「バカボンのパパ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バカボンのパパとは

2019-05-08

のだ

昭和 バカボンのパパ

平成 アライさん

令和にはまた新しい「のだ」が生まれるのだろうか?

2019-04-29

大量発生したあらいさんってむしろバカボンのパパだよな

けもフレたことないからあの口調はダミ声で脳内再生される

語ってる内容も大体何らかの業界の仕組みとか語ってるヤツが目に付くから

動物擬人化より大学出の人の親の方がしっくりくるしな

2019-03-19

自分ツッコミである認識している」ツッコミキャラ

マンガに「自分ツッコミである認識している」キャラクター最初に登場したのはいつ頃・どの作品なのだろうか。

もちろん役割としてツッコミ的な位置にいるキャラクターは昔からいた。

マカロニほうれん荘のきんどーさんやトシちゃん対する沖田総司、『がきデカ』のこまわり君に対する西城くんのようなキャラクター達だ。

ただ、彼らはどちらかというとツッコミ役というよりはギャグキャラクターに比べて性格常識的で、ギャグキャラクター言動に振り回されたり驚いたり文句言ったりする位置づけであり、ボケとツッコミという役割分担であるという認識キャラクター自身にはなかったように思う。

赤塚不二夫あたりまで遡ると常識的人物は少なくなる。(バカボンママとかは常識的性格だが、作品内でのツッコミ的な行動は沖田総司や西城くんと比べて少なく、バカボンのパパのとんでもない行動がそのまま突き進んで話が終わることも多い)

個人的記憶しかないが、ギャグマンガ単語として「ツッコミ」が出てきたのは『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』(以降『マサルさん』)が一番最初だが、もちろんマンガ歴史の中でみて最初ってことはないだろう。

それに『マサルさん』でもキャラクター(ふーみん)自身最初から自分ツッコミである認識していたわけでもなく、マチャ彦に言われてからだ。

なんというかふーみんは他者言葉によってツッコミキャラに目覚めた感じだ。啓示あるいはパッション

マサルさん』はお笑い芸人的なノリをマンガに持ちこんだ(個人的記憶では)最初の例だが、これももちろんマンガ歴史の中でみて最初ってことはないのだろう。

おそらく「ツッコミ」という単語最初使用したマンガと、お笑い芸人的なノリを最初に持ちこんだマンガと、「自分ツッコミである認識している」ツッコミキャラ最初に登場したマンガはそれぞれ別なのだろう。

それほどマンガをたくさん読んでいるわけではないので、このあたり詳しい人がいたら教えて欲しい。

2018-11-10

anond:20181110223156

「四十一才の春だから 元祖天才バカボンの パパだから 冷たい眼でみないで ...」

バカボンのパパには美人ママいるよね!

2018-09-25

anond:20180925122455

深淵を覗き込む時、深淵を覗いているのだ」

バカボンのパパが言うとしっくりくる

2017-01-18

理想の国

国民の6割が高田純次的な人、

2割がバカボンのパパ的な人

1割がタモリ的な人、

0.4割が江頭2:50的な人、

0.3割がバカボンママ的な人、

0.2割が平野レミ的な人、

0.1割がドクター中松的な人だったら、

居心地いいだろうなあ

2016-12-03

保育園落ちた日本死ね」の死ね比喩なの?【追記あり】

【追記】タイトル引用記事に対してふと思っただけで、本筋じゃないです。文中の戯れ言と相まって過剰反応されたので、戯れ言は末尾におく構成に変えてみた。【追記終わり】

2016年流行語トップ10に入ってしまいましたね、この言葉。そして、予定通りの賛否両論が再燃。

例えば、こんな感じで。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12363503/

【以下、末尾の戯れ言へ移動。】

でもこれって結局、件の言葉への賛否に基づいてポジショントークしてるだけじゃないかと。もっというと、その言葉を支持してきた人が必死に援護してるだけの構図にみえしまった。。

しかし、日本死ねに賛成してた人でも、流行語大賞には「えっ!?」ていう人も多いのが、今回は少し違うのかなと。

もちろん受賞者選定への賛否の話とかもあるけど、まずは、言葉のものへの賛否から【追記】今回の流行語大賞トップ10に対する賛否両論までの状況を【追記終わり】整理してみたくなったので、勝手にしてみた。

日本死ね」への賛否

保育園落ちた日本死ねという言葉に対して、賛成反対の理由を考えると、思いついただけでも本当に様々。

〈賛成〉

以下、子供の有無関係なしで

〈反対〉

以下、子供の有無関係なしで

これだけ色々な理由賛否両論一言で物知り顔コメントするのはいくらなんでも乱暴でしょうと。

特に、賛成している人の中にも、問題提起としてありだから賛成、でも、表現として不適切だという人がいるということは重要。例えば、上でいう、表現は別の人、支持派評論家の一部なんかが、それ。

まとめると、日本死ねに賛成する人も一枚岩ではないということ。

なお、斜めから見ると、その提起した内容が反対し難いために、過激で汚い言葉も受け入れさせた一方、その表現からしっかり反対派も焚き付けて、政治利用までつなげた、非常に優れた炎上マーケティングなんじゃないかなと。受賞者がどこから関わったかは知らんけど。

流行語大賞に選ばれたことへの賛否

そういう背景を踏まえると、問題提起として日本死ねに賛成してた人でも、流行語大賞トップ10入りです、おめでとうございます!とか言われると、「えっ!?」てなる人出てきますよ、そりゃ。

一方、支持派評論家としては、今まで散々、賛成意見を論じてたわけで、今更、「流行語大賞は別」とは言い出しづらいんじゃないかと。

かといって、「死ねとか子供に聞かせたくない」という親の意見を無下にはできないと。

そうなると、評論家の腕の見せどころですよね。いやいや解釈が違うんだと。あれは比喩表現なんだと。て、ならねーわ!

個人的には、表現が汚いことを真正から認めちゃって、「ゲス不倫」なんて汚い言葉選ぶような賞なんだし、そんな権威づいたもんじゃないんだと、単に、話題になったワード選んで世相を表してるだけなんだと言っちゃえと思うけど、メリットもなく選考委員喧嘩売るわけないか

受賞者選定への賛否

で、ここからさらに、日本死ね賛成派から造反者がでます。それが、受賞者の話。

匿名ブログなのに、「何で受賞者なしじゃダメなんですか?」と党首伝家の宝刀ブーメランだったのかと。

例えば、表現は悪いけど世相を表してるし、しょーがないんじゃないと思ってた穏健派だって政治色打ち出されたら違和感抱くの無理ないでしょ。あくまで世相を反映した言葉であって、それにかこつけて国会にもちこんだあんたはお門違いだろ!と。

まぁ、単にアンチの多い政党であるため向かい風参考レベルの逆風というのも否めないし、ネトウヨなら‥、おや、誰か来たようだ

戯れ言

いやぁ、まさか死ね」が比喩表現とは知りませんでした。

そもそも死を望むことや死を命じる言葉比喩として成り立つとは思いもよらなかったわー【追記】←はただの勘違いだったかタイトル変えよ【追記終わり】。何なら、某元アナウンサーにも、「泣くなら殺せ」も比喩にすぎないんだと、援護してほしかったのにー。

【追記】こちらも本当に殺せという意味でないとの発言者意図からすれば比喩になるけど、擬人法使ってないかダメとか怒られるの?【追記終わり】

おしまい

2016-07-31

http://anond.hatelabo.jp/20160731071303

ウナギイヌのような通称名は、ふつう「○○(のような)××」という意味でつけられることが多いようですが、ウナギイヌ場合は犬とウナギハーフであるというキャラクター設定上、単に「ウナギのような犬」つまり犬に分類することが妥当であるかどうかは分かりません。また、原作では初登場時、二回目登場時のいずれも「蒲焼にされ食された」という話がある(Wikipedia)ため、ウナギのように食することが不可能ではないのかもしれません。(ただし、これは「天才バカボン」の登場人物(中でもバカボンのパパ)の感覚・味覚が「正常人のそれと大きく変わらない」という前提によっていますので、これも断言することは難しいと言えます普通に犬肉であるにもかかわらず「ウナギから蒲焼だろう」と判断してむりやり蒲焼で食べたという推論も成り立つからです。)

ただ、人語を解する点はこの際おくとして、陸棲しペットのように扱われている現状からみると、検討に際しては、

動物の愛護及び管理に関する法律」 (昭和48年法律第105号)

第四十四条 愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

の条文を踏まえる必要があるでしょう。食することは違法ではなくても、殺傷することは法に触れる恐れがあります。したがって、これを調理するに際しては、原作のように「肉を落とし骨だけにしても普通に生きている」という状態にする必要があり、大量に飼育し蒲焼の材料とする上ではそこに一番のハードルがあるように思われます

2016-02-03

http://natalie.mu/comic/news/174713

バカボンが実写ドラマ化するってニュース

地味にショックだったのが、バカボンなのだの人じゃなかったということ。

からバカボンオカリナって聞いて、えっえっ?ってめっちゃ戸惑った

有名なあれはバカボンのパパだったのだ

2015-06-08

http://anond.hatelabo.jp/20150608003218

うちの地域だけかも?母に

◇◇(父)の時代は柄パンはオヤジパンツって言われてたんよ。バカボンのパパが穿いてるやろ。

から○○(俺)にもブリーフを穿かせてたんだけどねえ・・・

って言われた

中学トランクスにしてくれって言った時に


俺は30代だ

想像している時代がたぶん一回り違う

2013-02-23

世界を救うSF

私、世界を救うSFがあるって信じているんです。でも最近新しい希望を見せてくれる作品に出会っていません。何か面白いアイデアを提示する作品をご存知ですか?

大前提 - A≠B救いのない世界
小前提わたし・あなたわたし≠あなた -
帰結わたし・あなた - 救いのない世界

小前提の「わたし≠あなた」を「わたし=あなた」に置き換える方法も悪くないんです。

同じ方法でも群像劇面白ければ楽しいです。人類補完計画トランザムバーストも大好きです。そういえば、ガンダム00の第一期、(わたし・あなた)が(わたし≠あなた)になるところ、主人公らが割って入り、(わたし+あなた主人公たち)に置き換えてしまう、あの変則的なアプローチは良いアイデアでした。敵の敵は味方と言いますが、それを世界規模で実践するなんて。あぁ良かった、(私≠あなた)の救いなき世界回避された!

また、大前提を覆すバカボンのパパ型も悪くありません。これでいいのだ、これでいいんです。要は受け止め方の問題です。A≠Bでも救いのない世界なんてやって来ないんですよ。考えすぎです。でも問題が1つあります。私、バカボンのパパじゃないんです。バカボンのパパでいられるのはせいぜい10秒か20秒、すぐに「否定」が帰ってきます

問題はですね、小前提アプローチでは登場人物が合体してしまうんです。可愛いの子と憎いアイツが合体してしまう。そんな横暴は許せない。それにね、この際正直に言いますが、わたし、あなたになりたくないんですよ。あなたもわたしになりたくないでしょ?そこをうまく説明してくれる作品が必要です。また、大前提アプローチでは説得力が問題です。全人類バカボン状態をどう維持するか。そこに理屈をつけてくれる作品が必要です。

ところで、実は私、密かに期待してるんです。そろそろ全く新しい革新的な方法が現れるんじゃないかって。だってそうでしょう、誰でもアイデアを発信できる時代じゃないですか。

あなた自身のアイデアでも構いません、有償無償わずアニメ小説映画コミック何でもかまいません、あなた世界を救う希望を提示した作品を教えていただけませんか。

2009-06-30

http://anond.hatelabo.jp/20090629130551

バカボンのパパ」がそれなりに親しみをもってギャグになり得た時代も昔あったんじゃないか。あーどうしようもねーなコイツ、でもうちの親父もこんな感じwwwみたいな。

そういや最近オタクカルチャーって「普通の」親出てこないよね。稀に出てきても過剰で嘘臭い聖母だったり(灼眼のシャナ邪悪な敵だったり(コードギアス)。

2009-01-04

やっぱり酩酊すると&女が絡むとバカボンのパパに逆戻り。まぁ勝手にしてくれたらいいと思う。

もう別れた男だからどうでもいいっちゃいいんだが。

本当に真性てんかんなんだろうか?

脳波はしらべたし、医師からもそういう診断を頂いたようだから

そうなんだろうけど・・・。

別れ話をして、12月22日までに出ていってくれと言った二日後に、

会社からもクビを言い渡され、(私のほうが先なのに!力関係じゃ会社のが強いじゃまいかッ後だしジャンケンずるい!)

その話の流れでてんかんの発作を起こして救急車で運ばれた。

あんまりきつく別れ話を言うのも、また発作起きるとかわいそうだしと

出て行ってもらう話は一旦ペンディングにしたんだが

酒のんで女つれてカラオケできる元気があるんなら

正直いうと出てって欲しいんだけど。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん