「オルタナ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: オルタナとは

2019-10-14

anond:20191014232412

あなたにとっての事実は「お前の事実と俺の事実は違う」とのことですが、あなた事実と私の事実は違うので、私にとっての事実は「お前の事実と俺の事実は同じ」ですね。

ていうかトランプ政権みたいなオルタナ事実論法をこんなところで目にするとか溜息が出る。

2019-06-30

anond:20190629112632

そういや、虫歯にならないとか体に吸収されないオルタナ砂糖は随分開発されたが、健康に害のないオルタナ塩は作られなかったな。

2019-03-15

anond:20190315074730

idコールして死ね死ね言ってんのは反ネットリンチじゃなくてもはやただのオルタナリンチだろ

それが許されるなら誰が荒らししたって勝手

2019-03-04

anond:20190304105606

じゃあなんで彼らが表現規制に反対しているのか、つったら結局「自民党が旗振ってるから」に過ぎないんだよな

気に食わない表現を殴り殺す時の言い訳がちょこっと違うだけであって、表現規制反対派などでは断じてなく、ただの「オルタナ規制派」でしかない

単に自分が牛耳る側に回れないから、自由やら人権やら持ち出して反対してるけど、内心そんなものはどうでもいいわけ

表現に限らず万事同じ

2019-02-21

数年後には「自民党のおかげで豚コレラは迅速に終息した」という話になるんだろうな



そして「民主党ならもっと酷かったに違いない、口蹄疫ときのように!」ということになる。

2019-02-16

まーたネトウヨさんが民主党デマを広めてしまったのか

2019-02-10

時代を先取りしすぎたミュージシャンアルバム)を知りたい

BUCK-TICKの狂った太陽(1991年)を最近久しぶりに聴いてみたら、それよりだいぶ後に出てきたオルタナグランジとかヘビーロックの類の音はこのアルバムの中で既に実現しているのでは?と思ったので(いろんな人が同じようなこと言ってるみたいだけど)

2019-01-17

百合マンガ【1/18 追記

好きなんだけど

乙ひよりさんとか雨隠ギドさんとか紺野キタさんとか他にもすてきな作家さんすてきな物語いっぱいあるんだけど、

でも全体的に絵柄がキラキラしててかわいい学生ものが多いのかなーって思う 

なんていうか動物のお医者さん(7巻以降)とか海がきこえるみたいな

あいちょっと古いんだけど普遍性のある感じでそんなにエロティックでない絵柄の百合マンガってあるのかな

海外めっちゃエロい絵柄の等身高い大人百合もそれはそれでいいんだけど

でも自分が読みたいのとはちょっと違ってた いやすごくいいんだけど

単なる消費者立場でうるせーこと言うなって言われそうだけどそういう感じのあったらめちゃくちゃに読みたい

キラキラしてない絵の昔の少女漫画っぽい大人百合が読めたら最高だな~って思う 

【1/18 追記

トラバブコメで色々教えてくれた方どうもありがとうございます 独り言のつもりだったから反応があって驚いた

志村貴子さん

大好きで読んでます

ヤマシタトモコ

「くうのむところにたべるとこ」は読みました 

あと「裸で外には出られない」に入ってる「縞々々」はめちゃくちゃグッとき百合でした

よしながふみ

「愛すべき娘たち」方面ではなくて「きのうなに食べた?」の方のよしながふみならまさにそう!って思ってたら

ブコメで「きのう何食べた?百合バージョンみたいな感じかな?」と書かれててまさにまさに!ってなりました

恋愛関係感情の縺れそのものよりもっと生活の細かい側面に寄ったっていうか、カップルという前提はあっても二人でいる事に時間が経って

そんなに波風が多くは立たなくなった淡々としたただの日常が読みたいんだなあって思いました

から社会人百合」という括りだけではちょっと違うのかも 

海辺カイン」はすごく面白そう リンク先の「貝とオルタナロック」もすごく気になるのであれこれ読んでみますありがとう

そもそも私は80~90年代頃の少女漫画コレクターで、「百合的なもの」への目覚めって多分

佐々木倫子の「林檎ダイエット」(かわいいので読んでほしい)という短編集や

篠有紀子(「アルトの声の少女」「ナルシスの息」が大傑作古典百合 近著でも百合を描いてる)作品だと思うので、

あいタイプ少女まんがの延長としてどうやら百合を読んでるのかもしれなくて

本当になんにも起こらない感じのカップルもの感情の正体がわからないまま終わるような百合漫画があったらそれが読みたいんだなあと

40代や50代の女性カップル白髪が増えてきたねえ、今度何色で染めようかな?みたいな会話するだけみたいなやつも読みたいんだなと

絵柄と書いたけれどそこだけの問題ではない気がしてきたしもういっそ自分で描いたり書いたりすればいいのかもしれない

あと宮部サチさんの「満腹百合」が表現としてはかなり近いなあってあとから思いだした


少女漫画キラキラが見えないさらっとした漫画って裏に実は

ドロドロなリアリティを込めてきそうで警戒したりしない?さらっとヤリマンだったり…

かに苦手なのでそういうのに当たらないの難しそうだなあと思うというか実際難しい

地雷というほどではないし全然楽しく読むんだけど…

あともうキラキラした絵でもそういうのいっぱいあるので…

もしかして私のようなタイプの好みの方も広いネット世界はいるかもしれないので

正確には百合マンガではないけどほんのりと百合の香る作品でとてもよかった

雁須磨子「幾百星霜」と四宮しの「魔女と猫の話」をおすすめしてエントリを終えます

2018-11-01

"オタク"になりたい

自分にはオタク気質がない。オタク気質がないということに絶望する。

何か1つでもいいかものすごく詳しかったり、他のことを放り出してまでも打ち込める何かを持っていたりしたい。オタク気質がある人は話をしていて面白い。どうしてそんなことまで覚えているの。なぜそんな着眼点を持ってそのコンテンツに向き合ってるの。

趣味は何?好きなものは何?と聞かれて、胸を張って答えられるものが何もないということに最近気付く。

音楽がそこそこ好きだ。でもUKロックオタクであるはずもなくビートルズを齧ってるくらいだし、オルタナオタクであるはずもなく友人から教わったWeezerBlurを聞いて気持ちよくなっているだけだ。くるりフジファブリックというバンドが好きだけど、何らオタク視点で語ることのできるものは何もない。歌詞が良いメロディが良い。そんなこと誰でも言えるし知っている。

映画もまあまあ好きだ。じゃあ1番好きな映画は何?と聞かれても答えられる自信がない。LEONライフイズビューティフル?バックトゥザ・フューチャー?全部観たことはあるけど、じゃあ監督は誰?その監督作風は?どういう背景で作られた?あのシーンは何のオマージュ?何のメタファー?知らない知らない知らない。駄目だ語れる映画がない。面白かった、好きだった、とかい感想しかないのだもの

結局のところ中流サブカルとして色々なコンテンツに首を突っ込んでいくしかないし、それが自分的には良いもの純粋に良いと思えるスタイルなのかなと思ってはいるんだけれども。別にオタクになりたいとまでは言わないけれど、でもやっぱり憧れはあるよね。

2018-10-31

anond:20181031130109

お前の脳内しか存在しないクオリアでは差別が見えてるんだろうが、非実在差別を「存在する!!」って喚き倒したところで非実在しかないんだけどな。

オルタナ現実のなかでリアル現実齟齬をきたしながら一人で寂しく生きてろ。

anond:20181031124006

別にお前がどう思うと、そういう現実はあって、女同士で注意喚起被害報告もされてるのは現実からなあ…

全部創作と言い張ったって、その現実が無くなるわけじゃなし。

はいはい、おまそうおまそう

ソースなく男性差別をする輩のバイアスにまみれたオルタナ現実ですね。

被害はなくても注意喚起はできるしタダなんだよなぁ


世に蔓延性犯罪の数々も全部創作と言いそうだなあこいつ。

起訴されて裁判記録も残ってる犯罪創作なわけねーだろ。

ストローマンもいい加減にしろ

anond:20181031123358

ところでイマジナリーお前が存在するソースってあるの?

無いならお前の言ったことも全部オルタナ現実ってことでいい?

2018-10-18

anond:20181018162234

自分の単なる感想を「事実」ってことにしたくてしたくてたまらないのはわかった、じゃあそれはオルタナ事実ってことにしとけばいいよ。

2018-10-07

GooglePlayMusicにFLCLオルタナプログレアルバムが入ってたので

これ聴いて脳内自分理想のFLCL2を思い描くから映画は見なくていいや

anond:20181007204607

例え仮に存在しないとしても、自由に都合のいい事実を作ればいいだろ。れっきとしたオルタナ事実なんだし。

anond:20181007201112

すでに裁判係争中になってる事案についてさえなかったことにする

なかったことに""する""じゃあないんだよ、そんな裁判のもの存在しなかったというのがオルタナ事実なんだよ。

君もいい加減に夢からさめてオルタナ現実と向き合ってみたらどうだ?

2018-10-05

プログレは枯れた花の蜜の味

フリクリオルタナプログレ両方観ました。

どちらも楽しめたのは間違いなくて、面倒くさい原理主義ファンじゃなくてよかったなー、と思いました。

ただね、公開順は海外と同じプログレオルタナの順にすべきだったんじゃねえかな、とは思います

プログレフリクリの「アクション豊富」「わけわからん」といった直感的な「フリクリぽさ」を追いかけた作品でした。

からぱっと見の歓びはプログレの方がずっと高かった。でも、だんだん「これはレクイエムだ」という思いに駆られ始めたのです。

21世紀初頭のセンスを今風に辛うじてリアレンジしているものの、プログレで歓ぶポイントあくまで「鶴巻フリクリぽさ」にあった。

まり海外ではまず、「鶴巻フリクリファン」の幻想に蹴りをつけたうえで、オルタナという新境地を提示したのです。

プログレ2001年作品で見せた新しさを2018年に追いかけるという奇妙な構造作品で、作家陣の思いは「あの時好きだった鶴巻フリクリぽい」ものを作ろう、という風に見えた。

一方のオルタナフリクリとして最低限守るべき、リスペクトすべき(と監督判断した)部分と本人のやりたいこと(監督キャリアの中で描いたことのない「普通JKを描く」こと)

ミクスチャー結果的フリクリぽくないと判断されかねないところもフリクリらしさとして機能していたように思うんです。

でもどっちも楽しかった。違った良さがあった。

ただ、鶴巻フリクリに勝てる可能性があったのはオルタナだった、という話です。

ということで定期的にフリクリの新作作ってくれ。また頼むぜアメリカの偉い人。

2018-10-02

anond:20181002104845

まあ、物語を加速させるための日常シークエンスのみだとすればフリクリ オルタナはまだイケる。

話によると オルタナ → オリジナル → プログレ の流れらしいから、前日譚の体で行けばオルタナ普通に楽しめる。

ただ、プログレあかん。多分他のフリクリとは繋がっているようで特定キャラ以外共通性は無く、フリクリのメイン登場人物フリクリっぽさのあるハルコが「無理やりハルコを演じさせられている」感があんねんや。

おそらくフリーダム自由奔放で何にも縛られないのがあのキャラの魅力だろ?

そこを、真面目にキャラ演技をこなしてしま林原めぐみにしたのは失敗だよ。

だらけたセリフ回しとか全然だらけてないし。滑舌良くて早口喋れるならいいって話じゃねえだろ。

キャラには鬱ッ気なんてまるでないのにボイスに鬱っ気があるんよ。綾波っぽさってことな

そういうデカいところでチョンボしてるのがアカンかった。

ヒドミは可愛いとは言われているけれど、おそらくフリクリテーマとしてはあそこに陰キャ美少女置くべきでもねーんだろ? 総じてプログレ破たんしてる感たっぷりやったぞ。作画も含めて…

そういやフリクリ オルタナDisってた増田民おったやん

フリクリ プログレ を見てもなおオルタナがクソだったと言えるか?

テーマ性とシナリオ構成っていう点で見たらオルタナの方が作品として成立してたと思うんやが。

フリクリ プログレは話として成り立ってねえ上にキャラ作り失敗してる感があんねん。あれをフリクリ感としてええんか? 破たんしてるように思うねんけど。

(そも、ワイはオリジナルフリクリを見ていないのだが)

2018-09-30

anond:20180930210657

LGBT婚姻制度の税優遇フリーライドしようとしてるのは明らかだし

という妄想ソースもなしに「明らか」と言い募るような連中には

新宿始め各所を半裸で練り歩いたり当たり屋訴訟を起こしたりしてる過激

も「事実」と幻視してしまうんだね。自分思想信条に都合の良いオルタナ事実構成してそのなかに引きこもってばかりいて歩み寄る気もないなら、これ以上レス続けても無駄でしょう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん