「TOKYO MX」を含む日記 RSS

はてなキーワード: TOKYO MXとは

2021-12-11

anond:20211211163422

似たような立ち位置TOKYO MXがあるが、

退屈なキー局よりよっぽど面白いし、皆伸び伸びやってる。

2021-10-14

意図のわからない増田シリーズ自称村上隆被害者」 Ver2.0

最近彼女(便宜上)の狂気憎悪がより高まったのと、行動パターンが変化したのでここに記す。

意図は分かれども何故そこまで熱中できるかはわからない、故に「意図のわからない増田」と認定しよう。

さてさて、まずはこの自動リンク化してるであろう「村上隆」の文字クリックして欲しい。

すると憎悪に満ちた怪文書が大量に投稿されているだろう。

これが今回のテーマである自称村上隆被害者増田だ。

「まず村上隆って誰だよ」と思う人に死ぬほどかいつまんで説明すると、有限会社カイカイキキなる企業代表取締役兼、現代美術専門の芸術家だ。

少々…いや、かなり物議を醸し炎上した某カオスラウンジとも縁が深い。アレも一応現代美術絡みだしね。

TOKYO MXマスコットも彼がデザインしたらしい。以上、Wikipedia調べ。

で、「村上隆被害者」はこの村上隆という人物死ぬほど憎み、恨み、殺意を募らせ、呪詛を向け、破滅を願い、日々怪文書を書き連ねている。

そんな彼女ネクロノミコンセラエノ断章じみた黒魔術の呪文SAN値削りながらなんとか解読した結果、以下の情報がわかった。

「私の性別女性」「過去村上隆枕営業を強いられ(もしくは強姦?)、それに抵抗した」

「その事件のせいで村上隆に消えないトラウマを背負わされた」「さら自身に逆らったことに憤慨した村上隆は、私が作品を作ったり発表する場を金と権力により奪い尽くした」

村上隆はその後も私の作る作品の実績を横取りして自分の手柄に変えたり、部下も使って何度も嫌がらせを繰り返している」「私をここまで追い詰めたのはあの村上隆という諸悪の根源だ」

「私を歪めた復讐を今ここでやっている」「あいつが死ねばいいのに」「あの性犯罪者破滅を望む」

当方SAN値限界なので、呪文の解読はここで断念する。まあ、こういう旨の呪詛毎日書き続けている。

まあ要するにアレだ。糖質の類だ。仮にレイプされたりスラップ訴訟されたり集団ストーカーされたのであれば、最寄りの警察病院相談すべきだ。出来れば病院おすすめしたい、主に頭の。

さて、この女黒魔術師過去呪文の高速詠唱(スクリプトを用いた超高速連投)を使うことが出来た。

1のスリケンダメなら1000のスリケンを投げよとはドラゴンの教え。毎秒数百発近い呪文の連射により、増田はなんかもう、うん、ひどいことになった。

ちょうどロシア語スパムハリーポッタースパムも居た時期なので、まさにアバダ・ケダブラとクルーシオの飛び交う世紀末な状況になっていた。

その度にはてな公式はそんなスパムごと彼女魔封波によって封印してきたのだが、禁呪使いの彼女はしばらく経てばすぐ復活していた。

まあそれでも彼女封印されている間は、「村上隆」の自動リンクで出てくる増田他愛も無い、普通の内容だけだったのだ。

しかし、彼女は己の魔術を磨いた。「質より量」から「量より質」へと切り替えたのだ。

簡単な事だ、「スクリプト連投をしない」。ただそれだけで彼女は垢バンを免れるようになった。

そして殺意憎悪に満ちた、ほぼ犯罪予告じみた呪詛毎日の様に唱え続けている。

えっと村上隆さん、普通に訴えた方が良いと思いますよコレ。芸術作りの支障になりますって。

ちなみに面白いのが、彼女を直接揶揄したりバカにしたりオモチャにする増田には一切絡んで来ないこと。

パリコレなんか自分ネタにされたらその異常な自己顕示欲をビンビンにおっ勃ててウザ絡みに来るが、彼女は一切そういう事をしない。

己が「村上隆」と見定めた者(全く関係ない、普通増田)にのみ、その呪詛を向けるのだ。

2021-09-29

見る秋アニメメモ

 

異世界食堂2

ブルーピリオド

海賊王女

見える子ちゃん

さんかく窓の外側は夜

無職転生

吸血鬼すぐ死ぬ

月とライカと吸血姫

真の仲間じゃないと~

世界最高の暗殺者異世界貴族に転生する

サクガン

プラチナエンド

ヴィジュアルリズ

大正トメ御伽話

ルパン三世 PART6

ワールドトリガー3rdシーズン

鬼滅の刃無限列車

逆転世界電池少女

王様ランキング

 

 

アニメは初めて半分くらい切ってしまったけど秋アニメ結構のこりそうなラインナップになったな

最近配信のみとかTOKYO MXBS11のみってのが増えてきてるので地方局でもやってくれるアニメは本当にありがたい。

配信追うほどの気力はないけど録画溜まってるから見るか~とはなる。

 

 

2021-08-30

anond:20210830160854

TOKYO MX見るとか、情弱すぎないか

左に行けばLITERAとか好きそうだし、右に行けば虎ノ門ニュースとか好きそう。

2020-11-04

プリキュア映画感想無駄に長い)

映画プリキュアミラクルリープ〜みんなとの不思議な一日

見てきた。

テレビでは初代〜フレッシュゴーゴーあたりまでしかちゃんと見てなくて、今回の映画ミリしら…までは行かないけどペギたんというのがいるくらいしか知識なく行った。

なんかもうね、はじめからじわじわ涙が滲みっぱなし。

小さい子供たちに「映画館では静かにしてね」を語りかけるキャラマスコットたち。子供たちはきっと「うん!わかった!」って意気込むんだろうな。鬼滅の影響か、プリキュアスクリーンは客がそれ程いなくて、自席からは親ごさんたちの背中しか見えなかったけど。

子供たちの反応を想像するだけで涙ぐみそうになるし、もっと小さい子のぐずる声もまた良い。親御さんは周りに気を使って困ってるだろうな、と思いを馳せる。

映画館ではスマホを切っていたから、あやふや記憶しか書けないのが残念だ。実況したいくらい楽しかった。

まずはペギたんかわいい

の子ちょっと真面目なのかな?そして桜の描写がきれい。これ春に公開する予定だったやつ?

恒例の、応援グッズもちゃんと出てきた。今回は声を出しちゃダメで、「心の中で応援してね」と最初のお願いのときに言われてた。あ〜でもきっとクライマックス応援したくなるよねえ〜!でも心の中で!

              

プリキュアのオープニングソングも良い。声ものびやかで強く、曲は転調とかやや技巧的で歌い甲斐がありそう。サビに入るところでカタルシスがある。

              

映画で知ったけど、今のプリキュアって舞台地方都市なんだね。信州とかあたり?の観光地の隣の町くらいの雰囲気?ですごくよい…。そうだよねえ、プリキュア見てる子供日本全国にいるんだから舞台東京都下のおしゃれ住宅街みたいなところばかりじゃなくていいよね。もしかしてしっかり所在地の設定あったりする?聖地巡りを想定してるとか?(調べてない)

              

そして、今回の映画過去プリキュア総出演じゃなくてスタートインクプリキュアHUGっとプリキュアが出てくるのね。スタートインクルの、TOKYO MXのゆめらいおんみたいなスカートの子がいる〜!と嬉しくなった。キラやば〜〜!

              

ゲストキャラミラクルン、クックルンみたいな名前やな…みらいが来るからミラクルンなのね。

基本ミラ〜しか喋らないけど要所要所で話が通じるように少し喋る。ぬいぐるみサイズのペギたんたちと並ぶとさらお人形さんサイズで縮尺あってるか不安になるけど、主人公のどかちゃんの手のひらサイズらしいので合ってるっぽい。主人公名前映画でしったよ!

              

モブキャラが合体して襲ってくるの、妙な既視感あるな〜、アレだ、あの形は使徒っぽい。てか、エヴァ以降ああいオブジェ的造形の敵って割と一般化してるんです?それとも親世代に訴求するべくあの形なんですかね?

プリキュアたちそれぞれの変身バンクも堪能しました。いいねぇ、各キャラを区切る枠にお花やら星やらが散って華やか!スタートインクルはセラムンかぶらないように名前を良く考えたんだろうねえ。キュアソレイユが好きです!

戦ってる時にHUGっとの男の人(よく知らない)どっか行っちゃうというか元からいなかったような扱いなのはチトもやるな…。

              

ボスリフレイン、でかい!?……いや、そうでもなかった。目がいろんな色が入ってて、小さい子には怖いかも。今よく考えたら、あの目は時計だね。

リフレインのシーンに出てくる時計機械重厚でかっこよい!

(以降、ネタバレするかも。)

              

リフレイン下半身ウエットスーツのような、魚河岸の胴付き長靴のような…肉厚で防水性ありそうな。中身の質量感はあるのに、そこに生身の人間身体は感じられない。どっかで見たことある。腰つきがベルク・カッツェみたいだ。中性的ではないけど。でも人間ではない感は目もそうだし足がずっと爪先立ちなのとかでもわかる。あ!あの爪先立ち、あれも時計の針じゃんね?!今気がついた。

              

のどかは何回か土曜日を繰り返し、毎回ちょっとずつ変化する。繰り返してることに気づきパンを焦がさなくなり、水たまりにハマるのが片足だけになる。ついには巻き込まれではなくて自分意思で最終決戦に臨む回にはパパの見た映画名前ママ同窓会に行くのもわかるし、交通事故は未然に防ぐしサブミッションオールクリアだ。ゲームで習熟してくみたいに。

それは繰り返しだけど繰り返しじゃない。ちょっとずつ前に進んでいるんだ。

              

SF的には〜〜あ〜〜う〜〜、ほかの2チームのプリキュアたちの記憶は……、繰り返しで分岐ごと消滅するのはそこまでの人格の死では?特にこれから時間が戻るよ!私達は忘れちゃうけどまた一緒に戦おう、みたいなシーンは、えぇそれでいいの?その意識消滅ちゃうけど大丈夫?!と思っちゃったけどまあそれ言い出すと収拾がつかないので棚上げする。

              

何も知らない3回目くらいのスタプリ・ハグプリたちに事情説明するとすんなり受け入れるのもまあそうだよね。黄色い子の説明メタっぽくて笑った。「あなた達がプリキュアだって知ってるし何なら私もプリキュアだし〜!」みたいな。

              

そして明らかになるリフレイン目的動機ちょっと泣けるのは個人的に似たような思い出があるからだな…

今、少子化からそういう親御さんも多いんじゃなかろうか。

リフレイン動機は迫る破壊から自己保身というより郷愁にしがみつき幸福過去に留まりたい成長拒否と思えるが、確かに日々すくすくと成長する小さな子供たちとその親御さんにとっては、あってはならないのぞみだろう。

けど、リフレインて「過去精霊」とか言ってませんでしたっけ?!仕方なくね?そもそもそういう存在なんじゃ…と少し思ったり。

              

でもまあ、プリキュアたちは皆の応援もあり、だって私達はプリキュアから!って一瞬初代から総出演ピラミッドもあってリフレインを倒し、お大事に…ってキメて、大団円

ここで同窓会に出てたママ登場して、小学生ママたちの幻影と穏やかな微笑みのリフレインミラクルン。このシーン、リフレインは口元だけなんだけど、それがよかった。うまく言語化できないけど。

              

同窓会ママたち(ママ同窓生がでてくるわけじゃないけど)視点二次創作をすごく書きたくなった!

どんなに過去幸せでも、一歩を踏み出したから今がありのどかちゃんがいるんですよ、てな話が書きたくなるね〜。

              

そしてエンディング。踊る踊る。みんなで踊る。楽しい。泣ける。

結局何が泣けるのか全然説明できなかったけど、いちいち「おお!」「よい!」と心の中でつぶやきながらうるうるし続けていた。

              

しかったです。

2020-01-05

Tokyo MXメイドインアビスを19:00から再放送するのはくそ

ゾーニングとか知ってるか? だからオタクはくずなんだよ、エロ広告ビル一面に貼るのとおなじ。くそすぎる。だかろ規制されるんだよ。

2019-08-13

立花さん(N国党)のマツコデラックスさん出待ち中継について思うこと

政治にまったく詳しくない私(30代)がたまたま昨日のYouTubeライブ中継を観て思ったこと。

N国はここ最近初めて知って調べてました。ちなみに立花さん・マツコさんのどちらも特に支持していません。中立だと思っています


今回の件の簡単な経緯は、一応、下の方に書いておきますけど、詳しくはググってくださいね


マツコデラックスさん(若林史江さんも番組も)が、N国党や有権者小馬鹿にしたのは事実

実際の番組ではなく番組動画しか観ていませんが、喋り方・言葉選びも含めて完全に小馬鹿にしていると感じました。

かに宗教じみてて気持ち悪い感じを受ける人もいると思うし、私も若干そう感じているけどw

公共電波で、一政党有権者に対して言ったというのが完全に失敗。

また、NHKに対しての不信感やロクでもない集金人がいて恐怖を感じている人・被害を受けている人がいるのは確固たる事実なので、

少なくともそういう人は敵に回したはず。謝罪じゃないにしろ何らかの説明はするべきだと思ってる人が多いんじゃないでしょうか。


それに対して、立花さんが言っていることはド正論

今回、ド正論を言っているし、全く非がないのにも関わらず何らかのひっかかりを感じるのは、やり方や言動などでしょうか。

また、本当の本当に有権者馬鹿にされたからの憤りなのか、話題作りなのかの疑問が拭えない感はありますね。

あと国会議員としてというか人間性として、あやしさ満点なので、信頼感には問題があるような気がします。

ただ、政党目的は一貫しているし、スクランブル化については至極真っ当なことを言っていますし、

NHK問題で困っている人に対しては、ホットラインを設置して対応していたり、時には立花さん自ら電話代理対応をしていたり、

動力は半端じゃないです。また、全体的な作戦戦略は、ものすごく上手で相当に頭のキレる人だなぁと感じます


そして、今回の件は単純に「マツコデラックスさんvs立花さん」という形ではなく、

テレビメディア既存マスコミに対抗しうる新しい力があるかもしれない」という見方も出来るかと思います


昨今のNHKを含むテレビメディア既存マスコミ偏向にはもう多くの人が気づいていると思いますが、

どうにかしないといけないとは思うものの、これまではどうすることもできなかった現状で、

今回の件に「既存マスコミに対抗しうる新しい力」を垣間見た人にとっては目が離せない状況なのではないでしょうか。


N国党については、スクランブル化が完了したら解党と言っていますし、もしそれが可能事実であれば、

ワン・イシュー政党でこれまでに変えられなかった難しい部分を局所的かつ確実に対処して、

という形ももしかしたら方法ひとつとしては悪くないのかもと思ってしまます

現状では、もっと時間が経たないと何とも言えませんが、しばらく注目していて損はなさそうです。


ちなみに今回の件、現時点で約半日ほど経ちますが、

既存マスコミでその間に、すぐに掲載した所、別記事掲載しているけど今回の件は掲載していない所、

全く動きのない所、が顕著に分かれた感じでした。


( 今回の簡単な経緯 )

マツコデラックスさんがテレビTOKYO MXの5時に夢中)で、N国党・立花さん・有権者に対して、

宗教じみてる・気持ち悪い・ふざけて投票した人も相当いるだろう・それだけに税金を使われたら迷惑、などといった発言をする。

それに対して立花さんは、公共財産である電波を使って、N国党の有権者馬鹿にするような発言したことに対して怒り、

説明をするか反論する機会(テレビ対談やインタビューYouTubeSNSのどれでも良いと言ってる)を与えるよう呼びかける。

株式トレーダー若林史江さんも同番組で同様の発言をしていたが、影響度を理由として若林さんには特に言及はしていない

しかし、その後、数日経ってもマツコデラックスさん・TOKYO MXからの反応は一切無し。

反応が無い中、同側から立花さんに対して訴訟をするための準備・相談をしているという情報があったらしい。

TOKYO MX内の立花さんに味方するスタッフから情報らしいが真偽の程は不明

呼びかけに応じないなら直接会いに行くという立花さん。さらに数日が経つも反応無し。

そして8/1217時?頃、マツコデラックスさんが番組収録を行っているTOKYO MXへ行って出待ち

その様子をYouTubeライブ配信。現場には100~200人ほど来ており、YouTubeライブでは一時6万人以上が再生していた。

1時間ほど経った所で、マツコデラックスさんがパニックに陥っており番組を降りると言っているという情報があったらしく、

番組を降りるということは非を認めるという理解解散

TOKYO MX内の立花さんに味方するスタッフから情報らしいが真偽の程は不明

同日の23時50分頃、マツコデラックスさんは本件について説明謝罪をする予定もなく、

番組をすぐには降りないらしいとの情報があったらしく、立花さんのYouTubeチャンネルで同番組スポンサー商品の不買を宣言

また、さらに次回の番組収録も出待ち見学と言っている)すると宣言

TOKYO MX内の立花さんに味方するスタッフから情報らしいが真偽の程は不明

2019-08-12

NHKから国民を守る党とマツコ・デラックス

N国党の立花と党支持者が、12日の5時に夢中の放送中、TOKYO MX社屋を取り囲み、

先週の放送内で、N国党へ投票した有権者に対する侮辱発言への謝罪を求め、

放送終了後のマツコの出待ちをしていた。

麴町署の警察官が出動し、厳戒態勢の中、立花と支持者はライブ配信をしながら、

マツコ・デラックスが5時に夢中を降板する」

との内部情報立花メールなどで受け取った。

マツコはMX社屋から出てこなかったため、18時半頃、立花はその場を立ち去った。

5時に夢中もライブ配信も、どちらも見ていたけれど、なかなか面白い展開になっていた。

N国党の正しさとか、実際にやっていることが正しいかどうかはそれぞれの判断に任せるとして、

国会議員が、日々、何をしているのかということを、

この立花議員は最大限伝えようとしている点について、俺は良いと思っているし、何より面白いw。

そして、俺も含めた暇人どもが群がり、時に配信しながら、彼を支持し動向を追う。

今、N国党は弱小だけれど、NHKは敏感に反応しているし、今回のマツコの件で何かしら反応を得られたら、

この暇人たちは「俺たち、私たちも一役を担った」と思う者も出てくるかもしれない。

応援していた団体が、徐々に力をつけていく。

その過程を担っている。

なんとなく、オタクアイドルに熱を入れる構図と似ているのでは?と思う。

オタクは、日常生活では光れなく満たされない部分を、売れていないアイドルという他人投影して、

そのアイドルが多少なりともつかんだ成果を、自己に置き換えて満たされる存在だと思っているけれど、

この仮定が正しいとすれば、5chやTwitterにいるような、低所得者や低幸福感を抱きながら、

満たされない思いを抱いている連中が、N国党を支持する日もそう遠くはないような気がする。

NHKをぶっ壊す。

巨大なモノに対して、「一役を担って」満たされるかもしれないわけだから

魅力的にうつる人もいるかもしれない。

マツコ・デラックスは、テレビに出たての当初、

好き放題言って芸能界追放されても良いと本気で思っていたと思う。

しろ、昔のマツコなら、誰に票を投じても大して世の中変わらないなら、

具体的にNHKを変える!と言って、日々、フットワークの軽さを見せつける立花に対して、

面白いとか、好意的意味での変な人というような感想を述べるような気がする。

その感想を述べられなくなった今を、マツコ自身も思うところがあるのではないかと思う。

とはいえ、今後も今までと同じようにテレビに出続けるなら、

来週も立花MXを訪れると言っているし、早めに、形だけでも、謝罪しとくべきだと思う。

昔のように言いたいことを言う芸能人に戻るのであれば、

番組迷惑を掛けたくないと思うであろうマツコのことだから

これを機にYouTubeなどで配信すれば良いのではないだろうか。

2019-05-03

オピニオンクロス

TOKYO MXモーニングCROSS」を見ていて、今更ながら

発言する人のレベルが低かったり受け答えがへたくそだなと思うことしきり。

よくあるところだと、「海外では常識」「日本は遅れている」みたいなことを

語る人ほど、普段自身が何を成している(活動取材など)かがナゾとかザラ。

グラフ数字を使った根拠をだせるぐらいに主張をするからには、

同席者から内容を質問されたときにサッと返せるぐらいしてほしいけど、

結構しどろもどろになってるところを司会にフォローされ、

無理やり結論づけられていることなんて日常風景みたいになってるし。

まあ、ニュース時の集計結果は割合分布)だけで母数は絶対さないし、(dボタン投票時除く)

スポンサーには宗教団体とか画像素材屋ばかりだし、

芸能ニュースはなぜかジャニーズだけ。

だれかこの辺のことを「#クロス」をつけてTwitterでつぶやいてくんないかな。

番組意見として時間内に結論付けずに「(常に)議論したい」という番組だけど、

忙しい朝にそんなのをリアルタイムつぶやくのめんどくさいから。

2019-04-04

けもフレ2監督 脚本家は変えずにこうすればよかったと思った2つのこと

1.タイトルから「2」を無くす

ナンバリングのついた続編を作らないで「新」や「魂」「GT」などをつけることで続いてはいるけど心機一転感がある。

「2」ってつくとやっぱ12.1話以降の続きが見たい…見たくない…?

2a.サーバル個体を変える

そもそもかばちゃんと旅をしたと思われるサーバルではなく別個体サーバルカラカルを出せばよかったと思った。

前期でも映像とはいえ野中藍声のサーバルアプリ版)が出たんだから別のサーバルだって出していいじゃん…

というか最後の絵に描かれてるサーバルはそっちなのでは…?

ゲーム版をやっていないので、もしかして1作にはフレンズが1体しか出れないみたいなのがあったらごめんなさい

2b主人公サーバルを使わない

ポケモンゲーム御三家を選ぶのとは違いアニメでは相棒ピカチュウにしたように案だけフレンズがいるんだから主人公フレンズを前作と同じ

サーバルにする必要はあまり感じなかった

しろここで新しいフレンズ主人公にすることで人気出て前作と差別化できたかもしれないし、カラカルとキュルルでサーバルを探すみたいな感じで話作れてたかもしれない…

ZからZZに乗り換えたし、ガルダフェニックスマッハジャスティスになったし、メタビ―からアークビートルみたいなのがあると思うんだ

最後ちょっと違うんだけども

今作の監督脚本家が合わないと思った方は他の作品を見て評価を考え直してみるのもどうでしょうか?

ちょうど来週4/11(木)から今作の監督木村隆一監督を務めるアイカツ!再放送MXで始まります

https://twitter.com/TOKYOMX/status/1113750055494856705

そして来週来週4/12(金)から今作の脚本家ますもとたくやも脚本を書いているゾンビランドサガが、早いところでは今日から再放送が始まります

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

多くアニメを見ていると好きではない作品も中にはあると思います

だけど、それを作った人に親を殺されたかのように憎む前にまず同じ人が作った別の作品を見てはどうでしょうか?

そしてそもそも前作が人気になった経緯やその時の様子、この作品を作ることになった原因やそれを取り巻く環境を改めて考え、そこから自分の伝えたいことは何なのか考えてみてほしいです。

以上、アニメ見るのが大好きな無職チラシの裏にでも書くようなことでした。

2018-11-08

からくりサーカス43巻を読んでいる間ずっと泣いていた

もとい、からくりサーカスとは「変わっていく」物語

 この文章は、大きなネタバレしません。

 未読の方に紹介することを前提にしたものなので致命的なネタバレは勿論ですが、魅力的で多彩なキャラの紹介はしません。

 どの展開もキャラクターもネタバレに溢れているからです。

 ただ、アニメ派の方は些細な説明も今後のネタバレに繋がりかねないので、この文章を読まない方がアニメを楽しめると思います

 また、ちょっとネタバレにも触れたくない方は読むのを止め、是非からくりサーカスをお読みください。

 とても素晴らしいサーカスをご覧頂けますので。

 からくりサーカス。皆々様はご存知でしょうか。

 週刊少年サンデーにて1997年2006年まで、計9年間連載され、全43巻で完結したお話でございます

 私はというと「ほんのちょっと」聞きかじっていました。

 たまに読むサンデーからくりサーカスが丁度載っていて、途中から読んだものから話はよくわからない。

 ただ、「しろがね」という美しい人形のような女性と、人形たちと、「鳴海」という強い青年、そして「勝」という少年がいることはわかってました。

 それくらいの「ほんのちょっと」です。

 さて、そんな私が何故からくりサーカスという漫画を読むに至ったのかというと、「アニメ化」がきっかけです。

 そう、アニメの第1話を見ました。

 アニメ10/11(木)の22:30からTOKYO MXなどで放送開始しています

 私の先程の「ほんのちょっと」の情報アニメで綺麗に繋がりました。

 父の莫大な遺産相続した少年「勝」、彼が助けを求めたサーカスのビラ配りの青年鳴海」、そして「勝」を助ける使命を帯びた麗しのひと「しろがね」、彼女が繰り出すあやつり人形「あるるかん」、襲いくるは「自動人形(オートマタ)」たち。

 物語はそんな彼らの出会いからまり、様々な出会いと別れを経て、彼らの関係性は始まりから大きく「変わり」、そして終わるべくして終わります

からくりサーカスとは、「変わっていく」物語だと感じた

 泣き虫で逃げてばかりだった少年「勝」は、「鳴海」との出会いで諦めずに笑って立ち向かうことを学び、失ったものを心に抱きながら成長し「変わって」いきます

 人を笑わせないと死ぬ奇病「ゾナハ病」にかかった青年鳴海」は、世界中にいる同じ病気で苦しむ子供たちのため、彼らを守るためにと強くより強く「変わって」いきます

 人形のように表情を変えない女性しろがね」は、心が揺さぶられる出会いと別れを経て、家族と呼べる仲間を得て、自然に微笑むことができるような人間らしいひとへと「変わって」いきます

他の登場人物たちもまた、誰しもが「変わって」いく

 34巻60・61ページの「勝」の言葉引用するとわかりやすいでしょうか。

「守りたい人がいれば、僕だって変わっていける。僕だって進化していける。」

「誰も見ていない暗闇でずうっと同じ芸を繰り返す自動人形は、進化できるの!?


 「勝」はいます、「人間」は変わっていける。「自動人形」は変わることができない。ただ繰り返し命じられたことをなぞるだけの機械人形

 「変化」こそが人間に与えられた宝であり、それがある限り人間は立ち止まらず、前へ歩んでゆくのだと。

過去のどのような失敗すら呑み込んで、未来を目指すのだと。

 「変われない」のならば、それは人間であっても人間とはいえない。

 「変われた」のならば、それは人間でなくともきっと人間なのではないか

からくりサーカスは、人々が「変わって」いく物語

 初登場時はあんなに憎たらしかったアイツも、嫌悪感を抱かせたアイツも、どうしようもないと思わされたアイツも、懲りないと呆れてしまうアイツも、みんな「変わって」いく。

 では、何故変われるのか。

 それはきっと誰かとの「出会い」があったから。

 強い男の背中を見たから、一目惚れをしたから、守ってくれる優しい腕があったから、叱り飛ばしてくれる母親がいたから、家族のような仲間たちと出会たから、逃しがたい敵を見つけたから。

 それは様々な出会い千差万別

 運命的であり、偶然のものであり、愛する人であり、憎い相手であり、敵であり、味方であった。

 誰しもが誰かと出会い、変わり、前へと進んでいく。

 是非、1巻から大きく「変わった」彼ら三人と、その仲間たちの活躍をご覧くださいませ。

 私はアニメきっかけに当時無料開放されていた5巻まで読み、最初は耐えていましたが続きが気になって仕方なくなり、全巻まとめ買いしました。

 でも、そうでなくとも構いません。

 勿論原作漫画に触れることを推奨したいですが、人の「出会い」は千差万別漫画を試しに1巻だけ買っても、漫画喫茶で読んでも、友人から借りても、アニメを見るのでもいいでしょう。

 無理に漫画を読むものではないし、絶対に触れろとはいいません。こういうもの自分の中で「触れたい」と思う気持ちが大切だからです。

 ただ、この私の文章を読んで、少しでも興味が出たのなら、ちょっとくらい触れてみようと思えたのなら、心にとめておいてください。

 「からくりサーカス」という物語があることを。

私は最終巻である43巻を読んでいる間、ずっと泣いていた

 変わった彼らの今に泣き、成果に泣き、辿り着いたもの、得たものに泣かされました。

 キーワード「笑顔」。そこが一番好きなシーンです。

 私はおかげさまで、とてもとても、愉快で心躍る、胸が張り裂けそうになる素晴らしいサーカスを見ることができました。

 それを是非、貴方にもご覧頂きたいと思ってしまうのです。

 よろしければ「からくりサーカス」、愉快で胸を打つサーカスに、触れてみてくださいませ。

2018-05-18

ゆるキャン聖地巡礼してて良かったこ

ホテルTOKYO MXが見られる

これは大洗でも出来なかったので今後安心して山梨には行ける

2017-10-29

ときども時の人として、各種ニュースサイトで取り上げられていた

anond:20170720215133

藤井聡太四段→時の人 ときど→ゲームサイトで取り上げられて終わ

所詮eスポーツ、テレビゲーム全般への評価ってその程度なんだろうな。あっちは世界規模なのに。

何を悲観しているのやら。

ときどの扱いはゲームサイトだけに留まらない。

TOKYO MXの「モーニングCROSS」でEVO特集テレビ東京の「勇者ああああ」でEVOレポート週刊文春ときインタビュー白夜書房ムックときどの生い立ち特集

EVO優勝は特集するに値するニュースから普段の枠組みを超えて報じられていた。

ゲーム対決を超えた格闘技 eスポーツ プロゲーマーときど [モーニングCROSS]

https://www.youtube.com/watch?v=KRzqPMa_BvQ

藤井聡太四段という人物もただのアナログゲーム廃人な訳で、メディアがどれだけ担ぐか? という話でしかない。

ビデオゲーム競技アナログゲームを追い越すのは時間問題

将棋との扱いの差を嘆いてないで、とき特集ニュースヤフートピックスに掲載された事を喜ぶべき。

ヤフートップページに表示されたこ自体ニュースだ。

2017-08-21

TOKYO MXに抗議しようかと思う

土曜夜10からやっている某アニメ

女子高生オナニーシーンが堂々と流れていて愕然とした。

児童青少年が見る時間帯にこんなわいせつアニメを流すのは問題が大きい。

放送するなとは言わないが、休前日にやるならせめて日付をまたいでから放送するなどの配慮をしてほしい。

来週もこんなシーンが流れるんだったらMXBPOに抗議しようかと思う。

過剰なエログロ児童青少年が見にくい時間帯にやれ。

児童青少年も過剰なエログロは親に隠れてみろ。

2017-08-20

やまもといちろうは何を考えているんだ?!

芸能界の”奴隷契約”の是非と置屋事業対策に進む公正取引委員会 - ネタりか

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170820-29325855-dailynewsq

論点ずらしがひどい。

先般大変な騒ぎとなっていたAV女優の出演強要問題でして、これはAV女優が納得ずくで楽しく出演していたという証言が多数現場から上がったとしても保護対象となるということが明確にされつつあります

確かに、「あんなに現場で楽しくやっていたのに、強要とかおかしい!」って反発買っていた人がいたのは知っている。でも、AV強要問題の肝は「事前に聞いていた話と違う」「徐々に話がずらされていく」「契約時に録画をして、女性への圧迫を強くする」「事前にNGと伝えていることを現場強要された」といった制作マネージメント側の問題で、女優個人的事情とかじゃない。上記例なんて、全体から見れば少数なんじゃないの?

結婚の決まった女優が、今後はおそらく仕事が入らないと事務所が見切ると一晩数千万の高級コールガールとして人身売買の具になったりする世界です。人としての幸せというレベルの話ですらありません。ぶっちゃけ昭和の頃から現在に至るまで、また日本に限らず韓流ブームからハリウッドにおいてすら、日常的に発生している世界である以上、何が正解か、どうあるべきかはとても一口には言えないよなあという風に思うわけであります

日本売春防止法があるのを知らないのか? 「とても一口には言えない」じゃなくて、全部NGが基本だろうが。人身売買肯定するな!!

前のTokyo MX能年玲奈の話だって、やたらとテレビ側の肩を持っていたし、やっぱり女でももらっているのかね。気持ち悪い。

2017-04-25

このよしこは嫌いだ

櫻井よしこの講演料は150万! 講演で稼ぐ安倍応援団実態

 しかし、辛坊竹田はまるで冗談かのように茶化していたが、これは本当の話だ。ある在京テレビ局関係者が言う。

「いまのテレビ政権というか官邸の顔色ばかり伺っている。企画だって政府批判につながりそうなもの露骨に上の受けがよくないし、だいたい弾かれますよ。

スタジオでも言葉遣いひとつひとつに、偏向だとか言われないように細心の注意を払う。その意味では、やっぱり安倍政権好意的コメンテーターは使いやすいんです」

 しかも、こうして一度“安倍礼賛”の陣営はいれば、いみじくも『委員会』で辛抱が暴露したように、講演会によってガッポガッポと稼ぐことができる。

もちろん、そういう「講演会」というのは、書店トークショーなどでのこじんまりしたものではない。

JC青年会議所)やライオンズクラブ、有力企業保守系政治団体などが主催し、ホテルなどの大箱で催されるもので、目当ての“顧客”は、一般人ではなく企業経営者地元の実力者。

いきおい、講演料は大学市民団体などでの講演とはくらべものにならない高額になる。

 たとえば、講演会での講師派遣などを手がける株式会社エスエンタープライズHPによれば、“保守女神”こと櫻井よしこの講演料の「目安」は実に100万〜150万円と記載されている。

大阪市長橋下徹の講演料が「90分200万円」であることも有名な話だ。人によってピンキリではあるが、相場は50万〜200万円と言ってもいいだろう。

 ようするに、こうした文化人にとって数時間でこんな大金を得られる講演会ほどオイシイものはないのである。付け加えると、「『委員会』に出て、講演で稼ぐ」という構造も本当だ。

 その典型が、東京新聞長谷川幸洋長谷川はある時期から急速に安倍応援団色を強め、

いまではネトウヨ番組ニュース女子』(TOKYO MX)の司会者として沖縄ヘイトを垂れ流すまでになったが、その長谷川が夢中になっているのが「講演ビジネス」らしい。

長谷川テレビで共演したことのある評論家が苦笑しながらこう語る。

長谷川さんの方から、『あなた、何で稼いでるの?』と言ってきて、『講演やった方がいいよ、講演は儲かるよ』と力説していましたね。

なんでも、土日は講演で地方にいて、ほとんど東京にいない、と自慢していました。うれしくてしようがない様子でしたよ」

 しかも、講師派遣サイト「講演依頼.COM」の紹介ページを見てみると、長谷川は「実績」として堂々と『そこまで言って委員会NP』や『ニュース女子』 “売り”として記載している。

 そんな長谷川がどんな講演を行なっているのかといえば、昨年6月には新潟県内のホテルで、「安倍政権と今後の日本」と題した講演会を行なっている。

主催は、新潟県異業種交流センター県央支部で、後援は燕三条青年会議所燕三条JCの告知ページではこのように宣伝されていた。

読売テレビそこまで言って委員会NP」など、多数のメディアにご出演されている長谷川幸洋氏より、参院選前の官邸の様子、永田町の様子などホット話題提供していただきます

普段テレビでは言えないような発言も飛び出すかもしれません。お聞き逃しなく!〉

 こうした安倍政権応援団の“講演会ビジネス”の実態をまざまざと見せつけられると、ひょっとして、こうした小遣い稼ぎ(といっても大金だが)のために、

テレビ安倍首相を礼賛して沖縄米軍基地に関するヘイトデマを垂れ流しているのでは、という疑念が頭をもたげてくる。

 だが、こうしたビジネス長谷川だけの話ではないだろう。

毎日新聞伊藤智永氏は「サンデー毎日」(毎日新聞社4月2月号に寄せた「安倍首相を担いだ『保守ビジネス』」のなかで、近年の日本社会のなかで〈「保守」が思想ではなくビジネスになっている実態〉を指摘している。

 伊藤氏はそのなかで、東条英機元首相のひ孫である東條英利氏のエピソードを紹介している。

東條英利氏は現在一般社団法人国際教養振興協会」の創設理事長を務め、神社ライターとしての執筆活動や各地での講演会を行なっている。

伊藤氏の取材に対し東條氏は、竹田恒泰代表を務める「竹田研究会」に出入りしてノウハウを学んだという。

竹田研究会といえば、〈日本研究し、日本の文化芸術を振興し、かつ、青少年健全な育成をすることで、日本人が輝きを取り戻し〉などという触れ込みで全国に支部をおき、各地で竹田講演会を開催している団体

事実上竹田資金め組織のような役割を担っているが、昨年10月竹田の片腕としてその竹田研究会幹事長をしていた前山亜杜武氏が、詐欺容疑で逮捕されたことも記憶に新しい。

 伊藤氏は、東条氏のように、この竹田研究会で学んだノウハウ独立し「保守ビジネス」を起業した男性2人に取材。彼らの話を総合すると、その実態はこういうことだという。

セミナー屋だね。会費3000円で1回25人も集まれば成り立つ。あとはネット塾。私は月1000円で約1400人に歴史時事問題面白い言論配信している。

毎月定期的に140万円。売れっ子Kさんは月5000円、Mさんは月3000円で常時1000人以上。やめられないよ。運動なんかしない、商売もの

自己啓発とか異業種交流とか似たモデルは他にもあった。1990年代から保守が売り物として成立するようになった」

 この複合証言なかに出てくるK氏とM氏は〈ウィキペディアにも載っている業界の中堅どころ〉だという。

いずれにせよ、「日本研究し、歴史伝統継承する」などと大上段に構え、「保守」を自認する安倍政権を讃えることが、彼らにとって格好の金稼ぎの手立てとなる。

委員会』で辛坊治郎暴露した“講演会ビジネス”もそうだが、そうしたビジネス蔓延しているということなのだ。

 結局、彼らの言う「保守」というのは、金儲けのための“看板”みたいなものなのだろう。つくづくため息が止まらないが、

安倍政権がこうした“ビジネス保守”の連中を活用することで、世論をつくりあげていることも事実だ。圧力に屈して政権忖度するマスコミと、

その流れをフルに活用してマネタイズするカッコつきの保守人士たち、そして、それを養分政治体制を盤石にする安倍政権――。そのサイクルは、わたしたちが思っているよりもはるか構造化しているのかもしれない。

http://lite-ra.com/2017/04/post-3100_4.html

K=小池塾? 5000円

2017-03-26

TOKYO MXしか放送しないやつを

TV放送決定!って言わないで欲しい。

それともぬか喜びさせて楽しんでるの?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん