「HUAWEI」を含む日記 RSS

はてなキーワード: HUAWEIとは

2019-06-23

anond:20190623074225

xiaomiわかる

しかスマホの重量を意識する俺としてはhuawei

xiaomiは重量無視なら神スマホ

ただ、xiaomi体重計買ったけど同じタイミングで測っても誤差がある。200-300g程度

一方タニタは変わらん。

中国品質を信頼しはじめ2、3年だがまだ伸びしろあるな

2019-06-14

anond:20190614152223

で、最近HUAWEIだけでなくチャイナリスクとして全ての中国系を締め出し初めている。

HENTAI(ふぁーうぇい)ってHUAWEI変態)に見えるよね

日本国改めアメリカ合衆国と申します。

大きな声では言えない話だけれど、外務省私たち一般市民が思っているよりかなりアメリカトランプ?)に対して弱腰

で、最近HUAWEIだけでなくチャイナリスクとして全ての中国系を締め出し初めている。

私の所属アメリカ在住の中国人がはじめた会社日本支社なので、日本人の社長がいて、日本登記があって、日本人と在留資格をもった(主に高度人材外国人が働いている。

高い語学力と専門知識が求められ、官公庁との取引もあり、低いレベルながらも日本官公庁競争入札に参加するための一般競争入札資格も持っている。

そのほかいくつかの国の許認可がいるビジネスもしている。

その省庁関係クライアントから来年契約更新ができないと連絡があった。

なぜかというと外務省中国系会社を締め出しでいるからだという。

ちなみに官公庁仕事には一切中国人は関わっていないし、中国関係していない。売り上げを中国に送ることもない。

唯一アメリカにいる中国人請求書ぐらいは見ることはできるけれど。

クライアントからは、サービス自体は今後も必要ものなので、社長名義で別の会社設立して外務省の目をごまかせないかと打診があった。

会社が1円で設立できるとはいえ現実的ではないので断ったようだが。。。

官公庁のいう来年来年4月なので、まだ時間はあり、状況は劇的に変わる可能性があるけれど、あまり弱腰っぷりに眩暈がした。

ここまで米国属国化するなら、自らアメリカ合衆国ですと名乗ればいいのに。

2019-06-02

[]「Huawei問題」の本質は何か (1/3)

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/31/news043.html

Huaweiアメリカの間での問題は、スマートフォンに関する貿易摩擦、ではない。あまりスマートフォンの話にスポットライトがあたるため、なんとなくそう思ってしまうかもしれない。だが、事実としてはまったく異なる。

> そもそもHuaweiアメリカ市場スマートフォンほとんど売っていない。ここ数年、アメリカとの間での関係が良くなかったためだ。

> ポイントは、5Gの設備基地局を中心とした通信インフラ事業だ。


> 2000年代より、イラクイラクアフガニスタンシリア北朝鮮などへ、アメリカ国連での経済制裁禁輸措置などをくぐり抜け、通信インフラを輸出している

> 特にアメリカ危機感は強く、ZTEとともに、「中国政府意向を受け、サイバー攻撃スパイ行為に加担している」と非難されてきた。


> ドイツフランス調査の結果「証拠はみつからなかった」としている


> 「4Gの基地局などの場合、(データを盗むのは)相当難しいだろう。少なくとも、自分方法がわからないし、できないと思う。一方、5Gについては、その懸念もあり得る部分がある」

2019-05-24

タブレット何を買えば

HUAWEIなんだかんだコスパ最強かなーと思ってたらあのニュース 何を買えばいいのやら Fire HD 10もっさりすぎる

2019-05-23

いっきHUAWEIユーザーなんだが。

今のところスマホタブレットも無事に使えている。一世代二世代古い機種なのでOSも古くて助かっているんだろうか。

知人の上司は買ったばかりのHUAWEIスマホGmailが起動しないとか大変な状態に陥っているらしい。ターゲットは最新機種と最新バージョンAndroidなのかな。

スマホでもタブレットでもあまりハイスペック必要としない使い方しかしていないので、このまま無事に動いて欲しい。あまりにも生活の一部になりすぎていて、スマホタブレットが起動しないとかGoogleサービスが使えない生活なんて想像がつかない。

なぜアメリカ中国(というかHUAWEI?)の争いにユーザーが巻き込まれなければならないのだろうか。HUAWEI機は性能のわりにお買い得だと思ってスマホタブレット使っているうえに、母にもLINE用の旧型HUAWEIタブレットを買わせたんだがこれが全部使えなくなったらどうしてくれようか。せめて旧型機と旧バージョンOSはこのまま見逃して欲しい。

マスコミはなぜ当たり前のように嘘つくんだ?

イタリアHUAWEI排除!

イタリア「せぇへんよ」

レノボHUAWEI排除!

レノボ「いつも通りやで」

ボーダフォン(ry

ボーダフォン「は?どこ情報?」

パナソニック(ry

パナソニック安心してこうてくれ」

歴史にifはないが、報道にはもっとないはずだろ?

Huawei

スマフォタブレットスマートデバイス脆弱性バックドアがあって

全部情報抜き放題にされてアメリカ国家として深刻な事態になるの?

TwitterInstagramソシャゲの垢ハックされて愉快なことになるだけなのでは

HUAWEI問題トランプ叩かれるけど結局中国肥え太らした企業家たちの尻拭いをしてるだけでしかないのだとランプは

HUAWEI切りって致し方ないけど・・・

中国政府の怪しさ満点はそうなので、HUAWEI切りは致し方ないけど、

アメさんにくっついていれば安泰という訳でもないのでは? と思うのです。


何か第二次大戦のように、どちらの陣営にくっつくかで、勝者か敗者かが決まってしま

凄く微妙選択を迫られている気もするのですよね。

HUAWEI切りって致し方ないけど・・・

中国政府の怪しさ満点はそうなので、HUAWEI切りは致し方ないけど、

アメさんにくっついていれば安泰という訳でもないのでは? と思うのです。


何か第二次大戦のように、どちらの陣営にくっつくかで、勝者か敗者かが決まってしま

凄く微妙選択を迫られている気もするのですよね。

2019-05-22

Huawei自滅すぎ

自分らで首絞めてるんだもんな。

いくら何でもARM供給停止は外道すぎる

Huawei潰すためなら手段は選ばないって感じでファックアメリカですわ

Huawei端末を実は使いたい。

世間ではHuaweiニュースが飛び交ってて

もう『余計なモノが見つかった』とかどーでも良くなってきてて、覇権争いなのが思っきし出てるけど、正直過去Huawei端末を使っていて思ったのは

『全盛期のNECばりのクオリティと安定感』

だった。おっさんで悪いがN503ぐらいを出してた頃のNECへの信頼感とかを思い出していた。

悲しいのは『中華製』という言葉破壊力なのだ

実際に使ってみてEMUIの『マジに考えられてるUI』だったり質感の高さだったり、スペックコスパの高さだったり。

とにかく『中華』という事を抜けば、GalaxyiPhoneと余裕で競い合うレベルだと思う。

大きな意味ホントのところ中華の驚異が本当に忍び寄ってるのかもしれないけど

ガジェ好きとしては、こういった素晴らしいプロダクトが消えていこうとしているのが残念だったり。

Huawei製品どうなるの?

SIMフリーHuawei製品を2年支払いで買った(あと1年くらい残っている)

今回の件で、どうなるのかよく分からない

サポートされるの?されるならいつまでなの?さっさと払い終わって買い替えたほうが良いの?

今後出る商品がどうなっても良いけど、既存製品がどうなるかは気になる

GoogleHuawei端末へのサービス提供を一部停止するニュースを見た。

私が持ってるスマホは2万円台のHuawei p20 liteなんだけど、あのニュース見てちょっとわくわくしたんだよね。

だって普段当たり前のように使っているインフラが突然使えなくなる経験ってそうそうないし、なんだか面白そうじゃん。

中国みたいに最初から締め出されている状態と、特定の端末だけ途中から使えなくなるのでは、後者の方がはるかに刺激的。

国同士の喧嘩自分の端末が巻き込まれるのって興奮しない?

そう思ってたのに、既存端末は引き続き利用可能で、新規端末がサービス停止の対象になるという。

がっかり

2019-05-21

anond:20190521134215

Appleはもとより、Androidメーカー各社も軒並みHuaweiに勝てなくなったからって大人げねえなって思ってしま

Huawei

ステマとかじゃなくて、Huawei製品ってやはりコスパクオリティ国内正式流通してるものと比べると頭一つ飛び出てるんだよなぁ。

HuaweiのEMUIが野良ROM同等のものになってしまうん?

最近いろんなところでHuawei使っているヤツをよく見かけるんだがwww

2019-05-20

HUAWEIあかんって言うのに、インテル入ってる方が圧倒的で何か起こったとき脅威なんだけど、それには誰もスルーなの?

2019-05-14

anond:20190514135733

実際Huaweiコスパの良さはすごい。回線と端末の契約が分離されたらiPhoneからHuaweiスマホへ大移動が起こりそう。

2019-05-13

anond:20190513225630

オレが使ってるのは世界3位のHuawei様だよ

日本向けにDSDSの代わりにNFCが付いたのにFeliCaが載ってなかったあの機種だよ

2019-05-05

スマホカメラからカメラ専用機への回帰が今まさにアツい!

iPhone 3GS日本で発売されて以降、カメラ市場(特にコンパクトカメラ市場)はスマートフォンに搭載されるカメラに苦戦を強いられてきたという現実がある。

ただ実は昨今、スマホカメラからカメラ専用機回帰するユーザーが徐々に増えているのをご存知だろうか。

スマホカメラの利点と言えば誰しもが想像するであろう「1つのデバイス撮影から編集、そして他のユーザシェアすることの出来る総合力」が挙げられる。

いわゆる"写メ"に代表されるガラケーの頃から培われたこソリューションは、ライトカメラ撮影を楽しむユーザーを多く取り込み、市場を(現在も)席巻しているというのは常識的である表現しても過言ではない。

スマホ登場以降のカメラメーカーの誤りを挙げるのであれば「ユーザーは画質をシェアしているのではなく思い出をシェアしているのだ」という現実を見ず、スマホよりも高画質であることを喧伝することへ終始してしまっていた。

この流れが変わるのは奇しくもカメラメーカー努力のみではなく、ユーザー需要形態に変化が起きたからであった。

何を切っ掛けにユーザー需要は変化したのか?と言えば、それは"Youtube"や"SNS"へのシェアだ。

Youtube動画投稿するユーザーが増え、様々な環境目的でのカメラ撮影を考えたときスマホカメラでは性能不十分である」という気付きがユーザーの中で起きた。

明るい環境でも暗い環境でも何が起きているのかを伝えたい、小さなグッズをより良く見せたい、より画角自由コントロールしたい、そんな需要から明るいレンズマクロ、広角に対応できるカメラ専用機需要が起きたのだ。

更にこれまたiPhoneが示したポートレートモード代表される美しいボケ味を常に得たいという需要も起きた。

スマホカメラは間違いなく進化している。より手軽により美しくより幅広い表現力を少し前のスマホ比較しても得ている。

しかしながら"一歩先"を意識したユーザーカメラ専用機へ目を向けた際、カメラ専用機進化幅はスマホカメラのそれを圧倒していた。

そもそもを言えば、例えばスマホカメラで高画質と評価されるiPhoneGalaxyXperia採用されているイメージセンサーSONYであるというのはカメラ業界では有名な話である

そして昨今急成長を遂げた中国新興スマホメーカーでもSONYイメージセンサー採用ユーザーの購買理由になるほどの流行を生んだ。

そんなSONYイメージセンサーである裏面照射CMOSのExmor Rや進化である積層型CMOS Exmor RSカメラ専用機にて先行採用されスマホ技術転用されるという流れを持っている。

手ブレ補正も顔認識オートフォーカススマイルシャッターカメラ専用機が先にあり、昨今のムーブメントを起こしている顔認識オートフォーカス進化であるオートフォーカスも新型Xperia採用されることが予告されているが、これもカメラ専用機採用されているものだ。

まりスマホカメラ未来スタンダードカメラ専用機にあり、一歩先を意識したユーザーカメラ専用機進化に新鮮な驚きを示している。

カメラ専用機邪魔という意識GoProアクションカメラというジャンル開拓したことにより低減されつつある。

アクションカメラというラフに扱っても良い安心感と、小型なのに驚くほどスムーズ手ブレ補正は、カメラ専用機経験してこなかったユーザーにとって敷居を大幅に下げる役割を持った。

SONY RX100Ⅵは前述した積層型CMOS Exmor RS採用し美麗な画質を得つつも、コンパクトカメラの小型さ、自撮り可能フリップ可動液晶光学ズーム光学手ブレ補正、瞳オートフォーカス価格が熟れてきた4Kディスプレイ対応した4K HDR動画撮影ハイアマチュアユースのRAW静止画LOG動画撮影可能というコンパクトカメラなのに全部入り

更に言えば、女性が嬉しい美顔モードを搭載している上、撮影したデータスマホ連携機能により無線接続スマホへ保存できる(流石に有線接続よりは遅いが写真数枚撮って転送程度ならばそう待たされる感覚もない)。

重ねてしまうが昨今のカメラ専用機において特筆すべきなのがスマートフォン連携機能であり、撮影したデータスマホ無線転送できるので、片手にカメラ専用機、片手にスマホなんていうことが起きないようになっている。

Instagramのあのアカウントキレイ写真をどうやって撮っているのか?」という疑問への解答はココにある。カメラ専用機で撮って無線転送してスマホシェアしているのだ。しかもそのカメラ専用機は小さなカバンにも入るコンパクトカメラ

こんなムーブメントリードしたのは一体どこのカメラメーカーなのだろうか?

前述した通りカメラメーカー努力のみではなくユーザー需要が変化したかであるが、その需要へいち早く反応したのがPanasonicであり、Youtube専用機とまで言われたPanasonic LUMIX GH5だ。

GH5はコンパクトカメラではなく、ミラーレスデジタル一眼と呼ばれる従来よりも小型化されたレンズ交換式デジタル一眼だが、面白いのはビデオカメラではないのに動画撮影機能意識したデジタル一眼であるという点。

4K動画撮影機能自撮りも出来る可動液晶を備え、ビデオカメラ以外では難とされていたデジタル一眼の4K動画撮影ではありがちな熱暴走を抑える優れた放熱性能を持つ(デジタルカメラ熱暴走すると撮影自動停止する)。

GH5が登場した時期はヒカキンなどで注目され始めていたYoutubeが盛り上がっていく時期と重なっており、Youtubeという需要へ上手くマッチしたのだ。

これを見た他のカメラメーカーも自社デジタル一眼製品4K動画撮影機能採用または既に採用していたカメラメーカーは強化するという選択を迫られた。

それでもデジタル一眼は写真機という意識を強く持ってるカメラメーカーは多いが、カメラメーカー大御所であるキヤノンEOS KISS M、フィルムメーカー富士フイルムはX-T100、SONYα6500やα6400で4K動画撮影機能自撮り可能液晶を備えている。もちろんスマホ転送可能だ。

そんなムーブメントに、よりライトユーザー対象とするコンパクトカメラが追わないはずがなく、前述したSONY RX100Ⅵやキヤノン PowerShot SX740 HSニコン COOLPIX A1000、コンパクトミラーレスデジタル一眼カメラPanasonic LUMIX GF-10などがムーブメント体現している。

ビデオカメラだって負けていない。

GH5でも注目したPanasonicビデオカメラでは可動式液晶へ可動式サブカメラを搭載させたワイプ撮りやマルチカメラ撮りに対応しておりコレもYoutube需要へ訴えかけている。

SONYハンディカムレンズ自体グリグリと可動する空間光学手ブレ補正によって手持ちして全力で走っても驚くほどブレない映像を得ることができ、激しいシーンをフレーミングするユーザーに高い評価を得ている。

空撮一般ユーザーの手中にしたDJIのドローンシリーズVRにも対応した360°カメラRICOH THETAシリーズやInsta 360シリーズそもそも撮影時のフレーミングという束縛からユーザーを開放させた。

決してスマホカメラ需要は無くならないだろう。無くならないどころかカメラ撮影メインストリームは今後もスマホカメラのはずだ。

しかし、スマホカメラが席巻してきた需要の一端がカメラ専用機回帰し始めていることをキャッチアップしないと時代に乗り遅れることは間違いないと強く表明したい。

-----

追記

現在VLOGで人気の一端を担っているデジタル一眼はGH5であることは間違いない。

これはヒカキン代表一部の人Youtuberたちが使っているからだ。

からこそGH5の価格はなかなか下がらないと考えて良い。

しかし、VLOGで使われているのはGH5だけでなく、それこそiPhoneGoProも使われており、他にはOSMO Pocketと呼ばれるジンバル一体型小型ビデオカメラも使われている。

画質へこだわりのある層はGH5の後継機であるGH5sへ移行している。

更により画質へこだわりのある層はGH5sよりも画質的に有利なSONYのα7Ⅲを使っている。

α7Ⅲを使っている層はハイアマチュア以上だという認識で間違いない。最早VLOGとは言えない映像作品レベルのものを公開しているビデオグラファーに採用例が多い。

最近は手軽にVLOGを撮るという需要から携帯性や画質とコスパ考慮してCANON KISS MやSONY α6400が使われるようになっている。

コンパクトデジタルカメラならばSONY RX100Ⅵがなかなか強いが、4Kが撮れて自撮りできるコンデジならば様々に選ばれている印象はある。

ただ、VLOGで最も使われているカメラは間違いなくiPhone、そしてGoProだ。

VLOGを頻繁に撮影しようと考えるようになってくると動画撮影のためiPhoneバッテリ残量が気にかかってくる。

カメラ専用機を導入すると当然ながらiPhoneバッテリ残量を気にせずとも良くなる。

そこでカメラ専用機を(ググったりして)最初検討へ挙がるのがGoProであることが多いのだ。

GoProアクセサリ豊富自撮り棒は当然あるし、自動車や自転車バイクマウントできたり、ヘルメットマウントすることも可能であり、カバンへのマウント自身の首へネックレスのようにぶら下げることだって可能

しかGoProiPhoneiPadとの連携にも強い。専用アプリがあるので撮影中の映像iPhoneiPadリアルタイムプレビューすることもできる。そのまま編集へ移行することも可能

自身撮影スタイルへ合わせやすいのでGoProが選ばれやすい傾向にある。

GoPro女子」なんていう言葉を見かけた時は「またカメラ業界ごり押し・・・」と怪訝さを持ったものだが、個人的感覚では「半分嘘ではない」くらいの印象。

海や山、観光地などへ行くと確かにGoProを構えている女子は居る。圧倒的にiPhoneの方が多いけれど「まぁ・・・嘘ではないかな?」と思える程度には居る。

このような状況なのでiPhoneGoPro比較するとGH5は人気がないと言って良い。

GH5は人気Youtuberを志す極一部のユーザーから一種神格化を受けている印象がなくもないのだ。

GH5にはGH5sという後継機がある上に、後継機であるGH5sよりもKISS Mやα6400の方が設計が新しいので、GH5信者特定Youtuberへ憧れを持っていない限り旧世代のGH5を選ぶ理由があまりないのである

従って「GH5が人気」なのはVLOGをやっているユーザーの中でも極一部のユーザーに人気ということになる。

これからVLOGというか「動画による思い出の記録をしたい」と考えるのであれば候補として以下を羅列しておくので検討活用して頂きたい。

○一番お手軽

動画向きカメラ専用機入門

コスパ高いデジタル一眼

○高画質デジタル一眼

現在では評価が分かれるので別枠

ビデオカメラ

上記は単純に「4K撮影できて自撮りがしやすい」という独断偏見的な基準抜粋したもので、上記から選んでおけば大きな失敗はないという程度のもの(撮れるっちゃ撮れるけど思ってたのと違ったくらいの失敗はあるだろうが)。

まり自撮りを考えなければ他にいくらでも候補は挙がり、例えばBlackMagick PocketCinemaCamera4Kのようにデジタル一眼の形態を持ちながらも動画撮影へ強くフォーカスした製品もある。

別の増田ホームビデオVLOG表現していたが大幅に間違ってはいない。語源はVideoLOGだがビデオBLOG的な感覚言葉なのだからオシャレである必要もなく、BLOGで書きたいことを書いたようにVLOGで撮りたいものを撮れば良い。

日記BLOGになったようにホームビデオVLOGになった、ただそれだけの話なのだ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん