「ティーザー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ティーザーとは

2019-08-07

2019年公開予定だけどまだティーザー以外動きがない映画

良くて延期か、最悪制作中止もありうるぞ。公開日すらわかってない。円盤1巻が6万枚売れた作品から公開すりゃ誰かしら見るよ!公開してくれ!頼むよー

2019-07-28

2019年公開予定の映画で、まだティーザー以外一切情報出てないんだけどやっぱ延期かな……

だって仮に12月最終週公開でも、いくらなんでもも宣伝しないとやばいよね?延期かなあ……制作中止じゃないことを祈る

2016-05-25

http://anond.hatelabo.jp/20160524220959

俺も常々そう思ってるからブコメにある犬用の噛むオモチャ調べたよ

とりあえずamaznの犬用噛むおもちゃ売れ筋ランキングみた

http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/pet-supplies/2155265051

1位のやつはちょっと人間の口には入らなさそうだと思ったら、超小型犬用のやつがあった

ハーツデンタル ティーザー 超小型~小型犬

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%84-Hartz-%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB-%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC-%E8%B6%85%E5%B0%8F%E5%9E%8B~%E5%B0%8F%E5%9E%8B%E7%8A%AC%E7%94%A8/dp/B001APIX1C

これいぼいぼがついてかむ場所が3つあるけど、切ってしまえば人間の口に入りそう

ただ、パット見、イボ部分がツボ押し並に硬そうに見えるから人間の口でうまく噛んで楽しめるのかわからん

2014-02-05

佐村河内守っていつから現代ベートーヴェン」になってたの?

 

いったいいつ誰が佐村河内守氏を「現代ベートーヴェン」として「世界で評価」されていると言い出したのか、Google検索でわかる範囲で調べ始めてみた。

 

---

 

2001年9月15日

Beethoven海外初出は米TIME誌。

http://goo.gl/QZoqAq

"Mamuro Samuragouchi: Songs of Silence -- Video-game music maestro Samuragoch can't hear his own work"

His condition has brought him a certain celebrity, which he fears may detract from an honest critique of his work. He understands the inspirational appeal of the story of a digital-age Beethoven, a deaf composer who overcomes the loss of the sense most vital to his work. "I used to be able to hide it, to do my work without people noticing it," he says.

米誌が彼をベートーヴェンと並び称してるわけじゃなく、単に「『現代ベートーヴェン』みたいな話が先行したら作品の評価が歪む」と(おそらく彼自身が)語っているだけである

 

---

 

その後の海外の記事を探ったのだが、なんと! 何も出てこない!

 

---

 

2007年11月1日

書籍交響曲第一番』発売

http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC%E4%B8%80%E7%95%AA-%E4%BD%90%E6%9D%91%E6%B2%B3%E5%86%85-%E5%AE%88/dp/4062139359

 

Amazonレビューに「現代ベートーヴェンさながら」などの表現はあるものの、既にどこかでそう呼ばれていることや書中にそう記載されていることを示唆する表現は見あたらない。

 

---

 

2008年1月13日

ブログ記事

http://yoshim.cocolog-nifty.com/tapio/2008/01/post_ce52.html

まさに「現代におけるベートーヴェン」の状態なのだ

「~と呼ばれる」という表現にはなっていない。

 

---

 

2008年9月1日

韓国系化粧品会社(?)ウェブサイト

国内外に高く評価され、米TIME誌に『現代ベートーヴェン』の見出しと共に紹介される等、その存在が一躍注目を集める

http://goo.gl/HFB9HV

 

日本語で確認される最古の、「現代ベートーヴェン(と誰かが呼んでいる旨)」の記載。

引用元としているTIME記事がそんな「見出し」ではないことは前出のとおり。

 

---

 

2008年9月

広島で開かれたG8議長サミットの記念コンサート交響曲HIROSHIMA』が初演されているが、これも海外ではまったく報じられていない。

(少なくともGoogle検索には何も引っかからない。)

 

---

 

2008年9月15日

佐村河内守氏、広島市民賞受賞。

同日夜、NEWS23TBS)の特集で取り上げられた模様。

 

---

 

2008年9月16日以降、NEWS23特集を受けていくつかの個人ブログで取り上げられている。

しかし、本文に「現代ベートーヴェンと呼ばれる」などの記載は皆無。

2008年12月頃につくコメントから、少しずつ「現代ベートーヴェン(と称される)」という表現が現れ始める。

 

---

 

2012年11月7日

NHKが「作曲現場」を取材し特集番組を放映した模様。

J-CASTティーザー記事の痕跡のみ残っている。

http://snsoku.net/news/809492

耳の聞こえない作曲家佐村河内守現代ベートーベン作曲現場

現代ベートーベン」と国内外音楽家から注目されている日本人作曲家がいる。佐村河内守(さむらごうちまもる)、47歳だ。

どうやら、言い出して権威付けたのはこのNHK番組らしい。

 

---

 

そして2014年2月5日日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG05013_V00C14A2CR0000/

佐村河内守さんは、米誌で「現代ベートーベン」と紹介されるなど、世界で評価されていた。

ああ、カンタンに騙されるクオリティペーパー…

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん