「サンバルカン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: サンバルカンとは

2018-01-08

親父の威厳が危うい

お父さんはオタクである

アイドルオタクである部分については、完全に息子(小5)に毛嫌いされており、

最近エピソードとしては、地域(隣り街)でお祭りやってるから屋台でも回って楽しもうという口実で連れ出したイベント

しれっとライブ開始時刻にロコドル現場に誘った。

地面に向ってMIXを打ち始めたお父さんに対して、息子は関係者であることが周囲にばれないように路地裏に逃げ込んだ。

30分ぐらいのライブがおわったら合流して、屋台串焼き食べたり、射的したりして祭を楽しんだ。


お父さんの初現場は、実は息子と行った地域アイドル祭みたいなイベントなんよ。

もう4年ぐらい前になるかな。子供連れだったから、ファミリーエリアに案内されて、目当ては当時全然売れてないグループだったから、

ファミリーエリアにはとくにアイドルに興味がない家族が3~4組。

youtubeで予習したコール最前で叫んでたら、息子が軽く引いてた。

それ以来、前述のように、だまし討ちでないと、あるいは相当な譲歩、メリット(一緒に来てくれたらおもちゃ買ってやる)がないと共にアイドル現場には来てくれなくなった。

それでも、アイドルオタク以外のオタクのお父さんは尊敬されてた。

プログラムに興味を持ちだした息子さんに、UTAUボカロ制作ツールみたいなん)触らせたり、3Dオブジェ作るサービス触らせたり。

ミニ四駆の話になると、「お父さんの頃はな、エンペラーファイヤードラゴンっていう凄い早い機体があって」(適当に嘘を混ぜつつ)、

ベイブレードVSベーゴマで戦ったり、

ゴレンジャーや、サンバルカンの詳細について触れたり。

子守唄代わりに、1週間かけてZガンダムのあらすじを語るなんてこともあったっけ。

こないだは、リアルロボットスーパーロボット概念について、興味深く聞いてくれていた。


もちろん、流行にはついていけない。

だが、こちとら小学生から鍛えたゲーム力と知識がある。

いっとき流行った妖怪ウォッチ子供と同時にプレイして子供がつまったらアドバイスし、

子供クリアできないミニゲームを代わりにクリアして、友達誰よりも早いタイムとか出して尊敬されてた

仮面ライダーディケイド流行った時は、ネットDLしたレアカードデータから変身データ用のカードを作ってやったりも。



そんな息子がCCさくらを視聴しだした。

お父さん、広く浅いオタクから、今は地下アイドルオタクから、実はCCさくらは見てない。

まだ息子はこれがオタクの常識だとは気付いていないようで、普通アニメとして見ている。

だが、やがて気付くだろう。

アニメゲーム特撮に幅広い知識を持ち、アイドル系の知識以外については尊敬対象だったお父さんがにわかオタクだっということに。


ああ、これが子が父を超える瞬間なんだ

感慨深い、と思ったり思わなかったり

2016-10-12

アマゾンプライム

懐かしのスーパー戦隊劇場版をいろいろ見ているわけですが、

サンバルカンくらい昔になるとストーリーも戦い方もこんな荒削りだったっけと驚く

罠にかけた変身前のバルイーグル処刑するために一旦ヘリコプターで宙吊りにしてから

その吊っている紐を切るために一生懸命マシンガンで紐だけを狙うとか超わけわからん

結局バルイーグルが落ちるんだけど無傷っつうのも最高

2012-09-12

万能解答機で世界征服

太陽戦隊サンバルカンの第43話「君も天才になれる」(オンデマンドで視聴可)において、万能解答機を配布し子供をイージー人間にしようという作戦がブラックマグマにより発動されている。この作戦、配布された子供たちがテストカンニングに”イージー”に使ってしまうことによりサンバルカンから問題視され不発に終わっている。

さて、この作戦、子供たちがカンニングに使わなければうまくいったかどうかについて少し妄想してみたい。

まず、子供たちをイージーにすることは可能であろうか。答えは可能だ。現に我々は、ほぼ万能解答機と同等のものを持つ社会に住んでいるが、イージーになっている。かつては自宅、親の勤め先、学校、友人の電話番号等は頭の中にある程度入っていたが、今はどうであろう。知らない土地に出かけるときには時刻表地図などを準備していたが、今はどうであろう。頼るものができればもちろんその能力は格段に衰える。また、パーティーなどで談笑している際に、何かわからないものを万能解答機たるスマホに問わずにいられるグループがどれくらいあるだろうか。万能解答機に依存させることは十分に可能だろう。十分に依存させておいて、支配に乗り出す。最近の例で言えばまるで某つぶやきサービス彷彿とさせる手法だ。あれほど便利なものであるならば、子供などに配らず、大人に配れば経済支配できたような気がしなくもない。

しかし、30分枠の尺で世界征服するのは少し難しそうである

もう一つの感想は、子供たちがカンニング宿題のみに使うという実にイージーな人間だったことである。そう、ブラックマグマが手を下すまでもなく、子供たちは既にイージーだったのだ。いくら小学生はいえ”万能”解答機の使い方としてはショボイと言わざるを得ない。「宇宙の果てはどうなっているの」とか「タイムマシンは可能か」とか「恐竜の色は」とか「人生宇宙すべての答え」とかいくらモンガーでも発狂しそうな夏休み子供電話相談門前払いされる質問がいくらでもあるだろう。自らの居場所をうっかり回答するモンガー相手なら、ブラックマグマの超科学技術で「ロボットの作り方」とか「宇宙船の作り方」とか聞いたら答えてくれそうだ。

あの万能解答機ほしいわ。

2008-12-29

彼女が今月カレーばっか食ってたので

サンバルカンの黄色か!」

と言ったけど通じなくてしょんぼりとかよくあるよね

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん