「開かずの踏切」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 開かずの踏切とは

2019-07-19

鉄緑会に怒りを覚える

東大番組でたびたび話題になる進学塾ひとつなのだが、

地元民にとって非常に邪魔存在になりつつある。

通ってる子たちが悪いのではなく

主に、鉄緑会に通う子供を迎えに来る親御さん達に腹が立っている。

代々木には開かずの踏切がいくつもあり、常に渋滞の多い場所なのだ

近所には JR 東京総合病院という救急受付もある大病院があり

1 日 10 回以上サイレンが聞こえてくることもある、 重要道路である

大事道路だが、普通の片側 1 車線の対面通行道路である

そんな道路を、あいつら堂々と路上駐車していくので、道路が両車線埋まるのだ。

たまに警察も動いて排除するシーンを見るが、

あいつら頭いいからすぐ口論になって揉めはじめる。

それも腹が立つ。

鉄緑会があんな立派な建物作る前はこんなことなかった。

明らかに鉄緑会が原因で渋滞が起こっている。

2015-03-08

http://anond.hatelabo.jp/20150308155714

Wikipediaに答えが載ってる。

徒歩所要時間

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%92%E6%AD%A9%E6%89%80%E8%A6%81%E6%99%82%E9%96%93

車両通行量が多い道路鉄道などを越えるために、歩道橋地下道踏切などを経由するときは、それを経由するために余分に歩く距離を含める必要がある。ただし、横断歩道信号踏切を横断するときの「待ちの時間」は考慮しなくてよい[3]。

から物件を見るときは駅までのルートを見て、開かずの踏切歩道橋のない幹線道路信号を渡るルートがないかを確認しないと、「こんなはずはなかった!」と後悔する。

2011-04-05

就職して電車乗るようになったけど

いつ見ても踏切って閉まってるよな

開かずの踏切多すぎなんじゃないか

2009-09-16

高速道路国道化に反対の意見が出ているという話。

揮発油税を財源とする道路予算は、本来の道路を作る為では、もはや余ってしまう状態になっていった。道路族道路を作っていたのは、高度成長期の初めの内だけであり、田中角栄逮捕されて政治世界から姿を消して以後の道路族は、道路を作りかけのままで放置させておく事で票を集めるようになっていた。道路を完成させてしまうと票が逃げるし、道路を作ろうとしても、道路用地の強制立ち退きは出来ず、市街化調整区域として線を引き、その線にかかる家屋は新築できないという規制をかけていたが、リフォームという裏技が出てきて、実質的には建て替えなのに、リフォーム扱いにされてしまうと、いつまでたっても家がなくならない。放火は罪が重く、火付けで無理やり地上げするという胆の据わった地上げ屋は、さすがにいない。

結果的に、道路予算をもてあました国土交通省は、その予算で、職員用宿舎を建設したり、職員旅行費用を賄ったり、レクリエーション用の道具や遊び疲れた時の為のマッサージチェアを買い、それでも使い切れないという事で、道路建設正当化する内容のミュージカルを公演してみたり、新都市交システムという名目でモノレール建設したり、開かずの踏切を無くす為に鉄道会社お金を渡していたり、タクシーバスレーンの新設ということで、駅前の一等地を地上げして買い取り、立ち退かせた店舗等を収容する再開発事業にお金をつけるという事を行っている。

つまり、揮発油税無駄遣いが発生しているのに、高速道路の赤字は増えるばかりとなっていたのである。

使い切れないほど余っているのであれば、値下げするべきというのが、揮発油税暫定税率分の徴収を一ヶ月間だけストップさせた(2008.4.1~2008.4.30)、野党としての民主党であった。徴収の根拠となる租税特別措置法案は、結局、道路族の圧力によって、衆議院の3分の2を持っていた自民党福田内閣によって4月30日に採決され、暫定税率分の徴収は翌5月1日より再開された。

福田内閣は、道路族の圧力に抗しえず、8月2日に辞任に追い込まれ、道路族傀儡である麻生内閣へと代わったのであった。

一ヶ月間だけの価格の変動という結果になったが、それでも、批判が集まったことから、道路財源の無駄遣いは減り、道路を作る為に使わなければならないがその道路を作れる場所が無いくらいに、道路は作りすぎているという事で、道路財源の使い道を、ETC利用者に限定した高速道路の値下げに使うようになっている。

しかし、道路財源の辻褄は、高速道路値下げ補填程度では間に合わないであろう。一般財源化がされていることから、一般財源に投入して使ってしまう事も出来なくは無い。ばら撒きの財源を必要としている民主党が、道理を通せるかどうかという試金石となるであろう。道路予算道路の為に使うべきであり、ETCを使った限定割引のような無駄な事を続けるべきではないし、僻地道路から順番になどという姑息な事も、やるべきではない。割引が適用される日に交通が集中するから渋滞になるのであって、課金自体が消滅すれば、曜日による集中はレジャーシーズンだけとなるし、高速道路一般道路との区別が消失することから、それぞれの区間ごとに、空いている道を選んで利用するようになるだけである。ETCによる割引では、高速道路に乗り降りするごとに課金される為に、高速道路に乗ったら目的地まで降りずに走る事になり、渋滞が発生しやすくなっているのである。カーナビで迂回路を探せても、渋滞情報で空いている事がわかっていても、料金制度によって、渋滞しているとわかっている所に突っ込んでいかなければならないのである。

高速道路道路財源で運用される国道化されてしまうと、大口広告主であった鉄道や航空は打撃を受けるという事で、広告代理店から世論操作を請け負った業者が、一斉に、高速道路無料化反対の主張を並べ始めている。道路財源の無駄遣いに触れない主張ばかりという偏りが出てしまっているので、世論操作の手段としては、下手な方といえる。パブリックコメントコメントスクラムをかけるのを請け負うよりは、発言者の身元を明らかにする必要が無い事から、やりやすかったので、やりすぎてしまったのであろう。

http://www11.ocn.ne.jp/~ques/diary/diary.html [2009.9.16]

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん