「鼻毛カッター」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 鼻毛カッターとは

2019-07-07

電池の持ち

僕の鼻毛カッター電池交換してないのに10年以上前動いてるよ

2019-06-27

乳首の毛に悩んでたんだけど、鼻毛カッターが毛を刈りやす

乳首の毛に悩んでたんだけど、鼻毛カッターが毛を刈りやすい(ペンを握るように使えるやつ)、

全身鏡見ながらだとなおやりやすい、おすすめ

鼻毛カッター会いたかったで韻が踏める

これでお前らは一つ賢くなったわけだ。

2019-06-26

自分では買わないけど貰ったら嬉しい物」って何?

鼻毛カッター

2019-03-19

anond:20190319131414

生活環境、労働環境においてダストのあるところに居る時間が長いと鼻毛は伸び易くなる(俺の実体験による)。気になるんだったら鼻毛カッターとか、最近ブラジリアンワックス脱毛するセットとか売ってるから、買ってやってくれ。きっと感謝されるぞ。

2019-03-14

anond:20190314082159

気になっているけど仕方がないとあきらめている

鼻毛カッターで切ると必ず喉の調子が悪くなるから鼻毛って役立ってるんだなって

それより気になっているのが耳毛 お前は何の役に立ってんの?

鼻毛が出てる人

1、2本ではない。凄い出てる人。

全く気にならないのだろうか。

自分もたまに1本出てるよと嫁に指摘されるので鼻毛カッターを買った。

本人が気にならないならいいけど、どこで鼻毛が出ていることを受け入れたのだろうか。

2018-12-27

anond:20181227133542

電動鼻毛カッターって綺麗に切れるの?

一時期使ってたけど、やっぱり届かない毛ってない?

あと掃除が面倒なのもちょっと嫌なところだよね。

2018-11-17

女は鼻毛を伸ばせ

妹(既婚)が、学生時代鼻毛を飛び出させいて同期の女の子に突っ込まれ恥をかいた、という話を聞いた。

かに大学生ときバイト代鼻毛カッターに回すとか言っていてなんてデリカシーのない女だ、と思った記憶がある。

そんな妹も結婚し、この前久々に会うことになったのだがまた鼻毛が出ていた。

兄の自分が言うのもなんだが妹はそこそこかわいいし、よく笑う。しかし笑うたびに鼻毛がピョコピョコ出る。

正直、鼻毛なんて体のパーツから言えば本当にささいな、しかも細い微々たるものなのにパンチ力がすごい。

化粧しっかりしてようが、可愛かろうが鼻毛出てるとそれらを無にする力を持っている。

こりゃ魅力半減どころの騒ぎじゃねーが、結婚しているしま面白いからいいや

と黙っていた。

後日、何気なくこの事を思い出し1つの結論にたどり着いた。

結婚した女性鼻毛を伸ばせ。そして出せ、鼻から

そうすれば「結婚してるのに男に言い寄られて困る」ということもない。

現代のお歯黒だ。

男は結婚指輪、女は鼻毛

これで異性から言い寄られることもない。

未婚でも言い寄られて困る女性鼻毛出せばいい。

万事解決だ。

2018-06-27

ピンチ助けて

これから出掛ける支度するのに鼻毛カッターどこ?

2018-06-26

鼻毛カッターで毎朝鼻毛飼ってるけど帰宅するころにはもう伸びてて辛い

永久脱毛したい

2018-06-09

白髪

頭髪の白髪が出始めたのは30代半ばだったか

鼻毛に白い毛が混じり始めたのを見つけたのは鼻毛カッターを買った翌年だった。

昨晩風呂に入るとき、ふと見下ろした股間に白い隠毛が1本伸びているのを発見

何か白い毛を発見するたびに老化が忍び寄っていることを感じる。

眉毛やすね毛に白いもの発見したときにはもう直ぐ死ぬということだろうか。

2018-05-19

鼻毛カッターを使うとき

片方の鼻毛カットして、もう片方に行くときカッターを洗ってからいく?

それともそのままいっちゃう

2017-12-18

鼻毛カッターを買ったら鼻毛カッター広告ばかり出る

と思っていたら、よくよく見れば電子タバコではないか

すまんな

2017-11-20

大学4年生が経験した恋愛の記録

私には3年半付き合った彼氏がいました。

大学生になってから付き合い始めた初彼氏社会人

アラサーで、多忙職種の人で、仕事が大好きで、多趣味で、友達仕事人間との関係構築も良好で、兄弟実家との関係問題なし。

何より私が勉強したいことや興味のあることを応援してくれる、まさかこれまで彼女がいなかったとは到底考えられないほど素晴らしい人でした。

私はこの人と結婚するつもりでいました。

一人暮らしが長いため生活力があったこと、自分能力を以って稼ぎ続ける人だったこと、友人や家族上司・部下といった人間関係の構築に一切の難がなく人望が厚いこと、貯金ができること、何より私を心から気遣って大切にしてくれる人だったことです。

結婚相手にはこの上なく素晴らしい、最高のひとです。

そんな彼と私にはある共通認識がありました。

自分みたいな非モテなんかが、ここまで異性に気に入ってもらえることなんて今後ありえない」です。

彼はアラサーになるまで仕事一筋、恋愛にも興味がないため、モテの何たるかを一切心得ていません。

デートでも鼻毛は伸び放題、身体微妙にあっていないサイズの服。

でも私にとってそれは、好きな人と一緒に過ごす上では瑣末なことなので、鼻毛カッター買いなよと言ったくらいで別に気にしませんでした。

彼の誠実で実直な人間性を好きになったからです。

それゆえに彼は、彼のままでありつづけながらも離れない私を見て、前述した共通認識を持つようになりました。


一方私は、高校大学時代全然モテませんでした。

もっと言うと、女性として扱われることが少なかったです。

彼氏がいると公言していたり、飲み会では自らを犠牲に笑いをとって盛り上がる側になる他、見た目にもそれほど気をつかわずに生きてきた期間も長いものでした。

またそもそもの人相があんまり良くない上にそれをカバーすることも特にしませんでした。

そんな自分でも彼は私を好きでいてくれたからです。

それゆえに私は「自分なんかにはもう異性に言い寄られることなんかないし、それでいい」と思うようになりました。

まり、「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者同士」という利害関係の一致が、学生社会人カップルを長く続かせる要因になりました。

しかし、もうすぐ4年目にさしかかるところでこの関係は終わりを告げました。

原因は私の浮気です。


きっかけは某SNS

オフ会出会ってから仲良くなった男性がいました。

いい友達になれるかも!と思い、2回目に会って食事をしたときお酒の勢いで家に連れ込まれました。

なぜ断らずに家に入ったか

彼氏多忙でなかなか会えない寂しさをまぎらわせるため

・正直、男性に求められることが嬉しかった

彼氏以外の男を知る経験をしてみたかった

から、です。

寂しさを紛らわせるための浮気、よくありますね。

そこに、自分が信じ込んでいた「自分にはもう異性に好かれる可能性がない」という思い込みを壊してくれる期待が重なります

それに、男性経験が一人の人生でいいのだろうか…?という考えもよぎります

その上お酒の力で気分がいいので尚更判断力は鈍り、結果男の家にほいほいと入って行きました。

こうして私は初めて、彼氏以外の男と唇を重ね、セックスをしてしまいました。

その男は私とそれほど年が変わりませんが、かなりの高学歴かつ稼ぎも相当良く、身長が高く、運動部にいたためガタイもよく、見た目や服装に気をつかえて、人の話を膨らませて聞き役に回ることが非常にうまく、連れて行くと女性が喜ぶお店をたくさん知っていて、またセックスもとても上手でした。

彼氏が持っていないものをたくさん、たくさん持っていました。

ことを終えた後、酔いも覚めてきて、罪悪感に支配されました。

しかし男が持つハイスペックぶりと彼氏スペックを比べたり、「私を好きでいてくれる男がいる喜び」に味をしめるようになったり、これまで経験たことがない性的快感にハマったこともあり、オフ会で知り合った男に入れ込むようになりました。

何度も何度も逢瀬を重ねるようになりました。

何日か経って、彼氏に会った時、自分の中に異変が起きていました。

デートなのにあまりにモサっとした見た目… 行く飲食店も変わり映えのしないところばかり… セックスもあの男の方が全然気持ちいいじゃん… といったこれまで気に留めなかったことばかりが目につくようになりました。

私は彼氏以外の男と交わることで、初めて比較対象というものを得ました。

これによって私は、これまで良しとしていた彼を「無理!!」と感じました。

何より「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者同士」という利害関係崩壊たことが決め手でした。

こうしてもう彼氏として見ることができなくなり、気持ちが離れていきました。

3年半も付き合ってきたのに、あっけない終わりでした。

長かった彼氏との関係を解消し、オフ会で知り合った男にいよいよ本気になった私は徐々に、自分所詮セフレ以上の存在にはなれないことを悟ります

私以外にも同じように、オフ会で知り合ってセフレにしている女が何人もいたことを男本人から伝えられました。

私を好きになってくれたのではなく、ただの暇を繕う玩具として扱っていただけのことに気づきました。

まり経験が浅い私は、こんな人本当にいるんだ…というショックを受けました。

今まで彼氏は私一人を大事に扱ってくれたので、それと同じように、オフ会で知り合った男も私を大事にしてくれるのだと思い込んでいたのです。

私はやっと、彼氏がどれだけ愛情を注いでくれたか気づきました。

自分勝手な都合で、彼氏気持ち裏切りました。

男は私がだんだん本気になり始めたとわかると、連絡を無視するようになりました。

嫌われたんだというショックよりも、自分はもう用済みなんだという屈辱的な扱いに愕然しました。

何より「気持ちが離れたから捨てた」というこの男の行動は、私が彼氏にしたことと同じです。

因果応報、彼をいかに傷つけたかに気付きました。

なんとか彼女に昇格しようとして気を引くのも、気に入られようと努力するのも、全てが虚しく感じました。

こんなことをしても私は結局幸せじゃない。

結果として私は多くを失い、今フリーとして生きています

しかし、その最低と言わんばかりの男からは、いくつかの素晴らしい贈り物をもらいました。

・恋をしたので見た目に気をつかうようになった(事実母親女友達インターン先の女性社員から見た目を褒められることがグッと増えました。美容室で髪の毛を整えたり、自分に合うメイク研究したり、ジムに通い始めたのも、オフ会で知り合った男がきっかけです。)

・「私を気に入ってくれる異性なんかいない、私にはもう次がない」などという後ろ向きな思い込みを捨てさせ、未来希望を持たせたこと(穴扱いとはいえ、頭脳や見た目はハイスペックの選別するレベルにかなったようなので、私はちゃんとすればまだまだイケるんだ!と思うようになりました。これがたとえ盲信だったとしても、後ろ向きなまま生きるよりはきっと健康的です。)

・人はスペックではなく、人間性を何よりも重要視すること。スペックだけに目がくらんで作った人間関係では幸せになれない。

自分もまた、見た目やスペックに加え、最後人間性によって選ばれているということ。

・人から好かれるためには、まず自信を持つこと。その自信を持つために、自分がやるべき仕事をきちんとこなし、よりよい仕事をするための勉強を欠かさず行い、時間厳守挨拶気遣いといった人として当たり前のことを当たり前のようにやる。そうして昨日の自分より頭のいい自分になる努力を重ねていくこと。

フリーになって自分を見つめ直したとき、気づいたのはこれでした。

自分を無理やり切り替えて前向きに生きなおすための思い込みですが、「あの男との出会い自分を次のステージに進めるための必然出会いだったのだ。私はもう二度と同じような過ちをしない。これ以上不必要に人を傷つけずにうまくやっていくための気づきを与えてくれたのだ」と思うことにしました。

そう思いながら、学生の本分である勉強を、心を入れ替えて始めました。

そしてもうしばらく、恋愛はいらないなぁと思いました。

こうして大学生活、終わると思います。読んでくださってありがとうございました。

2017-10-03

彼氏鼻毛切ってくれない

鼻毛出てるって指摘すると出てないって抵抗する。ヒゲ生えてる時は目立たないんだけど、たまには剃るとすごい目立つ。

一応ハサミでこっそり切ってるっぽいけど鼻毛カッターという文明の利器を教えてあげたほうがいいんだろうか。

2017-10-02

一人暮らしでいらないもの

引越ししたらゼッタイに買い!一人暮らし捗るアイテム35コまとめ」を見たのでツッコミ

http://hikkosi-hack.com/hitori-aitem/

項目寸評
レンジパスタ時間かかりすぎ。その間ソースが温められない
圧力鍋料理好きなら……でもしないじゃん料理
ジップロック事例の浅漬けのためにジップロック使うのはアホ
スレートプレートインスタとかいってる時点で不要
くっつかないしゃもじ思った以上にくっつく。ボコボコの間でご飯が固まり取りづらい
こげつかないフライパン一番安いやつをどんどん買い替えるのが吉
三角コーナーこれがいるのは大量にゴミが出る場合一人暮らしには不要
シーリングライトリモコン付き)リモコン必要な時消える。ホタルック一択
こたつこたつ布団が邪魔の元。怠惰元凶
珪藻土バスマット洗濯しなくていいけど汚れは溜まっていくんだよ?
バスケットゴールのごみ箱目的手段と間違える例
鼻毛カッター必要だけど一人暮らし関係ない
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん