「今日から俺は」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 今日から俺はとは

2021-06-08

anond:20210608014722

湘南純愛組!は原作1994年 - 1997年アマプラで改めてドラマ化「今日から俺は!」ヒットの影響も??)

続編GTOが1997-2002らしい。



ドラマGTOは1998年

反町隆史

松嶋菜々子結婚するきっか



相棒活躍する反町隆史代表作(ビーチボーイズ)と並ぶ

として語られることが多い

2012にEXILEAKIRAリメイクもしてるよね

2021-03-21

anond:20210321174112

どういうことだってばよ

ドラゴンボール死ぬけど死なないぞ

 

売り上げだけの話をするなら

美味しんぼ ← 死なない

スラムダンク ← 死なない

らんま1/2 ← 死なない

今日から俺は!! ← 死なない

2021-02-22

追記ありサンデーマンガほとんど読んだことがない。

週刊少年サンデーマンガほとんど読むことなくこの年まで生きてきてしまった。

あだち充先生漫画はほぼコンプリートしているが、他は殆ど読んでいない。

(高橋留美子先生短編マンガを少々読んだ事があるくらい)

おすすめ少年サンデー系のマンガがあったら教えてほしい。

追記

感謝しかありません。

皆様、こんな中年つぶやきにたくさん温かい回答をくださってありがとう。みなさん優しい~。

ブコメトラバ全てじっくり読みました。

ブコメで「こち亀を全巻よんだジャンプ初心者のようなものか」ってあって吹きました。

まさにそのとおり。

何人かの方が教えてくださった「サンデーうぇぶり」をさっそくダウンロードしました。

さっそくオススメしてくださった数が一番多かった「葬送のフリーレン」を読みたいと思います

あと無料で色々読めるようですので楽しみです。

うしおととら

金色ガッシュ

ARMS

機動警察パトレイバー

からくりサーカス

結界師

帯をギュッとね

神のみぞ知るセカイ

今日から俺は

め組の大吾

ガンバ! Fly high

オススメしてくださった方多かったのでここから読み始めたいと思います

そのあとブコメトラバを見ながらまたおすすめしてもらったのを読むつもり。

ブコメトラバに上がってた作品知らないの多くてビビった。本当に。

さすがに「うしおととら」や「今日から俺は!」「パトレイバー」は作品名は知ってたけど読んでなかったなぁ。

最後わたしおすすめするサンデー作品は、あだち充先生「ラフ」です。

教えていただきありがとうございました~!!

2021-01-23

とある映画館スタッフが今更ながらこの一年を振り返ってみたんだけど

結論から言うと、映画館は閉めて補助金くれ。 これに尽きる。

去年の一月から二月は平常運転だった。

ただ、パラサイトが大ヒットしてミッドサマーが予想外に大ヒットしている間、ニュース流れる感染話題に若干の不安も感じつつあった。

三月になる頃には、子供向けの映画が延期になり始めた。しまじろうアンパンマンクレしんドラえもんそしてコナンなどが次々と延期になっていった。閉めなくていいのかな?映画館内にそんな空気が漂い始めていた。

三月上旬マスクは7割ぐらいのスタッフが着用。中旬ぐらいからは着用が義務づけられたがしかし、既に市場から消えていたので消毒液もマスク支給されず、ティッシュを中敷きに同じマスクを使い続けることに。

三月下旬から都市部映画館が週末休館に。都会は大変だねーと愚痴りあう余裕はまだあった。

四月、ついに都市部緊急事態宣言が。映画館も終日休館となり、地方映画館は流す映画がなく旧作でご機嫌をうかがう日々。レイトショーもこの頃やめたんだったかな。

ミニシアター危機が叫ばれていて、映画館スタッフであるとともにいち映画ファンである私はクラウフドファウンディングお金を投下し続けた。ちなみにとある映画館は全国規模のやつなので資金は潤沢と言われていた。マジかよ。じゃあもっと金くれよ。

四月中旬、全国の映画館が一斉休業に。仕事ゼロになった。保障があるとかないとかニュースで流れていたけど、まだ決まってないか有給を消化するんならしてくれと人事から言われた。正直、休館になったことは仕方ないぐらいの感覚だったし、保障さえされるのなら出たくなかった。とにかく金だ。金さえ貰えれば。ミニシアターの援助してる場合じゃないのかも…と思い始めた。

五月中旬緊急事態宣言が解除され、多くの映画館営業が再開。感染予防策がえぐい座席の間隔や検温やマスク着用はいいけど、毎回のアルコール消毒にポップコーン提供時の専用手袋配布などほんとにここまで出来るのかな?と思う程の徹底ぶり。マスクしてないお客さんが来たらどうするのか?配るマスクは用意できるのか?不安は尽きない。

六月、全ての映画館が再開。長きに渡る感染予防対策の幕開けである。上映する映画が圧倒的に少ない為、寅さんマーベル作品など旧作と新作(とはいえ休館前に上映していた作品)が半々。お客さんはまだまばら。時短営業間引き販売と弱い作品群で売り上げは侘しいものに。経費と売り上げで言ったら経費の方がかかっているのでは?

六月末、ここで映画館救世主ジブリ投下。これはマジですごかった。ゲドを除くすべてのジブリに人が押し寄せ、ポップコーンも売れたしやっと売り上げが上向き始めた感覚

それと同時にこの辺りから本格的なお客さんトラブルが起こり始める。

マスクをつけないのはポップコーン食べる以上しょうがない部分もあるけど、とにかく座席の間隔を空けてくれないのだ。

感染予防で一席一席に張り付けていった”この席には座らないでください”の紙なんて丸っきり無視。平気で剥がしたり上から座ってグチャグチャにする。注意しても無視家族なんだからいいだろ?と怒られる。そして食べながら会話する。必死注意喚起しても聞いてくれない徒労感。

注意以外の作業スタッフの心と体をジワジワ蝕む。こまめな清掃がマジでキツイ。手すりを拭きまくりドリンクホルダーを拭きまくりトイレを拭きまくり… 手袋はしているものの、手は荒れマスクで酸欠状態に。マスクの上からフェイスシールドつけてた時期もあったな… あれはいけない。息ができないんだ。お客さんの声も聞こえないし、撤廃になってよかった。

七月、今日から俺は!が始まり客層がさら悪化。全く注意を聞いてくれない。もともとあった、スマホ使用や会話などの映画館マナー破りに加えての感染予防対策無視攻撃

大ヒットしたら普段映画館に来ない人たちが来る、それは当然だけど同じように当然のごとくマナーの悪い人たちが増えるという現実

普段から映画館に来ているお客さん(マナーに厳しい)とそうでないお客さん(マナー無視)との板挟みになるのはいだってスタッフ。そうなんだ。

スマホの光でいら立つ気持ちはわかる。べちゃくちゃ喋られて気分が悪いのもわかる。けど、矢面に立たされて謝罪するしかないスタッフ気持ちちょっとだけでいいか想像してみて欲しい。我々はいつも注意してる。気付く範囲で注意してる。何もしてない訳じゃないんだ。それだけはわかって欲しい。あいつがくっついて座ってる、あいつがマスクを外して見てる、わかった、わかったから全てコントロールするのは不可能だと仮定してくれ。あと、そこまで不安だったら映画館に来ないでくれ。

八月、ジブリ今日俺ショックも収まりドラえもんは予想を下回る客足。毎年地獄のようになるお盆興業が初めてお盆興業でなかった夏。感染者は出ていたけど、今思えば全然控えめな数字だった。あの頃間引き販売で今の数千人規模で全席販売っていうのもおかしもんじゃいか


九月、伊勢谷友介さん逮捕とんかつDJはどうするんだよ…!


同九月、待ちに待った洋画の大作が公開。待ってたテネットありがとうノーラン草なぎさんのミッドナイトスワンも期待以上の集客だった。そしてこの二作品は客層がいい!

もともと、オタク気質の強い人が多いアニメ作品は、ポップコーンやグッズの売り上げも良いしマナーもきちんと守ってくれる(絶対一席づつ空けてくれる)のでありがたい限りなのだが、この辺りの作品もみなさん協力的で嬉しかった。

そして十月。鬼滅だった。鬼滅一色だった。コロナなどなかったように、映画館に人が押し寄せた。同時にマナーの悪い人たちも帰ってきた。むしろ大幅アップした。

公開にあたり、厚労省から映画館感染リスクが低いか飲食オッケー”とのお墨付きが出てスタッフは色めき立ったが、別のどこぞの省が待ったをかけた為とある映画館間引き販売をやめてドリンクのみ販売に切り替え。ただし、フードの販売禁止ではなく持ち帰りのみ可という建前で販売したせいで現場は大混乱。

まず、先日まで間引いていた席を全席開放したことに怒る常連客の発生。映画館に来た上で「どうして間隔空けないの!危ないじゃないの!」って理不尽過ぎないか

そして、先日まで飲食可だったスクリーン内でドリンクしか飲めないことに怒るお客さん。飛沫感染防止の為なので…と言っても聞いてくれない。勿論部屋に入ったら食べ始める。ポップコーンを?いや、持参したおやつを。

持ち帰り分だと言って購入したポップコーンを場内に持ち込み、上映が始まったらこっそり食べ始めるお客さんも続出。そうまでして食べたいかポップコーンを。注意したらさっと隠してスタッフが離れたらまた食べ始める。いたちごっこである

十一月、鬼滅は引き続き大ヒット。週末は全席販売ドリンクのみ可、平日は間引き販売でフード類可という変則的ルールのせいで混乱を極める現場スクリーン内でポップコーン食べてるお客さんを見つけて「コラー!」って注意したら平日だったなんていう悲劇も聞こえてきた。マスクはすっかり定着し、稀に見かけるしてないお客さんもマスクを渡せば極めて協力的な態度。

十二月、ついに全席販売下での飲食も解禁。十二月後半、鬼滅がさらブーストをかけるべく4DX、MX4Dまでも上映開始。アクキーと新たな入場者特典効果でまたもや映画館は満杯に。

感染は着実に増えていたのに、信じられないほどのお客さんでごった返すスクリーン。周囲ではコロナ感染や濃厚接触情報が飛び交っていたが、鬼滅で2500万密状態だった映画館ではクラスタが発生していなかったのでどこか現実味がない。そして増え続ける感染者。

現在一月中旬、鬼滅の熱狂も落ち着き、銀魂は初週の鬼滅ブーストのみでその後の動員は凪状態緊急事態宣言は出されたがレイトショー含む少しの時短のみで通常営業。再び洋邦画の大作が延期され始め、やっとヤバめな空気映画館にも漂い始めた。

映画館は換気が徹底されているし消毒も頻繁に行っているし、なにより会話が少ないか感染リスクが低い。

しかにその通りかもしれない。

でも、現場スタッフ懐疑的だ。だって絶対来てるから。無症状の感染者、症状あるけど来ちゃってる感染者、絶対いるから。

入り口で検温やってるけど、正直あの機械まり当てにならないから。測るたびに違う温度出るし。

ゴホゴホせき込むお客さんが来るとする。どうすると思います?注意する?帰ってもらう?言えないんですよ。様子見です。さすがに一時間咳っぱなしだったら一回出てもらいますけど、それだって注意に行ける通路寄りの席なら可能だけど奥の方に座られてたら行けないですし。

クラスタは発生していないかもしれないけど、把握出来てないだけなんじゃないかと思う。

から、お客さんも落ち着いてて新作も軒並み延期になりつつある今、映画館は思い切って閉めたらどうかな。そして国は補助金を出してくれ。とある映画館のような資本金の多い会社はいいから、ミニシアターには補助金を出してくれ。そして安心して休業させてくれ。空気だけで圧かけて自粛させないでくれ。正直映画館はもうギリギリだ。(他の業種もだろうけど)

今書いた一年間がもう一度繰り返されるかもしれないと思っただけで窒息しそう。

いつかコロナが落ち着いて、洋画の大作も世界中の人たちが安心してみられるようになった時、肝心の映画館が息していないんじゃあ意味がないじゃないか

金をくれ。そして映画館を閉めてくれ。明日の為に閉めてくれ。

2021-01-18

俺は何者かになる。

今日から俺は人生変える。昨日までの俺とは違う。まず、TOHOシネマにプペル見に行くよ。そしてオンラインサロンに入る。

2021-01-04

今日から俺は

仕事始めなんだけど、憂鬱

あの「あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願いします!!」って建前の挨拶がすっっっごく嫌い。実際丸一年よろしくするかどうかなんて分からんじゃん。

普通におはようございますだけで済めばいいんだけど。

2020-12-10

鬼滅の刃特許発明における新規性のおはなし

(一部ネタバレを含みますので鬼滅の刃を全巻読んでない人はご注意ください)

特許発明における新規性とは?

特許発明」という言葉を聞いて、これまで世界になかった人類にとって役立つ発明

認識している人もいるかもしれません。

そもそも特許とは、新しいものであること(新規性)、容易に考え出すことができないこと(進歩性)を

成立要件としています

  

それでは新規性はいったい何でしょうか?

文献や学会発表テレビインターネットなど、公に情報を開示されたことが過去にある内容を、

特許世界では「公知である」と表現します。

そして特許における新規性とは「公知ではない」ことを指します。

  

では公知である2つの要素を組み合わせたとき、それは新規性と呼ぶのでしょうか。

  

例えば「CDプレイヤー」という製品が公知であったとします。さらに「ラジオ」という製品

カセットレコーダープレイヤー」という製品があったとしましょう。

  

貴方がこれらを組み合わせてCDラジオカセットも聞けて、カセットには録音まで付いた

CDラジカセ」を発明したとします。

  

さて「CDラジカセ」は新規性があるでしょうか?

  

…もし「CDラジカセ」という概念説明している「単一情報源」が特許出願した時点でこの世に存在していないなら、

特許世界では新規性はあると判断されます

  

既存のものを全部乗せしただけにも関わらず、特許の成立要件の一つは認められてしまうのです…

  

漫画における新規性

さて、話を漫画世界に持っていきましょう。

わたし漫画においても上記に述べた新規性概念通用すると思っています

  

今まさに大流行している「鬼滅の刃」ですが、部分的類似した要素を持つ漫画を挙げることができます

(挙げた作品オリジナルだ、という主張ではありません)

  

鬼によって妹以外家族が全員殺され、鬼への復讐を誓う

巨人によって家族全員が殺され、巨人への復讐を誓う(進撃の巨人

  

妹が鬼になってしまい、鬼から人間に戻すため兄妹で旅立つ

→弟が鋼の鎧になって肉体を失い、肉体を取り戻すため兄弟で旅立つ(鋼の錬金術師

  

列車移動中に敵の固有能力攻撃を受けるも危機脱出して走る列車で敵を撃破

列車移動中に敵の固有能力攻撃を受けるも危機脱出して走る列車で敵を撃破ジョジョ5部)

  

「始まりの呼吸の剣士」縁壱の記憶が炭治郎に流れ込み物語の始まりを知り強くなる

→「最初の『しろがね』」白銀記憶が勝に流れ込み物語の始まりを知り強くなる(からくりサーカス)

  

鬼殺隊→護廷十三隊、柱→護廷十三隊隊長BLEACH) 

  

他、思いつく限り挙げていけばキリがありません。

  

こういった過去漫画でも使用された「おいしい」部分を組み合わせたことは、

今の鬼滅の刃のヒットに大きく寄与していると考えています

  

しかし、これをもって「鬼滅の刃は〇〇のパクリ」などと安易罵倒することは果たして正しいのでしょうか?

  

公知のものを組み合わせる価値

特許の話に戻ると、もう一つ重要な成立要件として「容易に考え出すことができないこと」、

まり進歩性が必要と述べました。

  

既存のものを組み合わせることは「容易に考え出すことができないこと」でしょうか?

  

先述のCDラジカセを例にとりましょう。

CDラジカセ進歩性を「CDラジオカセットも聞けて、カセットは録音もできる」という主張だけでは

進歩性を認められるのは難しいかもしれません。

CDラジカセ発明したことで新しい価値が生み出されていないと成立しないのです。

 

それではCDラジカセ進歩性をどう主張すればよいのか?

 

あくまで例えばですが「これまではレンタルで聞いて返してただけのCDから好きな音楽カセット

高音質で移せるようになった」と主張すれば、それは新しい価値と呼べるのではないでしょうか。

  

CDラジカセは内的にCD部分とカセットの録音部分が接続されており、

スピーカー越しの録音や別機器同士を有線接続する必要がないのです。

これは即ち、良い音質での手間のかからないダビングを可能します。

  

単純に別々に機器を持っているだけでは達成されない効用が得られるということになります

  

漫画進歩

再び漫画の話に戻ると、これはあらゆる名作漫画において近いことが

言えるのではないでしょうか。

  

鬼滅の刃と同じくジャンプに連載されていたSLAM DUNKは、

言わずと知れたバスケット漫画金字塔です。

  

しかし、SLAM DUNKですら、初期の頃はバスケットボールの部分が受けなかった時に備えて、

ヤンキー漫画コメディ漫画の要素を積極的に取り入れていたように思えます

この部分はSLAM DUNKより2年前に連載が始まった「今日から俺は!」と類似した要素を持っていました。

  

主人公 桜木花道春子さんに一目ぼれし彼女に振り向いてもらうため、という不純な動機バスケットを始めます

最初は余裕をブッコいていた花道ですが、バスケの難しさ・楽しさを徐々に知っていき、

不真面目で不純だった花道が真のバスケットマンへと成長していく姿に心打たれた人も多いでしょう。

  

それに呼応して、作風も初期のヤンキーコメディタッチから終盤のバスケットボールで真摯に戦う漫画へと

変化していく様子が見て取れると思います

  

SLAM DUNK進歩性とは、ヤンキーコメディ要素を組み合わせ、それを徐々に薄まらせていったことが、

結果的花道の成長とシンクロした、という主張をしてもいいのではないでしょうか。

  

鬼滅の刃主人公性格価値観などが大きく読者に受け入れられた作品だと思うのですが、

作品との類似要素が主人公を形作るために大きく貢献したからこそ、現在の大ヒットにつながっているのかな、と思いました。

2020-10-02

anond:20201001164714

「1回」が途中で切れてたので別にした

1回しか出てない方が熱が入ってる紹介も多くて、個人的には気になる漫画が多い

2020-09-30

沢山コメントもらえてありがたいです。

定義曖昧すぎる

おっしゃる通り。

読んでて「ひぇ〜〜ここにだけは巻き込まれたくね〜〜」と思うような人間関係が出てくる漫画のことを言ってましたね。

コミュニティ内でゴチャゴチャやっている話。だからバトル漫画は私の定義からは明確に違います

挙げてもらったものだと半沢直樹とか沈まぬ太陽とか白い巨塔高村薫合田三部作はひぇ〜ですね。サラリーマン小説だとよくありますね。

島耕作とかのサラリーマン漫画は読んだことないけど同じ感じなのかな?

ちなみに今日から俺は!!は大好きで全巻持ってます。全くひぇ〜感はないけど(殴り合いはひぇ〜だけど)考えてみるとたしかにあれもマウンティングか。

福満しげゆきとか増田とか

福満しげゆきさんの漫画は好きで結構読んでます

でもネチネチめんどくさい変わった人だと思って読んでた。南海キャンディーズ山ちゃんとかも、面白いけどめんどくさい人だねって。

あとこのトラバとか、ブコメにも似たようなこと書いてあるけど。

増田やってて男同士に陰湿さがないと思ってんの目が腐ってんのかな

しかにですわ。なんか勝手例外的人達だと思ってた。

男でも女でもネチネチめんどくさい人とは関わり合いになりたくないと思っているけど、女だとよくいる人、男だと変わった人だと思っている自分に気が付いた。ジェンダーバイアス

読んでみようと思ったもの

そもそも女向けでもドロドロひぇ〜を読むの嫌なのに男向けだったら読むのかって言うと、読まないよなぁ…

でもせっかくなので読んで(見て)みようと思ったもの自分意図してたものと違うだろうものを含む)

へうげもの

金融腐食列島

神々の山嶺小説

シグルイ無料だそうなのですぐ読みます

銀行渉外担当 竹中治夫

セレベス織田信長

・アメドラのSUITS

神聖喜劇小説

宮本から君へ

愛しのアイリーン

ありがとうございました。

2020-07-10

今日から俺は

クソつまんなかった

滑り散らしてる

2020-03-23

漫画今日から俺はロリヒモ!』が1巻無料だったので感想

1巻まで読んだ時点でストーリーは虚無of虚無で「一般紙で読めるへんりいだ先生漫画であること以外に特に価値はない漫画なんですが、一般紙で読めるへんりいだ先生漫画なので100点です

2020-03-06

そう言えば、合気道使いで雑魚っている?

今日から俺は!」ってヤンキーマンガに出てきた道場の娘も、確か合気道っぽい技使うけど雑魚ではない。

ツマヌダ格闘街」にでてきたエリザ雑魚ではない。

「イチ」(殺し屋イチの前日譚)に出てきた合気道使いも、性格ゴミだけど強い。

「しなこい」に出てきた合気道使いもまぁまぁ強キャラ

喧嘩稼業」の芝原も末期ガンのクセに強い。

「バキ」はもう つよぉぉぉい!説明不要!! だろ。

強いて言うなら「どるから」でリエの弟の悪友が合気道使うクセに噛ませだったかな?空手の有段者の腕をひねりあげる技術はあったけど。

合気道使うキャラ雑魚とか噛ませって少なすぎる。ボクサー空手柔道はけっこう噛ませになるよな?

合気道創作界隈の癒着を許すな。

2019-12-12

漫画アニメ修学旅行回が好き

漫画アニメ修学旅行エピソードが大好き

SFミステリーやバトルもの恋愛ものもっとゆったりした日常ものとか

コメディかいろんな漫画があるけどどんな漫画でも修学旅行エピソードはすごく楽しい

サスペンスフルだったりなにか緊迫したテーマを描いてるものの中では久々に取り戻された日常という描写になるし

とりとめもないささやか日常を描いてる漫画の中ではそんな日々の中にちょっと特別な事が訪れた、みたいな描写になってそのどっちも楽しい

たいてい何話か連続した回になるのでその「いつまでも楽しいものを読んでいられる感じ」もすごく好もしいって気がする

80~90年代漫画が大好きでもう10数年くらいあれこれ掘り返したり紹介してもらったりして読んでるんだけど、とりわけこの年代修学旅行回は楽しい

自分たちの頃とずいぶん違うなあって感想もあるけれどそれよりもなんだか描かれ方に現代よりよけいに特別感があってがちゃがちゃ賑やかな感じなのがいい

松苗あけみ「純情クレイジーフルーツ九州)」はそのがちゃがちゃした感じの代表格みたいな感じで

修学旅行の準備段階から念入りに微細に描かれている 当時の女子高は荷物検査なんて事前にあったんだ!?みたいなところとか

その持ち物にキャラクター性格如実に出るような描写とか飛行機に乗るのが初めての子時代的に多いとか見どころが多すぎて楽しすぎる

90年代ではないが津田雅美彼氏彼女の事情京都)」でも事前の準備段階にかなり紙幅が割かれていて

その細かさとやっぱり買い物の仕方とかにキャラクター性格が出るところがすごく楽しい

目的地に着いてからもそれぞれに見たいところが違っていてその行動の様子を画面を分割してそれぞれ描いて最後に合流する、

その際の人物の組み合わせが好みや突発的な事情から普段学校でのシーンと違ってシャッフルされている、など遊び心とか工夫があって非日常のわくわく感がよく描かれてる

またそのシーンが以降の展開へのフックになってたり伏線にもなってたりしてサービス精神長編漫画を読む楽しみの両方に溢れてる

お定まりナンパシーンだの喧嘩シーンだのもちょっとあってこのお約束感も修学旅行回ならではだなと思って楽しい(「今日から俺は!」もこんな感じでよかった)

少女漫画というか女性作家さんの場合では、この「旅行前のわくわく」を想起させるあれこれについてとても細かく描かれていることが多いと感じる

究極超人あ~る大和路)」の修学旅行エピソードもがちゃがちゃしてて楽しくてすごくいい 

普段と同じ色んなキャラクターが入り乱れて普段と違う場所であれこれするのを見るのはなんて楽しいんだ!って何度読んでも思う

バスガイドさんがとても幅を利かせているのもすごくよくて、というか80~90年代修学旅行回のバスガイドさんの存在特別さというのはすごい

あ~るはまたちょっと違う特別さだけど)

ぼくの地球を守って京都)」ではキャラクター達にとってものすごく重要なことが起こることの特別感もあって絵もめちゃくちゃ丁寧でいい

お土産屋さんのシーンや桜を使った演出が美しくて透明感があってぐっとくる このあたりの絵が一番好きだから余計にいいなと思う

修学旅行エピソードのよさは長編だけに限らなくて1巻・二巻完結のような短編オムニバス漫画でも印象に残る

星野架名「妖の教室北九州)」は怪談風のちょっと不思議な話でおかしな事怖い事が出発前、行く先々のスポット、帰りの新幹線の中に至るまで

それぞれの場所らしい演出の中で次々と起こり続けてラストにはちょっとどんでん返しもありかつ主人公たちの淡い恋愛模様についても触れるミステリアスな一編

同作者の「カンパネルラはふりむかない」は架空修学旅行先「歌国(おそらく山口県岩国)」から

東京への帰りの新幹線の中に閉じ込められたままこの世ならぬ予期せぬ旅をさせられる修学旅行生と教師たちに起こる怪異青春の一編

吉野朔実記憶技法」は実際には主人公修学旅行に行かないのだけれど、主人公にとって大事ものを守るためのものを獲得するためだけの大切な旅として描かれる

(この物語そもそも「旅」がかなり重要な芯として他にも旅のシーンが出てくるのだが、それを成立させるためのディテールに舌を巻く)

彼氏彼女の~」は違うけれど、携帯が普及してない当時ならではの描写もありそういうものを読むのもとても楽しい 移動手段の変遷も同じく


アニメではやっぱり「けいおん!!」の修学旅行回(京都)が最高の最高の最高によくて寝る前とかよく流しながら寝落ちする

いつどのシーンを見てもにこにこしてしまおかしみとか楽しみとかに溢れててもう移動のシーンから楽しいっていうか

行きと帰りのあのシーンの呼応がもうあ~~好き~~ってなっちゃうしお菓子食べすぎてごはん入らないとか

ちょっとした言葉で笑いに火がついて何してももおかしくて暗い中でクスクス声がずっと聞こえてていつまでも眠らない感じとか

めちゃくちゃはしゃぐ人とそれに苦労する人とかお土産選びとかとにかく描写のこまかいことこまかいこと人物の動きからなにから

全部がそのまんまの日常なんだけどこの子たちにとってやっぱり特別なんだよね~ってなるあの感じがもう好きで好きで…かわいくて大好き

けいおん劇場版もだからものすごく大好きであれは卒業旅行なんだけど全編が旅行っていう特別ものエピソード

出かける前からの描き方ももう本当に細かくてあるあるですっごいかわいくて飛行機のシーンも大好きアフタヌーンティー断られるとことか

有名人ごっことか靴擦れのエピソードとか(おろしたての靴ってわくわく感こもってる!)お部屋の扉コントとか

みんな楽器持ってくるよね~むぎちゃんはむぎちゃんらしい方法でそれ解決するよね~のとことかも大好きっていうかもう全部好きで全く書ききれない

「旅の中にいるいつものの子たち」がたくさん見られるの丸ごと最高の映画だな~って思って何度見てもたまらない

そんな感じでだから本当は修学旅行だけじゃなくて広義の旅のシーンがすごく好きなんだろうなって思う

最近漫画でも「きのう何食べた?」の京都旅行回とか「聖☆おにいさん」の近所への短い旅行回とかも楽しくてよかった

古い漫画だと坂田靖子マーガレットとご主人の底抜け珍道中」、正確には旅ではないが佐々木倫子「ぺパミントスパイ」の

架空都市ヨーロッパ人日本的生活をしている佐々木倫子独特の世界)への移動を伴うエピソードはとても楽しい

学校舞台にしていれば描かれてもいいのに学年等の問題で描かれなかった修学旅行想像することもある

漫画あたしンち」では父母はよく旅行するがみかんユズ学校での旅行エピソードはなかったので、あったらどうだっただろう、とよく思う

(なおアニメ映画版ではみかん修学旅行がメインの作品がある)

エッセイ漫画旅行回とかもいいけど現実をそのまま作品の中に描写するよりも創作の中の世界キャラに起こる出来事として

もう一段落とし込む感じで描写されたときその旅にまつわるエッセンスもっと濃く抽出されるような気がする

どれもに共通するのは作者の方がしっかり綿密な取材を現地でしているんだろうということがわかるとこで

その細かさとか作者が現地で見たり聞いたり食べたりしていいな~って思ったところが

なんとなく画面やエピソードに出ていてそれがしっかり伝わるのもまたなんだか特別感があっていいのだなあ、としみじみ思う

好みでやっぱり少女漫画方面に偏っちゃうけどもっといろんな方面作品修学旅行回が見たい

人のおすすめ修学旅行回がめちゃくちゃ知りたいしたくさん読みたい 修学旅行回は本当に楽しい

2019-06-30

ふと『今日から俺は』を読み返して思ったこ

日本人感性というか倫理観変わりすぎじゃね?

劇中で三橋はやたら女生徒から嫌われている

相棒伊藤正義漢)はもとより舎弟たちでさえもしばしば三橋ドン引きしている

だが現代あん少年がいたらモテまくりだろ

ケンカが強い上に男前」この他に何が求められるというのだろうか?

金に汚いのもかえってかわいいと思われて女(しばしば年上の)が貢いでくれるだろう

ていうかあの程度ではもはや卑怯でも悪でもない

不良とすら見なされないのではなかろうか?

せいぜいごんだくれのいたずらっこで片付けられるだろう


言い換えるなら軟葉高校の生徒たちはかなり高度な倫理観を備えた立派な子供たちといえる(不良でさえも!)

2019-06-12

anond:20190612091005

今日から俺は!」しか読んでなくてな・・・m(_)m

じゃあ「ヤンキー漫画によくあるフラグ」なんて書くなよ

今日から俺はによくある展開」でいいじゃねーか

2019-03-05

anond:20190305143257

今日から俺は女叩き

って自称し出したら評価するね!

いやでもお前「今日から」じゃねーじゃんって話か

anond:20190305143207

たまには「今日から俺は」の人とか現れないのかな

2019-02-11

anond:20190211020729

・・・・・・

今日から俺は大金持ちだ

みたいな(傍点が振られていた)セリフなかったっけ?

あれ違う漫画だったっけ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん