「息もできない」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 息もできないとは

2018-02-24

https://anond.hatelabo.jp/20180223231531

あら、小梨認定してごめん、同じ人じゃなかったのかね。

まあ、幼稚園はそうかもね。自分保育園ママたちのほうが自分には合ってたし本当いい人おおかったと思う。

幼稚園でもママ同志が嫌いになれるほど知り合えたのもまだ、同年代とか趣味が似てるかもとかとっかかりがあって一度は胸襟を開いた結果だろう。

高校にもなるとおそろしく生ぐさい話題がぼろぼろでてくるんで自分を潜入捜査中の情報エージェントだとでもおもいこまないと息もできない。息子というリアルアイドル彼女パレがすぐにでも発生する状態といえばむしろ元増田にはわかりやすいのでは。親のうちとけた集まりにもいつも2~3人くらいはそういう「いつもは穏やかな人だろうに何かしらの理由修羅場ってて大変そう」な人が混じる。自身がそうなのかもしれない。集まり苦手だからといって出ないことはできるが家庭の中での担おりやジャンル替えはできない。アイドルと同居する時期は親にとって本当に大変。

なんで元増田には保育園小学生あたりが「最初最後のチャンス」とはいった。100%ママ友できるとはいってないけど、むしろ早めにチャンスは回ってくるので希望は持って子育て趣味の両立を楽しんでほしい。

2017-06-05

http://anond.hatelabo.jp/20150508203105

勝てるもの(自分より下だと思えるもの)を作ってマウンティングをしていないと、明日息もできないような人が増えてるね。

いずれも夫婦仲上手くいってないとか、結婚した事自体や、子供を産んだ事を後悔してるとか、何かしら本人に不満や問題がある。

どうしようもできないから「そんな私でも独身者よりは幸せ」「独身者よりは上」という思考生まれる。

そう思う事で明日も生きていられる。

2017-02-27

http://anond.hatelabo.jp/20170116022227

息もできない の楽しさについて語って欲しい。

話の筋が途中でわかってしまった人には楽しめない作品ってことでok?

2017-01-16

君の名は。」を選外にしたキネマ旬報カス

君の名は。」がキネマ旬報ベスト選外となったけど、これは、日本映画批評における下記の(伝統的な)問題点象徴する出来事なので、みんなもっと大騒ぎすればよいと思います

最初問題点日本映画批評は、アニメーション映画を適切に評価することができません。

キネマ旬報ベストテンランクインしたピクサー映画は、何本でしょうか?少し考えてみてください。答えは、ゼロゼロですよゼロ世界アニメーション革命を起こした「トイストーリー」も、障碍児童冒険譚をウェルメイドに仕上げた「ファインディングニモ」も、冒頭からほとんどセリフを用いることな世界の荒廃を描いた意欲作「ウォーリー」も、トリロジーの最終作として圧倒的な完成度を誇る「トイストーリー3」も、ベストテン選外になっていますピクサー以外でも、「アナ雪」も選外なら、2016年は「ズートピア」も選外。正気かよ。日本アニメーションに目を向けても、例えば故 今敏作品は1本もランクインしていません。「千年女優」を超える絢爛な日本映画2001年10本あったか?「東京ゴッドファーザー」を超える抑揚の効いた感動作があったか?「パプリカ」のイマジネーションを超える作品があったか?「パーフェクトブルー」ほど低予算映画で、今なお国境を越えて評価され続ける映画が何本ある?

次の問題点日本映画批評は、映画自体の良さではなく「他国における賞レースの結果」や「興行成績」や「過去監督作の評価」などの外部要素に引き摺られすぎる。

2000年以降、ピクサーを筆頭にCGアニメーション映画映像面、シナリオ面での革新を重ねる中、たった1本だけキネマ旬報ベストテンに名を連ねた映画があります2009年戦場でワルツを」。レバノン内戦における監督自身記憶を辿る、という半ばドキュメンタリーのような内容の映画で、ここ数年の作品でいえば「アクトオブキリング」ような手触りの、とてもいい映画です。とてもいい映画なんですが、たぶんこの映画キネマ旬報ベストテンランクインしたの「アカデミー賞ゴールデングローブ賞外国語映画賞部門ノミネートされた最初アニメーション映画」だからなんですよね。あと反戦映画から反戦映画と、海外映画賞をとった映画日本映画批評において高く高く評価されます

興行成績の良い映画評価も引き下げられます興行成績がよい映画は「おれが評価しなくてもいいだろう」という寝言をいいながら、実のところ「自分は年に100本も200本も観ているのだからパンピーと同じランキングには出来ない」という薄っぺらながら自意識を守るために、本当はすごく面白かったのに、8位とか9位に入れたり選外にします。2016年も「シンゴジラ」より「クリーピー」を評価して、ズートピアを選外にしたハゲがいましたね。「こいつらは友達が多いから、ほかの人が評価してくれる」って言い訳しながら。一言。邪念が多いよ!!面白い映画普通に評価しろよ!!いや、確かに「クリーピー」は面白い。その通り!映画順位をつけるもんじゃない。その通り!けど、正直「シンゴジラ」と「ズートピア」より「クリーピー」のほうが順位が上、とい上のはさすがに無理があります

過去監督作に評価が引き摺られすぎる、というのはイーストウッド映画過大評価が最も有名でしょう。確かに、イーストウッド映画面白い。本当に良い映画ばかりです。でも「グラディエーターアメリカンビューティーとダンサーインザダークを抑えてスペースカウボーイが1位」とか「父親達の星条旗硫黄島からの手紙のワンツーフィニッシュ」は、やりすぎをこえて「ヤラカシ」だと思うんですよね。

ヤラカシ」といえば「オールタイムベスト日本映画こと七人の侍が、キネマ旬報年間ランキングでは3位な件」がもっとも有名ですが、このときは「木下恵介作品のワンツーフィニッシュ」というわけわからんことになっているんですね。1位は「二十四の瞳」。これは、わかります。「二十四の瞳」はすごい映画です。今観てもびっくりさせられます(比類する作品は「6歳のボクが、大人になるまで。」ぐらいしかし無いのでは?)。ところで、2位は?…2位は、「女の園」という映画です。…いや、本当なら観てから言うべきなのはわかります。でもあえて言わせていただきたい…知らないよ!!オールタイムベストどころか、木下恵介監督作としても無名作品なのではないでしょうかコレ。(誰か観た人いますか?もし「おれは観たけど、七人の侍よりずっと良い映画だよ」という人が多ければ、この段落は訂正の上謝罪いたします)

最後問題点日本映画批評者は、孤独すぎる。

映画は観る環境によって、評価が大きくことなます。これは前項と矛盾するようで矛盾しません。映画館で観る映画と、家で観る映画は違います。「IMAXで観るゼログラビティと、金曜ロードショーゼログラビティは別の映画だ」と言われて、否定する人は少ないでしょう。映画体験です。ウェイン町山が「試写室で隣にピエール瀧がいたので死ぬほどビビった」と言って「凶悪」を年間ベストに挙げるように。ガース柳下金沢映画祭で観た映画を年間ベストに挙げるように。「お家に帰るまでが遠足」と言われるように。「フェスで盛り上がる曲」があるように。では、「夫婦カップルで観に行き、食事をしながら感想を言い合い、その日の記念にプリクラを撮り、インスタに半券の写真を上げたくなる映画」は、その体験込みで評価しなければいけないのでは?

ひとり、ルーチンワークとして試写室のパイプ椅子に座り、原稿の締め切りを頭の片隅に置きながら観る人間は、金曜ロードショーで観た「ゼログラビティ」をつまらなかったと言い切る人間と変わりません。真面目な話、かつてこれほどまでに評価され、クチコミ観客動員の伸びたデートコースムービーってあるんでしょうか?そう言えば「動員で映画評価を語るなら踊る大走査線2は名作」って言ってる人がいましたね。…寝言かな?(たぶん口を滑らせたのだろうと思うけど)

以上3点。おれは「息もできない」を年間ベスト映画に選ぶキネマ旬報のことが(ピラニア3Dを年間ベスト映画に選ぶ映画秘宝より)本当に大好きなんだけど、やっぱりよくないところはよくないところなので、なおしていただきたく候。

なおちゃぶ台をひっくり返すようだけど「君の名は。」は観てません。だって子どもが生まれたばかりで、奥さんが育児で手一杯だったからね。子どもがもう少し大きくなったら、ポテトチップスコーラを片手に、あーだこーだ言いながら2人で観るよ。ほなさいなら

2016-02-23

死ぬほど笑った○○あげてけ」ってスレあるけど、

本当に死ぬほど笑ったのあげてる人って、何割くらいなんだろう。

ま、「死ぬほど笑った」の定義にもよるけど、

自分の「死ぬほど笑った」の定義は「息もできないくらい笑う」。

え、私ですか?

最近死ぬほど笑ったものっていうと、「ネッキーとあそぼう わんぱくパラダイス」のMAD動画ですね。

同じような話で、「寝る間も惜しんで読んだ徹夜小説あげてけ」ってスレあるけど、

本当に徹夜して読んだのあげてる人って、何割くらいなんだろう。

本当に面白すぎて、次のページを見るのももったいない、または次のページが裏うつりするのもじれったくなる、

究極では、次の行も見えるのもじれったくなるほどの小説あげてる人ってどのくらいいるんだろう。

え、私ですか?

私が徹夜して読んだのは、学生の時ですが、シドニーシェルダンの「ゲームの達人」でした。

2015-09-30

http://anond.hatelabo.jp/20150928142826

乗客運営しているわけでもない電車効率を考えたりするのは筋違い

詰め込める効率とかも関係ない

そもそも乗車率って息もできないほどに詰め込んで100%じゃない

だれが乗ってこようと電車賃を払って乗り込んでくるものはみな平等乗客

二人分はらったから2席分座らせろというのならわかる

もちろん席料で座席を確保する場合だけど

入場で時間制限のもと移動手段として利用できるものならどこにも差はうまれないはず

ゆえにすわりたい弱者はすわれなくとも平等なので「積極的にすわらせてやってくださいませんか」という

啓蒙で入場量の割増をねらう運営がいるのもうなづける

優先座席にすわって老人に席を譲らなくても電車賃のなにを侵害しているわけでもないし

にの得をしてるわけでもない

そこでベビーカーは損か得かと問うのはなになのかといえばそれはそこにあるだけの当然の利用客

ベビーカーがじゃまなら二本の足で動けるあなたは別の車両や別のタイミングなど

回避できる方法もあるのだし押しのけてのることも天井にぶらさがることもできるはず

ベビーカー文句をいったり排斥行動にでるのも自由だがそれはあたまのおかしいひとが

だれかにむかってよくわからない説教をしているのとさしてかわらない

じゃあ実際ベビーカーはじゃまじゃないのかといわれると邪魔

ぶっちゃけ邪魔

ラッシュとかに乗って欲しくはない

しかラッシュに乗らざるを得ない選択肢がその親子にはあるわけだ

男の戦場だかなんだかしらないがサラリーマンにまみれて電車を選択せざるをえない親子が

そこにいるわけだ

じゃあわるいのは親か子かベビーカーかはらませた旦那かそれをとりあげた産婆か

その両親の両親なのかさらにその両親を殺さなかった戦時中の敵国のだれかなのか

だれがわるいのか

その局面だけでいえば

その親子にその電車にのるように差し向けさせたなにかだろう

その親子はどこにいくつもりだったのか

市役所

市役所だとしたらそれは市役所市役所職員が市長都道府県知事国会議員日本政府

わるいってことでしょう

デパートにいくのだったらデパート企画担当課長部長次長社長株主

そう小口株主になって株券もってるそこのおっさんがわるいのだろう

おっさんを殴るべきだ

その他もろもろその親子がどこにむかおうとしていたのかどうしてその電車を選択せざるをえなかったのか

その原因をつくった犯人をこらしめよう

とっちめて殴りしめて血を絶やさせれば親子が安心して電車にのれるタイミング

親子が安全電車を利用できるようになるはずだ

2015-07-05

http://anond.hatelabo.jp/20150705024638

逃避した先にある現状が「息もできないほど辛い」って自分で解ってるんじゃないか。

逃げても戦っても辛いなら、戦えば何かが変わるかもしれないね

友達仕事も怖いのは、臆病すぎるのと、ネガティブすぎるからなんじゃないのかな。

他人世界もいい加減だし醜いけど、思ったより優しい時もあるよ。

2012-10-19

http://anond.hatelabo.jp/20121017214432

はあ。無菌室に住んでる人みたいね

東日本のほうが放射線バックグラウンドが高いのは事実

あのさ、地質の関係で昔から西日本の方が放射線レベル高いんですけど。

ま、どっちもインドとかブラジルとか北欧とかローマとかに行けば笑うレベルだけどね。それとか国内でも温泉地とか。

不確かなものを信じないで自衛する、というのはさすが名大出らしい立派な考えだと思うが。

ふーん、個人的には東京から名古屋に移動中に東海地震大津波コンボに遭う方が余程怖いけどね。飛行機だって墜ちるかもしれんし。

交通事故に遭うかもしれないから家から外に出ないでいたって、家の真上に隕石が墜ちてこないとは限らんしさ。

吸った息の中にインフルエンザウィルスが含まれてて脳症起こして死ぬかもしれないか息もできないね。


要はなんでも「程度問題」なんだよ。少し考えればわかるはずのその程度のことにも思い至らずに、そんな屁理屈こねて悦に入ってる疑似インテリ馬鹿ほど有害ものってないね

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん