「コネチカット」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コネチカットとは

2019-06-30

コネチカットヤンキー系(ショット・ウェポン系)の元祖ってなに?

アーサー王物語が生まれた頃には既に似たようなアイディアがあったと思うんだよ。

俺が思い出せないだけで

2018-12-18

anond:20181218185222

バトルロイヤル。なさそう。英雄同士で何人vs何人の団体戦みたいなやつならあるけど。

デスゲームこじつけるなら「神々が英雄に与える試練」みたいなのが似てるかな。

謎の怪物侵略系。なさそう。ラグナロクとかギガントマキアみたいな神々同士の戦争が近いのか?

タイムループ。なさそう。タイムスリップまででしょ。

異世界転生。「アーサー王宮廷コネチカットヤンキー」がよく挙がるけど時代的に古典と言えるか?

○○さん。これはまあ虫愛ずる姫君みたいに変な女性の話なら言えそう。

魔法少女。なさそう。そもそも魔法少女概念がない。

2018-08-18

異世界転生もせずにスマホ太郎よりもチートなお兄様

さすおに


異世界に転生して神様からチートを貰ったり未開の世界コネチカットヤンキーしたりの言い訳並べてるなろう小説共に爪の垢を煎じて飲ませたい

2018-03-23

戦国自衛隊vsコネチカットヤンキー

どっちの方が今はやってるアレやソレの原型なの?

2016-06-09

進んだ知識や技術で異世界行って俺SUGEEEEEだとアーサー王宮廷コネチカットヤンキーとかスイミングプールが干上がる頃に待ってるぜとかも入るんだろうか

2016-04-27

memo

アメリカの50州

2013-05-29

まおゆう」読んでみた。

内容は「アーサー王宮廷コネチカットヤンキー」とありがちなRPG批判と

よくあるVIP小説を足して3で割ったみたいな感じ。

読後の素朴な疑問としてまず思ったのは「魔法のある世界地球経済学は通用するのか?」ということ。

魔法エネルギーはどこからくるのか(マナとか?)、とか地球物理学が通用するのかとか、

生命を支える仕組みは現実と同じなのかどうかとか。

物理システムでさえ互換性がないのなら、地球経済学は向こうの世界ではほとんど役に立たないものになる可能性が高い。

まあ、たぶん通用しないと思う。

ルーラが使えただけで世界経済は全く違ったものになるだろうから

(参考:テレポート理論と実際 by ラリー・ニーブン)

たとえば魔法エネルギーを使えば、永久機関も作れるかもしれない。

でもこの小説の主眼はここにはないだろうな。

まおゆう」は経済学の考え方を利用したメタRPG文法による古典RPGのリビルド作品、

かなりのパート経済学歴史の説明にさいている。

でも経済学の話が本当に必要だったかといわれるとそうでもない。

でも経済の話を抜きにすると、「バイキンマンアンパンマンお金をもらって街を襲ってました」

という話くらいの内容になってしまう。

後半に物語圧力はどこから働いているのかという謎も結局はわからなかったしな。

ビルド目的なので結局は1周して同じ着地点にしかならないというのも残念だし。

魔法の国が消えていく』みたいなロジカルファンタジーのほうが僕は好きかなあ。

2010-05-20

まおゆう」読んでみた

まおゆう」読んでみた。

内容は「アーサー王宮廷のコネチカットヤンキー」とありがちなRPG批判と

よくあるVIP小説を足して3で割ったみたいな感じ。

読後の素朴な疑問としてまず思ったのは「魔法のある世界地球経済学は通用するのか?」ということ。

魔法エネルギーはどこからくるのか(マナとか?)、とか地球物理学が通用するのかとか、

生命を支える仕組みは現実と同じなのかどうかとか。

物理システムでさえ互換性がないのなら、地球経済学は向こうの世界ではほとんど役に立たないものになる可能性が高い。

まあ、たぶん通用しないと思う。

ルーラが使えただけで世界経済は全く違ったものになるだろうから。

(参考:テレポート理論と実際 by ラリー・ニーブン)

たとえば魔法エネルギーを使えば、永久機関も作れるかもしれない。

でもこの小説の主眼はここにはないだろうな。

まおゆう」は経済学の考え方を利用したメタRPG文法による古典RPGのリビルド作品、

かなりのパート経済学歴史の説明にさいている。

でも経済学の話が本当に必要だったかといわれるとそうでもない。

でも経済の話を抜きにすると、「バイキンマンアンパンマンお金をもらって街を襲ってました」

という話くらいの内容になってしまう。

後半に物語の圧力はどこから働いているのかという謎も結局はわからなかったしな。

ビルド目的なので結局は1周して同じ着地点にしかならないというのも残念だし。

魔法の国が消えていく』みたいなロジカルファンタジーのほうが僕は好きかなあ。

2009-12-06

道にロープを張って車をとめるいたずらをしたことがある

東京新聞:米兵の子4人逮捕 バイク転倒事件 「ロープ張った」殺人未遂の疑い:社会(TOKYO Web)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2009120502000220.html

asahi.com朝日新聞社):米兵の子4人を殺人未遂容疑で逮捕 バイク女性転倒事件 - 社会

http://www.asahi.com/national/update/1205/TKY200912050197.html

痛ましいニュースである。バイク女性が重傷という結果を引き起こしたにもかかわらず、容疑者4人の身元引き渡しがスムーズに行われなかった点も納得がいかない。このニュースを見て、15年前にアメリカで数日だけホームステイしたときのことを思い出した。

私的な経験

その時僕は中3で、お世話になった家には高校生中学生兄弟がいた。ある晩、僕はその兄弟のお兄さんのほうに「おもしろいものを見せてやる」とさそわれた。家から10分ほどはなれた住宅地の雑木林を抜ける細い道にピアノ線のような細いワイヤーを張って、走っている車を止めるのだという。僕とその家の弟は林の中に身を隠し、お兄さんが細いワイヤを道の両側の木に巻き付けてピンと張る。それはとても細いワイヤで、僕にはそんなもので車が止まるのか半信半疑であった。

罠を仕掛けた後、3人でなんの明かりもない林で息を殺して10分ほどまっていると、車が走ってきた。大きい4WDだったと思う。

ワイヤーがあまりに細いので僕らの場所からはワイヤーの位置がわからない。時速30kmくらいで滑るように走っていた車は、次の瞬間に「ブン」という地味な音とともに、軽く上下に振動して、止まった。ワイヤーが見えないのであたかも車が空気の壁にぶつかったようだった。

僕らは車がとまった瞬間に、「よっしゃ!」とかいいながら、林の反対方向に走って逃げた。ドライバーは車から降りて、初めてワイヤーのいたずらに気づくのだろう。家に走ってもどると、その家の両親は苦い顔をしたはものの、特に咎めることもなかった。彼らもこれは子供のいたずらとして考えていたのだと思う。

15年前のアメリカコネチカットにある田舎の町でのことである。

殺人未遂を問えるか?

この経験をもって、ロープを張ることがアメリカではよく行われる悪戯と言うつもりはない。ただ仮にロープを張ってもアメリカのようなバイクの少ない場所では、人の命を左右するような結果は想像できないと思う。

今後、容疑者達が日本法律で裁かれるとして、彼らの弁護士は「これは米国ではよくある、たわいもない悪戯で、容疑者達に殺意はなかった。」と言い出すのではないだろうか?もちろん彼らは厳しく罰せられるべきではあるが、殺人未遂つまり殺害の意図があったという説明は難しいと思う。

そして15年前に自分がいたその場所で、今回のような悲劇が起こらなくて本当によかったと思う。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん