「ペスト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ペストとは

2020-07-30

anond:20200730002030

コロナ蔓延は防げないよ。

そんなに心配しなくてもいい。

ペストだってスペイン風邪だって人類を滅亡させることはできなかった。

ワクチン特効薬が開発されるまでに全世界で数百万人がコロナ死ぬかもしれない。

それでも世界人口の0.1%程度だ。

経済が落ち込もうともエンタメが壊滅しようとも大多数は死なないでコロナ後を生きる。

自粛できる人はセルフ自粛して生き延びるし、自粛できない人(我慢できない人を含む)も重症化しなければ生き延びることができる。

ブラジル大統領みたいなノーガード戦法は困るけど。

2020-07-27

今年はどこもいけなさそう

政府マスメディア必死gotoトラベルやいつぞやのマイナンバーの時みたいに材料にして、一般個人にはメリットのない追跡アプリを無理に普及させようとしているのを報道を見ていても判る事だけど、どう考えても旅行はおろか帰省すら見合わせている人が多いのは事実だろうし、特に岩手の件を見ているとそれこそ地方からすれば恐怖でしかないだろうと思う。

今や感染者の多い東京埼玉等の周辺や大阪福岡等の大都市圏人間はまるでペスト媒介するネズミマラリア媒介する蚊の様な扱いなのは色々見ていても判る事だしね(苦笑)

実際数字を見ればそう言う反応もされるのは当然だろうけど。

しかマスクだとか距離だとか追跡アプリだとかPCRとか引き合いに出してでも無理に旅行させようと煽るマスメディアマスメディアだなと思う。

何にしてもgotoトラベル旅行業界とか自身にとっても完全に失策しかないのは事実

2020-07-24

女って小学生くらいのときからうつるうつる」てなんでもペスト並みに怖がるの得意だよな。

のび太君みたいなやつがクラスにいるとそいつが触ったもの触ると「うつる」と言い出して、

大人になっても狂牛病電磁波コロナになんでも「うつる」「うつる」と騒ぐ。

原始時代から知能が進化してないのかこいつらは

2020-07-21

『この投稿コロナ関係がある疑いがあります

体験記憶

’90年代のはじめ頃、オカルト分野に興味を持っていた私は、ある新興宗教団体主催する(オカルト的な)催しに参加した。

その催しは、参加者運勢を占ってくれるという類のもので、(新宿駅西口に机を並べていたような)占い師みたいな人が適当に占ってくれたのかというとそうではなく、ガチムチ能力者っぽい人たち(50〜70歳くらい)が現れ、私のリーディングをして、「あなたは2021年の7月頃に死ぬ」そして、「同じ時期に沢山の人が死ぬ」と言い、後者について、とても不思議に感じているという意味のことを私に話した。

それを聞いた当時の私は、『ノストラダムスの大予言』に強い興味を持っていたので、ミレニアム(1999年から2000年)の時期に全然関係のない話で、しかも、2021年という当時の自分にとっては遠い未来についての予言でもあり、とてもがっかりしたことを憶えている。

なお、その能力者の人々には社会常識もあり、会場にいた若い女信者が私を宗教施設に案内しようとしたのに対して、私が未成年だという理由で、そのまま家に帰してくれた(当時はカルト宗教団体詐欺商法に対する知識が欠落していたので、オウム真理教でなくて本当に良かったと思う)。

分析解釈

上記体験についてはすっかり忘れていたが、今年、コロナ問題生活に影響するようになってきて、マスクを買ったりコロナ効果があるという既存薬について調べるようになって、ふと、この件を思い出した。

当時の(宗教団体の)能力者の人々は、沢山の人々に対して(アカシックレコードの様な感じの)リーディングを行ない、何かを探っていたのだと思う。

どうしてこの件を思い出したのかというと、現在的な知識解釈すると、「2021年の7月ごろに私が死亡する」「同じ時期に沢山の人が死ぬ」という30年近く前の予言は、コロナの今後を占う上での材料になりうるからだ。

もっとも、それは「曖昧記憶の上に築き上げられる真偽不明もの」であり「私が個人的に感じている事柄」に過ぎない。それが前提条件だ。

率直に、その材料を元にコロナの今後を予想すると、「来年コロナ問題終結せずに日本蔓延(第2波)し、しかも、強毒化する」と解釈することが出来る。

私は地方政令都市ベッドタウンに住んでいるので、私が感染して死ぬという仮定だと、東京大阪あたりの感染爆発では収まらず、地方都市にも蔓延するというストーリーになる。

だが、実際には来年コロナ蔓延など起こらず、普通にオリンピックが開催されて、私もこれを書いたことをすっかり忘れていて、レスリング柔道試合に熱中している可能性もある。

しかし、また、私を含む多くの日本人は、もしかしたら、「ある種の思考停止に陥っている」のではないかな、とも感じる。

どういうことかと言うと、現状として、世界中で1400万人、アメリカで376万人、ブラジルで209万人、インド107万人がコロナ感染していて、未だに感染者の急激な増加が続いている。

そして、フランスにおける致死率は17.4パーセントイタリアが14.4パーセントでもある。

日本では感染者2万4642人、致死率4.3パーセント、死者1001人。

私もそうなんですが、海外における惨状を、どこか「対岸の火事」だと感じ、自分とは関係のないことだとタカをくくっていはしないでしょうか。少なくとも、私自身はそう。

最近も、豪雨災害がありましたが、自分自身が被災していれば別ですが、そうでない以上、被災者本人の精神的・物質的な痛みに鈍感になってしまい勝ちなのです。

そう、「今年のイタリアフランスアメリカが、来年日本」になる、コロナ問題は「対岸の火事」だとでも感じていたところが「此岸火事」になる可能性がある。

太陽活動の低下とコロナ蔓延

ところで、発展途上国では浄水施設が整っていないので、ペットボトルに入れた水を6時間太陽光に曝してから飲用することが推奨されている。

これは、太陽光に曝すことにより、水に含まれている細菌(のかなりの程度)が殺菌・消毒されるからだ。

また、朝、日光毎日浴びることが健康につながることは常識になりつつある(体内でビタミンDが生成される)。

ところが、その日光の源である太陽活動低下が科学的に確認されている。

※A Decade of Sun(YouTube)

https://www.youtube.com/watch?v=l3QQQu7QLoM

太陽活動が低下すると、スベンスマルク効果火山活動が活発になり、地震が多発し、雲が多くなり、農作物が不作になります経済活動が低下する。

直近では、1645年から1715年のマウンダー極小期太陽活動が低下していますが、ルーベンスブリューゲルが『嬰児虐殺』を描いた飢饉の時期(暗黒の中世)にあたる。

なお、スベンスマルク効果太陽活動の低下については、(国内では)神奈川大学学長桜井邦朋氏が研究されている。

※眠りにつく太陽――地球寒冷化する(祥伝社新書215) (amazon

https://www.amazon.co.jp/dp/4396112157/

太陽活動減退で「ミニ氷河期」が2020年から2050年にかけて到来する可能性(GIGAZINE

https://gigazine.net/news/20180217-global-warming-solar-cooling/

※あと5〜10年で地球は極寒に? 最新の太陽研究予測WIRED

https://wired.jp/2015/07/14/mini-ice-age-earth-sunspots/

太陽活動の低下、地球への影響は?(AFPBB

https://www.afpbb.com/articles/-/3004321

この太陽活動の低下により、日光による地表に対する浄化・殺菌作用が低下している、また、個々人の浴びる日光の力が弱まることにより、健康改善作用が低下している可能性は高いと感じる。

また、そのことが巡り巡って、人間免疫力が低下するなどして、コロナウィルス蔓延につながっている可能性も「なくはない」。

ちなみに、マウンダー極小期前後の時期と、(主にヨーロッパで)ペスト蔓延した時期は重複している。

【おわりに】

冒頭の体験は、過去体験記憶に基づいて記したのみであり、私自身が、来年自分死ぬということを予言宣言しているわけではありません(だから来年、再来年頃、私が普通に生活していても怒らないでくださいね。ちなみに、全く収入が無くなっても2〜3年生活する分くらいの蓄えはあります)。

コロナ終結して、東京オリンピックが無事に開催され、街なかに活気が満ち溢れるようになり、この国が繁栄していくことを願っています

また、現代社会ディストピア化し、死亡イベントが多くの人間にとって「生地獄と化した現世から解放」だと感じられるようになる、そのような未来現実化するような事態は避けなければならないでしょう。

コロナに対する上で何かのヒントになる、少しでも役に立てば幸いです。

2020-07-11

陰毛と脇毛のツルツル生活2ヶ月目(27歳男性

ニュートンケンブリッジ大学ペスト休校中に万有引力法則発見したそうです。

私もなにか有意義なことがしたいと思い、陰毛と脇毛を全部剃ることにしました。

初回

風呂場に眉用ハサミ・5枚刃ひげ剃り・お風呂用鏡・ビニール袋を持ち込みます

伸び放題の毛をハサミでカットして捨てた後、ひげ剃りでツルツルにします。

ヘソとチンチンの間の三角州陰毛カットします。石鹸で泡立てると毛が捨てやすいです。

次にタマ毛をカットします。金玉ブヨブヨしていて怖いので慎重になります

私の眉用ハサミは先端に串がセットされているので、肌を巻き込みづらいのが嬉しいです。

陰毛が濃いヒゲぐらいの長さになったら、ひげ剃りを当てます

金玉左手で引っ張りながらひげ剃りを当てます。チンチンの裏筋のあたりはハサミだけで済ませます完璧を目指さないのがポイント

終わると陰毛のないチンチンとのご対面です。小学校ぶりの再会でちょっと感動モノですよ。

ケツ毛も剃ります

お尻の正面に吸盤付きのお風呂用鏡をセットしてM字に開脚しましょう。毛がボウボウに生えているので、頑張って剃るぞ!という気になります

お尻の谷間の毛をハサミでカットするのは難しいので、ここではひげ剃りだけを使います

肛門の回りを慎重に剃ります。毛が長いのですぐにひげ剃りが詰まります。こまめに毛を捨てましょう。

最後に脇です。

片手をバンザイしたあと、肘を折って手のひらを肩甲骨に置きますそれから、肘が後ろに引っ張られるように脇を開きます。これが脇剃りの姿勢

左手で右脇を剃るときが緊張しますね。

継続

ハサミが必要になる前に処理するのがポイントです。

(詳しくありませんが、女性の産毛処理と同じだと思います

だいたい1〜2週間に1度剃ります

風呂場に持ち込むのがひげ剃りだけでいいし、剃った毛を排水口にそのまま流せるので楽です。

やってみて

メリット
  • 部屋がキレイになった(縮れ毛が落ちていることが劇的に減った)
  • トイレ(大)が早くなった(ケツ毛がないのでお尻を正確に早く拭ける)
  • チンチンと皮の間に陰毛が巻き込まれなくなった
  • 水着になったときに毛がはみ出るのを気にしなくて良くなった
デメリット


以上、ぜひ試してみてください。

2020-07-10

まれ怪人8号

ジャンプラの怪獣8号読んだ

登場人物

日々野カフカ

元ネタは「変身」の作者のカフカのことだろう。毒虫ペスト

亜白ミナ

a4637???名前元ネタありそうだけど分からん

市川レノ

GODZILLAに出てたジャンレノ元ネタ

なんで8号やねん

2020-07-06

anond:20200706054526

なんか世界で起こることみたいに勘違いしてるみたいだけど、あなたが言ってるようなことは全て日本人性格の悪さに起因してるだけだよ?

日本特有の病「ジャッペスト」とかいいんじゃない?

2020-06-06

コロナウイルス感染拡大をチー牛のせいにするだろうな

コロナウイルス流行は、いずれペスト流行関東大震災のようになるだろう。

ゴールデンウィークとき自粛警察社会問題になったけど、いずれ竹槍を持つような人が出てくると思う。

そして、チー牛はその竹槍で刺されるようになる。

チー牛って不潔感が強いよね。その不潔感がコロナウイルス感染拡大と結び付けられてしまう。

コロナウイルス感染拡大をチー牛のせいだと発言する政治家官僚経済界の人たちが出てくるだろうな。自分の無策から目をそらすためにチー牛をスケープゴートにする。

記者会見ワイドショー発言力のある人がチー牛のイラストが載ったパネルを出して「こういう顔はコロナウイルスを撒き散らす顔です」と言ったらどうなるのだろう。

安倍晋三首相はともかく、小池百合子都知事吉村洋文府知事がやればキモくない人の100%が信じるだろう。イメージ戦略の上手い人だから

私は外見に自身がないか普通の人が怖い。これから日本人民度は貧しくなるにつれて下がっていく。そして、凄惨リンチ日常的になる。女に相手にされない陰キャ男はリンチの格好の標的だ。陰キャ男を社会から追放することは男らしくて英雄的な行動という認識が大半の日本人の間で共有される。

最近アメリカ黒人白人警官に押さえつけられて死亡した事件が起きたけど、日本でも似たような事件が起きている。四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件について調べてみよう。日本社会は、女性彼女ができるキモくない男は白人のように特権を持ち、チー牛みたいな女性に忌み嫌われる非モテ男は黒人のように凄惨リンチを受ける社会だと認識してほしい。

https://anond.hatelabo.jp/20200605114324

2020-05-29

行動変容の摂理

“増税でなく景気回復による税収増を” 麻生副総理兼財務相 | NHKニュース

西欧システムしろ自然環境しろ

かに自分適応させるのは得意でも

自然もつ理不尽さ、体制の不合理さに抵抗して

新しい世界提案し、システムを構想するのは苦手。

ここに、この社会の特徴がある。

西欧社会は、なにがなんでも特定ウイルスターゲットにしたワクチン開発だという発想。

本庶先生がこないだNHKBSのテレビで討論していたときに、

ああ、ものすごい日本人的な発想だと思うような発言をしてなるほど~と思ったのは

根本的な抵抗力をつけていく、そういうワクチンの考え方もありうると。

討論会では一蹴されて誰からフィードバックがなかったけれどね。

東京都ファックス感染者数カウント間違うとか、

オンライン申請、結局中の人が手作業なので、挫折とか

日本はICT20年遅れているのを痛感する日々だったが、

根底にあるのは、不条理発見して対処方法を考えようとする姿勢が欠けているんだと思う。

カミュ小説ペストで描かれる、あの圧倒的な【不合理に抵抗する我々】の感覚。ああいうのは日本には全然ない。

日本ロックダウンに踏み切れないのは、法制度だけの問題じゃなくて、

そもそも抵抗する気がないという動機づけが大きい。

自然災害とも疫病とも摂理として付き合ってゆくしかないというところで落ち着く。我慢強さもそこからまれる。

疫病とハザード、似た言葉でも全然違うんだろう。

2020-05-19

anond:20200517090046

なんも変わらんだろ

ペストみたいにバタバタ倒れるわけでもないし

エボラみたいに吐血してのたうち回る感じでもないかインパクトがなくて

風邪みたいなものという麻生コメントみたいなのも信じてる国民が多い

2020-05-14

anond:20200514120545

アフターペストもあったし、アフター911やアフター311もあるぞえ

2020-05-11

消化器から感染する新型コロナウイルスって、じゃあ店員妖精だったらパック寿司もアウトじゃん。

人類平均寿命織田信長時代並みに50年に戻るのでは

過去の人類も本当は平均寿命が80くらいが当たり前の時代があったのではなかろうか

医学進歩でこれ以上は遺伝子操作しないと難しいといわれていた時にペストがあったから騒ぎになったんだろう

2020-05-10

ブクマカ「これからウィズコロナ時代」←なんで?

これからは人々の移動はめったになくなる、テレワークが主流になる、ってブクマカが一斉に言い出してるけど、なんで?

ペストエイズもあったけど、今は収束して海外にめちゃ行けな時代になっていたのに、コロナだとなんで収束してもコロナ的な状況がつづくわけ?

コロナ収束しても元に戻らない理由って何があるの?

ブクマカはこの矛盾をどう説明するのかな。

2020-05-08

anond:20200508115216

靴を脱ぐ習慣が~とも言われてたし、生活習慣は大きいな。ペストアルコール消毒の習慣があったポーランドでは被害が少なかったそうだし。

手洗いは強化していくべきやね。日本人には受け入れられやすいし。

2020-05-02

ドヤ顔でこれ書き込んでたアホ出てこいよwww

anond:20140621172602

欧州人人間性が個々人レベル成熟しているのは、以下の3つの災厄を経験たから。

14世紀ペストの大流行人口3分の1を一気に失った

商工業が既にそれなりに発達していたので人手不足が深刻になり、労働者酷使する経営者のもとに人が集まらなくなった

奴隷酷使する農場から奴隷がよりましな労働環境を求めて逃亡し、奴隷制度が終焉した

17世紀キリスト教信仰方法を巡る大戦争をして国土が荒廃した

気象条件の悪化も重なり飢餓が頻発し、人手不足さら悪化。せっかくの遠洋航海から得られた利益をムダに。

相手主義主張尊重して殺し合いになることを防ぐことを学んだ。

ただし、相手キリスト教であることが大前提

20世紀の二度の世界大戦

たとえ相手キリスト教徒でなくても、相手主義主張尊重しないとヤバイことを学んだ。

相手過去責任苛烈に追求しすぎると、ブチ切れられてトンでもない反撃をくらうことがあることを学んだ。

日本人東アジア人が個人レベルで同じように振る舞えるようになるには、まだまだ災厄の経験が足りない。日本韓国はさしあたって来るべき少子化で「擬似ペスト」による人手不足経験するけど、それでもってブラック労働環境払拭できるかどうかが試金石だね。

めいろまdisるだけで日本スゴイ!と思ってるヤツには、理解できない理屈のようだが。

Reiwa 0368

今日は令和368日目。

前の記録から50日ほど経った。

NHK Eテレの、「100分で名著・ペスト」の回を見ながら、これを書いている。

Reiwa 00001から始めた飲酒レコーディングは、ずっと続けている。

少しマンネリ気味だったのだが、この自粛で外に出られず、毎晩の飲みに逃げつつあるのか、2本で済ませていたのが3本目に手をかけることが出てきた。

良くない兆候だと思う。

月 / 月間飲酒量 (ℓ) / 休肝日

1905 / 23.3 / 3

1906 / 18.3 / 3

1907 / 20.3 / 3

1908 / 21.1 / 1

1909 / 20.9 / 0

1910 / 18.2 / 5

1911 / 20.3 / 1

1912 / 19.4 / 5

2001 / 20.1 / 4

2002 / 21.1 / 1

2003 / 22.0 / 0

2004 / 19.9 / 2

グラフにしてみるとよく分かったが、月間量は18L強を下限にして、山形状になっている。

休肝日の方は、0〜5日の間、あまり傾向は見えない。

まずは月間15Lを目標にしてみようか。

15リットルで1日700ml(2本)とすれば、9日間飲めないことになる。

2日飲んで1日休み、だと、丁度15L弱。

とりあえずまずやってみるず。

2020-04-30

昭和天皇戦争犯罪人」か、について

@nabeteru1Q78

昭和天皇は、自分の命と地位が惜しくて、沖縄戦原爆投下ソ連参戦を招いた戦争犯罪人だし、本当に国民申し訳ないと思ってたら、最高の戦争指導者として責任を取る手もあった。マッカーサーに対して命をかけて国民を守ったなどというのは虚偽であり、とんでもない。

時々こうして凄いことをさらっと言っちゃう人がいるんだけど、

まず生まれついて自分地位を選べなかった立場の人に「命と地位を投げ出して国民を守れ」と臆面なく言えるのは差別主義者以外の何物でもないし、

あそこで聖断が出来たのだからもっと早く出来たはずだとか、近衛上奏文一つで沖縄戦/ 原爆投下/ソ連参戦の責任を問うとか、そんな薄っぺら歴史観に囚われてしまうのは、nabeteru氏もまた大貫俊夫氏の言う「一つの出来事によって歴史の大きな流れを一括りにとらえたいという欲求」の奴隷からだ。(中世ペストに関する3つの誤解 https://bit.ly/3d77mff

昭和天皇実録、および山田朗氏による実録批判宮中祭祀から昭和天皇実態に迫った原武史氏の著作など、多面的昭和天皇の生涯を追えば、そんな言葉は出て来ようがない。

昭和天皇が単なるお飾りに過ぎないとか過度な平和主義であるとのイメージが誤りであることと、昭和天皇戦争犯罪人に値することがイコールであるかに述べることは欺瞞的だ。

実際は、nabeteru氏は山田朗氏の著作すら読んでいないのではないか。読めば分かるが、山田氏は天皇戦争犯罪人だなどという主張は1ミリもしていない。

山田氏はむしろ、当時の日本においては複雑な戦争遂行するだけのシステム存在しなかった、権限責任も縦割り分散型で、全てを統括しているかに見える天皇存在も建前で、むしろシステム阻害要因ですらあったと述べている。山田氏の実録批判とは、そのようなものだ(山本七平の「日本にはミリタリズムが存在しなかった」にも通ずるものがある)。

原武史氏の著作は、戦争への不安皇太后への恐れから、それまで宮中改革に熱心ですらあった昭和天皇宮中祭祀すなわちカルト的な神がかりに没頭してゆき、虚実の区別すら怪しくなりリアルポリティクスからの逃避をはかり、またそこから立ち直る様を描いている。天皇存在や言行に大きく宮中祭祀が影響することを描いている点で、現在天皇制をも批判の射程に含むユニーク観点だが、天皇が守ろうとしたのが「自分の命や地位」などではなかったことは明らかだ。

いずれにせよ、何がnabeteru氏のような人を誤らせていくかというと、歴史に対する問いが「昭和天皇戦争犯罪人であるか否か」に終始するからで、歴史はそのような問いに答えを出すための道具ではない。

2020-04-27

ねずみ大群出没 飲食店休業で餌不足か 北九州 新型コロナ影響

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200427/amp/k10012406951000.html?utm_int=news_contents_news-main_006&__twitter_impression=true

中国では更に強力な「ハンタウイルス」が流行っているという話しがあったけど、あれネズミ媒介にしてるみたいだね。

COVID-19→人間自粛→エサがない→ネズミ餌を求めて街へ→ネズミコロナ感染→体内で強力進化→→→ペスト2.0

ありえる

2020-04-24

日本人=毎回ノーガード戦法で自滅する民族?🤔

コロナ後の世界 - 内田樹研究室 http://blog.tatsuru.com/2020/04/22_1114.html

 

■「独裁か、民主主義か」という歴史的分岐点

コロナ以前」と「コロナ以後」では世界政治体制経済体制は別のものになるでしょう。

 

最も危惧しているのは、新型コロナウイルス民主主義を殺すかもしれない」ということです。

こういう危機に際しては民主国家よりも独裁国家の方が適切に対処できるのではないか・・・と人々が思い始めるリスクがある。

 

今回は中国都市閉鎖や「一夜城」的な病院建設医療資源の集中という、民主国家ではまず実施できない政策を強権的に下して、結果的感染抑制成功しました。

中国他国支援に乗り出した。どの国も喉から手が出るほど欲しがっているもの国内で潤沢に生産できる。このアドバンテージを利用して、習近平医療支援する側に回った。

 

今後、コロナ禍が終息して、危機を総括する段階になったところで、「米中の明暗を分けたのは政治システムの違いではないか」という議論が出て来るはずです。

少なくとも現時点では、アメリカンデモクラシーよりも、中国独裁制の方が成功しているように見える。

欧州日本でも、コロナに懲りて、「民主制制限すべきだ」と言い出す人が必ず出てきます

 

中国はすでに顔認証システムなど網羅的な国民監視システムを開発して、これをアフリカシンガポール中南米独裁国家に輸出しています

そういう抑圧的な統治機構に親近感を感じる人は自民党にもいますから、彼らは遠からず「中国に学べ」と言い始めるでしょう。

 

 

■なぜ安倍政権には危機管理能力がなかったのか

東アジアでは、ほぼ同時に、中国台湾韓国日本の4か国がコロナ問題に取り組みました。

中国はほぼ感染を抑え込みました。

台湾韓国は初動の動きが鮮やかで、すでにピークアウトしました。

その中で、日本けが感染が広まる前の段階で中国韓国ヨーロッパ情報が入っているというアドバンテージがありながら、検査体制治療体制も整備しないで、無為のうちに二カ月を空費した。

準備の時間的余裕がありながら、それをまったく活用しないまま感染拡大を迎えてしまった。

 

―― なぜ日本は失敗したのですか。

 

内田 為政者無能だったということに尽きます

これだけ危機的状況にあるなかで、安倍首相官僚の書いた作文を読み上げることしかできない。

ドイツメルケル首相イギリスボリス・ジョンソン首相ニューヨークアンドリュー・クオモ州知事まこと説得力のあるメッセージを発信しました。

それには比すべくもない。

 

一つには、東京オリンピックを予定通り開催したいという願望に取り憑かれていたからです。

そのために「日本では感染は広がっていない。防疫体制完璧で、すべてはアンダーコントロールだ」と言い続ける必要があった。

から検査もしなかったし、感染拡大に備えた医療資源の確保も病床の増設もしなかった。

最悪の事態に備えてしまうと最悪の事態を招待するかも知れないから、何もしないことによって最悪の事態の到来を防ごうとしたのです。

これは日本人に固有な民族誌的奇習です。

気持ちはわからないでもありませんが、そういう呪術的な思考をする人間近代国家危機管理に当るべきではない。

 

「準備したが使用しなかった資源」のことを経済学ではスラック(余裕、遊び)」と呼びます

スラックのあるシステム危機耐性が強い。スラックのないシステムは弱い。

 

東京五輪については「予定通りに開催される準備」と「五輪が中止されるほどのパンデミックに備えた防疫対策の準備」の二つを同時並行的に行うというのが常識的リスクヘッジです。

五輪準備と防疫体制のいずれかが「スラック」になる。でも、どちらに転んでも対応できた。

しかし、安倍政権は「五輪開催」の一点張りに賭けた。それを誰も止めなかった。

それは今の日本政治家や官僚の中にリスクヘッジというアイディア理解している人間ほとんどいないということです。

久しく費用対効果だとか「ジャストインタイム」だとか「在庫ゼロ」だとかいうことばかり言ってきたせいで、「危機に備えるためには、スラックが要る」ということの意味がもう理解できなくなった。

感染症の場合、専門的な医療器具や病床は、パンデミックが起きないときにはほとんど使い道がありません。

から、「医療資源効率的活用」とか「病床稼働率の向上」とかいうことを医療の最優先課題だと思っている政治家や役人感染症用の医療準備を無駄だと思って、カットします。

そして、何年かに一度パンデミックが起きて、ばたばた人が死ぬのを見て、「どうして備えがないんだ?」とびっくりする。

 

 

コロナ危機中産階級が没落する

―― 日本が失敗したからこそ、独裁化の流れが生まれてくる。どういうことですか。

 

われわれに出来るのは、これからその失敗をどう総括し、どこを補正するかということです。

本来なら「愚かな為政者を選んだせいで失敗した。これからもっと賢い為政者を選びましょう」という簡単な話です。でも、そうはゆかない。

 

コロナ終息後、自民党は「憲法のせいで必要施策が実行できなかった」と総括すると思います。必ずそうします。

コロナ対応に失敗したのは、国民基本的人権配慮し過ぎたせいだ」と言って、自分たちの失敗の責任憲法瑕疵転嫁しようとする。

右派論壇からは、改憲して非常事態条項を新設せよとか、教育制度を変えて滅私奉公愛国精神を涵養せよとか言い出す連中が湧いて出て来るでしょう。

 

コロナ後には「すべて憲法のせい」「民主制は非効率だ」という言説が必ず湧き出てきます

これとどう立ち向かうか、それがコロナ後の最優先課題だと思います

心あるメディアは今こそ民主主義を守り、言論の自由を守るための論陣を張るべきだと思います

 

―― 安倍政権コロナ対策だけでなく、国民生活を守る経済政策にも失敗しています

 

内田 コロナ禍がもたらした最大の社会的影響中間層の没落」が決定づけられたということでしょう。

民主主義の土台になるのは「分厚い中産階級です。

しかし、新自由主義的な経済政策によって、世界的に階級二極化が進み、中産階級がどんどん痩せ細って、貧困化している。

 

ささやかながら自立した資本家であった市民たちが、労働以外に売るものを持たない無産階級に没落する。

このままゆくと、日本社会は「一握りの富裕層」と「圧倒的多数貧困層」に二極化する。

それは亡国のシナリオです。

 

―― 中産階級が没落して民主主義形骸化してしまったら、日本政治はどういうものになるのですか。

 

内田 階層二極化が進行すれば、さら後進国すると思います

ネポティズム縁故主義がはびこり、わずかな国富を少数の支配階層排他的に独占するという、これまで開発独裁国や、後進国しか見られなかったような政体になるだろうと思います

森友問題加計問題桜を見る会などの露骨ネポティズム事例を見ると、これは安倍政権本質だと思います

独裁者とその一族権力国富を独占し、そのおこぼれに与ろうとする人々がそのまわりに群がる。

そういう近代以前への退行が日本ではすでに始まっている。

 

 

民主主義遂行する「大人」であれ!

―― 今後、日本でも強権的な国家への誘惑が強まるかもしれませんが、それは亡国への道だという事実を肝に銘じなければならない。

 

内田 確かに短期的なスパンで見れば、中国のような独裁国家のほうが効率的運営されているように見えます民主主義合意形成時間がかかるし、作業効率が悪い。

でも、長期的には民主的国家のほうがよいものなんです。

 

それは、民主主義は、市民の相当数が「成熟した市民」、つまり大人」でなければ機能しないシステムからです。

少なくとも市民の7%くらいが「大人」でないと、民主主義システムは回らない。一定数の「大人」がいないと動かないという民主主義脆弱性が裏から見ると民主主義遂行的な強みなんです。

 

民主主義市民たちに成熟を促します。王政貴族政はそうではありません。少数の為政者が賢ければ、残りの国民はどれほど愚鈍でも未熟でも構わない。

国民が全員「子ども」でも、独裁者ひとりが賢者であれば、国は適切に統治できる。むしろ独裁制では集団成員が「子どもである方がうまく機能する。

から独裁制は成員たちの市民成熟求めない。「何も考えないでいい」と甘やかす。

その結果、自分もの考える力のない、使い物にならない国民ばかりになって、国力が衰微、国運が尽きる。

その点、民主主義国民に対して「注文が多い」システムなんです。でも、そのおかげで復元力の強い、創造的な政体ができる。

 

民主主義が生き延びるために、やることは簡単と言えば簡単なんです。システムとしてはもう出来上がっているんですから

後は「大人」の頭数を増やすことだけです。やることはそれだけです。

 

―― カミュは有名な小説ペスト』のなかで、最終的に「ペスト他人に移さな紳士」の存在希望見出しています。ここに、いま私たちが何をなすべきかのヒントがあると思います

 

内田 『ペスト』では、猛威を振るうペストに対して、市民たち有志が保健隊組織します。

これはナチズム抵抗したレジスタンス比喩とされています

いま私たち新型コロナウイルスという「ペスト」に対抗しながら、同時に独裁化という「ペスト」にも対抗しなければならない。

その意味で、『ペスト』は現在日本危機的状況を寓話的に描いたものとして読むこともできます

  

ペスト』の中で最も印象的な登場人物の一人は、下級役人グランです。それがカミュにとっての理想的市民としての「紳士」だったんだろうと思います

紳士」にヒロイズムは要りません。過剰に意気込んだり、使命感に緊張したりすると、気長に戦い続けることができませんから日常生活を穏やかに過ごしながらでなければ、持続した戦いを続けることはできない。

コロナ以後」の日本民主主義を守るためには、私たち一人ひとりが「大人」に、でき得るならば「紳士」にならなけらばならない。私はそう思います

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん