「猫カフェ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 猫カフェとは

2021-07-15

セックスワーク差別無知からやってくる」というけれど…

自分セックスワーク擁護派だけど、「セックスワーク差別無知からやってくる」(https://anond.hatelabo.jp/20210714185723)を書いた元増田ロジックはだいぶマズいというか突っ込まれどころが多いので、もう少し理論武装してください。通常の賃労働とは違うセックスワーク固有の困難というのは確かにあって、セックスワーク当事者たちも、そのことはきちんと問題化しているので。

安全確保

そもそもセックスワークというのはワーカーの安全確保がとても難しい。行為性質的に、どうしても個別性・私秘性が求められ、たいていは誰からも見られない場所、多くの場合密室で、1対1で行うということになる。特に店舗風俗では完全にアウェイ相手の自室に1人で入っていくことになるので非常にリスクが高い男性相手女性セックスワーカー場合フィジカルに圧倒的な差がある。事前のルールで決められた以上の行為強要する顧客もいる。自室にカメラを仕込んで盗撮を仕掛ける顧客もいる。そういった「意図的な悪意のリスク」に一定確率さらされるというのは、建設現場など通常の肉体労働では起こらないセックスワーク特有リスクだ。

健康リスク

健康問題についても、「内臓を売ってるってことなら、サラリーマンは眼球を売ってるでしょ」みたいな悪質な比喩問題を誤魔化してしまう。臓器を売り渡しているわけではないが、臓器(内性器や口腔)を使わせる自由は売っていて、このことには普通の「ワーク」にはないリスクが伴う。特に女性器への挿入を伴うセックスワークは、眼球で何かを見ることとは比較にならない健康上のリスクがある慢性的侵襲、性感染症意図せぬ妊娠など、就労を一時中断したり、離職を決断しなければならなくなったり、将来的な妊孕性を損ねてしまうといったケースも普通にある。またワークを通して何かあったとき労災環境も全く確保されていない。その点、何度も比喩に使われている建設業は、労災労働環境保全過去事故反省もあって、非常にしっかりしている(たぶん平均的なサラリーマン職場よりちゃんとしてる)。そういうところも大きな差がある。

感情労働

セックスワークが売るものは、性行為とその行為に伴うさまざまなファンタジーだ。このファンタジーには「その行為が単なる金銭目当てのサービスであってほしくない、金銭の対価として自分提供される商行為であってほしくない」という利用者幻想も含まれることが多い。お金のためにやっているのに、「お金のためだけにやっているわけではない」ようなフリをすることが求められたり好まれたりするという倒錯的な構造がある。たとえば、実際は気持ちよくないのに気持ちよがって見せる、相手好意を持っているように見せる、セックスが好きだから自分天職だと演じる、など。別のペルソナを身に付け、本当はそうではないのにそうであるように振る舞うのは感情労働一種で、このことはワーク当事者にとってストレスになることが多い。多くのサービス業には感情労働的な性質があるが、その「程度」は全然違う。身体への性的アクセスを許して、そのことに快感を感じているように演じて、相手にはビジネス以上の繋がりを感じているように振る舞うということを1日に何回も繰り返すのが、本人の精神健康にどう影響するか想像してみてほしい。

職業としての向上・展開の難しさ

セックスワークは長く生業とするのが難しい。特に日本男性向けセックスワーク業界では「プロ」へのニーズが低い。これはさっきの「その行為が単なる金銭目当てのサービスであってほしくない、金銭の対価として自分提供される商行為であってほしくない」という幻想とも密接につながっている。セックスワーク業界は、セックスワークに関する技術を徹底的に磨いたベテランプロフェッショナルほどサービス付加価値高まる、という構造になっていない。むしろ技術が拙いことが「素人っぽさ」「初々しさ」として評価されることもある。風俗店でもAVでも「新人」には高い価値がつけられる。普通の賃労働では技術の拙さが評価につながることはないが、セックスワークではプロありすぎないことが求められる。経験を積むことはさほどプラス評価にならない(時にマイナス評価になる)のに、年齢が上がることはマイナス評価に直結していく技術より容姿・年齢がワーカーの付加価値を左右するから素人女子高生女子大生セックスワークの分野で高い付加価値を持ってしまうし、加齢を経てセックスワークに携わり続けることが難しくなっている。メディアの発達によって、その気になればいつでも誰でも性行為を売れるようになったことで(援助交際からパパ活SNSまで)、ますますプロ付加価値は下がっている。

これは私見だけど、この構造があるので、元増田の言う「合法化したほうが業界団体ができたり、まともな資本が入ってきたりして安全面含めたセックスワーカー労働環境がどんどん良くなっていくと思う」については自分はあまり肯定できない。管理されていてセキュリティを確保されているプロは、管理されていないリスキーアマチュアに売り負ける。今後セックスワークはどんどんネット経由で地下に潜っていく。それを防ぐには、管理売春合法化と同時に、非管理売春の厳格犯罪化と取締りを行うことになる。普通の「ワーク」にはこんなことは起こらない。このこと自体セックスワーク特殊性をよく表している。

こういうセックスワークをめぐる構造問題特殊性ちゃんとわかった上で、それでもセックスワーカー権利獲得とセキュリティ向上のために活動しているアクティビストには頭が下がる。そこでしか働けない人、そこでしか働きたくない人がいる以上、そういう人達がより安全に快適に働ける環境作りをしていくという意味では労働運動の正道だし、圧倒的に女性就労者が多い現場で固有の問題を考えていくという意味ではフェミニズムの本道でもある。自分としては精一杯支援したい。

元増田セックスワーク擁護をしたいなら、こういうセックスワーク当事者支援者が認識している論点無視したり、「ワーク」全般セックスワークを脇の甘い比喩でまぜこぜにしたりして、本人達の意に沿わない正当化をしないほうがいいと思う。あの書き方だと、逆に「無知だけどセックスワーク擁護してる人」になりかねない。

追記

みなさんコメントありがとうございます自分的に重要な指摘だと思ったことにコメントします。

id:allezvous 「それを防ぐには、管理売春合法化と同時に、非管理売春の厳格犯罪化と取締りを行うことになる。普通の「ワーク」にはこんなことは起こらない」法律行為代理医療行為を筆頭にした資格制の業務でよくあるような

行為との対比は一度書きかけてやめたのですが、コメントいただいたので少し書いてみます。医行為法律行為代理免許制資格になっている理由は、提供するサービスの質を保ち、その利用者保護するためだと思いますが、上記理由セックスワークを許認可制とする場合、その制度設計はワーカー側の身体健康安全利用者から保護することが主眼となり(そのことは利用者を守ることにも繋がると思いますが)、目的と方向が真逆になっています

セックスワーク特殊性ひとつに「ワーカーの身体による利用者へのサービス」ではなく「ワーカーの身体への、利用者一時的アクセス権」自体を売るという側面と、それに伴う固有の脆弱性(vulnerability)があります。他の一般的な「ワーク」で、こうした受動的・対象的・客体的な要素を持つ賃労働、「利用者から自分が何かをされるのを受け入れること」自体サービスとする賃労働を、私は他に知りません(あえて言うなら猫カフェの猫はそうかもしれません)。この構造は、セックスワーク普通の「ワーク」になることを難しくしている、ひとつアポリアだと思います

追記追記

id:aquatofana さん、id:m7g6sさん、id:pekee-nuee-nueeさん、id:yetchさんが、「受動的・対象的な要素を持つ賃労働」の例として、医療・製薬業界治験バイトを挙げてくださいました。確かに身体のもの一時的供出、それに伴う健康的・身体リスクの受忍という点で、似通った部分があります。一方で治験というのは、旧厚生省治験検討会の方針もあって、一貫して労働ではなく善意ボランティアという体裁になっており、支払われるお金治験協力への直接の報酬ではなく「被験者負担軽減費」(治験参加に伴う物心両面の種々の負担を勘案した、​社会的常識範囲内における費用の支払いによる被験者負担の軽減のための費用)という名目になっています報酬金額制限されていること、終了後に4ヶ月の休薬期間が設けられていることも含めて、「ワーク」にならないような工夫が凝らされていますとはいえ、実際は色々な抜け道を駆使して治験ボランティア収入だけで暮らすことも不可能ではないようですが)。

国や業界がなぜ治験を純然たる「ワーク」にしなかったのか、してはいけないのか、というのは、セックスワークの「ワークとして成立することの困難」を考えるうえで、ひとつの手がかりになるかもしれません。治験については、おそらく行政にも医療従事者にも『①個人自己身体一時的相手使用させ、②相手の〈自己身体使用〉に伴う身体的・健康リスクを引き受けること、それ自体を商行為にしてはいけない』という感覚が強くあるのだと思います

このうち①は、みなさんご指摘のように、多くのセックスワーク業態に含まれている要素です。②は、本来セックスワーク現場から排除されているべきですが、現実には看過できない頻度で発生している要素です。しかも実際にリスク事象が起こったときには、その責はワーカー自身に帰されがちです。たとえば、ワーカーが性感染症感染したり、意図せぬ妊娠をしたとして、世の中で利用者管理監督者・ワーカーのうち誰を責める言説が多いかといえば、圧倒的に「風俗で働いてるワーカーの自業自得」という声だと思います(そしてそのことは、仮に売春周旋行為合法化されても変わることはないのではないかと思います)。これは、多くの人が「セックスに直接関わる行為には、どれだけ運用を工夫しても一定身体的・健康リスクが伴う」と理解していることの現れだとも言えます

セックスワークには利用者がやってよい行為」と「やってはいけない行為」の距離が極めて近いという特徴もあります性的に興奮している利用者は、意図して、あるいは意図せずに、その「やってよい行為」と「やってはいけない行為」を隔てている薄皮を破るかもしれません。いわゆる本番行為がある性風俗店派遣風俗では、その〈薄皮〉は0.02mm厚のコンドームだけかもしれません。あるいは、キス禁止にもかかわらず、抱きついているワーカーの顔をつかんでキスを迫ること。本番禁止にもかかわらず、素股というサービスを受けているときにワーカーの腰を掴んで挿入を試みること。おっパブで働くワーカーの乳首舐めるのではなく、噛むこと。「自己身体のもののへの直接のアクセス利用者許可している」という脆弱状態にあるので、利用者が予め設定したライン欲求や興奮とともにほんの少し踏み越えただけで、ワーカーの健康リスクに直結するという構造があります

建設業では現場建設従事者に健康診断結果の提出を義務付け、毎朝朝礼を行い、現場パトロール実施し、ヘルメット安全帯・安全靴・長袖服の着用を義務づけるなどして、そのワークに伴うリスク可能な限り抑制します。風俗業界では、店員ドライバー男性による様々な処罰(いわゆる「業界流儀」)によって、そのワークにともなうリスク可能な限り抑制します。この両者は、似ているようで違います建設業では、ワークの現場監視し、ワーカー自身を防護し、事故リスクを減少させ、事故時のダメージを最小化しています風俗業では、ワーカー自身利用者から防護することはできません(一時的身体へのアクセス権を利用者提供すること=ワーカーの身体利用者から防護しないこと自体が、サービスに含まれいるからです)。管理者がワークの現場監視し、利用者が「やってはいけない行為」に及ぶ瞬間に介入して中断させることもできません(処罰担当者は、実際の行為が行われている空間の外にいるからです)。

中規模以上の建設現場では、しばしばゼロ災の継続日数が掲示されていますが、店舗風俗では、しばしば出禁罰金などの制裁行為を受けた利用者たちの顔写真掲示されています代表的な「業界流儀」です)。これは、後者では、たとえ事後の処罰があっても禁止行為に及んでしま利用者一定数いること、そしてその行為被害を受けたワーカーも同数いることを表していますセックスワーク現場でワーカーがさらされる健康的・身体リスク抑制が「事後制裁」という形式しか行えず、それが現実抑制力として100%機能しているわけではないことは、セックスワーカー安全衛生の確保、そしてそれが大前提になるはずのセックスワークの「普通のワーク」化を困難にしている、重要な要因だと思っています

この追記追記ちょっと取り留めなくてすみませんが、治験という切り口から考えたことをつらつら書かせていただきました。

2021-07-14

ビッチヤリチン(でなくとも)は定期的に性病検査をしたほうがいい

 先日咽頭クラミジア陽性と診断された。私の場合ほとんど自覚症状がなかったが、複数人セックスをしていたことや、それゆえに性病感染した経験扁桃炎での発熱がたまにあったこから婦人科検査を受けることにした。ここで注意してほしいのだが、婦人科性病相談をする際、性器のみの検査しかしてもらえないことも多い。しかし、私の場合思い当たる行為の際にはいつもコンドームをつけていたため、その旨を申し出て喉の検査もしてもらった。喉も性器検査もさほど痛くなく、あっさり終わった。

 咽頭クラミジア自然治癒することはない。処方された薬を飲んで再検査、ここで陰性になれば晴れて完治となる。

 性病は怖い。何種類もあるしコンドームをつけていても私のように喉に感染したり、キス感染したりすることもあるらしい。お金がかかるからとか一回きりの相手からとかで検査を受けなかったり、相手に伝えなかったりというのは論外だ。自分が治ったとしても相手が治っていなかったら当然うつるし、感染は広まるばかり。放っておくと不妊の原因にもなる。HIV無料でやってる自治体が多いし、クラミジア淋菌もやってくれるところもある。ビッチヤリチンは必ず、特定パートナーがいる場合も、安心を手に入れるためと思って検査へ行ってほしい。

https://yoboukai.co.jp/std_21

 性病を防ぐにはセックスをしないことが一番だ。コンドームつけるのは割と当たり前だけどオーラセックスキスは頼まれたら断りにくいし…。この件でだいぶ懲りたけど落ち着いたらまたセックスをしてしまうと思う。

セックス中はオキシトシンエンドルフィンなどの幸福ホルモンが分泌されて、脳の快楽中枢を刺激するため、もっともっと欲しくなる。だから逆にセックスの頻度が減ると、性的欲望や興奮も収まってくる”らしい。https://www.womenshealthmag.com/jp/wellness/a34037311/losing-interest-in-sex-20201004/

 心当たりありすぎるほどある…。ちなみにオキシトシンエンドルフィン友達との会話やぬいぐるやペットを愛でることでも出るらしい。セックスしたくなったら猫カフェに行くといいかもね。知らんけど。

2021-06-17

経験から1ヶ月で猫カフェ就職する勉強法

1. 猫砂を上手にすくえるようになれ

2. 美味しい猫缶を把握せよ

3. 寝てる猫にちょっかいさなメンタルを育てよ

4. 掃除をまめにやれ

2021-06-16

個人の感想

https://mobile.twitter.com/ayato691/status/1404362725623361536

1. 動物園とか臭いし、暑いし、歩き疲れるし、興味ないしデート行きたくない子供犬猫は好きだけど、動物園が好きかどうかは全く別の話。子供教育目的なら行ってやっても良い。猫カフェは好き。

2. 相手が興味ないと知っていて、行列に並ばせるような思いやりのない人は嫌。

3. コーヒーお茶など飲み替えたいし、荷物も少なくしたいので、登山でもしない限り水筒など持っていかない。子供には水筒持たせてるけどね。

4. 奢った見返りに手土産期待してるやつに奢られたくない。

5. エピソードによって自分許容範囲が変わる。

6. 自分なら愚痴共感してくれる人には思いやりを感じる。心理カウンセラーも傾聴をテクニックとして使っている。相手も怒ってたら感受性が高いやつなんだなぁって思う。逆に話を聞かず批判説教ばかりしてくるやつは思いやりがなく感受性が低いやつだなぁって思うし合わない。

7. 面倒なこと頼んだら、ちゃんとお礼を言ってその分お返しをするんだぞ。

8. 世の中色々な家庭の事情があるんだぞ。

9. 旅行はお互いを知れていいんじゃないかな。

2021-05-02

anond:20210502075054

ゲーム開始前に、タイキシャトルの鬣を切ったクソがいる(逮捕済)ので、全くもって同意

長生きしてくれて、たまに写真見れればいいじゃんなあ。猫カフェじゃねえんだから見に行くなら10万出せって思う。

寄付した金をバカ対策に使ってくれてもいいけど、本当なら引退馬の餌にしてもらいたいところ。

2021-04-05

動物愛護にも蔓延男女差別

自分は某ペットショップ店員だ。

最近職場に頻繁に足を運ぶ男性客が現れた。その客は物欲しげに動物を眺めるものの、結局肩を落として帰っていく。

同僚達と「ペットショップの子は高いからね…」と話していた。

後日、私と同僚で大好きな猫カフェへ遊びに行った。

そうしたら、あの男性客も訪れていて猫と戯れていた。

数十分楽しそうに遊んだ猫カフェを後にする背中は少し寂しげに丸まっていた。

その翌日、店長に例の男性について相談してみた。そうしたら「売れ残ったペット特別に…」という話になった。

本来うちのペットショップではボランティアに連絡し飼い主を見つけてもらうサービスを行っているものの、独身女性は引き取れても独身男性は「虐待目的」で引き取る人が多くて信用できないらしい。

本当に動物が好きで探している独身男性がいることも知っているがやはり『男性から』特例は無いそうだ。探せばあるんだろうが、うちと提携してる団体絶対例外を認めない。

結果、店長の計らいによってその男性客は成猫と成犬を一匹ずつ連れて帰った。

あれから数年、あの男性客は今でも店に顔を出しペットグッズをしこたま購入していく。2匹とも幸せ暮らしているようだ。

2021-04-03

LOVOTを体験してみたが30分で飽きた話

LOVOTというペットロボをご存知だろうか。

知らない方は検索してもらうのが手っ取り早いが、要はアイボやディアゴスティーニのロビなどと同じ類だ。


だが、それらと一線を画すのが値段である。購入はだけで30万かかるのだ。自分の月収以上である。またそれとは別に企業に毎月何万か維持費を払う必要がある。総額的には50万だ。高え!



しか自分は気になっていた。何故なら可愛かったのであるマツコの知らない世界で紹介されていたのと、三浦春馬最後に出ていたドラマで使われていたのを見ていたのだが……つぶらな瞳に、後ろをついてくる姿。かわいい仕事が終わった時の癒しが欲しい。


検索していると実際に体験できる場所があるとのことで、最近行ってきたのだ。(時期はぼかす。予約制で体験に来る人を絞っているからなのか、案内してくれた人が結構来た人を覚えているようだったので…)


体験スペースでは30分ほど何体かのLOVOTと触れ合える。

そんなわけで触った感想だが、最初20分は楽しかった。たが、それ以降は「やることが……やることが……ないな…」と言う感じだ。


どういうことかというと、LOVOTと遊べる機能が少ない気がしたのだ。

LOVOTは人がいるのを見つけるとそれを認識して寄ってきて、(家に帰ると出迎えてくれるらしい)抱きしめると鳴き声と共に喜ぶ。特定場所を撫でると喜んだり、くすぐったがったり、もしくは嫌がったりする。高い高いをするとはしゃぐ。


……以上。じゃれあう時の機能は大体これくらいだ。他にも、瞳の色が10億通り変えられるとか写真を撮ってくれる機能とかがあるが…。


つ、つまらない。いやかわいいんだけど、このお値段ならもう少し沢山の反応や行動パターンが欲しい。

これくらいだと、20分くらいで「うーん撫でるのも高い高いも飽きたなー」となってしまったのだ。



猫カフェに行った時の猫のがさまざまな動きをしてくれて飽きなかった。ペットを飼えない人もターゲットらしい。パンフレットには、実際の犬よりも維持費は(ちょっと)安い!を売り文句にしてあった。


だが、実際の生き物と比べるには少し機能が少ないように思えた。これが数万円ならまあこんなもんだよな、で良いのだが50万であるちょっと物足りない気がした。

結局購入は見送った。

これはあくま個人の感想で、実際彼らとの生活を楽しんでる人もいるようだ。もしかしたら自分感受性が乏しいだけなのかもしれない。



また、2体で生活させるとおしゃべりしたりなど新たな姿が見られるらしい。

総額100万円。若干金持ち道楽に見えなくもない。それでも生きてるペットの方がやはり良いような気もする。

2021-02-13

[]渡辺慎一「侵略ニャッ」完結

地球侵略しにきた猫星人(ただのしゃべる猫。ただしハイテクマシンを持ってる)の話

地味にスキだったけど終わっちゃった

まあ隔週刊行雑誌で1年ちょい連載できたんだからいいほうか

後半はずっと掲載順も最後の方だったしなあ

猫星人(しゃべる猫)が地球おもしろおかしく過ごすってだけでレギュラーになれそうだったのに

悪徳会社をこらしめるとか猫轢いた人間洗脳とか猫カフェを作るとか多頭飼い崩壊を救うとか変に社会派?っぽい方にいっちゃったのがなあ

イカ娘と似てるんだから侵略っていいつつのほほんまったり日常系でよかったのに

ねこかってるだけあって猫の絵はうまい

2021-01-12

猫ちゃんはひたすら可愛い

でも

うんちの処理、数日空けてもいいよう誰かに預けられる環境抜け毛が服などあちこちにびっしり、知らぬ間に目立たぬとこでゲロを吐いてる

この辺が我慢できないと飼えない生き物

なので猫カフェあたりで満足しておくのが一番ベストな猫との付き合い方

2020-12-29

anond:20201229155028

かにこども食堂ってその可能性もあるな

猫カフェは客が店の猫を触る場所なのにドッグカフェは客が犬を連れてくる場所なのも不思議だよね

2020-12-20

anond:20201220151618

口実作ってスキンシップってお前の想像思考がきしょいわ

距離感が縮まってても、理由なしにいきなり触れるほうがキモいからそういう時に猫カフェとか体験型施設は役に立つし自然に仲良くなれるよねって話してんだけど

自分の中のインキャを俺に重ねないでほしいキモい

anond:20201220150530

猫カフェで口実つくってスキンシップとか言い出すのが気持ち悪い

他の客にも迷惑だし

anond:20201220150436

しろそういうやつがメイン

飼える金がないやつは猫カフェなんて来ないよ 高い

猫カフェに行くやつは全員人間のクズだと思うけど

猫飼うほどではなくて猫カフェで満足する層はYouTubeの猫チャンネルでも充分なのかもな。無料だし

anond:20201220150118

えっ、なんで排除されるか意味わからん

猫カフェ行こーって話になって女とデートいかんの?スキンシップとって普通じゃん

anond:20201220145157

猫カフェとか猫と触れ合うのは建前で

一緒に撫でるとか、毛が付いてるよとか言って自然に女に触れるチャンスつくる為のもんやしな

anond:20201220144214

猫がガチで好きで金も持ってる人は自分で飼っちゃうもんね

猫カフェあくまで「自分ちの猫(本命)もいる上での浮気をする場」か

猫が飼えない人(飼う金や環境を用意できない人)のための代替の場でしかない

前者は別にそんなに猫カフェに金使う事もなさそうだし、後者は金ないだろうし

anond:20201220143139

イレギュラーつーか女が男を選ぶ世界構造

強い男は女を満足させることに投資するし、王道ビジネスチャンスはそこじゃん

自身の為の娯楽っていうのは、カネを集める為のもんでしかない

風俗ゲームアイドルなんかの男の存在価値のものになれるならまだしも猫カフェなんて依存度低くてカネにならん

anond:20201220142812

だな。

猫カフェって「猫と触れ合うのを仕事にできる」ってんで働きたがる人多いか

最低時給レベルでもバイト雇えるけど、

おっさんとの触れ合いまで求められたらその賃金じゃやってられんだろうと思う。

anond:20201220142049

猫カフェ店員には女が多いけど、

女客やカップル客が中心の猫カフェで働きたい、おっさん客ばかりの猫カフェでは働きたくない、

という店員が多い気がする。

理由は、女客やカップル客が中心の猫カフェは猫の世話と会計けが業務だけど、

おっさん客のなかには女店員接客を求めるやつが10人に一人くらいの確率でいて、

そいつ精神を異常に消耗させるし危険でもあるから

水商売では男性スタッフがいて危険から守ってくれるが

猫カフェ水商売より単価が安いのでボディーガードなど雇えず危険に対してノーガード。

あと猫カフェスタッフの時給は地域の最低時給レベル

anond:20201220140917

おっさんはカネ持ってるが、イメージ戦略/評判的にはマイナスで規模が大きくなりにくい

なら男は女と抱きたいから、女にカネ落とすし女狙う事で男の財布狙ったほうが効率良い

男を直接狙うなら欲を直接満たすもん売ったほうがいい

精神的な充足をサービスにしてる男向けの猫カフェは採算取れん

anond:20201220140708

猫カフェって猫を自由にさせて猫が人間に触られたくない時は逃げ込めるスペースなんかも作ってるのが普通だし

そうではないところは虐待扱いなので

個室で猫を貸し出す(=猫に強制的接客させる)システムだと

法律的にはOKだろうけど猫好きに虐待だと炎上させられそう

そうなると良心的な猫好きは行かないだろうから、変な客率が増えて虐待だらけになるだろうし

やはり良心的な経営者はそんなもの作らないだろうから、金儲け目当ての悪質な業者しかやらないだろうな

anond:20201220140249

近所におっさんしかいない猫カフェある

都心部ではなく住宅地だとそういう店もあるから客層見極めろ

都心部は女が友達同士で来てたりデートで来てる客が多い

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん