2017年03月31日の日記

2017-03-31

ママごはん

いやタイトルこんなだけどいい歳した親父なんだけどさ。

母親の飯の味、ちゃんと覚えとかなきゃな、って、なんだか急に思っておまえらに聞いて貰いたくなっちまって。

へへ。

歳取ると涙脆くなっていけねぇや。

ネットでよく見る、お袋に会えるの後何回、なんて奴じゃないけど、なんかお袋の飯食えるの、後ちょっとなんだなー、って思ったら急に寂しくなった。

うちのお袋は別に料理好きでもないし(むしろ嫌いだって前言ってた)、だからそんな記憶に残るほどの「お袋の味」なんてないんだけれども・・・

でもあの人の作った料理を、なんらかでも覚えて置かなきゃなって、思う。

それが出来るのは俺だけなんだな、ってさ。

お袋の飯、後何回食えるかわかんないけど、ちゃんと食わなきゃなぁ。

森内九段フリークラス宣言

ショックが大きい。まったく予想していなかった。

羽生の陰に隠れがちだが、名人八期を誇る大棋士順位戦を去ることとなった。永世名人としての矜持だろうか。

引退するわけではないが、それでも寂しさを感じてならない。今年度の将棋界は私にとって衝撃が大きすぎた。

教師から見る離任式

小学校先生、をしている。

……といっても正規任用ではなく、1~2年で異動になることの多い講師という立場である。今の小学校には1年在籍し、異動することになった。今年は3年生の副担任として充実した時間を過ごすことができた。この仕事は好きだが、私が今回疑問に感じたのは「離任式の在り方」である

異動になることが多いため、これまで様々な学校で離任式で壇上に上がる立場になった。離任式にある「代表の子どもが作文を読み、別の子が異動される先生方に花束を渡す」という一連の流れ。このときの「花束を渡す子ども」は、今までどの学校でも「その先生に1年を通してお世話になった子」が渡すことがほとんどである。そのため、離任式が近づくと「花束を渡してくれる子は誰だろう、一緒にかけ算の筆算勉強をみっちりやったあの女の子かな…、それともあの男の子かな…誰だろうな…3年生のどの子かな。」と、異動をする前は花束をくれる子が誰かを予想することが恒例になっていた。

しかし当日、私に花束をくれたのは「まったく関わりのない新6年の子」だった。異動されるすべての先生に「新6年」が花束を渡していた。私の横にいた特別支援学級先生は、学級に新6年がいるにも関わらず、まったく別のしっかりした優等生花束を渡していた。違う、何か、違う。これは、子ども可能性を潰している。

今回勤務した学校は「花束を渡すのは、しっかりした態度で渡すことのできる子ども」という選定基準だった。離任式というものは「先生子どもたちとの別れの式」である形式はあるが、「しっかりした子が花束を渡す」ことがすべてではない。ただ花を渡すだけではあるのかもしれないが、残る先生たちはどうか、異動される先生には「その先生とかかわりのある子ども」に花束を渡すようにするべきだと感じた。

見送りの際は、3年生の子どもたちがすごくさみしがってくれた。わたしもとてもさみしい。だけど、みんなと過ごせてとっても楽しい1年だった。次の学校でも、この仕事に誇りをもって頑張りたい。

関係なさそうなブコメをするブクマカ

なんか、ブコメを見ていると、記事主題と一切関係なさそうな話を書いてる人を見かける。

どうせそんなブクマカはふざけるなという話なんだろうと言われるかもしれないが

自分はそうは思わない。

タイトルだけ見て脊髄反射タイトル無視して本論無視、三行だけ読んで明後日の方向に罵倒

そういうブクマカに比べれば、関係ない話を書いている人というのも、あまり悪いとは思えない。

そして、案外そういうブコメにこそ、「知的」なものがあったりする。

関係ないことを書いてある用でいて、抽象的に記事主題議論に関わることを書いているようなパターンだ。

ぜんぜん違う分野の言葉を用いているのに、きちんと記事への発言として通る。

そのようなコメントは、何か文学的な美しさを感じる。

追記

何が無関係ブコメが美しいだ、意味不明なだけだろうがって起こられるのかと思ったら

わりと温かい迎えられ方で困惑しておりまする。なんかありがたいです。はい

http://anond.hatelabo.jp/20170331230218

立ち食い店が山ほどあるしそこそこ美味いから、今更店舗広げる余地がないのでは

うどん丸亀以前はあまり店なかったけど

善が悪玉扱いされ、ゴミでカネが稼げる話

3月だからというのは関係ないが、本当のことを話すと狩られるのがジャップクオリティなので、増田なのである

さて、栄養の塊なのにきょうびなかなか食われていないものに、豆腐というものがある。豆腐の味は大豆でほぼ決まるが、食感は凝固剤の種別、消泡剤(乳化剤、界面活性剤)の有無に左右される。近年は、人日を削るために、凝固剤を花王かどっかから買おうとしたり買ったりしているようだし(乳化剤を混ぜたにがりだと高温で固まるので早いため)、消泡剤を入れたり(待たないでも泡抜ける)、凝固剤を大量に入れて輸送中に固まるようにした相模屋とかが得意げな充填豆腐というエセ絹ごし豆腐もある。(ちなみに、ヨーグルトにしても同様で、輸送中に発酵させるものほとんどで、出荷前に真面目に発酵させたもののほうがプレミアムである。)

それで、にがり海水産の塩化マグネシウム)で固めたものが、元来普通であるのにもかかわらず、プレミアム価格である。ちなみに、人間が手寄せした豆腐人件費が掛かるのに売れないから、豆腐屋の多くは潰れた。

しかし、この「にがり」というやつも、どうせ棄てるゴミであった。つまり、製塩で出るゴミ

塩というのはそもそも、ミネラルのことだ。だが、海水から塩をつくったときに、塩化マグネシウムは食味が酷い。だから塩化マグネシウム殆どを採って棄てる。

から豆腐というのは、このゴミ活用して少しばかりは食べ、必要ミネラルを多少は摂れるようにした、アイデア商品である。この豆腐はなにせ、江戸時代なんて最近からのものではなく、古代からある。和人は、昔はいくばくかまともであったのだろう。

である。きょうびの日本人と称するファッキンジャップは、塩の摂り過ぎが健康を害すると妄信している。

しかし、塩というのは本当はミネラルのことである。ヒトは、ナトリウムカリウムマグネシウムカルシウムなどのミネラル(塩)が生きていくために必須だ。

しかし、霞ヶ関か誰か、おかみが、立釜と称するプラントで精製し乾燥させた工業製品の、いわば無水塩化ナトリウムを「食塩」と定義してしまった。そうしてながきに亘って、無水塩化ナトリウム食塩マジョリティとして君臨し続けた。「国産塩」はこの無水塩化ナトリウムでなければならぬ年月がずっと続いていたから、御存じのとおり、「伯方の塩」は輸入塩からつくられているし、(平釜でつくった普通の塩である)「沖縄の塩シママース」(青い海)でさえも今でも輸入塩が原料の大半を占める。和人が無水塩化ナトリウムを信奉するようになったのに対して、沖縄人は、味が変わるのをきらったのか、民族伝統からか、平釜焚きの塩にこだわりつづけた。そしてその沖縄人が「日本人」の平均寿命を押し上げている。(たぶん普段から「ヨネマース」でも摂っている。ヨネマースは「内地(笑)ではなかなか手に入らない。)

さて、未だに、塩化ナトリウムを「食塩」として、外食産業であれ、加工食品であれ、そして多くの「家庭」の料理でさえも、用いられているだろう。

身体を害して当然であるナトリウムばかり摂るから身体が壊れる。

同様のことが、例えばコレステロールバランスとかでもいえるだろう。善玉悪玉とかいうのがあるわけではなく、バランスおかしあんたらが悪いのである

みなさんは、「塩の摂り過ぎは身体に悪い」とデマにつられて洗脳されて妄信して、減塩だのなんだのといってみたりもするが、実際に減塩なんかしたらきっと、カリウムマグネシウム摂取不足になる。つまりどうすればいいかというと、単に、「毎日使うからシンプルがいい」をやめて、「沖縄の塩シママース」でも「石垣の塩」でも摂る。とにかく、無水塩化ナトリウムをやめればよいのである

日本自称するものは、どうせ棄てるものがむしろ価値もつような、顛倒した国家である。実に実に不可解で滑稽だ(笑)

塩化マグネシウムが高く市販されていたりするし、おから市販されている。同じように、どうせ棄てるものであった米ぬかが、いまどきは漬物が漬かる米ぬかのほうがレアで、高価で売られている。ちなみに、漬物用の塩は、「まいにちつか(略)では勿論いけない、うまく漬からない。

天かすがなぜか、市販されているのも不可解だ(笑)。どうせ棄てるものである。何故か江戸では天かすを入れると「きつね」とかいうらしいが、天かすはどうせ棄てるゴミなんで、それでカネを取るほうがおかしい。天かすというのは、具を天ぷらにしたときに出る、ゴミである

日本人というのは、フツーではないね

和人である私は、みなさんのことが恥ずかしくてしかたないのである

エイプリルフールで消耗してる人の愚痴を聞きたい

安い費用で、短い期間で、少人数で「他と違う面白いことをやれ」などと無茶振りされたエイプリルフールハラスメント愚痴を聞きたい。

しかも頑張って用意したネタが対してヒットせず、薄い反応のまま2日になっちゃったとかなら最高。

CoccoMステ出てるなーと思ったら

twitterホットワードになってたらしい

今でもそんだけ人気あんのね

いや自分もうっかり見入ってしまったけども

しかカウントダウンテレビ披露って、あれ当時テレビじゃ一切歌ってなかったのかデビュー曲なのに

そんなに歌詞やばいか?

そもそも本当に歌詞やばかったら今でもテレビで歌えないだろうけど今ならいいのかよ

昔より今の方が色々うるさそうだけど意外

この前なんかの歌番組で見た強く儚い者たちはお姫様が腰振ってる所は削除されてた(意図的か、単に短く切られただけかは知らん)けどなあ

つか最近妙にテレビ出てるのは何かあるのかな

世界で一番熱い夏っておかしくね?

と思ったけど別におかしくなかったわ

遺伝研” ”良い電顕”

2 件 (0.37 秒)

http://anond.hatelabo.jp/20170331225254

○漢で性的意味を含む単語って痴漢ぐらいしか思い浮かばない

新聞とかテレビでも普通に出て来るが伏せ字にするような単語なのか?

はてなブログってストレート性的表現OKなのか……(困惑)

自分の好きな(愛読している)ブログがあるんだけど、ここ最近様子が変。

ブクマを稼ぐためか知らないけど、えらくドストレートな表現をぶち込んでくる。

私はそのブログにはブクマも何もしてない、ただ見てるだけなんだけど、あまりにドギツいというか、端的に言って性的描写が強すぎる。

それが良いところだ個性だ、だからお前は読むなと言われればそれまでなんだけど、せっかく面白かったのに~とどうしようもなく思ってる。

……まあどうしようもないのかもね。

具体的に言えば、って言っちゃうとこの日記が消されるぐらいのことばは伏字もなくそのまま使われてる。

あ、これから先は閲覧注意ね。具体例をあげちゃうから不快なっちゃう人が出てくるかも。消されたらごめん。

セ〇クスとかレ〇プとか〇漢とか精〇とかペ〇スとかオ〇ニーとか……

しかもわざわざ「エロい話」カテゴリーまで作ってやってるし、大丈夫なのかなあ。

通報とかされたりして、あの人が垢バンされないか心配

http://anond.hatelabo.jp/20170331223513

個人的には1992年から1994年イメージだけど

人によっては国内では噂だけが流れていた80年代のことかもしれないし

一部大学けがつながっていた90年ごろのことかもしれない

まあ人によるよな

ついでに言えばその頃は個人情報ネットに載せるなみたいな規範一般的じゃなかった気がする

大学生時代に撮ったサークルなどの集合写真を見て

ある人は友達同士の楽しそうな雰囲気から青春を感じ、またある人はその楽しそうな雰囲気からリア充への嫌悪感を覚える。




どうして世界はこんな風に二分されたんだろう。

男性保育士のやつさ、

千葉市長が

「反対してる女性男性不信なんです」みたいなこと言っててさ、なるほどーとなってしまったんだよね

わたし男性保育士反対してないし娘の希望を聞いて(小さいうちは希望もないかもだけど、年長とかならね、必要かなあって)いいならいいよーと思ってるんだけど、いや子どもいないし想像から実際にはまったくどうなるかわからないけど、いまのところはそんな感じなんだけど、でもわたし男性不信が強いから、なるほどーとなったんだよね

でさ、違うよ!って言ってるひとがいるじゃん

男性不信ではないです」って

子どもへの性犯罪を犯しているのは男性確率として高いからです」みたいな

なんか細かいこと間違ってたらゴメンだけどそんな感じだったよね

それ、男性不信ではないのか?と思ったんだけど、まあわたしなんかそういう意識めちゃくちゃ低いから、ちゃんと聞かなきゃと思って、待ってたんだけど、そこで終わるんだよね

ツイートとかだけど、それで終わり

え?って思って

男性確率が高いからです」

「なるほど」

「…………」

「……?おわり?」みたいな

どちらも言い分としては制度を整えて男性保育士も増やしたいねみたいな感じだから、そうだねー!って思うんだけど、でもよくわからないんだよ

外国人賃貸契約を断られたみたいなニュースでさ、

外国人問題を起こす確率が高いからと言って、十把一絡げにするのは差別だ」

みたいなコメントもあったでしょ

でも男性保育士のやつはそれとは異なるんだよね?

えーと、男性保育士のやつは、暗い夜道では犯罪が起こりやすいから気をつけて歩きましょう、みたいなこと?

海外旅行ではスリに気を付けましょうね、みたいな?

もうわかんないんだよね

どういった理由で、反対(ではないのかな?不安視?)してるんだろう

いや、理由は、確率なんだよね

でもン?ンン?ってなってるの

小学校四年生くらいにわかるように言ってくれないと、わかりたいのにわからないんだよ

わかりたいとは思ってるんだよー

なんでわたしわかれないんだろー

この前のコロッケそばの増田見て食いに行こうと思ったんだけど

うどん界におけるはなまるうどん的なポジションってそば界には無いよね

結局丸亀製麺行きました

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん