「モンタナ州」を含む日記 RSS

はてなキーワード: モンタナ州とは

2016-04-27

memo

アメリカの50州

2008-12-15

自動車の排ガスのほうがもっと怖い? どう考えても?

http://anond.hatelabo.jp/20081214010628

タバコの煙が怖いなら、自動車の排ガスのほうがもっと怖い。どう考えても。

どう考えてもって、どう考えたんです? 何か根拠を元にしてるわけですか? 素朴な疑問。

いや俺も正直、大気汚染問題について真面目に調べたことはないんだけど(宿題かな)、どうなんだろう?

有害大気汚染物質のモニタリング調査

都内の汚染物質の濃度は改善傾向みたいですね。ベンゼンこの10年で半減とか、これ賞賛されるべきいいニュースじゃなかったりしないかしら。

各都道府県別の標準化死亡比について(男女別)

都道府県別の死因の傾向。大都市圏で大気汚染の影響が出ているかといろいろ眺めてみたが、よくわからない。もちろんこんなことで何か素人判断するのは十中八九間違ってると思うが……。

世界規模での調査の結果、間違った思いこみを修正するためのがん予防キャンペーンが必要であること示した

多くの人々ががんの原因について、比較的影響の小さい環境要因を大げさに怖がり、がんのリスク要因として明確にわかっている行動要因の影響を小さく見積もるという間違った思いこみを持っている。

・ 豊かな国では、飲酒よりストレス(57%)や大気汚染(78%)のほうが大きなリスクと見なされている。しかしながらストレスががんの原因になるとは認識されていないし大気汚染飲酒に比べれば僅かな寄与しかない。

一般論として、全ての国の人々は、過体重などのようなよく知られたがんのリスク要因でも自分コントロールできるものより、大気汚染のような自分コントロールできないものをがんの原因と認めたがる。

このあたりを見て、どうも大気汚染リスクは誇張されているようだぞと判断しているのですが。いや、大気汚染問題に詳しい人には怒られると思うんだけどね、たぶん。がん以外のこともあるし。

一方の受動喫煙。壷からのコピペアレだけど、こんな感じらしいんだけど。

★★★ 受動喫煙健康被害エビデンスありすワロタ ★★★

フランス2007年レストランホテルカジノでの喫煙を禁止して以降心筋梗塞による救急患者が15%減

 イタリアでも同様の結果

 http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20080227#p3

アイルランド禁煙施行で、非喫煙者従業員健康状態が劇的に改善

 http://www.kin-en.info/release_070514.html

カリフォルニア州たばこ対策、直後から心臓病死亡が減少

 http://web.archive.org/web/20070814075657/http://www.metamedica.com/news2000/2000121701.html

受動喫煙規制心臓病減少 欧米から研究成果報告続々

 http://web.archive.org/web/20080128135419/http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200801150014a.nwc

スコットランド 禁煙法により心臓発作の入院が1年間で17%減

アイルランド心臓発作件数、禁煙制度導入後に減少

MRI受動喫煙による肺損傷を確認

 http://www.drakahige.com/NEWS/DAILY/2007/2007121001.shtml

http://www.nosmoke55.jp/data/0706who_shs_matuzaki.html

・屋内禁煙施行1年後の自己申告調査で、アイルランドのバー従業員の呼吸器症状が16.7%減っていた。

カリフォルニア州における調査では、バー禁煙法の施行前と比べて、施行後8週間で

 バーの従業員の呼吸器症状が59%、粘膜刺激症状が78%減った。

ニュージーランド2002年の調査では、禁煙オフィスで働く労働者の呼吸器症状と粘膜刺激症状は、

 接客産業従業員よりも少なかった。

スコットランド2006年に屋内の全面禁煙法が執行されて以後、バーの従業員は、呼吸器症状が減り、

 呼吸機能が改善し、全身の炎症所見が正常化した。気管支喘息を患っている従業員では気管支の炎症が減り、

 生活の質が向上した。

米国モンタナ州レナコロラド州プエブロでは、職場と公衆の集まる施設を全面禁煙にするという強力な

 法令施行されてから、イタリアのピードモントと同様に、心臓発作(心筋梗塞)の発生率が平均20%[g]減った。

 比較対照の自治体では、心臓発作による入院率の減少は観察されなかった。しかしながら、ヘレナ禁煙条例が

 タバコ産業の圧力によって撤回された後、心臓発作による入院率は、条例施行前のレベルに増加した。

あと、「リスキー・ビジネス」p.322あたりを読むと、米有名タバコ会社が、「大気汚染の問題を強調して、環境タバコ煙(ETS)問題など取るに足りないと思わせる」工作をやっていたとか。「説得力をもたせるため、ある程度バランスをとってETS問題も論じないといけないが、全体的に望ましい方向にもっていく……コンサルタントには重要科学会議にはかならず出席するよう求めている。科学界や世論を動かすのに利用できそうな会議すべてに」云々。すごく……きなくさいです。

あとは、カリフォルニア州タバコの煙を大気汚染物質に認定したりしてますね。

日本路上から喫煙規制がかかってるのは、人口密度鉄道社会(駅周辺の混雑)、通勤時に多い男性喫煙率の高さなどで説明がつくと思いますよ。

それと、女性喫煙増えてますよね。なんか最近露骨に若い女性ターゲットにした新商品が出てるじゃないですか。あれ見て勝手に青筋立ててるんだけど。男性喫煙率が他国並みに下がる頃には他国と同じ傾向になってしまってそうだ。

つーか感覚的な話をすると、ほぼ透明無臭の排ガスより、目に見えて悪臭のするタバコの煙のほうが普通にヤですけどね、俺。タバコ片手のバイクが通り過ぎていったりすると、タバコの匂いのほうが圧倒的に鼻につきますもん。最近は昔のように黒煙を吐くクルマもあまり見かけなくなったし、そうなるとなおのこと昔と同じ煙と臭いを出してるタバコが突出するというか。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん