「ヨルムンガンド」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヨルムンガンドとは

2021-04-15

最近YouTube米国中国の軍需企業とか軍需産業動画を観ることが増えた

台湾有事で米中戦が近いかもなあと思って観始めたのだが、不謹慎ながら面白いなあ

お金とか技術の話は民間とも変わらないわけで、軍オタ普段から親しんでいるのだろうけど、

これはこういう理由コストが高すぎて量産できなかった、これはこうやってコストを下げて量産した、

試作は完成したが量産のための技術が足りず量産が困難だったが10年以上の歳月をかけて量産を実現した、

当たり前だが民間製品開発とこういうところは変わらない

から思うのだが、どこか深夜通販番組っぽい軍需企業動画があったりするのも面白い

ロード・オブ・ウォーヨルムンガンドのようなフィクションでは武器商人はどこかコミカルにも描かれているが、

意外と普通大阪商人江戸商人みたいなものなのかもしれないと思えてくる

しかし、YouTube兵器動画最適化されるのが困る

流石にずっと観ていると飽きる

2021-02-09

涼宮ハルヒの憂鬱から15年経った

涼宮ハルヒの憂鬱放送当時自分は22歳だった。

あれから15年。37歳。立派なおっさんになったが、

アニメは今も見ている。

しかし昔みたいに全部のアニメをチェックする体力も無いし、

グッズやフィギュア馬鹿みたいに沢山買って部屋に飾る時期も過ぎた。

部屋中にあったグッズとフィギュアは跡形も無い(藤林杏フィギュアだけある)。

DVDも大量に売った。サブスクで見れるからだ。今手元にあるのはヨルムンガンドあべの橋商店街からかい上手の高木さん、ゆるキャンゾンビランドサガだけだ。

今は大体1シーズンに2~3作品を完走できれば良い方。

15年後の自分アニメを見ているだろうか?

もうすぐ子供も生まれ親になる。

子供と一緒にアニメを楽しめる親になれるだろうか?

涼宮ハルヒの憂鬱にはまった35歳は、50歳になった今もアニメを見ているのだろうか。

2020-12-07

アニメed  スローテンポ・ミドルテンポ・歌い上げ系 計56曲 v4.0

 

 

 

盾の勇者ed1  きみの名前

無能なナナed  バケモノと呼ばれて

盾の勇者ed2  あたしが隣にいるうちに

 

 

ブラックブレット挿入歌/(ed2)  忘れない為に(/for lotus)

ブラックブレットed  トコハナ

ヨルムンガンドed  Ambivalentidea

キノの旅ed  砂糖玉の月

凪のあすからed2  三つ葉の結びめ

凪のあすからed1  アクアテラリウム

あの夏で待っているed  ビードロ模様

色づく世界明日からed  未明の君と薄明の魔法

 

 

ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士ed  百年のメラム

クジラの子らは砂上に歌うed  ハシタイ

 

 

SAO3s1c2挿入歌/特殊ed  虹の彼方に

SAO3s1c2ed1  forget-me-not

 

 

 

ナカノヒトゲノム【実況中】ed(エンディングフルバージョン)  僕を見つけて

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロスed  calling

天体のメソッド11ed  天体のメソッド ~Quote from Stardust Interlude~

 

 

GODZILLA 星を喰う者  エバーグリーン

GODZILLA 怪獣惑星  WHITE OUT

GODZILLA 決戦機動増殖都市  THE SKY FALLS

 

 

ガンダムAGE 挿入歌  Memorial days

ブレンパワードed  愛の輪郭

ヲモイ  kokia

 

 

  

東京喰種トーキョーグール√A ed  季節は次々死んでいく amazarashi

グラブル1ed  Sky Parade

ゼロ一期ed2  Stay Alive

恋は雨上がりのようにed  Ref:rain

この世界の片隅に  こどものかい コトリンゴ

境界の彼方ed Daisy

七星のスバルed  Starlight 山崎エリイ

神様のいない日曜日ed  終わらないメロディーを歌いだしました。 小松未可子

ダンまちIII ed  Evergreen sajou no hana

メルヘン・メドヘンed  sleepland 上田麗奈

魔女の旅々ed  灰色サーガ

 

  

ラディアン2期ed  ちっともしらなかった Nakamura Emi

フルーツバスケットed1 Lucky Ending

体操ザムライed  夢?  は?な

サムライチャンプルーed  四季ノ唄 Nujabes ft. MINMI

グランベルed  願い URU

強く風が吹いているed  リセット 向井太一

 

 

狼と香辛料II ed  Perfect World

狼と香辛料ed1 リンゴ日和 The Wolf Whistling Song

ハクメイとミコチ特殊ed  水底のリズム

アズールレーンed  光の道標

Rozen Maidenトロイメント ed  光の螺旋率 霜月はるか

エスカ&ロジーed  ふゆみどり 

ゆるキャン△1期ed  ふゆびより

悪魔のリドルed7  すずかぜ

境界の彼方ed  Daisy

ガンダム00ed4  Trust You

日は登りまた繰り返す  Dragon Ash

忘却の旋律ed  手の掌の光

ゼーガペインop  キミヘムカウヒカリ

ゼーガペインed  リトルグッバイ

スターシップオペレーターズ 地球に還る kotoko

成恵の世界ed  アイスクリヰム 千葉紗子

この素晴らしい世界に祝福を!1期ed  ちいさな冒険者

2020-11-07

anond:20201106205658

「どうしても破滅したくない悪役令嬢が現代兵器を手にした結果がこれです」は滅ぼすことが主目的じゃないか日和ちゃうしな

何かありそうな気はするんだけど

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」みたいに自分で国を作る過程で滅ぼすのは多そう

ヨルムンガンド」みたいに世界征服するというのも多分違うんだろうな

「常敗将軍、また敗れる」はガチンコではないかちょっと違う

2020-11-04

ヨルムンガンドじゃないけど、誰かTwitterとインスタとFacebookを完全に破壊してくれないかなぁ。

そうなったら、また新しいSNSが始まると思うけど、アカウントを作って登録する気力残っているかな。

あぁココとヨナ同人誌読みてぇー。

チキンラーメン食べてぇー。

嫌な人に嫌だって言いてぇー。

好きな人に好きって言いてぇー。

2020-08-02

なろうの狼とか

愚痴です。

  

最初に言いたい。人化するな。人化するとなぜか耳や尻尾は残ったままの中途半端にするな。

もっと全体的に毛がふさふさの、そう、デジモンのワーガルルモンのようなのなら分かる。

というわけで人化するな。

  

次に、強い狼が出てくると種族フェンリル

何度も何度も見てきた。フェンリル。なろう作品で強い狼=フェンリルというのが多すぎる。

何の捻りもなく、フェンリル絶滅したはずのニホンオオカミが実は異世界転移しており神の力を持ったみたいな

設定などなく、フェンリル

神獣という設定になっており、凄まじい力を持っているため、なろうの世界では最強クラス場合も多々ある。

  

フェンリルが出るならヨルムンガンドとヘルも出すべきではないのかと思わされるが、登場しない。

マニアックな所でアウズンブラとか出てきて欲しいなと思っても出ない。

別に北欧神話そのままのキャラクターを出すなとは言わないが、狼=フェンリルばかりなので、いい加減なろうは

フェンリルから卒業するべきではないかと思う。

転生したらスライムだった件のランガはテンペストウルフという設定だったのでこういうのを増やすべきだろう。

  

安易神話から取ってくるのではなく独自性を出すべきだろう。

フェンリルを登場させ、仲間にした時点で神話級だからもう何も怖くないといった状態になってしまうだろう。

主人公絶対に苦戦しないような作品であっても戦力オーバー過ぎて何がしたいのか分からなくなる。

蟻を踏み潰す象のようになっており、感動も何も無い。

  

そんなフェンリルだが、登場する有名作品が多くなった気がするので、パクリのように扱われやすくなってきている。

その為、このままだとフェンリルが出てくる可能性は低くなってくるであろう。

このまま登場は極力しないで欲しいところだ。

  

フェンリル以外での狼は、最初は狼として仲間だったが、進化して強くなるということもある。

その結果として人語を扱えるようになる場合があるが、筆者は動物系が人語を扱えるようになるが嫌いである。

狼は狼だからいいんだろう。それが何故分からないのだろうか。

進化じゃなくて変態だろうという無粋なつっこみはしないようにしよう。これで筆者はアスペかと言われ経験あり

  

さて、フェンリルの話が多くなってきたが、筆者としては、狼は一匹狼ではなく群れを成して登場して欲しいと思っている。

敵として登場し、その統率力で主人公側の味方を八つ裂きなどにして欲しいと考える。

筆者は、野生動物が強さを発揮し、もっと人間を追い詰めてもいいのではないかと思っている。

仲間にした場合も、一匹だけでなく複数匹を仲間にして、そこで一緒に狩りをするというような共生をして欲しいと思う。

  

狼にかっこいいイメージがついているからなのか犬についてはあまり登場していない。

コーギーラッセルテリアブルドッグやら犬系が仲間になる作品があってもいいと思うが、あまりやりすぎると

きっと銀牙流れ星銀~とか銀牙伝説WEEDじゃないかツッコミをくらうかもしれないが、たまには出てもいいのでは

ないだろうか。

※筆者は紅桜とベンが好き

  

筆者としては、野性味あふれる人間対狼、または人間と狼対モンスターの戦いが見たい。

人間は弓で遠くから攻撃、狼は俊敏な動きで翻弄、隙があれば鋭い爪と牙で斬り裂き、噛みつき人間はそこから

大きな近接系武器攻撃していくなどの連携が見たい。

なろうでは主人公たちがあまりに強く、あっけなく戦闘が終わることも多いが、筆者はじわじわと削って最後勝利するような

戦いをして欲しいと思っている。

時間をかけて狩り成功させると、なんだか生きているっていいなという感慨深い気持ちになるからだ。

  

例えばフェンリルの風の魔法でオーク百匹を一網打尽みたいなのは呆気なく感じるだろう。

森の中からオークが攻め込んできたとして、百匹を一網打尽できるだけの風の魔法なら、どれだけの樹々が伐採されているの

だろうかとか思うし、そんなことやったらそこに潜んでいた他のモンスターとかがキれて襲い掛かってくるとかないのか

なんて思ってしまう。そういう事を考慮しないで戦うのならいいが、いまいち面白いと感じられない。

  

そんな無駄な事に風の魔法を使うのなら、空にいるハトどもを片っ端から斬り刻んでしまえと思う。

絶滅まで追い込めばいいだろう。まとめてあの世に送って欲しいものだ。

筆者の母も「ハトどもは腹痛で苦しむおっさんみたいな声をだしてキモいから死んで欲しい」と言うくらいだ。

筆者の亡き母方の祖母も「ハト日本の空を汚すクズなんだ。見かけたら石を投げろ」と口を酸っぱくして言ってたものだ。

筆者が魔法を使える狼を仲間にしていたら、魔法有効活用してもらいたいと思う。

  

今日おすすめ

筆者は動物のお医者さんという漫画のチョビ(シベリアンハスキー)が好きなので、是非ともおすすめしたい。

  

以上

  

貴族編    :anond:20200706225819

王族編    :anond:20200707102749

奴隷編    :anond:20200707174539

竜編     :anond:20200708062743

商人編    :anond:20200708131233

馬編     :anond:20200708203845

獣人編    :anond:20200709092800

エルフ編   :anond:20200709173538

勇者編    :anond:20200710134123

ドワーフ編  :anond:20200710201957

神編     :anond:20200711222724

悪役令嬢編  :anond:20200730063046

猪編     :anond:20200730172612

病人編    :anond:20200731072847

孤児編    :anond:20200731174859

犯罪者編   :anond:20200731230135

斥候編    :anond:20200801113918

魔王編    :anond:20200801192806

ヴァンパイア編:anond:20200802015359

2019-08-22

次に権力を揺るがしそうな存在って出てくるのだろうか

テレビラジオ新聞権力に対してネットという位置づけだったが、ピラミッド構造は固まったように思う。

ネット企業に対して次の揺さぶりをかけてくる存在って本当にいるのか?

歴史的にはある、という回答だろうが、本当だろうか?


昔も複数の国をまたいだ企業は居たが、物を移動させるのに時間がかかるという欠点があった。

だがネットはすぐに国境を超えてしまう。

技術流出審査もなくgithub登録し、Googleサービス情報登録する。

人・金・物・情報の流れをおさえられている。


通信の種類が変わったり、速度が早くなるだけでは構造は変わらない。

新しいハードウェアが出てくれば変わるかもしれないが、スマフォに集約されていく分だと何も変わらない。

そもそも物の移動は時間コストもかかり過ぎる。


量子コンピュータはどうか?

暗号がとけるようになれば、ヨルムンガンドが起こるのでは?

という話もあるが、スパコンがあっても変わらないようなもので、変わらないのだろう

2019-03-09

昔は漫画アニメで詳細なミリタリー描写があると おっ、よう研究しとんな となったけど

いまだとYouTube米軍アパッチ補給風景やらガンカメラやら

c-130のガンナーの作業風景だとかエアボーン練習だとか

ニッチ動画が腐るほどあるからあんま感動しなくなったよな

 

ヨルムンガンドとかの漫画キャラが長々とミリタリー蘊蓄垂れ流してると

「そんなんYouTube見りゃわかるし、あんま正確な情報でも無いやん」って溜息つきたくなる

2018-11-28

最近神回判定が緩すぎる説

アニメ観てて今回は神回だっていうネット意見を参考にしつつ視聴してるんですけど、「まぁたしかに泣けるけど、良回程度で神回ではないな」と思ってガッカリすることがある。

自分アニメを見過ぎているのかもしれないが、アニメ大量放出のこの時代神回判定が緩くなっていないか?僕はもっとコードギアスR2最終回とかセーラームーン無印最終回とかそういうのを神回というのだと思うんだよな。歴史に残るエピソードレベルじゃないと神回と認めたくないわけ。

最近はすぐ神回だとか神曲とか神作品かいうじゃん!最近の神判定は奈良判定並みに緩いぞ!アニオタ歴史20年の僕はそう思うんだ。君はどう思う?

追記

ブコメで既に出てたところ申し訳ないが神回判定が緩いなと思ったのはゾンビランドサガ第8話だよ。サガ民はゴブリンと戦い過ぎて逆にサガの評価下げてるからな。だけどゾンビランドサガのOPは神だな!

コードギアスR2より第1期の最終回の方がたしかにこれからどうなるんだろうって期待が非常に高かったよな。今は廃れちゃったけど当時は神MAD動画がたくさん作られててニコ動観るのが楽しかったんだ。今では例のアレとかVtuberにその勢いを奪われてしまったけど、まぁそんな懐古厨的なもんなんだ。

ちなみに自分メジャーなところで神回だなと思ったのはるろうに剣心アニメ版の京都編で剣心が薫に別れを告げるシーンな。セル画最盛期に蛍の光り輝く描写カヴァレリア・ルスティカーナのメロディでまさに明治剣客浪漫譚というところ。

マイナーなのだ刀語最終話とがめのシーンとか蒼穹のファフナー(無印)の翔子回とか、〜efシリーズとか、あとうる星やつら映画版ガラス越しにらむとあたるが語り合うシーン。

マキバオーカスケード日本ダービーの戦い。あとヨルムンガンドアール退場シーンでしょ、ふしぎ遊戯EDの入りが毎回神ってるし。33話の柳宿との別れは泣いたし。

アニメの話って楽しいね!

追記

みんなコメントありがとな!お互いの神回を語り合う、そういうのが好きなんだよ。

リアルだとアニメの話してもロボ系が好きかアイドル系が好きかとか細かに趣味が分かれてんだよね。だから意外と今回良かったよねとか気軽に話せないかネット声聞ちゃう。そういう意味では神回判定が緩くなってもリアル恩恵を受けてる感じはあまりいかな。

コメントへの返答

シャーロットは尻すぼみ感があって2クールやれたら神作品だったかもよね。

プリキュア時代部活に打ち込んでたもんだから見てないんだ。すまん...

カウボーイビバップ出してくるのはセコいな〜笑 第5話は神回だと思う!

エグゾダス第9話は神回だ!初代から観てきた人間としては神としかいいようがない。

あとネットでは酷評だったけど鉄血のオルフェンズもすこなんだな。リアルで追っかけてたし、1期のビスケット亡くなり〜からMISIAはまじで神演出だった。

今後最強な神回があったら天照大神回とか表現方法変えて欲しいよ。天照大神回だったら絶対みるもん。九十九神回ならなるほどなって思うし。

2018-10-10

anond:20181010164531

とりあえず電池切れはだめ。電力じゃない。

リロードに入ったのが判るから反撃に回る、はあるけど、マガジン拳銃ならリロードってのは1秒かからずにするだろうし、普通リロード中は物陰に隠れる。

まあなんだ。

プロでも(プロほど)何かお話を創る時には、取材資料集めをするものだ。

自分が良く知らない者について書くときは猶更だ。

他の人も書いているけど、世界の都合でガンアクションを出す必要があるなら、最低限ガンアクションもの映画漫画でも見ておこう。

個人的には、ヨルムンガンドとか、ガンスリンガーガールとか、男くさいだけじゃなくて良いと思うけどね。ジョンウィックやレベリオン……は求めるものが違うかもしれん……。アメリカンスナイパーとか?

2018-09-29

2018年秋開始の新作アニメ備忘録

 GIGAZINEから秋の便りが届いたので、気になった作品だけ。

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル

監督古田丈司 「漫画家さんとアシスタントさんと」「うたの☆プリンスさまっ♪監督

シリーズ演出安藤良 「亜人ちゃんは語りたい監督

シリーズ構成・脚本鈴木智尋「タイバニ」「ワンパンマンシリーズ構成

音楽林ゆうき 「デス・パレード」「キズナイーバー」「ボールルームへようこそ劇伴。またドラマストロベリーナイト」「DOCTORS」「BOSS」「リーガル・ハイ劇伴

美術監修:東 潤一(スタジオイースター

音響監督木村絵理子 「TIGER&BUNNY」「四畳半神話大系」「夜は短し歩けよ乙女」「夜明け告げるルーのうた音響監督

あかねさす少女

監督玉村仁 大沼心相方。「六畳間の侵略者!?」「落第騎士の英雄譚シリーズディレクター

シリーズディレクター:アベユーイチウルトラマンシリーズ監督

シナリオ設定:打越鋼太郎 元スパイク・チュンソフトの人。「パンチライン脚本

シリーズ構成・脚本ヤスカワショウゴ 「六畳間の侵略者!?」「落第騎士の英雄譚シリーズ構成

総作画監督山本亮友 「三ツ星カラーズキーアニメーター作監

美術草薙 いつもの

音響監督森下広人 「sin 七つの大罪」「セントールの悩み」「ISLAND」「メルヘン・メドヘン音響監督

制作ダンデライオンアニメーションスタジオ(「ロボマスターズ制作全般)/十文字グロスけがメイン)

転生したらスライムだった件

監督菊地康仁 アクエリオン演出マクロスF監督IS監督武装神姫監督

監督中山敦史 「アブソリュート・デュオ監督

シリーズ構成:筆安一幸 いつもの

キャラクターデザイン江畑諒真 「武装神姫キャラデザ、「アブソリュート・デュオ」コンテ・演出原画

美術監督佐藤歩スタジオ・イースター)

音響監督明田川仁 いつもの

音楽Elements Garden クリエイターチーム

制作エイトビット 「IS」武装神姫」「ヤマノススメ」「アブソリュート・デュオ」「グリザイア」

青春ブタ野郎バニーガール先輩の夢を見ない

原作鴨志田一 「さくら荘」「オルフェンズ」「Just Because!

監督増井壮一 「サクラクエスト監督

シリーズ構成・脚本横谷昌宏 「サクラクエスト」「リゼロ」「Free!!」「はたらく魔王さま!シリーズ構成

キャラクターデザイン田村里美 A1Pictures各作品作監

美術監督渋谷幸弘 劇場版コナンシリーズ夏目友人帳シリーズ美術監督

音響監督岩浪美和 いつもの

音楽fox capture plan

制作:CloverWorks A1 Pictures系列制作会社。

となりの吸血鬼さん

監督秋田谷典昭 「バクマン」「城下町のダンデライオン」「アクティヴレイド」「バトルガールハイスクール監督

監督福島利規 「バクマン」「バトルガールハイスクール」コンテ、「城下町のダンデライオン」「アクティヴレイド」副監督

シリーズ構成:髙橋龍也 いつもの

キャラクターデザイン総作画監督酒井孝裕 「結城友奈は勇者であるキャラデザ総作監

音響監督明田川仁 いつもの

音楽:藤澤慶晶 いつもの

制作Studio五組、AXsiZ

やがて君になる

監督加藤誠 「櫻子さんの足元には死体が埋まっている」監督、「Re:Creators」副監督

シリーズ構成・脚本花田十輝 いつもの

キャラクターデザイン合田浩章 「ああっ女神さまっ監督、TROYCA各作品作監

音楽大島ミチル いつもの

制作:TROYCA 「アルドノア・ゼロ」「櫻子さん」「Re:Creators」「アイドリッシュセブン

うちのメイドがウザすぎる!

監督太田雅彦 「ゆるゆり」「琴浦さん」「さばげぶ」「うまる」「ガヴ」

監督大隈孝晴 同上

シリーズ構成・音響監督あおしまたかし 同上、「アホガールシリーズ構成、「刀使ノ巫女脚本

キャラクターデザイン山崎淳 「三者三葉キャラデザ、「プラスティック・メモリーズ」「NEW GAME!!」メインアニメーター

美術監督安田ゆかり 「月がきれい」「とうらぶ

音響監督えびなやすのり 同上

音楽三澤康広 同上

制作動画工房

抱かれたい男1位に脅されています

監督龍輪直征 新房さんの相方。 「ニセコイ」「幸福グラフィティ監督

シリーズ構成:成田良美 プリキュアシリーズ構成、「いつだって僕らの恋は〜」シリーズ構成

音楽横山克 いつもの

音響監督本山哲 いつもの

制作:CloverWorks A1 Pictures系列制作会社。

JOJOの奇妙な冒険 黄金の風

総監督津田尚克 いつもの

シリーズ構成:小林靖子 いつもの

美術監督吉原俊一郎、桐本裕美子(美峰) いつもの

音響監督岩浪美和 いつもの

音楽菅野祐悟 いつもの

制作david production いつもの

色づく世界明日から

監督篠原俊哉 「黒執事」「凪のあすから監督、「アリスと蔵六」6話コンテ、「魔法使いの嫁」22話コンテ

シリーズ構成:柿原優子 いつもの

美術監修:東潤一 いつもの

音楽出羽良彰 「ふらいんぐうぃっち」「キノの旅(2017)」「凪のあすから劇伴

制作P.A.WORKS

ラディア

監督岸誠二 「ダンガンロンパ」「月がきれい」「ようこそ実力至上主義の教室へ」「結城友奈は勇者である」「あそびあそばせ監督

シリーズディレクター:福岡大生 「ダンガンロンパ」「結城友奈は勇者である監督

シリーズ構成:上江洲誠 「結城友奈は勇者である」「暗殺教室」「乱歩奇譚」「うーさーのその日暮らし」「この素晴らしい世界に祝福を!」「クズの本懐シリーズ構成

キャラクターデザイン総作画監督河野のぞみ 「このはな綺譚」「あそびあそばせ」「七星のスバル」共同作監、「ハクメイとミコチED作画

音楽甲田雅人 「デビルメイクライ」「モンスターハンター」「ワイルドアームズ共同作曲、「この素晴らしい世界に祝福を!」「ナイツ&マジック」「あそびあそばせ劇伴

制作NHKエンタープライズ

SSSS.GRIDMAN

監督雨宮哲 アニメ(ーター)見本市「GRIDMAN」監督原画、「キルラキル助監督、「ニンジャスレイヤーフロムアニメシヨンシリーズディレクター

脚本長谷川圭一 ウルトラシリーズライダーシリーズ脚本

音楽鷺巣詩郎 いつもの

音響監督亀山俊樹 いつもの

音響効果森川永子 アニメ(ーター)見本市「GRIDMAN」音響効果京アニ作品

アニメーションプロデューサー舛本和也 アニメーター見本市「GRIDMAN」制作補佐

制作TRIGGER

ゴブリンスレイヤー

監督尾崎隆晴 「少女終末旅行」監督、「灰と幻想のグリムガル」5話コンテ・演出

シリーズ構成・脚本倉田英之 「今、そこにいる僕」「神のみぞ知るセカイ」「グリザイアシリーズ」「灼熱の卓球娘」「メイドインアビス」シリーズ構成

脚本黒田洋介 「ヨルムンガンド」「装神少女まとい」「SAOAGGO」シリーズ構成

音楽末廣健一郎 「Re:ゼロから始まる異世界生活」「少女終末旅行」「こみっくがーるず」「ゴールデンカムイ」「はたらく細胞劇伴

制作WHITE FOX 「ヨルムンガンド」「Re:ゼロから始まる異世界生活」「装神少女まとい」「ゼロから始まる魔法の書」「少女終末旅行」「シュタインズ・ゲート ゼロ

RELEASE THE SPYCE

監督:さとう陽 「ヤマノススメ セカンドシーズン」21話コンテ・演出作監

原案シリーズ構成:タカヒロ 「結城友奈は勇者であるシリーズ原案

キャラクター原案なもり 「ゆるゆり原作

キャラクターデザイン石野聡 「Classroom☆Crisis」「デート・ア・ライブ」「A.I.C.O. Incarnation」キャラデザ

音響監督藤田亜紀子 「ハナヤマタ」「Classroom☆Crisis」「冴えない彼女の育て方」「賭ケグルイ」「刻刻」「はるかなレシーブ音響監督

制作Lay-duce 2013年設立 「Classroom☆Crisis」「いつだって僕らの恋は10センチだった。

アニマエール!

監督佐藤雅子 「あまんちゅ!」2話コンテ・演出、「ボールルームへようこそ」4・1723話コンテ・演出

シリーズ構成・脚本志茂文彦 いつもの

キャラクターデザイン:天﨑まなむ 「未確認で進行形」「月刊少女野崎くん」「干物娘!うまるちゃん」「NEW GAME」「ガヴ」作監(NEW GAMEは共同で総作監

音響監督平光琢也 「GUNSLINGER GIRL音響監督

音楽manzo 「秘密結社鷹の爪劇伴 / 堤博明 「クジラの子らは砂上に歌う」「からかい上手の高木さん」劇伴

制作動画工房

ひもてはうす

監督原案シリーズ構成:石ダテコー太郎

音楽井上純一 / Hajime

CG映像制作リンクブレイン 2011年設立ゲーム運営・開発事業が主 「弱虫ペダル3Dアニメーション制作

CONCEPTION

原作スパイク・チュンソフト

監督元永慶太郎 「ヨルムンガンド」「デート・ア・ライブ」「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」「デジモンアドベンチャー(2015~)」監督

シリーズ構成:柿原優子 いつもの

アニメーションキャラクターデザイン奥田陽介 「ご注文はうさぎですか?」「ブレンド・S」キャラデザ、「天体のメソッド」「ハイスクール・フリート総作監

音楽甲田雅人 「デビルメイクライ」「モンスターハンター」「ワイルドアームズ共同作曲、「この素晴らしい世界に祝福を!」「ナイツ&マジック」「あそびあそばせ劇伴

制作GONZO

ツルネ ―風舞高校弓道部

監督山村卓也 「甘城ブリリアントパーク」5,11話「響け!ユーフォニアム」3,10話「響け!ユーフォニアム2」3話「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」7話コンテ・演出

シリーズ構成:横手美智子 いつもの

キャラクターデザイン門脇未来 「境界の彼方」「甘城ブリリアントパーク」「小林さんちのメイドラゴンキャラデザ

総作画監督:丸木宣明 「甘城ブリリアントパーク」「小林さんちのメイドラゴン総作監

音響監督鶴岡陽太 いつもの

制作京都アニメーション

音楽富貴晴美 「ピアノの森劇伴ガチガチクラシック出身NHKドラマ劇伴等、実写作品劇伴が多い。

アニメーション制作京都アニメーション

2018-09-14

続・好きな作品を書くので、漫画小説を薦めてほしい

皆さんありがとうございました。

思いのほかブクマトラバが集まってびっくりです。

未読かつ複数あがっていたり、スターが集まっていた作品から読んでいこうと思います

敵は海賊、GROUNDLESS、軍靴のバルツァーガンスリンガーガールエンダーのゲームサイレントメビウスあたり)

なお、挙げたいただいたもののうち、既読未読の区別や、好みは以下のとおり。

漫画小説でないものは除外してます。)

読んだことあってけっこう好き

皇国の守護者漫画版)

ハガレン

ヨルムンガンド

天冥の標

パトレイバー

レベルE

ARMS

ブラックラグーン

ドリフターズ

デュララ

彼方のアストラ

惑星のさみだれ

寄生獣

All you need is kill

デストロ246

漫画ナウシカ

ニンジャスレイヤー

不死の猟犬

新世界より

読んだことあってやや好き

メイドインアビス(設定は好き)

ソフトメタルヴァンパイア(設定はすごく好きなんだけど、セクハラキャラが苦手。それ言ったらワートリもなんだけど、ワートリは他の部分の面白さでカバーできているので良い。)

沈黙の艦隊

スプリガン

AIの遺電子

死が二人を分かつまで

星を継ぐもの

コブラ

クローム襲撃

ジョーカーゲーム

ドロヘドロ

山田風太郎忍法帖シリーズ

銀河英雄伝説

ディメンションW

読んだことあるか、途中まで読んだけど、ピンとこなかった

EDEN

漆黒ブリュンヒルデノノノノの方が好き)

ブレードランナー(読んだのが小学生中学生だったので、今読んだら楽しめるかも)

ACCA

戦闘妖精雪風

バーナード嬢曰く(?! SF要素はあるっちゃあるけど…

キルミーベイベー

ジャバウォッキーノブナガンは好き)

D-LIVE

食糧人類

シドニアの騎士

BTOOM

読んだことな

ガンスリンガー・ガール

天使

雲雀

GROUNDLESS

フルメタル・パニック!

AUTOMATON

第三惑星用心棒

女子攻兵

アップルシード

シャドウラン

銃と魔法

EX-ARM

円環少女

BEATLESS

サイレントメビウス

Dクラッカーズ

ウィザーズ・ブレイン

灼熱の竜騎兵

七都市物語

清水玲子秘密

MOONLIGHT MILE

導きの星

シュピーゲルシリーズ

ガンパレードマーチ

宇宙軍士官学校

ガンダムセンチネル

スカイクロラ

戦士志願

星界の紋章

老人と宇宙

ドラッケンフェルズ

航空宇宙軍

ホーンブロワ

エンダーのゲーム

ファイブスター物語

E.G.コンバット

猫の地球儀

DRAGON BUSTER

復活の地

嵐ノ花 叢ノ歌

スノウクラッシュ

ビルドワールド

未来の二つの

コップクラフト

敵は海賊

ゴクウ

イムリ

とある科学の超電磁砲

ジオブリーダーズ

軍靴のバルツァー

火星の人

ジョンルカレ作品

勇午

大砲とスタンプ

ジャポニカの歩き方

雪の峠・剣の舞

山田風太郎明治もの

超人ロック

鬼平(犯科帳で良いんだよね?アニメの話?)

銀河ハッチハイクガイド

幼女戦記ヤキトリは好き)

秘密

人形の国

ブラックロッド

超能力世界

土漠の花

FRONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE とか太田垣康男さんの作品

藤井太洋とか長谷敏司小説

蒼き鋼のアルペジオ漫画

ジョニーライデンの帰還

ブギーポップシリーズ

ワッハマン

トリニティブラッド

ドラゴンクエストX 蒼天のソウラ

青の騎士ベルゼルガ物語

ガンダムオリジン

エンダーズ・シャドウ

シャドウ・オブ・ヘゲモン

ブラッドジャケット オルタード・カーボン

Implicity

終わりなき戦い

マルドゥックアノニマス

スワロウテイル

ゼラズニイの〈アンバー

ファーマーの〈階層宇宙

anond:20180913204752

「好きな作品を書く」って言うから増田創作してくれるのかと思った。

増田創作したこともあるけど、SFもバトルも陰謀もないです…

2018-07-24

2018夏アニメ1話ほぼ全部観たか感想書く その1

 アニメ感想の言い合いっこを夢見つつ感想を書き溜めていたら、夢は醒めないまま8月を迎えそうなので、増田に書いてみた。まだ観ていない作品もあるけれど、このままだと一つも完走できなさそうなので切り上げる。風呂敷の広げ過ぎはやっぱり良くない。それっぽく並べてあるけど、作品の優劣は付けてない。容赦して。

2018夏アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その2

2018夏アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その3

配信情報について

 ~独占…対象サービスしか配信してない

 ~のみ見放題…対象サービスでのみ全話見放題。その他のサービスでは有料配信

 ~のみ最新話無料対象サービスでのみ最新話見放題。その他のサービスでは有料配信

 言及なし…複数サービスで全話見放題/最新話無料

 

 私はTVアニメを観ない(BS見れないし、TOKYOMXもAT-Xも受信できないし)ので、配信情報はこれ以外の手段について書いている。

 なお、囲い込みをしているサイトの中ではAmazonPrimeVideoがゆるいみたい。他サイトでは有料配信しているか放送後しばらくしたら見放題になったりする事がある。

感想(上の作品ほどモチベ高め)

はねバド!

 特殊アクション作画スポ根アニメOPだけ既に10回以上見てるかも。ストーリー高校バド部を舞台にした群像劇で、「灼熱の卓球娘」や「響け!ユーフォニアム」に似てるけど、本作のバド個人競技として描かれてる側面が強く、先の2作品とは違うキツさがある(灼熱の卓球娘は部内でランクマッチしてたけど)。また、主人公がとても卑屈な性格なのも輪をかけて強烈なストーリーに仕上がっている。そんな彼女らを含むバドの子達がバドミントンを通じて変わっていく姿を描く作品。3話のエレナすごい良かった。バド部と関係ないメガネちゃんは、その「変わらなさ」が対比関係になってるのかな。

 本作のアクションシーン(バドミントン)のクオリティが異常。バド独特のスナップを効かせた打ち方、ジャンプをする時の太もも筋肉隆起、まるで実写のような(バストアップではなく)全身の動き、バレットタイムと3DCGを駆使して描かれるバドシャトル等。インタビューによると、本作の作画工程

1.大まかな試合の流れを絵コンテに起こす

2.リアルバド選手同士の試合を録画

3.それを参考にしながら作画ロトスコープみたいな感じ)

とのこと(バドミントンは独特の動きが多く、想像だけでアクション作画をするのは限界があったため、実写を取り入れたらしい)。結果、まるで実写のような生々しい動きでありつつ、作画特有の柔らかさがある特殊映像になっている。特に2話Bパート試合コマ数も非常に多く、「なにこれヤバイ」という感想しか出てこない。OPアクションアニメーターが3人クレジットされていることからも、相当ガチの模様。

 また先のアニメ宝石の国」では、作画アニメが得意な演出と3DGCアニメが得意な演出の違いがちょっと話題になっていたけれど、本作ではそんな3DCGアニメが得意としていた「カメラが回り込むような演出」を作画でちょくちょくやってて、これがめちゃくちゃすごい。宝石の国が「作画アニメの良さをうまく取り入れた3DCGアニメ」とすると、本作は「VFXロトスコープ)の良さをうまく取り入れた作画アニメ」という感じかも。

 あと、全体的に映画のような仕上がりになってるのが好き。強めの陰影や風景描写を使って心情を表現したり、オケ主体BGM効果的に使ってたり。加えてキャラデザがすごく好き。上記アクションを綺麗に表現するための体格だし、加えて群像劇シリアスさをうまく強調してる。

 

はたらく細胞

 - 私が、聖地だ - でお馴染み日常系お仕事アニメ。体の中で起こっていることをエンタメ風に紹介していく内容。人の体は概ね、平和かつ物騒だった。

 とにかくキャラデザが良い。メインの舞台は血管なので、白血球赤血球血小板血液の45%くらいがこの3種)が主要な登場人物なのだけれど、赤血球静脈にいるとき動脈にいるときで服の赤味が違うという謎のこだわり。白血球マンガアニメ過程で着色されない(何故か肌の色も白)というデザイン返り血で彩るというすげえ発想、そして血小板ちゃんかわいい血小板1話で何をするわけでもないのに非常に作画熱量が高く、すごく惹き込まれた。自傷行為血小板にいたずらしたい。それぞれの大きさは概ね、赤血球は7-8μm、白血球10-15μm、血小板は2-4μmなので、その大きさも反映したデザインだとすると非常に3キャラとも完成度が高い。

 そして、思った以上に専門用語オンパレード特に1話冒頭の「血管内皮細胞がぁあああああ」が好き。ただし作中で文字付き解説に加えて能登さんのナレーション容赦なく入ってくるので、たとえ白血球が雑菌と殺し合いをしていてもあの声でナレーションがすべてを持っていく。エンタメとしてとても面白い高校生物を習っていればもうちょっとしかったのかな。

 また、体というのは誰でもある程度関心のある分野なので、私も「あれをアニメでやってくれないかなぁ」がたくさんある。ガンとかアルコールとかインフルエンザワクチン)とか骨折とか。

 

ヤマノススメ サードシーズン

 これまでの集大成スタッフは2期のチーム。夏は終わっても山を登るお話

 これまでのストーリー踏襲しながら進んでいく物語にグッと来た。教室での編み物とか、富士山の話とか、ロープウェーを普通に乗るとことか。筑波山頂のシーンなんかBGMが「スタッカート・デイズ」のアレンジったりしてすごく良かった。山の風景も引き続きムクオスタジオの綺麗な絵が見れるので、この先も非常に楽しみ。

 

少女歌劇 レヴュースタァライト

 「メイドインアビス」でおなじみキネマシトラスによる、闇のアイカツミュージカル科に通う女の子たちの物語2017年から同名のミュージカルライブ?)が行われている、アイドルアニメ

 アイドルアニメ殆どたことがないのだけれど、こういう登場人物が多い作品は、なるべく早い段階で各キャラの印象を視聴者に与えるため「ほぼ全キャラ自己紹介パートを設ける」とか「各キャラ同士の関係性を描くため、楽屋みたいなところでやいのやいのする」という描き方が多いのだけれど、その辺りの演出がとても控えめ。名前を言う流れも、表示する白文字フォントもすごく良い。また「メインのストーリーをメインキャラ同士の会話で進めながら、音声なしの映像でその他のキャラ同士のやり取りを描く」等、声だけではなく身体表現によるキャラ紹介がすごくうまくて、各キャラを覚えるのが楽だった。

 同様に、心象風景や陰影表現を使ってキャラクターの心の機微を描くというか、行間を読ませるような演出がすごく決まってて、まるで映画みたい。キャラ紹介に尺を取られるとこういう演出が難しいので、ほんとすごい。特に東京タワーから落ちるシーンとかほぼ静止画だし、演出の引き算がめちゃくちゃ優れた作品になっている。

 演出の緩急が優れているといえば、特に1話ラストミュージカルシーン。あそこまで劇的な転調は殆どたことがないかも。「輪るピングドラム」とか「天元突破グレンラガン」くらい?このパートでは、リアルミュージカルを観ているときに感じる「五感が全て奪われるような不思議な魔力のようなもの」を、非常に高い作画熱量によって見事に映像化している。起きている事自体ファンタジーだけど、実際ミュージカルって超現実的体験なので、もし映像化するなら本作のような感じが一番近いのかもしれない。マジですごい。

 本作の音楽担当するのは、「宝石の国」「宇宙よりも遠い場所」でお馴染み藤澤慶昌。題材が歌劇なので、劇的なオケがメインなのだろうか。もう劇伴だけでご飯3杯はいける。

 

天狼 Sirius the Jaeger

Netflix独占

 100年くらい前の日本舞台にした、殺し屋家業日常アニメヨルムンガンドみたいな?ゴリゴリP.A.Works作品

 まず戦闘シーンの熱量ヤバイ京アニ作品境界の彼方」の戦闘シーンくらいすごい。純粋アクションがぬるぬるというのもあるけど、加えて出血表現がめちゃくちゃ美しい(境界の彼方出血表現れいだよね)し、SEが圧倒的にヤバイ。一撃を防いだ三節棍の音とか、マシンガン弾丸石畳に刺さる音とか、横転した車が鉄橋のフレームにぶつかる音とか(やっぱり音響効果小山恭正だった)。挙げるとキリがない。ヨルムンガンドやGGOみたいに純粋な銃撃戦ではない(強いて言えば異能バトル系)ので、色々な戦闘音が発生する。これはこれで耳が幸せ横山克音楽も最高にかっこいいし、とても戦闘シーンの中毒性が高い作品

 また、舞台となる大正昭和の町並みがめちゃくちゃ丁寧に描かれている。東京駅からまり看板建築の町並み(ということは震災後。新聞を見る限り1930年頃っぽいけど)、和洋入り混じった街ゆく人々、自動車路面電車主人公たちの向かった邸宅も和洋の融合した、時代を感じる日本邸宅ちゃん道場和室洋室洋風庭園など網羅していて強いこだわりを感じる。その後出てくる、街灯に照らされた夜の町並みも非常に美しい。背景美術担当しているのはスタジオなや(有限会社GREEN解散後、事業継承した会社)。モブで言えば、特に日本警官の描き方がすごい活き活きしててめちゃくちゃ好き。あと邸宅の主人も、葉巻に火をつける仕草がすごく良いのでぜひ見てほしい。

 

ハッピーシュガーライフ

AmazonPrimeVideo独占

 いろんな愛の形を描く、狂人の手記。ガンガンJOKERという雑誌は魔境かなにかなのだろうか。子煩悩主人公が愛のためにあらゆる受難と戦う話なので、概ねハートウォーミングなストーリー久野美咲(先のアニメひそねとまそたん」では甘粕ひそねを好演)のグロい演技もあってしおちゃんマジ天使

 1話ではヤバイ主人公バイト先のヤバイ店長を打ち負かす話なので、ともすれば勧善懲悪ならぬ勧悪懲悪、ダークヒーローみたいな話っぽい?のだけれど、ちゃん1話のなかで「その限りではないからこその狂人であることが描かれているのが好き。

 狂人の話でいえば「殺戮天使」も狂人の話だけど、あっちは狂人であることに対して自覚的登場人物の話で、ディケンズ短編狂人の手記」も『実は私、狂人だったんです!』みたいな話。対して本作は無自覚狂気を描く作品なので、めちゃくちゃ怖い。また彼女は非常に器用な女の子なので、あらゆる困難を自力で乗り越えてしまいそうな悪寒があって非常に良い。主演の花澤香菜といえば、物語シリーズではヤンデレちゃんこと千石撫子を演じていて、あっちも後者無自覚)の話だけど、物語シリーズが「恋に恋する女の子の話」に対して、本作は「愛に目覚めた女の子が、愛の力で頑張る話」みたいな、ステージの違うヤンデレ物語になっている。どっちも好き。

 主人公の心にフォーカスを当てた、とても静かな演出が印象的。彼女の感じた穏やかさ、満たされた感じ、燃えるような敵意が、とてもかわいいキャラデザ演出によって描かれているのでなおさら強烈に仕上がっている。

 制作のEzo'laは初元請けっぽいので、ぜひうまく行ってほしい。

 

殺戮天使

AmazonPrimeVideoのみ見放題

 アニメで観るOUTLAST。原作脱出ゲームシナリオ踏襲したストーリー。とはいパニックホラーでもなく(1話結構その気があるけど)、主人公の心情を丁寧に描いている。また「主人公けがマトモ」ではなく全員やばい人なので割とツッコミ不在のブラックユーモアボケ合戦みたいになってる。

 ストーリーの縦軸はフロア移動→その階のやべーやつに気をつけながら謎解き→フロア移動なのでやや単調になりがちだけど(ずっと室内だし)、全体的に凝った演出が多いのでずっと緊張感があるし観ていて飽きない。OUTLASTみたい。ゲーム雰囲気をそのままに「主人公視線」をうまく映像化していて好き。音作りが岩浪美和小山恭正なので、バトルシーンもとても良い。大鎌がシンク金属板に刺さる音とか。

2018-03-30

白人が主役のアニメって全部面白いよな?

40近いオヤジだけど、白人が主役(もしくは2番手)のアニメって大人向けに優れた作品多いと思うんだよな。

これに類似した作品、もしくは「白人だけど面白くない作品」あったら教えてくれ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん