2023-01-11

今日、30歳になった

私は、1993年1月に生まれた。1歳から大学までは、神戸市生活していた。神戸はとてもいい場所だ。街の中心部である三宮はおしゃれな街で、大阪駅までも直通で30分。中華街で有名な豚まんを食べ、旧居留地優雅建築を抜ければ、港から海を見渡せる。中心部から少し足を伸ばせば、B級グルメを出す飲食店が立ち並ぶ下町長田六甲山の麓に日本屈指の酒蔵を擁する灘などにも行ける。どの地域個性にあふれた「退屈しない街」だ。この街で人生3分の2を過ごせたことを、私は幸せに思っている。

私が住んでいた地域には大学があった。このキャンパス自然豊かなことで知られていて、敷地内に公園や池があったので、私は物心ついたときから時々家族とこの大学内を散歩していた。子どもだった私は漠然と、大きくなったら私もこんな学校勉強するのかな、なんて思っていたものだ。

私が小学校にあがる前のある日、父とふたり大学の中を歩いていた。ふと父が「父さんは今日こっちの道に行きたいんだ」と言って、普段は入らない芝生の中へ私を連れて行った。杉の木立の中には、小さな茶色の碑があった。父はその石碑の前で足を止め、静かに手を合わせた。「これは何なの?」と尋ねると、父はこの石碑が、阪神淡路大震災で命を落とした学生たちを追悼するための慰霊碑だと教えてくれた。銘板に刻まれ名前の中には、地元教員をしていた父の教え子がいるという。父は何十年も教員として勤務していたが、彼が家庭内で教え子の話をすることはほとんどなかったので、少し驚いた。

小学校にあがると、音楽の授業で「しあわせはこべるように」という歌を習った。この曲は阪神淡路大震災のことを歌っており、神戸市内の小学校では震災学習の一貫として習うのだ。たぶん、1995年以降に神戸市勉強した人間なら、誰もが諳んじて歌える一曲だろう。小学校でも中学校でも、毎年1月17日には黙とうを捧げ、校長先生お話を聞いた。ある年の学校新聞1月号に、同級生とその妹のことが書かれていたことも覚えている。2学年下に在籍していた彼の妹は、まさに阪神淡路大震災の混乱の中、1月17日、被災直後に生まれたという話だった。

高校生にもなると、「しあわせはこべるように」を合唱する授業はなくなった。進学校だったので受験勉強は忙しく、みんな志望校に入るため必死だった。そんな中で、一学年上の先輩にとても頭の良い人がいた。先輩は部活でも目立っていて、関西の超有名大学への現役合格を果たしたことはすぐに後輩の私たちにも知れ渡った。卒業式の日に卒業生代表挨拶担当したその先輩は、両親を阪神淡路大震災によって亡くしたことをみんなの前で話してくれた。10年以上が経った今でも、あのスピーチを鮮明に覚えている。その次の年に起きたのが、東日本大震災だった。

高校卒業すると、私は自分実家から一番近い大学に進学した。それは、子どもの頃から家族散歩していたあの学校だった。私の学部はかつて父と散歩したキャンパスからは少し離れていたのだが、それでも時々あの慰霊碑を見に行くことがあった。いつのまにか、私は父の教え子だったという誰かより1歳年上になり、成人を迎えた。成人式の会場に向かう途中のタクシーでふと「私たち、本当はもっとたかもしれないな」と思った。

大学卒業して上京すると、色々な地域出身のさまざまな年齢の人と関わりあうようになった。地元神戸なんです、と言うと、ほとんどの人が「おしゃれなところだね」なんて言ってくれるので鼻が高かった。しかし時々、50代くらいの人と話すと「震災の時、もう生まれてた?」と聞かれることがあった。生まれてたけど2歳になりたてで記憶はないんです、と返すとだいたいそこで話は終わるのだが、ごく稀に「実は僕は当時大阪に住んでいて…」と、当時の記憶を話してくれる人もいた。

ある時、友達に誘われて行った飲み会で、誰からともなく東日本大震災の話になった。その飲み会には東京出身者が多かったので、彼らは当日の様子を思い出して話していた。乗っていた電車が止まったこと。復帰のめどが立たず、線路を歩いて帰ったこと。その時、自分の前を歩いていたお姉さんが泣いていたこと。

その会話の中で、参加者のひとりが「〇〇さん(私)は関西から、こういうの想像できないかもしれないけど…」という言葉を発した。私も被災者だから分かるよ、と返すと、彼は「何言ってるんですか」と少し笑った。阪神淡路の時に2歳だったよ、と告げると彼は気まずそうに「そっか、そっちか」と呟いた。

彼は私より少し年下だったから、もしかしたら阪神淡路大震災のことをリアルタイムでは知らないのかもしれない。小学校社会教科書にはきっと地震のことも載っていたはずだけど、自分高校生の時に体験した東日本大震災の方が記憶としてはハッキリしているに違いない。彼のことを個人的に責めようとは思わないが、そうか、忘れられているのか、という虚しさが心に残った。

私は今、違う場所暮らしているけれど、今でも自分が育った神戸はとてもいい場所だと信じている。街の中心部である三宮駅前には、かつて「神戸阪急ビル」という名のビルがあった。この辺りは震災で大きな被害を受けてめちゃくちゃになったという。街のランドマークだったというビルは取り壊され、それからずっと低層のビルが駅舎に繋がっていた。このビル2021年高層ビルとして生まれ変わり、震災前の姿を模した外観でリニューアルオープンした。私より年上の世代は新しいビルを見て「元の神戸の姿だ」と喜んでいたが、私には正直良く分からなかった。私が毎日のように遊んだ三宮は「仮の姿」だったのか!それでも、西洋風のモダン茶色ファサードは、「私の好きな神戸」の姿に近いような気がしていいなと思った。

私は今日、30歳になった。平成初期に生まれ私たちは、阪神淡路大震災記憶とともに生きる「最後世代」だと言われている。確かに地震は私にとってすごく身近な問題であり続けてきた。だけどこれまでの人生別に24時間365日「亡くなった方々のぶんも、毎日を大切に生きていこう」と思いながら過ごしてきたわけじゃない。忙しい日常を生きていると、震災のことを全然考えない日がほとんどだし、まだ2歳になりたてだったから当日の記憶もまばらだ。でも、成人式の時にふと過ったあの感情を、誕生日のたびに思い出すのだ。阪神淡路大震災がなければ、私たち、本当はもっとたかもしれない。地元同級生は、実はもっと多かったのかもしれない。自分人生のどこかのフェイズで、あの時いなくなった誰かが私の大切な人になっていたかもしれない。

記憶も年をとる。誤解を恐れずに言うと、阪神淡路大震災のことは、これからどんどん忘れられていくだろう。神戸と縁のない人たちにとっては、もうすでに阪神淡路大震災のことは別の災害記憶に塗り替えられているかもしれない。はっきり言って、これはどうしようもない、誰が悪いわけでもない、日本に住んでいる限りは、大きな地震が定期的に起きることは避けられないのだから。でも、少なくとも私は― 傷ついた神戸の街に育ち、ゆっくりとその傷が治っていく中で青春を過ごした私は、これから阪神淡路大震災を忘れることはない。「最後世代」という言葉は、「私たちは本当はもっといたのかもしれない」とリアルに思える「最後世代」だということなのだろう、と今は思っている。30歳になった今日も、またふと考えた。私と一緒に年をとってくれる誰かが、本当はもっといたのかもしれない。

  • ほんと東日本の連中にとって阪神淡路大震災って他人事だったんだなってな。 新海誠ですらそうだった

    • 阪神大震災の周辺県の人間は空気読まずに突如身内が死んだ話や死体、グロの話などをして場を凍りつかせる人の被害を受け続けたので周辺県もわりと冷淡やぞ。

    • 今の時代だってウクライナの戦争に実感わかないだろ。とはいえあのときは高架橋の橋脚が折れて下の車が潰れたりしててヤバい感は十分に伝わった。それとあのときはよりによって社...

    • 東日本大震災に対しては完全に他人事の空気だったからどっちもどっち。

      • 大阪も揺れたんだが

        • 揺れただけで他人事じゃなくなるなら阪神淡路も東京で揺れたよね

      • 関西人が東北の人に「君らは大地震を知らないよねー」と言うとでも?

      • 東日本大震災は地震・大津波に加えて原発が爆発して放射能だプルトニウムだって話があったし、メルトダウンまで残り数時間ってカウントダウンしながら過ごしてた。菅直人と東電首...

  • ワイ関西で生まれて今東京にからわかるけど 。 増田金持ちやなあ。実家が太くて羨ましい。 親ガチャ成功やん。 東京まで親の金で行けるのは神戸出身の奴ぐらいしかいない。

  • 東日本の奴らは他人事だからなぁ 自分たちしか震災に遭ってないのかような振る舞いをする被害者意識の塊

  • 実際に経験しないとわからないし、何かを言っても「何も知らないくせに」って言うじゃん 経験談を話すって大事かもしれないけど、TPO考えないと空気凍らせるだけだよ

  • 海事?

  • ■なぜ阪神大震災は東日本大震災と違って風化してしまったのかという話 [はてなブックマークで表示] 死者が少ないから(と言っても数千人死んでるけど) 被害の地理的範囲が狭いか...

  • 即トラバがつかないんだね。おかしいな。

  • 私は、京都で阪神淡路大震災にあって、茨城で東日本大震災を経験した。 私は2度も大きな地震の揺れを感じたので、死ぬまでならもう一度経験すると思っている。 私1人だけでも家のカ...

    • 知人の同級生で小学生でメキシコ大地震を経験して帰国(関西)。 阪神淡路大震災を経験。 東日本大震災を上京していた東京で経験。 という話を聞いた時、いるんだなって思った。 あ...

  • たった2歳でも、生きる側に入ったんだから。 それから続いた神戸の景色を今日書いてくれてありがとう。お誕生日おめでとう。

  • 六甲台かな。大学で神戸に居たけど、良い街だったよ。誕生日おめでとう

    • 神大付近住民なら灘の酒蔵〜て表現はしなさそうだから西区の方の大きい大学の子かな、て思った。 自分も阪急六甲生まれ育ちのアラフォーです。六甲道の駅舎が崩壊してたの衝撃だっ...

  • 93年生まれの人って93年生まれアピールするイメージある 菅田将暉もしつこかったし

  • 中越とか奥尻とかも思いだそう

  • 元増田より2つ上の新潟出身だけど 4歳のころの阪神大震災はしっかり覚えとるで

  • 避難所・仮設住宅でレイプが横行したんだよね。知ってる

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん