「酒税法」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 酒税法とは

2019-03-19

果実酒を飲み比べたくて税務署にきいてみたんだけど

知人と自家製果実酒の話をするうち、持ち寄って花見を兼ねた品評会をしてみたくなった。

自家製果実酒かわいい。漬け込む果物や酒の組み合わせは星の数ほどあるし、氷砂糖割合や漬け込む期間によっても味わいにかなり差が出てくる。短めの漬け込みならフレッシュ季節感を楽しめるし、長い間熟成した果実酒アルコールの刺激臭が影を潜め、きらめくような芳醇な香りがたまらない。自分好みに育てた果実酒を自慢してみたくもなるし、よその秘蔵っ子もぜひ味わってみたい。

しかし酒といえば酒税法。世はSNS大炎上時代、うっかりして何かの拍子に炎上する事は避けたいので、まず軽くググってみた。すると、「酒税法上、果実酒家族以外に飲ませるのはNG」「政府見解により知人への無償提供OK」の二通りの解釈に分かれているようだ。

家族以外はNG」の根拠国税庁通達によるもの(第43条第10関係2)。みなし製造適用外とされるのは、家庭での「同居の親族」が消費するためだけとされている。

「知人への無償提供OK」の根拠衆議院第166回国会での質問389号への政府からの答弁書によるもの。みなし製造適用外とされた果実酒無償で知人に提供するのは、販売ではないため違反ではないとされている。家飲み用に作った果実酒は、無償でなら親族ではない知人にあげても良さそうに見えるが、やっぱり炎上が怖いので、東京都の某税務署に問い合わせをした。結果はNGだった。

理由としては、第43項10項及び11項に対するみなし製造適用外は前述の通り、同居親族の消費目的に限ると通達されているが、政府から答弁書にある無償で知人等に提供する事は12違反ではない旨についてはまだ通達がされていないため、違反になるそうだ。

この答弁書2007年6月に発行されているので既に10年以上経っているのだが、政府合法判断したけど現場通達として降りていないので違反にしています通達が出ないと税務署としても対応ができない、との説明だった。(回答してくれた担当者も、答弁書確認できたんだけど…と困った様子だった。まあ現場とはそういうものだ、全国の担当ごとに異なる見解を出すわけにもいかないだろうしね)それなら早く通達を出してほしいものだが、既存法律運用変更に10年以上かかるのってよくある事なのか?

またそもそも前述の通達12項に触れていないのだが、この通達根拠12違反とはそういうものなのか?

早く通達出してほしいって要望とか、こういう疑問とか、どこに出せばいいんだろう。

せっかく政府からOKって明言されてるのに、10年も悪い事扱いにされているって、とても残念だ。

追記

とはいえ、さすがに10年間放置されているというのはおかしくないかともう少し調べてみたら、そもそも前述の通達は、発行日から見るに例の答弁を受けて作成されたもののようだ。それなのに知人への無償提供への12違反根拠とするのは本末転倒だし、税務署担当の人の状況説明とも異なる。もう一度きいてみようと思う。

2019-02-27

みりん飲もうぜ

 みりんは元々高級な酒として製造されていた。そう知ってからみりんを飲むようになったのだが、これがうまい日本酒よりも米の甘味香りが強烈だ。甘口の日本酒のうまさを語る人は多いが、甘いのが飲みたいならみりんを飲むべきだ。みりんの甘さは砂糖だと勘違いしていたが、本みりん甘味は全て米由来のものだ。みりん調味料という砂糖を原料にしたまがい物と間違えるなよ。

 みりんの飲み方を語ろう。そのまま飲むならかなり甘いので、食後や風呂上りにちびりちびりとデザートとして味わうのがいいだろう。氷水で割って清涼飲料水として飲むのもいい。安い日本酒みりんと混ぜれば芳醇な高級酒に早変わりだ。大五郎などの味気ない焼酎甲類も、みりん甘味香りでぐっと飲みやすくなる。ストロングチューハイと混ぜると、口の中でまろやかな甘味と強炭酸矛盾を起こして愉快な気持ちになれる。ちなみに、梅や果実みりんに漬け込むとアルコール醸造されるから絶対にやるなよ。酒税法違反だぞ

 それにしてもみりんを酒として飲まずに調味料扱いするなんて、日本文化の大きな損失だ。もっとみりんは普及されるべきだ。みりんを自宅で飲むのもいいが、こじゃれた和食料理店でもみりんを飲みてぇよ。ちなみに、酒税法においてみりんの税率は低く設定されているが、それは飲用ではなく調味料からというのが理由らしい。法律でも調味料扱いするなんてけしからんみりん飲みが普及するなら税率が上がっても俺は構わんぞ。

2019-01-16

自家醸造1%未満ビールって

どれくらいおいしいの?

https://techable.jp/archives/90817ホッテントリに入ってて興味出てきた。

ブコメ酒税法とかでもりあがってるけど、仮に合法1%未満のビールをつくったとして、市販のノンアルビールに比べて味的にどうなの?

それなりにおいしいならコスト度外視自家製清涼飲料水として常備してもいいので、醸造キットとか買おうかなと思う。

2018-11-14

anond:20181114223901

あーそういう。

なんでもくっつけちゃう中学生かー。

 

別項目でも書いたけど

・20歳以下・妊婦運転する人・医者にとめられている人

はどこいっても禁止ですよなう

 

 

酒税法料理酒と飲用の酒の棲み分けしてますよ。

棲み分けしてないのはあなたの頭の中だけー。

 

なら別に必要に応じて宿泊施設も今から自主的にそなえてもいんじゃね?

AEDあるもんな。自粛ってやつよ。

 

みんな自粛を悪いものとは思ってないよ。それぞれ理由があるんだから

なんでも法律にしようとか理解しようとしなくていいのよ。

あなた以外みんな常識あるからまわってますよ。

2018-04-26

山口メンバー謹慎アルコール断ちしても何らかの方法で酒の密造して酒税法違反で捕まるんじゃね?

2018-02-27

みりんは飲めます

anond:20180227102111

ウィキペディアによれば

みりん味醂、味淋)は、日本料理調味料や飲用に用いられるアルコール飲料ひとつで、混成酒に分類される。後述の「みりん調味料」と区別するため「本みりん」と呼称されることがある。

みりんには、ビールウイスキーなど一般に飲用に供されるアルコール飲料と同じく、酒税法により酒税がかけられる。また、製造販売免許必要である(後述)。

元来は飲用であり、江戸期に清酒一般的になる以前は甘みのある高級酒として飲まれていた。現在でも薬草を浸したもの薬用酒として飲用する(屠蘇養命酒など)。

2017-10-04

果実酒つくるの楽しい

密造ではないよ!

果実酒に関する酒税法守ればいいよ!

でもここでは法律について書かないよ!

楽しいことだけ書くよ!

1.美味しい

お店で売ってる梅酒の梅も美味しいけど、自分で作れば甘さとか果実の分量を調節できる。好みの味に仕上がる。

2.凝れる

ハーブなりスパイスなりレモンなりと一緒に加えるとまた違った風味になる。研究のしがいがある。自分は一周まわって果実と氷砂糖だけでいいって結論がでたけど。2...5ちゃんの果実酒板も見てると楽しい。この時期は、果実酒板が風邪をひく時期ですな。

3.魔女っぽい

語彙がないんだ、許してくれ。果実酒の入った瓶を棚に並べるとなんか怪しい雰囲気になる。棚を掃除してるとルンルンする。楽しい

では、自分お気に入り果実酒を紹介するよ!

梅→王道時間が経つほど美味しいので多めにつくる。でも結局2、3年で消費する。

レモン→間違いない。1カ月で飲めるのもいい。リモンチェッロも作りたいんだけど、国産レモンの時期はあまり家に居れないから大体逃してしまう。

プラム果実酒の本には四カ月熟成させる、ってあったけど半年以上待ったほういい。美味しい。

いちご→飲兵衛からしたら少し意見が分かれる。自分は風味が少し苦手。ただ、イチゴの種類や漬けた時期によって味に差が出るみたいだ。1カ月で飲める。色が綺麗。ただ、他の果実酒より美味しく飲める時期が短い。牛乳で割るのが好評。

カリン→のどにいい。2年ものしかないが、待てば待つほど美味しいと思う。

ラズベリー→色が綺麗。味もラズベリー感あって好き。ただ、果実酒は漬けた後、お酒果実を漉し分ける作業があるんだけど、一番大変だった。目が詰まる。

キンモクセイ果物ではなく花であるが、おすすめだ。レモン果実と一緒に漬けた。意外と熟成期間長くて、やっと飲んだ時は感動してしまった。実家キンモクセイがあるからできたが、本来は手に入りにくいのが難点。つける前に収穫した花を洗うのだが、軽めに洗わないの匂いが流れ落ちるみたい。

ゆず→皮は入れないと風味が出ない。ただ、ずっと皮を入れると苦くなるので1週間でとりだす。美味しい、ほかのお酒とのカクテルするのが好き。

コーヒー→ガスが出るので漬けたてのころは1日一回目はフタを開ける。カルーアミルクにできる。砂糖なしが好き。

冷凍ミックスベリー→1カ月で飲める。美味しい。オレンジジュースと一緒にカシオもどきやってる。色も綺麗。漉す作業が面倒。

杏→なかなか生は手に入りにくい。酸味が程よいので美味しい。種を取り出して自家製アマレット作成中。

これくらいかな。長いね。でもあとで増やすかも。

追記:作りすぎじゃないよ!(自分目線)

2017-05-19

お前ら忘れてると思うけど

6月から酒値上がりするぞ。

酒税法改正でな。

法律かいう継ぎ足しに継ぎ足しで秘伝のタレみたいになってるクソコードの山

いい加減利リファクタリングせーや

レガシーコード盛り盛りすぎてわけわからんことになっとるぞ

サングリア作るのが酒税法違反になるとか意味わからん

2017-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20170516094534

そして酒税法ビール会社の攻防のようなものが始まるのですね。

逆に言えば、痴漢として定義されていないお触りはおおっぴらに認められることになるわけで、胸熱な展開が期待できそうです。

2016-11-26

http://anond.hatelabo.jp/20161126095037

酒税法なんて「消費者に対する不合理」の塊やで

法律条例なんていうほど普遍的合理性を持って作られてるわけじゃないし

特区で解禁となれば「ほかの場所でも使わせろ」という運動は当然起こるだろうけど

ダメなもんはダメです」で大きな問題が起こるとは思えないが。

海外でも「特定場所だけでOK」みたいなのはよくあるよね。

2015-03-12

http://anond.hatelabo.jp/20150312183408

酒母又はもろみの製造免許持たずに醸造酢作ったら酒税法違反

徹底的に追い込め。

消耗の人が自家製酢づくりを呟いてるけど、あれ酒税法的にアレな恐れがねーのかな

2014-12-24

果実和酒に関するまとめ

ネット梅酒その他果実を混和するお酒話題になると、いつまでたっても間違った理解をしてる人がいなくならないのでまとめ

みなし醸造

酒税法

第43条(みなし製造) 酒類に水以外の物品(当該酒類と同一の種類及び品目に属する酒類を除く。)を混和した場合において

混和後のもの酒類であるときは、新たに酒類を製造したものとみなす。

第一項の規定にかかわらず、酒類の製造場以外の場所酒類と水との混和をしたとき政令で定める場合を除く。)は

新たに酒類を製造したものとみなす。

ようするにお酒に何かを混ぜて出来上がったものお酒であればそれは酒造にあたるということです。免許なしにやれば違法です。

よく新たにアルコール発酵が生じたかどうかが問題である理解している人がいます関係もありません。

アルコール発酵が生じなくても酒造です。

・じゃあカクテルや水割りはどうなるんだよ?

酒造に当たります。ただし

四十三条十項 前各項の規定は、消費の直前において酒類と他の物品(酒類を含む。)との混和をする場合政令で定めるときについては、適用しない。

四十三条第十項 に規定する消費の直前において酒類と他の物品(酒類を含む。)との混和をする場合政令で定めるときは、酒場料理店その他酒類を専ら自己の営業場において飲用に供することを業とする者がその営業場において消費者の求めに応じ、又は酒類消費者が自ら消費するため、当該混和をするときとする。

ようするに、飲食店が客の注文を受けてその場で提供したり、消費者自分で飲むために作る分には例外とするということです。

ボトルに詰めて持ち帰り用に売ったり配ったりしたら違法です。

・じゃあ梅酒は?

酒造に当たります。ただし

四十三条十一項 前各項の規定は、政令で定めるところにより、酒類消費者が自ら消費するため酒類と他の物品(酒類を除く。)

との混和をする場合(前項の規定に該当する場合を除く。)については、適用しない。

酒税法施行令 第五十条 14項

法第四十三条第十一項 に該当する混和は、次の各号に掲げる事項に該当して行われるものとする。

一 当該混和前の酒類は、アルコール分が二十度以上のもの

酒類と混和をする物品は、糖類、梅その他財務省令で定めるものであること。

三 混和後新たにアルコール分が一度以上の発酵がないものであること。

酒税法施行規則十三条

3 令第五十条第十四項第二号 に規定する財務省令で定める酒類と混和できるものは、次に掲げる物品以外の物品とする。

一 米、麦、あわ、とうもろこし、こうりやん、きび、ひえ若しくはでんぷん又はこれらのこうじ

ぶどう(やまぶどうを含む。)

アミノ酸若しくはその塩類、ビタミン類、核酸分解物若しくはその塩類、有機酸若しくはその塩類、無機塩類、色素、香料又は酒類のかす

令第50条《みなし製造の規定適用除外等》第13項に規定する「自ら消費するため」には同居の親族が消費するためのものを含むものとし

他人委託を受けて混和するものは含まないものとする。

ようするに禁止されている以外の物品をアルコール度数20度以上のお酒につけて自家消費する場合については例外とするということです。

自家製梅酒とか出してるお店があるけど?

平成20年4月30日に設けられた特例処置により一定の条件を満たせば旅館飲食店免許や納税なしに梅酒等を提供することが可能になりました。

https://www.nta.go.jp/shiraberu/senmonjoho/sake/qa/06/33.htm

所定の手続きをふめば20度以上のお酒に禁止物品以外の物を混ぜた物を店で提供することができます

サングリアは?ワイン20度未満だお

ワイン果物を漬け込んだ場合は上記例外規定に該当しないので酒造にあたります

厳密に言えば自家消費であろうと違法になると思いますが、基本的に作ったらすぐ消費してしまう物なので

しかしたら消費の直前と解釈可能かもしれません。でもお店で出すのはアウトです。

ただしカクテルのように消費の直前にワインと果汁と果物を混ぜて出来上がり、という作り方であれば例外規定に当たるので

自家製サングリアを出しているかただちに違法であるとは言えませんが、多くの店では違法状態だと思われます

そのうちどっか摘発されそう。

2014-07-10

サングリア

最近自家製サングリアを出す店が多いけど、酒税法において醸造酒の混和が認められるのは

消費者の求めに応じて消費の直前に混和する場合」に限られる。

ほとんど店は作り置きして客に提供してるからあれって酒税法違反だよね。

2008-12-06

酒税法おかしいよなぁ

最近ネット自分で酒を造ろうみたいな事を書く人がちょっとだけ増えたと思う。

まぁ「どぶろく裁判」なんてモノがあり、最高裁にて「個人で酒造るのは駄目なのはもう変えられないよね」という結論が出ちゃったのだから、俺ら一般人は作りようがない。

ネットで作り方を見てみると、実に単純で、造るだけなら誰でも出来るんちゃうか、とは思った。ただ、美味しい酒ともなると、難しそうだな、とも思った。

美味い酒ともなると、米から選んで酵母にも気を遣い、温度管理を万全にし、清潔にしていないと無理。

それって酒税法があってもなくても、一般人には手が出ない領域だ。

本当に、自分で酒が造れるようになった時、酒造をしてる人達の危機に直結するんだろうか。あるいは、税収に影響があるんだろうか。

2008-11-28

http://anond.hatelabo.jp/20081128154424

多くの奴が酒税法違反でも無視してやってるけど、ネット上で堂々と書いたりすると見せしめに遭うかも。

実験用だよ」なんて口先で言っても通用しない。

いやいや見せしめなんてされないよ。

だって、本屋で大々的に売ってるぜ「お酒の作り方」

ネットで書くぐらいで捕まるなら、本の作者の方が御ロープ頂戴になるだろjk

2008-01-05

著作権は酒になるという俺様予言

なんか暇だから著作権についていっぱい調べてたんだけどさ。ネットの上でだけだけど。

アホくさくなってきた。特に今後の見通しに関して。

太陽が東から昇る事を禁止する。また、朝の時間帯に東の方角に太陽を見たものは違法とする。」って法律作ったってさ、誰が守れるのよ。あーあ。

あとさ、酒税法とか酒税歴史について調べてたんだけどさ、著作権の末路な気がしてきた。きっとこんな感じになる。

  • 著作者には免許がいる。
  • 著作者は納税必須。
  • 個人的に作って消費するのは脱税なので禁止。
  • 最低著作量を超える著作を必ず出せる体制がないと著作をしてはいけない。
  • 納税額は著作分野ごとに決められた著作の量あたりの金額で事前に決まっていて、その著作でいくら儲かるかには影響されない。
  • 沖縄税金ヘブン

なんでこんなこと思ったかって言うとさ、酒税法著作権法もさ、人間が生得的に持ってたとされる権利とかから派生したとか、なにか社会的にまずいことが起こってたから防止のために作られたというよりは、商売の都合で何にもないとこからひょこっとでてきてんのね。そもそもの成り立ちとして。

あと、黎明期ポジションに共通点を感じる。こう書くと似てるとおもわねえ?

  • 酒:一律製造禁止。不道徳だから。ただし朝廷お金がないので納めた奴には酒造を許可する
  • 著:無許可印刷禁止。検閲しない出版物出しちゃいけないから。検閲する代わりに書籍の独占製造販売を認める

酒に消費税じゃない税金がかかってるのって、あんまり合理的な理由がないんだよね。取れるところからとる、という意味しかない。タバコと一緒。あとは価格統制か、必要ないと思うけど。酒の値段の下限値にキャップをかけることによって過剰な流通を防ぐ。

製造の規制自体はあんまり不衛生な飲み物が市中に流通するのを防ぐって意味では必要なんだろうけど、自家醸造を禁止する意味はない。

著作権だって検閲できたから国の利益があって業者への保護とか特権の意味あったけど、今じゃ検閲できないんだから保護する意味ないだろ。

著作権ってさ、最初の最初になると「創造的な仕事保護」「文化の発展」なんてのは欠片も存在しないの。それ後付の理屈なの。(どっちかっていうと今の「不正競争防止法」っぽいんだよな。)だからさ、本来の形に戻って「既得権者のベタベタ保護」のほうに突っ走られるのはなんか当然な気がしてきた。きっと俺たちは創作の手を縛られていくぜ、今後。今、家で蜂蜜酒やどぶろく醸造できないようにさ。今ある産業の目先の保護が、なんたって第一優先なんだから。

小説エッセイも詩も音楽も絵も動画も、俺たちはかもせなくなっていくんだ。俺たちはじわりじわりと死んでいくんだ。

まあいいか。人口も減っていくんだ。コンテンツ製作者も減っていく。製造業が必死になって世界から集めた富は、どんどん浪費されて国の外へ流れていく。最後に残るのは文化しかないのに、その担い手は「会社」だ。草の根からどんどん枯れていく。俺たちは静かに滅びる。それでいいじゃないか。いいじゃないかよ、ねえ。「ヨコハマ買出し紀行」みたいにさ、衰退していこうよ。

2007-11-29

http://anond.hatelabo.jp/20071129162237

日本人であっても海外におれば海外法律に従う。

つまりこの猿酒をつくってるのはjkondoという可能性も捨てきれないわけだ。

もしかしたら南アフリカでやることがなくなって暇をもてあましている増田かもしれない。

変な酒税法があるせいでみりんとかがアルコール分1%未満になってるんだぜ?

しかし、日本はほんと取れるところには全部税金かけようとしているよな。

ガソリンタバコお酒・・・

よく我慢できるよ。

そのくせパチンコはかかってないんだもんな。

http://anond.hatelabo.jp/20071129145426

おいおい、元増田日本在住だとは一言も言っていないが?

日本語で書き込んでいるから、日本に住んでいると思うなよ。

#ちなみに、そんなへんてこな酒税法日本ぐらいしかないぜw

http://anond.hatelabo.jp/20071129143118

酒税法第7条 酒類を製造しようとする者は、政令で定める手続により、製造しようとする酒類の品目(第3条第7号から第23号までに掲げる酒類の区分をいう。以下同じ。)別に、製造場ごとに、その製造場の所在地の所轄税務署長の免許(以下「製造免許」という。)を受けなければならない。ただし、酒類の製造免許を受けた者(以下「酒類製造者」という。)が、その製造免許を受けた製造場において当該酒類の原料とするため製造する酒類については、この限りでない。

第54条 第7条第1項又は第8条の規定による製造免許を受けないで、酒類、酒母又はもろみを製造した者は、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

犯罪ですぜ。

と言っても自己生産自己消費までならばれないだろうけどね。こういう身元がばれるところで堂々と公言してやっても捕まらないだろうけど、犯罪自慢するDQNぐらいバカだと思う。

2007-10-16

似てることを教えて欲しい。他にどんなものがある?

送電線でどこにでも電気を送れるように

電話線をどこにでも引けるように

・上水道の整備

酒税法施行

・庚申講の禁止

・廃刀令

交番制度

携帯電話の普及

インターネットの普及

飲酒運転厳罰化

郵政民営化

これらの関連するものを教えて。最近、気が付いた。

他にも似たような事があると思う。気が付いた人は教えて。

でも電波は送らないでねw

こういう事が解るサイトもあったら教えて下さい。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん