「富田林市」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 富田林市とは

2018-11-14

不審な女事案2件

子ども被害情報など(牛久市南4丁目)

https://www.gaccom.jp/safety/detail-293832

不審者に注意!】

●昨日午後2時頃、牛久市南4丁目37番地12所在公園において、遊んでいた女子児童女に脚を触られる事案が発生しました。

不審者は、

年齢:50歳くらい

上衣:赤と青のチェック柄の服

下衣ズボン

頭髪:黒髪、肩位までの長さ

です。

子ども被害情報など(富田林市藤沢台5丁目)

https://www.gaccom.jp/safety/detail-293920

 11月14日15時55分頃、富田林市藤沢台5丁目付近において、帰宅途中の小学生女児が、不審女性から「家まで付いて行ってあげようか、住所と名前は」等と声を掛けられる事案が発生しました。

 不審者は年齢50歳位の1名。身長150センチ位、小太りで、肩までの長さの黒髪、黒っぽい上衣サングラスマスクを着用。

 不審人物を見かければ、すぐに110番通報して下さい。

不審な女…………いったい何がしたいのかわからない点では不審な男と変わりないな。

2018-05-31

河内独立運動

河内とは東大阪市枚方市寝屋川市富田林市など大阪西部の旧河内国を指す。

生駒山脈に近く、大和文化の影響が色濃く残る。

フリー河内の掛け声とともに独立運動デモが行われたが、北河内枚方寝屋川)と南河内東大阪富田林)の距離感から失敗に終わった

2014-05-01

毎週のように神社が燃やされて、文化財中国オークションに流れる

日本の文化財の盗難状況、氷山の一角

こんな短期間に日本の寺社が焼かれている。そして本堂から仏像などが消えている。消失した形で


2013年01月04日 京都市 愛染院敷地住宅から出火、住職が死亡

2013年01月06日 福井県美浜町 西誓寺本堂が全焼、仏像を抱きながら住職が焼死

2013年01月13日 富山県魚津市 火の宮神社社殿が全焼

2013年01月23日 和歌山市 普門寺の本堂全焼

2013年01月26日 福島県白川市 天神神社本殿などが全焼

2013年02月11日 東京都八王子市 千代田稲荷大明神拝殿が全焼

2013年03月07日 神奈川県座間市 栗原神社神楽殿・民家2棟が全焼 米国籍15歳少年放火

2013年04月01日 福島県飯舘村 山津見神社が全焼、一人の遺体発見

2013年04月10日 熊本県玉名郡 片峯菅原神社本殿・物置が全焼

2013年04月10日 東京都高尾市 千代田稲荷大明神拝殿全焼 賽銭箱が空で逆上し放火逮捕

2013年05月01日 東京都三鷹市 井の頭公園内の親之井稲荷神社から出火 放火の疑い

2013年05月15日 長野市 八幡神社 拝殿神殿が全焼

2013年06月08日 新潟県魚沼市 四日町諏訪神社本殿 全焼 雷が原因か

2013年06月08日 大阪府富田林市 正受寺と前住職住宅が全焼

2013年07月07日 愛知県安城市 法蔵寺の一部が燃える

2013年07月22日 岩手県盛岡市 瀧源寺の本堂全焼、しだれカツラの葉が熱で変色

2013年08月02日  〃      〃  2度目の出火

2013年08月10日 愛媛県松山市 宝厳寺が全焼、国指定重要文化財木造一遍上人立像」が不明

2013年09月11日 茨城県ひたちなか市 湫尾神社本殿拝殿 全焼

2013年09月14日 茨城県ひたちなか市 金砂神社本殿拝殿 全焼


社会重要文化財が100点以上不明 いつの間にか中国オークションにかけられていたケースも 文化庁緊急調査

http://sankei.jp.msn.com/life/news/131102/edc13110207580000-n1.htm


韓国人観光客の間で神社に火を当てながら撮る記念写真が大流行日本旅行者の3人に2人は ”経験ある”

http://livedoor.4.blogimg.jp/amosaic/imgs/5/8/58282b1e-s.jpg

2012-09-16

南河内青年団に思うこと

私は昔から大阪府富田林市という所に住んでいる。

この地方では岸和田だんじりとは違う通称カラオケだんじりと呼ばれる祭りが行われている。

http://www.youtube.com/watch?v=dOxcuDHOxFg

市内のだんじりは町・村ごとに1台ずつ持っていて9月になると各町の青年団10月の本曵きに向けて準備を始める。

伝統ある祭りを毎年続けるのはいいことだと思うが、だんじりを曳いている青年団達があまりおかしいと思うので、全くだんじりを知らない人からするとどう思うのか教えていただきたい。

これが田舎青年団だ!

大体青年団中学二・三年生、高校生になると先輩から勧誘される。

9月になると毎晩のように寄り合いを行い準備や掛け声、鳴り物太鼓や鐘)などの練習を行う。

10時頃になると常識ある青年団だと鳴り物はやめるが、夜中まで騒ぐ。

解散したと思ったら中高生が音を大きくいじった原付で帰りだす。 ノーヘルニケツは普通、稀に3人乗りもする。

未成年関係なく酒・タバコはあたりまえ。

花代

町・村の各家庭が花代寄付)を行うがそれだけでは足りず別の地区の家庭にまで花代タカリに行く。

常識ない町の青年団は市の内外いろんな家庭・店に花代タカリに行く。

花代の用途は青年団寄り合い時のメシ代や祭り当日の酒代に充てられる。

祭り当日

青年団の髪は金髪や赤髪緑髪なんでもあり。パンチパーマやいろんな髪型でキメる。

警察道路の使用許可はとっているから問題ないが、車が来ても道を専有したまま渋滞を引き起こす。

夜中までスピーカーを使って曳き歌()を熱唱

中高生飲酒していても何も言わない警察


声が大きい人たちにかき消されるが、市内にはだんじりが嫌いな人たちも少なからずいる。

が、苦情を言うと「だんじりが嫌いなら引っ越せばいい」と言われるそうだ。


ここまで書いてだが私は祭りだんじりが好きだった。

村中が協力しだんじりを曳くことで村全体がひとつになっていた。

だが、行う側がこんな祭りを本当に続ける意味はあるのだろうか?

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん