「ミネソタ州」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ミネソタ州とは

2019-01-12

海外小児性愛障害の扱い

まず、大前提として、空想我慢しない宣言は、他害宣である

日本

日本現行法医師弁護士守秘義務が解除される場合として、

児童虐待に関する通告 義務

児童福祉法第 25 条

児童虐待の防止等に関する法律第 5 条 同第 6 条第 1 項・第 3 項)


児童虐待に係る通告)

3 刑法明治四十年法律第四十五号)の秘密漏示罪の規定その他の守秘義務に関する法律規定は、第一項の規定による通告をする義務の遵守を妨げるもの解釈してはならない。

とはいえ反社会的なこと言っても実害が確認されなければ傾聴が基本

海外

カナダについて

通告義務について

医師看護婦(士)、歯科医薬剤師臨床心理士を含む、ヘルスケア専門職

教師および学校長

ソーシャルワーカーおよびファミリーカウンセラー

牧師ユダヤ教ラビ、他の宗教聖職者

・保育者、保育園管理者

・ユースワーカー、レクリエーションワーカー

警官保安官や検死官

弁護士

サービス提供者との雇用者

子どもに関与する専門職あるいは公的職業にあるいかなる物


刑罰について

上記の通告義務者が、疑わしい子ども虐待ネグレクトに関して通告を怠った場合には、

1,000ドル以上の罰金が科せられる。


通報者は子ども虐待ネグレクトに気づいたら、「疑い」だけで通告することができる。この段階では、虐待の疑いについて事前評価調査実施0の結果、通告の半分の45%が誤通となるが、逆に表現するとその半分の55%が保護などのサービスを受けている。

http://www.ritsumei.ac.jp/~yamamoto/seminar/03goudou/rits2ss.htm

アメリカについて

児童虐待通告法>

各州の通告義務者 約40種ほどの専門職 (特に重要専門家は、医療関係者保険従事者・教育関係者社会サービス関係者司法警察関係者

義務とはなっていない者 家族・隣人・一般人(但しこれらからも通告を受け入れる)

各州の特殊な例 コロラドイリノイカリフォルニア州 写真現像者にも通告義務児童性的写真に明白に現れているような性的虐待性的搾取を知る立場にある者)

        フロリダケンタッキーミネソタ州等 虐待を疑う立場にある者は誰でも通告義務がある

措置  以前に同様の虐待事実があることがわかり、その事実に疑いを持ちながらも通告しなかった通告義務者の存在が明らかになったとき、通告義務者にも訴追が行われる。罰金拘禁刑制裁対応し、行政的には、医師等の免許取り消しまたは停止の措置がとられている。

問題点 監視の網の目を細かくしすぎた。→精神科医カウンセラーに対しても通告義務を課し、虐待範囲不明瞭な法律規定をおいたこから児童虐待定義不本意拡張され、あいまいものとなった

http://www.ritsumei.ac.jp/~yamamoto/seminar/03goudou/rits2ss.htm

実際の例

イギリス
ドキュメント映画:The Paedophile Hunter・・・文字通りペドを狩る。狩られた者は実際には行為に及んでおらず(逮捕後、釈放もされた)撮影が原因により自殺したが起訴なし。英国アカデミー賞テレビ部門 単発ドキュメンタリー受賞作品。なおペド疑いがある者に私刑を行う団体支援者がいる模様

UK-wide operation snares 660 suspected paedophiles・・・在的な児童虐待犯罪者が一線を超える前(他害する前)にアクション大事
http://www.nationalcrimeagency.gov.uk/news/411-uk-wide-operation-snares-660-paedophiles

カナダ

法律問題通報義務があるのでペドカウンセラー相談できない事態 (治療拒否ならまだ良い方)

At the same time, laws can also deter them from even speaking to their therapists.

Across Canada, provincial rules require that mental-health professionals must report a patient to authorities if they have reasonable grounds to believe that a specific child is at risk of being sexually molested or exploited.

At the same time, laws can also deter them from even speaking to their therapists.

Across Canada, provincial rules require that mental-health professionals must report a patient to authorities if they have reasonable grounds to believe that a specific child is at risk of being sexually molested or exploited.


■それでは深刻化するばかりだと治療しようとするも、ペド自閉症または統合失調気味で知能が低めとバッサリ

https://www.cbc.ca/news/canada/virtuous-pedophiles-group-gives-support-therapy-cannot-1.2710160

アメリカ

法律問題通報しないといけないのでペドカウンセラー相談できない可能

Many jurisdictions have passed mandatory reporting regulations for psychologists and other health care providers.

Consequently, when someone who thinks he might be a pedophile comes in for counseling or therapy, the psychologist may be compelled by law to report the person to the authorities.

https://www.theatlantic.com/health/archive/2013/08/what-can-be-done-about-pedophilia/279024/


通報じゃなくて無害なMAP(minor-attracted person=未成年者に引かれる人)をメンタルヘルス専門家支援しようという試み。なお保守派右翼はおこ
http://www.asapinternational.org/index.html

小児性愛障害空想我慢しないと表明している人

anond:20190111232502 anond:20190111232447 anond:20190111194222 anond:20190112102503 anond:20190111214535 anond:20190111210552 anond:20190112211233 anond:20190112221516 anond:20190112181634 anond:20190116112046 anond:20190125120114 anond:20190125135939 anond:20190125141949

2018-06-17

恋愛イップス

ゴルフのような繊細なスポーツでは、しばしば体が動かせないという症状が発生する。

これはプロゴルファー特有の症状で、アマチュアゴルファーには無縁である

 

なぜプロゴルファーに発生するのか?

 

それは、プロとして一流になればなるほど大事局面ミスをするという失敗体験が積み重ねられるためである

ミスの蓄積が脳にインプットされ続けることによって、脳の信号エラーが起こる。

すると正常な動きができなくなり、一流のプロゴルファー素人のようなミスをする。

これがイップスの正体なのであります

 

これは恋愛においても見受けられる。

俗にいう「こじらせ女子」「こじらせ男子」は医学的にはイップスの症状と合致する。

 

アメリカミネソタ州の大病院メイヨー・クリニックの研究では、すべての競技ゴルファーのうち33 - 48%にイップス経験があるという。

また、イップル発症ゴルファーの過半数以上が25年以上プレーしている熟練競技者であった。

 

偶然なのか、「こじらせ女子」「こじらせ男子」の恋愛経験も25年以上だという説が濃厚だ。

14才、中学二年生の時に初恋をしたと過程すると25年後には39才。

その間、数多くの出会いと別れを繰り返すことによって脳が恋愛に対して正常な信号を送れなくなる。

これが「恋愛イップス」なのである

 

発症者は、周りの者からこじらせ女子」「こじらせ男子」などと揶揄され、人間的に問題があると誤解を招くなどの弊害をきたす。

2017-01-11

ミネソタ増田ニワトリ永久に出す間のたそ音美(回文

ココココ、コケッコー!

ココココ、コケッコー!

私はミネソタの卵売り!!!

ヘイ!!!

今年は酉年みたいね

この歌を歌うのをすっかり忘れてたわ。

私が日本に来たときミネソタ出身というと、

みんながコケッココケッコって言うの。

ユタ州のことを馬鹿にされると怒る、

メガネ前後させて目が大きくなるワザでお馴染みのケントデリカットさんばりに

ユタ州のこと馬鹿にされてるのかと思ったのよ、

違う違う、ミネソタ州だったわ。

最初何のことだか分からなかったけど、

そんな歌があるのね。

おかげでその歌でみんなと仲良くなったわ。

まあ、

ミネソタ出身だと言うことはウソなんだけどね。

それと同時に

ケンタッキーフライドチキンの本場ケンタッキー州

ケンタッキーを一度味わってみたいなって思ったわ。

うふふ。


今日朝ご飯

正月散在なので節約おにぎりんぐです。

朝もお昼もおにぎりよ。

デトックスウォーター

正月のしめ飾りのミカン

あれだいたいはダイダイなんだけど、

それって、そもそもお正月に海鼠を食べるときに使うポン酢用なのが由来なのよ。

それを今日ダイダイウォーラーにしてみました。

今や海鼠も高価だしね。

でも、わたし海鼠大好物なのよね~。

正月くらいちょっと食べたいなって思ったわ。

本場ケンタッキー州のをね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2016-04-27

memo

アメリカの50州

2014-02-20

http://anond.hatelabo.jp/20140220180940

冬のオリンピックからフィギアスケートは既に無くなっているよ

---

http://en.wikipedia.org/wiki/Ottavio_Cinquanta

---

オッタヴィオチンクアンタ(ローマ1938年8月15日生まれ)は、国際スケート連盟会長国際オリンピック委員会メンバーです。

彼は1996年から1994年ISU位置とIOC位置を開催しています

2000年、彼は、IOC執行委員会は、彼が2008年まで開催されているという立場メンバーに選出された。

前に、ISU会長になることに、彼はISU副社長だったショートトラックスピードスケートのための技術委員会委員長の前に。

チンクアンタ氏は、陸上競技でのアイスホッケー選手として、アイススピードスケートとして実施ミラノイタリアで育った。チンクアンタは大学に出席し、彼は経営学を中心に活躍した。 ISU議長に彼の選挙の時に、 56歳の時、彼は国際的な化学会社経営者としての立場から引退した。

チンクアンタが最初にISU議長に選出されたとき、彼は最初に、ABCスポーツとの重要テレビ契約を含むいくつかの商業契約を交渉した後、ISUのイベントで賞金を導入した人プログレッシブとした。これは、ISUがそうで、トップスケーターに大規模な出演料を提供していた承認されていない作のためテレビプロスケート競技会に参加するオリンピック適格スケートを残している可能性がアスリートを保持することができました。テレビお金もISUを含む、両方のフィギュアスケートスピードスケートの分岐で開発プログラムのさまざまなを維持することができ、例えば、フィギュアスケートISUグランプリ

しかし、彼のスピードスケート背景、チンクアンタは、特にカナダ米国では、フィギュアスケートからの批判にかなりの量の対象となっている。 2002冬季オリンピックスキャンダルフィギュアスケートの間に、彼は彼の曖昧と、彼は「図がうまくスケート知っている」しなかったことを彼の入学を批判された。 [ 1 ]スポーツについての知識の彼公言不足にもかかわらず、彼は提案した[ 2 ]主な特徴、これまで個々の裁判官競争マークしたのかを知ることから誰かを妨げる秘密であるフィギュアスケートのための新しいスコアリングシステムワシントンD.C.2003年世界フィギュアスケート選手権秘密審査実施は、彼が紹介されたときはいつでも、 [ 3 ]チンクアンタと個人的に視聴者jeeredされ、そのイベントでファンの抗議をもたらすのに十分な論議をした。 [ 4 ] [ 5 ]

彼はそのイベント開会式では、滑走のローカルスケート好きなカート·ブラウニングを防止するための専門性を呼び出した後にチンクアンタは、以前大声[ 6 ] [ 7 ]と再びで、エドモントンアルバータ州にある1996年世界フィギュアスケート選手権でファンからブーイングされていたミネアポリスミネソタ州にある1998年大会は、 [ 8 ]

チンクアンタは連続してすべてのISU選挙学会でISU議長に再選されており、それは[誰によって?]と推定され、1994年に彼の最初選挙以来、約30の技術革新は、図の投与2枝に関する国際スケート連盟に導入されていることをスケートスピードスケート

---

Ottavio Cinquanta

From Wikipedia, the free encyclopedia

Jump to: navigation, search

2011 Rostelecom Cup - Ottavio Cinquanta.jpg

Ottavio Cinquanta (born 15 August 1938, in Rome), is President of the International Skating Union and a member of the International Olympic Committee.

He has held the ISU position since 1994 and the IOC position since 1996.

In 2000 he was elected member of the IOC Executive Committee, position that he has held until 2008.

Prior to becoming ISU President he was ISU Vice President and before the Chair of its Technical Committee for Short Track Speed Skating.

Cinquanta grew up in Milan, Italy, where he practiced as an ice hockey player, in athletics and as an ice speed skater. Cinquanta attended university and he was mainly active in business administration. At the time of his election to the ISU Presidency, at the age of 56, he retired from his position as a manager of an international chemical company.

When Cinquanta was first elected to the ISU Presidency, he was initially regarded as a progressive who introduced prize money at ISU Events after negotiating several commercial contracts, including an important television contract with ABC Sports. This allowed the ISU to retain athletes who might have otherwise left Olympic-eligible skating to participate in unsanctioned made-for-television professional skating competitions, which were then offering large appearance fees to top skaters. The television money also allowed the ISU to sustain a variety of development programs in both Figure Skating and Speed Skating branches, including, for example, the ISU Grand Prix of Figure Skating.

However, because of his speed skating background, Cinquanta has been the subject of a considerable amount of criticism from the figure skating community, particularly in Canada and the United States. During the 2002 Olympic Winter Games figure skating scandal, he was criticized for his evasiveness and his admission that he didn't "know figure skating so well".[1] In spite of his professed lack of knowledge about the sport, he proposed a new scoring system for figure skating[2] whose major feature is secrecy which would prevent anyone from ever knowing how an individual judge had marked the competition. The implementation of secret judging at the 2003 World Figure Skating Championships in Washington, D.C., was controversial enough to result in a fan protest at that event,[3] with Cinquanta personally being jeered by the audience whenever he was introduced.[4][5]

Cinquanta had previously been loudly booed by fans at the 1996 World Figure Skating Championships in Edmonton, Alberta, after he invoked a technicality to prevent local skating favorite Kurt Browning from skating in the opening ceremony of that event[6][7] and again at the 1998 Championships in Minneapolis, Minnesota.[8]

Cinquanta has been consecutively reelected to the ISU Presidency at all the ISU elective Congresses and it is estimated[by whom?] that since his first election in 1994, approximately thirty innovations have been introduced in the International Skating Union regarding the two branches administered of Figure Skating and Speed Skating.

---

2013-06-18

売人都市調布

既に誰もがご存知のとおり、タバコ百害あって一利なし

吸えばニコチン依存症になり、やめられなくなる。

吸い続ければ、心疾患、がん、COPD等の病気にほぼ罹患し、長く苦しみ早く死ぬ

産業医大学大和教授によれば、喫煙10万㎍/㎥以上のPM2.5を吸い込んでいるとのこと。

吸わない人でもタバコの煙を浴びれば、血管を傷つけ、ぜん息悪化させ、場合によっては死にいたることもあったりします。

そんなタバコを、市をあげて市民にたくさん売りさばこうとしている街が東京にあります

東京都調布市

調布市は、「調布市たばこ税増収対策協議会」を設置しており、一部の議員が参加し、市内のタバコ業者と結託して市民ニコチン漬けにして、タバコをたくさん売りさばき、

もってタバコ業者の売上とタバコ税の増収をはかっています

調布市大須賀議員は、自らのブログにおいて「調布市たばこ税増収対策協議会」で「タバコの消費拡大を図る」とまで公言しています

タバコのさまざまな害が明らかになり、また、たばこ規制に関する世界保健機関枠組み条約批准により、このような協議体は、次々に廃止されてきています

しかしながら、調布市はつい近年までこのような協議体に予算支出しており現在もなお、協議体を維持し活動を続けています

当然、「たばこ規制に関する世界保健機関枠組み条約」に違反しています

タバコ税増収」を謳って、市民健康と命を犠牲にしてタバコ利権で業者と議員市長が甘い汁を吸っているのです。

こうした事情から調布市東京都内では数少ない「路上喫煙禁止」のルールの無い自治体で、タバコの消費が減る恐れがあるような施策は講じようとはしません。

なお、喫煙者非喫煙者よりも年間3万円医療費が多くかかり、喫煙者配偶者は、非喫煙者配偶者よりも1.4倍医療費がかかるとの調査結果もあります

タバコによる税収よりも、医療費労働力の損失等による税支出・税収減のマイナス面のほうがはるかに大きいことは各研究により示されています

また、海外で全面禁煙法を施行した例において、

イギリスでは禁煙法を施行した最初の3年間で6,802件のぜんそく入院を減らし、

ミネソタ州では禁煙法により心臓病の患者が33%減少するなど、

地域医療崩壊を防ぐためにもタバコの消費をなくしていく必要があります

市民を不健康・不幸にする自治体など、意味のないものです。

市民救急たらいまわしにされて亡くなった痛ましい事件を再発させないためにもタバコの消費を押さえ受動喫煙を防止する施策必要です。

条約に反して市民を薬物中毒にしてまで目先の利益を得ることを優先し、必要課題を後回しにすることを推進する議員がいることについて、どのように感じますか。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん