「童心」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 童心とは

2020-09-02

殺虫愛好家から見た、個人の嗜好と社会承認

まず最初に警告しておく。

タイトルにもある通り、私は殺虫愛好家であり、今から始めるのは基本的に殺虫の話だ。

殺虫に関する描写に一切の配慮はしない。

もしあなた潔癖症の傾向があるか、名前を聞くのも嫌な虫がいるのなら、どうかこの先を読まずに引き返してほしい。

























ここ数日ネットの各所では、大雑把にまとめてしまえば「社会的に認められない性的嗜好をどう扱えばいいか」という話題が飛び交い続けている。

これに対して「社会的に嗜好としての理解はされずとも、行為に対しての感謝はされる」立場、殺虫愛好家の私にも少し思うことがあったので、拙いながらも書き連ねてみようと思う。

先程から繰り返している通り、私は「虫」を「殺す」のが好きだ。

リンコを踏み潰し、羽をむしったトンボカマキリに食わせて楽しんでいた子供時代の精神をそのままに、罪を犯さない程度の社会性を身につけて成長した。

まだ性的興奮を覚える域には至っていないが、虫を殺すことで多幸感を得ている自覚は十分にある。

そして運良く、殺虫行為が日々の業務として認められる職種……飲食店で働いている。

はっきり言ってしまうが、飲食店厨房から虫を根絶するのは無理に等しい。

水道管、換気扇、近隣の家屋、届いた段ボール侵入経路はいくらでもある。

それに奴等は生命スパンが短すぎる。いくらでも生まれいくらでも産む。

からこそ、私のような殺虫愛好家はこの仕事を飽きなく楽しめる。

私の業務は手洗いがてら洗面台にたかるチョウバエを泡で捕らえることからまり、店を閉めた後で厨房の床に湯を撒いて彼らの子供たちが力なく流れていく様をせせら笑って見送りながら終わる。

それまでの間にも、醤油匂いを嗅ぎつたショウジョウバエアルコールを吹き付け溺死させたり、積荷に紛れたチャバネゴキブリ段ボールごと踏み潰したりもする。

定期的な殺虫剤の撒布も、死骸の後始末まで含めて喜んで行っている。特にゴキブリワンプッシュ。あれはあえて隙間から明所へ出てきて死ぬよう設計されていることもあり、私との相性は最高だ。力なく這い出てくる大小様々なゴキブリモグラ叩きのように仕留め続ける。正直テーブル拭いてるより楽しい

毎日ではないが、野菜をおいしく食べていた青虫を虫食い共々ゴミ箱に叩き付ける日もある。電灯につられて入店してしまった蛾をそれとなく握り潰す日もある。屋根の下で横たわるセミファイナルに引導を渡す日もある。

……それ以上となると飲食店として必要業務ではないので、わざわざ外に飛び出して殺したりはしない。それといついかなる場合もその後の手洗い消毒は忘れない。

そうした私の殺虫行為は、少なくともこの飲食店という小さな社会では満場一致で「善行」と見なされている。

店長オーナーからは、汚れ仕事も進んで引き受ける点を評価してもらえている。

同僚からは、急に湧いた虫を始末すれば、例え社交辞令だろうとも感謝は必ずされる。

からは、逆にもし虫が料理の中に入ってしまえばクレームを入れられているわけで、それを防げている以上は相対的に良い心象を持たれているはずだ。

自分がやって楽しいことで人に喜んでもらえている。

理想社会貢献が形成されている。

と、ここまでは「私自身の頭の中で考えている以上は」美談なのだが。

この場のように、こういった話を人に打ち明けてしまうと、少なからず次のようなことを考える人は出てくるだろう。

「命を弄んでいる奴のどこが良い奴なんだ?」

「虫を殺して楽しんでる奴は、欲求エスカレートして犬猫人間まで殺し始めるんじゃないか?」

私としても、その論調理解できる。

だって殺虫行為のものを、手放しに善行だとは思っていない。

どんな虫にも生きる権利が認められる世の中なら、私は快楽殺虫鬼として裁かれるだろう。ジャイナ教に従えば、来世の私は虫以下の存在になっているだろう。

しかし私は、人の飼っているカブトムシを籠から出して引きちぎるような、殺虫に狂った人間じゃない。

童心に帰り、野山の虫を惨たらしく殺してやりたい気持ち否定できないが、社会人としてあるからには、社会として許されるまでの殺虫をしているだけだ。

それが「虫」なだけでは殺さない。それが店にとっての「害虫」ならば、実害がなくともその状況に於いて不快害虫」として認められるならば、殺すだけだ。

仕事として認められ、誰かから感謝される行為から、私は白昼堂々……とまでしてはいけないが、縁の下で率先して虫を殺し、それで満足している。

そして、これは私に限った話だとは自覚しているが、私は虫以外の動物を己の手で殺したいとは一切考えていない。

端的に言うと血や骨、臓腑の処理をしたくないのだ。オタマジャクシ一匹だろうが死なれたら困る。ホイホイに引っかかるヤモリとか本当にやめてほしい。

私が楽しみながら触れられる脊椎動物の死骸は、血管や臓物と切り離された、おいしい食肉やあたたかい毛皮だけだ。私の職場調理肉の状態で届く店で良かった。

そんなように、「虫を殺して楽しい」と「飼われた犬猫人間殺害」みたいな、一見段階的な関係にも見える嗜好と犯罪行為との間には、社会的規範や、倫理的了解や、個人単位好き嫌いなどいくつものかい隔たりが存在しており、それらが人を犯罪行為に走らせぬよう機能しているはずだ。

それでも、私の場合はただ、恵まれていただけだ。私が殺虫の認められる社会所属して、私が殺虫で喜ばれる仕事を得て、私が殺虫以上の欲求を持たないから、全てが噛み合い今の今まで機能しているだけだ。

これが、物議を醸した先の人物のように、社会として認めらなかったり、正統な仕事として実行できないものだったり、満足せずに発展しうる欲求だったりしたならば、私はとてもじゃないがこんな話を増田にしたためている場合ではない。私が起こしうる犯罪について真剣に考えなくてはいけない。

いや、殺虫に関してもそれが犯罪になりうるものではないか、誰かの権利尊厳を損なうものではないか、立ち返らなければいけないことに変わりはないが。

殺虫を許してくれる社会よ、ありがとう

殺虫の領域から踏み外さない私よ、偉い。

それでもこうした社会と嗜好の関係が当たり前ではないことは、自覚して生きていきたい。

これからも「益虫」ならぬ「益人間」として存在できるよう。

2020-08-26

自己演出思考をやめたい

今買い物に行ってきたんだけど、帰り道の空がザ・夏の暮れ方って感じでかなり素敵だった。

地平線(見えないけど)のあたりだけ黄色っぽくて、あとは夜空と青空中間くらいのなんとも言えない色。早朝かこの時間しか見られないかレア感あるよね。半月が出てるのも趣深かった。

で、俺はそれをよく見ようと上を向いて歩くんだけど、一方でずっと「ああ、空を見上げながら歩く情趣を解する俺…!」みたいなことを思ってるんだよな。すれ違った人が俺の視線につられて空を見てその綺麗さに気づき、さっきの青年はい感性だなと思う…みたいな妄想すらしている。

気持ち悪すぎる!!

この気持ち悪い自意識過剰自己演出的な行動をマジで物心ついたくらいからずっとやってる気がする。口に出したり人に言ったりするわけじゃないから多分そんなに鼻につかないとは信じたいんだけど、「素敵な感性を持っていて道端の花を見ても足を止めてしまう俺」をやっていることを客観視して自己嫌悪に陥ることがときどきある。

綺麗だと思う気持ちは嘘じゃないし、多分通行人がいなくても同じように振る舞うんだけど、でも通行人がいない場合妄想ギャラリーを作り出すんだよな。暗くて俺からは見えていないところに散歩中の人がいて、闇の中星を見上げる俺の姿に見惚れていた…みたいなストーリー無意識に作り上げて悦に入ってしまう。

自己認識として俺は顔もキモいし背も低いし猫背ヤバイ仕草がヘンなので見惚れられるハズがないというのはわかってるんだけど、それでもそういう妄想が止められない。

これどうしたらいいんだ。俺50のオッさんになっても「ああ〜童心を忘れず虹を見る俺!!」とか思いながら生きてんのかな。イヤすぎる

自分があつまれどうぶつの森をやめた3つの理由

自分は、DSのおいでよ、3DSのとびだせとプレイしてきた程度の、シリーズではまだまだ新参プレイヤーだ。

2作とも猿のようにプレイしたものの、通年プレイは一度も達成していないので、元々飽きっぽい性格だとは思う。

それでも、あつ森の発売はめちゃめちゃ楽しみにしていたのだ。

発売日当日、Amazonから届いたソフト本体差し込み、ワクワクしながら起動した。

そして、その一ヶ月後には既に飽きてしまっていた。

我ながらかなりショックで、シリーズ最速で飽きた原因は何だろう……と、今に至るまでダラダラと考え続けていた。

一時は、あつ森の広告CMを見るだけで「童心を忘れたつまんねぇ大人になりやがって」と言われている気がして辛くなる程だった。

こんな気持ちいつまでも引き摺りたくない……

幸い考えがある程度まとまってきたので、しょーもない罪悪感を吹っ切るべく、あつ森のどこが自分に合わなかったのか、3つの主な理由を述べたいと思う。

これは自分いかにあつ森と相性が悪かったかを延々語る記事です。

ゲーム一方的disってるつもりはないですが、特に誉めたりもしてません。

当たり前だけど、今もあつ森楽しくプレイしてるよ!って人は読まない方がいいです。

1.ロードが一々長い

理由の90%がこれ。堪え性の無い大人になってしま申し訳ない……。

だが正直、仕事で疲れて帰ってきて、寝るまで1時間くらいやるか〜って思った時に、のっけからロードで1分以上持っていかれるのは辛い。

待ってる間に歯磨きすっか〜→戻ってきて朝の放送をA連打、またロード……もしんどい

ロードを待つ間にやれることといえば、真っ暗になったSwitchのツヤッツヤの画面に映る、ツヤなんて欠片も無い自分のフケ顔を眺めるだけ。現実を突き付けてくるのやめて。

しゃーないかスマホツイッターとかしつつ待ってると、今度はそっちに夢中になっちゃって、ロードが終わってもゲームに戻れない。

てかアッチちょこちょこコッチちょこちょこって、どっちにも集中できなくて逆にストレス溜まる。頼むからもっとどう森世界に没入させて。フローさせて。

DS時代は朝起きて真っ先にどう森を起動し、早朝の穏やかなBGMに包まれプレイしながら、徐々に脳に血流を送るのが習慣だったこともあったが、あつ森でコレやろうとしたらロード中に二度寝してしまい無理だった。

2.魚のポップ数が少なすぎる

どうぶつの森の要素で何が一番好きか?と聞かれたら、自分「魚釣りです!」と即答する。

慎重に海岸線を歩き、ルアーを投げ入れ、心を落ち着けて音に集中し、ここだ!と引き上げる。そしてまた海岸を往復し……気付けば持ち物がいっぱいで、店に売りに行き……そうやって無心になれる時間が大好きだ。

あつ森は釣りで無心になれない。なぜなら魚が全然出てこないからだ。

外に家具を置くために描画数の上限が厳しいのか?それともマップが広くなり魚が全体に散らばってしまっているのか?素人には分からない。

とにかく、片方の海岸線を端から端まで歩いて、一匹しか釣れなかったということもザラにある。

釣り時間の大部分は、暗い夜の海に目を凝らし、必死に魚を探している時間だ。

丸一日パソコンの画面とニラメッコして酷使した、私の眼精疲労トドメを刺すのはやめてくれ……。

撒き餌?徒労感が激しすぎるので勘弁してください……。作るのにあんなに時間かかって使い切るのは一瞬って、まるで無課金ソシャゲガチャじゃないですか……。海岸家具置き始めるとアサリ掘り辛い罠もあるし。

3.SNSスクショプレイ動画で満足してしまった

そんなこんなで、予想以上にあつ森に飽きるのが早くて焦っていた4月末。

発売されたら猿のようにプレイして、今度こそどう森世界精神移住完遂するつもりだったのに……!これはマズい。外部からの刺激でモチベを回復せねば。

そこで、島クリに本気出してる人達ツイ垢を片っ端からフォローすることにした。

自分欲求は、それで満たされてしまった。

だって、島クリエイター自分でやろうと思ったら凄まじい労力がかかるんだもの……。

最初から完成形がある程度頭に浮かんで、その通りにモリモリ作っていけるタイプの人なら、あの作業はなかなか中毒性があって楽しいかもしれない。

しか自分のように、チラ裏設計図試行錯誤で一つずつゲーム画面で試しては崩し……をひたすら繰り返すタイプ人間には、あの高度な操作性を要求される島クリの作業は8割方苦行でしかない。

そうやって何となく形になったかな〜と思った作品を、SNSハイセンスな人々は容易く飛び越えていく。

じゃあ、そっち見てた方が、楽しいじゃん!

嫉妬とか挫折じゃなくて。

カントリー島、和風島、ヨーロピアン島、都会島、日本田舎島、廃墟島……一人のプレイヤーでは到底全ては実現できない、あらゆるアイディアが形になった島を日々大量に見られるSNS。最高。

なに?加工しまくりの画像一枚じゃゲームの楽しさは全然伝わらないだって

そこでプレイ動画の登場ですよ。

住民との面白い会話、ダイジェスト気持ちよくまとまった日々の作業風景、そして苦労して完成した島の一区画を歩き回る喜び。

それがコンパクトに、ストレスフルな場面は適度にカットされて、見やすくまとまっている。

正直、自分プレイするよりずーーーっと面白いです……。

なんか今作あつまれどうぶつの森は、

やれることの範囲が狭いので、皆1日のルーティンは大体同じだし、

プレイヤーの個性を出しやす家具レイアウトも、家具が少ないから大体似通った感じにしかならないし、

その割には実際プレイしようとしたら時間ばっかり取られて、

自分でもやってみたい!」という気持ちになりにくいんだよね……。


以上が、自分なりに考えたあつ森に早々に飽きてしまった理由だ。

自分現在の楽しみ方は「あつ森を楽しくプレイしている人々ありき」のものなので、あつ森自体を貶めたり、今も楽しくプレイしている方々を馬鹿にする気持ちは毛頭ない。

あつ森、いいゲームだと思いますプレイヤーの皆様、本当に尊敬しています。いつもありがとうございます


こうやってお気持ち供養することで、「ものの一ヶ月でドロップアウトしちまった……自分はもうダメだ……」とかい意味不明な罪悪感から解放されて、アプデなんかをキッカケに軽い気持ちで「ちょっと久々に起動してみるかな〜」って思えるといいな……と、期待している。

おしまい

2020-08-14

今日日記

甘酒を飲んだ。

掃除してたら見つけた古い梅シロップマジックインクのような匂いだった。

飲んだ。まずい。

ヤバそうなものを口に入れたくなるのは好奇心というか童心というか阿呆自分清算できないままというか。

お腹痛いけど頑張って帰る。

明日はお休みきゃっほほ~い。

2020-08-04

anond:20200803200000

カブ子は単に童心的な対象

それとも人間中年女性に関する何らかの仮託?

2020-07-31

オタクジャンルを乗っ取られた

もともとは少女趣味の延長というか、童心にかえったような女ばかりだった自ジャンル

そこに男性向けっぽいエッセンスを取り入れた新要素が導入された

案の定大量の男性ファン流入し、イベントはまたたく間に3日目のような様相を呈するようになった

憎い

昔のまったりした界隈に戻って欲しい

2020-07-10

なろうの勇者とか

※不満と愚痴特に勇者には言いたいことがあるので長文。

  

貴族編 :ttps://anond.hatelabo.jp/20200706225819

王族編 :ttps://anond.hatelabo.jp/20200707102749

奴隷編 :ttps://anond.hatelabo.jp/20200707174539

竜編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708062743

商人編 :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708131233

馬編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708203845

獣人編 :ttps://anond.hatelabo.jp/20200709092800

エルフ編:ttps://anond.hatelabo.jp/20200709173538

  

なろうにはパーティ追放というジャンルがある。勇者パーティ等に追放された主人公

実は凄い人物で、どんどん成り上がっていくというものだ。

この追放における勇者は、総じて頭が悪いことや、どこかの不良みたいな性格をしており、

所謂オレ様系であることが多い。

ある程度の実力は確かにあるのだが、実は大して強くなかったとか傲慢なせいで最終的には

ボコボコにされるというのがオチである。(死ぬこともある)

なお、こうした元凶ボコボコにされた後、作品の人気は大体失速していく。

  

追放系の勇者認定した奴とか誰だよとか、性格とか色んな事を考慮してないのかと言いたくなる。

その反面、SFC版のドラクエ3なんか最初性格診断があるのもある意味納得してしまった。

勇者という存在が恐らく大体はドラクエを参考にしているような節があるが

なろう作品では聖女勇者に選ばれたとか、王に任命されたとかそういう展開もそこそこある。

が、その後資質を見極めるために試練を課すべきじゃないのかと、なろう作品に対しては思う。

ドラクエ2で勇者の泉で清めてこいとか、ドラクエ3では、くろこしょうを手に入れてこいとか色々イベントがあるが

あれらも実は「お前が勇者だって言いたいなら先にそれを示せ」というと、なるほどなぁと思う。

  

ドラクエ3場合は、オルテガの息子という根拠があるが、なろうでは実績もない輩を勇者としていきなり

認定する事が多いので、やはり勇者認定をした責任者馬鹿なのではないかと思いたくなる。

  

集団転移作品では、クラスイケメンなどが勇者になることが多いが、これは主人公のかませである事が多い。

転移後の職業認定勇者とされるのだが、勇者から強くなれるみたいな事を思い込んで、実際にある程度強くなるが

物凄く強くなれるというわけでもない。

クラス美少女が、何の能力も無かったとされた主人公を好きになっていると、この勇者嫉妬することもある。

勇者「なんであんゴミみたいな奴に!」

ゴミはお前である

  

集団転移では真面目な勇者もいるが、皆の為とか周囲を考慮してとか色々としっかりしている部分もあるのだが

「みんなに嫌われないように」みたいなお優しい考えや自己犠牲精神を持ち合わせていることがあり、それが、

一部の人から嫌わていることがある。これについては、少々思うところがある。

現実でいえば、この考えは割と問題のない平和主義のものだが、異世界では通用しないということになる。

が、そうだとしても、この親切な勇者主人公だとか色んな者が厳しく批判することが筆者は苦手である

  

こういう優しい勇者現実を知れというのは分かるし、そうしなければいけない過酷な状況だと言うのも分かる。

が、ゲーム世界と違い、普通に高校生などをしていた転移者が突然勇者をやるのである。16歳の勇者である

16歳の少年に、めっちゃ切れ味のいい剣と頑丈な鎧とかの防具をあげるからサバンナライオンを倒してこいなんて言えるだろうか。

これは極端な事例であるが、勇者として呼ばれたからには強敵と戦う運命にあるようで、そういう事をしていかなければ

ならないので、精神が病んだりしてもおかしくはない。

  

から性格ねじ曲がった勇者なら、根性を鍛えなおし、性格が良く優しすぎる勇者なら覚悟を決めさせるという

勇者を導く存在必要なのではないかと、なろう作品を読むたびに思う。

勇者へのアンチテーゼとして主人公がいる場合については、勇者が哀れになりすぎて、なんだかあまりいい気分ではなくなってしまう。

  

勇者が最強という作品も当然ある。しかし、魔王を倒したけれど勇者としての強さが怖くなったとか、勇者よりも目立つ存在がいたとか

諸々の事情勇者隠遁生活を送る事が多い。ドラゴンクエストモンスターズ+の、ローレシアの王子みたいな感じだ。

(ドラゴンクエストモンスターズ+では破壊神破壊した男として民衆から恐れられるようになる)

  

現在、至極真っ当に、勇者として認定されて旅に出るような作品はないだろう。そんなドラクエのような王道作品はない。

大体主人公勇者以上の力を持ってしまうからだ。なんだ、なろう作家勇者の恨みでもあるのかとか、

勇者勇者らしく生き生きと輝く作品は書きたくないんだろうか、なんて思う事もある。

  

生き生きしているというか、割と平和に過ごせるのは女勇者である

勇者は、主人公に甘やかされたり、反抗的であっても許されたり、なんだかんだと主人公の仲間っぽい位置に収まる。

主人公好意的になっている場合なんかもよくあるので、筆者はこの場合「また女かっ!」と怒髪冠を衝く。

筆者は、聖剣伝説3で、デュランケヴィンホークアイしか主人公及びパーティメンバーしたことがないが別に女嫌いではない。

聖剣伝説3では美獣を屈服させたいと思っている嗜好があるくらいでいたって平常である

  

話を戻す。

  

勇者「【光輝滅閃】シャイニングスラッシュ!」

勇者「【覇王轟雷】ギガボルトクラッシャー!」

  

からないでもない。なろうの勇者が使う必殺技とか魔法が、大体こんな、なんとなく強そうな名前がある。

しかし、このような名前をを聞くたびに、筆者は羞恥心を覚えるのだ。童心に返った気持ちで読めばいいのだが

どうにも、恥ずかしくなってくる。

今でも「計都羅喉剣・暗剣殺」なんかはカッコイイと思っているが、なろうを読むとなんだかこう、やりきれなくなる。

もうちょっと、頼むと言いたくなる。

  

最後になるが、なろうの勇者に関しての不満の多くは、これでもかってくらい可哀想な目にあうので(自業自得ということも多いが)

もうちょっと救済措置くらい用意しておかないと、ただのイジメしか見えず(復讐物であっても)嫌な気分になるということである

例:半沢直樹倍返しをしても大和田常務包丁を突き立てるまではしない

  

余談:なろう作品以外になるが、筆者が好きな勇者シリーズは「黄金勇者ゴルドランである。ぜひ見ていただきたい。

2020-05-15

anond:20200515145637

洋食屋さんのメニューなら、おいしいんじゃないかなぁ。今も。

オトナ(BBA)になってしまたから、ジト目で陳列ケースを眺めるしか出来ないけど、

オトナにも、童心に戻ってお子様ランチを出してくれる企画とかあるといいのに。

2020-02-07

ビジネスホテル風呂

童心に帰れるよな

たまに100円ショップで買った水鉄砲で的撃って遊んでるわ

2020-01-04

anond:20191114202230

一番気持ち悪いのは猫画像だよ

女が好きなのは本能だろ

動画ってなんだ

俺(アタシ)って童心アピール

赤ちゃんPRAYみたいでマジキモイんだけど

猫は食事だけ渡したら放置していてほしいと祈ってるぞ

2019-12-24

今日

スーパーで買いものしてたら後からじゃらじゃらーって聞こえて振り向いたら独特の雰囲気のばあや(小銭を手に持ってる時点で独特)がおろおろしてた。無視するわけにもいかないし大丈夫ですかって声かけて一緒に小銭拾った。拾い終えたかと思ったら棚の下にひとつ行ったって言うから小学生自販機の下の小銭集めてるみたいな恰好で探した。童心に帰ったようでワクワクした。嘘であるちょっと恥ずかしいけど自分ことなんてどうでもよかった(自分のことがどうでもいいから)。反対側の棚のほうに行ってたから一声かけて取りに行った。ありがとうとか面倒見がいいねえとか言ってもらえたけど無視して自分不愉快になるのが嫌なだけだし、人への親切は自己肯定感のなさの裏返しだと思うと複雑だった。事あるごとにそんな気持ちになる

2019-10-21

ゲーム選択基準が見栄を張れそうかどうかに変わってきた

ゲームが素直に楽しめなくなった。  

  

  

歳を重ね、ゲームシステムの面白さ、成長の実感、爽快感よりも  

ゲームに見栄を感じられるかどうかでゲームを選ぶようになった。  

  

言ってることがメチャクチャだけれども、それはゲームである必要が本当にあるのか?

ゲーム面白さは、ゲームらしさであってほしいと思ってる。  

それがいま、自分の中でモヤモヤしている。  

  

ゲームを選ぶ基準は昔であれば、雑誌広告画像説明文を読み

妄想を広げ、ゲームシステムや新たな感覚を感じられるわくわく感を期待し

ゲームを選んでいたように思える。  

  

  

いまは、購入を検討したゲームオンライン主体オフライン主体プレイか。

オフライン主体であればあまり選択肢に入りにくくなった。  

そもそもオフラインで待ち受けるのは、面白さや爽快感より時間の浪費と気づいてしまたからかもしれない。  

  

  

オンラインプレイでかつ、簡単に覚えられ見栄を張れる要素があればプレイしたくなる。  

そういう意味では、ソシャゲ見栄を張るにはピッタリのゲーム性だと思うけど  

それはそれで行き着く先は札束の殴り合いになってしまう。  

  

俺がしたいゲームはこういうのじゃない。。。  

  

  

童心に戻り、アイテムを集めをして地道に強化したり、レアアイテムを集めたり  

時には自分操作スキルが上達して、成長を感じられるようなゲームを  

純粋に楽しめる時がまた来るのだろうか。  

  

そんなゲームが面倒と感じるようになった。。。    

いやだ。。。  

  

俺はゲーム卒業する時が来たのだろうか。また楽しめる時がくるのだろうか。  

俺は大人になった。  

でも俺は親友を失ったような、心の隙間ができている。  

  

2019-09-25

anond:20190925121113

童心を忘れて社会迎合した大人のほうが一周して幼稚と言えるぞ

2019-08-29

anond:20190829233242

不思議世界観ですよね。

懐かしいような、異世界のような。

あの感じはくせになりそうで、可愛くて元気なフーリンちゃんたちと

全然違う処が、イイんですよ🍓

ほの暗くなってくるばら色の空の夏の夕焼けみたいな、

優しい声で癒されます

童心に帰ってぴょんぴょん跳ねるご本人もみたいけど😊

2019-08-05

anond:20190731105328

いいですね、里帰りして、増田さんも、童心に帰ってね🐞🌻👒

2019-07-31

anond:20190731145811

あの歌は大学生20代前半くらいまでの無邪気な人々のためのものだろ。あるいは酒が入って童心に返って歌うか。

2019-06-21

anond:20190620231440


個人的にはおっさんおっさんのまま今の世界でそこそも前向きに生きていく事を肯定的に描く話が増えたら

 

↑この部分だけならこんな漫画いくらでも出てると思うが単にお前の好みに合わないだけだろ。おっさんいつまでも童心もって女を追いかけるとかは許さないんでしょ

2019-04-28

仙台市野草園に行ってきたぜ

GWなので、すごい混んでいるかと思ったら全然人がいなくて快適だった。

が、道は結構歩きにくいのでゆっくりと回ることにした。

  

撮影したのは下記の通り(他にも沢山あるけどね。)

  

ネジキhttps://imgur.com/uZKo6Dy

ナナカマドhttps://imgur.com/yFN3Te5

ツワブキhttps://imgur.com/5hjhIgU

  

名前で何か違和感があったんだけど、ここでようやく気が付いたんだ。

ポケモンキャラ名前じゃないか!?って。

みんな、とっくの昔に知っていたのかもしれないけれど、俺は知らなかった。

花の名からとられていたんだな。いやぁ、本当俺は無知すぎたんだな。あはは・・・

  

そんで、うろついた後は、食事を食べた。

山菜そばセット:https://imgur.com/5BdAczQ

こういうところで食うそばってやたら旨く感じるんだよな。

から何も食べていなかったというのもあったからか更にうまく感じたのだと思った。

  

足場が悪くて登ったり降りたりするので結構疲れた。1時間ちょいは周ってたと思う。

だけど久々に自然という物に触れて童心に戻れたような気がしてとても素晴らしかった。

時期によって見られる草花が違うようなので、夏、秋、冬にもそれぞれ来たいなぁと思った。

  

おまけで伊達家の墓:https://imgur.com/fFAXyB6

無尽灯廟(むじんとうびょう)という伊達家の墓所。近くにあったのでついでに見てきたのだった。

墓所については他に下記の瑞鳳殿ってところがあるがそこには以前行ったのであった。

瑞鳳殿https://www.zuihoden.com/

 

休みが沢山あればこういう所をのんびり回りたいが、なかなか時間が取れないんだよなあ。

折角のGWなので行けそうなところは頑張って回りたいな。

anond:20190428115440

2019-04-16

実況動画を見る楽しさが分からない人へ自論展開

私の思う「実況動画を見る」理由

ゲームを買うお金が無いもったいない)

・どういうゲームか知るために見たい

ゲームクリアするまでの苦労が面倒くさい(大人になると増加する)

時間が無いが、ゲームの結末は見たい

自分ゲームスキルが無いから、他の人がやっているところが見たい

友達と一緒にゲームをやっている感覚を味わいたい(童心に返りたい)

ゲームが下手で文句をいったところで反論してこない

・神がかってるゲームプレイを見たい

友達ゲームをしている感覚で、なおかつその実況者の声が良ければ最高

考察

放置ゲーム」が流行ったりしているように、大人になるにつれて「ゲームを続ける」ことが出来なくなる。

ゲーム好きな人なら大丈夫だが、そうじゃない場合ゲームが出来なくなってしまう。

絵柄が可愛いから結末は知りたいとか、ゲームしたいけどレベル上げや謎解きが面倒くさいなどなど色んな要因がある。

時間金も惜しい。でも、ゲームをしている雰囲気は味わいたい。

そういう人達が実況動画を見るんじゃ無いかな。

ちなみに、ゴー☆ジャス動画だとこれがお勧め

トライアルライジング衝撃映像過ぎて、まりんか絶叫!!!

https://youtu.be/CVKrXeuc5pA

anond:20190416141731

2019-03-28

サイバー犯罪専門の捜査機関

海上保安庁麻薬取締部のようにサイバー犯罪の専門捜査機関ができたらどんな名前がいいと思う?さあみんなでかんがえよう

個人的には「サイバーなんとか」は愛称程度で正式名称漢字がいいな

電脳保安庁:語呂はいいけど単に電脳だとネットワーク感が薄いか…?

電脳空間保安庁ネットワーク感出たけどちょっとダサいな…?

高度技術犯罪捜査局:high-tech crimeを直訳しただけだが安易な「サイバー」多用より良くない?連邦捜査局っぽいし

サイバー犯罪エージェント冗談だよ

攻殻機動隊:これだ これでいいでしょもう 公安じゃないけどいいよこれで

でもって、情報セキュリティ専門家だけでは捜査能力が不足してるっつって某県警サイバー犯罪対策課でくすぶってた有能人材が引き抜かれてきたらアツい…

捜査一課から引き抜かれたトグサ状態やん…

ツーマンセルで2丁提げてもまだジャムがこわい?

マルシンのマテバ持ってるよ かっこいいよね

あ、

つい童心に帰ってしまったが、此度の件について尽力してくださっている皆様には本当に感謝しています。陰ながら応援しております

2019-03-25

クレヨンしんちゃん映画を観てる

ヤキニクロードがなんとなく合わなかったせいで以降の作品嫌厭してたのだけど(と言いつつ金矛、スパイ、ロボとーちゃんは一回ずつ観てる)、AmazonPrimeVideoで見放題になっているので「折角だから」と言う貧乏根性で古い順にクレしん映画を観ている。今の所、金矛まで観た。

思い出補正が存分に効いているのは理解しつつも、やはり昔の作品の方が楽しんで観ることができるので、その点はちょっと寂しく感じる部分がある。

とは言え、観れるだけ観とこうとは思う次第。

Prime会員な増田達、この機会に是非お気に入りクレしん映画を観て、俺と一緒に童心に帰ろうじゃないか

2019-03-08

最近完全に童心失ってたわ

やっべえな

おまえらも失っちゃいけんぞまじで

2019-02-17

最近いい年してうんたらかんたらみたいな出来事が多い(童心に返って遊ぶとかじゃなくて普通に恥ずかしいやつ)

あと最近気づいた事は見栄っ張りな性格プライドの低さは「まぁダメなら死ねばいいか」という考えを持つ事によって矛盾しないという事

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん