「ZOOM」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ZOOMとは

2020-07-15

オンライン授業がしんどい

授業受けてるだけでポロポロ涙が出るくらい鬱状態になったのでここに書く

田舎から上京してきて一人暮らしコロナウイルスじわじわ感染拡大していた2~4月の間ずっとアルバイトしていたため実家に帰ってオンラインで授業を受けるというスタイルはできなかった。それに、そもそも事情があって実家に帰れない。

そんな中オンライン授業が始まった。

Twitterでもさんざん指摘されているが、まあ課題が多くなった。そうなると一人暮らしをしている私は課題をするために、一日中、あるいは数日間家から出ない状態が続いた。

一人暮らしでなくとも、家から出ない状態がどれほどメンタルヘルスに影響を及ぼすかは自粛生活体験した多数の人にわかってもらえるだろう。私の場合孤独だ。家から出るとしてもバイト生活必需品・食品の購入のみの生活で、無駄な会話がほとんどない。コミュニケーションが不足した。人と直接関わり合えない。友達通話Zoomもよくやったが、オンライン上のコミュニケーションではどうしても埋められないものがあると気付いた。そんな風にして誰ともほんとうに関わり合えない生活が続くと、どうしても自分ネガティブな考え方に閉じこもってしまう。

ずっと徹夜をしているうちに眠れなくなった。寝たとしても起きると気分が悪くなる。それに寝てない方が集中力が保てる。食欲はないが何かを口に入れたい。でも何か食べると気持ち悪くなる。

うっかり課題の提出期限を忘れて提出できなかった。これがGPAを落とし、卒業まで残る値になるのかと思うと死にたくなった。ほんの小さな減点にしかならないようなものだが、それだけでもうずっと上がらないんだ、もう自分はだめなんだとさえ思えた。あー嫌だな。死にたいな。

自分自己管理能力が低くて、極端な考えに走りやすいことはわかっている。だからこれは個人的愚痴だ。

後期は通常の授業に戻ってほしい。きっと無理だろうけど。

後期はどんな風に生きればいいんだろう。もう私はオンライン授業なんてやりたくない。つらい。しんどい学校に行きたい。

こわいよ~

東京在住の外国人達とミーティングすることになったらその後みんなで食べに行こうと誘われた。

大事な人たちなんで断れない。ミーティングなんかzoomにしようよ

2020-07-14

どこにでもいる大学生がこの半年で変わった話

 先にいっとく!!!!ちょ~~~~~~~!!!クソ長くなる!!!

私怨私怨!!!!!悔恨!!!!!5箇条にまとめようとしたら失敗した5箇条の御誓文か?????

567で見えてきた色んな人の裏表に疲れてしまった大学生乙女ゲーと地下ドルオタクの話!!!!!!同じ大学に通う人から身バレ防止のためここから大学描写ボンヤリとしたものになりますコメントでの特定はおやめください。大学は生徒の多くが望んだであろうオンラインじゃない講義ができるようにどうにかこうにかがんばってるはず!それに私が対応できなかっただけで大学は悪くない。家に引きこもるのが社会的批判されることがない・堂々と引きこもって自分のやりたいことできる今をその時間が欲しかった人が心から楽しめますように!!!

誤字脱字はすいません。

いままで約20年間、数学物理化学の類いばかり熱心に取り組んできたので私には正しい日本語が使えているのか、日本人であるのに自信が無い。

大量のレポートに追われたまま、脳直で文章を打ち込んでいる状態なのでご了承願いたい。

 私は本当にどこにでもいる地方国立大学二年生だ。つい2時間前まで教師を目指していた。

もし同じような境遇にいる子がいたら私みたいにならないよう、こんな文章があったな、ぐらいの軽い感じで覚えておいてほしい。

いくらでも手段はあるので諦めないで欲しい。

読んでくださった皆さん、こんな考えの人間がいるんだ、へぇ笑ぐらいに思って頂いて結構です。ここまで打ち込んでおいて自分でも文章稚拙さが”マジで”やべぇ……とおもっていますが暇な方最後まで読んで頂ければ幸いです。

①去年~今年2月の話

 学部一年生だった去年は将来の夢のため、周りの友達よりは長い時間勉強していた方だと思う。

趣味だったイラストサークルにも加入し、高校が同じだった友達学部に一人もいないながらも他学部に進学した高校クラスメイトと協力しながら大学に慣れていった。

サークル友達とは週に1回は誰かの家に集まりピザを頼んだり、学食で何時間も話したり。大人数で端から見たらアホみたいなやりとりを繰り返すあの空気感が好きだった。

安心できるバイト先も決まって、サークル内の人間関係に多少の不満はあったが今思えば望んでいた大学生活そのものだったかもしれない。

 私の将来の夢が教師になったのは大学受験が終わってからである。もともと物理という科目が好きで将来は数学系の研究ができればと思っていた私は理系学部に進んだ。(身バレ防止のため明確な表記は避けさせて頂きたい)

私の大学受験サポートをしてくださった先生は、私が進学した大学の同じ学部出身の方だった。

有名な塾があるような都会ではないので、毎日高校の授業が終わってから校内に他の生徒が誰もいなくなるような時間まで、その先生担任先生大学理科を学んでいた購買のおばちゃん……色んな人に見守られながら勉強した。

私が受験合格し、心から喜んでくれた職員室の先生方を見て、先生達みたいな大人になりたい・この高校で同じように生徒を見守れるような先生になりたいと思った。

これが理由で、理系学部に進んだ私は自分学科の必修科目に加え教育学部の必修科目も履修するようになる。

もちろん授業が倍になるなら試験レポートも倍になるということで確かに大変だったが全然苦じゃなかった。

1年間やりきった。成績も上々でモチベーション入学当時と変わらず、今まで友達と呼べる友達が2~3人だった私の人間関係がどんどん広がっていくことに喜びを感じながら春休みを迎える。このころは人と連絡を取り合うのも一緒に出かけるのも大好きだった。

2020/02~04の話

 

 2月、実習も終わって大体の友達実家に帰った。私も電車で何時間もかけ実家へ。

電車の中では咳をした人がにらまれているのを何度か目撃した。

実家の周りは見渡す限り山!!!!!緑!!!!!!という空間が広がっていて私はそれが大好きだ。その頃、ニュースではコロナウイルス話題が取り上げられ始めていた。まだ大丈夫な感じはするけれど、実家のある高齢化の進んだ小さな村で広がったらとんでもないことになる…と危機感を持ち始めたのはその辺りだった。

 

 その後の展開はある意味予想通りだった。大学は次年度のガイダンスを予定通り行うと宣言していたがすぐに中止となった。4月からの授業はいつも通り行うということだったが私はそのメールが信用できなくて、下手に実家から動くことも不安で、結局大学へは移動しなかった。やはり、授業開始は5月からという一斉メールが届いた。教科書を買いに大学へ行くこともできなくてAmazon教科書を用意した。

 友達出身も都会のほうで、2/3月はよく連絡を取り合っていたものの、みんな地元友達ショッピングセンター居酒屋に遊びに行くようになったらしい。もうその頃にはみんな地元友達毎日のように遊んでいたらしくてラインzoomも使わなくなっていた。

私はというと同じように地元に帰っていた同級生はいたが、もし自分たちが感染していたらという恐怖から会うことをやめた。クラスターが進学先で発生していた子は自宅から一歩も出なかったという。その頃から私は人と会うことの必要性に疑問を感じていた。元からオタク気質だったことも原因かも知れないが、友達とのSNS上でのやりとりが少なくなっても特に私に影響はない。自分がひねくれた人間であるとは自負しているがまさかここまでとは、自分でも思っていなかった。どれだけニュース危惧されていても・どれだけの芸能人が亡くなっても、それぞれの地元で遊び続ける大学友達理解できなくなった。

ほとんどの大学友達とは連絡を取らなくなっていたが片思いしていた先輩とは毎日のようにラインした。毎日ライン来る度に小躍りしてた。

4月後半、家にこもり続けた私は全く暇を感じなかった。本を読んだりお菓子を作ったり、他にも筋トレメイク同人誌を作れるレベル二次創作もした。自担(地下)の過去映像を見て1ライブできるぐらいにはダンス練習した。(クソデカ過大評価

しろ今までよりも忙しくさえ感じていた。5月になれば今までのように勉強漬けの毎日が始まる。だからこの何かをしていても誰からも途中で遊びに誘われない、家に勝手ピザだのウーバーだの頼まれ友達勝手に上がってこない・勉強しなくても公的に、なんとなく自分感覚自分を許すことができるこの時間人生夏休みとして思いっきり使おうと毎日何かしらしていた。今までのみんなでワーワーする時間も大好きだったけれど、この過ごし方も最高だった。

大学近辺に借りたアパート電気・ガス・水道すべて止めた。

2020/05

5月になった。オンラインでの講義が始まった。大体の講義を受ける度に一つずつレポートが増えていく。

今はもう慣れたけれども最初は“マジで地獄だった。

連日徹夜は当たり前、朝8時までのレポートを7時に提出して1時間仮眠を取ると1コマ。またレポートが積まれていく。私の要領が悪いだけかも知れないと感じていたが、初日には同じクラスのほぼ全員でzoomでの会議しながらみんな半泣きでレポートをこなした。みんな同じだった。家から出るななんて言われていたがその日食べるものを買いに行くことすら厳しいレベル課題が出るのだからから出ることが本当に、絶対、多分無理。

オンライン講義が始まってまだ慣れなかった一週間、実家にいるのに私は一歩も自室から出ることができなかったのだから、それ+家事である帰省していない友達もっと大変だったと思う。私はその一週間スマホを触れなかった。そんな時間があるならレポートをやったし、私の性格だともし今暇そうで遊び歩いている人を見たら理不尽イライラしてしまいそうだったからだ。そんな自分性格は今でも嫌いだ。人はそれぞれなのに、SNSみえる部分はその人の日常におけるほんの一部分なのに。

 そのうちテンプレートを作ったり教科書を読み込んだりすることで余裕を持てるようになってきた。教育学部の授業も生徒との関わり方など、本当に学びたかたことを学べるのが嬉しくて真面目に受けた。苦手だった英語せっかくだから少し取り組んだ。友達と話していたりご飯に行っていた時間を全て勉強に充てた。目が回るほど忙しかったが一日を一秒も無駄にしていない感じがして、4ぬほど充実感があった。多分ランナーズハイみたいな状態になっていたと思う。この頃の私の思考、今考えると狂ってる。怖ッ

そうやって暮らしていたら、片思いしていた先輩に彼女ができた。友達から聞いた。3日泣いた。

なんでも4ぬ程忙しかったり課題が出ていたのは私の大学では理系教育学部医学部薬学部だけだったらしい。文系その他は相変わらず課題なんてない、流しておけば講義が終わるから余裕なんて状態だったらしい。悔しかった。先輩は地元で飲んでいたらその子出会ったとかなんとか、先輩と仲が良かったサークル男子が教えてくれた。マジで無理だった。

こんな世の中なのに先輩は毎日飲みに歩いていた事実も、もうちょっとで付き合えそうだったのに私はダメでその飲みの場にいた女の子は良かったことも。先輩は付き合ったら長く続くタイプらしいのでもう諦めた。悔しがっていることを知られたり、先輩に彼女ができた事実を知っているということを悟られたりするのが嫌でしばらくインスタをログアウトした。対面授業が再開して会ったら、知らなかった!よかったね!おめでとう!と言おうと決めた。

インスタをログアウトしたので特に仲の良い2人以外とは関わらなくなった。

正直、一旦距離を取りたい人間関係もあったためなんとも思わなかったが家族以外の人と言葉を交わさなくなってから他人に会うことに抵抗を覚え始めた。さすがにやばいと思った。

メンタルボロボロのまま毎日徹夜レポートを書いた。エクセル演算した。勉強しても充実感はなくて朝7時に起きて授業を受けて次の日の4時に課題を終わらせて寝る、余裕がある日は推し夢小説を読み漁った。オタクでいられたのでガチ夢女に戻ることでメンタル回復した。多分推しのグッズ、末代まで「捨てるな!」って書いた紙と一緒に保管。

2020/06

コロナ騒ぎも日常化して、実家のある村にも日常が戻ってきた。近所のおばあちゃん達にはまだ実家にいることがバレ、実は大学をやめたのではないかという噂がすぐに広まった。これはギャグ。もう私の家では笑い話。インターネットオンラインという言葉をおばあちゃん達に理解してもらえなかったのでもしかするとまだ大学やめたことになっているかもしれない。つらい。

リアル人間関係からほぼ身を引いていたため、ツイッターフォロワーと夜な夜なTLを巻き込んで会話しながらレポートを書く。それは変わらなかったし確か6月の中盤まで、私は靴を履いていない。つまりから一歩も出なかった。5月からミリも変わらない暮らしをしていた。

大学からある日アンケート回答のフォームが送られてきた。匿名フォームで、今帰省しているのか・そうならば実家は通学可能距離にあるのかという内容であった。正直に送った。

私の周りでは実家帰省したままだという人がほとんどだった。

しかし次の日の授業で衝撃を受けた。今回のレポート提出は手渡し以外認めないと教授は言った。とても口が悪いので書くこともためらわれるが、このご時世でそれって狂ってんじゃないのかと思った。事情メールして渋々だったが郵送させて頂いた。

その後も何人もの教授大学に行く用事を作った。全て郵送やらメールやらファイル共有やらで代わりに提出を認めてもらった。正直メールファイルを添付すればいいものばかりだったので助かったものの、もし私が他学部実験科目がある生徒だったら?サンプルを取りに行くために泣く泣く地元から大学へ向かった友達もいた。このまま実家講義を受けていたら落単するのではないかと、なんとなく恐怖心を持った。

もし町から町への移動がそのように咎められるものでなくなりつつあったとしても私の地元はどうだろうか。

教授気持ちはわかる。高校部活演劇部だった私は裏方としてであるけれど人対人でなければ伝わらないことがあるということを何度も学んできた。絶対こんなに課題を出すよりも対面で、お互いの表情や空気感を読み取りながら講義を受けた方が1000倍伝わる。教授達が沢山努力していることはわかっている。でも一つだけ、ちょっとだけ考慮してください。アンケートで回答したみたいに、今は大学に通学できない距離暮らしている子もいますWord文書気持ちが伝わりにくいなら、手書きどうでしょう。「今すぐ」や「今日中に」大学プリントを取りに来るように伝えるのではなくPDFを配布してみませんか。

この頃、一通のメールが地下ドル垢のDMに届いた。7月オープン予定でコンカフェを開く予定なのでキャストとして働いてみないか・お店で働く子達で地下アイドルグループを作ろうと思っている、ということだった。声をかけてくださったのは去年地下ドル現場でお会いしたことのある方で事務所経営してるとかなんとか…ということは知っていた。しかし怪しいと思い事務所名や名前鬼のよう検索した。本物だった。メイド服に憧れていたのでコンカフェには興味があった。どれだけいろいろな事情を抱えていてもステージに上がれば夢を見せてくれるきらきらした地下アイドルも大好きだ。かつて片思いしていた先輩も同じ地下の子が好きだったっけ。

しかし私に沸いてきたのは不信感だった。なぜこの時期なのか、私の推しでさえライブ自粛しているのに、都会でなければ成立しない「コンカフェ・地下」をなぜ今始動させようとしているのか、意味がわからなかった。

その頃だった。コンカフェ店舗を構える予定の歌舞伎クラスターが発生したのは。

もういつもなら暗示や占いの類いは良いものしか信じないご都合主義頭だが、こればかりは神様がやめろと言っている気がした。だから断った。

それでも何度もDMがきた、見学だけでもいいとかなんとか。

断った。挙げ句の果てにブロックした。

捨て垢から見に行ったが、コンカフェは無事にオープンしたらしい。地下ドルグループもできたみたいだ。某メイドカフェでも感染確認、こんな世の中なのにメイドが働いているのってどうかと思った。大人が信じられなくなった。あとグループの曲は普通に私の趣味雰囲気じゃなかった。(←これはお気持ち表明)

ということで先輩が好きなアイドルにはなれませんでした。前に現場に一緒に行ったことがある。

いつか地下で活動してそうだな、とか、そうなったらチェキ撮りにいくねとか言われたこと多分一生覚えてるけど、アイドルにはなりませんでした。(超怖いガチメンヘラコーナー)

2020/07と今日の話。

そんな感じで相変わらずレポートに追われる毎日実家で送っています最近は本当に仲の良い2人と連絡を取り合うくらいで、レポートにも慣れてきて二次創作を適度に楽しみながら暮らしています

私はこれでも勉強趣味に…ってそれなりに外に出なくても毎日充実してる。それぞれの生活もあるんだし、私みたいな生活しろなんて誰にも思わない。それでも東京毎日感染者出てたり、私の実家に近いところでもじわじわ感染確認されていたり、5月から世の中変わってないみたいだ。友達の住んでる市は勝手ロックダウンしたらしくもう当分大学には戻れないとか。

そしたら今日大学からメールが来た。私はちょうど課題をやっていた。

8月頭から対面での授業を再開するって、教育学部が中止と予定していた介護実習や高校での実習も開講する予定ですって。受講を希望するなら今すぐ登録を、また必要書類大学窓口で手渡し以外認めないって。期限は5日後。

実習も8月に開講する科目も、教育学部以外の学生教員免許を取るには必須で1科目でも落としたらもう4年間で卒業するチャンスはほぼないかもしれない。

から私はどうする?

教師は今後10年間で必要なくなるなんて記事ネットはいっぱいある。

多分これから教育ネットが主流になる。

メールが来てから時間、ずっと私はなけなしの脳みそフル稼働させて考えた。

県内感染者も増えているのに?移動中に感染する可能性は?土日ですら授業あるのにいつ動く?

介護施設も高校も、もし大学の誰かが感染していたら?大学のある場所感染者が増えたのは先週の後半。これが決定したのは先週の始めらしいか明日になれば対面での講義中止のメールが届くのでは?社会的にどう?教師になることを諦めたらいい?そんなに簡単に1年半の努力は捨てられる?距離を置いていた大学のみんなにいきなり会うの?

私今まで通り大学生活送れる?

もうどうでも良くなった。大学ですら信用できない気がしてしまった。

なんて、こんなことが頭によぎって考え込んでしまうし、しまいにはこんな文章を書いてしまうのでもしかすると私の本当の夢、なりたいもの教師じゃないのかも知れない。

私が弱いだけだと思う。本当になりたい!と思っている子ならこんなこと考えずに書類出しに行くだろうから。対面での講義にもどることを喜ぶはずだから

ということで、私は先生になる夢を諦めることを決めた。

意思が弱くどうしようもない救いようがない根性ひねくれた人間なのでもしかしたら、明後日には電車に乗って実習に必要書類を出しに行くかもしれない。8月はどこかで実習しているかもしれない。教師になることを諦めたまま Permalink | 記事への反応(1) | 02:20

2020-07-13

オンライン授業の真の辛さ

オンライン授業を受けることで家から出なくて良いし、自分場合実家暮らしからありがたいことに買い出しに外に出ることもない、それに普段から休日は出来るだけ引きこもっていたいインドアから楽だ.......とそう思っていたのは最初の1か月だけだった。



私の大学5月からオンライン体制が始まり、初めは教員や生徒側も、授業形式に慣れていこうとのことで試行錯誤でのスタートだった。その時はすべての授業やzoomなどを利用したいわゆるリアルタイムの授業はなく、配信される動画を視聴して授業を受けるものだった。そして6月に入り、真の辛さ(※自分調べ)というものを実感することになる。

授業が溜まる

動画配信で授業を受けることに慣れてくると、動画が公開されている限りはいつ見ても良いわけである。当然、明日やれば良いやと授業を溜めてしまうのだ。

明日やろうはバカやろうなので積み重なっていき、課題の提出期限ギリギリに授業を受け、毎週やり過ごしていた。そして無限ループするのである

スマホ依存気味になる、集中力がなくなる

授業が溜まるともちろん課題が溜まる、無限ループをしていた時は、常に(早く授業と課題を終わらせなきゃ、)と精神的に追われていた。そんな時にちょうどいい逃避の方法スマホだった。布団の上で弄れて、暇つぶしにもなる。何時になったらやめよう、きりのいいとこまで見たらやめよう、などやる事があると辞められなくなってしまう。

見ているものSNSYoutubeまとめサイトなど、あくまでも”暇つぶし”をしているという程になる。(しかし逃避のためなので、下手すれば永遠に暇つぶし”をしてしまう。)

また、昼夜逆転したとき睡魔防止にも永遠に見てしまう。挙句には授業を受けながらもスマホを見てしまうために授業に集中できなくなる。

酷い時でスクリーンタイム(スマホ起動時間)が平均1日17時間前後だった。


好きな事ができなくなる

これは私自身の問題かもしれないが、上記の通り早くやらなくちゃと精神的に追われると、一連の事が終わるまでは娯楽、趣味禁止自分制限してしまうため、授業が溜まると授業をしていない時は一日中逃避としてスマホを触ってしまう。

まり、寝ている時間ご飯を食べている時以外はずっとスマホを触っている事になる。逃避以外にスマホを使えないので、授業前は見てたNetflixも見る時間がない(時間はあるが課題やら授業やらがあるので見れない)解約してしまった。虚無すぎる。

昼夜逆転する

夜型なので長期休みがあるとよく昼夜逆転していた私だが、授業前はいくら昼夜逆転しても気にならなかったが、6月後半からzoom授業が増えたため昼間起きないと困る事に。15時からの授業に寝坊したときは流石にまずいと思った。

直す方法を何回も調べたけどそもそもアラームで起きれないので仮眠は無理、一日中耐えるにしても何処かで寝てしまうので、無理やり寝る方法がちょうど良かった。

何もしてない自分が辛い

自粛前はNetflixを見たりアニメ見たり、当分好きなことをして過ごしていたが課題が溜まるようになってからはずっと課題漬け、課題をしていないときYoutube増田まとめサイトをずっと見てしまうので”何も得ていない”のだ。SNS友達が絵を描いたりアニメを見たりしていて羨ましい。



こういったように堕落生活をし続けてしまった。メリットは家から出なくていいという点だけで、自分のように自己管理のできないやつはデメリットしかない。後期もオンラインだったら楽だとは思うけど人間性の損失を感じるから出来れば全部Zoomか登校ありにしてほしい でもマスク苦しいから登校となると必須なのめんどくさい!クソッファッキンコロナ

世の中の感染症予防対策

マスク、手洗いは浸透して当たり前になってきたけれど、なぜかリスクの高いシチュエーションを避けないように見える。

低リスクにばかり気を使い高リスクは頻度が低いからと気にしない姿がそこかしこで見られる。

例えば、2ヶ月前はおばちゃん達がぺちゃくちゃ話す姿も見かけなかったけれど今はすっかり元にもどっている。

マスクをしてればまあいいのかもしれないけれど、お茶をしながらだとマスクもしない。

しかも、なぜかおばちゃん達はやたらと顔を近づけて話す!そして次第に声が大きくなっていく。

どうして顔近づけて話すんだろうか。腐女子も顔近づけて話すし声が大きくなっていく印象があるけれど、当事者は是非理由を教えて欲しい。

そんなおばちゃん達も、話を聞けばきっとコロナウイルス心配しているだろう。

zoom井戸端会議に移行しろとは言わないけど、せめて2メートルくらい離れて話せばいいのにね。

新しい生活様式とかニューノーマルとか生活習慣を見直すなんて人類には無理なんだね。

anond:20200713142913

たぶんいま大手だと

Zoomのつかいかたもしらないんですか?おっさんって言った相手

Zoomの開発チームの課長からヘッドハントした人というのが頻発してる。大手ヘッドハンターがいま

意地でもリモート会議したくないおばさん

zoomとかの使い方がわからないし覚える気もない、リモートだと活発な議論ができない(意味不明)、よって終了時間を決めないで夕方から狭い会議室会議しましょう!

っていうおばさんがワイの職場にいるんだが暑さで頭が沸いたんだろうか

2020-07-11

コロナ禍の両家顔合わせ問題

私の実家岐阜、彼の実家愛知、今は二人で大阪暮らしてるんだけど、結婚するにあたって彼の親がどうしても両家顔合わせをしたいと言い出しまして。

結婚自体コロナ前に決めて、本来なら名古屋4月に顔合わせ予定だった。

それで6月中旬ぐらいに彼の親が「落ち着いてきたし8月あたりにどうかね」みたいな事を言い出してて結構辛い。予定通り名古屋でやりたいとも。

うちの親はZoomでも良い的な考えで私も彼もそうなんだけど、メールの文面見せてもらったら「コロナ"渦"で大変ではありますが、大事なことですので…」とか書かれてて…。

別に親と結婚するわけじゃないから良いっちゃ良いけど、この価値観と将来付き合っていかなきゃいけないのは先が思いやられるというか、何かあるたびに疲れるんだろうなーと。

似たような話は割と聞くし、今年結婚組の皆さんはどうされてるんだろう。

うちの親は「私達が移動したくないと強く言ってるってことにして」と言ってくれるんだけど、そこで角立ててもなあという感じで。

anond:20200711083243

コロナリモートワークやZoom飲みみたいなのが流行って、ショップからパソコンマイクwebカメライヤホンが売り切れ続出したの覚えてる?

そもそも自宅で仕事できる環境が整ってない人が大半なわけ、未だに。

大学生ですらスマホレポート出来るからって言ってパソコンすら持たない時代なの。

家庭に固定回線もなく、ギガがいっぱいの契約してスマホで全部済ませる人ばかりなの。

そりゃ出来るわけないよね。

それに現場に出ないといけない職業はどう頑張っても出勤しないといけないわけだからそもそもリモートワークで対応できる仕事自体が少ないの。

分かる?

2020-07-10

anond:20200710182215

最近Skype利用者の話きかないから、それを言うならZoomDiscordじゃない?

友人と会食をした

事前に行われたZOOM飲みでは、食事中は会話をしないというルールを定めた。

定めたはずだった。

当日、そのルールを守ろうとしているのは俺しかいなかった。

食事が運ばれてくるなりマスクを外し、飲み食べながら話し始めた。

ルールを守ろう!と言っていた奴ほど忘れ去ってべらべらしゃべっていた。

会話をふられると返事をするしかないが、口元を手で覆って最低限で答えた。

そんなことをしていたのは当然俺だけだ。

1時間ほどで会食は終わった。

日々、東京都感染者数は増えていく。

会食クラスター20~30代が多いという。

まさに俺のような。

あの会食から明日でちょうど2週間経つ。

1日1日が恐ろしかった。

マスクで少し息が苦しくなっただけでも不安になった。

食事の味が変わっていないか

体温は正常か。

早く2週間が過ぎ去ってほしいと祈り続けた。

こんなに毎日が長く感じられたことはない。

明日でちょうど2週間経つ。

テレワーク終わってほしい

出勤時間減るのは良いんだけど、マスクして目だけメイクしてたから、Zoom会議の為にするのめんどう

2020-07-09

恋を手放しま

この場を借りて恋を手放させてください。



短い間でしたが、ありがとうございました。

今思い返すと、デートらしき事は1度もしませんでしたね。ピクニックとか水族館とか美術館とか、そういった場所に行きたいと思っていましたが、結局言い出せませんでした。

コロナ世間が騒いでいる時に人が集まるような場所に行きたいと言ったら、引かれてしまうと思ったのです。

それに、例えば蔦屋書店制限時間内にお互い相手に読んでもらいたい本を購入した後、どこかのカフェで紹介し合うなんて、子どもっぽいと思われそうで言えませんでした。今冷静になってみれば付き合ってもいないのにそんな事するの、変ですね。



それに、LINEが全く来ないのも寂しかったです。

返信が来ないのが気になって、ネットで色々な記事動画を見ました。

そこには「好きなら睡眠時間を削ってでも返信する。よって脈ナシ。」という見解と、「LINE業務連絡手段としてしか見ていないのが男性なので恋愛感情既読スルー無関係。よって脈アリの可能性も十分にある。」という見解の大きく2つがありました。

私はどちらも説得力があると思いました。そして自分の状況を当てはめては、落ち込んだり、気長に待ってみようと思ったりを繰り返していました。

でも迷いを繰り返すうちに、結局はケースバイケースだという事に気付きました。

画面の向こうの知らない人が「これは脈アリ!」と言ったって、何の意味もないんです。大切なのはあなた気持ちであって、世の中の意見とか、傾向とか、ましてや私の希望なんてどうだっていいんです。


ただ、そのあなた気持ち、それを知らせてくれない事にはどうしようもないんです。

私はそれを知るために色々模索しました。

目を見つめてみたり、軽く腕にタッチしたり。どんな人がタイプなの?と聞いてみたり、私の好きな人は何を考えているかよく分からなくて…と本人に相談してみたりもしました。

自分としては結構グイグイいったと思っています。世の中にはもっと大胆な方もいると思います。だけど私はお酒の力を借りてもこれが精一杯でした。

あなたの反応は、拒否する訳でもなく、むしろ好意的とすら捉えられるものでした。

そう、会っている時のあなたはとても楽しそうに見えました。思い切って言えば、私に気があるんじゃないかと思うほどでした。

それなのに、まだあなた気持ちが分からないんです。

だってLINEが来ないんです。

私はあなたの話を聞きたいって思うんですけど、次の約束はしてないじゃないですかLINEは来ないじゃないですか。……

こうして書くと、私はあなたの事を一日中思っているような恋する乙女に見えるかもしれません。

まぁ間違いではないかもしれませんが、私だっていい大人です。

あなたからLINEを待ちながらも、仕事ちょっと丁寧に仕上げてみたり、遠方の友人とZOOM遊んだり、旅行計画を立てたりと思いのほか充実した余暇を過ごしているんですよ。




私は、あなたの真面目で紳士的でどこか謎めいている所が好きでした。手が届きそうにないくらい、背も高くて頭が良くて、大人っぽくて。

正直、なぜ私じゃダメだったのか分かりません。でも、思いつく限りの反省をして次に活かします。

次、誰かに好いてほしいと思ったら、

グラスの水を注ぐ係を死守します。

前の恋人の話はしないし、聞きません。

お化粧は薄めを心がけます

私が頑張った話をするよりも、相手の頑張った話を聞き出すようにします。

食事終盤でお化粧室にたたないようにします。

鬼滅の刃アニメを見るだけじゃなくて漫画を買います


もっとあなたの事を知りたかったです。

あなたが挫けそうな時に傍で支えたり、全部ぶっ壊したくなった時に静かに見守って落ち着いたら一緒にやり直したり、あなたを傷付ける人がいたら先陣を切って殴り込みに行きたかったです。



さよなら

とてもいい片思いでした。

2020-07-08

Zoomパンツ晒した女

20代女ですが、部署の全員が参加するZoom会議パンツ晒ししまいました。

6月の始め、エアコンを付けるか迷う暑い日でした。目が覚めた私は窓を開け、パンツ1枚で在宅勤務を始めました。思えばこれが不幸の始まりだったのです。

私の部署では、在宅勤務になってから毎日定例会議が行われています。下っ端である私は普段からマイクカメラともにオフで参加していました。

その日はWi-Fi調子が悪く、画面共有の多いその会議にはiPhoneから出席しました。他のチームの話題差し掛かったところで、私は朝の洗濯物を干し忘れていることに気づきました。

少し迷いましたが、そのチームからは事前配布された資料確認のみで、耳で聞くだけでいいやと思った私は、iPhoneを持って立ち上がりました。

うちの洗濯機の横には、洗面台とちょうど同じぐらいの高さの棚があります。そこにiPhoneを置き、鼻歌なんて歌いながら洗濯物を出そうとしたそのときです。

一瞬、参加者がどよめいたのがわかりました。「やばい!」と思って、急いでカメラを塞ぎました。しかし、そのときには後輩からLINEが入っていました。


普通に放送事故でしたけど、みんな大人なので見ないフリしてくれると思います


出社組が集まるZoom Roomの60インチ4Kモニターには、わたしパンツスピーカービューで映し出されていたことでしょう。

在宅勤務のまま1ヶ月がたち、部署の人たちは完全にスルーしてくれていますしかし、出社して顔を合わせると気まずくならないか不安です。このま忘れられるのを待つしかないのでしょうか。 

この中に部署の全員の前でパンツ晒した方がいらっしゃいましたら、アドバイスをいただけますと幸いです。

追記

小さい部署なので部員20人程度しかいませんが、私と庶務さん以外は全員男性です。詳細に書いていたら思い出して死にたくなってる。

追記2

残念ながら晒したい性癖はありません。

写ったのは履いているパンツです。棚に置いたときに画面に触ってしまマイクカメラともにオンになったようで、ノーブラ上半身は高さの関係でセーフでしたがパンツがアウトでした。

2020-07-07

しょーもなかったオンライン会議 

内容的に私には分からないことだらけで、

いなくても良かったじゃーん。

何で呼ぶんだよ。

ちょっといいな、と思ってる人が来るから

からZOOMライティングとかすごい

工夫して、少しでもこの地黒フェイス

白く見せようとがんばってたのに。

化粧だって、ずっと在宅だから久々で

一回やり直して仕上げたんだぞー。

なんか、めっちゃ内輪ウケ

ファシリテーターもなくて、メインメンバー

思い思いに喋ってるだけ。

え、実務面では私が責任者の次に貢献してたよねぇ?!

これまでの経験上、うっすらこうなることは予測してた。

会議後のがっかり→やけ食いコースも想定してたので、終わってイライラしてたけど

冷蔵庫に突進せず、丸亀製麺に飛び込んだよね。(外でやけ食いは恥ずかしいので)

親子丼のフワトロ卵の甘味に心癒された。

なんか一時間以上、私と蚊帳の外のもう一人、

ぼーっと会議の流れを聞いてるだけ。

虚しすぎて、タブレット開いてyoutube見てたわ。

ZOOMの音声ミュートだから、余裕。

時給もらう分、別の切り口から、私の

意見を挟ませてもらったけど、多分採用

されねーな…

いいもん、私個人ですっから(フン)

結局何が決まったのか怪しいまま終了。

大丈夫かよ…

もちろん、いいなと思う人とのからみなし、

つーか、会議ファシリテーターとしての

能力に軽く白目。

内輪の雑談に私ら入れないでくれる?

もうひと方、挨拶と相槌だけしかしてないよ?

こんだけオンライン会議主催してて、

情けない。

百年の恋も冷めるよね。(そもそもしか興味なかったし)

こうなるの分かってたから、明日美容院

週末は婚活パーティー予約しといたわ!

がっかり記憶は新しい出会いで打ち消す。

もう二度と呼ばんでくれ!

2020-07-06

anond:20200706181620

今回コロナ禍による休校で、いろいろIT化の手段検討されたけど、普通の授業は黒板と手書きノート世界で昔と変わっていません。

休校中に子どもたちに見せるための動画を撮ったり、オンライン授業に向けてZOOMやら何やら先生たちが研究してたけど、職場パソコンセキュリティが厳しすぎて、結局先生たちが私物パソコンとかタブレットを持ち込む羽目になっていた。

同じ学校内でも職種が違うと別のシステムを使っていて、情報のやり取りがめちゃめちゃ不便。使いやすさとか子どもたちの役に立つかどうかではなくて、情報漏洩しないようにすることだけ考えて作られたシステムからね。教育ITはいつになったら進化するのか謎。

リモート飲み会がよくわからない、というか嫌だ

コロナ禍においてテレワークバリバリやってる(嘘、ほどほどにサボっている)この頃だが、この度課内でリモート飲み会をやろうということになった。

zoomミーティングは毎朝やっているからよくわかる。でもあれは形式が決まっているし、いわゆるターン制だからF2Fと変わりない。

しかリモート飲み会とは如何なものか。飲み会自己紹介とか挨拶を除けばまあ自由で、誰に注目とかだれが話すとかは決まっていない。リモート飲み会となれば、お互いの顔を数時間見つめ合ってなければいけないのか。顔合わせというくらいだからカメラONになるんだろうか。猫がフレームインする家に住みたかった。

自分雰囲気酔いする方で、話題の輪の端で話聞いているだけでも満足(話ふられれば応える)なのだが、ルームは1つで固定だろうし全員見つめ合いながらの会になるのではないか。それならボイチャしながらゲームした方がまだ分かりやすい気もするが、そもそもボイチャどころかグループチャット発言するタイミングが分からなくて敬遠してたのを思い出した。もう映画見ながらTwitter実況でよくないか。よくないな。自分呼べば応えるんでROMってていいすか。第一印象としてはよろしくいか

あと、同僚とはいえそこまでプライベートには興味ないし興味をもたれたくないというのもある。いわゆる360評価が導入されたおりには「あの人ってなんかしてたっけ……」と他人への関心のなさを再認識してしまった。また、自宅なぞはプライベートの極地のようなもので、背景は誤魔化せてもこの空間他者一定時間割り込んで拘束されるという時点で受け入れがたい。そうでなければ進んでテレワークなぞ望まない。

とまあ愚痴ったが自分もいい歳なので、やれ嫌だとかナンセンスだとかは言わない。言わないが「新しい生活様式」に自分が躓くとは思わなんだ。だって電話とか苦手だし。意義はわかるし社交性が足りてないのは重々承知。店で飯食いながらのおつき合いならまだ対応できるが、これはなんともめんどくさい。酒くらい好きに飲ませて欲しい。飲めないけど。

ZOOM会議で、役職の上の人を大きく表示したり、上座に表示できないかって要望があったとかいう話がツイッターで流れてきた。

以前も、IPアドレス会社の偉い順に振れって要求されたみたいな話を見たわ。

こういうのってネタだよな。

もしくはごく一部であった話をよくある話みたいに語ってるとか。

そもそもIPアドレスなんて、セットアップなんか下っ端にお任せで、意識しないほうが多そうだけど。

コロナ太り

コロナいか2月からほとんど家を出てない。zoom欧州とは会議してる。だからどうしても昼夜は逆転しちゃう

ポスドクになりたいけど、空いてないかマスター10年以上やってる。(もちろん費用は親持ち。最高学府から出してくれる)

大学入学祝いに買って貰ったマンションがあり、実家から出ていけと言われているけど、掃除料理もしたくないし、実家が楽。

また太ってしまった。

あっ暇だから手紙でも書こうかな。

2020-07-04

プロ野球オンライン応援に参加して不安になった

2020年6月Zoomを使って公式開催されたオンライン応援イベントに参加した。有料だったが即チケットを購入した。

ゲストにチーム大好きな野球声優がいたのが一番大きな参加理由

球場応援するのがすごく好きな人間なのでコロナの影響で球場に行けなかったのが非常に辛かったし、めちゃくちゃありがたい企画だった。正直思ってたよりめちゃくちゃ楽しかったし盛り上がった。応援団が応援歌歌ってるZoomに参加できて、応援バット振るだけでめちゃくちゃいい運動になった。見ている中継映像が人それぞれ違うからネタバレが起きるとかは仕方ない。

ところでゲストとして参加している声優さんが昔参加していたユニット関係する、モラルを欠いた発言執拗に行う参加者がいた。正直やっていいこと悪いことの分別が全くついてないレベルだった。

オンライン応援Zoom映像球場ビジョンにそのまま映る。つまり中継にも写ったりする。コレ自体は悪くない。選手に声は出せなくても応援していることを伝えられる(たぶん伝えられている…?)というのはファンとしては嬉しいことであるZoomでのチャットビジョンに映されたりする。これもまあうん。

ほぼリアルタイムZoom映像をそのまま球場ビジョンに流している。これは人間善意ありきで成立しているシステムだと思う。そして悪意に本当に脆弱であるとも感じた。

こういうオンライン応援の取組みをなくせとも思わないし、むしろ積極的にやってほしいのだが、悪意のある人間がその場に紛れ込んだらそれだけでろくでもないことが起きるよ。例えば有害もの写したりね。

リアルイベントだったら明らかにヤバい人間スタッフマークしておいたりできるけど参加型オンラインイベントだとそうはいかないっていうのが見えてきて怖くなった。

zoomとよくにたアプリwordpressで作って

みたいな記事話題になってたけど、インドお金持ちが作った会社そっくりアプリ作ったんだって

2020-07-03

「上からやれと言われたのでやります」と開かれたzoom夕礼でカメラオフして上司声聞きながらマン毛抜いて整えた。意義のある時間だった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん