「お金」を含む日記 RSS

はてなキーワード: お金とは

2017-07-23

大学は8年かけて卒業すればいい」

裕福なお家のお坊ちゃんが多いんだな。

そうでなければ簡単にこんな事言えないよ。

それか相当の甘ったれ

親が子供お金をジャブジャブ使うのは当たり前だと思ってそう。

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20170722210312

https://anond.hatelabo.jp/20170723183538

歴史舞台、例えば城をめぐる、とか博物館に行くとか、スキーに行くとか、そう言う目的のある人は「旅行趣味」とは言わないんだろうね。

個人的感覚では「無趣味の人の趣味」って感じがする。

旅行に行くと話のネタもいろいろできるし、無趣味な人がお金使うには良いんじゃないかな。

https://anond.hatelabo.jp/20170723164639

確かに、元々浪費癖はあるかもしれない。

ただ、うつ病生活のいろんなことに気がまわらなくなるのに、

どうして、お金の使い方まで気がまわなくならないと言えるのだろうか?

メンヘラお金がかかるという話

メンヘラは、お金がかかる。

治療費がかさむだけではない。

ここでは、自殺就労不可になる問題に隠れているメンヘラ経済問題について述べたい。

うつ病になるリスクが少しでも知ってもらい、

そういった事態になるまで自分を追い詰めてしまう人のブレーキになれたらと考えている。

自己紹介

私は、10年来のうつ病患者である

大学時代からずっとうつ病の処方を受けている。

処方薬は、ジェイゾロフトデパスだ。

数年前に、ブラック職場につとめることで、それが悪化した。

その会社で、ゲーム開発のプロジェクトマネージャーをしていたのだが、企画を補佐してくれるものがいなかったため、

PM兼、プランナー兼、アートディレクター兼、クラアント対応といった業務までしていた。

平日だけでは業務が終わらず、土日もメール対応仕様書を書いていた。

そういった無理がたたり、たまにできた暇な時間も体調が悪く遊びにいくことも家事をすることもできなかった。

メンヘラの基礎支出

まず治療費である。通院代、処方箋代がかかる。

自立支援医療制度という精神疾患を患っている人を支援する制度があり、

それらの費用が通常の自己負担額3割から1割になるとは言っても、一回行くごとに1500円、月2回行くので3000円かかる。

ついでにいうと、その手続には、診断書必要であり、その発行に5000円かかる。

最寄りの病院でない場合は、それに合わせて、交通費必要になる。

それに加えて、一番大きいのがカウンセリング代による支出である

私の行くところは、40分で6400円ほどかかる。

カウンセリングなんて、役に立つのかと健康な人は思うかもしれない。

だが、処方箋なんてものは、所詮対処療法であり、心理的問題解決することはない。

また、人に話すことで楽になることはたくさんあり、しかカウンセラーしか言えないこともある。

例えば、「死にたい」「殺したい」といったワードである

見ず知らずの人に、そんなこと言えるだろうか? 困られせてしまうだけである

というわけで、私はカウンセリングにて、毎月2回20分受けていたので、月6000円が飛ぶ。

しかも、カウンセリング代は、医療費として認められていない。

そのため、医療控除の対象外となる。

というわけで、病院とその処方箋で9000円かかる。

東京在住で年収300万いかず、奨学金の返済にも苦しんでいた私には、

それだけで貯金をする余裕を奪うには十分な威力であった。

家事ができないことのしわ寄せ

家事ができないことは、とても大きな経済的な損失につながる。

例えば、部屋が片付かないため、何を買ったが判断できなくなる。

すると、同じようなものを何回も買ってしまう。洗剤や歯磨き粉が複数ストックされる。

そして、掃除サボることにより家の汚れが取り返しの付かないことになることも、大きな損失になりうる。

引っ越す時に敷金がもどってこないどころか、6万円近くのクリーニング代などを要求されるてしまことを、

思考がどうかしているうつ病患者の私には想像する気力もなかった。

お金を使うか否かの適切な判断ができない

うつ病になると、冷静に考えてお金を使う判断力が失われ無駄な買い物が増える。

場合によっては、ストレス発散のために、高い買い物をしてしまうこともある。経度の買い物依存症である

そして、あらゆるめんどくさいことを、お金解決しようとしてしまう。

私の場合引っ越しの時にそれが訪れた。

ブラック職場から脱出した私は、引っ越しを決意していた。

からも遠かったため、少しでも心理的負担がかからない場所引っ越したかたからだ。

部屋汚れや不要ゴミ処分業者に頼んだ。

上記の様な状態の私はただでさえ貯金がない状態であり、引っ越しにかかる費用クレジットカードを利用した。

転職先でのボーナスなどをあてにしていたこともあった。

そこらへんの判断も、今ふりかえればどうかしている。

だが、明らかに思考力がまともじゃなかった私には、なんの疑問も感じなかった。

そして、引越し後のクリーニング代の請求である

新たな引越し先への敷金礼金以外にも、20万以上つかってしまっていた。

■まとめ

うつ病になる→治療費がかかる&働けないのでお金が稼げない

という流れは広く知られている。

だが、それだけではない、

うつ病になる→判断力が失われる→不必要支出が増える

うつ病予備軍の人は、上記の様なうつ病になる大変さを理解して欲しい。

すでにうつ病の人は、私の様な自体に陥らない様に気をつけて欲しい。

私はこれの様なリスク理解していなかった。この過ちが、後に、大きな不幸をまねくことを私はまだ知らなかった。

その不幸については、また今度投稿する。

なぜ痴漢対策だけ周りの協力を強要するのか

例えば、飛行機乗ってるときテロリストに遭遇しても、客にそいつらをぶちのめす義務なんかない。

セガールじゃないんだから

銀行お金おろしに行って強盗がいても、本屋万引き犯がいても、一般の客に捕まえる義務はない。

路上で倒れてるおっさん放置したって、そりゃ道義的にはちょっとどうかと思うけど、

無関係なら何の罪にもならない。

もちろん、協力したい人がいれば協力すればいい。それを止めるつもりは全くない。

そういう人が多い方が、世の中うまく回るだろう。

ただ、ヒーローは来ないこともある、ということを計算に入れなければならない。

もし周りの協力がない場合被害者が守られないということになったら理不尽だ。

痴漢対策に限って周りの協力が必要で、協力しなければ同罪みたいに言うのは絶対おかしい。

本屋で「万引きが起こるのは通報しないあなたのせいです」なんて言われないだろうが。

カメラでも何でもつけりゃいい。責任を取るべき側がきちんと責任取れという話だよ。

駅員の対応おかしいとか、有罪認定おかしいんじゃないかとか、そういう話とは別にね。

深夜にひっそりお題募集

面白かったアルバイト経験教えて〜

お金こんだけ儲かった的な話でもいいが、

普段できないこんな体験したとか、これは今地味に役立ってるとか、実はこんな話が、みたいなのを募集

すまんな、深夜に頭使わすようなお題振って

よければ!

2017-07-22

田舎の虐められてる学生よ、書を手に取れ、都会に出よう

田舎の町で育って、小中高と虐めを受けてきた。

田舎って、クラス替えがないんだよね人がいないから。

から虐めのターゲットにあると何年も続く。

小学校の時、中学校の時、高校の時、死ぬことしか考えてなかった。

そんな自分の救いは図書室。

図書室は静かにするところなので、いじめっ子は入ってきて自分暴力を振るうことが出来ない。

虐める奴らは本を読まない奴らが多いので、図書室に偶然立ち寄ることもない。

休み時間になると走って図書室に行って、図書室にある本をカウンターの下で隠れて読む生活

田舎すぎて図書室には誰もいない。

高校はさすがに人がいたが、小中は、本当にほとんど誰もいなかった。

学生生活いかに「人が来なくて来ても隠れられるところ」「気づかれないようにその場から消える術」を学んだと言ってもいい。

虐められないためには接触しないのが一番である

暗殺教室で、虐めに遭っている女の子が、テストだけ受けに来て終わったら速攻帰る、とやっていたが、あれは正しい。

 

お金問題で、高校までは地元に拘束される田舎者も、都会に出るのを許されるのが大学だ。

もうこんな狭い人間関係はまっぴらだったので、高校はひたすらひたすら勉強した。

とにかく地元を出たかった、国立の金の掛からない大学に行きたかった。その二点が勉強意欲だった。

自分は塾にも行けなかったので(行けばいじめっ子がいるので虐められるだけ)学校の授業がすべてだった。

 

高校教師というのは、やはり素行がよく、頭のいい生徒を可愛がる。当然だと思う。教師勉強を生徒に教えるのが仕事なのだから

休み時間に聞きに行ってもいいか、と先生によくアポイントを取った。

休み時間がつぶれるというのにどの教師も喜んで応じてくれた。

この作戦休み時間に人をどこかに連れて行って虐めようとしている奴らにも効果がある。

先生約束していて職員室に呼ばれている」その言葉が出るといじめっ子もそれをバックレろとはいえない。

 

学年一位、市内一位を取るレベルになると、先生の態度が変わった。

先生の態度が変わると、いじめっ子が関わってこなくなった。おそらく私に手を出したら分が悪いと思い始めたのだろう。

いじめっ子の中には秀才と呼ばれる奴がいて、この人達は、少々悪いことをやっても先生に疑われないので、影でいろいろやらかしていた。

だが、私の方が成績を上回り始めると、引き落とそうと嫌がらせエスカレートしてきて、先生にも気づかれるようになってしまった。

怒られたのはいじめっ子の方だ。これには驚いた。昔なら、なぜか虐められた私の方が注意されていて終わっていただろうに。

ああ、学校は成績がすべてなんだ、と痛感したのはこのときだ。

 

最終的に、偏差値70クラス大学に行った。学校では私一人だった。

お金がないが口癖だった親も、さすがにこのクラス大学に行くとなると、頑張って入学金を用意してくれた。

大学生活は天国だった。

そして金持ちの子供が多かった。

金持ちの子供って歪まないんだね。いい人が多かった。友達もたくさん出来て、楽しかった。

同窓会手紙が何度か来ていたが、全部無視した。

 

二十年くらい経って、地元に戻った。祖母調子が悪く、もう長くはないからだ。

会える間に、会える距離でなるべく楽しいことをしてもらいたいと思った。

一応ニートもなんなので、地元開業してみたが、未だに地元カーストのまま話しかけてくる人が多いことに気づいて面白い

この人達は、地元人間が都会に出て行くまでのカースト脳内が固定されていて、それから脱却できないのだなと気づいた。

都会で住んでいたのが二十年以上の人間が、二十年以上前と同じメンタリティ田舎に戻ってくると思っているのだろうか。

こいつらの中では、まだ自分はいじめられっ子で、覇気がない子分なんだろうなあと思うとしみじみする。

かばかしくなってきたので、店を閉めたら、慌てた人たちが飛んできて、なぜ閉めるのか、困る。と訴えられたので、

「いやー、さすがにカネ持ってんだろ、くれよ、とか、息子連れてきて、息子に色目使ってないわよね、あん変態から、とか言われたら

心折れますわ……」と今回は素直に言ってみたら、何か長老会の闇のパワーが働いたようで、それも驚いた。

闇の長老会パワーで、まず、店まで来てあれこれ言ったもといじめっ子と親が謝りに来た。隣には謎の老人が目を光らせていた。

過去のことを許してくれ悪かったと謝罪されたが、意味不明だったので、いや、顔を見せないでくれたらそれでいいと言ったら、そしたら

困ると言われたのだが、困る相手になんであん言葉を言うのかと問い返せば黙った。謎の老人が一喝していた。誰だおまえ。

次にいじめっ子の女(既婚パート)がのきなみパート先を解雇されたらしいと聞いた。

後日、もう奴らは店に来させないから、再度開業して欲しいと老人数人が頭を下げに来た。来させないとか、そんな権限君らにあるのか。こわい。

しかし長い田舎者だったので、田舎では長いものに巻かれるのが最適だと学んでいるので再度開業したら、本当に変な客がいなくなった。

長老会ぱわーすごい。

 

 

田舎で虐めに苦しんでる子供達は、とにかくひたすら勉強して、都会に脱出することをおすすめする。

田舎権威に弱いので、カースト上位にさえ上り詰めれば、こちらが勝てる。

いじめられて、しくしく泣いていた自分が、今や、虐めを食らっても、鼻でせせら笑って「こいつバカじゃないの」と思えるレベルになるのだ。

メンタルも強くなるしおすすめ

組織ってなんだろうね

人はそれぞれ質量を持つ

質量を合計すると組織質量、人数は組織の体積になる

人数が多いと組織の総質量は増加する

質量の大きい人が高い密度存在するほどエネルギーが高いので可能性が広がる

質量が大きい組織は外の人材仕事お金を引きつける引力を持つ

引力がないと何も近寄ってこない

自分で1つずつ集めないといけない状況は凄く大変でエネルギーが足りなくなる

近くに自分より総質量が大きい組織があるとそっちに取られる

自分組織から剥がれる事もある

大きな引力には質量の大きい人ほど引きつけられる

だけども引力なので引き寄せられるもの玉石混交

質量の高い人を引きつけられる引力をもち

なるべく質量の高い人を集めないといけない

鍛錬したり、自信を持ったり、仲間同士の切磋琢磨は体積を増大させずに質量を増大させる

人だけ増える、やる気を失う、惰性で能力が退化すると質量が減ってしま

競合に負けない質量を得るために規模を増やさなければいけない時もある

だけども体積に対して質量が足りないと崩壊をおこす

規模の増加が体積の増加よりも先行すると密度が低くなり、エネルギーが減少して可能性が狭まる、崩壊する

質量の成長が止まるといつか相対的に負け始めるので質的、量的どちらかは成長していかないとね

停滞する理由はない

さー、がんばろう

30過ぎて100万も貯金が無い奴は信用できない

何故かは知らんけど、貯金100万作って維持してるかどうかは、まともな社会人かどうかのリトマス試験紙になる。

作れた事が無い奴は例外無くクズ過去作れても維持できてない奴もクズ

マトモな社会人就職数年で普通に持ってる。クズは30過ぎても持ってない。

金が全てとは思わんけど、一気に作れない金額を貯めるって社会性が無いやつには出来ないのだろうな。

株が~とか借金は?とかイキってるブコメ有るけどさ、実際の日本人は数千万持ってても貯金なんだよね。統計で出てるし。

借金して100万口座に入れてる人とか、極端な例出されても知らねえよ。今の低金利で借りた金を口座に入れる特殊プレイしてるバカの事なんて知るかw

マネーリテラシーを語りながら極論出してドヤ顔してるバカよ、鏡見てから書き込め。どうせ100万も持ってないのだろうけどな。

えーと、親元とか人それぞれの事情とか、何か大きな話をする方が居ますけど。

たった100万ですよ?子供が進学したとか、車が寿命とかで普通に出ていくたった100万。

その程度の貯金の話で何でそこまで話が大きくなるのですかね?

そりゃ1000万貯めましょうなら事情で左右される事も有るでしょうけど(それでもたかが1000万ですけど)たった100万がそこまで大きな話になるって何?

100万くらいの遊び金なかったら病気も出来ないじゃないですか絶対病気にならない超人で、リストラもされない超有能な方ですか?

みんな、そんなにお金持ってないの?持ってないあなた人生大丈夫

私の知っている限りでは、貯金100万作れない人の人生って悲惨無知蒙昧、お先真っ暗なのだけど。

はてなってそんな人ばかりなの?


凄い、ブコメ100越えて人の自尊心嫉妬言い訳が渦巻いている。

都内一人暮らし月収20万だと無理みたいな人、だから何度も言うけどたかが100万だからね。

つーか何年月収20万のままで暮らしてるのさ。その暮らし方がすでに信用ならないって話だよ。

貯金100万なんて、ボーナス出る所に就職すれば20代前半にはクリアしてる、極めて低いハードルだよ。

30超えればポンと出す事もそれなりにある金額が100万だよ。

その程度の金額だけれど、1ヶ月頑張っただけでは大半の人が準備出来ない、それが100万円なのね。

からこそ、先を見るとか計画性とかがわかるんだよね。無い人はその日暮らしの根無し草なんだよ。

別にその日暮らしでも根無し草でも構わんけどさ、そんな奴は信用出来ないよねという単純な話だよ。

根無し草を選んだ人は、そんな事承知の上で生きてるんだろ?じゃあそれでいいじゃん。

私はお前を信用しない、世の中の大多数もお前を信用しない(お前の周囲の人は知らん)、お前は信用されなくても気にしない。

単純な話ですよ。


500ブクマですか。

貧乏な人と普通の人と裕福な人の断絶をまざまざと見せつけられた気分です。

貧乏な人にとっては100万は競馬で大当たりか宝くじ当選でも無ければ一生縁の無いお金なのですね。

貯金額をどうやって知るのか?という疑問ですが、地方だと結構簡単です。

東京住まいけんすう氏とかはわからいかもしれませんが、あちらこちから収入や買い物の情報は入りますね。

みんな大体20中盤~30前半くらいで結婚するのですが、見合い結婚カップル貯金総額バレてます。親がゲタ履かせた金額も含めて。

地方手取り16万一人暮らしでも、数年で100万貯める人は貯めてるのですよね。

車持って生活費12万に収めて毎月3~4万ずつ貯金みたいな感じで。

同じ給料で親元で暮らしていても、酒飲んでタバコ吸ってパチンコして借金まみれの人も居ます

要は個人資質次第なのですよ。少なくとも、たかが100万くらいなら。

ちなみに、後出しウソつき野郎と言われるだろうけれど、33歳既婚子無しの私の貯金は900万くらい。財形確定拠出年金と親から貰った家土地合わせて資産2000万くらいです。

貰ったボロ家をリフォームする前は貯金1400万ほど有りました。(いずれも配偶者分は除く)


ポジ熊さんから反論もらったので続き書きました。

https://anond.hatelabo.jp/20170724090329

業務時間外の勉強」について

エンジニアは業務時間外でも勉強するべきなのか という記事話題になっていて、色んな人がいろんなことを言っていた。定期的にこれ系の話が出てるような気がするけど、結局人それぞれだと思う。

業務時間外に勉強するような人はプログラミングやら何か作ったりするのが好きな人が多いんだろうけど、その理由も人によって様々だと思う。自分場合はどうだろう。

お金が欲しくてプログラミングを始めた

自分プログラミング勉強とか、何か作ったりとかそういうことをするようになったのは、ざっくりいうと学生時代飲食店バイトとかコンサート会場の設営とかせずに図書館パソコンたかたして金が欲しいからだった。結局Crowdworksで請けた仕事をして何万円か稼ぐくらいが精一杯だったけど。

勉強はそこに至るための準備だったり、あとは趣味的な部分が大きかった。また、過程ブログにでも書くと誰かが有難がってくれたりするので、そういう楽しさもあった。

当時はなぜかベンチャーバイトするとかい選択肢がなく(馬鹿だし独学で無理だと思ってた)、思いつくのがウェブサイトアフィリエイト収入とCrowdworksくらいしかなかった。今思うと、ベンチャーバイトよりよっぽど難易度高いような気がしなくもないけど、当時は意識高くて賢い人達に囲まれ環境に週何日も通わないといけないバイトの方が不可能に思えた。

ウェブサイトアフィリエイト収入を得るにはウェブサイトなりブログ運営すればいいんだけど、自分おもしろブログを書けるとも限らないので、ユーザー投稿してくれたコンテンツ広告収入につながれば美味しいと思っていた。

そんな浅はかな理由CGM(Consumer Generated Media: ユーザー投稿型のウェブサイトなどの総称)を作ろうと思ったり、iOSアプリを有料で販売したいと思ってiOSプログラミング勉強も少しした。結局続いたのはウェブサイト作りの方だった。

勉強業務でするものという意識がないのはなぜか

当時のスキルで請けられる仕事なんて少ないので、ソフトウェアエンジニアとしてお金を稼ぐにはもっと勉強しないといけないと焦っていた。とにかく勉強してスキルを身に付けてソフトウェア開発でお金稼ぐんだというモチベーションが強かった。接客肉体労働が得意だったら、そんな焦りもなくもっと明るい学生時代を過ごせたような気もする。

そのため基本は仕事をもらう → 勉強する ではなく、勉強する → 仕事を請ける という順序だと思っていたし、今でもそうだと思っている。そんなことを書くと真面目な雰囲気がするけど、ある意味これは、業務であたふたするのが嫌だから先に勉強したい、馬鹿から先に予習しないと無理、みたいなネガティブな考え方から来てる。

もっとポジティブであれば、学生のころからベンチャーに飛び込んで「一生懸命がんばります!」とか言えたのかもしれない。要領が良かったりポジティブな人は仕事をもらってからでも勉強できるし、自分のようにネガティブな人は仕事をもらう前から勉強して臨まないとストレスに耐えられない(と思い込んでいる)。

業務時間外の勉強は当たり前、でもあまり働きたくない

そうやって振り返ってみると、業務時間外の勉強は当たり前だ。しか仕事自分人生の全てを注ぎたいと思っているかと言われると、そんなことはない。できるだけ働かず、日中読みたい本でも読んでいたい。個人運営ウェブサイト広告収入暮らしたいなんてことはもう諦めているけど、仕事する時間を減らしたり、自分立ち位置を少しでも有利にするには、結局スキルを身につける必要がある。そのための勉強はどう考えても必要だし、学ぶ楽しさみたいなのは今のところ感じられているので、勉強趣味としてやりたいことの一つでもある。

参照先のブログ記事について

自分のことばかり書いてしまったけど、一番上で参照させていただいたブログ記事を読んだ感想も書いてみる。

ブログ記事を書いているのは雇われる側のエンジニアではなく、雇う側の方なので、あのブログ記事は「うちの会社には、勝手勉強してくれるエンジニアが入ってきてほしい」というアピールというか想いみたいなものなのかなと受け取った。

あの記事はあまり勉強できてない人が嫌な気持ちになるだけで、勉強たくさんしてる人が来たくなるかというとよくわからないので、もっとこう社内の本棚の充実具合をアピールするとかそういう方がいいんじゃないかなと思う。たぶんバズらないけど。

熱中症らしき症状で救急車を呼んだ

金曜日15:40分頃、アパートにて起床。だが、おかしい。

体がだるいし、目が開けられない。私の寝起きには良くあることだが、今回は一段と重い。

何とか体を起こして立ち上がるが、どうもふらふらするしかも動悸と吐き気がする。いつものように首筋に寝汗をかいていない。なんだこれは?

温度計を見ると30度とある熱中症や脱水症状に思い至り、冷蔵庫を開けてお茶を飲み、また横になる。リモコン扇風機を付けた。冷房は壊れている。

少し経ってもいずれの症状も治まらない。お茶では足りないのか。

どうにか起きてコップに水を入れ、塩を溶かして二口ほど飲む。まずいが仕方がない。

再度横になって様子を見る。

16:00分頃、周期的にこみ上げる吐き気と動悸は一向に回復する様子はない。悪化している?

意識はしっかりしているつもりだが、一人暮らしなので、もし失神でもしたら恐らくアウトだ。

私は緊急社会システムアクセスすることにした。即ち119への電話である

自己判断死ぬよりはいくらかましだ。

電話口の相手には救急であること、住所、アパート名、名前、症状を伝えた。

あなたご本人ですか?」「はい

熱中症とおっしゃいます思い当たる節があるんですか?」「30度の部屋で寝すぎました」

「わかりました。今救急車が向かっています。ドアの鍵を開けてお待ちください」

大体このようなやり取りで電話は終了し、私はベッドに倒れる。その後体感で5分程度でサイレンの音が聞こえてきた。

インターフォンが鳴らされたので出る。もう何も考えたくない状態になっており、救急隊員とのやり取りは覚えていないが、症状を説明して歩けるかどうか確認され、身分証が入っている鞄を持って戸締りをしたことは記憶に残っている。そういえば隊員の方に顔が真っ白と言われた。

寝巻きのまま自力で歩いて救急車まで行き、中のベッドに横になる。

そして指や腹部に何やら得体の知れないものを付けられる。どうやら指に付いたもので脈を取るらしい。

次いで血圧と体温をはかる。体温37度らしい。平熱34~35度の私にとっては発熱状態と言えそうだ。風邪でもないのにこんな体温になるとは。

搬送先の病院を見つけて頂く間、ライトで目の確認、痺れや神経の確認などをされる。

3名の隊員に来て頂いているが、常に1人は私の横にいて見張ってくれるようだ。大変失礼だがこの方の目は怖かった。口調は丁寧そのものであるのに。

「お名前言えますか?」「生年月日は?」「年齢は?」「今日の日付は?」「ご実家電話番号は?もしかしたらご家族に来てほしいということがあるかもしれません」「今の症状はいかがですか?」「ご職業は?」

質問には全て答えられたが、いかんせん体がだるい。喋るのも億劫だったが否やもない。

他には、今まで似たような症状を経験たかどうか、過去に何か大きな病気にかかったか、持病はあるか、普段何か薬を飲んでいるか、などだった。それ以外にもあったかもしれないが覚えていない。一週間前まで夏風邪にかかっていたことを確かここで話したか

質問最中には別の隊員の方が私の状況を年齢性別と共に病院に伝えてくれているのが聞こえてくる。2、3回、この病院はかかった事があるかと聞かれるが、全て初診の病院である。金曜午後4時とあってなかなか搬送先が見つからないようだ。付近で行った事のある病院を聞かれたので、以前風邪とき見てもらった個人のクリニックの診察券を見せるが、すでに診療時間外であった。

今思えばこの質問攻めとも言えるものは、必要情報を得ると同時に意識を失わせないようにするためのものだったのだろうか。

この間に動悸は治まりめまいも軽減したようだ。何も考えたくない状態は変わらないが、症状としては吐き気のみになっている。救急車の中の温度が功を奏したのだろう。

やがて搬送先が見つかり、移動開始。車内はゆれるので何かあったら伝えてほしいと言われる。

10分ほど揺られて病院に着いた。体に付いた器具は到着直前に全て外される。

どこにある何という名前病院なのかもわからなかったが、どうでも良いことだった。ベッドごと救急車から降ろされ、救急室へ運ばれる。

移動中、看護師さんらしき方が「大丈夫ですよ~病院に着きましたからね~」と声をかけてくれる。

救急室に入室。時計をチラッと見てみると、16:28分ごろだった。

救急車のベッドから救急室のベッドへ体を移動する。「ゆっくりで良いですよ」と優しい。

そして胸部腹部に器具を付けられる。心電図か。指にも脈を取るための何かを付けられる。たちまち救急車の中とほぼ同じような状態になった。

症状とそうなった経緯を聞かれたので説明する。もともとロングスリーパーで、前日の22時から寝ていたと言うと驚かれた。

ここで気付いたが、やたらと女性が多い。医師の方も女性であり、経緯と症状を説明している救急隊の方以外に男性がいない。

救急室で何をされたか、おぼろげにしか覚えていない。時系列がぐちゃぐちゃだが思い出してみる。

思考停止状態の私はなされるがままぼーっと目の前にある特徴的なライトを見ていたと思う。手術室にありそうなUFOのごときあれである

確か、もう一度目にライトを当てられる。首を左右に振られる、などだ。眩暈はしない。

採血しますよ。その後点滴打ちますからね」なんと。この状況で血を抜かれるのか。まあ、もう任せておこう。「アルコールはかぶれませんか?」かぶれたことはない。大丈夫だ。

じゃあ3本などと聞こえた気がするが、見ていないのでどれだけ採られたのかは定かではない。

点滴の後、それから看護師の方に心臓部に何やらローラーを当てられてぐりぐりと動かされる。なかなか終わらない。鈍痛的刺激である。私の体のせいか、どうやら目的を達しづらかったようだ。医師の方に交代するが、それでも時間がかかっていた。体を左に傾けるように指示される。よくわからないが、これで成功したようだ。

喫煙飲酒確認をされる。煙草は吸わないし酒は2週間に一度ぐらいだ。

あとは、目の前に指を出され、目で追ってくださいと言われる。問題なくできた。

めがねのような物をつけて天井を見るようにと言われる。とてもぼやけるレンズで、まともに外界を見ることが出来ない。気持ち悪くなったりしないかと言われるが、大丈夫だった。

「私の指先と自分の額を指で往復してください」これもできた。

親指に何かを打たれ、出血したときにその血を器具で調べるということもされた。結構痛くて指が震えてしまった。チラッと顔を確認される。「痛かったですか?」「はい少し」などと会話して気恥ずかしくなった私は目をそらす。

おおよそ処置が終了したようで、救急室にいる人数も少なくなってきたか

点滴が効いたのか、この頃になると吐き気もほぼなくなっていた。

実家電話して頂いたようだが、出なかったのだろう。連絡の付く時間を聞かれるが、今いないのなら深夜でないと連絡不能である。我が両親は忙しい。

迎えのための連絡先を聞き出される。

しかし、連絡先が入っているスマートフォンは持ってきていない(これがまずかった)し、普段の連絡はメールであるデジタルネイティブである私は両親の携帯の番号など全く覚えていない。「おじいちゃんおばあちゃんは?」実家にいるが、祖父はすでになく祖母は離れにいる。電話したとしても聞こえない。「他に近くに知り合いはいいか」いない。

いよいよ困らせてしまったようで、鞄の中のファイルに閉じられた紙に書いてある電話番号を見せられる。「ここは?」「それは職場人間の番号です」「よくわからないな~」申し訳ない。

そうこうしている間に別の患者が来たようで、私は車椅子で別室に移される。何かあったらナースコールをお願いしますと言われ、カーテンを閉められる。

ここでもぼーっと寝ていた。点滴を見る。かなり速いペースで滴が落ちていて、少し経ったら終わった。まさか25歳で救急車のお世話になるとは思わなかった。天井を見ながら、そういえばネットでふぐの毒にあたった人がこのような光景写真をアップしていたな、いやあれはただのネタだったか、などと考える。余裕が出てきたのか。

その後、先ほどの看護師の方がやってきた。曰く、連絡が付かないなら無理に付けなくて良い。血液検査の結果が出て問題なければ帰宅。と先生がおっしゃっていたということだった。

またしばらくして先ほどと同じ方がやってくる。「救急車で来た方は、病院荷物を預かったことになるんです。今回は靴と鞄です。お受け取りのサインをして下さい」なるほど。いつの間にか私の鞄も右に置いてある。気付かなかった。

さらに少し経って医師の方が血液検査の結果を持ってやってきた。2項目ほど異常値だが比較的きれいであり、問題は見受けられない。めまいには二つあって、脳か耳が原因だが、前者は考え辛く、後者をチェックするために耳鼻科受診お勧めする。それから、ご家族には今日救急車で運ばれたことを伝えるように。それから暑いので、クーラーを付けないなら窓を開けて寝ること。脱水は正直わからないが、水を2リットルほど飲んだほうが良いことを伝えられる。

次に医師ともう1人の方が水を持ってきた。「体を起こして、飲めますか」問題なく一口飲む。「込みあがってきたりしませんか」大丈夫だった。

最後確認として、点滴スタンドの取っ手を杖代わりにして立つことを指示される。立てるし、眩暈はない。そして、靴を履いて歩く。歩ける。綱渡りをするように、前に出ている足のつま先に後ろの足のかかとを持ってくる歩き方でまっすぐ歩けるか。できた。

大丈夫そうだ。医師も同じ判断らしく、帰宅の準備に入る。「お帰りはどうしますか?」「どうしましょうね……」「お金があればタクシーが良いですね」なるほど。

点滴を外され、消毒したガーゼを当てられるので、自分で押さえておく。太い針だったようで、少し待つ必要があった。その後テープで固定される。

荷物を持って靴を履く。会計場所説明されたので、医師の方に今回のお礼を言って移動する。

そういえばめがねをかけていない。視力が悪いので少し視界がぼやけているが、目を細めながら会計に到着し、救急で来たことを伝える。診断書を書いて提出して待つ。この間に時計を見やると、18:40分ごろだった。少し経つと名前を呼ばれる。

この病院の診察券を発行して頂いたようなので受け取って精算する。合計8000円と少しらしい。持ち合わせの現金では足りなかったが、クレジットカードが使えて助かった。会計後、タクシー駐輪場所を聞いてそこへ向かう。ちょっと迷った。

最初は寝巻きのまま外を出歩くのに違和感があったが、状況が状況である。気にしたところでどうしようもない。会計では、タクシー駐輪場所にいなかったら自分で呼ぶようにと電話番号を書いた紙を貰っているが、電話がないのでいないと困る。しかし、運良く一台のタクシーがとまっていた。

手を挙げて乗る意思を伝え、自宅アパートの住所を伝える。タクシー代は1700円と少し。現金で支払った。

帰宅後、何はともあれ水分補給をする。そして熱中症で運ばれたことを家族と友人に伝える。だが、ここで部屋の温度と湿度に気付く。間抜けな!この環境から事が起こったんだろう。

すぐに窓を開け、付けたままになっていた扇風機の風力を上げる。これで涼しくなる。

時間か休んだのち、着替えて近所のスーパーへ向かう。ポカリスエットと水とカロリーメイト、そして食料を買った。

ところで私が運ばれた病院はなんという病院なのか?診察券を見てみると……なるほど、女性が多かったのはそのせいか

なんとも稀有体験をした一日だった。直接お礼が言えたのは医師の方のみだったが、今回119の電話を受けて下さった方、私を運んでくれた救急隊員の方、処置をしてくれた医師及び看護師の方には心よりお礼を申し上げたい。


反省

・初期の対処

扇風機を付けただけでは足りなかった。すぐに窓を開けるべきだった。

・部屋の冷房が壊れたまま

早く直さなければならない。

病院に両親の連絡先を伝えられなかった

必ずスマホを持っていく。緊急時であればあるほど重要

めがねを忘れる

持って行く。

追記

暖かい言葉を頂いてとてもうれしい。私の部屋も暖かいぐらいの温度だったら良かったのだが。

こんなことで救急車呼ぶなと言われるのも覚悟していたが、全くの杞憂だったようだ。

30度でもここまでの症状になるのか。体質にもよるんだろうけど。

素人の推測だが、長時間睡眠で水分が取れなかったためだろう。目が覚めて良かった。

冷房使わなかった頃は2Lのペットボトルを凍らせてバスタオルに包んで寝てたな。500MLのPBでもタオルでくるんで脇の下、首筋、太もものいずれか(動脈のある部分)に充てるだけでも体内の温度を下げる効果がある。

発想がすごい。これはやってみよう。

じゃなかったオチだと思って最後まで読んじゃったけど熱中症だったのか?

あなた熱中症ですとははっきり言われなかったので真相はわからない。

重症だと意識障害や手足の痙攣などが起こるらしいので、私の場合熱中症だとしても比較的軽いものだったのだろう。

ロングスリーパーはい睡眠時間の長さが異常。別の病気も疑ったほうがいいような気がする。

まれ持った体質と思って諦めているが、確かに少し調べてみても良いかも知れない。

興味深かったが何故そうしたのかよくわからない箇所でぼかした記述が入ってる。増田肥満体型で搬送されたのは産婦人科だったのだろうか?

診察券のくだりだと思うが、女性が多かったことを説明するためにはこの病院名前を一部書く必要がある。

だが試しにそれをググッたら、一部と言えどもあっという間に特定できそうだったので一文字も書けなかった。

二世帯つらい

風呂シャワー蛇口が壊れてる。

原因は、母と妹が「強い水圧じゃなきゃシャワーを浴びた気がしない」という理由で毎回お湯の蛇口限界まで捻ることにあると思っている。

限界まで捻らなくても、途中からもう水圧は変わらなくなると思うんだけど…

で、限界まで捻るから閉めるのがめんどうくさくなるのか、いつも蛇口を全開にしたまま手前のシャワー蛇口だけとめてお風呂から出てくる。

いよいよ水圧に耐えきれなくなって、蛇口の根元が壁から浮いてきてしまい、お湯がダラダラこぼれてくる。

ここ一年ほどは蛇口を開けると「ボー」という音が出るようになり、夜は特にその音が響くのが気になる。

もう何年も母に「水道屋さん呼ぼうよ」と頼んでいるのだが、その度喧嘩。今夜もそれでマジギレ。

限界まで開けるから水圧がかかるんだよ」っていうと「私たちのことを責めてる!!」ってキレられる。「あんだって洗面所蛇口ちゃんとしめてない」とすり替えてきたりとか。私はしめてる。大体は妹だ。でもこういう話が始まると無言で部屋に消える。私がその手を使うと母は私を部屋から引きずり出すというのに。

他にも、家の機能で完全に壊れてるところがあって、常識的に考えてそれは一刻も早く直した方がいい!と思うんだけど、それも言うたび母逆ギレ

でも、つらさの本質は、結局家の決定権は祖父母にあるということなんだ。母方の祖父母と一緒に住んでるんだけど、母も祖父母も親離れ子離れできてない。もちろん母の言うことは聞き入れてもらえない。

私は壊れてるのが気になるし、そういうのを直して維持しながら暮らすためにお金があるんじゃん、と思う。

から「おじいちゃんとおばあちゃんに言って」って言われるからちょくちょく訴えかけてるんだけど「お金がかかるのよ」って言われる。そりゃかかるよ!!!!!

母と祖父母は自分たちの考える理想の豊かな生活のために無駄遣いしてばっかり。

都内に家がある、土地がある」ということだけが自分たちの誇りだからマジで勘弁してってときがけっこうある。

墓参りの帰りに揃って鰻食べるの一回控えたら、それで水道直せるんじゃないかなあ。

家の壊れてるとこ直さないことのほうがよっぽど変だよ。

祖父母は自分たちではなんにもしなくて、友達全然いない。そのくせ親戚か知り合いの話ばっかりしてる。夏は避暑地にたてた別荘にいって孫たちの自慢。よその本当のお金持ちのひとたちに恥ずかしげもなくマウンティングしてる。数年ぶりについていってあげたら、行きつけのごはんやさんの人が私のことすごい知っててめちゃくちゃ恥ずかしかった。大学のこととか、高校部活のこととか。やめてほしい。お店の人にも、祖父母のつまらない自慢話に付き合わせてしまって申し訳ないと思う。

はやく家から出たいんだけど、私は第一子長女で下に男の子もいない。

母もそうだった。「家を継ぐ」ことだけを求められてきた、かわいそうな人だ。

祖父から「家を継ぐ気はあるのか」って言われる。拒否したらどうなんのさ?

つーかなに名家気取ってんだよ。マジ大した事ない普通の家だろ。

ホントちょっとした不動産があるだけで、ただの成金なんだ。しか最近知ったんだけど、別に先祖から代々受け継がれたものというわけでもない。え?そんなもんだったの?って思った。そんなもののために私たちはこんなに縛られているの?

あるだけですごいのも、ありがたみも、よく分かるけど、身の程を知ったほうがいい。

墓参り行く度に「あなたもこのお墓を守るのよ」って言われてきた。正直もうたくさんだ。

おかげさまで大学まで行かせてもらえて何不自由ない暮らしもさせてもらえてるけど、それ以外の精神的な安らぎみたいなものはまったくない。とにかくつらい。

就職が決まって、人事の人からも「最初の1〜2年は実家にいたほうがいいよ、都内ならなおさらだよ」と言われるけど、私はとにかく自分自分らしく生きていけるように、自由を手にするためだけにここまで頑張ってきた。

中学の頃から「家を出て一人で長く暮らしていくための様々な力をつける」ことを目標にして、大学受験就活も乗り越えた。

それでも家での私の評価はとても低い。

根暗とか元気がないとか生活力が低いとかやたらガミガミ言われるけど、勉強だけしてればいいっていってたのはどこの誰なんだよ。

それでも一歩家から外に出れば、そんな私を良いと思ってくれてる人がたくさんいるんだ。

なんで自分たちの死んだあとのことばかり気にしているの?

はやくお金をためて実家距離を置きたい。

こんな気持ちは本当にもうたくさんだ。

あなたが私の事を好きかというより興味を持っているかどうか知りたい。

それよりもあなたスローで素敵なセックスがしたい。

だって私の目的は若くて美しい男と1回限りの病気心配のないセックスをすることだから

あなたお金を持っていなくても構わない。

延長に結婚なんか無くてもいい。

ただただめくるめくセックスがしたいだけ。

本当はみんなもそうでしょ?

結婚して子供作って生きて行きたい?

もし性病心配がなければ毎晩違う行きずりの相手セックスしたい。

それだけじゃ駄目なのかな。

やなこった。

子供スマホゲー依存症記事読んでて

学校行きたくない仕事行きたくないなど弊害が出ますって書いてあって。

いや、仮にさスマホゲームするだけでお金がもらえる世界があったとしてさ、

そんなの一生の仕事になるわけないし飽きちゃうだろとか考えてたけど、

いやyoutubeゲーム実況っていうコンテンツ失念しててさ、もう収益化されてた。

現にお金もらえるもんね。

何が言いたいかっていうと、こんなにゲーム実況流行ってるのに、そのこと忘れてて記事読んでたってこと。

「仮にさスマホゲームするだけでお金がもらえる世界があったとしてさ、」

仮にじゃねーし、現実だし。

ひどいよね、どんだけ頭働かないんだって話。つまり、頭が働かないポンコツは寝ますってこと。

2017-07-21

気付いたら30歳で貯金1000万になってた件

100人前後中小企業関東1人暮らし

趣味特にない。お金を使うのは彼女とのデートぐらいだろうか。

お金って案外簡単に貯まるのね。

痴漢を捕まえてくれたおじさんにお礼が言いたい

10年程前、東海道線横浜から川崎まで通勤していた。

いつも混んでいて、ある日痴漢にあった。

痴漢に会うのは初めてじゃなくて、当時は20代前半、背が低くて大人しそうに見えるから向こうからは狙いやすかったのかもしれない。

横浜からずっとお尻を触られていて、その日はあまりにムカついたので、絶対に捕まえてやろう!と思って、川崎に着く直前に相手の腕を強く握った。

頭にきていて、何を言ったのかは覚えていない。

ただ怒って、興奮して叫んでた。

相手の腕は絶対に離すものか!と思って気持ち悪いけど強く握り続けた。

その時、隣にいたおじさんが一緒に捕まえて、電車を降りてくれた。

駅員さんがすぐに来て、警察も来て、私は事情聴取?をされた。

おじさんには、その後一度も会えなかった。

痴漢した男は、気が弱そうで、捕まえた時はちょっと拍子抜けした。(痴漢されている最中は顔を見ていない)

からわかったのだか奥さんと子どもがいたらしい。

結局示談になった。

男は東海道線を使わない場所引っ越したらしい。

もし、私がお金か何かの力を使って、誰かを探し出せるのなら、あのおじさんを探して、お礼を伝えたい。

きっとあの日は出勤中だっただろうな。

勤務先はどこだったのだろう。

途中下車してくれたのかな。

おじさん、本当にありがとう

子供にはある程度自由にできるお金をあげたい

教育を金で選べなくするのはかわいそうかな。(今の時代贅沢?)

とか考えると低収入なので子供作れない-

https://anond.hatelabo.jp/20170721171652

×日本中国のような無能高収入官僚エリート層と、

 能力があっても民間企業で擦り減らす人生で終わる層に更に分かれていくから

→もうとっくの昔から起こっている。

男性年収重要

→そりゃそうだが、女も金を稼げばいいだけだとも言えるし、上の中国との比較でいえば日本の方が女も稼ぎやす

子供にそれだけの学歴、職歴、能力を与えるのは結局お金なので、

→まぁそういう側面は大きいのは確か

△生まれても何の装備もなく不幸になる子供を産むよりは、

 産まないほうが正解

→人による

子供を上の層に入れないと不幸になるのは日本中国アメリカも同じ

→人による

詰む不倫

ホテヘル風俗嬢を気に入って、

個人営業を繰り返して、

相手結婚約束をするほのめかして、

無料デリヘルにした。

数年関係を続けた。

これだけで別れるとき修羅場で奥さんバレを含め相当な修羅場になる。

さら相手メンヘラ女の場合

神経がズタズタになるほど疲労する。

生命が脅かされる自体にまで発展する。

刑事事件にまで進展する。

お金ケチったのが一番の原因。

個人営業で毎回or毎月お金を払い続けていれば良かった。

マジでクズ根性なしな自分

私は今現在20代前半で派遣社員としてとある企業に勤めています

週休三日・定時出勤定時退社で残業は限りなくゼロに近く手取り14万くらい。

何故週休三日なのかというと、単純に働きたくないからです。

そんな私のクズな話で長文ですが暇な人は覗いていってください。

私はひとりっこで両親に沢山の愛情を注がれて成長しました。欲しいものは何でも買ってもらえましたし、やりたいことは何でもやらせてもらえました。裕福な家だと思います。両親も仲良く絵に描いたような理想の家庭だったのではないでしょうか。

小・中・高と割とモテ彼氏もいて、容姿を褒められることも多く、何の悩みもなしに成長しました。まさにリア充でした。そして高校卒業してすぐ住宅営業として働き始めました。建築科卒ということで建築業界へ。そこから少しおかしくなってきた。

入社した会社はまだ出来て半年しか経っておらず、ほぼ素人集団でした。入社当時ですが建築知識に無い社長建築知識のない営業宅建を持っているがコミュ障気味の営業建築知識の無い事務の人という構成でした。そこに飛び込みました。今思えば怖いもの知らずですね。仕事ですが、とても楽しかったです。そしてとても楽だった。私には本当に向いていました。

元々人と話すのが好きだったこと、そして建築科卒なのでそれなりに知識もありお客様を満足させることが出来て、1年目に8棟契約する事が出来ました。住宅営業をしている人なら分かると思うのですが、1年目、ましてや18歳の小娘が8棟も契約してしまうのはすごいとことだと我ながら思います

そして歩合ですが、売上金額の1%をもらっていました。歩合を渡されるのは引き渡した月です。大体田舎なので1物件3,000万円位でした。基本給15万+歩合だったので1ヶ月50万以上給料が入る月はざらにありました。

営業なので売上を上げていれば文句を言われません。正直平日ってする事が無いんですよね。土地探したりプラン作ったりすることくらいで。一日二時間もあれば余裕で終わる仕事量だったんです。なのでお客様と会う以外の時間はほぼ暇で、事務所から出て家で寝たり大好きなギャンブルをしていました。

お金ってこんなに簡単に手に入るんだ~。仕事って楽勝」

そう思っていました。一年目の年収はおおよそ450万くらいでした。(因みにボーナスもありました。年に一回でしたが80万円を封筒で手渡しされました)

勤め始めて1年が経過した頃、会社社長セクハラを受けました。軽いものではなくて、書くのも躊躇ってしまえげつないものでした。

それから私は欝気味になってしまい、営業という立場でありながら人と話すことが出来なくなり退職しました。

退職してから3ヶ月程ニート生活を送っていました。貯金もあり実家暮らしだったので、お金不自由することはありませんでした。

欝気味になってしまってから記憶が抜けていたりして曖昧ですが、彼氏が1ヶ月間毎日私の家に居てくれたことは覚えています。一緒に住んでいる状態でした。結構仲良くやっていたとはいえ、赤の他人と一ヶ月も一緒に過ごすということは、両親・そして彼にとってとっても負担だったことでしょう。両親と彼氏には感謝しかないです。

そんな周りの支えによって、3ヶ月ほどで元の自分を取り戻せるようになりました。

はいえすぐ働く気になれず、タイミングよく募集されていた職業訓練校へ3ヶ月通い、お金をもらいつつワードエクセル資格を取得しました。

職業訓練校を卒業してから一ヵ月後くらいに、お誘いを受けハウスメーカー住宅営業として働き出しましたが、私の地元から撤退するということでやむを得ず退職。そして今の派遣に至ります

3ヶ月も働かずお金だけつかっていたり、経験してみたかった一人暮らしを始めたりなんなりして貯金ゼロに。

稼ぎが良かった頃のお金の使い方が抜けずに1年前からリボ地獄です。大好きなスロット資金としてキャッシングをしたりもしました。キャッシングの方は完済しましたが、ショッピングリボ払が残り20万位。今はもうカード使用せず生活しており、月5万円ずつ返済しているので終わりは見えているのですが。

そんな中、全身脱毛をしたくなりました。リボ払いという借金を抱えているにも関わらずそんな気を起こしてしま自分は本当に馬鹿なのですが、契約してしまいました(四捨五入総額40万)一ヶ月に一回通い、12コースなので毎月4万円ずつの支払いです。

因みに毎月の支払いについてですが

貯金:5,000円

生命保険:15,000円

自動車保険:4,000円

家賃:40,000円(光熱費水道代諸々込)

携帯10,000円

カード支払:50,000円

脱毛:40,000円

計164,000円

まり手取り14万円の私はあと2万円ほど足りないわけです。いまのところギャンブルプラス収支なので毎月何とか補填していますが怖い。

そんなわけで二週間前からスナックアルバイトを始めました。

時給1,300円。入ってみて仰天、ほぼキャバクラです。お客様の横に座ることもあります。初めて会う男の人と話す、こんなつらい仕事があるものかという気持ちです。

初めて会う、下心見え見えの男の人といると社長にされたことがフラッシュバックして食欲も失せ、毎日また欝気味になってきてしまいました。

週に二回程度の出勤ですが本当に死にたい。けどお金が無いから辞められない。あと長くて5ヶ月ですが、それまでのことを思うと気が遠くなり死にたくなります

本当に時間を巻き戻したい。もっと堅実にお金を使える自分に、そしてせめてアルバイトを始める前の自分・・・

こういう気分のときどう乗り切ればいいものでしょうか。本当に終わりの見えない毎日死にたい。けど死ぬ勇気もない。こんなクズな私に喝を入れてください。因みに彼氏にも家族にも打ち明けられません。バイトのことも金のことも。

相談する相手がいなくてつらい。

何をどうしたらよいのか分からない毎日に疲れてしまいました。

皆さんの悩みに比べたらちっぽけなものだと分かってはいるのですが、辛くてバイト辞めたくて死にたい

父親サイコパスかもしれない

でも違うのかもしれない。わたしがずっと感じていた違和感を覚えた発言を少しだけ書いてみたい。


・両親は母が浮気をして離婚。父は母と浮気相手慰謝料請求。父は近所や親戚の前では落ち込んでいたけれど、私には

「もう使い勝手が悪かったしお金も貰えたから良かった」

と言ってきた。その後すぐに若い女性再婚。私は二世住宅祖母側に移りそこで暮らすことに。


子供の頃に誕生日ハムスターを買ってきてくれた。私は大喜びして父に感謝し父も喜んでいた。数日後、ハムスターが檻から逃げ出して部屋のなかを必死に探していると

「同じのをまた買ってきてあげるからもういいだろ」

と言われる。すぐ後にカーテンの後ろを登ってるハムスターがみつかったので元に戻った。


最近のことだと九州豪雨長男を抱きしめながら妊婦さんが亡くなっていたことについて

出産前でまだよかった。生まれてたら死者が一人増えてた」

感想を述べていた。


金銭面では何不自由なく育てて貰い、社会的にも信用度が高い仕事なのと周囲から職業合理主義なんだねとよく言われてきたので、そういうものなんだと疑問を打ち消してきたけれど、本当はサイコパスなんじゃないかと思ってきてます


追記

https://anond.hatelabo.jp/20170721114536

私は父を愛してるけれど父に伝わらないことで疲弊してきたのと、父は私を精神的にも支配しているので、この支配愛情ではないとはっきりしたら救われる気もしています

https://anond.hatelabo.jp/20170721101344

尚更じゃん!

風俗で会える人なら尚更じゃん!

会う頻度増やしても毎回お金を払ってお客と言う関係を維持してればいいだけなのに

それをけちるような収入でもないだろうに

いったい何やってんだ?

先週給湯室で後輩がビールを捨てていた

お中元お歳暮で貰ったビール社員で分け合う風習がある。

配られた日の夕方、給湯室で缶を開ける音がした。

おいおい定時近いとは言え勤務時間中に飲酒とはけしからんなと思って、からかい半分で給湯室を覗いたら後輩がビールをじゃぼじゃぼ捨てていた。

「何してるの?」

ビールててるんです」

「うんそれは見て解るけど、なんで?」

「うち家でお酒飲まないんです」

後輩は笑顔でそう言いながら引き続きビールを捨てる。

「そういうのは家で捨てた方がいいんじゃないかな」

「飲みもしないもの持って帰るの重いから嫌です。電車邪魔ですし」

「いやでもせっかく貰ったのに…」

「欲しいなんて言ってませんし、断ったのに無理矢理押し付けて来ただけじゃないですか。

しかも人が席離れてる間にどんどん数が増えてくし」

(家で晩酌しない人が若い人の机にビールを置いて行く事があります

「捨てるくらいなら私貰うよ」

「さっき差し上げますって言ったのにいらないって言ったじゃないですか。

貰ったんだからどうするかは私が決めます。これは捨てます

缶とビンは捨てるのにお金かかりませんし、ゴミ出しはちゃんと私が行きますよ」

後輩は終始笑顔で、いつもと変わらぬ穏やかな口調でビールをじょぼじょぼ捨て続けた。

確かに後輩は家で酒を飲まないと言っていた。

からって会社の給湯室で捨てるってどうなんだろう。捨てるなら会社の人にバレないように捨てればいいのに当て付けのように会社で捨てるなんて。

自体は好きなんだからこれでたまには晩酌しようとか思わないんだろうか。自分が飲まなくても人にあげるなりなんなりすればいいのに。

一応会社だってプレミアムモルツとかエビスとか高いビールは、普段若い人は買いにくいだろうからって言って積極的に若手に回してくれたりする。

飲まない人の分まで押し付けられたと後輩は言うけど、おじさん達は後輩が家飲みをしないなんて知らないし、一応好意で回してくれただろうに。

気持ちだけでも貰っておこうとか思わないのかなー。

ニコニコしてたけどあからさまにキレてるし。そんなにキレるほどの事かな。

ビール配られたのだってこの1年2年で始まった話じゃないのになんで今更……。

補足

後輩が断ったのはビールを配る人になので(私もそのうちの一人だったわけですが)、おじさん達はそれを知りません。

飲み会では結構飲む人なのと社内で一番年下なので、若い人に、強い人に、と彼女の所にビールが多く集まってしまっただけで、悪意は無いんですよ。

なんだかんだ飲むと思ったんですよ。お酒自体は好きみたいですし、飲み会じゃビールだって飲んでるし。飲めない人なら周りだってさなかったと思います

断る時もニコニコしていたのであそこまで怒るとは思わず…。他の人も言っていますが捨てる程嫌なら先にそう言ってくれれば貰ったのに。

トラバに書いてる人も居ましたが、一番疑問なのはその姿を見られてどう思われるか考えないの?って事なんですよ。

友達同士じゃあるまいし、会社の人と完全に解り合うなんて無理じゃないですか。でも関係は良好な方が色々と都合がいいでしょう?

毎月毎月ならわかりますけど、たかが年に2回のビールくらいとりあえず笑顔で受け取っておいて家で捨てればいいのに…って思うんですよね。

そこで我を通すのがそんなに大事なのかな?

別に人格否定されたりセクハラされたりしたわけじゃないのに、マイナスイメージを周りに振りまく必要って?

正直失うイメージの方が余程深刻な気がするんですけど…。

追記

https://anond.hatelabo.jp/20170724113353

趣味を捨てた

自分趣味は唯一これかなぁ、

と思っていたものを捨てた。

お金のためだ、諦めよう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん