「散骨」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 散骨とは

2020-08-26

anond:20200826170132

散骨いいじゃん。

生きてるうちは同意しといて死んだら散骨しちゃえ。

業者調べとくといいよ。

お前は俺の介護をするんだぞと言われて育ったが介護より介錯したい

広義の介錯介護だがそうじゃなくて

ついでに墓守をするんだぞとも言われて育ったがうちは分家なのでこれから墓を建てるつもりか?散骨するぞ?死人に口なしって知ってるか?

2020-07-17

宗谷岬室戸岬のどっちで散骨するか迷う

俺が死んだら散骨してほしいんだが

2020-01-23

anond:20200123130549

来世で泳げるようになる期待も含めて海に散骨してもらうんだ

2020-01-08

anond:20200108055029

じゃあ葬儀の正解って何だよ

寺があったらそこの出入りにボッタクられるだろうし、無かったら玉石混淆の中からさないといけないし

墓もクソ高いし自由に焼いて散骨させろよ!

2020-01-02

近々結婚するかもしれない

でも相手の家に嫁いだらもう死んでもその嫁いだ先の墓に入れられてしまうんだろうと考えるとなんか憂鬱

相手地域では骨壷に入れないで、墓石の下の土に遺骨を流し込んで先祖の骨と混ぜてしまうのね

なんかそれにとてつもない抵抗感があって、遺骨は遺骨でしか無いと分かっていても嫌だなあと思う

いっそ死んだら散骨するか樹木葬にして欲しいな

2019-12-19

機能データ化してクラウドに移してから快適だわ

身体家族に連絡して火葬してもらって骨は海に散骨してもらった

悔いはないね

2019-12-03

遺骨って、その骨格を有していた人の所有物じゃなくなってしまうよね。

例えば散骨って遺骨を細かく砕いてから撒かないといけないらしいけど、本人の意向がどうであれ、骨を砕く行為は遺族の感情に左右されるだろうから、故人の思い通りにはなりにくいんじゃないかな。

ただ骨壺には結局全部の遺骨を入れられなくて、大部分は処分される運命にあるわけじゃない。どうせ一部しか残らないなら、全部捨ててしまえばいいのにって思うことがある。

少なくとも自分の遺骨は、いっそ全部廃棄処分してしまっても構わないかなあなんて思ったりもする。想像するとちょっぴりさみしい気がするけど。

時々自分の遺骨なんて家の墓に埋葬してほしくないなあとか、できれば誰も人の来ない野山に散骨してほしいかなあとか考えるんだけど、きっと思い通りいくはずがなくて、死って自身に関する所有権を失ってしまことなのかなあ、なんて今書いてて思った。別に家族が嫌いなわけじゃないけど、家の一員として刻まれることになんか抵抗があるんだよなあ。ふしぎ。

そもそも自身の骨格に対する所有権なんてもの存在するのかどうか。

自分の骨格や血肉は、確かに自分に属しているけれど、自分が所有しているわけじゃない気がする。

自身が所有していることと、自身の一部であることは違うものね。たぶん。

まあどうでもいいか

2019-11-12

飯塚幸三の散骨を許すな!

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191112/k10012173811000.html

書類送検されたが、検察がまた時間をかけて飯塚幸三被疑者寿命待ちをしそうな勢い

もちろんサクサク進んで刑事裁判の刑が確定するかも知れないが、内容的に懲役禁錮間違いなしだが年齢を鑑みて恐らくは罰金刑に収まるのではないか

そうなると飯塚幸三は多くの家族に見守られながら寿命を全うすることになる

恐らく家の墓はあるだろうが、どこから漏れ出て荒らされることは間違いないし、寺側も監視カメラ警備員を設置することも難しい

共同墓所や室内墓地プライドが許さないだろう。室内墓地など嫌がらせ電話も頻繁にかかってくるかも知れない

そう考えると遺族は散骨希望するのではないだろうか?

海や大地に飯塚幸三が撒かれ、それが行き渡り飯塚幸三を含んだ動植物が産まれ、やがて人の身体に入る。あれだけの事故を起こした人間に許されてはいけない内容だ!

飯塚幸三にお似合いなのは、骨壷に入り墓にも入れられず、家の押し入れの隅にでも置かれる事だ

飯塚幸三の散骨を許すな!

2019-09-21

墓じまい

高い金払って墓を作っても、後々管理に困って処分

処分にもカネが掛かる。

墓石は砕かれて、道路作りの材料になるんだって

膨大なるカネの無駄

何てバカバカしいんだろう。

今後墓づくりは禁止して、散骨にすればいい。

2019-07-15

滝本太郎氏の特異性

人間にとって、100個ある正論の中に混じっている1個の誤謬を見分けるのは難しい。

おかしいと思ったことについて率直に考えてみたい。

 

(1)滝本サリン事件被害者とされているが、被害証拠不明

滝本太郎氏は、被害についての供述が変遷している。

どうしてなのか?

 

(2)加害者家族自己主張の補完材料として利用

裁判事件加害者認定された麻原彰晃家族に近付いて、利益相反の行動を繰り返している。

滝本太郎氏は、麻原の娘(四女)の後見人地位につきながら、その娘の父親死刑を望む発言を繰り返していた。

四女も死刑を望む発言をしているが、家族の心情は複雑であり、一概にYes/Noで割り切れるものではない。

四女は精神的に不安定であったが、滝本の死刑発言が影響している可能性もある。

結果的に、四女も「死刑希望する」と言わざるを得ない状況に追い込んでいた。

 

(3)四女以外の加害者家族への執拗攻撃

麻原の三女について、「オウムと離れていない」とか、「麻原の後継者だ」とか、子どもだった11歳、12歳のころの行動について責めている。

公安調査庁は、三女の立場について一度は役員だと主張したものの、現在撤回している。

それにも関わらず、滝本太郎氏は過去公安調査庁の主張を自分の主張の裏付けとして使い続けている。

 

長男への事実誤認に基づく名誉棄損

滝本太郎氏は、ツイッター脅迫されたとして、麻原の長男根拠なく告訴し、記者会見を行った。

すぐに人違いだと判明したにもかかわらず、滝本太郎氏はまともな謝罪をしなかった。

滝本太郎氏の長男告訴記者会見を唯一放送した日テレ訂正記事ホームページに載せている。

その後やっと滝本太郎氏も事実誤認を認め、謝罪コメント公表した。

 

(4)被害者加害者の遺骨を要求

加害者(麻原)の遺骨を、被害者滝本太郎氏)が、加害者家族(四女)を介して、自分に引き渡すよう申立。

麻原が生きている段階から、遺骨をパウダー化して散骨する計画を四女と話し、法務省に引き渡すように申し入れていた。

 

(5)上記申立をしながら、四女に親との縁を切らせるため相続廃除の申立をさせる

四女は親への恐怖心があることが審判から分かる。

その恐怖心を滝本はさらに増幅させ、それを利用しているのではないか

 

https://anond.hatelabo.jp/20190603203339

2019-04-04

[]2019年4月3日水曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
005018951379.057
01465945129.241
02276795251.782
031511506767.11056
04119436857.81143
05109070907.01214.5
063324853753.11158
07497839160.042
0840308177.045
097213789191.543
108511924140.362
1111712524107.042
121511248682.744
131441198383.243
14122937176.848.5
1598833285.047
1610819543181.043.5
1710516129153.648
1812514632117.152
1910914562133.645
201241067086.044.5
2112220009164.038.5
2214115124107.335
2313115385117.445
1日2035303939149.446

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

散骨(6), ポリアモリー(13), ナルシズム(3), ライバー(3), 欠員(4), き信(3), 疑わしきは罰せず(5), 刑事裁判(5), 4月2日(3), 脈動(3), ポリ(8), 令和(28), けもフレ(17), たつき(9), 令(11), けものフレンズ(10), 法人税(7), 命令(23), 対人(7), 攻略(7), 満ち(10), ヘイトスピーチ(10), 元号(26), デビュー(10), 内心(15), コンピュータ(7), パクリ(7), 二次創作(15), 同人(16), ラーメン(13), PM(14), プログラム(12), AM(12), 作家(13), 無職(14), アウト(12)

頻出トラックバック先(簡易)

ポリアモリーってただやりたいだけじゃねーの /20190402224822(25), ■いきなり味変する人が理解できない /20190403164100(14), ■三大なぜ放置されてるのか意味不明もの /20190403105129(12), ■おまえがプログラミング言語学習とき挫折する原因 /20190402104530(9), ■コンビニセルフレジが導入されて人手不足解消になるのか /20190401235655(8), ■ /20190403141216(7), ■ラーメン屋のコショウが使えない /20190403163009(7), ■人生ソシャゲ /20190403080648(7), ■人工知能ロボット人間は負けなぁぁぁい!とか言ってるバカ /20190403151238(6), ■吐くまで飲む人って馬鹿なのかな? /20190403154010(6), ■クソデブ自分を甘やかすな /20190403133352(6), ■ただの愚痴 /20190403021453(6), ■本当に40歳からキャリアってないんですかね /20190403174739(6), ■30代喪女2人 /20190403022617(5), ■anond20190402224822 /20190403084447(5), ■転売は悪なのか /20190403225434(5), ■anond20190403103435 /20190403104229(4), ■葬式なし×散骨って、流れはどうなるんだろ?ブクマカさんおしえて /20190403154513(4), ■伝統大事とか言いながら、「漢籍から採用する」という伝統はあっさり破った件。 /20190403125321(4), ■嘘つきな現役メタラー夫に趣味を押しつけられるのが苦痛な元ジャニヲタ妻の愚痴 /20190403091354(4), ■anond20190402104530 /20190403102940(4), ■anond20190403115609 /20190403115704(4), ■会社訪問等の就職活動中の女子わいせつ行為って… /20190403141517(4), ■ /20190403151412(4), ■anond20190403134639 /20190403134928(4), ■ちょっとした愚痴 /20190403162435(4), ■ /20190403165918(4), ■生きる理由 /20190403214636(4), ■ヤリマンはなぜ嫌われる? /20190403133800(4), ■anond20190402104530 /20190403152304(4)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6142269(1536)

2019-04-03

散骨文化が主流じゃなくてよかったよな

骨を調べることができなくて考古学者も困るだろう

anond:20190403154513

火葬までは普通で、骨壺持って帰ってきて、許可もらったところで散骨する。

anond:20190403153828

散骨禁止されているところなら撒くな

散骨許可されているところなら好きにしろ、報告必要なら報告を忘れるな

葬式に百万かけるくらいなら、その百万で海外の綺麗な海連れて行って散骨する。

自分母親にはそうする。

2019-01-29

葬式不要

葬式BGMを考える増田を眺めていて、BGM遊びでさえ葬式不要論が出てきて、まぁはてならしいと言えばそれまでだが。

確か数年前、業者に頼まず自分で親を見送った増田レポートがあった記憶があるが、ああいものはあれでいてかなりシステマティックに世の中の仕組みができていて、業者に依頼しない=仕組みに乗らないで遺体を焼くのは割と面倒そうだった記憶がある。

この頃は葬式業者もお手軽パックもあるみたいだが、何だかんだでそれなりにしようとなるとお得感が無くなる、オプションなしだとかなり質が下がるという話もあるし、それほど簡単ではないかもしれない。まぁ彼らも商売から阿漕だなとは思うが仕方ないだろう、商売とは基本的阿漕ものだ。

簡単に死んで簡単野ざらしになれればさっぱりして良いなと思うが、残念ながら妙なところで現代社会には「ある種の厄介さ」があり、それを良いことだとも思ってはいないが、ことに生き死ににかかる諸々は出来上がってるシステムに乗ると割と楽だし人と違うことをすると悪目立ちしやすいという困ったところがあるのだ。

増田は親を二人見送ったが、多少金がかかっても出来上がっているシステムで楽をする方を選んだ。

親のうちひとりは病気で亡くなったのだが、死ぬ前の1か月はだんだん意思が柔らかく緩くなっていき、元気な時は「葬式無用 戒名不要」とか「その辺に灰を撒いてほしい」とか言っていたが、最期の病床では墓のことなどをぽつりぽつりと言いだすようになった。家庭の事情が若干複雑で、ある墓を引き継がざるを得なかったのだがその引継ぎについて口が煩いだけの親戚から了承を取る必要があり、まだ元気なころは墓はつぶす葬式もいらんお前たちも家を継ぐなんて考えなくていい、など言っていたのが、私に煩い親戚からの墓引継ぎの了承を取ってほしいと頼んできて驚いた。元気なころは生まれ世代からしたら相当アナーキーな考え方をしていた人だったので、本当にいいのか、別の方法散骨など)も考えられるがと聞き返したが、それでいいんだ、と言っていた。もう死んでしまったので本意は分からないが恐らく「それで(お前たちが楽な方が)いいんだ」ということだったのだろうと思っている。

もう一人の親は自宅での突然死だったので、もう色々(警察が来たりする)大変で、そのまま業者に頼むほうが気持ちも体も楽だった。というか詳しい人が助けてくれるのが金払ってでも有り難かった。検死も必要だし死亡診断書がないと焼き場の手続きが進まないし焼き場の予約も混雑してたこともあり時間結構かかって、ボディが腐らないかという心配がかなり頭の多くを占めていた記憶がある。先に死んだ親が墓問題を己が死に引き受けたくれたおかげで余計なことを一つ考えずに済んだのがありがたかった。

検死の結果、自然死だったわけだが、病院で死なないというだけでこれだけ手続きが面倒になるのか、そして病院(や誰か看取る人がいる場所)で死なないとこれだけ面倒なのかとかなり身と心を削られた。オフィシャルに死なない(医者などが看取らない)ということは、誰かが疑いの目で見るということだ。警察などからしたら疑うこともなさそうなのが一目瞭然であっても念のため疑わざるを得ないし、遠巻きの第三者はそのような「念のため」をすっ飛ばして、残った我々に色々な憶測を割と無遠慮に投げつけてきたりすることもある。親族などに親の死を連絡をする時はこういうフレーズだと角も立たずこちらも苦しくないです、と教えてくれたのも面白く、ありがたかった。儀礼コミュニティにおける知恵が企業によりマニュアル化されている面白さ。

身内が死んで1か月ぐらいは、なんていうか、生きている側であるこちらも生死の境にいるようなところがある。頭が回らないし究極の非日常でもある。そういう「境目」にいると体の負担も心の負担もかなり大きい。

業者に頼むと大抵のことは業者がやってくれて、ご遺族様なんて様付で呼ばれて下にも置かない扱いを受ける。参列者がまばらになった通夜ぶるまいの席で親族や親の友人知人たちにお礼を言って回っていて、気が付いたらまる2日たいしたものを食べてないな…とごちそうの名残を眺めていたら、業者私たち「ご遺族様」用に別に美味しそうにきちんと整えられた食事を用意してくれていたのがありがたかった。まぁそういう気遣い商売なのだろう。

ふたり葬式にはそれぞれ彼らが生きていた時によく聞いていたCDを自宅から持ってきてBGMにしてもらった。

どちらの葬式業者葬式会場で行ったが、通夜の日から翌日の夕方に骨壺になって帰ってくるまでの1日半程度は葬式会場がベース基地になる。勝手の分からないベース基地で、言葉は悪いが良い感じの時間つぶしが必要だった。スマホはてブなんかは、やはり見る気にはなかなかなれない。SNSも、動画サイトも、自分たち大人はもちろん、子供たちもあまり見たい感じではない様子だった。休んでいる間の仕事のやり取りでメール電話をしても、なんていうかしんどい確認メールを1本入れるにも、気持ちを整えて橋を渡ってまた橋を渡って戻ってくるというような隔絶感があった。

TVも置いてあったがこれもやはり見る気になかなかなれず、そしてクタクタのはずなのだがちっとも眠くならない。通夜番(とはいえ線香も一晩通して火が消えない蚊取り線香のようなぐるぐるした線香があったり(仏式です)と番をするような必要もないのだ)で残ってくれたごく親しい身内親族いたこともあって、ふと思いついて実家に一度戻って、親が好んで聞いていたCDを何枚か持ってきて、会場の音響設備を使わせてもらって聞いてみたら良かったのだ。

親と趣味を共有していたからということもあるが、この曲好きだったねとか、このCD家族ドライブに行くときはいつも持って行ってたよねとか、そういう話ができたのも良かった。そしたら業者がお好きな曲を流せますと言うのでそのまま持ってきたCD葬式にもかけてもらった。見送られる人も、そして何より見送る人も聞きなれた音楽が流れてたのは思いのほか、久しぶりに肺に空気が入ったような悪くない感じだった。

この辺はただの好みの問題だが、業者が用意しているBGMは、ふやぁ~ん系ニューエイジ風の環境音楽みたいなヤツとか耳に残らないようなクラシック室内楽とか当たり障りのないもので、ずーっと聞いてると逆に耳に障った。当たり障りのない音の方が良いという人も居るだろうと思うが。無音はかなりしんどいと思う。周囲が虫の声とカエル合唱みたいなところなら良いのかもしれないが、何らかの街のノイズがいちいち気になった。

これはほとんどの人がそうだろうと思うが、ネットTVラジオ等もほとんどの「日常情報」はしんどくなると思っておいていいと思う。なんていうかすごくしんどかった、「橋の向こうにある日常」が。

あとは業者にもよるだろうが、業者の言うままにすると、妙に感動的な当たり障りのない美辞麗句の式次第アナウンスとともに当たり障りのない感動音楽を流す感じだった。葬式内容の打合せで試しに聞かせてもらったのだが、こんなん葬式コントみたいだと笑っちゃいそうだったので葬式コント化を免れたのは結果的にすごくよかった。この辺は結婚式オールお仕着せでやるとギャーってなるのと同じ感じかもしれない。

2018-12-26

anond:20181226013628

私は散骨もいいなと思ってるんだけど、無縁仏が嫌な人はそういうのはどう思うんだろ。

執着を捨てるって意味でむしろ仏教っぽいとすら思うんだけどな。

チベットだと鳥葬するくらいで。

2018-08-16

anond:20180816215001

うちの墓は納骨堂で、管理費は年千円でまったく負担にならないけど、家は俺で最後から自分死ぬ前に処分しようと思ってる。

ネット検索したら散骨する業者がいるみたいだからそういうので。

今は親につきあってお墓参りとか行ってるけど、自分自身は宗教心はまったくないから、親がいなくなったら墓参りかいかない。

2018-07-27

豪雨から灼熱地獄台風・・・

これってどう考えても麻原の呪いだよね・・・

海に散骨じゃなくてちゃんとした祠を作った方がいいよ、多分

2018-07-26

海に散骨したらさ

地球全土と一体化したのだ…聖地地球…てだっきちゅわん状態にならへん?

2018-07-19

[] 御宝髪(尊師の髪の毛)

麻原が死刑になっても遺骨の引き取りでもめている。

 

四女の代理人滝本太郎弁護士は「麻原の骨は信者にとっては仏舎利(ぶっしゃり)(釈迦の骨)で、誰の元にいくかは大変な問題。妻や子供らに渡してはならない」と指摘。

遺骨をまいた場所が後継団体信者らの「聖地」となる危険性もあるため「広い太平洋に船から散骨したい」と話した。

四女や私は、散骨は、実質的には国で、形式的には2人が散骨というものを求めています

骨など体の一部が残ると「聖地」が作られてしま危険性があると。

でもその理屈だと、散骨しても別の問題が残ったままになるけど、どうするんだろ?(詰めが甘い?)

 

髪の毛=生前の体の一部

麻原の髪の毛のことを「尊師御法髪」(そんしごほうはつ)という。

(正しくは尊師御宝髪)

しか3千円のお布施で、紙包みに2、3本入っていたと思う。

麻原自慢のロングヘアーいつまでも伸ばし続けるわけにもいかず、定期的にカットすることになるのだが、人間の頭に生えている毛は10万本とか言われているので御法髪も一気に大量生産されることになる。

 

信者が持っている「尊師御法髪」をどうやって全部回収するの?

信者に3000円払って買い戻すとか?(買い戻しに応じるの?)

2018-07-18

[] 東條英機麻原彰晃の相違点

 

遺骨と墓

絞首刑後、東條らの遺体は遺族に返還されることなく、いったん川崎市米軍基地に車を入れた後、午前7時半、横浜市西区久保町久保山火葬場に到着し、火葬された遺骨は粉砕され遺灰と共に航空機によって太平洋に投棄された。

小磯國昭弁護士を務めた三文字正平と久保山火葬場の近隣にある興禅寺住職市川伊雄は遺骨の奪還を計画した。

同年12月26日の深夜、三文字らは火葬職員の手引きで忍び込み、残灰置場に捨てられた7人分の遺灰と遺骨の小さな欠片を回収した。

回収された遺骨は全部で骨壷一つ分程で、熱海市伊豆山興亜観音に運ばれ隠された。

1958年昭和33年)には墳墓の新造計画が持ち上がり、1960年昭和35年8月には愛知県幡豆郡幡豆町(現西尾市)の三ヶ根山の山頂に改葬された。

同地には現在殉国七士廟が造営され遺骨が祀られている。

 

合祀

東條英機は自らが陸軍大臣だった時代陸軍に対して靖国神社合祀のための上申を、戦死者または戦傷死者など戦役勤務に直接起因して死亡したものに限るという通達を出していたが、彼自身のかつての通達とは関係なく刑死するなどした東京裁判戦犯14名の合祀は、1966年昭和41年)、旧厚生省(現厚生労働省)が「祭神名票」を靖国神社側に送り、1970年昭和45年)の靖国神社崇敬者総代会で決定され、靖国神社1978年昭和53年)にこれらを合祀した。

 

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん