「子供はわかってあげない」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 子供はわかってあげないとは

2018-10-14

いいのが沢山あります

さんさん録

ぴっぴら帳

リトルフォレスト

プリンセスメゾン

町田くんの世界

うたかたダイアログ(それ町石黒先生が推薦のオビを書いてる。ちょっとギャグそれ町っぽい)

春と盆暗

ちいさこべえ 

A子さんの恋人

1518

子供はわかってあげない(舞台現代だが、登場人物の1人にMr.マリック的なファンタジーが含まれるが目をつむってほしい)

違国日記

ちひろさん

我らコンタティ(舞台現代ロケット飛ばす話。これも目をつむってほしい)

はるちん

バカ姉弟

月曜日友達(舞台現代以下略)

どれか一冊でも元増田が気に入りますように。

anond:20181013233433

2017-08-07

[]河合克敏とめはねっ!」再読

2回め。

こころ本棚入りだなこれも

じーんとくるおもしろ

キャラがたってるしストーリーもそれなりにある

おびぎゅ、モンキーターンよりもこっちが好きだな

おびぎゅモンキーターンキャラ単体なら好きのレベルは上だったりするけどトータルだとこっちって感じ

百合としてもそうじゃなくても面白い

いろいろ想像が広がる

文化部ってこういうもんなんだよなあと改めて思った

大学音楽系のサークル入ったけど毎日同じ曲の同じ場所ばっか練習するのに飽きてやめちゃったんだよな

書道も同じ文字ばっか書くのは自分だと飽きちゃいそうだなあ

キャラみんなかわいいよ

これでこころ本棚は、

千と万

子供はわかってあげない

とめはねっ!

の3つになったわけか

しか子供はわかってあげないタイトル意味不明だと思ってたけど元ネタあったんだな

大人は判ってくれない』(おとなはわかってくれない、Les Quatre Cents Coups)は、1959年フランス映画

っての。

これへのアンサー的なタイトルだったのか

今更発見してしまった

2016-08-03

[]田島列島子供はわかってあげない」再読

やっぱり好きだわこのマンガ

石黒正数しか田島列島しかり、ツボに入る独特のギャグセンスがたまらなく好き

間も好きだし、話も好き

絵柄も好き

全部好き

でも興奮した犬がしっぽ振りまくって飼い主の顔をなめまくる感じの好きではなくて、

泣いたり気落ちしている飼い主にそっと寄り添う飼い猫の感じの好き

2016-03-20

[]田島列島子供はわかってあげない

水泳部女子書道部の男子ボーイミーツガールとちょこっとミステリ

絵柄とか間とかセンスとか、つばな道満晴明石黒正数好きな人間ならたぶん好きになる作風

個人的にはギャグセンスがすごく好きだった

恋愛部分の描写が薄い気がしたけど、まあこんなもんなのかな・・

実際人を好きになるのなんて、大した理由動機付けなんていらないんだろうな・・・

面白いけど自分のことを顧みるとどうしようもなくムカつしてしまタイプ恋愛描写だった

ただ「兄貴」の存在というかキャラ設定意味があまりなかった

最初のびっくりだけでそれ以降とくに大きな意味を持つこともなく

たぶん時間がたったときに、ふと読み返したくなるタイプ漫画だわこれは

んで、面白かったってことは、心に静かにしまっておきたい

他人にぎゃーぎゃーと面白さを喧伝するような漫画でもない

密かに心の本棚に入れておくタイプ漫画

タイトル意味はよくわかんなかった

2015-10-06

anond:20151002192729

おすすめ

作家別】

今日マチ子

中村明日美子

市川春子

白井弓子、

内田美奈子BOOM TOWN、サーキットワンダラーズ)、

植芝理一ディスコミュニケーション謎の彼女X)、

河合克敏帯ギュモンキーターン、とめはねっ)、

鶴田謙二(おもいでエマノンが挙がってたけど、Spirit of Wonderとかも好き)、

kashmir

諸星大二郎殿堂入りでも可)、

杉浦日向子殿堂入りでも可)、

竹本泉殿堂入りでも可)、

作品別】

ファイブスター物語永野護)、

それ町石黒正数)、

ガンスリンガーガール相田裕)、

真月譚月姫佐々木少年)、

苺ましまろばらスィー)、

リューシカ・リューシカ安倍吉俊)、

宙のまにまに柏原麻実)、

煩悩寺秋★枝)、

Q.E.D.加藤元浩)、

Landreaallおがきちか)、

子供はわかってあげない田島列島)、

レスト夫人三島芳治)、

彼女カーブウラモトユウコ)、

からかい上手の高木さん山本崇一朗

G戦場ヘヴンズドア日本橋ヨヲコ少女ファイトと重複)、

サトラレ佐藤マコト)、

以上。

思ったほど挙がらなかった。やってみるとけっこうたいへんな作業だな。

追記:

ざっと見た感じ、高河ゆんが入ってなさそうかしら。

2014-12-26

最近面白かったマンガ

年末マンガ総括エントリが花盛りですが、ちんまりといくつかの作品について。

田島列島"子供はわかってあげない(上)(下)"


あちこちで取り上げられており「いまさら増田で取り上げられても。。」って感じだと思うけど、先日本屋に行ったら平積みされていて、上巻が減っているのに下巻が減っていないのを見てちょっと取り上げようかと。

上下巻ともテイスト統一されているものの、後半にぐっと来るシーンが寄っているので上巻だけ買って下巻は読んでない人は読んだ方が良いよ。って話。そんだけ。


野田彩子"わたしの宇宙(1)(2)"


マンガ登場人物自分たち世界マンガだと気が付くというメタマンガ。なんだけど、その設定にこだわって何か新しいことにトライするといったことはなく、作品におけるツールぐらいの扱い。

で、なにをおすすめしたいって、絵。典型的ガイジン美少女顔のヒロインアリスセーラー服姿を堪能するマンガ。これは間違ってるかもしれないけど、作者もそういう意図で描いてるような気がした。黒アリス(ヒロインと同じ顔の別キャラ)が登場した時点で、「ああ。アリスの画を楽しむマンガなんだな。」と思った。主人公の男兄弟も同じ顔で別な髪形をしており、男が好きな人も(彼らの顔が好きなら)めちゃめちゃ楽しめる。

個人的に「やっぱりマンガは絵が良くないとね。」と思ってる。ストーリーが良くても絵が気持ち悪いと読むのが辛い。絵のうまさにはいろいろな種類というか文脈があるので、誰がうまくて誰がへたとか断定するのはアレだけど、この人の絵は楽しめた。お試しとかで「この人うまいなあ」と思った人は迷わず買いで良いかと。


ねむようこ"逃げても逃げても"


午前3時のインパクトが強すぎたねむようこだけど、これは久々に良かった。女性マンガ家日常モノ。1巻で終わり。

サキちゃん(主人公)が銭湯出会う押しの強い親切おばさんが良かった。他人に対して一方的に親切する人で、一歩間違うとうざいおせっかいキャライライラさせられるんだけど、ここで描かれるおばさんにはそれがなくてジーンとさせられた。

この手のキャラバランスって難しいので失敗してるケースも多いけど、個人的には「オープン他者にやや強引に踏み込んで行く親切キャラ」は結構好きなんだよね。彼ら/彼女らは現代社会ファンタジー


道満晴明"ニッケルデオン(青)"


それこそ今更な鉄板作品だけど。相変わらエグいエログロ設定をサラサラした手触りで描いていて、気分のいい絵と相まっていろんな角度/深さで刺さって読んでてやられまくる。

気に入った話は一つ目魔女の話。一つ目の魔女自分コレクションに興味を持って訪れた人に対して、やたらオープンで屈託が無く無駄に気前が良い。そのすがすがしいキャラになんだかやられた。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん