「ナタリー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ナタリーとは

2022-06-18

anond:20220616182509

ソーシャルブックマークサービスの「ソーシャル」の意味わかってるのか

人がすでに大勢集まっている所に、さらに人が集まっただけの現象だろ

病気でも何でもない事を病気と言い張るレトリック

上辺だの泡だの、お前がマウンティングで満足する為だけの単なる修辞じゃねえか

娯楽映画ニュースネットリテラシーを説くマヌケ

もっと深刻なニュースなら拡散前にソース確認必要だが、

ただの新作映画ニュースではね…

拡散されたナタリー記事が仮に間違っていたとして何か由々しき事態に陥る事を誰も想定しなかったんじゃねえの(普通しねえわな)

2022-06-17

anond:20220616182509

その公式サイトとやら見たけどビックリする程情報いね存在する意味ほとんど無いじゃん。

眺めても情報が1つも増えなくて時間無駄だった。

増田があげたメディアの中で一番情報量あるのナタリーで一番のゴミ公式サイトじゃん。

情報の上辺どころか芯まで吸い切ってるのに何に文句言ってるんだろう。

検索時間をムダにしたのにはてブで済ませたヤツに負けてるのが悔しいだけ?

2022-06-16

情報の上辺にある泡だけで満足する病気

エントリー情報から監督名で期待されていた作品正式に発表された。


別にナタリーけがこの情報を扱っているわけではないのだが、ブックマーク数はナタリー記事に集中している。

ただしナタリー記事内には公式サイトへのリンクは現時点では(後日修正されるかもしれないが)ない。

 

他の情報サイト確認してみたところ、SPICE記事には公式サイトへのリンクがある。

Googleニュースで「山田尚子」と検索すれば見つけることができるのでさほど難しいことではないかと思う。

他にも最初に紹介した記事の中に“アニメ製作会社エイベックス・ピクチャーズクレジットされてます”という情報があるので、情報最上流になると思われるavexサイト確認すれば、リンクはなかったが公式サイトURL記載されていたので、公式サイトを見つけることはさほど難しいことはない。




こういう風に新作のアニメ情報正式に公開されたのならば「公式サイトはあるのかな?」という疑問は浮かばないのだろうか? そして探してみようとは思わないのだろうか?

ただ単に情報の上辺にある泡だけで満足する病気なのだろうか?



……まあ多くの人がスルーしてしまうところで、ふとちょっと立ち止まりネットに溢れている情報の泡を潰して辿り着いた、公式サイトを見つけたと言う満足感だけで書いてみたのだが、実際のところは「情報の上辺に泡だけで満足する病気」というよりは、この手のアニメ漫画系の情報サイトの中で現在では、ナタリー一強状態に近い感じなので、「とりあえずナタリー記事ブクマ」で思考停止で先に進まない病、の方が正解かもしれない。

でも結局は、情報ソースの複数確認による情報の照らし合わせや、情報最上流を確認するなどのネットリテラシーの基本は、はてな一般的ユーザーも疎かになっている証拠なのかしれない。

ナタリー記事ブックマークしているユーザー全員が本当の意味一般的かどうかは分からないが、とりあえず高いネットリテラシーを持ったユーザーとは言えないので、「一般的」と評してみた)

2022-05-29

anond:20220528185127

2位:anond:20061214085342(155users)

有名なオーケン事件2chコピペ

2chコピペだとわかるように書いてある。



2chコピペを真に受ける当時のブコメ

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20061214085342

JASRACっていいとこ一つもないし、JASRACのせいで音楽業界は成長できなくなってるよね。音楽に関わる仕事をしようと思って入社した人たちは今どんな思いなのかな?

まあ、似たような話が沢山あるし、違う話ではリアルタイムにもめているのが話題になったこともあるし、胡散臭さは何故ワイドショーに流れないのか不思議なほど。

そりゃ伝説にもなるなぁ。とんでもねー話や。

金取るだけ取って、アーティストに払っていないって言う話しは田舎にいる私にさえ欲聞く話。突然、何をやったか把握してないのに「演奏したろ金よこせって」電話がきたって前聞いた事あるな。

こ、これは・・・あずまさんのもあれだったが・・・もう!ッファッコン!

大槻ケンヂ自分エッセイ筋少時代の曲(高円寺心中。もちろん本人作詞)の歌詞引用したんだけど製本後いきなりジャスラックが「知的財産権は我々にある。使用料をよこせ」って」なにこのうたうた詐欺

何の根拠もなく言うが、アーティストJASRACを訴えたら勝てるんじゃないだろうか。

やりかねないな



真相

大槻ケンヂがJASRAC「オーケン事件」の真相を語る - 音楽ナタリー

通称オーケン事件”と呼ばれているエピソードについて大槻ケンヂ本人が「都市伝説だと思う」と公式真相を語っている。

これまでJASRACから使用料徴収されたことはなく、この事件についてもネットで初めて知ったとのこと。

2022-04-27

anond:20220426213242

あーナタリーのあれ…たしか

本編を考慮しても、まあ許容範囲と思ったけど、三位一体がだめだったのね

2022-04-26

anond:20220426213041

広告単品だとセーフだけど本編内容とナタリーインタビュー三位一体ダメになった気がする

anond:20220426165524

社会人を元気にするためにって文言と一緒にコミックナタリープレス打たなきゃよかったのにな

2022-04-23

anond:20220421211708

これって、「たわわ広告がアウトである理由」じゃなくて、「ナタリーのあの記事がアウトである理由」になってない?

私もこれは思った(https://anond.hatelabo.jp/20220421134845

日経全面広告という場における、広告問題性を測りたかったんでしょ。

編集部コメント情報に混ぜたら、日経全面広告という「公共性」の問題がブレるじゃん。

2022-04-22

anond:20220421171021

ふだんは、この絵のここがエッチ臭いからダメですって言える人でも、

今回は絵については文句の付け所が無いので、タイトル問題って言ってるんですよ。

たわわ って、 たわわに実る食べ物 のイメージじゃないですか。

女性おっぱいにたわわという表現をすること自体、モノ扱いしてるセクハラなんですね。

あの漫画タイトルが、「月曜日のたわけ」で、

ナタリー新入社員のみなさん、痴漢ダメですよってコメントしてたら、フェミ大絶賛だったと思うよ。

anond:20220421182621

「「月曜日のたわわ」は、月曜日憂鬱社会人に向け、豊満な体型をした女子を中心に描かれるショート作品。」

からこの部分はコミックナタリー勝手に書いた部分だっつってんだろ

編集部日経も作者もなんも関係ねーよ

単なるコミックナタリー感想しかない

本日4月4日単行本4巻が発売された。」

ここもコミックナタリー

なので君の意見は全部破綻してます

はいやり直し

2022-04-21

anond:20220421211708

おもしろい! 性的消費の問題踏み込む勇気を持った人物にようやく出会えた。

私は、あなたが回答した増田ではないが、横増田として疑問の詳細に答えよう。

勿論作品を読んで貰う事が広告目的なんだけど、

普通広告目的作品を読んでもらう)を果たすために「元気を与える」があるのであって、

「元気を与える」ために広告目的作品を読んでもらう)がある訳じゃないよね?本末転倒過ぎない?

ヤンマガ編集広告目的作品を読んでもらう事なのは正しいが、作品を通して元気を与えるのを目的にしていたとしても何らおかしいところはない。「つまりこの広告性的な元気を与えてくれるものなのか!」の部分は不要で、単にエロい! だけで元気になる。わざわざ広告に戻る理由はないんだ。「不安を吹き飛ばし、元気になってもらえるように描かれた、月曜日のたわわを買って読んでもらうために、全面広告を出しました」が、自明で品を欠くとされがちな買って読んでもらうをボカして、省略されているのだと解釈できる。

以降に書いて貰った部分、

「たわわ広告がアウトである理由」じゃなくて、「ナタリーのあの記事がアウトである理由」になってない?

なっている。

基本的な前提の確認だけど、あの広告を見る大部分の人はナタリー記事を知らないし、編集部のあのコメントも知らないよね?

その通り。

でもあなた批判は全体的にナタリー記事編集部のコメント依存したものになってしまっている

なってしまっている。

広告問題無い、しかナタリーのあの記事問題である・・・様に見えるが、こちらは掲載媒体ナタリーなので問題無い」

という結論にもなり得るように思えるけど、どうだろう?

なる。

だとすると、「たわわ広告がアウトである理由」はナタリーのあの記事を知らない状態でもできる批判じゃないといけないよね?

ここに大きな誤解があると思う。

実際多くされている、たわわ広告がアウトであるとする批判は、ナタリーにあの記事を知らない論者によってなされている。にも関わらず、掲載媒体ナタリーから何ら問題ない編集部の告白がなされなければ、それらの批判は起こらなかった。

最初は、露出した編集意図問題視された。togetter まとめ人はナタリーが責められていると誤解なさっていたようだが、本当に責められていたのは編集だ。

普通の受け取り方なら広告の『今週も、素敵な一週間に、なりますように』

って励ましの言葉不安を吹き飛ばして元気になって欲しいんだなと思うでしょ。

https://anond.hatelabo.jp/20220421113116

そのような受け取り方をせず、前述の買って読む事で元気になってほしいのだ、と取った人がそれなりにいた。

それらのツイートtogetter でまとめられ、はてブアンチフェミ怨念を呼び起こし、またツイフェミの目に留まり国連の方から来た人まで動かしてしまった。

前の増田や私が考察しているのは、炎上した理由だ。

でも元増田が考えているのは「たわわ広告がアウトである理由」だ。おそらく、思索を通して広告表現芸術作品一般をセーフにする方法を見つけたいんでしょう。

しかしながら私の考えでは、セーフ・アウトの判定は炎上プロセスと切り離して考えられない。

性加害を受けて敏感になってしまった男性恐怖症の人々。彼女ら守るべく立ち上がった正義燃えるツイフェミ善意のまとめ人も、ヘイトの溜まっていたアンチフェミまで、すべてが炎上の因子となって、まるで多段ロケットのように批判応酬を加速させていった。編集意図を直接見聞きしていなくても、ツイッターが何か騒がしいのは気付きうる。アンケートでわざわざ聞いてきた時点でデリケート問題だなと察しうる。そして、過去炎上事件トラウマも様々な形で、我々みんなの心に爪痕を残している。それが今日炎上に影響するんだ。

その時点、その場の表現の内容だけで答えを決定する、セーフ・アウト判定のアルゴリズム存在し得ないと思う。

anond:20220421182621

詳しく答えてくれてありがとう

納得できる所もありつつ、幾つか疑問点も有ったので書いていく

 

組み合わせであり合わせ技だから、っていうのは分かった

要するに、例えば

 

A=イラスト問題である

B=タイトル問題である

 

としたときに、

 

C=たわわ広告問題である

 

が、「AかつB」とか「AまたはB」が真の時に真である、だからCの真偽はBの真偽に依存するので、Bつまりタイトル言及する必要が有った、って言う事だよね

で、じゃあCはAとBのどのような組み合わせなのか、と考えると、例えば

広告全面黒塗りで右端に「月曜日のたわわ」って書いてある広告」は多分セーフ、という事なので、Aが偽でBが真の時はセーフ(Cは偽)

タイトルが「月曜日のららら」だったらあのイラスト編集部コメント」が多分アウト、という事なので、Aが真でBが偽の時はアウト(Cは真)

この時点で広告問題であるか決める命題Cはどうやら「AかつB」ではないね(Aが真でBが偽の時にアウト(真)なので)

ただ、ここで1つ目の疑問点が有って、今のところ「Aが偽でBが真の時はセーフ(偽)」「Aが真でBが偽の時はアウト(真)」と、Cの真偽はAの真偽そのままになってるんだよね

もし他の象限でも「Aが偽でBが偽の時はセーフ(偽)」「Aが真でBが真の時はアウト(真)」となると、Cの真偽はBの真偽に関係なく完全にAの真偽と一致する事に成ってしま

その場合、Cの真偽を論う時にBの真偽に言及する論理的意味は無くなってしまう、という事を言っていたんだよ

(加えて、Aつまりイラスト修正簡単だけど、Bつまりタイトル修正実質的に無理であるという事情を鑑みても、問題視できるのはAのみになってしまうのでは?という事でもある)

から今の所出してもらった例だと、CはAとBの組み合わせである、と言う主張に成って無いのではないかな?というのが1つ目の疑問

 

次の疑問、

広告にすでに「月曜日のたわわ」とう文字単行本の表紙が載っているので「十分考えられる」というよりは「僅かにその可能性もありうる」程度かと。

ここについては根拠が良く分からない、「月曜日のたわわ」とう文字単行本の表紙が載っている事と、広告を出す側が「(作品の中身は知ってるけど、それはそれとして、この絵単体で)」という意図を持ちうる可能性の高低にどういう関係が有るんだろう?

 

次の疑問、

一瞬見るだけでは気づかなかったものが、よくよく見るとあれ?ダメじゃんということは「十分考えられる」

これはたわわ広告問題点の発動条件に「よくよく見る」を加える、という事で問題いかな?

広告を見た多数の人のうち、「よくよく見る」を実行した人にだけ広告問題点が発動する、という事だとすると、

「よくよく見る」をする人の割合によっては、その問題点が実際に問題であるかどうかの判定にも関わってくるのでは?(つまり、例えば「よくよく見る」人が極端に少ない場合問題点があるとしてもその派生頻度の極端な低さから実質的問題と言えるほどではない、となってしまうようなケースもあるのでは?)

 

次、

編集部コメントはそんなに迂遠してない。

以降に書いて貰った部分、

これって、「たわわ広告がアウトである理由」じゃなくて、「ナタリーのあの記事がアウトである理由」になってない?

基本的な前提の確認だけど、あの広告を見る大部分の人はナタリー記事を知らないし、編集部のあのコメントも知らないよね?

だとすると、「たわわ広告がアウトである理由」はナタリーのあの記事を知らない状態でもできる批判じゃないといけないよね?

でもあなた批判は全体的にナタリー記事編集部コメント依存したものになってしまっている

だとすると、そこから導かれる結論は「広告問題無い、しかナタリーのあの記事問題である」という事に成ってしまわない?

しかも今回のたわわ広告に向けられた批判は「日経新聞」という媒体を強調するものが多いので、

広告問題無い、しかナタリーのあの記事問題である・・・様に見えるが、こちらは掲載媒体ナタリーなので問題無い」

という結論にもなり得るように思えるけど、どうだろう?

 

あと

編集部コメントがなければセーフだった可能性が高いし、

は端的におかしいよ

広告ナタリー記事情報を含まない(広告を見た人の大半はナタリー記事を知らない)以上、

ナタリー記事から問題化できるのはせいぜい「たわわ広告製作意図」になる

しかし「編集部コメントがなければ」という条件では「たわわ広告製作意図」は変わらない(編集部コメントを出していないだけで同じ製作意図を持っている)訳だから、セーフに成る訳がない

広告に含まれないナタリー記事問題視の根拠に含める限り、「編集部コメントがなければセーフ」には論理的にならないよ

たわわ広告って一体どうすればよかったの?

月曜日のたわわ広告でのヤンマガ編集コメントへの批判的外れでは

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20220421113116

 

このブコメでの反応を見て驚いたんだけど、

この言説はイラストと「たわわ」の組み合わせ軽視しすぎ。よっぽどポジティブ意味だけを学習してる?他人の胸見て「たわわ」言うのセクハラだし視線誘導が嫌な人からの当然の反応。「チーズ牛丼」みたいなもんだよ

「たわわ」が「おっぱい」を指す形容詞になったのいつからなんだろうな。タイトル無視して「これは子供おっぱいを強調する広告ではない」と強弁するのも無理だと思うが。書かれた暗喩が読み取れない<censored>かよ

え?「月曜日のたわわ」って漫画タイトルだと思ってたんだけど、違った?

「たわわ」が良くないって事は、「漫画タイトルを変えろ」と言ってるの?広告で?

ちょっと批判派の人達があの広告がどんなだったらセーフだったと思っているのか分からなくて怖くなってきたんだけど、どんなだったらセーフなの?

「「たわわ」という文言がある限り(=タイトルを変えない限り)アウト」という事なの?

極端な話、広告全面黒塗りで右端に「月曜日のたわわ」って書いてある広告でもアウト、って事なの?

そもそも広告に対して「作品タイトルを変えろ」って批判意味が分からなくて戸惑うんだけど・・・

 

あ、でも前の人は「イラストと「たわわ」の組み合わせ軽視しすぎ」と書いてるね、

まりイラスト無し(全面黒塗り)で作品タイトルのみはセーフなのかな?

ただ、良く分からないんだけど、広告作品タイトルを変えられないのは当たり前じゃない?

だとすると変えられるのはイラストのみなんだから、結局変更を要求する(問題視する)のはイラストしかならなくない?なんで「たわわ」に言及する必要が?

まぁ、もし作品タイトルが「月曜日のららら」だったらあのイラスト編集コメントでも問題なかった、という事なのかな?

 

ただ、やっぱり勘ぐり過ぎな気もするなぁ。

ヤンマガ編集コメントは「不安を吹き飛ばし、元気になってもらうために全面広告を出しました」であって、「不安を吹き飛ばし、元気にする」のは作品タイトルではなく広告単体でしょ?

「(作品の中身は知ってるけど、それはそれとして、この絵単体で)不安を吹き飛ばし、元気になってもらうために全面広告を出しました」という意図も十分考えられるんじゃない?

と言うより、批判派の人達の考える「不安を吹き飛ばし、元気にする」ってどういうものなんだろう?

前提として多くの人はあの作品の内容を知らないし、別の人がやってたアンケートの結果を見る限り、多くの人はあのイラストタイトルセリフ広告単体では問題と感じないんだよね?

という事は批判派の人達が想定してるのって、

 

お、新聞公告がある、イラストがあるなー(この時点では性的な「元気」は発生せず)

んん?月曜日のたわわ?漫画なのか、どれどれ作品を読んでみよう

エロい

まりこの広告性的な元気を与えてくれるものなのか!うおおおお元気になったぜえええ(性的な「元気」が発生)

 

という経路を辿らせたかった、という解釈をしてるの?

迂遠過ぎない?というかどういう人なの?

作品自体を読んでくれることが発動条件に含まれてる時点で、そこまで行ってくれる人、少なくない?(しか作品を読んだ後、広告に戻って来てくれる人って何?何がしたいの?)

勿論作品を読んで貰う事が広告目的なんだけど、批判派の人達が想定している「元気」が与えられるのって、その広告目的が果たされる事が条件なんでしょ?

逆じゃない?

普通広告目的作品を読んでもらう)を果たすために「元気を与える」があるのであって、

「元気を与える」ために広告目的作品を読んでもらう)がある訳じゃないよね?本末転倒過ぎない?

そんな、「幻影旅団を壊滅させること」を念能力の発動条件にしてしまったために、幻影旅団を壊滅させないとエンペラータイムを発動できなくなってしまったアホのクラピカみたいな人、いる?

目的を発動条件にしないでしょ普通

 

まぁ、どんな想定をするのも個人自由からいいんだけど、とても個性的人達だよねぇ・・・・発想が

まぁ話は戻して、とりあえず、「どういう広告だったらセーフだったと思うか」を知りたいな

編集コメントが無ければセーフだった」「作品タイトルを変えればOK」「男性キャラクターも映せばOK」「今のままで問題無い」などなど、どんなだったらセーフだったと思うか、教えて欲しい

 

 

追記

トラバで反応してくれた人のお陰で(感謝)もう少し深堀出来た部分があるので、これも併せて読んで貰えれば嬉しい

ナタリー記事編集コメントを前提にした広告批判根本的におかしい部分を抱えている、という事などを書いている

anond:20220421211708

anond:20220421140825

月曜日のたわわ」は、月曜日憂鬱社会人に向け、豊満な体型をした女子を中心に描かれるショート作品

これはコミックナタリー編集部の紹介記事文

別人のコメントをくっつけて解釈したらそれは捏造だよ。

anond:20220421060346

燃えたのは広告単体じゃなくて編集部コメント付きのコミックナタリー記事だってhttps://togetter.com/li/1868830にも書いてあるんだよなあ

ネット炎上を扱ってる人がこれをたまたま見逃すとは思えない

anond:20220421114628

お前は増田やめろ 毒され過ぎ。


吉野家行く奴は増田ナタリーなんか読んでない

2022-04-20

映画女子高生に殺されたい』、城定秀夫監督へのインタビューをご紹介します!

ナタリーや、はてブクマさんは好きそうな餌だな・・・

着火剤というか

2022-04-18

anond:20220418102419

言いたいことはわかるけど、ナタリーはただのメディアなんだから

悪いのは「ナタリーコメントを寄せた講談社広報」じゃないん

たわわは絶対ナタリー戦犯だって

広告出した日経も連載雑誌お金払わないと見れない媒体から

ネット上で読めるナタリーで絵と「元気になってほしい」とかいうクソ寒い広告意図無料で読めるようにしちゃったか炎上しただけ。

ナタリー記事になってなかったら絶対燃えてない。

2022-04-17

後退し続けるたわわの論点

たわわ批判派の論点が動き続けてて訳が分からない。ので整理した。

フェーズ1: ナタリー炎上

発端は日経の当該広告ではなく、ナタリーが伝えた編集部コメントという認識

【炎上】日本経済新聞の広告がジェンダークレーマー被害に遭ってしまう - Togetter

今回の新聞広告について、ヤングマガジン編集部は「4月4日今年の新入社員最初に迎える月曜日です。不安を吹き飛ばし、元気になってもらうために全面広告を出しました」と語っている。

批判の理路は各人で異なるものの、概ね「元気になってもらうため」を「現実女子高生を見て元気になって」と解釈したフェミニスト(※)が広告掲載した日経批判しているものが多かったように見える。

性的消費とか性的搾取とかの用語を使いながら、この広告掲載することは即ち日経新聞による「現実女子高生を見て元気になって」というメッセージ是認であるという主張に収斂していく様子が(主観的には)観測された。

※ 「善良なネットユーザ」でも「ジェンダークレーマー」でも好きなように適当に読み替えてください



フェーズ2: 治部れんげ准教授の3つの問題点

そんなななか、ハフポスト専門家"治部れんげ"准教授を引き連れ以下のように問題点を整理してくれた。

「月曜日のたわわ」全面広告を日経新聞が掲載。専門家が指摘する3つの問題点とは? | ハフポスト NEWS

1つ目は、あらゆる属性の人が読む最大手経済新聞掲載されたことで、「見たくない人」にも情報が届いたことだ。

第一に「『見たくない表現に触れない権利』をメディアが守れなかったこと」が問題だと主張したが、法学クラスタからの猛反発を受けて治部れんげ准教授は「私の主張のメインは法律ではありません。コメント引用で見たくないものに触れない「権利」と書いてあるので、法律論だと思った方もいるようですが。」と実質的に取り下げた。

法学出身の治部れんげ准教授第一問題点として挙げたが、法律よりむしろマナーとかそういうものに近い話だったらしい。

”見たくない表現に触れない権利”は存在しない。すでに司法で否定されていた。平裕介弁護士の解説。 - Togetter


2つ目の問題は、広告掲載によって「異性愛者の男性未成年少女性的対象として搾取する」という「ステレオタイプ」(世間的固定概念)を肯定し、新聞社が「社会的お墨付きを与えた」と見られること

2個目の問題点が当時の批判派の主流に最も近いように思える。

広告のもの問題なのか、本編の内容や編集部コメントも併せて初めて問題になるのか、など不明点はあるものの、「新聞である日経広告掲載したこと問題という主張だ。


3つ目の問題点は、これまで「メディア広告によってジェンダー平等を推進し有害ステレオタイプ撤廃するための世界的な取り組み」を国際機関とともに展開してきた日経新聞が、自ら「ジェンダーステレオタイプを強化する」という矛盾に陥ってしまたこ

この記事では記載されていないが、治部れんげ准教授UN Women 日本事務所が推進する「アンステレオタイプアライアンス」のアドバイザーである

そのアドバイザーが「「3つのP」という[...]基準に照らすと、[...]女子高生の『人格主体性』は考慮されていません」と指摘」している。

「3つのP」という基準を守れていないことが問題だと明確に主張している。



フェーズ3: 国連女性機関からの抗議

治部れんげ准教授がやや燃えたあと、同じくハフポストUN Women本部日経に抗議したことを報じた。

国連女性機関が『月曜日のたわわ』全面広告に抗議。「外の世界からの目を意識して」と日本事務所長 | ハフポスト NEWS

UN Women 日本事務所石川雅恵所長にインタビューを行い、UN Womenの問題点認識を聞いている。

UN Women 日本事務所石川雅恵所長は、今回の全面広告が、「アンステレオタイプアライアンス」の加盟規約などに反すると指摘する。

「今回の広告は、男性にとっての『女子高生にこうしてほしい』という見方しか反映しておらず、女子高生には『性的な魅力で男性応援する』という人格しか与えられていません。私たちが重視してきた『3つのP』の原則は守られていないのです」

日経新聞違反しているとされる「加盟規約など」の具体的事項は明らかにされていないが、ここでも「『3つのP』の原則は守られていない」ことが問題とされているように読める。

その上で日経新聞に「「3つのP」に反する広告掲載したこと問題視し、同社の新聞広告掲載基準見直しを」要求したという。



フェーズ4:それ以降の議論
「3つのP」はポジティブチェックの基準でありネガティブチェックは不適(不可能)では?

『月曜日のたわわ広告は「アンステレオタイプ3つのP」に反したのか』2022-04-16|ヒトシンカ ( 『シンカ論マガジン』『センサイクロペディア』 )|note

社会常識としての日経「たわわ」問題(追記済 - tikani_nemuru_M’s blog

tikani_nemuru_Mさんへの返信 - hepta-lambda’s blog

違反しているか問題だと指摘されているが、違反していないかチェックするための基準ではないのでは?という議論

基準の内容からしても、過去インタビューからしても「3つのP」は達成できると望ましい、達成に向けて努力しましょうという位置づけという解釈自然と考えられる。

もしネガティブチェックとしたら他の広告とたわわとの比較となり、たわわに恣意的適用がされていないかという別の問題があるだろう。

日経個別UN Womenと結んだ約束違反したのが問題

UN Womenが抗議した報道を受けて、複数政治家を始め表現の自由の侵害懸念する声が上がった。

国連女性機関による「月曜日のたわわ」全面広告への抗議表明について|赤松健|note

これに対し、日経がアンステレオタイプアライアンス設立メンバであり、設立メンバとして個別に交わしていた覚書に違反したことUN Womenが問題にしているのだから政治家が抗議するのは筋が違うという反論がある。

フェーズ1では社会の公器たる新聞社が広告掲載したこと問題になっていたが、ここに至ってはアンステレオタイプアライアンスに加盟していない新聞社であれば問題は無いことになる。



まとめ

「3つのP」とか「ステレオタイプ」とか言われるけど、そもそも、あの絵のどこがダメなのか誰も具体的に指摘しているところを見たことがない。

著名な社会学者小宮友根 教授がまとめた「性的客体化の表現技法」のどれにも合致していないように見える。

炎上繰り返すポスター、CM…「性的な女性表象」の何が問題なのか(小宮 友根,ふくろ) | 現代ビジネス | 講談社(1/9)

UN Womenは「「3つのP」に反する広告掲載したこと問題視し、同社の新聞広告掲載基準見直し」を要求しているが、今回のたわわ広告を弾ける現実的な基準が全く想像できない。

たわわはどうやら踏み越えてはいけない一線を踏み越えたらしい(小規模で)

はてブ毎日上がっててあんまり興味ないのでスルーしてたんだが、どうやら双方転向組が出てきたりしていい感じになってきている。

テレビでも扱われてるか知らんがはてな村Twitterの一部で延々と延焼している。頭が良いって面倒くさいな。

日経ナタリーコメント出してんだか出してないんだか分からん半月くらい出してないなら時はすでに遅し感があってこれで1ヶ月くらいで鎮火しなかったらえらいことになるんじゃねぇかなぁと思ったり。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん