「選挙特番」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 選挙特番とは

2019-07-22

anond:20190722100115

選挙特番見てたけどあれすごいなー

当選したはいいけど大丈夫なん?と思ったわ

2019-07-21

anond:20190721202953

元増田です。

正確に当確を出すためにいろんな調査をしているのは分かるんだ。ただ、その調査自体に何の意味があるのかと。

たかだか1日とか半日早く結果らしきものが分かるだけだし、その調査結果だけがもてはやされてさ、選管から出される正式結果発表って報道ですら軽んじられているじゃない? NHK当確がでたからって万歳してお礼してダルマの目を書き入れてさ。いいのかそれで。本結果じゃないんだぞ。選管で頑張って数えてる人たちの努力とか、投票にいった自分らのこととかはなんなんだとか思うし。

あと、出口調査なんて面倒くさそうなことに協力してくれる良い人の意識ばかりが反映されることになっちゃうし。世論調査なんかもそう。国民本音はそんなことじゃわからないと思ってるよ。世論調査って、未だに家電話を引いてて平日に誰か知らない人からかかってくる電話を躊躇なく取れるような人しか答えられないから、国民全体像から絶対にズレているはずだ。

本結果の前にそういう協力的な一定層へ調査しただけのことが大手を振っているメディアにムカついて仕方がない。それは実像ではないと思うんだが。

選挙特番投票日の翌日じゃダメなんだろうか。

2019-07-07

anond:20190706190044

開票・集計の手間を省くためにもブースボタンを設置して、それを押すなど投票デジタル化はして欲しい。識字率の低い国などではやっていたはず。選挙特番の楽しみは半減するが。

2019-04-09

anond:20190409144926

選挙特番のことですかね?

池上さんの話聴きました?他の番組と応対がえらく違ったようですが。

2018-03-22

反町理枝野幸男に対して当たりが強い理由

反町理の「聞きたい事を聞き出す技術」の中で29年の総選挙の前にプライムニュース枝野幸男を呼んだ時のことが書かれていた。

例えば立憲民主党代表枝野幸男さん。選挙中にお呼びした時に、僕は消費税の話を突っ込んで聞きました。

と言うのも、民進党代表だった前原誠司さんは、「消費税を二パーセント上げて、それによって上がってくる五・四兆円は財産健全化ではなく、教育社会保障に使います」と言っていました。

ところが、前原さんを支える代表代行だった枝野さんは平成二十九年の選挙立憲民主党から立候補したときに、消費税の引き上げは行わないという事を公約として上げました。

ですから、「この間まで二パーセント上げると言ってたのに、おかしいじゃありませんか」と質問したのです。

すると枝野さんは、「あれは前原さんが言ってただけで、党が決めたことではありませんから、私としては何の瑕疵もありません」とおっしゃった。僕は、それはおかしいと思ったので、

しかし、民進党消費税を上げる方向でいっていたんじゃないんですか」と質問を重ねました。けれど、枝野さんは、「いえ、党としては決めていません。代表選で勝った前原さんがそう言ってただけです。党としては議決していません」

と言うばかりです

この後何度も同じような質問をしたが反町Cが満足行く答えは返ってくることは無かったと記されている。そしてこれは後の章になって台本には全く無く自分が聞きたかたから聞いた事も白状している。

その後の地上波選挙特番で反町Cは解説者として出演したが「立憲民主党は今回の選挙で躍進しましたけど、これで菅内閣の時の禊は済んだとお考えですか?」と枝野イヤミたっぷり質問をぶつけたのは自分が聞きたかたから聞いただけの可能性が高い。

また本の中で反町Cは政治家矜持を期待しているという事も書かれている。

まり、先週の森友文書問題ゲストに来る野党議員に次々と安倍昭恵証人喚問で呼ぶのは政治ショーだ、本質解決するんだったら直接関わった近畿財務局人間を呼ばないといけないという自説を披露したのはそういう矜持を期待したい思いかのものであったのではないかと考えられる。

とは言え、与党議員や今の首相矜持がどれだけあるかはわたしには不明ではあるのだが……

2017-10-23

池上彰選挙特番で進次郎を取り上げたがる理由

1)いずれ「口先だけのパフォーマンス野郎」だということがバレるので、そのときまで持ち上げるだけ持ち上げて、コケたところでバッサリ斬りかかって「池上さんはやっぱりすごい」を獲得するための長期戦略

2)進次郎が視聴率をもってるので取り上げてほしいというテレ東要請に、所詮電波芸者池上がのっかっている。

3)池上は本気で「進次郎はすごい」と思っちゃう程度の人間である

どれ?

録画した昨日の選挙特番見てるけど、池上彰自分が望んだ回答じゃないと不機嫌というかぶっきら棒になるよね

選挙特番なんて一局だけでやればいいじゃん。関ジャム見たいわ。

2017-10-22

池上彰って選挙特番のたびに小泉進次郎をフィーチャーするけど、どういう意図なんだろ?

進次郎がパフォーマンス先行で実績ないってのはさすがによくわかっているだろうから、どっかで失敗したらハシゴはずすのかな?

2017-10-21

anond:20171021212841

各局いっせいに選挙特番をやるのは、放送法で、娯楽、報道教養と偏らないで適切にやれって定められてるからだと勝手に思ってたけど違ったか

明日フジテレビ20から選挙特番やらずにボクシングやるんだね

選挙どうでもいいやな視聴者が集中して意外と視聴率取れたりするんだろうか

選挙特番以外やると言ったらEテレもだが、日曜美術館は渋すぎるし

2017-10-13

22日は

各局、選挙特番をする中でテレ東アニメを流してオタクが「さすがテレ東」と大はしゃぎするいつもの気持ち悪い流れなんだろうけど、テレ東報道機関としての役割放棄していても許されるのってなんで?

2017-09-25

私的選挙の楽しみ方

今日堺市長選挙があった。この堺市選挙は一地方都市市長を決めるというだけの問題ではなくて大阪府の今後を決めるかもしれない選挙だった。結果は現職市長の再選。

性格が悪い私の個人的選挙の楽しみは負けた陣営のお通夜雰囲気事務所を見ることと、負けた陣営支持を公言していた人たちのツイートを見に行くことである

どちらが勝とうが負けようが楽しい。お通夜雰囲気になってる事務所をげらげら笑うのももちろん楽しいけど、やっぱり自暴自棄のようになっている支持者のツイートが一番楽しい

「○○を選ばないなんて本当にバカ。」とか「○の地域はどうしようもない田舎者」とか書いてるのがめっちゃ好き。

負けた候補政党を支持する人間はとにかく買った候補政党投票した人のことを罵るよね。私からすると益々その人たちのこと嫌いになる。

来月の総選挙楽しみだなー。選挙特番いっぱい見れるのも本当楽しみ。

2017-04-04

http://anond.hatelabo.jp/20170404215135

生放送ってそんなに追い出されるか?

一般会員のときでも、何年に一回かの選挙特番とか以外で追い出されたことないんだが。

プレミアムときも、追い出されましたなんての見ないぞ。

単純に生放送に関しては、益田特別来場者のおおいのを見てるってだけなのでは。

てかシークなんてプレミアムでも読み込めてないところへやったら読み込み遅くて対して使えないんだし

そんなに差があるとは思えん。

再生広告を消せるという点で、ようつべにはないかなり大きなメリットだと思って課金してるけどなあ。

まあ、見るジャンルにもよるだろうけど。

2016-07-11

ハム速捏造捏造

テレ東池上彰選挙特番捏造が発覚wwwwwwwwwww

http://hamusoku.com/archives/9300312.html

テレ東憲法改正ツイッターアンケートテレビ画面結果が、自分ネットで調べた結果と合わないと>>1写真を載せる。

1 :名無しさん@おーぷん:2016/07/11(月)00:53:36 ID:Oq5

ツイッターハッシュタグを使った憲法改正アンケート結果が明らかにおかしいから、リアルタイムハッシュタグの数調べてみたらこのザマwww

2 :名無しさん@おーぷん:2016/07/11(月)00:54:34 ID:Oq5

(tweetreach.com から写真)

http://imgur.com/XnHmVv3.jpg

http://imgur.com/aTw2Go6.jpg

憲法改正しなくていい:30048

憲法改正するべき:53564

しか

188 名前ハムスター名無2016年07月11日 14:35 ID:pXm9iWzK0

結果を疑って確認するのはえらいとおもうけど、この tweetreach.com てのはツイート数を確認するためのものじゃないぞ。

左のESTIMATEDREACHてのは#tx○○ と記載されたツイートを受信した人(フォロワー数)の合計だ。

右のEXPOSUREてのは自分フォロワーにどれだけ広まったか指標だ。<1K てのは自分フォロワーの中で「フォロワー数1000人未満」の人のタイムラインにどれだけ表示されたか、だ。

これは自分アカウント依存する。

まり自分のつけてるハッシュタグ意味あるのかな?」と確認するときに「お、ちゃんと沢山フォロワーがいる人たちが見てくれてるな」と安心するためのもの

ただ、>>1Open2ch では「池上選挙かい偏向番組WWW」としか題名をつけてないんだよね。

http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1468166016/

それなのにハム速題名を改変して自爆してる。

2016-07-10

選挙特番について

おかし

選挙特番20時ゴロからスタートなんて

選挙の時なんて夕方から始まってただろ

衆議院参議院の違いあるけれどこの時間差ってどうなの

やっぱり自民党アンコー戦略なのかな

20時じゃ投票所閉ってるしさ

マスコミいつまでも安部圧力に屈してんじゃねえぞ

いよいよ夕方だな

選挙特番にそなえて風呂入って酒飲みながら待とう

2016-07-08

選挙特番見る気しないから、お勧め映画を教えてくれ

最近統計の精度が上がって開票1%でも当確が出るので開票直後に大方決着がついてしまう。

そもそも開票結果なんて全部出揃ってからネットで見ればいい。

テレビ局が揃って3時間も4時間選挙特番をやる意味はまったくない。

 

というわけで、日曜日は見逃した映画でも見ようと思う。

攻殻機動隊新劇場版面白い

2016-05-03

池上彰氏の凄さ限界

池上氏関連のホッテントリがここ数日あがってたので、自分の思うところを書いてみる。

自分は一応、新卒池上氏と同じ業界就職(といっても、自分は紙媒体)し、記者という肩書をもらっていた経験がある。

7年ほど現場にいて、体壊して、ちょっと内勤の管理部門にいさせてもらったのだが、なんか、内側から会社を見ているうちに

もともと、あんまり向いていなかったかな?と思っていた業界さらに嫌になって転職して

10年ちょっとになる。

普通、あの業界では、最初の何年か地方修行して、いずれ東京大阪に戻ってくるパターンが多いが、

自分就職先は、いわゆる経済紙で(ってもう社名明かしたようなもんだが)地方支局が貧弱な会社だった故、

新卒地方支局に行くという制度がなく、入社から退社まで東京で過ごした。



池上氏の凄さは、なんといっても、情報を取捨選択してわかりやすく伝えるプレゼン能力と、守備範囲の広さだと思う。

で、あれだけのことを伝えられるには、背後に相当の知識があるのであろうと思われている。

その「相当」がどの程度なのか、というと、たぶん、世間一般の人が想像するよりは、かなり浅くて、

けっこうぎりぎりのラインでしゃべっているのではないか、という気がする。それでももちろん、かなりのレベルではあるだろうが。

いわゆる大手メディア企業記者にまず最初に求められるのは、

「昨日聞きかじったばかりのことを、あたかも以前から詳しく知っているかのようにしゃべったり書いたりする能力である

なにしろ、日々、いろんなことが起こるのだ。

なかなか深堀している暇などない。

そうこうして、キャリアを積んでいくうちに、それぞれの専門分野ができていくわけだが、

大半の人は、きちっと専門分野を確立する前に、デスク管理職になったりして、だんだん現場から離れていく。

記者職としてキャリアを全うする人(編集委員とか論説委員とか解説委員とか)は少数派だ。


池上氏の経歴を見ると、NHKで地方局通信部を回った後、東京社会部気象庁文部省宮内庁などを担当した、とある

まあ社会部記者として一般的コースという感じだ。

東京では、悪名高き日本の「記者クラブ」に所属し、最優遇される立場で、役人から懇切丁寧なレクを受けて、

それをニュース原稿に仕上げるのが、まず最初基本的仕事だったと推測する。

NHKの記者特に、「特ダネ」を取ってくることよりも、「報道されるべき情報を落とさない」ことをなにより求められるらしいので、

多分、想像以上に、定例記者会見に出席したり、資料をチェックしたり、他社の報道確認したり、

思いのほかルーティーンワークが多いのではないかと推測される。

(なお、NHKスペシャルなどのドキュメンタリー番組は、主にディレクター職の人が担当しているので、

つのテーマを深くじっくり追いかけるのは、あまり記者仕事ではないらしい。

実は自分もNスぺ作りたくてディレクターを第一志望にしてNHK受けたのだが、見事に落ちた)



で、そんなに知識が深くなくても記者が務まるのかといえば、そこそこ務まる。

自分は、そのさして長くない記者キャリアの大半を、メーカーを中心とした企業取材で過ごしたのだが、

正直、最初は、「貸方」「借方」もよくわかってなかった。(大学政治学選考だったし)


それでも、入門書片手に勉強しながら記事書いて何とかなっていたし、

そもそも「大手メディア記者」が企業広報部を訪ねると、結構いろいろ懇切丁寧に教えてくれるのである

そりゃ、変な記事書かれたくないからね。

多分、NHKの記者というのも、それなりの対応を受けるはずである

もちろん、伝えてほしいことは積極的かつ懇切丁寧に伝え、触れられたくないことは隠しながら、だが。

中には、「たいてい経験の浅い若手が担当する企業」というのがあって、そういう会社古参広報さんの中には

「今、編集委員の何々さんねえ、あの人が新人のころ、私がいろいろ教えてあげたものだよ、わっはっは」なんて言ってたりした。

もし、あなた会社広報部に、なんだか大学出たての記者ばっかりくるようだったら、

それは、メディアから軽んじられている証拠である


もちろん、教わってばっかりでは舐められるので、こっちも勉強していくわけだが、

しろこちらは早いと一年担当が変わってしまうが、

相手はその会社一筋なわけで、知識の深さでは、敵わないのが通常だ。

知識を深めるのは、そこそこにしておいて、知らなくてもはったりかませる胆力をつけたほうが役に立つ。

そうこうしているうちに、正面から取材を申し込んだり、正規記者会見に出席したり、

ニュースリリース原稿に仕立て上げているばっかりでは通り一遍記事しか書けず、

社内的にもマイナス点はつかないものの、プラス点がつけられることもないので、

独自夜討ち朝駆けアポなしで取材対象のところに押しかける)したり、独自ルート作ったりし始めるのである

そんなことをしているうちに、自分のような、結局途中で業界を去ってしまうような木っ端記者でも、

ごくごくたまには、取材担当企業株価ストップ安にしちゃうような記事を書くチャンスが巡ってくることもある。


まあでも、ぶっちゃけいえば、そこそこキャリアを積んでいる先輩の中でも

減価償却費資金繰りにどういう影響を与えるのかよくわかっていないまま、

それでも企業経営危機について記事を書いているような人はざらにいた。

(まあ、自分経験積みながらようやくわかるようになったクチで、

当初はなんのことやらわからなかったのだから、偉そうなことは言えないが)

それでも、首にはなりはしない。



そういえば、思い出したことがある。

今の若い人にほ想像もつかないだろうが、その昔、世界エレクトロニクス業界リードし、

今でいえばappleと同じくらいのブランド力で各種製品を生み出していたSONYという会社があった(今もある)。

当時はまだまだ、かつての威光が残っていた。

自分は、そこのメイン担当になるほどの能力キャリアもなかったが、

たまたまSONY会社が取り組んでいる内容が、自分取材テーマに関わっていたことがあって

取材を申し込んだことがある。

いわゆるストレートニュースではなくて、連載コラムのような記事を書くためである

で、SONYに行ってみて驚いた。

美人広報さんが、それまでの取材で見たことないような、

膨大でかつ、非常にわかりやすくまとまった資料をお持ち帰り用に用意していたのである

なんかもう、取材しなくても、この資料キトーにまとめたら記事書けちゃいそうな。

もちろん、そんな手抜き仕事をして相手の思うツボにはまってはいかんので、

きちんと担当者さんに話を聞いて、自分なりの記事を書いてみたのだが、

やっぱり資料に引きずられなかったかといえば、影響はあったわけで、

まあ、恐ろしい会社であった。

かつて「メイド・イン・ジャパン」の強さの象徴として流布されたSONY伝説は、

もちろん実力の部分もあったけれど、伝説伝説たらしめようという広報戦略によって

かさを増されていた側面も多かったというのは、そこそこ業界で有名な話である

なんだか、大分、話がそれた。



多分、池上氏は、NHKでそこそこの社会部記者だったのだろうと思われる。

そんな彼の経歴の中で異彩を放っているのは、そろそろ管理職か専門記者か、という分岐点にさしかかったあたりで

キャスターに転身し、その後10年以上にわたって「週刊こどもニュース」を担当していたことだろう。

(すごい優秀な記者と認められていたら、ここいらで、海外支局あたりで経験つんでいるはずである

そこそこの取材経験を積んだ後で、

衆議院参議院って、どう違うのですか?」とか「比例代表制ってなんですか?」とか、

「どうして輸出が中心の企業は、円高ドル安になると困るんですか?」とか

あらためて、そういうレベルからニュース解説する仕事を10年以上も続けたジャーナリストは、

少なくとも今の日本では皆無に等しいんではなかろうか?



普通、そこそこキャリアを積んだ記者は、あらためてそんな仕事をしたがらないし、

そもそも、そんなレベルことは、真っ当な社会人ならば学校で習っているはず、というのが日本社会の建前で、

読者や視聴者を、そんなこともわからないヤツらと想定して記事番組を作っていたら、

ある意味、「お客様をバカにしている」ことにもなりかねない(と、みんな考えていたのだろうと思う)。

まあ実際、そのレベル作ってみたら、予想以上に受けたわけだが。


「こども向け」の番組というフォーマットを得ることで、池上氏はそういう稀有仕事を追及していった。

その結果、得たのが、あのたぐいまれなるプレゼン能力だと思うのだ。

多分、池上氏程度の知識や取材能力をもった記者は、NHKや全国紙にはゴロゴロしていると思う。

自分のかつての勤め先でも、そこそこキャリアがあって、東京でそれなりに仕事している先輩は、皆さんそれなりに凄かった)

でも、その知識や取材結果を子供にわかレベルでよどみなくしゃべれる人は、そうはいない。


池上氏のニュース解説番組をたまに拝見すると、自然災害メカニズムから、最新の科学上の発見、日本選挙から世界経済まで

あらゆる森羅万象を斬っておられるようである

だが、自分が見る限り、その解説一般紙新書本で得られる知見を超えるものほとんど見ない。

「いや、それは、視聴者に分かりやすいレベルにしているからで、その背後には物凄い知識が・・・」という見方もあるが、

果たしてどうだろうか?

多分、毎日6紙読むという新聞ベースに、ひたすら横に広くいろいろな情報を取り入れておられるように見える。

海外取材などの映像を見ることもあるが、どうも、テレビ局とコーディネータによるセッティングが透けて見えてしょうがない。

多分、その経歴からいっても、海外取材独自ルートなどはそんなにお持ちではなさそうだ。

やはり、「あまり深くないレベルで次々とあらゆる分野に取り組んでいく」ことがこの人の真骨頂だと思う。

それが悪い、ということではなくて、それがこなせる凄さがある、ということである


著書を読んでも(といっても、ほんの数冊目を通しただけだが)、たとえば同じNHK出身の元ワシントン支局長の手島龍一氏とか、

あるいは日経の元スター記者週刊ニュース新書田勢康弘氏の著書のような、深い取材と鋭い洞察に支えられた

凄みのようなものは感じられない。

そのかわり、入門書としてのわかりやすさはピカイチだ。

やはり、この人の存在価値は「広く入門レベルの知識を提供する」以上でも以下でもないのだろうと思う。

(なお、今、軽く検索してみたらどうやらニュース英語の本まで出されているようだが、

膨大な著書のどこまでご自分で書かれているのだろうか?という疑問は置いておく。

出版業界では、驚くほど「著者が適当にしゃべったことを編集者ライターがまとめた本」というのが、世間で思われている以上に多い。

あと、池上氏が英語を話しているところって、あんまり見たことないような。

NHKの採用試験突破するくらいだから、読むことに関しては、そこそこのレベルと推察できるが)




さらに、分かりやすさの理由の一つとして、「子供のような素朴な疑問にも正面から取り組む」というのがあるように思う。

巷間よくいわれる、選挙特番の「池上無双」の象徴ともいわれる「創価学会話題」についても、

タブーへの果敢な挑戦というより、素朴な疑問を追求していった結果なのかもしれない。

「どうして自民党公明党と組んでいるんですか?」という質問は、大人あんまりしない。

それは何となくタブーであると感じているせいでもあるが、一方で「そりゃ、理由はみんな知っている」からである

ましてや、「政治記者歴何十年」を売りにするような政治ジャーナリスト諸氏は、

そんなことよりも、自分の掴んできた独自情報を話したくて仕方なかろう。


だが、池上氏はそういう疑問をスルーしたりしない。

「それは、公明党には創価学会という支持母体があって、固定票が見込めるからですよ」と優しく語りかけるのだ。

で、「では、公明党創価学会本部がある信濃町に行ってみましょう!」と、女子アナを連れてツアーを組んだりする。

実際、やってみれば、放送しちゃいけないタブーというほどのこともない。

そりゃそうだ。

ある程度、日本の政治に関心を持っている人ならば、普通に知っていることなのだから


公明党の側だって、連立与党として大臣まで出す立場になった以上、その程度の取材拒否するはずもなく、

ちゃんと「公式な答え」だって用意している。


から池上氏が

創価学会の人たちが、選挙は功徳だなんていう仏教用語を使っていたりしますが、政教分離観点からみて

問題があると思われませんか?」と質問しても、

創価学会は、大切な支持団体ではありますが、創価学会公明党は全く別個の組織です。

政教分離というのは、政府宗教活動を行ったり、宗教活動に介入したり、宗教団体政治に介入することを禁じております

宗教団体政党を支持することを禁じるものではなく、現在公明党創価学会関係問題と思っておりませんが云々」

といった、きちっと理論武装した答えしか返ってこない。


「そうはおっしゃいますけれども、ここに創価学会名誉会長が、公明党に指示した文書がありましてね・・・

などと、爆弾情報でもぶっこんで来たら、それは多少「タブーに斬り込んだ」ことになるだろうが、

そこまでのことはしない。

多分、そこまでの取材もしていないと思う。そもそもが、そういう役割の人ではなくて、そこは、

政治を専門する別のジャーナリスト役割だろう。

池上氏はただ、意味ありげに

はい、そうですか、よくわかりました」と視線を投げかけるという、

きわめてテレビキャスター的な技術を見せるのみだ。


で、こう考えてみると、やはり池上氏の凄さでは

子供にも分かるように語ること」「子供の持つような素朴な疑問をゆるがせにしないこと」

を常に追求し実践してきた所にあるように思われる。

これは、なかなかに難しい。

多分、そこには、「相手子供)が、何がわかって何がわからないのか」を推察する想像力共感力

「限られた言葉で複雑なことを説明する」ことを可能にする、優れた言語能力必要なのではないかと思っている。

ただし、限られた言葉で語りえることは、やはり、ある程度、限られているわけで、

その辺が、池上氏の限界ではないかと考えている。

2016-05-02

池上彰レベルになる方法

多分、その気になれば、そこまで難しいことではないと思う。

以下、列挙していく。

高校までの社会科(地歴・公民科)の教科書をもう一度読み直す

社会日本史世界史」とか思っていては論外。

案外、政治・経済倫理教科書は、基礎的な教養の宝庫。


全国紙産経を除く)を毎日よむ習慣をつける

電子版は構わないが、ネットニュースは不可。

ネットリアルタイムトップに来る項目が変わるため、「その瞬間」のニュースに惑わされる。

それより、「昨日一日何が起こったのか」をまとめられたものを読んだほうが良い。

リアルタイム性にこだわるより、きちっと、毎日何が起こったのかを、把握するほうが良いし、

そこまで「瞬時にニュースを知らなければならない必要は、あんまりない。株取引とかやってなければ。

あと、何をトップに持ってきて、見出しをどの大きさにするのかは、新聞社ニュース価値判断を示しているので、

蔑ろにすべきではない。

産経は、思想や主義主張以前のレベルで、誤報事実誤認が多いので(他紙に全くないわけではないが、産経よりまし)

まりお勧めしない。

読売朝日」、「日経毎日」とか、傾向の違う新聞を併読すると尚可。

とくにビジネス方面に強くなりたければ、当然、日経がメインになる。


3 より詳しく知りたいことは、書籍でチェック

とりあえず、岩波とか中公、講談社現代新書レベルで十分。

それぞれのジャンル入門書や、最近話題トピックについての概説書が毎月出ているわけだから

うまく活用すべし。

池上氏が選挙特番でお得意とする「創価学会ネタ」なんかも、十分新書レベルで手に入る。

で、ちゃんとした著書のちゃんとした書籍ならば、参考/引用図書とかでてるからさらに深堀りしたければ、

そこから入るのが近道。


4 大きな事件が起こった後の「Nスぺ」はチェックする

とりあえず、自然災害からテロ科学上の大発見まで、大きなトピックはたいていNHKスペシャルで「最新報告」をしてくれる。

受信料に対する怒りが軽減される。

5 ネットあくまで参考程度およびソースにあたるためのツールとして使う。

ネット情報玉石混交なのは今更いうまでもないが、けっこう使えるのは、「議事録」とか「発表資料」とか

記者会見映像」とか、その他、いろいろな「原典」に直接当たれるのが、最大の強み。


多分、これくらいのことを継続していけば、

あなたの周りの直径100メートルくらいの範囲で、

「あの人、いろんなこと知ってるねえ、池上さんみたいだねえ」と尊敬される程度の知識は身につくと思う。

ただし、これはあくまインプット方法なので、アウトプットの仕方を間違えると

ただのウザい人になりかねないが。


池上彰という人は、抜きんでた専門分野もないし、

ジャーナリストとしても、ものすごいスクープをとったことがあるとか、そういう実力はないと思うけれど、

情報を取捨選択してわかりやすく伝える能力と、選挙特番に見られるような、瞬時に判断して的確に質問する力がハンパないと思う。

残念ながら、こういうアウトプット能力の磨き方は、うまくまとめられないので、

どこかの増田さん、まとめてくれないだろうか?

2014-12-22

満島ひかり×波瑠=ごめんね青春

ごめんね青春!!

くそじゃねーかよ、何だよ、あの終わり方。

あほか、TBS

何で、1週間休みにしたんだよ。

選挙のせいで、クソ選挙のせいで1話短くなってんじゃねーーーーーよ!!!!!!!!!!!!

9話からの展開が早すぎんだろよー、いつの間に平助がりさを好きになったんだよ。

ちがうだろ、そこは。平助と祐子がちょっといい感じになって、あれ?このまま付き合うじゃね?ってなって、

りさが焼きもち焼いてどうのこうのってのが、9話だろ。 ほぼ平助、りさ、裕子の3人しか映らないんだよ9話は。

サービスショットだよ、9話は。

そうしないと満島ひかりの多彩な表情とか色々見れないだろ。石井裕也の独占かよ!

裕也さんは船を編んででくれよ。

っていうか、俺は1話から波瑠が好きだし。りさも好きなんだよ

もっと、丁寧にたのむよ。じっくりやろうぜ。りさと祐子の2ショットもっとやってくれよ。

そこの姉妹描写を見たいんだよ。俺は、国民は、満島ひかり波瑠が見たいんだよ。国民は!!!!

満島ひかりの初コメディーだろ、もっとシーン増やそうよ。

俺は 「半田ぁー、go back to your classroom noooooooow !!!!!!!」 が好きなんだよ。

波瑠回想シーンばっかじゃねえか。もっと出してくれよ。 制服姿も可愛いからいいけど。

急だろ、急。本当は10話は最終回直前スペシャル、んで11話は最終回スペシャルだろ。

それが、民意だろ。それを何だよ。誰が見んだよ。

誰がTBS選挙特番見るんだよ!!!!

見ねえだろ、誰も。視聴率欲しくねえのかよ!!!!

やれよ! ごめんね青春を!! 青春しろよ!!!!アオハライディングしろよ!!!

こういうときこそドラマやれよ。公共の福祉より、視聴率40%の方をとれよ。 ちょっと何言ってるかわかんないけど。

選挙NHK池上さんがいればいいだろ。誰が見んだよ。ほんとに。

どうなってんだよ、日本の政治は!!

日本首相がのこのこZEROに出て来て。

質問されて、イヤホンはずして、キャスター無視して一方的にしゃべるって何だよ。馬鹿かよ。

テレビの前の全員が思ったよ

ねぇ、一方的にしゃべらないでくれる!? ってな。

醜態さらしてる暇があるなら、細野豪志をつぶしに三島に行けよ。

おめえは一生懸命がんばってる若者たち希望を踏みにじったんだよ。

まりんとか、昭島半田村井、ふるい、ビルケン遠藤ちゃん、成田とか、神保さんとか、会長とかトリンドル

か、他にもがんばってるやついっぱいるだろよ。俺は知らないけど。

えなりは不倫してんじゃねえよ。 えれなっちが可愛そうだろ、バカ

みんながんばってんだよ、若者は!何でそいつらの事考えてやんねえんだよ。 アホか!! 

三ヶ月間ドラマ撮る大変さはお前にわかるか?わからないだろうな、お前は!!!

ドラマ撮ったことがねえお前にはわからねえだろうな!!!!

俺もわからねえよ。

でもな今はもう寒いし、寒い中の撮影って本当に大変なんだよ。みんな忙しい中スケジュールあわせてきてくれ 

てんだよ。 俺はわからねえけど。

睡眠時間削って、体調不良も押して。台本もぎりぎりまでできないから本当に大変なんだよ。

学校もあるし、別の仕事もあるんだよ。nonnoの撮影もあるし、僕らの時代の収録もあるし、劇場公演もあるんだよ。

色々まだまだ、仕掛けもあったんだよ。俺はしらねえけど。

森下愛子はどうなったんだよ、結局。 見えなくなるみたいなのはないのかい!?

平助の毎回の説教みたいなのもあったはずだし。クドカン最後に大きなナンか考えてたんだよ。

それをチーム一丸やり遂げて大団円!!

ってなるはずが。

ここに来て解散総選挙だぁ??はぁ!?

一国の総理がやることかよ!!! みしまる君が泣いてるよ!!

首相特権を振りかざしてぇだけじゃねえか!!

てめえはそんな器じゃねえんだよ、 うぬぼれなさんな!

オンデマンドか、DVD/BDできちんとしたやつ作ろうぜ、クドカン本来の話を作ろうぜ。

満島ひかりと、波瑠のシーンをもっと増やしてくれよぉ。

投票率50%の選挙で彼が得た得票数とごめんね青春最終回視聴率を基にして視聴者数を計算して

比べてみようよ。

それこそが民意、だよな。

最終回は最高の終わり方だし、内容も面白いし楽しみにした甲斐があったよ。

この3ヶ月間は放送を毎週楽しみに待ってたよ、ごめんね青春サイコーーーーーーー!!!!!!!

伊豆っぱこさいこ

2014-12-15

池上彰選挙特番ワンパターンすぎる

なんかテレ東のこの番組、いつも公明党ばかりで飽きてくる

公明創価関係指摘すればネットで話題になるしwww」って制作側の思惑が透けて見えすぎなんだよ

毎回、違うタブー特集しろ

神社本庁とか日本会議とか山ほどあるだろうに

池上さんて無双か?

選挙特番やりだしたときはほかの局が質問しないような鋭いとこ突いたり、政党支持母体とか際どい内容してて目新しさがあったけど、

昨日の選挙特番ってただただひたすらに煽ってるだけで、煽りまくって相手が即答できないと、何も考えてないんだと詰めて一方的に話を終わらせる

あれのどこが「無双」なのかと、子供の口げんかの悪ノリみたいなもんに見えた

選挙特番を見てて面白かったのは

自民党の候補の事務所はだいたいど真ん中後ろに神棚が据えてあること。

流石国粋主義者の牛耳る政党って感じで、わかりやす象徴になっていた。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん