「腕を組んで」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 腕を組んでとは

2019-11-08

anond:20191108160037

京都鴨川そば植物園とか、新宿御苑植物園によく通ってたころ同じこと考えてたなあ

から俺をマドリード王立植物園に連れて行ってほしい

そして金髪かわいい女の子に変身して腕を組んで易しい英語で誰でも知ってるようなくだらないことを教えてくれ頼む

2019-11-07

そう言えば、最近の子供はプリンセスポーズというと腕を組むという話を聞いたが、オタクコンテンツ腕を組んで女性というとどういうのがいたっけ?

もちろん腕を組んでても表情や視線などで、胸を強調したセクシーポーズ可能性もあるいし、怯え、恐怖不安なども場合もあるだろうが、そういうのじゃないので。

ぱっと思いつくのは

トップをねらえ!タカヤノリコ。エヴァ葛城ミサト、あとトップをねらえ2!バスターマシン7号、ガンパレの芝村舞、涼宮ハルヒ、と確かに強そうな女キャラが多い気がする。というか、庵野、女に腕組ませるの好きなのか?

2019-08-26

マンプレイニングが起きる原因

そりゃ、カップルをみてりゃ、たいていの女は、後ろから男の腕を組んで歩いているからな。

あたしは、無知蒙昧で世間知らずでナニ1つ自分では決められません。

から、強く賢く尊いあなたさまのご指示に全て従います

みたいな態度ばっかりとってるから、男が調子にのって、これはねっって説明を始めちゃうんだよ。

2019-06-03

痴漢から助けてくれたお兄さんの話

最近痴漢話題を見て、家族にも言えなかった心境の吐露と、お兄さんへのお礼も兼ねて。

当時の私は就活生。

毎日歩き回って慣れない面接の緊張でへとへと、加えてその日は就活の進捗について友人に陰口を言われてるのを知ってしまって、心身ともに少し滅入ってた。(しか希望度高いとこにお祈りもくらってショック状態)

面接終わって電車で座れて一息ついたら、膝に違和感を感じた。

前に立ってる男性の膝が自分の膝をするっと撫でるように掠めていった。

最初は偶然かと思ったけど、何度か往復するようにするするとされて痴漢だと確信

恐る恐る見上げると眼鏡をかけた男の人と目があって、顔は覚えてないけど目が普通じゃなくて怖かったのだけ覚えてる。

普段なら鞄をぶつけて避けるとかするくらい気丈な方だけど、何せその日は心身ともに疲れきっていて、なんでこんな目に遭わなきゃいけないんだろうとただただ暗い気持ちになって、せめてもの抵抗にと膝に鞄を置いたりしてみていた。

しばらくすりすりされ続けて気持ち悪さに泣きそうになってたら、痴漢男の隣に立っていたお兄さんがぐっと痴漢男の方に身を寄せて痴漢男は位置がずれてすりすりが止んだ。

顔を上げると痴漢男はお兄さんを睨んでたけど、お兄さんは私と一瞬目が合った後は腕を組んで目を瞑りながらひたすら痴漢男を追いやっていた。

やっと駅について電車から降りようとしたら痴漢男も降りてこっちに来ようとしてるのが横目で見えた。

走って逃げるのもなぜかその時は怖く感じてどうしようと思ったら、またお兄さんが私と痴漢男の間に入って、わざと足を止めて痴漢男が追ってこないようにしてくれていた。

とにかく逃げたい私はお兄さんにありがとうございますと小声で言って、そしたらお兄さんは頷いた後に早く行くよう手で促してくれて、私は振り返ることもできず早足でその場を去った。

家に帰って布団に入ったらいろいろ悔しくてやっぱり涙は出てしまって、お兄さんに助けられたのを思い出したらそれはそれでやっぱり泣けてその日の夜は大泣きした。

今は無事社会人になって日々あくせく働いてますが、電車に乗るとたまにあの日のことを思い出す。

最悪な思い出には違いないけど、助けてくれたお兄さんの存在は今でも確かに私の心の支えになっている。

名前も知らないお兄さん、本当にありがとうございました

2019-05-18

甘えたい気持ちとき暴力を振るってしま


大学生の女です。

ひとに甘えたい気持ちとき暴力を振るってしまう。やめたい。

なんでそんな訳の分からん事象が起きるのか考えてたんですよ、ここ数週間。最近、人肌恋しいというのか、ひとにどうしても甘えたくなってしまう。人の体温が欲しいとはいえ恋人がいるわけでもないから、仲が良い友達に体をくっつけて気を紛らわせている。腕を組んでみたり手を触ってみたり、そういう他愛もないやつ。でも、そのうちそんな軽いちょっかい暴力に変貌してきてしまう。無防備背中があれば殴りたくなってしまうし、手元にペンがあればひとの手の甲に突き刺したくなってしまう。なんでか。

まともに甘えることを恥じてるからだと思うんですよね。多分。だって学生とはいえ成人済みの大人他人ベタベタするのって気持ち悪いじゃないですか。同性ならともかく、恋愛感情を抱いてるわけでもない異性の手を握ったりするのは良くないことじゃないですか(わかんないけど。私はなんの特別感情もなしに異性に触りたいけど異性にベタつくと周りの反応が変な雰囲気を持ち始めるので多分これよくないんだと思う)。そこで暴力ですよ。暴力は乾いた行為です。そこに恋愛感情みたいなへんな気持ちが混ざることも(多分)ない。少なくとも私にはない。今のところは。

ひとに甘える行為は、こわい。自分が受け入れられなくて拒絶されたらどうしようと思うから。嫌そうな顔で手を振り払われる瞬間を思うと息ができなくなるから。ひとに好き勝手に甘えることを許されるような価値は私にはない。私がもし、ちいさくて素直で顔が人並みはずれて可愛い女の子だったら、どんな甘え方をしても誰にでも受け入れられたんだろうけど、残念なことに私はそんな素敵な存在じゃなくってただの成人済みのブスだ。

から暴力に頼っている。暴力を受けている人間客観的に完全なる私の被害者だ。被害者から当然、加害者の私に対して倫理的優位に立つことができる。私に暴力を受けているひとが私の行為を許すか許さないかは完全にその人に委ねられ、私はただ黙って裁きを受ける側に徹するのみ、ということだ。そして、暴力なんて最悪な行為、許さなくて当然だから暴力を受けたひとが暴力を拒絶することは当然のこととして周りに受け入れられる。暴力が拒絶されたら私は素直にそれを受け入れて反省したふりをすればいい。まるで最初から何もなかったかのようになる。暴力のなかで私が他人に触れたときのぬくもりが残るだけ。

これが暴力じゃなくて「甘え行為」なら、こんなにさっぱりとは多分いかない。甘えるという行為はいろんな意味境界線曖昧すぎるから。甘えるということは、甘えられた人に相当心理的負担を負わせる。「甘えられているから応えないといけないな、この哀れな人間を拒絶したらかわいそうだな」と、多かれ少なかれ感じさせてしまものだと思う。そしておそらくは、甘え行為を拒絶することへの罪悪感を強要させてしまう。むりやり共犯にしてしまう。それはよくないのだ、私としては。にこにこと優しい顔をした人間に、「本当は甘えられるのが嫌だけど、押しのけたら可哀想からこのまま甘えさせてあげよう」だとか心の中で面倒がられていたくないのだ。嫌なら嫌ってきっぱり言ってはねのけて、終わりにして欲しい。他人から重荷に思われるのがほんとうに死ぬほど怖くて怖くて心臓が震えるみたいになる。

他人に甘い期待をし、真正からひとに甘えて、その結果否定されたり拒絶されたりするのがなによりもこわい。私が「他人に甘えるに値しない嫌われもの人間であることを再確認させられることがこわい。それに比べて、暴力を振るったことを非難されるのは何も怖くない。最初から非難されて当然の行為をして順当に怒られた、ただそれだけの話になるのだから

から甘える代わりに暴力を振るっている。私の暴力が嫌なのならば、その人は「痛い」「やめて」と声を上げて拒絶するだろう。そうしたらやめる。絶対にやめる。でも今のところ、現実で私に甘えの代わりの暴力を振るわれている人間たちは黙って私の行為を受け入れてくれている。ありがたい。これからもいっぱい私に殴られてください。まあ、全てを何も言わずに受け止めてくれそうな包容力のある人間だけを慎重に狙いすまして襲っているので、受け入れられるのは当たり前なんだけど。












とかっていろいろ冷静ぶって偉そうに書きましたけど、やっぱりこんなの許されるわけなくない!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?暴力基本的にどう考えてもだめじゃない!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!!!!?!?いくら周りの人が「ああいもの暴力ね、はいはい...(呆れ)」くらいの感じで受け流してくれてるっていっても暴力はまずいよーー!!!!!!!!!暴力はだめだよー!!!!!!!ねえ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

いや私だって暴力が許されない行為であることは理解してるんですよ。街行く人に誰彼構わず殴りかかったりするわけじゃなく、それなりに交流を深めて親愛度が95パーセントを越え切った友人たちにだけそういった行為をしている時点で「暴力」という行為及び腰になってることはわかりますよね。でも親しい友達だってきっとほんとは暴力振るっちゃダメなんです。っていうかもっと言うと成人なのに他人ベタベタ甘えたいと思っていること自体がだめ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

みんななんで他人にしなだれからずに生きていけるの??人肌恋しくはない??さみしくない???????全て受け入れてくれる恋人がいるのか???それとも親に甘えたりできるの??????

毎日さみしいさみしいさみしい、さみしさで身体が引き裂かれそうになる、のに、そんな風になっているのは私だけで周りはふつう暮らしているのでつらい。周りにとって私は「同じコミュニティにいるたくさんの人間のうちの一人」であって私が想っているくらいに私を想ってくれる人はいない。想っている???想っているとはいっても私が欲しいのは男女を問わない友人たちとの確固たる信頼関係(と肉体の結びつき)であって恋愛とかそういうクソみたいなものは一切求めてない、つーか恋愛????????????そもそもブスだから誰にも恋愛してもらえねえよカス!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!おい!!!!!!!!!なんでこんなに惨めな気持ちになんなきゃいけないんだよ !!!!!!!!!

暴力振るってるのも普通に恋愛できない引け目からくる鬱屈した卑屈な感情の裏返しが他者への攻撃性になって発露してんじゃねえの??????カス人間かよ(それはそうだよ)死ねよもう いや死ぬの怖いし死ぬ度胸ないか死ねないんだけども!!!!!!!!!!!!!!とりあえず暴力振るうのだけはなんとかしてやめたいです、他人を傷つけたくないから(といったら聞こえはいいけど暴力することで嫌われるのが嫌だからですどこまでも汚い人間で生きててごめんな)、でも誰かに甘えたい、構って欲しい、どんなに「今日他人に触らないぞ」って決めててもいざ目の前にひとの体温があると何も取り繕えなくなってしまって全部めちゃくちゃになっちゃ

毎日ほんとうにほんとうにつらくてくるしいから誰か助けてくれ、いや助けてくれって言うか、ただぎゅっと手を握っていてほしいです

2019-04-24

数日前の「2ちゃん出会った嫁」というのがあった。

早い話が、2ちゃんオフ会出会った女と、その後に偶然出会い続けて結婚したというもの。そして出会いの切欠を作った幹事は哀しいというもの

そういえば10年以上前自分出会い厨でも何でもないが2ちゃんオフ会をするのが好きだった。

思い出すだけでカラオケオフ会デカパフェを食べるオフ会花火オフ会ドライブオフ会映画試写会オフ会献血オフ会など様々なオフ会をした。

ここは片田舎町なので参加する人間も結局限られてきていつの間にか固定メンバーばかりになった。メンバーは年齢が20代後半から30代前半、男が大半だが2人だけ女がいた。

一人は「ネコ」というコテハンの女。もう一人は「サバトラ」という女。ネコメガネ娘だが可愛いスタイルもいい。ネコオフ会には毎回参加し男の参加者は大半ネコ狙いだった。

ネコネコで男の扱いがうまい。結局ただで飲み食いする。

そして最終的に俺の主催するオフ会なのにネコ自衛隊というコテハンの男とくっついてその後オフ会に来ることはなかった。

今では国防婦人でもしてるのだろうか。

サバトラ」はたまにオフ会で見かけるが、あまり自分と会話することがなかった。たまたまオフ会以外で見かけたが同じくオフ会に来ていたというか、一回だけ参加した初見腕を組んで楽しそうにしているところだった。

裏山しくて崩れ落ちそうになったよ。

そういうのをみてから自分は結局出会い厨と化し、様々なオフ会を開いて女に声を掛けたけど、出会い厨認定されて、自分オフ会に来る奴が少なくなった。たまに成立するオフ会でもたまに参加してきた女にいい顔をして奢るだけの馬鹿男になり下がった。

そして、自分はただの剥げたオサーンになった。転職を繰り返し今は幼稚園バス運転手として幼女ビッチママ幼稚園ママは全員非処女である)を見つめるだけだ。

幼稚園バス運転手はいいぞ。幼稚園会合ではあんなに目が仕込んでるママ子供を送り出すのに必死すっぴんばかり。

素顔はブサイクではないですか。

一戸建てでは干してあるママ下着をしっかり脳にインプット

あー堪らん

ドビュッシー

2019-04-12

anond:20190412121941

現実おっさん同士が腕を組んで歩いてたら気持ち悪いけど

女同士が腕を組んで歩いてても別に気にしないのと同じでしょう

2019-02-23

anond:20190223142346

逆逆。

非モテはスネたのであっちが好意を示してくれるまで動きません~っていうことでしょ。

お母さんというなにもしなくても好意を示してくれる女性基準なんだろうねっていうこと。

友達から始めるとかの中間段階すっとばしてて、「身内(まちがったおかあさん)」か「害意」の2つしか認定段階がない人は非モテ以前に人間としてこわいわ。

自分アウトプットも「尽くす(まちがったお父さん)」か「非モテとしてのスネ行動」の2とおりしか作れないんだろうな。

 

増田も10年くらいみてきてるけど、なんか一回目のお見合いデートなのに腕を組んで歩こうとしたら断られた、母親ならすぐに腕くらい組むだろ!ってキレてる人とかいたなあ。(肘でおっぱいぐいぐいするのがお見合い目的だったんだろうか)

即袋叩きにされて消えてたけど、どうなったんだろう(当然報告はない)

何度でもくりかえさる非モテ愚痴の場が増田当人が気づくまで叩かれるのになんで来たんだ。

距離感が測れない非モテってほんと大変だとしかいいようがないね

2019-01-20

Green転職サイト)のスマホ広告が悪質

最近よく見るGreen転職サイト)のスマホ広告が悪質すぎる(スーツの女が腕を組んでこちらを見下しているような広告)。

広告の上に指を乗せて上下に動かしても動かないようになっているので、それを期待して指を乗せて指を離した際にクリックしたとみなされてサイトに飛ばされる。

提供元Google AdSenseのようだけど、これはどこかの代理店勝手にこのようなクリエイティブ作成しているのだろうか。

そうだとしたら評判を悪くしないためにも一刻も早く出稿を止めたほうがいいと思う。

2018-12-23

anond:20181223182623

腕を組んでから帰り際までの間の時間の店の選択相手エスコートの仕方などで、余りにもムードを醒めさせるようなこと、例えば、余りにもチープな店などで時間を過ごした、他の女性の事ばかり話していた、第三者に対して暴力的言動があった、等を想定しました。もしかすると、相手女性ワガママしか思えない理由かもしれません。それでもそれを察して受け入れて欲しいのが女性というものです。

「いい雰囲気からいけると思った?」の本意は「私はこんなにいい雰囲気にしようと努力したのに、なんでそんな態度だったの?今更告白されても白けるだけ」という裏切られた気持ちをぶつけたのではないかと思います彼女の私は裏切られたという気持ち言葉にして初めて増田さんも裏切られたという感情を持ったわけですが、その前にそれを感じ取って欲しかったのではないかと、自分は感じました。

もちろん彼女が単純に増田さんを弄んだ可能性も低くはありません。正解は今からでも本人に聞けるかもしれませんよ

必然性はあったのか

もう20年近く前のことだが、当時私は大学生で、他女子大のAのことが好きだった。

ありがちなパターンだが、最初複数人で、次第に2人で会うようになっていった。

その後、3度目のデートときだったと思うが、Aは自ら腕を組んできて「増田くんとずっといっしょにいたいな~」的なことを言ってきた。

3度目のデートということもあり、「機は熟した」(っていうかいしかないだろ)と判断し、帰り際に告白すると意外な答えが返ってきた。

「(デートで)いい雰囲気だったからって期待した?調子に乗らないで!」

なんだそれ。

本来ならここで口論でもして、相手に対して罵詈雑言ひとつでも浴びせてやったほうがスッキリしたのかもしれない。

しかし私は何を思ったか罵詈雑言吐かれたら嫌な気分になるだろうな…」といい人ぶってしまい、また、「フラれたからといって相手罵詈雑言を浴びせる自分カッコ悪い」と自分プライドを守りに入ってしまい(どうせ既に破壊されているのだけど)、結局このストレスを少しも発散することなく終わってしまった。

人がどう見るかはわからないが、自分としてはこのとき出来事を消化できておらず、卒業現在に至るまでの恋愛観に多大なる影響を与えていると考えている。

(人は簡単に裏切るものだ、と刷り込まれた)

いずれにしても、私はただ普通に好きになった相手にその気持ちを伝えただけで、ここまで著しく感情自尊心まで傷つけ貶められなければならなかったのだろうか?

逆に、自分がこうやって誰かから好意を寄せられる立場になったとき、同じように相手感情自尊心を激しく傷つけることが当然に許されるのだろうか?

2018-11-27

ホテル街をゆく男女の会話

そういえば、このナンパのあと、別の男女の会話を聞いてしまったのですまんが書く。

anond:20181127094332

50代くらいのおっさん(貫禄すごい。金持ってそう)と、25歳からアラサーくらいのお姉さん(めちゃきれい)が腕を組んで信号待ちしてるところに一緒になった。

俺は、そのお姉さんがめちゃきれいだったので、2人の後ろについて主にお姉さんをチラ見してた。さぞお高いんだろうなーと思った。

間もなく、意外な会話が聞こえてしまった。

男「え、子どもいるの?」

女「いるよ。預けてるんだよ。」

男「電話とき、声が聞こえるなーとは思ったけど君の子かよ」

女「そうだよ」

おそらく、その男女は何かしらお金の縁で腕を組んでホテル街を歩いていたんだと思う。

あれかな、人妻系のコールガール的なやつは待機所に託児所がついてるとか?基本的には待機中の嬢同士で保育し合うとかできたら結構働きやすいかも、って思った。

2018-11-04

仲のいい夫婦はいないのではないか

仲よさそうな夫婦全然たことがない。

いつも腕を組んでいたり、お互い笑顔夫婦がどこにもいない。

Googleで夫死んでとでてくるのも納得してしまう。

どこもかしこも愛がなく見える。

もっと漫画とかアニメみたいに仲のいい

夫婦を見てみたいなあ。

同人イベントに行ってきましたレポート

ST豊橋突撃、その事前!

 いきなりですが自分は今回が同人イベント初参加だったのです。正確に言えばお○かけライブなんかには顔を出していたりしていたのですがあのイベントはグッズ参加だったりファン交流会としての側面が強かったりしたので本を売買するのがメインであろう同人誌即売会への参加はこれが初めてということになります

 「分からねえ……分からねえよ! 自分には何が正解なんだかひとっつも分かりゃしねえ! いったいどうすりゃいいってんだ!」

このようなハラハラキドキを抱えつつ準備を進めます。まずは小銭です。イベントでは300円や700円など100円玉硬貨があった方が支払いやすそうな価格の本が大量に並んでいそうなことは予想できました。ならば両替だ! と銀行に行ってぼそぼそとした陰気な声で「アノー……リョウガエタノンマース……」とか言わなきゃならないのか、憂鬱だな……とこの時点でコミュニケーション能力に難のある自分テンションが下がりましたがここは快適な薄い本漁りまくりタイムのため、と銀行にて両替を敢行。無事に大量の100円玉500円玉を入手するに至ったのです。

 次はカバンです。カバンが無ければ本を入れられません。丈夫で大きいカバンの予備が無かった自分はその足で雑貨屋へと向かいました。ファッションセンスというものと無縁なので店員さんに勧められるままシャレオツっぽいものを買ってしまって「どうすんぞこれに合う服とかねーし! 合わねえし!」と内心焦りながら会計を済ませます。とりあえずなんとなく合いそうなものを近くの服屋で見繕いましたが終わった今となってはこのチョイスが正解だったのかどうか大いに疑問が残ります。やっぱ一人で買い物なんかするもんじゃねえや!

ST豊橋、何日目に行く!?

 あんまり規模が大きいと迷っちゃうかもしれないし、だからって寂しいのもなんだかなあと優柔不断自分は迷います。泊りがけという選択肢はありません。日帰りです。日帰りは決定事項なのです。仕方ないのでピクシブにてサンプル巡りをします。

 「……二日目だな。これは二日目だな。というか他の日にあまりにも人が……気のせいか?」

この時点では配置図は出ていませんでしたが、気のせいではありませんでした。しかしこれはこれで多そうだなあ大丈夫かなあと不安になりつつサークルチェックを進めます。と言ってもナンバーが出て居なかったのでカップリング別にサークル名をメモしておいたぐらいだったのですが。

 ゴールデンウィークなんだよなあ、自由席って空いてるかなあ、いざとなったらこだまに乗るぞ! 不安が頭をよぎるたび、自分はイケるイケるとそれを頭の隅に押しやります不安いっぱいでは恐怖に駆られてせっかくの買い物も思うように楽しめないだろうからという浅はかな考えですが、そうでもしないとこのとき自分は夜も眠れそうになかったのです。

いざ出陣!

 朝早くに起き下手なメイクを施し慣れないスカートを履き荷物をせかせか準備します。財布はイベント用と普通に使う用を2個持ち、なんだかファンシーなデザインの大きいカバン肩に引っさげ、支度は整いました。朝飯代わりのウイ○ーインゼリーを胃袋に流し込み士気を高めます

 怖え……人いっぱい居るとこ怖え……でも! 行かないと、そこにパラダイスがあるから! 自分は行かなければならないんだ! このような寒いことを考えでもしないと冷静ではいられませんでした。引きこもりをこじらせるとこのようになるので皆さんも気を付けてください。要らぬ心配だとは思いますが。

 市内電車に乗って新幹線が停まる駅まで向かい、駅に着くと切符を買ってそわそわしながら列車を待ちます。し、新幹線か、慣れてないからなあ。席空いてるかなあ。立ちっぱは辛い距離だよなあ。考えている間に列車は到着しました。中を覗くと若干の空席があるようでした。よっしゃ! などと言おうものなら不審者まっしぐらなのでここはぐっと抑え、乗り込みます

 乗っている間は携帯をいじったり腕を組んで妄想に励んだり携帯固形食をかじったりするぐらいで特にどうということも無かったのですが、寝ると荷物をすられやしないかと神経過敏な自分は警戒し続けていたのであまり気が休まりませんでした。とはいえ一人なので寝ないのが当たり前と言えなくもない気がします。

 名古屋駅に着くと、そこは未知の国でした。「……デカ!?」というのは規模に対しての感想です。名古屋ってどんなところだろう、味噌? 味付けが濃い? モーニングが豪華? 程度のにわか知識しか無かった自分は大いに驚き、迷いはしないかビビりました。が、案内板通りに進むことで無事方向音痴自分も乗り継ぎ切符を買い豊橋駅に向かうことが出来ました。今回は観光出来ませんでしたが、次に来るときは周囲を散策してみたいなと思っております

 豊橋駅に着くと外がなにやら騒がしく、ふらふらと声のする方へ向かって行くとイベントをやっておりパフォーマンスとしてよさこいらしきダンス披露していました。そのままぼけーっと眺めていましたが、はっと腕時計を見るともうすぐ開場時刻! しかもここバス出るとこと反対出口! 気づいた自分は慌てて早歩き。「待ってろよST豊橋2、もうすぐ自分はそこに着くんだぞ! 逃げるなよ!」逃げねえよ、と思うだけの冷静さはもう既に頭から無くなっておりました。

 早足で外に出るとYOUの案内板を持ったスタッフが見え、その方の指示する方向へ向かいます。この時点で同じ目的と思われる方々に取り囲まれていました。会話の内容から彼女たちが誰萌え、あるいはどこ校萌えであるのかが窺い知ることが出来なんだか暖かい気持ちになりましたが、同時に一人で歩く自分に対しどこか寂しい気持ちになりました。しょうがないですよね、ぼっちで来たんですから

 「バスが……立派だ!!」

第一印象がコレか、と思われるかもしれませんが立派でした。観光バスを借りるとは、……儲けてやがるな!? などと下衆な感想を抱きましたがそこは脳内で流して乗り込みます。既に車内には何人か待機しており、彼女らもまたこから向かう会場に対しての予想などを並べ立てていました。なんせ地図で見た限りは倉庫でしたから、会場として機能するのか不安もあったのだと思われます。かくいう自分もその通りで、大丈夫かなあとぼんやり考えながらバスに揺られていました。さあ会場はもうすぐそこです。

ST豊橋2にやって来た!!

 「うわ外観めっちゃ倉庫やん!」まんまじゃねーか、な感想は置いておきます手荷物検査を受けるとシールを渡され目立つところに貼っておくようにと念を押されました。流石にセキュリティは厳重です。なんだかピリピリした雰囲気だなあと思いながら入口から会場の様子を窺います

 そこに居たのは300スペース超のサークル参加の方々と、今日を楽しみに集まってきた一般参加の方々、その方々の熱気で構成された異空間、夢が形になった場所でした。ここにいる人たちは趣向の差はあれどおおむね同じ目的で参加しているんだなあ、そのことを実感し感動しました。生の空気というものはいいんだなあ。同人誌なんて通販で買えばいいじゃん、そのように冷めた気持ち自分の中にあったことは否定できません、しかしこのときをもってそのような斜めに構えた気持ちは消え去ったのです。この熱を自分の肌で感じ、自然とそのようになったのでした。

 ややまごつきながらパンフレットを買い、きょろきょろとあたりを見回しながら会場の隅に向かいますパンフレットの配置図へ事前にチェックしておいたサークルをマーカーで引き、いざ出発! 果たして無事に買うことが出来るだろうか、そう思いながら横目で受付近くを見ているとなぜか地元団体さんがはんぺんを配っていました。後で聞くとこのはんぺん無料だったようで、というか放送でもそんなことを言っていたようで、しかも美味しかったという感想もあり、もらっておけばよかったかなあなどと今更現金なことを考えています

 目当てのCPの島に来ると当たり前ですが同じCPが固まっていて、そこで買い物をしている方を見て「あ、同じCPが好きなんだな」と思うとなんとなく嬉しく思いました。自分ではあまり買わないCPでもポスターやポップが来られているとついつい寄ってしまい「よし買いだ!」と買わせてしまう、そんな勢いや愛にも満ちていました。幸せな気分で今日一番の目当てだったサークルさんの所に足を運びます。無事に帰るだろうか、緊張しながらスペースに向かうと……。

 誰も居ない。あれ、間違えたかな、と机に張り出されているナンバーサークル名を見ました。間違っていません。すかさずツイッター確認を取ります今日になって急遽欠席が決まったようでした。しょぼくれましたが、気を取り直し他のサークルさんの元へ向かいます。ここで挫けてはいられません、目当ての本は他にもたくさんあるのですから。分かってはいても、やっぱり残念でした。またの機会があれば今度こそ、と思いつつ探索を続けます

 「おおう、やはり色がどこも派手だなあ。こういう彩のあるジャンルは見てるだけでも楽しくていいよね」

なんて他人事コメントだと思われるかもしれませんが、現実光景だというのに目の前で行われているイベントリアルさを感じることが出来なかったのです。そこはさながら夢の国、すっごい遊園地異世界でした。普通にレイヤーさんが歩いているのを見て○○が歩いてる……そんな風に茫然とするしかなかったのです。BGMとしてキャラソンがかかりまくり、人はごったがえし、そこらじゅうで普段は出来ないジャンルトークを楽しんでいる。夢のようでした。同人イベントっていいなあ、漠然と抱いていた憧れはここで実感に変わったのです。

 コピー本コンテスト投票したり、同人誌なのにすごい厚いよ!? とアンソロジーを見て驚愕したり、「だって○○受けってここしかないじゃん……」とジャンル友達ぶっちゃけトークをしているのを聞いて複雑になったり、桃リコが可愛かったり、こんなCPあったんだーと驚いたと思っていたらいつのまにか買っていたり、委託本にも手を出したり、同じところをぐるぐる回って「へへへこのCPもいっぱいいるじゃんすげーじゃん」と悦に入ったり、……とにかく、普段では絶対に発散できない類の衝動を思いっきり発散できる場所であり、幸せが形になった場所でした。

 「そういえば、このジャンルはしばらくイベントが開催できなかったんだよなあ……」

噛みしめます。無事に開催できて本当に良かった。これだけの人が喜びを分かち合える空間が壊されなくてよかった。どうかもう、中止などという悲しすぎることが起こらないように。改めて祈りました。

夢は終わる

 そろそろ会場を後にしなければ。腕時計確認すると会場を出てバス乗り場に向かいますクレープ屋台などが出ていましたが、どうも待ち時間的に食べられそうになかったので泣く泣く断念。ちくしょう時間に余裕を持って行動しないとな。

 バスに乗り込むとイベントの熱が冷めやらぬ人たちが熱心に語り合っています。これが公共交通機関であれば眉をひそめられることなのでしょうが、ここはイベント専用の車内です。思う存分余韻を分かち合会えるこの空間もまた乙なものだなあと思いました。ただ、送迎用にバスを用意するなんて普通は無理だよなあとも思います。アフターがしたいならやはり2次会にしておいた方が良いようです。自分ぼっちなのでどうにもなりませんが。

 バスから降りると、一気に現実に引き戻されました。もう夢は終わったんだ。でも、自分には思い出が出来ました。代えの利かない大切な思い出です。また行きたいな。今度もこのジャンル、いや別のジャンルか、ジャンル無しの大きいイベントにも勇気を出して行ってみようか。今までは恐怖が先立ちどうしても踏み出せなかった一歩をやっと踏み出したこの日、自分世界は広がった気がします。今回のイベントに参加できてよかった。心からそう思っています

 最後に、主催スタジオYOUさん、イベント開催お疲れ様でした! また次も頑張ってください、応援してます

 

2018-09-20

anond:20180920174952

ただの女ともだちですけど、

腕を組んでくる

ときどき軽くハグしてくる

握手したまま離さな

などです。

2018-07-04

こんなに人には気をつけろ

1. 自分に無いものを持ってる人、自分が気に食わない人、仕事ができる人をターゲットロックオン

2. 基本攻撃は、おさえつけ

3. 得意技は、常に怒

4. えらい人によっては、ペコペコ

5. 気に食わない人の陰口、ハンパない

6. 肩を揺すって歩く

7. キータッチハードパンチャー

8. 自分の思う通りにならないと、怒

9. すぐ怒るから血圧高め

10. 人のミスにはハンパないツッコミ

11. 自分ミスはなかなか認めない

12. 基本的に褒めると、高圧武装解除

13. とにかく、怒りたい

14. 立ってるとき腕を組んで、肩幅以上足を広げる

基本的に自信がなく、パーソナルスペースを広げようとする人。

いくら仕事ができたとしても集団仕事をする以上、こんな人を雇う会社バカだけど、会社にこんな人がいたら、関わらないほうが良い、絶対に。

さっさと辞めてもらうように願うのみ。

2018-06-20

https://anond.hatelabo.jp/20180620192226

子どもに低身長遺伝したら嫌だと思いました。

お見合い中、ずっと腕を組んでいたのも感じ悪かったですね…。

2018-06-09

朝見た夢

恋人が女の人と腕を組んですりすりしてるのを自分が目の前で目撃した夢だった。恋人二股して何が悪いの?って態度だった

しかもその女の人は、可愛くて、自分理想もっちり系体型の女の子だった

自分コンプレックスが夢で示されたことで、最悪な目覚めであった。夢で良かった。「結局は体かよ!好みの体型じゃなくてごめんね!」とか騒いでヒステリックおばさんになるところだったぞ

2018-05-31

anond:20180531123840

私の父は50歳だったかな?父の年齢ってあまり覚えてないんですよ……。

手を握ったことが無いですか。ピュアで良いと思いますよ!

公共の場で手を繋ぐっていうのは、セッ久をしているのと同等って聞いたことがあります

出会い系でも何でもいいですけど、合う人と出会えたら

きっと手をつなげます。というか、腕を組んでくるかもしれませんね。

あと、手を繋いだ事あるかどうかなんて分からないので、大丈夫ですよ。

手汗かいてるなー!緊張しているんだな!っていうのは分かっちゃいますけどね(笑)

2018-05-05

父親との殴り合いに快感を覚える

父は短気で神経質だ。教科書玄関に置きっ放しだとか、洗面台が水浸しだとか、どうでもいい、些細なことで私を叱りつける。大抵の場合、ほぼ100パーセント私が悪いのでそれは一向に構わないのだが、命令されたことは是が非でもやりたくなくなる捻くれた根性をしている私は、お決まりの「やりたいやつがやればいい」節を繰り出す。父は正論を振りかざして怒鳴ってくるので、私は意味不明の持論で対抗するしかない。そうするとすぐに、怒りっぽい父の頭に血が上り、私の両手を強く掴み、引っ張って連れていく。一生腕に痣が残るんじゃないかと思うほど強く掴む。意地でも服従したくない私は掴まれた両手が振り払えないと分かると、父の右腕に思い切り噛み付き、踵に力を入れ正面から腹を蹴る。興奮で心拍数が上がって、頭が熱くなる。父親相手でも手加減はしない。もうすぐ成人とはいえ、女の本気など通用しないだろう。父の右手から左腕が解放されると、その勢いにまかせてろくに狙いもつけずに殴りつける。父も負けずに殴る。殴られながら殴りまくる。身体中の産毛が奮い立ち、相手を殴るたびに快感で頭がいっぱいになる。脳と視界が興奮で揺れる。諦めた父が両手を私から放したら殴り合いは終了である。掴まれた腕と殴られた胸がヒリヒリ痛むが、快感はなかなか覚めない。自室に戻っても立ったまま腕を組んで余韻に浸る。こうして毎度の殴り合いは私の勝ち逃げに終わる。普段私たち普通に2人で釣りに行くレベルの仲良し父子であるが、月2回ほどの頻度で勃発する親子喧嘩は毎度殴り合いになることを友人に言ったらドン引きされたし、冷静に考えたらただのヤバい奴でしかなくて草。

2018-04-22

女心を教えてくれ

ちょっとした習い事彼女とは出会った。顔はNMB山本彩に似ていて、見た目はクールだが内面はうるさいほどしゃべってよく笑う陽気な子だった。特別仲が良いわけではなく、挨拶を交わすくらいの仲だけど、僕はよく彼女の姿を目で追っていた。習い事は年齢が上の人が多かったけれど、美人彼女は男女問わず色んな人に好かれていて、いつも場を明るくしていた。

通い始めてから半年ほどで僕は飛行機距離に転勤になってしまったのでそのまま辞めた。

転勤してから3ヶ月後くらいに、習い事先生作品が僕の住んでいる街の小さな展示会で展示されることになったと知った。特に思い入れがあったわけではないが、新しい街で友達もいなく、暇なので行くことにした。そこに彼女の姿があった。

正直びっくりした。転勤先は地元からかなり遠いし、以前展示されたこともある作品だったから、わざわざこのために来るとも考えられないか旅行なのだろうか。覚えてくれているか不安だったけれど、声をかけてみた。彼女は満開の笑顔を僕に向けて「うわ~増田さんおひさしぶりです!もちろん覚えていますよ!」と返してくれた。一人で来ているから暇だったら夜会わないか?と唐突に誘われた。「○○駅の2番出口に19時半で!」と言い残して彼女は去っていった。

時間ぴったりにその駅に降り立った。指定された駅は繁華街の最寄り駅で、念の為僕は直前に調べた地元料理が食べられる飲み屋を予約しておいた。5分ほど待ったが彼女は現れない。LINEの交換すらしていなくて、連絡先は何も知らないので待つしかないな、と思っていると遠くから増田さ~ん!」と大声で叫びながら走ってくる彼女の姿が見えた。

「連絡先わからいか出会えなかったらどうしようかと思った!」笑いながら彼女が言った。聞くと、この駅に2番出口があるかどうかも知らなかったらしい。「ドラマみたいな待ち合わせをしてみたくて。」そう笑う彼女がとてつもなく可愛くて、まさに恋に落ちる音がした。今までほぼ知らなかったお互いのことについて話し合い、美味しい料理地酒でとても酔っ払った。

結局その夜、完全に酔った僕たちは気付いたら僕の家にいた。翌朝彼女はケロッとしていて「楽しかった!」と言われた。僕は酔うとフィニッシュできないので、夜のことを指しているのではないだろうなと思いつつ、泊まりもしなかったホテル荷物を取りに行くという彼女仕事に行くため別れた。

これが3年前。

それから3年間の間、彼女は僕の住む街に4~5回遊びにきて、中間地点で旅行にも行った。俺が出張年末年始、友人の結婚式などで地元に戻ると2人で会う約束をして、当然のようにホテルに泊まる。街を歩くとき彼女のほうから腕を組んできたりして、傍から見ればカップルしか見えない。

でも僕たちの間では一度たりとも、この微妙関係性についての話題が出たことがない。不自然なくらいに。こんなに美人性格も良くて、きっと彼氏がいるのかもしれないと何回も思ったことがある。

地元彼女友達を交えて遊んだことも何回かあるし、食事や旅費も基本は割り勘だからお金目当てでもないはず。(彼女のほうが裕福な家柄だし、僕より稼いでいるんじゃないだろうか。)

そんな2つ年上の彼女は今年29歳になる。

正直、彼女結婚しても良いとすら思っている。でもきっと付き合おう、などといい出したら彼女は僕の元をさらりと去ってしまうのが簡単想像できる。

彼女にとって僕は何なんだろう。

何がしたくて僕と一緒にいるんだろう。

2018-03-28

https://anond.hatelabo.jp/20180327171705

女は気軽に女同士でベタベタするし、「女はみんな同性愛の気がある」なんて聞いたこともあるけど、男は基本的に同性が嫌いだし、そういう感覚が全く理解できない。

 

 

勝手に女を語らないで欲しいし勝手に男を代表しないで欲しい。

 

他の国では異性愛者でも男同士腕を組んで歩く人たちもいるし、手をつないで歩く人たちもいる。

育ち方で変わるだけ。

2018-03-27

御社トイレで眠りたい

タバコ吸う人って喫煙時間が休憩時間だけど、

タバコを吸わない人間にとっては大手を振って休める時間がない。

トイレ時間が休憩時間のようなものだ。

なので、おれは会社トイレ眠る

お昼を食べたあととか、残業中の疲れがピークの時とかに

トイレの個室に入って背もたれにぐっと体を預けて、腕を組んで眠る

10分くらい眠ったら、脳内に淀んでいた疲れがすっきりしてまた仕事ができる。

おれはいろんな会社トイレで眠ってみたい。

御社トイレで眠りたい。

一番快適なトイレを見つけたい。

2017-12-14

anond:20171214172344

ん?

2回くらい読み返したが、これは誰かに何かを問うているの?

補足情報があるが、何に対する補足なの?

一貫して自己完結しているように見えるが。

腕を組んで、「問題だ」「問題である」とぶつぶつ言いながら歩いている人のように、特に周り(ここでは増田たち)に意見を求めているようには見えないが。

2017-11-18

忘れられないメイドコス

毎年参戦してるのでいつのことなのか何年前のことなのか分からない。

コミケスタッフで、とても堂々としたメイドコス男性がいた。

ロングのヒラヒラスカートだったけど、難なく捌きながら素早く動き回っていた。腕を組んで睥睨したりと、立ち居振る舞いは完全に男性のそれだったけど、すごく似合っていて私の中の何かの価値観が崩れ去った。メイド格好良かった。

その数年後に荒川アンダーザブリッジ出会ってまた思い出した。気負いなくスカート履いていて、更にそれに本人が違和感を感じておらず堂々としてる状態がとてもいいと思う。

というのを昨日MtFの人のマンガを読みながら更に思い出した。初めから一般社会で女物の服を着始めるのはハードルが高いけど、コミケ男性女性コスするのはアリだと思う。私はレイヤーではないのでルールとか分からないけれど、コミケデビューしてみるのはありなんじゃないだろうか。(ただし古いオタクなので、建前としてのファン行動も取れない100%私服だと分かるものは出て行けと思う)

性別適合手術レベルに思い詰めてないライトな層も、選択肢として頭の片隅にでも是非。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん