤリマン名誉のために言っとくけど、ゲス女の男版はヤリチンだけど、ヤリマンの男版はジゴロです。

ゲス女よりも遥かに愛されてますし、愛されすぎて共依存に陥って二人ともだめになります

ゲス女は愛さないし、愛してくれない人を好きになるから依存しあうほどのまりょくはありません。

2016-02-19

心理学的には、二村ヒトシ恋愛理論は間違っているらしいぞ

http://anond.hatelabo.jp/20160219191434

この増田記事恋愛自己受容の関係が書かれているけど、

心理学恋愛における好感度モテ)と自己受容の関係を調べた研究があって

それによると自己受容と異性から好感度無関係らしい

(ただし、自己受容の度合いは、関係維持の点で重要みたいだね)

恋愛本の名著と言われている二村ヒトシ(著)『すべてはモテるためである

では、モテない男は自意識過剰であり、正しい自己受容がモテの第一歩だ、

みたいなことが書かれているけど、実際にはあんまり関係ないみたい

あくま心理学的には、外見やコミュニケーション能力の方が重要で、

内面的な特質モテに与える影響はほぼない。

(そもそも、完全に自己受容できてる人って外見に気を使わない気がするw)

ようするに、恋愛と成否と自己受容を結びつけるのも

ある意味自己啓発産業一種なんだろうね

参考文献: 越智啓太(著)『恋愛科学 出会いと別れをめぐる心理学

2015-12-21

二村ヒトシとヤリたいがヤッたら負けだと思っている

二村ヒトシというAV監督がいる。男性向け、女性向け問わず恋愛系の記事もよく書いている。

わたし二村ヒトシのファンで、書いている記事はだいたい読んでいるし、イベントにも時々参加する。

サインなどをもらって、一言二言、会話をしたこともある。

ただし、おそらく、二村ヒトシわたし存在認識してはいないと思う。

言うなれば二村ヒトシアイドルで、わたし認知をされていないアイドルオタクだよ。

二村ヒトシ文章やふるまいを見ていると、

この人はマジで女が好きなんだな、とつくづく感じる。

わたしには彼氏がいるけれど、

彼氏は多分、女のことを、二村ヒトシほどには好きではない。

セックスに対する関心も本当にフツーで

前立腺開発の話などしたら、ドン引きされてしまった。

そういう、彼では満たされない心の穴を満たしたいのかもしれない、

たった一回でいいから二村ヒトシに相手をしてもらいたい、と思うことがある。

しかし同時に、絶対にヤッてはいけない、というアラートも鳴り響く。

同じような恋愛系の教祖である藤沢数希は、

どう考えても女嫌いで、セックスも淡白そうなので、

絶対セックスしたくない。

二村ヒトシ場合土下座すれば、一晩くらい付き合ってくれそうな気がするし、

優しくしてくれそうな気がする。

わたしの心の穴をすぐさま指摘して、

しかしたら、わたしのことを救ってくれるかもしれない。

あと、実はイッたことがないので、

そういう気持ちよさをあじあわせてくれるんじゃないかな、とも期待してる

ただ、おそらく二村ヒトシは、わたしのような女は好みではないし、

土下座した瞬間に、わたしに対する興味を

「女である」以外失いそう

そんなの愚かすぎるよねえ。

まあ、こんな妄想をしている時点で、ダメダメな女なんだけど・・・

からわたしは、こんなに愚かなわたしをそこそこ好きでいてくれる彼氏と、彼氏前立腺を、

それなりに大事にしようと思う。

2015-11-07

経験上、こみ上げてくるかどうかは主観問題から女が美人でも好感が持てなかったらこみ上げてこないし、女がそんなに美人じゃない(と周りから非難される人)でも自分が魅力的と感じるポイントを見いだせると、エロ楽しいのよね。

童貞恋愛経験薄い人にはそれがわからんとです

エロマンガ妄想だけど、セックスもまた妄想

恋愛して周りの人から羨ましがられたいという人こそ、手っ取り早く女捕まえる努力したらいいじゃない!彼女がいるということ自体が大抵の人には羨ましいんだから

恋愛で見栄を張ってはいけない。周りは彼女スペックではなく、関係幸福度で羨ましいかどうかを決める。藤原紀香結婚したってすぐに離婚して、日本一有名なバツイチキャラ10年以上も被る羽目になった男を誰がうらやましがる?

彼氏彼女希望を持ちすぎると、非モテをこじらせる

モテる人はワンナイトカーニバルのために、大阪まで出かけるし、ボストロールみたいな女でもいいときっぱり言い張れるんです。明らかに見た目も性格も正道なモテから外れてる彼にもしモテる理由があるとすると「来るもの拒まず(むしろ追いかける)」の姿勢だと思うんです. ガチガチ非モテって理想が高すぎたり、ないものねだりしてるのが態度とか言動に出てしまますからね…。そういう人をはてなでいっぱい見てる、自分がそれで失敗した体験からそれが出ない(ヘタするとない)齋藤さんはウマいなぁ…と

「踏み込んでくるか来ないか」だと思います。つまんない人はよく言えば礼儀正しいけど、悪く言えば積極的に盛り立てようと自分からリスクを冒して踏み込んでこないんですよね…。傾向論ですが

二村ヒトシっぽく言えば、「インチキ自己肯定に【彼女という(本人の人間性を無視した存在のみの)概念肩書】を欲しがりすぎ」であり、「自分の心のふるさとと向き合ってなさすぎ」であり、「すべてはモテるためだという自覚がない」ってところかなぁ…

いい加減、僕への評価刷新して欲しい。良くも悪くも老いてるんだからそれをきっちり評価してもらいたい所。



kanose 若いことだけが価値の君が老いたら誰も同情しなくなりかなり悲惨なことになるのだが

2015-10-05

超ざっくり言うとこれでいいんだけど、シャアとかブライトみたいなZだとモテキャラに分類される連中がなんでモテるかを理解するために、カミーユとかカツとか司令官の人とかアムロとかモテないくせに女絡みのエピソードがあるやつが必要なんだよなぁ…

思いのほか読む人が限られてるからぼやくが、「二村ヒトシ×Zガンダム」という組み合わせはむしろすべモテを読んでいる人でかつオタクの人から見れば、かなり正当な組み合わせだと思うんだ…。オタク関連の話のところが80年代のオタが現在のオタをひっぱたいてるようなことをさらさら言ってるし.ただ、個人的に二村さんのフェミニストぶりが鼻がつくところもあって、(最近オタクフェミは相性が悪いところがある)からその辺はどうなんだろう…というのはある。実際問題男性向け・女性向けそれぞれの著書を読んでると同じことをかなり違うトーンで言ってるため「擦り寄ってない?」とも思う

AV絡みの人がフェミ化するのは職業病だと思っていて、これは少し前に見たAVインタビューでもそうだし、AV女優から証言でも言ってたこと話だけど、女性がいないと成立し得ない商いだから、男側がすごく気を使ってキレイにしたり、別室に別れたりして向こうからNoが出ないようにしてる仕事. あとは僕がかなりうさんくさい仕事をしてた時にキャバクラかなんかお水系経営者をしてたおじさんと仕事する機会があって、その時にも「経営者よりもむしろ女の子に高いお金を払うために仕事してるような仕事だったかイマイチやる気が出なかった」という話も聞いてる。彼がいい人すぎたのもあるが….

性風俗絡みは女性をこき使ってる客や世間イメージとは裏腹に女性がいないと仕事が成立し得ない仕事(いい女の子を最高の状態で囲おうと思ったら、女の子仕事やすいよう最大限配慮する仕事)だから男系社会があって成立仕事でありつつも、中身はむしろ女系社会から中の人フェミ化するのよね. だから、僕から見た二村ヒトシさんのフェミはどちらかと言うと、男系社会批判とか女好きとかそういうもの以前の職業病というか、普段身を置いてる世界から見ると「男って威張ってるし、努力してないっすよね。そのくせモテたいって言ってるっすよね」みたいなものから来てるんじゃないかな?と思ってる. ちなみに、自分フェミぶりやダブスタ振りに対して女性から指摘を受ける分だけ自浄作用があるし、言い方変えても要旨はかえない点で二村さんは僕の中ではまだマシなフェミ職業病から来るフェミおかしいと思ってるのは峰なゆかの方で、アレは自分職業病もそもそも男性像もかなり誤解してる.

平たく言うとAV女優に近寄ってくる人って女優大事にしてる人か、何してもいいと思ってる人の二種類で後者いるか仕事として成り立ちつつも、普段は後者から隔絶されてるお仕事から後者の男を見て「男はダメね」と言われても、「そりゃ、最大限ダメなのが近寄ってくるから」としか言い様がない. AV関連の人に認知の歪みが出るのは、キャバクラや各種パブならあんまりひどい男から避けてくれるボーイさんも、あまりひどい客も男であり、両方ともが目の前にいることを認識できる環境にいるけど、AVって行為行為だけに厳正なフィルタリングの元まともな男に囲まれ仕事になるから食い違う。結局、お水のお仕事の差は何かというと行為があるかどうかとか報酬が高いか低いかどうかというよりも、行き過ぎてる時にNoと言えるかどうかなわけです。逆に言うと一番ダメなのはボーイもいなきゃ、配慮してくれる相手との行為でもない初対面の相手と外で会う系統でかつ濃密な行為をするような仕事

2015-09-01

“なぜモテないかというと、それは、あなたキモチワルいからでしょう。 ”この言葉を人々に与えたのが色んな意味危険だった感じはある。自省を促す意味でいい言葉だけど、罵り文句として使う人もいるとなぁ…

僕はスタートや闇堕ちしすぎてたから、救われたいってコンプレックスが強すぎて恋愛にこけるし、かと言ってヤリチン化するほど女の子を軽くも扱えない(つーか怖いから承認欲求を満たしてくれる少人数にチヤホヤされたらそれ以上の関わりは持ちたくない)人だったからなぁ…立ち位置ムズい

性的快楽?引きずり込まれるような独特の感触に出会うまでは純粋に「モテたい」ではなく「誰かしらの異性に好かれるのが義務」みたいな感じで思ってた部分があって、義務を果たせない自分はだめなやつだ的な卑屈さがあったからなぁ…まぁ、「教育の成果」ですけどね

僕は母親いでありながら、すり込みのごとく聞かされてきた「結婚しないと人は成長しない(成長してそんなこと言ってるのがうちの母だけど)」「人類義務として子どもを二人は育てなさい」というのができないし、多分できそうもないことに病んでからずっと凹んでるからね…

つまるところ、セックスに体が引きずられたり、いちゃついただけで何十回とその人のことで抜いてしま経験をするまでは僕にとってのモテ女性関係必要悪しかなかったし、母親からの束縛から逃れるための盾に女性をしようとしてたというのが、どうも真相なんだよね…

言い方を変えると、僕は母親の熱心な教育の結果として女性神様にして邪神という扱いしかできない思考になってたわけだ。女性承認されれば、うるさい人から距離が置けて社会的に認められる。と童貞子どもの時には思い込まされ…(続く

今度はセックスを覚えてしまうと、体が女体に引きずられて求めてしまう結果として、モテに飢えるというか、モテてないことに社会承認ではなく、体までもが束縛される。自分男性的な部分はどうであれ女性を欲するように作りこまれしまってたわけ

でもね、モテるモテないのって言うのは台頭な関係にならないとモテようがないから社会的な束縛とか身体的な束縛に女性を利用しちゃう人は結果的モテないのよね…持てたとしてもそれがバレちゃったり、自分無意識に相手の意識が気づいたら急に嫌になったりするから自覚自重必要だよね

何が言いたいかというと、モテに背負わされているものと、自分モテたい理由とかモテたあとにしてることの中に「明らかにこっちだけ得しようとしてる」みたいな話に気づけるかどうかなのよね…。二村ヒトシさん風にで言えば、「インチキ自己肯定」とでも言えばいいかな?欺瞞とか正当化とも言うが

kanose マザコン由来のミソジニーを公の場で語ることに抵抗がない男って本気で気持ち悪い。これを堂々と語る男の人と付き合いたい女がいるか? いないだろ。

2015-08-17

モテないモテないと言いながら、モテたいという願望があるにはありながら、ついつい楽しくなってモテなそうな、世界の半分ぐらいを怒らせそうなネタをつぶやいて、世界の半分からクレームを言われまくってるアカウントが私です。…リア充になりたかったら、自分が言いたい毒は他人の毒をRTするべきか

眠れないから本を読んでるが、二村ヒトシさんの本ほど口が悪い本を読んだことない僕としてはあんなに口が悪い本をみんながみんな読んで、しかほとんど批判がないと言う事実に一番驚いてる。内容自体は正しいけど、こうまでゲス言い回しされてると自分に当てはまる部分以外でもカチンとは来る

あとはこの挿絵イラッとする。やってることはサイバラ敵に「おばちゃんがゲスい感じに偉そうなこと言うよ」ではあるけど、なんでかなぁ…文の人と画の人が別になって、しかも絵の人の口の悪さを配慮せずに「この人が正しい、読んでる君は間違ってるからもっと怒られるべき」という態度だもんw

となんというかな…「中庸バランスが取れること、バランスを踏まえた上で自分を見せられる人)」がモテます。と言う本で、これ自体のいうことは間違っちゃいないと思うんだが、これを言い出した途端に、中庸からどちらかにそれてる人を両方共範囲攻撃ちゃう本だからなぁ…。気分は良くないよね

僕がフェミ嫌いつうか、行き過ぎた女性尊重路線に疑問を感じるのは女の人のしてほしいこと、してほしくないこと、もしくは思考構造自体が相手次第であって、相手にかかわらず頭でっかちに、ゲームルーチンや科学のように区別する事が難しいため。だから、過剰にルール支配すると主観的になりすぎる

つまるところ、男性責任を投げられても、それがこの本で言う「気持ち悪い男は嫌われる」というすげー主観的でかつ、本人だけでは対策が難しいような評価のされ方(どこができてないから改善しろという点数化がしにくい精神構造問題評価される)ところに「女性基準が行き過ぎると怖いよね」がある

個人の女の人を悪く言いたいんじゃなくて、もうちょっと生き物レベル社会レベルの話として「客観視しにくい基準存在の厄介さと、それらを当たり前に突破しないといけない現状」に対して「うお!生きづれー」「仕組み化される時にもっと説明されないと壁にぶち当たる人がいっぱい出る」と危惧してる

いや、「個人的好き嫌い」と「仕組みとして、あるいは自分生活や可能性を決める基準」は別だよ。僕がフェミとか女性的な評価をおっかないおっかないと言ってるのは後者特に女性自身主観的かつ独特の(数値化・仕組み化しづらい・あまり男性理解されてない)に自覚のないまま踏み込みすぎる様

まぁ、機会が平等になる必要はあると思うし、選択できないこと自体があるとするなら選択できるようにどっちの性に対してもすべきだとは思うけど、それは評価もの見方がどう違ってるかを理解した上でじゃないと成立しないんだよね…。まぁ、この話してるうちに眠くなってきたからここでおしまい

ちなみに、さっき女性的な「気持ち悪い人が嫌い」という主観的かつ本人にはどうしようもない評価が怖いといったけど、ホモソーシャルにはホモソーシャルなりの野蛮さがあるから結局はどっちの怖さも周知すべきだとは思います。まぁ、後者については男の割合が多い中小企業大企業でも肉体系見れば明白

おいおい、この本すげーこと言い出したぞ!薄い本的な都合よくヘタレ男が女の子に持てちゃう展開を「恋のドラえもん幻想」というムダにかっこいい名前をつけて罵ってやがる!すげー!謎のハイセンス

モテない自分に耐えられなくなってに耐えられずネット上で憎しみや逆恨みをばらまいたり、犯罪行為に走るのは社会的にもとっても迷惑なわけで、だから彼らは自分のためではなく世間のためにも気持ち悪くない男になって、すこしモテるようになる義務がある。(二村ヒトシモテ義務って…おお怖い

いやさ、気持ち悪い云々の話の時から一貫して思ってるけど、世の中には本気でわからなくて悩んでいる人がいて(それを利用して儲けている作者のような人がいて)、それゆえに困ってる人にお前が悪いと罵り倒すだけでも違和感あったのに、今度は「モテ義務」だよ…どんだけ強気なんだよ…この本

これ、すごく悪意のある言い方させてもらうと「モテたい男は気持ち悪くない男になってモテる義務がありますモテる気がない人は二次元で都合のいい妄想に満足して生身の女の子にはさわらないでください。どちらでもないモテたいけど気持ち悪い男犯罪者予備軍で像を垂れ流す有害な連中です」だとさ

全体的におっかないし世知辛い本だなぁ…。何度も言ってるけど、言ってる事自体はそこまで間違ってないし、どっちかといえば正しいんだけど、言い方がゲスいし、失礼で回りくどいし、範囲攻撃だし、全面的に男が悪いというスタンスで書かれてるから読んでてすごく「怖い」とは思う。

どこの誰ベエと話したかは言わないけど「ドボンさんはモテなそう(童貞だろう)」という意見を聞いた時に薄々同意はしたけど、この文章読んだ時にやっぱり童貞だろうなぁ…と思った。

人の育児文句言うとき自分良心が傷ついたとか、迷惑を被ったことをきっちり言わないとなんか嘘くさいんですよ。ドボン会長の書き方みたいに「いや僕がどうとかじゃなくて、こういうの良くないと思います」みたいなのは自分がないし、ほっとけだし、いちいち口に出すな…という感じなわけですよ…

僕が思う童貞臭さっていらんこと言う人なんですよ。それも人や他人に口を出したい欲望を素直に認めないで高飛車に「べき論」を装ってしゃべること。自分意見であることさえ表明できないし、かと言って歯切れよく言ってる人を見つけてその人に代弁させる器用さも、我慢するだけの堪え性もない半端もの

ネットでいっぱい喋れる、言いたいことが言いたいだけ言える時代からこそ「言わないこと」「言わせること」が大事なんだよね…。昨日、「はあちゅうさんは腹黒い話は基本人に言わせるか有料でも聞いてくれる人にしか言わない住み分けをしてる。振る舞いがリア充っぽい」という話したけど、逆がドボン

いや、僕はキャバクラとか風俗説教する客の存在を各種下ネタ系の読み物でよく聞くんだけど、アレの気持ちがさっぱりわからんわけ。自分だってあんまり正しくない場所に来てる(というより、お前みたいなのがいるか商売が成り立ってる)から彼女はそこにいて接客してるのに、なんで説教できる?謎い

あ、僕が女子から気持ち悪がられる時の失敗は基本「舞い上がりすぎ」なんだよね…。オブラートに包んで言えば「楽しいことにのめり込みすぎる」ことで、悪く言えば「味をしめた結果、それまでのまともに努力してた時の段取りがすっ飛んでしまう」わけだ。ある程度親密になってから失敗するタイプですw

ゆえに僕はある程度運とか出会いとか人と継続に会うだけの最低限の予算があれば、そこそこうまくは行くんだよ。ただ、うまく行った瞬間に「承認された。努力が実った」と平常心が保てなくなる(舞い上がっておかしなことを言い始める)タイプです。だから童貞ではないけど、うぶいし青いのが僕の位置

ガチ童貞ってそれ以前の「自分を持ちながら待つ」ということができないんだよ。恋愛テクニック以前にギラギラや生暖かさや自分ビビってることも言い出せない(ネタにして笑ってもらう器量もない)からすこっしもうまく行かないんだよ。僕から見たドボン会長なり童貞臭い人のイメージはそれ

逆にもうセックスに入るムードからして心地いい僕の場合はそれが強すぎて盲目なっちゃうんよなぁ…。なんかそのムードまで来るとそれまで待ち続けたり、恋愛モードになってた理性がダバ〜と吹っ飛んで、「セックスすげー恋愛すげー!おらワクワクしてきたぞ」みたいなキモさ全開になるんよなぁ…

(色んな人に言われてるから言うけど)何度目だよ!童貞じゃないって言ってるだろ!

kanoseミソジニー


ツイッターで読んでる本について語ったら著者にふぁぼられた。…あ、アレですよ。2章まではすげー失礼で、臆病な部分があたってると感じる僕でさえ「あたってるのにテメーに言われるとうぜー」とさえ思うけど、2章過ぎると口調によるイラつきは減るよ。だから2章までが踏ん張りどころだよ(謎の弁明

しかし、これは自分も含めてなんだけど、あの童貞卒業した人が性を語る時の口調の「わかったような口ぶり」はなんなんだろうな。これ、女でもそうで性に関連する産業経験とかネタを売りにしてる人の口ぶりってどことなーく偉そうなんよなぁ…。アレの正体が知りたい。

今回の本(すべてはモテるためである)はその典型例。他の専門家や達人でこんなに偉そうで心得のない人を罵り倒す本を読んだことがないから「人にカネ払ってもらって、本を読む労力までかけてもらっておいて、読者をキモいモテない・バカ・臆病と罵り倒す本がこの世にあるのか」とカルチャーショック

本を出すことに対してもっと「色んな人にお世話になった」「発言の場を与えてもらった」感がないから、本読んでて違和感があるんだよなぁ…。内容自体は頷いていて、引用して使ってみたいこともいっぱい書いてあるんだけど、アレだけ言葉遣いや読者との関係性をふてぶてしく取る本を読んだことなから

2015-07-13

二村ヒトシ藤沢数希の対談が全く噛み合ってなくて面白かった

https://cakes.mu/series/3437

藤沢数希は「出来るだけ沢山のいい女の膣に射精することがオスとしての勝利」

二村ヒトシは「性的な相性のいい相手と最高のセックスをすることが人間の喜び」

と主張しているように見えて、最終目的地が余りにも違うから話が噛み合わないんだと思う。

これはもう、どっちが正しい間違ってるという話じゃなくて、セックス趣味の話なんじゃないか?

承認欲求と性欲を絡めない藤沢

二村

僕がいちばん訊きたかったのが「藤沢さんはモテるようになって、救われましたか?」ということなんです。

藤沢

救われるかどうか、とか特に考えたことがないんですよね(笑)

コンプレックスというか、もっと切実な問題ですよね。とにかく目の前に、セックスできないという切実な問題があって、それをどう解決するか、みたいな。

二村さんは恋愛を語るにあたって、「自分とはなにか」「愛とはなにか」といった部分で悩まれていますよね。それが僕にはよくわからないんです。だってお腹が空いたら食べ物を探しに行くじゃないですか。それと同じで、恋愛って、性欲が満たされなかったから、満たされるように活動する、というだけの話ではないでしょうか?

二村は昔から女性主体性に固執していたが、藤沢にとって女は食品に近い。

食品承認欲求ではなく食欲を充たすものであるように、女も承認欲求ではなく性欲を充たすものなのだろう。

 

普通未満のスペックの男」が視界に入ってない藤沢

藤沢

『ぼく愛』を書くうえで、似たようなジャンルの本を調べていて、男性向けの恋愛マニュアル本もかなり読みました。すると、ほとんどが、女性と喋ることもできないし彼女なんて夢のまた夢みたいな人を想定読者とか、物語主人公にしていて、この本に書いてあるテクを使えば、童貞が爆発的にモテるようになるという書き方をしているんですよね。

ヒットしたスポ根作品主人公って、地力があるし才能もある、というキャラクターばかりなんですよ。『スラムダンク』でもなんでもそう。野球漫画だったら、主人公は、最初は粗削りで下手くそだけど、キャッチボールはできるし、もちろん野球ルールも知っている。それなのに男性向け恋愛マニュアルだと、「コミュニケーション能力普通にある人のためのモテ本」というのが少ない。まあ、そういう経緯があって、『ぼく愛』の主人公であるわたなべも、設定が、童貞ではなかったわけなんです(笑)恋愛マニュアルは完全に非モテのためのもの、という思い込みが世の中にはあるのかもしれませんが、「普通の人がモテるようになる」作品があったっていいはずです。

しか所得が高く異性にも不自由せず生きてきた男性にとって、コミュ力破綻した貧乏ブサイク男性との接触頻度は低い。

学生時代の友人も、同僚たちも、そこそこの容姿収入コミュ力を持つ。だから彼女持ちの弁理士を「普通」としたのだろうが。

恋愛工学は、要領が悪くてスペックの割に損している男性を持ち上げるノウハウであって、スペックが死んでいる人には使えない。

二村はスペックが死んでいる人にも何かしらの希望提示したいのかもしれないが、藤沢は無関心なのではないかと思う。

ゼロに何を掛けてもゼロである

 

二村には「エロ観」があるが、藤沢には無い

二村

より上を目指す、より「いい女」を得るっていうだけではない、横道にそれた「いい恋愛」「いいセックス」の探し方も人それぞれあると僕は思うんですよ。ていうか僕はそっちのほうが人を幸せにすると思う。これは女性に関しても言えることなんですけど。女性向けの成人コンテンツも増加しているし、女性世界にも男性世界と同じことが起きてきていますよね。僕はもっと女性の性欲についても考えたいですね。

藤沢

女性場合男性の視界に入らないのは下位のせいぜい2〜3割だと思うんですが、確かに、性欲を持て余している女性も多いかもしれませんね。

二村

いや、そういう“階級”の話じゃないし、モテる男になって抱いてやればすむという問題でもない。僕が「人妻との五反田でのセックス関係が対等だから藤沢さんの小説の中で唯一エロい」、つまり、それ以外の場面はセクシーじゃないと言ったのは、セクシーさというのはコントロールが不能で、おたがい支配できないのに波長が合ったときだけ匂う空気からです。

藤沢は、階級と勝ち負けにしか関心が無いのではないかと思う。ビジネスには向いた性質だ。

女の価値を、「自分にとっての良さ」ではなく、容姿ランクにして定量化するのもビジネス的だ。そこでは「誰もが理解できる価値」が重要になる。

もちろん藤沢は、男もランク付けされるものと思っていて、ランクが上がるよう努力しろという人間だ。そこが負け組ミソジニストと違う点。

負け組ミソジニスト自分未来より女に関心があり女を傷つけようとするが、藤沢は女に関心が無く自分未来に関心があるため、

筋トレやら掃除やら勉強やら、常に自己向上的だ。

 

二村は「自分にとっての幸せ」を重視しており、マゾヒスト男性などのマイノリティに関心があるからそそうなるのだろう。

趣味マジョリティであればあるほどスペック重視になり、マイノリティであればスペックよりも性的な相性がピッタリであることが重要になる。

藤沢変態真逆なのではないか。セックスの内容に微塵も興味が無いのではないか。

『ぼく愛』をパラ見したが、セックスシーンは朝チュンだった。

藤沢にとっては「やれた」という達成感が重要で、それは仕事における達成感と同じものであり、

次はもっと良い仕事をするぞ!のノリで、もっと良い女を抱くぞ!となっている、あまりにも天然で無邪気な男なのではないか。

とにかく二人のエロ観が全く違うのだ。

ここまで違われると同じ「男」と括って、「男とは~」と語るのもバカらしい。

2014-12-10

ディタッチは胸や尻にするものではない

http://anond.hatelabo.jp/20141208214051

http://anond.hatelabo.jp/20141209092733

私はつい最近まで童貞だった若輩者だけれど、世の中の日本男子諸兄の恋愛偏差値の低さには涙が出てくる。

なんでお前らはボディタッチひとつまともにできんのだ。

いきなりおっぱいとかお尻に触るなよ!

あなたたちは男性的な欲望に忠実すぎる。

結論からいうとボディタッチは肩とか腕とか手とか髪にするものなんだよってことなんだけど、こういうのって「知識」として覚えるようなものではないのですよ。

二村ヒトシ自分の中の「モモレンジャー」を開発するという言い方をしたけれど、そういう風に自分の中の女性的な想像力喚起して、突然胸や尻に触られることがたとえ最愛パートナーであっても如何にキモいかということを「実感」として分からないといけない。

もちろん男性の中の女性的な感性というのは不正確で薄いものから、色々な女性体験談とか創作物とか、何よりもパートナーの話とか態度ををよく見聞きすることで精度を高める必要があるのだけれどね。

これはポジティブな面にも言えて、よくイケメンがやるような、肩にそっと触れるボディタッチが如何に胸キュンなのかというようなことも実感として分かってきたりする。

ディタッチはパートナーへの想像力を発揮して利他的に行うべし。

パートナーが満たされている様子はあなた幸せにもつながるはずだ。

2014-12-07

http://anond.hatelabo.jp/20141207214956

山形浩生『新教養主義宣言』

10代でこれ読んで、本読まなきゃ勉強しなきゃと思った

・J.Gバラード千年王国ユーザーガイド

小説家だとバラードに一番影響を受けた。現実の見え方が変わった。

ロイバウマイスター『WILLPOWER』

意志力は筋肉のようなもので、使うと疲れるし、鍛えることができる。という本。

俺はこれ読むまで努力ができないし、我慢もできないし、自制心のない人間で、もうこれはずっと続くと思ってたんだよね。

でも、これ読んで少しづ自己コントロールができるようになってきた。

嫌いな説教臭い体育会系的な根性論じゃなくて、心理学実験を踏まえた、科学的な内容なのですんなり受け入れられた。

二村ヒトシ『全てはモテるためである

ずっと女、特に若い女性コミュニケーションが取れなかった。

今もうまくはないけど、この本を読んだら少しはマシになって、職場とかで雑談できるぐらいにはなった。

アンディーウォーホル『ぼくの哲学

ウォーホルのカラっとした、ポップな世界観自分とまったく真逆で衝撃を受けた。

もともと生真面目でネガティヴで落ち込みやす人間なのだが、

これを読んで、落ち込んだら世の中の全ては取るにたらないしょーもない出来事なのだ。と少し考えられるようになった。

ポールクルーグマンミクロ経済学/マクロ経済学

ずっと経済学というのは後付けの屁理屈で何の役にも立たないしょーもない学問だと思っていたが、

これ読んで、経済学自分個人のミクロ人生を考えるのにも、世の中というマクロ事象を考えるのにも、

もの凄く使える学問だということが理解できた。

2014-07-20

真剣恋人ができないことに悩んでいるが、笑われる

大学四年男性

いくら努力しても恋人はできなかった。

まり顔はよくない。だから、少なくとも性格を見てもらえる時間の多い大学時代勝負だと思った。

はじめからサークル複数所属した。

女の子デートに誘って断られたり、告白して断られたり、そういうことを繰り返してきた。

いわゆるマニュアル本も読んでみた。二村ヒトシエッセイ集とか・・・。

初めは、まあ今までももてなかったし仕方がないと立ち直ることができていた。

しかし、そうやって断られることを何度も何度も繰り返していくうちに、精神変調をきたしてきた。

今まで楽しいと思っていた趣味が楽しくない。自分の好きだった人を奪った人間の顔が浮かんでくる。

朝、起きることができない。夜眠れない。

鬱病かなと思い、精神科へ言った。

「好きだった女の子に振られることを繰り返して、うつ気味の症状になりました」

失笑された。自分は親身になって聞いてくれるものと思っていたので、心底がっかりした。

軽めの向精神薬の処方を出されて、その場は終わった。

飲んでも飲んでも、状況はいっこうに改善しなかった。

たぶん、自分がここから救われるためには、何としてでも彼女を作らなければならないと思う。

しかし、もう精神力を使い果たしてしまった。

今では、休日にベッドから起き上がる気力すらなくなってしまった。

学校も、頻繁に授業を欠席するようになった。

自分イケメンだったら、女の子に話しかけたりするのも向こうから喜ばれる事になるのだと思うが、

残念ながら顔があまりよくない。自覚している故、顔以外の部分に価値があることを示すため、財力や知識量を誇示しようとしてしまう。

優位性を少しでも提示できなければ、自分なんて全く価値がないから

そう思って誇示した結果、どんどんと人が離れていった。

これが間違ったアプローチと言うのは簡単だ。しかし、ならばどうやって差別化するといいのか。

それがなければ、顔が良くない場合「単なる優しい人」にしかならない。

恐らく、社会に出たらもっと世間は厳しくて、一瞬で合否の判定がなされるのだろう。

少なくとも長い時間で見てもらえる大学時代彼女ができなかった事実は、

社会に出てもきっと彼女ができないという仮定に直結している。

合コン婚活お見合いパーティetc...

すべて、せいぜい3時間ですべてが判定される、恐ろしい戦いで、とても自分は勝つことができない。

自分恋愛するのは、もう不可能なのだろうか。

あと半年大学生活で、いったいどうすれば恋人ができるのだろうか。

2014-03-28

「俺って中身、女だからさ」について考えてみた

基本「現代社会では女の方が有利だし女の方が生きやすい」って思ってる人の中身は女だと思う。

なぜなら世の中は、尊敬されるには男の方が有利で、愛されるには女の方が有利な仕組みだから

女の方が生きやすい、女が羨ましい、女に生まれたかった…と思うのは、尊敬されるよりも愛されたい証拠。

そういう男は社会的要請によって男性的外面を取り繕ってるだけで、内面女性的なんだよ。

 

美少女が登場するエロいフィクションの楽しみ方も、美少女を犯す側に自己投影しているとは限らなくなっているでしょう。

美少女自己投影して、犯される気分を味わう男だって居る。

別にこれは現代若者特有病理というわけでもなくて、女装して街に出るオッサンとかジイサンとかって昔から居たよね。

男にも「性的視線を浴びたい欲求」を持つ人が居るんでしょう。男らしくないといって圧殺・黙殺されてきたけど。

で、「性的視線を浴びたい欲求」だけをみたすには、男に生まれるより女に生まれたほうが断然有利。

若い女だったら多少ブスだったりデブだったりしても、露出の多い格好すれば、浴び放題だからね。(同時に軽蔑視線も浴びることになるけど)

 

ここで考えたいのは、性的視線を浴びたい欲求を持つ男はなぜ不利なのか、ってことだよ。

わたしは、

・男の価値性的魅力ではないので、男は性的視線を浴びたがるべきではない(そういう奴は男じゃなくて女の腐ったような奴だ)と思っている男

・男は女の性的価値を認めて金を払ったり面倒を見たりするべき存在なので、男自身が性的視線を浴びたいなどと望むべきではないと思っている女

こういう人間が寄ってたかって「気持ち悪い!」「甘えんな!」と言って迫害したり、特殊変態の事例として"わたしたちの社会"から切り離したり、

存在自体を見なかったことにしたりして、性的視線を浴びたい欲求を持つ男を圧殺してきたからじゃないかと思ってる。

(というより、わたしの両親がまさに、こういう男とこういう女だった。でも両親だけでなく2ch恋愛板なんかでもこういう言説は頻繁に見るし、

 リアルでも保守的な年上の人らはこういうこと平気で言うよ。で、わたしは「すべての攻撃は過剰防衛だ」と考えているので、

 差別意識嘲笑や頭ごなしの否定などをかます人は、何か絶対に守りたいものがあってこういう行動を取っているんだろうなあと邪推している)

 

わたしは、男が性的視線を浴びたい欲求を持つことを悪だとは思わないな。犯罪さえ犯さなければ好きにしたらいい。

段落で挙げたような人たちにとって不都合な欲求だから利己的な理由で悪と認定されてきただけなんだと思う。

悪認定とまでは行かなくても、嘲笑対象にするような人もいっぱいいるよね。

でも人の性欲を嘲笑すると、その嘲笑視線自分の性欲に対して跳ね返ってくる。

自分の性欲を客観視して、人から嘲笑されないよう怯えたまま、一生自己開示出来ないまま生きていくことになりがちだ。

みんな嘲笑しないし嘲笑されないようになればいいんだけどね。(まあ、無理だろうね)

 

から要するに中身が男の女でも、中身が女の男でも、どっちでもいいと思うよ。

もちろん中身が男の男も、中身が女の女も、いいと思うし。

二村ヒトシすごくいいと思う。AVは見たこと無いけど、彼の主張がかなり好きだ。

からなんとなく感じていたことが、彼の主張を読んでまとまったり補強されたり、っていう部分は多いね

「女に生まれた人間既得権益」が羨ましくてイライラモヤモヤしている男は、彼の記事を読んでみたらいいんじゃないかなと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん