「孫子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 孫子とは

2018-11-15

anond:20181115165753

背景は、賢者同盟による適切な管理運営があって地下コンテンツは生き残るという理論だよ

フェミと争う事がまず不毛で、戦いが起こる時点で下策なのよ

百戦百勝より戦わずして勝つのが最善であるという孫子兵法とでもいうべきか

まぁ立場が違うのでお互いに語る事にも実りはないので、俺からお前に言える事はもうない

2018-10-26

anond:20181026135811

孫子曰く、百戦百勝は善の善に非ず、戦わずして人の兵を屈するが善の善なるものなり。

2018-09-11

anond:20180911130033

いじめを許せるのが強さ」ってそれいじめっ子の勝手理屈だろ。

いじめっ子を何があっても許さず、親兄弟はおろか孫子の代まで生き抜いて責苦を与える、

こういう強さもあるだろうしこちらのメンタルのほうがずっと強かろう。

2018-06-07

はてな匿名ダイアリーでアウトプットするからね

とあるトマスホッブズの著書でこのような台詞があったようだ。

イノベーションを起こしたい私も、LGTMな人の前で「はてな匿名ダイアリーアウトプットする、それも強い正義感からね」とプレゼンしてみて、人生を変えたい。

そんなインスタンスしたらバンクラプシーすることは承知しているのかな、って。それでも、マサチューセッツ工科大学合格した私は現在ネットワークの歪さと愛おしさを知らしめ、ビジネス成功させたい。

あの顧客がどこまで経営戦略を『孫子に学ぶ私のことを気付きを得ていつつパラレルタスクを消化しているかは分からない。だからこそ、こういうTRIZを駆使して導き出したところで第2のジョブズとして歴史に名を残す私とアグリーインフルエンサー関係お話を『パワポ化』したらもしかしたら責任自覚をもって行動気付きを得てくれるんじゃないかなあと理想燃えしまう。

ソレしか皇族と繋がりのある私のビジネスモデルがないし、見る目がない、まずは些細な挨拶から

世界を知らないままの状態ユビキタスをくわえてペンディングするなりたい自分になれなくなるフォアラーがある。この案件におけるフォアラーこそ、ここで世紀末犠牲させてしまえたらなんて良いんだろうか。

…でもさ、逆にこの状況はチャンスだと考えられないかな?、それは今やるときではないのではなく、敢えてやらないと理性が抑えていつつパラレルタスクを消化している。ジョブズならそう言うよ。

あーあ。こういう日本を変えないといけない。仮眠する。

2018-05-21

anond:20180519135420

宮本武蔵五輪書意識高い経営者はよく引用してるけど

 

人気の高い戦国武将らが書物を書いてないからそういう孫子孟子みたいな「これだ」ってのはないんだな

2018-05-13

バカ相手にした商売は儲かる

youtube民事再生法違反逮捕された経営者ニュースを見た。彼は不景気資金繰りに困っている経営者などに高利で金を貸し出し荒稼ぎしていたが、法律改正によって資金繰り悪化し自らの会社倒産させた人物だ。経営者としての爪の甘さは否めないがそれでも優秀な人物だと思う。物事を深く考え慎重に行動する客よりも、感情的になり思考停止に陥っている客を相手にした方が何倍も楽に稼げるからだ。あとは倫理観問題だ。無知な人をことば巧みに口説き不利な契約を結ばせることに良心の呵責を感じなければ大金を稼ぐことができる。成果を出している企業の多くはこの戦略をとっているが、自分はこの戦略をとることに抵抗を感じる。子供の頃に刷り込まれた「人を騙してはいけない」という倫理観のせいで良心の呵責を感じてしまうからだ。孫子兵は詭道なり戦争所詮、騙し合い)と言ったそうだが心のどこかでその事実を受け入れることができずにいる。不合理な考えから抜け出すにはもう少し時間必要だ。

2018-04-29

中国武将が密かにチート技だと思っている5つのこと

孫子兵法書を読む

・空いた城に攻め込む

占星術を元に行動する

仙人弟子入りする

去勢して宦官になる

2018-04-23

孫子韓非子友達というか、学友に裏切られた過去を持ちながらも、兵法とかやってんだからな。孔子も、自国で職を得ることが難しかったようだし。

  

現代サッカー監督に通じるものがあるかもな。

2018-04-01

戦争自体を題材にして戦争概念構造を大きく変えるような戦争観を示してるようなSFほとんど無い

孫子兵法とかクラウゼヴィッツとかリデル・ハートなんかのほうがまだSFしてるってレベル

大体がスペースオペラの枠組みをそこまではみ出してないしそうじゃない場合論点が別の場所にある

ぱっと戦争SFしてるって思いついたのはスタニスワフ・レムの大失敗とジョージ・オーウェル1984年くらいか

JGバラードの千年紀の民もそういう面があるかも、これは戦争というよりテロリズム動機の欠如した暴力を扱った小説なんだけどね

2018-02-21

anond:20180221160845

たとえば孫子兵法なんかはビジネスシーンで良く使われるかと思うが、

別に孫子兵法古文漢文かと言われればそうでもないから…

2017-09-18

ジャップって孫子とか諸葛孔明とかが好きだよな

普通に頭いいのが好きだろ?

でも政治では安倍ちゃんを支持するんだよなあ

わけわかんね

2017-09-17

anond:20170917150955

取れる戦略もクソもジャップには戦略という概念自体が無いよ

そして中国孫子の国だ

もう無理

2017-05-01

兵法だか故事成語だかが思い出せない

記憶では孫子とか老子とか莊子を読み漁ってた時期だと思う。

確か、「敵を支配するにはまず施せばいい」みたいな内容。

最初その言葉を読んでも全然意味がわからなかったのだけど、例えばインフラを与えておいてそれが当たり前の生活になったら、その後は止めるなり金銭請求するなりそれを条件に何かしらの交渉をするなり好きにすれば良いというものだった。

サイコパスじみてるけど、的を射すぎててしばらく鳥肌が止まらなかった。

今になってビジネスだろうと人間関係だろうと、イニシアティブを握りたいならこれがどれだけ効果的なのかを思い知る毎日

社内標語にしたいのだけど、どなたか原文を知ってたら教えて欲しい。

2016-09-26

失注

大型案件を失注した。敗軍の将、兵を語らずだ。

責任は、提案を牽引してきた自分にある。それはいい。

ただし、兵は語らずとも自己総括は必要

やれることはすべてやった。やり尽くした。顧客価値を常に主眼に据え、価値提案しつづけてきた。

もちろん価格重要な要素だからして、単に値引きではない戦略的価格提示した。

しかし、顧客は「単に」最も安価企業選択した。ここに今回の違和感失望がある。

ガムを買うのではない。これほどまでに大規模な事業に対して、単に価格で選定してしまうような、

そんなマインドのまま調達に臨ませてしまった自分提案力のなさに失望した。価値提案では誰にも

負けない自信があったのに。

確かに今回の調達一筋縄ではなかった。規模も特性も著しく異なる40近いステークホルダー

対してどのように合意形成していけば良いのか、最大公約数(落とし所)はどこなのか、暗中模索

提案だった。困難という言葉は使いたくないが、決して容易ではなかった。最も合理的で納得しやす

キーワードが「価格」であったことは否めない。しかし、そこに身を委ねることは単なる「逃げ」に

過ぎない。だからこそ、真正から向き合い、価値を中心に真摯提案を重ねてきたつもりだった。

いったいこの提案のために、どれほどの人が関わったのだろう。どれほどの人が期待したのだろう。

俺はその人たちの期待に応えられなかった。デジタルと同じだ。「1」か「0」。結果が出なければ「0」なのだ

彼らに伝えるべき言葉がまったく見つからずに萎縮している自分がいる。失敗は恥ずかしいことではないと常々

言っている自分申し訳なさにいっぱいになって萎縮している。萎縮ではなく、単に自分能力の低さを看破

されるのが恐いのかもしれない。というか、そうなんだと思う。弱い。

万策尽くしたから悔いはない、得るものがあった、なんていう美辞麗句は、俺のポジションには不要

かといって猛省でもない。公共という市場に対してずっと感じていた違和感が露呈した案件だった。

今回の件で、公共市場全般に対する失望感を強く感じた俺は単に逃げているだけなんだろうか。分からない。

とにかく救いが喉から手が出るほど欲しくて「孫子」を読んだ。しかし、そこには自己肯定しかなかった。

ならば、考えることは他にある。

最後に。誠に自分勝手なことを言わせてもらえば、今回の失注は最高だ。

この失敗によって、更に俺は強くなるし、俺の根は深くなる。

2016-05-20

http://anond.hatelabo.jp/20131209170954

数学で喩えるならば。

公式と例題との関係とも言える。

主題となることと、公式。それを用いた用例との関係性が明確であれば良い。

二次方程式の解の方程式の話をした後で、具体的に解の方程式がどのように適応できるのかを見てみまそう。

ax^2+bx+cという一般式に対して、x^2+x+1とか、4x^2+3x+1とかが、具体例だね。

どんな風に公式を当てはめていくかを、文字式だけではなくて、数字で当てはめていって、見ていこうと言うことだな。

===

蛇足

中国古典孫子韓非子を比べると、今だに孫子が重宝されるのは、読みやすいってのもあるだろう。

合理的判断に基づいた推論となっているからだろうな。

また、その具体例が適切だからだろうな。

戦争に勝つための話をしていて、それはこうだから

丘の上に陣を張った方が、見渡せて良いとか。鳥の群れが、飛ぶのは、そこに人がいるからだ、とかね。

墨子韓非子イマイチなのは、具体例の部分が、本質とはかけ離れれているせいかもしれないね

韓非子の和氏の壁とか、すごく人の心を動かす例を出しているが、彼が言いたいことは、それだけの悲壮覚悟を持って、文書を書いていると言うことだった。

===

2016-03-28

孫子兵法孫子(孫臏)って、

友達から裏切りを受けて、(刑罰によって)両足を切断されたりしたらしいが、

案外、頭は良いけどイヤなヤツだったのだろうか?とも、思ったり。

  

車椅子もない時代に輿に乗って戦場へ出ていたらしいが、本当にどうやっていきていたのかな。

  

追記...

ブクマトラバで、良い知識の整理になった。自分でも、孫武と孫臏の区別が良くついていなかったかも。

文庫本孫子兵法やら宮城谷昌充の小説とか、漫画東周英雄伝とか、断片的な知識だけだった気がする。

  

2016-01-04

http://anond.hatelabo.jp/20160104143849

『ビン 〜孫子異伝〜』って漫画があるそうですよ。

けっこう似てると思うんだけどなあ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん