「古市憲寿」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 古市憲寿とは

2020-08-10

anond:20200810122723

追記ありフェミニストによる「一人一派実例

このフェミニストを騙る輩は無知なのか歴史修正主義者なのか。

自分観測範囲ではそもそもフェミニスト自称しつつ一人一派と主張する人」を殆ど見かけない
・むしろフェミニスト一人一派と言っているのは「アンチフェミ」の方
・またフェミニスト自称しつつ一人一派を主張する人がいたとして、それはフェミニスト思想全体への批判に繋げられるほど一般化された主張なのか?
フェミニストの中で明示的に「一人一派理論採用している人は少ない。一人一派との指摘を行っているのはアンチフェミニストが主である

フェミは多様なものよ。一人一派、それ以上あるかもしれない。それらがぶつかり合うことはあっても、正統と異端という考えは全くない。(p186上野)上野千鶴子×田房永子上野先生フェミニズムについてゼロから教えてください! 』、2020年刊)

フェミニズムは一人一派、まさにそのとおり。/小倉:フェミニズムは一人一派だから、考え方が対立して当然なのだ。/フェミニズムとは一人一派と書かれているので上野 千鶴子,小倉 千加子 ザ・フェミニズム (ちくま文庫)、2002年感想

フェミニズムは一人一派だ、というのは(多分)田中美津の言葉だけれども、別にフェミニズムでなくたって人間は基本的に一人一派である。(私は愛されたい、私はピンクが大好き、それゆえ私はフェミニストになれない(のか?) )

上野 千鶴子氏など著名なフェミニストが「フェミニズムは一人一派」と言い続けているのに、「主張する人を見ない」「むしろアンチフェミが言っている」「一般化されていない」と嘘をついてアンチフェミ批判するあなたは、無知なのか歴史修正主義者なのか、どっちなんでしょうか?

そしてこういった汚れた輩から高潔フェミニズムを守るために、一人一派は役立ちます

追記

あなた理解力が著しく欠けているので、質問義務教育を終えてから。まずは学校勉強に専念しましょう。

第二に、「主張する人を見ない」「むしろアンチフェミが言っている」「一般化されていない」のはすべて事実です。

これらは全部あなた観測範囲にもとづく主観です。これが証拠になるのは、小学校までです。客観的事実なしに主張するなら、フェミニストを名乗ることで他に多大な迷惑を及ぼしていることを自覚なさい。

第一に、上野氏ほかの主張は彼女自身の説・主張であって、フェミニスト全体の総意ではありません。

総意なんて存在しないもの議論する価値がありません。上野氏は活動家でもあるという事実(後述)から目を背けて、自分正当性固執するあなたの姿は醜い。

自分の耐え難い苦しみがこれまでのフェミニズムに相いれないときに、自分の苦しみを優先して個人社会活動として訴えることを認めるのが、本来の「一人一派」で、あくま最後の手段です。それを、自分の気に入らないことすべてに安易に使うからフェミニズム全体の信用が失われ、アンチフェミニストが指摘するときの便利な道具になってしまったのです。

あなたには無理ですが、あなた以外が「一人一派」の一般性を理解できるよう、フェミニストによる「一人一派」をいくつか引用しておきます

「ザ・フェミニズム」p.303(上野によるあとがき)

第二に、小倉さんが言うように、フェミニズムは「一人一派」。だってわたしわたしであること」がフェミニズムなんだもの、人の数だけあってあたりまえ。ある人はこういうが、別の人はああいう。批判されても、ああそういう人もいるわね、でもわたしは違うって思っていればいい。(略)
何はともあれ、矢はとっくに放たれている。小倉さんとわたしの「一人一派」に、読者のあなたにもうひとりの「一派」を付け加えてもらえれば、この本の目的は達せられたことになる。

トランスジェンダーとフェミニズム ツイッターの惨状に対して研究者ができること 堀あきこ (2019.2.4)

一方、フェミニズムは、フェミニズム内で意見対立を抱え続けるものでもあります。(略)
この対立は、しばしば「フェミニズムは一人一派」という言葉で例えられます。なぜ、統一しようとしないのでしょうか。

Where We Are Right Now :多義的に進化するフェミニズムの現在地 清水晶子 (Harper's Bazaar 2017年6月号掲載

でも、そもそもフェミニズムって何だっけと考えると、これが意外にわかりにくい。「フェミニズムをひと言で定義してください」と言われたら、専門の研究者アクティヴィストでも一瞬たじろぐだろう。
女性男性と同等の権利尊厳を持つと考える人はすべてフェミニストだ、という言い方がある。出発点として、これは間違いではない。
同時に、「フェミ一人一派」という言い方もあって、これもある意味では正しい。実際、フェミニストの間で「それってフェミニズムとしておかしくない?」「いやそれはありでしょ」という議論が交わされることは、珍しくない。

大学に行かずにフェミニズムを学ぶ方法 小松原織香 2019.11.2

フェミニズムは一人一派と呼ばれ、それぞれが「私のフェミニズム」を語ることで成り立っている。それがどんなに間違っていると他人に言われても、「私のフェミニズム」は誰にも否定されるものではない。それが大前提だということはおさえておきたい。

プラスαの読書大特集(第2弾)新書だけで学び直す一般教養15講+α 著者不明

論座 (通号 86) 2002.7 pp.188 - 236

204 ページ

フェミニズムは一人一派というひともいるくらい多岐にわたっているし、その内容もきわめて多様である。だから、どんな考え方がフェミニズムなのかという根本はともかく、一口フェミニズムといっても実にいろいろな考え方があるという

ひろゆきさん、どうして「今の日本では“フェミニズム”って言葉を使わないほうがいい」のですか? 髙崎順子 ハフィントンポスト 2020.2.7

文字数制限で略)

上野千鶴子氏の社会活動に関する Wikipedia記述

上野 千鶴子 NPO法人ウィメンズアクションネットワークWAN理事長古市憲寿との対談にて、「ジェンダー研究フェミニズムのツールです」と自身研究運動に利用するためと答えて、小熊英二に「活動家としては正しい」と言われている。堀茂樹上野自身運動不都合なことは隠すと答えていることで、上野を「救いがたいレベル」と評し、小熊と古市批判し、研究者且つ社会運動である事は許されるが、「研究者として社会運動家のように行動するのは詐欺」と批判している。

2020-07-15

gotoキャンペーン擁護をしだすのも出てきたのかw

しか面白おかしい事になってきたなぁ。

しかし、このままだと観光産業死ぬ ~Go Toトラベルをどう考えればいいのか~

https://news.yahoo.co.jp/byline/nakatadaigo/20200714-00188107/

×このままだと観光産業死ぬ

gotoキャンペーンを行おうが衰退するのは避けられない。

古市憲寿氏「GoToトラベルキャンペーン」に理解旅行だけを規制しましょうというのもおかしな話」

https://news.yahoo.co.jp/articles/321c0d1e6a3690ba8d0ca86966b223d7a34d5b27

しかし進める方も進める方ならば、擁護する方も擁護する方で面白い事を言うよね。

そもそも感染者数が爆発的に増加しているとは言え、今の段階では旅行自体規制されている訳ではないし、この理屈で言えば、それこそ政府官庁旅行関係特定業種にの優遇措置を行っている事自体おかしいと言う話になるのだけどね。

この点はコロナであろうがなかろうが一般人からすればおかしく感じる点だよ。

こう言うのが突然湧き出してきたのもクーポン利権が大きいのかなと思ったりもする。

ただ当時からお肉券やら言っている人達からそんな感覚も抜けているのだろうけど。

そもそも今回のコロナの再拡散にしても元々5月感染者数が減りだした途端に政府官庁与野党わずコロナ対策蔑ろにして、平時にやるべき法案等を優先したり、元法相話題ばかりやっていた結果、増加に転じたと言うある種の人災と言うべき事態であるし、この経済面から緊急事態宣言を早期に解除せざる事態も元々麻生大臣3月企業に対して粗利補償等の措置を変にケチった結果招いた事だからね。

何にしても当初の行動のミスが後々まで響き、経済面においても更に深刻な事態をも招いたと言ったも良いからね。

最も寄りにもよってレジ有料化gotoキャンペーン等を情勢を見ずに強行する様なセンスの無さを発揮している人達から今後もやらかし続けるだろうけどね。

また経済的側面から見てもボーナスカットやそれで女子医大の大量退職希望が出始めたりと医療面にも悪影響が出始めたし、東京今日165人だけど、大阪が61人と関東の以外でもかなり増え始めたので今後どの道碌でもない方向にしか行かないだろうね。

吉村知事に関しては大阪モデルとか言って当時緊急事態宣言の解除を状況的にせかした一面がある人と言っても良いから、今後場合によっては自身立場すら危うくなる可能性もあるだろうなと思ったりもする。

今回のgotoキャンペーンにしても案の定玉虫色発言をしているし。

2020-01-04

今日アド街を見て古市憲寿ファンになった。

すでに世間では「空気を読まないコメンテーター」として名高いらしいが、私は今回初めて彼を見て、本当に空気を読まずに核心をついた発言をするので感動した。「オリンピックなんて一瞬ですよ。その後どうなるかが重要なんです。」そうだよ、学者ぐらいちゃんオリンピック後を見据えて物事を考えてもらわないと困る。半年先のオリンピックのことだけ考えて浮かれているバカ日本人の大部分を占めているのでは日本は衰退する一方だろう。

2020年 変貌する街SPECIAL」というテーマだったので、オリンピックやそれに関連した大規模開発が進む街を中心に紹介していたが、笑ってしまうぐらい首都圏ばかりに集中している。結局富はもともと栄えている街に集中するのだ。「復興五輪」とかいお題目はいったいどこに行ったんだ。千葉なんか台風の爪痕に苦しむところと、交通要衝競技会場があるなどの理由でそれなりに体裁を整えておかないとまずい場所県内格差が発生しそうだな。

この期に及んでオリンピック文句を言ったところでやらないわけにはいかないんだろうけど、とりあえず彼のようにそれなりの知名度と信頼のおける肩書きの持ち主に「オリンピックなんかどうでもいい」と大々的に言って歩いていただきたい。私のような無名一般市民オリンピック文句を垂れても「あ~、アンチが何か言ってるよ」で終わりだから

指原莉乃のこともディスりまくっていて、「オーラないですよ」とか言ってて笑った。最近はそこそこ可愛く見えるようになったが、整形したのかこっちの目が慣れたのかよく分からない。とりあえずあの容姿アイドルとしてのし上がったしたたかさは評価するけど、何か他の道はないんかねと思う。

さらかも知れないけど、古市憲寿の今後の発言に注目しようと思った。

2019-11-09

anond:20191108221632

「小保方系女子とは、以下のような特徴を持つ女性のことである」という定義なのに「男性でも古市憲寿落合陽一や小泉進次郎のようにいないこともない」というのが矛盾しており意味不明男性を含めるなら定義を変えろ。

2019-11-08

小保方系女子

小保方系女子とは、以下のような特徴を持つ女性のことである

下の人物が上記に当てはまる

小保方晴子

理研の元研究員STAP細胞発見で「リケジョの星」から、それが虚偽だったこから論文偽装」に。AO入試からまり一連の論文不正笹井芳樹に取り入り最終的に自殺に追い込むなど悪質度は高い。近年のこの手の女性草分け的存在

エリザベスホームズ

医療スタートアップセラノス」創業者血液一滴からあらゆる病気発見できるという触れ込みだったが、実質は詐欺だった。ジョブズかぶれで年中黒タートルネックを着用。まさにアメリカの小保方、あるいは小保方氏が日本エリザベスホームズとも。

中澤優子

家電ベンチャーUPQ創業者。優れたデザインコストパフォーマンスの高い製品が特徴だったが、そのほとんどでリコールが発生。技適未取得やスペック偽装バッテリー爆発などまともな製品を作れていない。

千津井由貴

秋葉原寿司店なでしこ寿司店長。当初ガールズバーのようなコンセプトの寿司店だったが、なぜか「女性差別と戦う寿司店」に。しかし衛生管理問題があったり、ホームページSNS写真パクリだったり次々問題発覚も逆ギレ炎上

勝海麻衣

銭湯絵師モデルとして活動する一方で銭湯絵師丸山清人弟子入り。大正製薬イベントでのライブペインティング盗作だったこから過去作品盗作も発覚。

男性でも古市憲寿落合陽一や小泉進次郎のようにいないこともないが、日本男性優位社会のせいもあり、あらが目立ちにくい。またこの手の女性が、ある種の女性性を武器にするのも男性優位社会という一面もある。エリザベスホームズアメリカ人だが。

権力を持った親父が若い女に弱いということである

一部削除

2019-08-13

今日古市憲寿さん

日テレ系夜9時から、「ザ・世界仰天ニュース」の「文章が美しい悪女スペシャル」にご出演の予定。

小説なんかも書けちゃう文化人の枠なんだろうけれど、せめて又吉直樹羽田圭介にして欲しい。

[]2019年8月12日月曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
009710043103.543
01378770237.085
02233740162.659
03106175617.5180
0420124062.033
051247839.828
06384027106.032
0733210663.832
0858301251.928.5
09375298143.256
1082456455.725
1189627070.435
1293895496.340
1352372171.635
148912637142.042
15799187116.340
16819186113.442
176610727162.552
1854526197.441
1980777697.247.5
201361025075.433
219514392151.555
2212613048103.641.5
23869106105.945
1日1573169968108.140

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

チマチョゴリ(8), マミー石田(7), 綿矢りさ(3), 準備会(4), ロリロリ(3), found(3), バリケード(4), リストバンド(5), ばいきんまん(5), ゴキジェット(4), 経済指標(3), コミケ(21), アンパンマン(8), 富(6), 参加者(7), ゴキブリ(11), 予備校(6), 慰安婦(6), ルッキズム(6), エクセル(5), 国会議員(6), 同類(6), 暑い(7), 党(10), 会場(7), N(8), 倒れ(8), コピー(6), 富裕層(6), NHK(18), スタッフ(9), 童貞(21), 夏(11), 海(8), 並ん(8), 京アニ(8), 守ら(8), 知れ(20), 別れ(12)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

■【追記あり】僕は異常だ /20190812141826(20), ■童貞馬鹿にするのを止めるのがどれだけ童貞の為になる? /20190810064323(11), ■ /20190811184610(11), ■パワハラ・鬱・専業主夫(^ω^) /20190812154402(11), ■【追記あり古市憲寿さんが芥川賞選考委員にいろいろ言われちゃってる件 /20190812012815(11), ■貞本義行氏の炎上について雑感 /20190812113847(8), ■この場合どっちが金を払うのが一般的なのか /20190812120239(8), ■ /20190812130236(7), ■バイトだろうが責任を持てよ /20190812065445(7), ■男は性欲があって大変だね・・・。 /20190812200057(7), ■実家に帰って男女差別確信した /20190812140341(6), ■アシダカグモの倒し方教えて 再掲 /20190812005356(6), ■いまだに誰も答えてくれないこと /20190812160042(6), ■今、日本で5000億くらい渡したら革新的な結果出してくれる人っておるん? /20190812165750(5), ■anond20190812165750 /20190812170454(5), ■バイト先が頭おかしい /20190812064238(5), ■マツコに突撃してるT氏はさ… /20190812215711(5), ■はてなブックマークヘイト拡散器だよね /20190812073605(5), ■男同士で遊ぶとかホモなのかと思う /20190812103303(5), ■東日本西日本っていうけど /20190812114105(4), ■「あんぱんち」がダメなら、桃太郎とか昔話も全部禁止な /20190812083402(4), ■ニートは親が死んだらどうするの? /20190812000736(4), (タイトル不明) /20190812080317(4)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6526384(1842)

2019-08-12

追記あり古市憲寿さんが芥川賞選考委員にいろいろ言われちゃってる件

10日発売の『文藝春秋』に芥川賞の選評が載っていて、二回連続落選した古市さんがいろいろ言われている。

候補作は単行本出版されているが、まだ読んでない。だが、高学歴なのにビルの窓の清掃員をやってる主人公の話で、参考文献が詳細にあげられているらしいことは、なぜか知っている。

参考文献については、前回だったか候補作の剽窃問題があって、その辺の対策らしいと噂されていた。

で、選評である

まず山田詠美はこう書く。“(参考文献の)木村友祐作「天空絵描きたち」を読んでみた。

そして、びっくり! 極めてシンプルで、奇をてらわない正攻法候補作よりはるかおもしろい”

候補作が真似や剽窃に当たる訳ではない。もちろん、オマージュでもない。ここにあるのは、もっとずっと巧妙な、何か。それについて考えると哀しくなって来る”


続いて川上弘美。“結論からいいますわたしは悲しかった。木村友祐さんの声がそのまま「百の夜は跳ねて」の中に、消化されず、ひどく生のまま、響いていると、強く感じてしまたからです”

古市さんのおこなったことは、ものを創り出そうとする者としての矜持にかける行為であると、わたしは思います


吉田修一。“本作に対して、盗作とはまた別種のいやらしさを感じた”

あいにく『天空の…』の方は書籍化さえされておらず入手困難であり、まさにこの辺りに本作が持ついやらしさがあるように思う。”


堀江敏幸。“他者小説の、最も重要な部分をかっぱいでも、ガラスは濁るだけではないか”(原文では「かっぱいでも」に傍点あり)




要するに、古市さん、文芸誌掲載されたが出版されていない佳作を探してきて、うまいこと翻案して小説書いたようである

いや、具体的にどの程度の参考具合なのはかめてないので、なんとも言えないが、当代きっての作家先生方が、かなり憤っておられるようなので、相当なものなんだろう。

是非比較して見たいところだが、「参考文献」の方は、『文学界2012年10月号、だそうなので、確かめるには、図書館バックナンバーを出してもらうしかなさそう。

にしても、古市さん、お忙しそうなのに、純文学文芸誌まで必死にあさって「参考文献」集める努力は大したもんだが。

まあ「情報集め」は嫌いじゃなさそうだしな。

まさかとは思うが、担当編集者うまいこと見繕って選んだのを古市さんに読ませてるとか、そういうことじゃないよね?





参考文献問題に触れてない選評にしても、あまり芳しくない。

島田雅彦曰く“ナルシスト的私語りが中心で、リアリティ構築に必要な細部も情報パッチワークに終始しているのが気になった。”

宮本輝は“他の登場人物たちがみな類型の寄せ集めなのだ。”

どうやら評価したのは奥泉光だけで、“今回自分が一番押したのは、古市憲寿氏の「百の夜は跳ねて」だったが、選考会の場で評価する声はほとんど聞かれず、大分弱った”そうである

“外にあるさまざまな言葉コラージュして小説を作る作者の方向を、小説とは元来そういうものであると考える自分肯定的に捉えた”そうだ。

ここには、小説における“オリジナリティ”とは何か?という問いが含まれている。

ま、小説なんてそもそも「すでにある言葉」の組み合わせでしか書けないじゃん、というのはある。

で、ありものコラージュでも新しいものが生まれればいいけど、山田詠美は「参考文献」の方が「はるか面白い」って言ってるしなあ。

吉田修一は、「参考文献問題」以外にも手厳しくて、“凡庸差別的価値観主人公小説で書いてもいいのだが、作者もまた同じような価値観なのではないかと思えるふしもあり、とすれば、作家としては致命的ではないだろうか”なんて言っちゃってる。

これは、社会学者にして人気コメンテーター(タレント?)としての活動にも少なからず影響しそうな評価だと思うけど、ま、芥川賞の選評なんて、今時の世間に影響力なんかないのかな?




古市さんという人、本をちょっと読んだことがあるのと、時おりメディアでお見かけするだけで、どんな人か詳しくは知らない。

ただ、妙に芥川賞を取りたがっているらしいという噂は聞く。

なんでだろ?

“気鋭の若手社会学者”も“テレビ毒舌が人気の論客”も、実に空虚脆弱肩書きで在ることに、ご本人が一番気づいているということだろうか?

そこで、「学者として研究に力を入れる」ではなく、「いい感じの小説を見つけてきて、うまいこと翻案して芥川賞ねらう」って辺りが、実に薄っぺらいけど。

テレビ知名度得た人が芥川賞狙うって図式では、又吉直樹といつ成功例がある。

あの「火花」という作品が、そこまで傑作かどうかはともかく、この人は本当に、太宰治を筆頭に、文学というものが大好きで、おそらく文学に救われたという経験を持っていて、文学リスペクトしていることが端々から伝わってくる。

文学に対して真摯謙虚なんたろうな、と感じられるのである

片や古市さん、文学とか小説とか、本当にお好きなんだろうか?

あんまり文学とか語ってるのを聞いたり読んだりした印象がないのだが。

前回の選評では、「ナルシシズムが過ぎる」とか「自己肯定というより自己過信」とか、これまたかなり厳しい言葉が並んでいたと記憶する。

単なる自分語りの舞台として小説を選んでいるのだとしたら、ずいぶん旧い、日本文学における「私小説偏重文学観をうすっぺらくなぞっただけかもしれないが。

なんだろうなあ?

社会学者コメンテーターも、ありもの言葉を組み合わせつつ、持ち前の地頭センスと要領でなんとなく現在地位を掴めちまったっぽいだけに、「小説? これくらいなら、ボクでもかけるじゃん」とか思っちゃったんじゃないかなあ、という疑いを禁じ得ない。

で、今後も小説は書いていかれるんだろうか?

追記

えらくブクマついてる。文藝春秋なんて読んでないけど、中身は気になるって人は多いのかなあ、と思ったり。

「参考文献」の著者、木村友祐さんがtwitter発言されておられるので、追記しておく。

本件、「古市さんが窓拭きに興味をもち、取材依頼があり、応じました。窓拭きの達人を紹介しました。古市さんはその取材をもとに書いてます。」そうだ。

選評からの推測で「翻案」などと評したのは、勇み足だった。

お詫びしたい。

なお、「窓拭きの細部以外は、ぼくの作品古市さんの作品は別のものです。そしてぼくは、〝知名度がないゆえに作品を利用されたかわいそうな小説家〟ではありません」とのこと。

にしても、選考委員先生方は、どの程度経緯をご存じの上で選評を書かれたのかは分からないけれど、えらく憤っておられるようで、なにがそんなに山田川上吉田各氏に火を着けたのか、検証してみたくはある。

二冊並べて売ったら、「出版ビジネス」としては面白いと思うけど、難しいのだろうか。

2019-06-02

anond:20190601172512

立川志らく「一人で死ぬべき」

松本人志不良品が出るのはしょうがない」

人間が生まれてくる中で不良品が何万個に一個あるのはしょうがないと思うんすね。

それをみんなの努力で、何十万個、何百万個に一個に減らすことはできるのかなと思う。

正直、僕はまあ、こういう人たちは絶対数ますから。もう、その人たち同士でやりあってほしいですけどね」

ジャーナリスト堀潤氏が、「松本さんの言ったことはクリティカル」と賛同

社会学者古市憲寿氏が、SNEP孤立業者)と呼ばれる社会的孤立して仕事もしてない人は150万人はい

前にリストアップして何もやってない状況で逮捕する

https://news.infoseek.co.jp/article/sirabee_20162092431/

2019-04-16

テレビ見ないからよくわかんないけど、古市憲寿って露悪ツイッタラーみたいなことをテレビでやってるのか。

誰に需要あるんだろう。

2019-03-18

本業で何しているのか不明文化人多すぎ

古市憲寿……株式会社ゼントの役員らしいが何してるのかは不明

宮崎哲弥……株式会社アルターブレイン副代表らしいが何しているのかは不明

山本一郎……個人投資家らしいが実態不明

2019-02-12

ドリンクにおちんぽ入れて,若い女性客に飲ませた話

古市憲寿氏がくら寿司不適切動画を巡り不適切発言

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12275-184763/

ここのコメント見て,何十年も前から合った話の一つとして書いておくよ。

自分経験じゃなくて,聞いた話なんだけど,勘弁してな。

友人の友達兄貴バイトしてた喫茶点で,綺麗な女の人が入ってきたんだって

で,厨房内で「ドリンクにおちんぽ入れてから出そうぜ!」って話になって,そうしたんだって

で,彼女は飲んだと。

40年位前の話かな。

2019-01-16

荻上チキさんの思い出

荻上チキさんの名前を見たなかで一番印象的だったのは、社会学者古市憲寿さんが直々に『絶望の国の幸福な若者たち』のなかで言及したときのことだ。内容については触れない。ぜひ入手して読んで欲しい。

荻上さんの名前を知ったのははてなダイアリーだ。『バックラッシュ』は買った。表紙には上野千鶴子先生名前を筆頭に、たくさんの論者の名前が書かれている。その一番最後荻上さんの名前が書かれている。いまでもその本は捨てずに本棚に置いてある。

はてなには、よく分からないことを言うひとも多かったし、いまでは名前も思い出せないひとも多い。そのなかで荻上さんははっきりと名前を覚えたひとりだ。ジェンダーフリーについてのサイト煽りまくっていたのを覚えている。

僕は、はてないたことを忘れないために一番輝いていた荻上さんのことを書いておく。

2018-10-08

社会学ヤバい

どれくらいヤバいかというと我が家ヤフーで「社会学」と検索したら2番目に「社会学 古市憲寿」と出てくるくらいにヤバい

社会学に関わる方々は日本における社会学イメージがこうであるという危機感もっと自覚された方がよいと思う。

2018-10-06

学生社会学を専攻する動機

どうせ「上野千鶴子みたいになりたーい」とか「宮台真司みたいになりたーい」とか「古市憲寿みたいになりたーい」くらいのことだろう

上から目線社会イチャモンつければマスメディアチヤホヤされて著書がベストセラーになって印税でウハウハ、

査読論文なんか書かなくてもコネアカポスゲットとか思ってんだろ

2018-09-26

anond:20180926003752

今回の件は間違いなく、「左翼言論弾圧」ではなく「新潮社卑怯な逃げ」

しろ「そうまでして被害者になりたいのか?」と言いたい

とはいえ新潮45』という媒体がもったいなかったのは事実

各種月刊総合誌のなかでも、新潮社文藝春秋社は、文学出版社だけあり

政治的議論にとどまらサブカルチャー視点も大きいのが特徴

今はなき文藝春秋社の『諸君!』での坪内祐三の「1972」みたいな連載は

産経新聞社の『正論』みたいな政治偏重のマジメ右派論壇誌ではありえない

新潮45』は小田嶋隆だの古市憲寿だの単純なウヨではない論客も多く起用していた

こういう媒体がなくなるのはマジでもったいない

少なくとも『新潮45』には、杉田論文について賛否両論併記で再論する

ワンチャンがあったのに、みずからそれを棒に振った

これが週刊文春だったら、以前に朝日新聞とモメた池上彰がみずから

朝日新聞一方的非難する文藝春秋社に疑義を唱える記事も書いてた

こういうのが政治論ばっかりに偏重しない文学出版社ゆえの

柔軟性とか自浄作用だったんじゃねえかと思うんだがなあ

(無論、週刊文春文藝春秋社はまた別の問題が多々あるけど)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん