「ひとり旅」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ひとり旅とは

2018-10-14

【7】2018秋、ベトナムホーチミン

<< この旅行記の先頭へ


anond:20181014195141





Good night, and good luck.


夕食のアテならある。

ホーチミンでそこかしこに見かける飲食店Pho 24 だ。

店の多さといい、お一人様歓迎のライト雰囲気といい、日本で言うところの丸亀製麺の様な店だろう。

折角異国に来てチェーン店かよという人も居るだろうが、自分は食感のヌメッとしたもの以外であれば、大体において「美味い美味い」と言って食う人間であり、メンタル不安があるこのひとり旅では、店の気軽さこそが重要だった。

Pho 24 を目指し通りを歩くと、やがてフォーならぬ、丸亀製麺ホーチミン店が見えて来た。

見知った店とはいえ、流石にここでは食わない。

しかし、日本企業のベトナムローカルメニューというのは気になるもので、店外の大判メニューを見てみる。

トンコツうどんと、坦々味噌うどんがあった。

物の本で知ったのだが、中国進出したラーメン店で、当初醤油ラーメンが全く売れなかったらしい。

どうも中国感覚では、トンコツに比べて醤油スープは手抜きに感じるらしい。

おそらくは似た事情だろう、アジアにおいて日本麺の象徴トンコツスープなのだ


Google map を見ると、Pho 24 の目と鼻の先に統一教会があったので、まず向かう事にした。

行きすがらにテニスコートがあり、お父さんがテニスを楽しんでいる。

ちょっと動画を撮ったが、もちろんセンターではない。


コートから5分も歩かないで辿り着いた統一教会は、シンとしていた。

当然といえばそうだろうが、ライトアップもない。

まあ宗教施設に夜のライトアップは似つかわしくないわな。

夜の教会を撮ったものか逡巡したが、スマホ写真に収めて、一礼した。


さて夕食だ。

Pho 24カウンターメニューを見ると、なんと練乳で作るベトナムプリンバインフランがあるではないか

コレを食べるのも旅行目的の一つだった。

かくして夕食は牛肉フォープリンという珍妙な組み合わせとなった。

実のところ、フォーの本場は北部から中部であり、南部のここホーチミン象徴するのはフーティウらしいのだが、この際、何を言われてもいい。

直ぐに運ばれて来たフォーは、腰もへったくれも無かったが、不調を抱え不安定な食欲には丁度いい食感だった。

一緒についてくる青菜をどんどん入れる。バジル香りが心地いい。トウガラシは一切れでエライ辛さだった。

食べ終わって少し休んでバインフランを頂く。

エッジがピンと立つしっかりした固さだったが、甘さは優しかった。

それより、流石にあんまりだと思って追加注文したライム茶の方が甘い。

南国の料理を常食すると糖尿病にでもなりそうだ。


ホテルに戻る前に立ち寄りたい所がまだあって、それはスターバックスだ。

グローバル企業ローカルメニューはぜひ見たい。

スターバックスに向かって歩いていると、ホーチミンに来て初めて欧米人に声をかけられた。

長い金髪を後ろでくくった髭の男。

「Are you speaking english ?」

「A little.」

嘘だ。

しかし、言わんとする事は大体わかった。

男はエストニアからやって来て、この通りで財布を落とし無一文だという。

幾らでも良いからくれと。

絶対嘘だ。

だけど笑ってしまったので、少し渡す事にした。

200,000ドン

男は手元に折りたたんで持っていた札束にそれを加えた。

持ってんじゃんか。

「Are you came from ?」

Japan.」

そうさ、これが世界に冠たるお人好しの日本人だ。

男と握手して別れた。

Thanks.」

Good night, and good luck.」


辿り着いたスターバックスではグリーンホワイトティーなるモノを頼んだ。

何が出てくるかと思ったけど、ちょっとリッチ抹茶ラテの様なモノだった。

2階席の端に陣取り、男とのやりとりを女友達Lineしていると、不意に声を掛けられた。

顔を上げると、白いシャツ少女

カードを見せられる。

どうもフェアトレードか何かで革製のアクセサリーを売っているらしい。

手を振ってもその仕草だけマイルド無視されて引き下がってくれないし、手元のドンも多分あと1日半で使い切れないほどある。

1つ買い求める事にした。

「Thank you.」

Good night, and good luck.」

少女が去ったあと、アクセサリーを眺める。

ハートが2つ絡まり合っている。

眺めてまた逡巡した。

50,000ドン位は痛くも痒くも無いが、これが安全だという保証は?

アクセサリーチップを仕込んで跡をつける事だって出来るかもしれない。

荒唐無稽と思えるだろうが、ここ数日で見たホーチミンの発展ぶりならあり得ないという保証もない。

明日の夜は半野外のタンソンニャット国際空港で明かすのだ、危険の仄かな香りさえ纏いたくない。

人が信じられない嫌なヤツだと思いながら、アクセサリースマホ写真にだけ収めて、スタバに置いていく事にした。

こんな手段想像できるなんて、自分には犯罪者の才能があるかも知れない。

いや無理だな。

見え見えの嘘を前に「笑ったから」という理由で金を払ったお人好しに詐欺など務まる訳がない。

少し頭をよぎったのは、俺は彼女に振り回されたのか、振り回したのかという事だった。


ホテルに戻ると、夜もすっかり暮れているというのに、白い制服女学生が車止めの前でたむろしている。

よく学生を見かける旅だな。

通り過ぎてエレベーターに乗り込むと、2組の制服エレベーターのドアにマイルドに挟まれながら飛び込んで来た。

ヤバイよね、私達」

「おいおい、大丈夫か?」

女学生は一瞬戸惑って尋ねて来た。

日本人ですか?」

「そうだよ。」

「えー、なんだか嬉しい!」

「俺もだよ。」

Ground floor から1階までの僅かな会話。

Good luck.」

それだけ声を掛けて、女学生と別れた。

あ、そうだ、彼女達をセンターに収めて一枚撮る手もあった。

まあ良いか

やりたい事は大体やった。

部屋に戻ってシャワーを浴びよう。


ホテルに戻ってシャワー浴び、今日顛末旅行記に書いた後で、例の曲のMVDLした。

ホテルwifiで決済情報のやり取りをすべきでないので、一応レンタルwifi繋ぎ直す。

よくよく考えれば通信業者はZTEで、これが信用できるかといえば怪しいと言えなくもないが、さすがの中国企業も共産党指導個人の決済情報を抜いて金をチョロまかす様な、大胆にセコイ真似はしないだろう。

DLが始まると、レンタルwifi使用量がみるみる増えていく。

DL終了だ。

アップテンポの曲だが、今日エンディングテーマには相応しいだろう。

画面の中に、まだ訪れていない風景や、見覚えのある建物が映る。

そうだ、曲の中に「夕立もきっと来る」というフレーズがあったが、まだ来てないぞ。

4,000年に一度の美少女神通力も、事、天気に関してだけは通じないみたいだ。

残り1日半。

夕立で俺を振り回す事は出来るかな?


【8】2018秋、ベトナム、ホーチミン Day 4-5|4日目・5日目 Cảm ơn bạn! I had a great days. LOVE, Ho chi ming City. へ >>

2018-08-31

離婚した

婚姻期間は12年だったけれど、学生時代から付き合いはじめたから、人生の半分以上二人でいたことになる。

身体が半分ちぎれたままひとり旅に出るような気分、原因はいくつも絡み合っていてもうどうしようもなかった、子供を持ちたいと思い始めた時期や仕事が忙しくなったタイミングが二人でずれまくってこんな年齢になってしまった、少しずつお互いを信頼できなくなってしまった。

両家に挨拶に行き、その足で二人で離婚届を提出した。受理されるまで時間がかかってぶつくさ言い合い、帰りに夕立ち前の稲光を見て、同時におーと言った。

相手はとても子供が欲しかたから、そうなってほしい。そうなったときに曇りなく喜べるようにわたしも充実した人生を送ってやるに決まってるけど、今夜だけは泣く。

一緒にじいさんばあさんになりたかったよ。

2018-05-20

804

1977

幸福の黄色いハンカチ

青春の門 自立篇

竹山ひとり旅

八甲田山

はなれ瞽女おりん

1978

事件

愛の亡霊

鬼畜

サード

柳生一族の陰謀

1979

復讐するは我にあり

あゝ野麦峠

衝動殺人 息子よ

太陽を盗んだ男

もう頬づえはつかない

1980

ツィゴイネルワイゼン

父よ母よ!

動乱

二百三高地

遥かなる山の呼び声

1981

STATION

ええじゃないか

日本の熱い日々 謀殺・下山事件

泥の河

遠雷

1982

蒲田行進曲

鬼龍院花子の生涯

疑惑

未完の対局

誘拐報道

1983

楢山節考

家族ゲーム

細雪

戦場のメリークリスマス

南極物語

1984

お葬式

おはん

瀬戸内少年野球団

天国の駅

麻雀放浪記

1985

花いちもんめ

恋文

Wの悲劇

それから

ビルマの竪琴

1986

火宅の人

植村直己物語

キネマの天地

新・喜びも悲しみも幾歳月

人間の約束

1987

マルサの女

竹取物語

ハチ公物語

夜汽車

吉原炎上

1988

敦煌

異人たちとの夏

ダウンタウンヒーローズ

華の乱

優駿

1989

黒い雨

あ・うん

社葬

本覺坊遺文 千利休

利休

1990

少年時代

櫻の園

死の棘

白い手

1991

息子

あの夏、いちばん静かな海

大誘拐 -RAINBOW KIDS-

八月の狂詩曲 (ラプソディー)

無能の人

1992

シコふんじゃった。

いつかギラギラする日

青春デンデケデケデケ

遠き落日

ミンボーの女

1993

学校

月はどっちに出ている

虹の橋

僕らはみんな生きている

わが愛の譜 滝廉太郎物語

1994

忠臣蔵外伝 四谷怪談

居酒屋ゆうれい

119

四十七人の刺客

ラストソング

1995

午後の遺言状

きけ、わだつみの声

写楽

Love Letter

1996

Shall we ダンス?

学校II

スーパーの女

スワロウテイル

わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語

1997

もののけ姫

うなぎ

東京日和

誘拐

ラヂオの時間

1998

愛を乞うひと

踊る大捜査線

学校III

カンゾー先生

HANA-BI

1999

鉄道員 (ぽっぽや)

菊次郎の夏

金融腐蝕列島 呪縛

御法度

梟の城

2000

雨あがる

十五才 学校IV

バトル・ロワイアル

ホワイトアウト

2018-04-03

anond:20180403205133

楽しいぞ〜

初対面かつもう二度と会わんであろう人だから質問やすいし答えやす

ひとり旅くせになりそうだ

一人旅行たのしいな

ホテルの夕飯で相席した名前も知らない老夫婦といろいろ話し込んでた

喋りつつだったからかなんかご飯もいっぱい食べれた

のしいな〜〜ひとり旅

誤字訂正(混んで→込んで)とどうでもいい追記

そのあと風呂入りに行ったら飲み放題生ビール注いでくれてたおっちゃん(風呂上がり)とも会った

これから従業員の送迎するらしい

酒入ってるからわからんがこういうのがなんかいちいち楽しい

2018-03-19

老いを感じる

立ち上がるときものを落としたときについ声が出てしまう。

ひとり旅をしても誰かに成果報告をしたいと思ってしまう。今までそんなことなかったのに。

単なる会話不足かもしれないが、将来孤独になるのを無意識に避けようとしての行動なのだとしたら、人間よくできてるなあと思う。相変わらず孤独のままなんだけど。

2018-03-17

道後温泉人生を考えた

年末の話だが、急遽まとまった休みを取れることになり、独身貴族の私は当てもなく道後温泉へとジェットスターで飛んだ。

人生で2回目の道後温泉だったが、一人で来たのは初めてだ。

コンパクト温泉街道後温泉本館を中心に世界が成り立っている場所だ。

3日間滞在したが、温泉は例に漏れずとても気持ちよかったし宿もいい感じだった。

また道後はしっかりとした風俗街が形成されており、しっかり3回登楼した。ひとり旅の寂しさもあり、九州から出稼ぎに来ている子に3日連続で通った。

他には何にもしなかった。ただ道後にいるだけで満足なのだ

ただ平日の半分くらいは仕事対応に追われた。どれだけ引き継ぎをしたって、無数の顧客存在を隠すのは無理だった。休暇を伝えていても関係ない。

旅の最終日の夜、実家から妹の誕生日を祝った写真が送られてきた。そこに写っていた親父の髪は真っ白だった。

今、私は32歳。これまではレールから外れないように一生懸命やってきたつもりだが、少し外れても良いのかなと思いはじめた。

仕事心配をせずに、この旅ができたらどんなに幸せだったろうか。実家ももっと気楽に顔を出せるだろう。

楽な仕事なんてないと言われるが、少なくともONとOFFを切り替えられる環境はある事はこれまでの経験で知っている。

今の仕事は常時ONの代わりに、ソコソコの給与をもらっているが、それで良いのだろうか。

そんなことを思った道後温泉一人旅だった。

仕事ことを完全に忘れてられたのは、風俗にいる時だけだったのは内緒だ。

2018-02-10

anond:20180209013122

ふーんって思って見てたんだけど、祖父増田学費を払ってるって、裕福な家庭なの?

まあどっちのお金の使い方もしたことある私は、おぉ…(正直、失笑。)って感想だけど。


あと京都奈良は、アタマ身体情報を使って安く旅行やすエリアである反面、使おうと思ったらどこまでもお金使って解決できるエリアだと思うから、その辺擦り合わせしとかないときついと思うけどね。

全部ツアーとかでガチっとかたまってる温泉旅行とかのがお友達楽じゃない?

どういう旅行をするかは自由だけど、集合時間決めて自由行動時間増やせばいいだけなのでは?って感じだし、別にひとり旅(なんなら彼氏と2人旅、ないしファミリー旅)すればいいのでは?と思ってしまった。

その方が思うようにお金使って興味があるところに没頭できると思うけど。

2018-02-09

ひとり旅中。

生理になってしまいだるくて横になっている。

明日帰るんだけどしょうがないよね。

2018-02-08

anond:20180208135529

辛かったね。

その空しい気持ちはよくわかるよ。

今後は自分大事にしてくれない人との付き合いはセーブして、しばらく一人で好きなことでもしていた方がいいかも。

不思議なことに、人を求めて尽くし続けるより自分の好きなことに没頭してる時の方が良い仲間ができたりするもんだよ。

ひとり旅とかも、現地の人とあとくされない会話ができる機会が多いのでいいかもしれない。

今は孤独感に苛まれて辛いかもしれないけど一人でできる楽しいことって案外たくさんあるからね〜

2018-02-04

anond:20180204103555

誰かと行く旅もひとり旅も好きだけど。

ひとりだとゆっくり見たいものが見られるし、写真撮影趣味から人を待たせたりあまり観光地らしくない場所に行ったりしても気がねないのが大きいかな。

あとは現地の飲み屋とかで友達作ってる。

2017-10-30

見よ!これがアラサー独身男の検索履歴だ〜

昨日は台風だったので一日家に居てネットをしていたのだが何気なく検索履歴を見返して泣きたくなったので抜粋して晒します

08:21 東京 天気

08:24 東京 台風 会社 休み

08:32 東京 台風 2ch

09:41 熟女 40代 動画

09:47 熟女 50代 動画

09:57 熟女 60代 動画

10:10 熟女 50代 動画

10:52 文学 純文学 違い

11:21 会社 出世

11:28 会社 アラサー マネージャー

11:42 転職 キャリアアップ

12:01 転職 面接 ネクタイ

12:05 転職 面接 カバン

12:16 東急バス 乗り方

12:21 東急バス お金 払い方

12:58 後輩 結婚 2ch

13:21 2ch 5ch

14:00 婚活 都内

14:19 婚活 めんどくさい

14:39 出会い 社会人 ない

14:52 女性 デート 会話

15:02 女性 会話 続かない

15:21 おっぱい

15:31 未亡人 出会い

15:41 未亡人 動画 アダルト

16:23 文学 純文学 違い

17:11 このすば 新作

17:19 このすば フィギュア

17:23 このすば フィギュア パンツ

17:43 WAON 使い方

17:50 WAON 使い方 レジ

17:52 WAON 恥ずかしい

18:09 スーパー 店員 かわいい

18:21 カフェ 店員 かわいい

18:30 クリーニング屋 店員 未亡人

18:34 おっぱい

18:40 洗濯屋 ケンちゃん

18:43 グラビア 高画質 4k

19:14 文学 純文学 違い

19:32 独身 やばい

20:08 30歳 白髪

20:45 アラサー 寂しい

21:17 独身 男性 休日 過ごし方

22:09 温泉 温泉 ひとり

22:22 温泉 旅館 自殺

22:49 ひとり旅 出会い

23:31 映画 ひとり

23:59 綾瀬はるか結婚する方法

2017-09-24

自分希望、及び目標

ルーフバルコニー付きのマンションに住みたい。

庭付きの田舎の戸建てに住みたい。

和室が欲しい。

年収9000万以上欲しい。

車が欲しい。

自転車も欲しい。

レンジ冷蔵庫洗濯機が欲しい。

ベッドが欲しい。

ベッドマットも欲しい。

服が欲しい。

山登りの装備一式が欲しい。

ひとり旅資金が欲しい。

今の会社を辞めて経済的に自立したい。

黒電話みたいな電話が欲しい。

いろんな仲間が欲しい。

キャンプがしたい。

野外で食事がしたい。

ウォシュレットが欲しい。

地味な畳のアパートに住みたい。

髪を切りたい。

髪の色を変えたい。

引っ越したい。

栄養バランスのとれた宅配弁当を頼みたい。

人に何かを教える立場になりたい。

人に認められたい。

人とうまく生きていきたい。

取引一財を成したい。

投資がしたい。

新しいエアコンが欲しい。

テレビが欲しい。

めちゃくちゃセックスしたい。

気持ちが落ち込みがちなのを治したい。

孤独から脱したい。

2017-07-13

https://anond.hatelabo.jp/20170713160254

ひとり旅レンタカー乗る意味が見いだせない

移動中に眠れないし移動中ずっと緊張して運転しなければいけないし

土地勘のない旅先でGS気にして走るのも嫌だし

事故は怖いし

交通公共機関最高じゃね?

特に地方の2時間に1本しか走らないようなコミュニティバス使うのが好きでね

病院行くばあちゃんにお菓子もらったりするんだわ

レンタカーじゃちょっとないだろう

2017-07-04

ゲーム日記ニート期間より仕事してる期間の方が長くなった

2014年4月から始まって

2015年10月までは仕事をすることはあるも一ヶ月で辞めたりして安定せず、

けれど2015年11月から現在まで一つの職場で働いている

ニート期間が十九ヶ月に対して

仕事している期間が二十ヶ月

これはもう、なでなでよしよししこしこほめほめぱこぱこをしてあげる必要があるのでは?

三年三ヶ月の過酷ひとり旅を癒す必要があるのでは?

ぼくがかんいちきみがおみやなのでは?

2017-01-03

性格が悪すぎる

自分から友達を切ってきた。

アラフォー独身BBAが集まって話すことなんて彼氏できたかとか結婚がとか、そんなんばっかりで

いまだに焦ってないというか興味ないのはおかしい、みたいに言われて

友達の話すると付き合っちゃえばとか、もっと違う話ないのかよって思って連絡するのやめた。

ひとり旅が好きだからどっか出かけたって言えば何で誘ってくれないのとか言われ続けて、重くて突き放した。

仕事愚痴を垂れ流し続けるのにうんざりして適当に流してたら、誘われなくなった。

気楽だけど寂しい。寂しいけど気楽。

多分孤独死するんだろう。

2016-09-22

ひとり旅しようと思って、っていう先輩

あの人結婚する気ないのかな

就職して4年、あの人に彼氏居たの1ヶ月間しか見たことないけど

どうでも良いんだけどさ

2016-01-21

「新しいことわざオリンピック」!

というのを、はてなブロガーの目 (id:ankoro)氏が募集しておる。

諺ひとり旅:読者参加企画のお知らせ - 新しいことわざの世界

お題は


A:河童も歩けば棒に当たる

B:暖簾に種は生えぬ

C:勝って兜に近寄らず

D:火のないところに穴二つ

E:可愛い子は千里を走る

から一つまたは複数を選んで用例を考えろというものである。全部でもいいとのこと。

「D:」と「E:」を思いついたので書いてみる。募集要項増田でやるなとは書いてなかった。


D:火のないところに穴二つ

教師「お前タバコ吸ってるだろ?」

生徒(タバコを隠しながら)「吸ってません!」

教師「鼻の穴から煙を噴き出してるじゃないか」

生徒「これは寒いから息が白く見えるんです」

教師「そんなぶっとい息があるか?」

生徒「火のないところに穴二つと申しまして」

ぜんぜん面白くないじゃないか! どうしてくれるんだ?

E:可愛い子は千里を走る

大阪吹田市千里には「万博記念競技場」というのがある。アスリートの間では通称千里」で通じる。

ここを何日か前にホッテントリになった http://www.arikawashuhei.com/entry/2016/01/17/110000 に出てくるような選手が走れば、まさしく

可愛い子は千里を走る」

ではないか! はい論破(何をだ?)

ちなみに福島千里万博記念競技場を走ることを

千里千里を走る」

と言う。

2015-08-29

ひとり旅しか選択肢が無いもん

ひとり旅する奴www」とか「ひとり旅危険からやめるべき」というべき論を持ってくる人がいるけど

こちとらひとり旅しか選択肢が無いもん、仕方ない。

友達と行けるのは国内旅行まで、それも長崎とかは遠いと断られた。

海外旅行も誘ってみたけど、なんだかんだ煮え切らない態度で断られる。

ビールが好きだからドイツなら行きたい」と言われて「じゃあドイツ行こう」と言ったら、「ビールを飲むためにわざわざドイツまで行きたいとは思わない」と断られる。

10万円以上の出費だしあまり相手を勧誘するわけにも行かないからヨーロッパは諦めた。

もっと近くて安いところなら行く、というので香港旅行を計画したところ、SARS騒動が勃発してキャンセルに。

相手も、あんまり海外旅行に興味が無いみたい。

まあ趣味もかぶってないし、冷めてる奴だし、ふざけた事あまりしないし。

それでも友達なことには変わりないけど。

同じテンション馬鹿ができる友達ってほんとどうやって見つけるの?

追記:ブクマの「一人で西欧は寂しいけどアジアならOK」ってそれどういう差別

2014-12-22

独身友達彼氏彼女)もいないのに実家に帰らないやつは何して過ごすのか

今年からそのような状況になりまして非常に困っている。

休みは一週間ぐらいある。旅行に行こうかとも思ったがひとり旅行は好きじゃない。

そういうやつらだけが入れる居酒屋とかバーがあればいいんだけどな。

ひたすら休みを消化するだけの日々は苦痛だ。

2013-08-08

明日から連休ひとり旅に出るんだがテンションの上がりっぷりがヤヴァイ

お前らも増田みたいな肥溜めで管巻かずに旅行行こうぜ。

2011-01-08

17歳のソープ

この話はフィクションなんだけど、ひとり旅行ついでとある地方都市ソープ街に行ってきた。プレイ後、嬢の方から「私、何歳に見える?」と言い出してきた。実際、結構若いなと思ってたので「19…いや18?」と返したら「もっと下なの…」と。なんでも、両親が別のソープ店の経営者しい学校には行ってなくて、親からこの店で働くように言われたそうな。

発覚したときリスクを考えたら、18歳未満の女の子を働かせる理由がソープ店側にあるとは思えない。なので、彼女の言うことが本当だとしたら年齢詐称して働いているのだと思われる。想像するに、両親としては将来娘にソープ店を継がせるつもりで別の店へ勉強に行かせてるとかそんな状況なんだろうか。詳しく聞き出してみたかったが、ケチって一番時間の短いコースにしてたので無理だった。

しかし、わざわざ自分から年齢のことを言い出してきたあたり、俺に通報して欲しかったんだろうか。うーん。

2010-07-17

http://anond.hatelabo.jp/20100717183524

「そのうち廃れる」って言うけど、この雑誌は10年以上前からあるよ。

発刊当初はもっとモード寄りだったけど、徐々に変化して今のスタイルに。

男目線を意識してない雑誌や本なんか他にも山ほどあるじゃん

ひとり旅、ひとり時間、ひとりごはん。とか。巷に溢れかえってる。

モテ服とか男目線を意識してないファッション誌も多いんだよ。

赤文字系雑誌以外はそんなにモテモテ言ってない。

というか、赤文字系女性誌をスタンダートとして語らないで欲しい。

2010-02-04

ふたつ恋した

http://anond.hatelabo.jp/20100123005026

つづき

 無謀な旅に出たのはそれを書きたかったからで、半月日本中を車で旅して、それでもまだそうかと聞かれれば、僕はうんとうなずく。それでもうんはいまは少し控えめで、バックシートの同乗者との旅が楽しくなり始めている。後部座席の右側の窓は全開で、海風に髪をなびかせて真っ青な海に向けて、彼女は表情をあかるくしてシャッターを切る。バックミラー越しの横顔には昨夜の凍えきっていたおもかげはなく、蒸し暑いとさえ思う風にはしゃぎきっていた。

 それだけで満足してしまう。

 写真の評価をしっかり伝えたのが良かったのか、安心して撮って良いのだと思ってくれたのか。

 雑誌旅行記みたいなサイトを作りたい。そう旅の目的をはなすと彼女は僕の書いた文章を読みたいといった。彼女はしばらく読みすすめ、これは私には無理と情けない声でいった。僕は慌ててブレーキを踏み、路肩に車を止めた。振り返って言った。

「ちょ、ちょっと待って下さい。僕はもうあなたに写真を撮って貰うって決めているんです。あなたの写真がいいんです。すてきじゃないですか、なにが無理なんですか」

「でもこの旅行記、格調高いし、大人っぽいし、私こんなに知識ないし」

 うつむく女の子をみて、僕はあっと思い当たる。

 意気込んでひとり旅にでた僕は、だれからもそしられない旅行記にしようと、堅固な文体で書いてしまっているのだ。本人からすれば少し堅いかなぐらいであるのだが、慣れない人からみればそれはきっと要塞でも見上げているような心地になるのだ。

「あ、いえ。でもこの文章堅すぎて、こんなの読んだら息詰まってしまいます。そんなところにぱっと明るい写真がほしいんです。あなたの写真は色彩豊かで、大胆な構図で、ダイナミックで、この動きのない旅行記をきっと生き生きとさせてくれる」

 僕は、思いつく限りの美点を話す。これでもプロの撮った写真を見続け、それを文章の隣にレイアウトし続けていたのだ。もしそんなプロ達に混じっていても僕はきっと彼女写真を選ぶと思う。

「それにWebサイトなのです。雑誌ではないのですから解像度も必要ないですし、僕はフィルムスキャンもやってましたから、若干色味が狂っても直せますし」

 すこしだけ顎が上がり、僕は安堵して息をつく。

「ちょっと安心しました」

「撮れないって言われたらどうしようかと思いました」

 彼女はふふと笑う。

「そんに気に入ってくれたんですね、私の写真

 それで僕は、旅行記に載せる写真彼女に撮って貰う事に執着心が生まれ始めている事に気づく。なぜだろうと思い、色味だろか、構図だろうか、被写体の選択だろうかといろいろに理由探しをするが、きっとセンスみたいな所かもしれないと無難に着地する。美感の好きと思うところが似ているのだ。そこの波長が合うのだ、きっと。

 バックミラーの中の、撮った写真ノートPCで確認する姿を見ながら思う。

(出来れば、ずっと一緒に撮ってくれないかな、三ヶ月に一回でもいいから)

 彼女写真に恋をし始めていた。

 まだまだ若いのだし、これから音をたててめきめきと上手い写真を撮るようになる。そうなればちょっとした写真家になるかもしれない、プロというまではいかなくても。そうなってしまってからではもう届かない。今のうちに出会えたのは幸運で、コンビを組んでいれば、有名になっても昔のよしみでほんの少しだけならつき合ってくれるかもしれない。

 そんな打算さえ生まれてくる。

 それぐらい僕は参っていた。

 彼女の撮る写真はそれぐらい魅力的だった。

 二つめのトンネルを抜けてちいさな港を右手に(カシャリ)、まばらな民家の間を抜けて海岸沿いの道を行くと、海一面に養殖場が広がる(カシャリ)。のんびりと車を走らせ地図を片手にちらちら見ると、牡蠣養殖場との記載がある。

「すごーい」

牡蠣だって。そういえば松島近いですし、松島といえば牡蠣ですし」

(カシャリ)

「こんなにたくさんあると迫力ありますね。あ、船が出てる」

(カシャリ、カシャリ)

 はしゃいでシャッターを切る彼女の横顔はまだ無邪気で、疲弊する職場修羅場の数々ですさんだ心にほっと暖かい場所が出来るのを感じ始める。夏の海風を全開に受けながら、真っ青なひかりを浴びているとなにかがほどけてくる。ああ、そうか僕はひとりじゃないのだ。そう思うとほっとし、なにかこれまでずっとひとりで戦ってきたような気がし、その戦いには様々な理由があったのではあるが、それさえもどうでもよいことのように、それよりもこの彼女との旅が楽しくなってきている事に気づく。

 海風の中を、岬を目指して、おんぼろのスズキを走らせるのは楽しい

 バックミラーの中のちいさなカメラマンが嬉々としてシャッターを切るのを見ているのは楽しい

 どんな写真が上がってくるのだろうと心待ちにするのは楽しい

 こんなにも楽しいものかと、内心動揺している自分がいることに気づく。

 不意に彼女がこちらを振り返り、胸に片手を当て深呼吸をする。

「ふう、夢中になりすぎちゃう」

 何度か息をし、そのきれいな眼がこちらを射貫く。

楽しいね、岬めぐり

 僕は、ええだか、ああだか、そんな曖昧なことをいい、その笑顔からあわてて視線をフロントガラスに向ける。胸がどぎまぎしていた。あまりのかわいらしさに動揺しているのに気づく。何重にも防壁を築いていたはずが、いつの間にか彼女はその内側に立っていた。

(この子、どうやって入ってきたんだろう)

 いや違う、目下の問題はそこではない。彼女はちいさなカメラマン旅行記に載せる写真を撮ってくれる。その写真はすてきで彼女との旅は楽しい。でも、そこで彼女が僕の気持ちに気づいたら? いま、落とされてしまった事に気づき、僕がくらくらになっている事を悟られたら。

 彼女は車を降りるかもしれない。

 極力、感づかれないようにしなければならないのか。

 背筋を冷や汗が伝うのがわかる。

 道は小さな港を駆け抜けてすぐに山間へそれを抜けるとまた小さな港、牡鹿半島ドライブはその繰り返しで、めまぐるしく景色が変わる。彼女はそんな移り変わりの速さに夢中で、シャッター音がいきいきと響く。手元の地図を見ると、目当ての岬である黒崎はもう目と鼻の先で、そこから大きな港を抜けてすぐだった。

「間に合いましたね。暗くなる前にたどり着けましたよ」

 バックミラーを見ると夢中でシャッターを切る姿、鼻歌をうたい、表情を輝かせてカシャ、カシャと目の前の光景を切り取っていく。まるで声さえ聞こえていないようで、海風に溶け込むように髪をなびかせる、それを見るだけでも思わず頬が緩んでしまう。

 軽自動車ささやか港町を駆け抜け、半島の最南端へと向かう。

 海は青く右手には、対岸に大きな島が見える。

 牡鹿半島はその東西を大きな島に挟まれている。その緑が海の色に鮮やかに映える。周囲の樹々のにおいが風に混じる。八月を過ぎた平日の夕方近くの半島はひとけも車通りもなく、この光景をひとり、いやふたりじめしている心地になる。ぽんこつのエンジン音だけがこの景色の中に孤独で、秘境へいくでもなしに世界にたったふたりになった心地になる。

(しかし、いったいなんでこんなことになっているんだろう?)

 わからない。

 最善と思える選択肢を選んでいるうちになぜかこんなことになっている。

 かわいい子が写真を撮ってくれて旅もしてくれるんだ、それでいいじゃないか。

 そう、それでいいはずだった。

 半島の南端で折り返して少し高いところにある駐車場のある展望台にスズキをとめる。

 彼女には新しいメモリーカードバッテリーを渡し、僕は早速彼女写真をチェックし始める。鮮やかで躍動感のあるスナップに、僕は夢中になり、そして幸福感に包まれる。

「いいじゃん」

 何枚か、おそらくサービス精神なのだろうが、旅行誌にありがちな紋切り型の構図を見つける。

(こんなことしなくていいのに)

 僕はノートパソコンの電源を落とし、頭の中に渦巻くうれしさとそれをあらわした言葉が浮かび上がってくるのをあれこれと選び始める。エンジンを切り、車を降りると海の香りが風となって包み込む。ふっと息を吸い込んで、こんなにわくわくしたのは初めてじゃないかとふと思う。

(どこいっちゃったんだろう?)

 僕は彼女を探した。

 ■シリーズリスト

 ・女の子ひろった

 http://anond.hatelabo.jp/20100116012129

 ・これこそ逃避

 http://anond.hatelabo.jp/20100119221742

 ・すごい彼女

 http://anond.hatelabo.jp/20100123005026

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん