「クロース」を含む日記 RSS

はてなキーワード: クロースとは

2020-10-11

一生懸命」と「一所懸命

子供ときから一生懸命勉強してきた、大人になってから毎日一生懸命働いている。例えばこういうような言い方をする。私も一度そう言ってみたいものだ。が、ここでの問題は、そういう努力や真面目さのことではなく、「一生懸命」ということばの形である

腰痛力士初日を出すと、スポーツ紙が「一『勝』懸命」などという苦しい見出しをかかげるぐらいだから、たいていの人はふだん「いっしょうけんめい」と発音しているだろう。たまに「いっしょけんめい」と聞こえてきたりしても、全然気にとめない。気がついても、あの人は急いでいるため発音が雑になったんだと思う程度だろう。相手外国人であれば、注意深い日本語教師は「イッショー」と長く延ばすように指導するかもしれない。相手日本人であっても、小学校などでは、「ちゃん発音しなさい」と注意する熱心な先生もありそうだ。

ここで終われば平和な日々がうち過ぎるのだが、なかには気になって「いっしょけんめい」というふうに短く言う俗な発音も認められているのかなあと、念のために国語辞典で引いてみる人もいるかもしれない。すると辞書には、「一所懸命」ということばが出ていて、「武士が賜った一ヶ所の領地を命をかけて守り、生活の頼りとしたこと」と説明してある。そこから一般に、物事を命懸けでやる意味に広がったらしい。びっくりして、それまで疑うこともなく信頼を寄せていた「いっしょうけんめい」のほうを引いてみると、あろうことか、「一所懸命の転」とある。形勢逆転だ。

今まで乱れだと思って軽蔑まなざしで見ていた「イッショケンメイ」がにわかに高貴に見え、これまで牙城を誇っていた「一生懸命」が反対になんだか色あせて見える。なんの引け目もなく天真爛漫に使っていた「一生懸命」という語が、とたんに使いにくくなる。向学心に燃え前後の見境がつかなくなった若人なら、まったくためらうことなく「一所懸命」に切り換えるだろう。

だが、いくら世間というものがわかってくると、手のひらを返すように切り換えることには抵抗をおぼえる。「イッショケンメイ」と発音しては相手に通じないのでは、と心配するからではない。また、別に古なじみの「一生懸命」に侍の義理を感じるわけでもないが、知ったばかりのことばを得々として弁じたてるのは、生半可な知識をひけらかすようで、どう見ても、成熟した大人のふるまいではないような気がするのだ。

そうかといって、「イッショウケンメイ」という発音で通すのも問題がある。そのほうが、世間からの疎外感を味わわなくてもすむ点では無難だが、国語先生のくせにこんなことばも知らないのか、と軽蔑されるかもしれないなどと、今までは思ってもみなかったことが不安になったりする。しかたがないから、「ほんとはイッショケンメイというんだそうですが」とよけいな挿入句を用いたり、意味ありげに二様発音で繰り返してみたり、やむなく単に「懸命」ですませたり、あるいはほかのことばに逃げてしまったりする。ともかく、そのことばを、以前のように無心では使えなくなっているのだ。なまじ知ってしまっていたために、余分な神経を使っているわけである。そんなとき、知らないうちが花なのよという、全然関係のない古い文句が浮かんできたりする。

私にとっては「独壇場」がまさにそれだった。辛口批評となればあの評論家のドクダンジョウだとか投げの打ち合いとなったらあの力士のドクダンジョウだとか、なんの疑いももたずに言ってきた。ところが「壇」でも「檀」でもなく、正しくは「擅」なのだという。「擅」という漢字は「ほしいまま」という意味で、しかも、「せん」と読むらしい。つまり、「独擅場」と書いて「ドクセンジョウ」と読むのが正しいというのである

しかに、これで一つ利口になった。が、そのときから新たな悩みも始まった、「イッショケンメイ」とはちがって、「ドクセンジョウ」のほうは意味が通じるかどうかさえあやしい。通じたとしても、なんというペダンティック言動かと思われるのが関の山だろう。「ほんとはドクセンジョウというんだそうですが」と前置きすると、今度は相手が、学問があるのはわかったから、そんな偉そうな顔をしないで、すっと言え、と言わんばかりの表情になる。そうかといって、辞書ちゃんと「独擅場の誤読から生じた語」とことわっている「独壇場」ということばを、今さら無邪気な顔で使いつづけるのも気がひける。結局、どちらのことばも平気な顔で言えなくなり、自分の話しことばから私はその語を失った。

同じ単語でも、読み方でそういう結果になることもある、「異国情緒」「情緒不安定」などの「情緒」ということばは、ふつう「じょうちょ」と読んでいるが、国語辞書を見ると、「ジョウチョはジョウショの慣用読み」と説明してある。つまり本来「じょうしょ」と読む語なのに、「じょうちょ」というくずれた読みが慣用として世間に広まった、という事情らしい。それまでなんのためらいもなく「じょうちょ」と発音していたこの語を、こだわりなく、すっと言えなくなってしまうのである。そうなると、そんなことを知らなかった昔がなつかしく思い出されるかもしれない。

外来語日本語読みにする際に清音と濁音の違いも、同じような問題をひきおこすことがある。「ニュース」で「クローズアップ」された情報を「スムース」に受け取っていたのに、原語の発音意識した日から、「ニューズ」で「クロースアップ」された情報を「スムーズ」に受け取れなくなるのは、その一例だろう。「スムース」などは比較的すんなりと「スムーズ」に席を譲ったように見えるが、「ニューズ」はまだそこまで進んでいない。そういう発音が聞こえてくると、思わず相手の顔をみたくなる。

まり、これらのことばは、その意味を伝えると同時に、その語を使う人の知識教養の程度をもあらわす。臆面もなく使うとか、照れて使わないとかいたことをとおして、その人の性格を伝える場合もあるから、油断ができない。

これまでは、ふつう気がつかないところに一部の人が気がつくために起こる問題点をあげてきた。その逆もある。人のうわさをしているらしい。ひとりが「あいつネーモーだからな」と言うと、相手が「うん、ほんとにネーモーだ」と簡単に応じて、それでおしまいになる。そんな話を聞いた。おたがいに通じ合っているのだから、なにも今さら話を蒸し返すことはないが、これはおそらく「獰猛」のことだろう。たまたま二人とも「どうもう」と読まずに、「ねいもう」と読むものと思い込んでいたために、運よくツーカーと通じたものにちがいない。

しかし、そうそういつもうまく行くとはかぎらない。聞き手が「どうもう」と読むという知識をもっていることのほうが多いはずだからふつうは「えっ、ネーモー?」と聞き返すことになる。聞き返すのが失礼だと思えば、「ん?ああ」などと曖昧な返事でごまかすかもしれない。が、もし通じた場合はどういう性格コミュニケーションになるのだろう。

獰猛」を「寧」の旁につられて「ねい」と覚えているんだな、と聞き手が頭をまわせば、意味はわかっているわけだから、伝達は成立する。だが、「獰猛」を正しく読めないという話し手についての情報も同時に伝わる。魚の「生け造り」を「生き造り」というのも、程度の差こそあれ、似たような印象を与える。

『影を慕いて』というはるかな昔の歌に「月にやるせぬわが思い」ろいう文句がある。「やるせぬ」という言い方は許せぬなどと息巻く人もいる。「やるせない」という形容詞が「やるせぬ」となるのなら、「はかない」が「はかぬ」となり、「しがない」が「しがぬ」となるはずだから、たしかに、そんな日本語はないと言っていい。リズム関係でそうなったのだろう。が、そういう形が思いつくのは、「やらない」が「やらぬ」となり、「しない」が「せぬ」となる現象があるからにちがいない。つまり形容詞の語尾の「ない」を助動詞混同した結果なのだろう。

同種の例に「あの人みたく」といった「みたく」がある。これは直接には、「みたい」の「たい」を「見たい」の「たい」という助動詞混同したものかもしれないが、「うれしい」「大きい」というふうに、日本語では形容詞終止形はすべて「い」で終わる、ということも心理的背景として働いたような気がする。逆じゃ必ずしも真ではないのだが、「い」で終わると、なんだか形容詞のような気がして、「うれしく」や「大きく」に倣って、「見た様だ」から転じた「みたいだ」という助動詞の「みたい」の場合も、つい「みたく」という連用形を作りたくなるのだろう。

いずれにしろ誤用によって生じた語形なので、ことばにうるさい聞き手は、相手教養を疑うかもしれない。しかし、この種の語感は地域や年齢、それに、もちろん時代によっても違う。「着替え」という名詞は「着がえ」でもいいが、動詞の「着替える」のほうは従来どおり「着かえる」と発音すべきだと、今でも主張する人がいる。靴を履きかえることを「履きがえる」とは言わないから、なるほど、そういう理屈になる。しかし、耳で聞くと蛙の種類とまちがえそうなこの「キガエル」に抵抗を感じる人は今やごく少数だろう。このぐらい定着してしまえば、もうほとんど特別の語感は働かない。

また、最近は、「ゆ」「らゆ」「る」「らつ」という長い伝統を引き継いできた「れる」「られる」の関係にも深い亀裂が入った。「やれる」「乗れる」「張れる」といった可能動詞連想も働いてのことだろうが、助動詞の「られる」との伝統的な使い分けを無視して無差別に「れる」をつけ、「見れる」「寝れる」「入れる」などと新しい臨時可能動詞を作る、いわゆるラ抜きことばの嵐が吹き荒れ、ほとんど修復不可能と思えるまでに日本本土を席捲している。ある若い中国人学者の話では、日本留学したてのころ、某女子大で「眠くて朝なかなか起きられない」と流暢な日本語で話したところ、大学院友達が「られる」は尊敬意味で、可能は「れる」だと親切に教えてくれたそうだ。こうなると、せめて「見れる」は「見られる」のくだけた口頭語形とでも制限して、正式に認めてしまったほうが、かえって勢いをいくらか食い止める力になるかもしれない。

しかし、いずれにせよ津々浦々の老若男女に心底その形が容認されるまで、頑固一徹日本語担い手たちが「アナウンサーよ、お前もか」と眉をひそめるような語感が、そういうことば保守派にとっては」、またしばらくはついてまわることだろう。

ことばの形は崩れたわけではないが、「気がおける」と「気がおけない」という慣用句用法が乱れかかっていることが、ひところ話題になった。例えば、「校長先生は気がおけないので肩がこる」「親友は気がおけるらしい」といった使い方が若い人たちの間に広がりつつある、というのである最近校長が人なつっこくなって、生徒とばか話をしながら遊びまわるとか、今どきの親友は油断がならないから、わきにいると緊張しどおしだとかいうような、時代の変化が起こっているのかもしれないが、それは別の話だ。事態の変化に応じた表現でないとすれば、ことばの使い方が本来用法とむしろ逆になる例があらわれたことになる。

「情けは人のためならず」ということわざの「人」を「他人」ではなく「その当人」の意にとって、全体の意味を、他の人に親切にしておくと、めぐりめぐって自分自身にいいことがやってくる、という本来意味ではなく、へたに情けをかけたりすると、かえってその人のためにはならない、という意味で使う人が増えてきたともいう。

このようなずれた用法のことばは、たとえ通じたとしても、相手も同じようにずれて理解していないかぎり、無教養に類した印象を同時に伝えてしまうだろう。

2019-06-13

走れヤッ●ル!!!

そなたは森で、私はたたら場で暮らそう。

分かってる、分かってるよそれが最善なんてことは!!!

というわたし叫びを、もしあなたが暇で暇で仕方がなくて暇つぶしを探してる方だったら、少しだけ聞いてほしい。

まず自己紹介をしよう。わたしは雑食の腐女子だ。

しかし、雑食と一言で言っても、その形態は様々だ。

基本的には「左右が同一ではないCPも受け入れ可能」という意味で使う人が多いのではないだろうか。

その中でも、いわゆる受けは固定、相手は固定という人や、

あるいはハピエン厨やバドエン厨などといったシチュエーションを好む人もいる。

わたしは、生粋の雑食だ。

推しはいる。ただし、基本傾向として推しは攻めだ(推しは受けにしたいという人が多い)。

でも、モブ×推しのいわゆるモブレなんてのも大好きだ。

従って、そのまま快楽堕ちなんてエンドも好きだし、逆に堕ちきれなくて苦しんでたりするのもおいしくいただく。

から推しが受けになっているのももちろん好きだ。でも攻めてるのも好き。

誰にも認められないと分かっていてもそれでもお互いの気持ちを抑えられないシリアスの気分の日もあれば、

推しカプが全世界から祝福されてる甘々ハッピーが読みたいときもある。

たまには推しだって学生生活満喫して若気の至り馬鹿をやってほしいし、

借金のカタに売られて吉原の隅で身を窶す姿だって見てみたい。

3億円でオークションにかけられてる受けを颯爽とさらって優しく傷を癒してあげるスパダリだってなれるって信じてるし、

自信を無くして自暴自棄になって横っ面をはたかれてるのだってアリだ。

まり、本当になんでも来いという感じ。

さて、そんなわたしツイッターというものをしていた。

周りに配慮をするようなツールとしてはとらえてはいなかったから、好きなことを延々と呟いた。

カップリングも、シチュエーションも、なにも気にせず、好きなことを。

それでも、そんなわたしでもいいと言ってくれる人が繋がってくれて、楽しくタイムラインを眺めていた。

そんなある日、わたしは、わたしがずっと片思いしていた方からフォローをもらった。

その方は固定派の方だった。

その方は、わたしとメインカプが同じだった(ただしわたしにおいてはry

その方のかく二人は、シチュエーションも、絶対ふたり日常とその延長線上からははみ出さない。

でもだからこそ、その中で丁寧に丁寧に拾われていく二人の表情や感情や心の動き方が、

とても好きだった。

フォローをいただけたのはとても嬉しかったけれど、だからと言ってリプライを飛ばせるわけでもなく、

ただ、時々わたしツイートハートが飛んでくるようになったのを、ひっそりにまにま眺めてた。

からわたしも今まで通りその方の作品ハート飛ばしていた。

でもそのまたある日、ふとフォローフォロワーが1ずつ減ってることに気が付いた。

わたしはそんなに数が多いわけでもなく、数字が動くわけでもなかったからそういったことにはすぐに気が付けた。

かいなくなったんだろうか。そう思ってフォロー欄を見て行って、その方がいなくなっていることに気が付いた。

なんとなくついた予測を見ないようにして、その方のホームに飛んでみた。

飛べた。ほっとした。

その方の一番上のツイートには、

「周りの方からの影響で自分作品がうまく作れなくなりそうだったので、少し整理させて頂きました」

という文字があった。

まりわたしは、ブロ解されていた。

まず勘違いしないでいただきたいことは、このことに関してその方を責める意図微塵もないこと。

雑食だ固定派だと争いが絶えない昨今。

自分のお気に召さなものが目に入ったからと言って、匿名ツールで過剰な配慮を求める人も多く見た。

そんな中、この方はツイッターというツールの中で、

わたし自由を責めることなく、

ただ、彼女自由を守ろうとした。

とても大人で、社会的で、理性的で、知的有効な行動をとられたと思った。今でもそう思ってる。

でも、わたしはショックだった。

好きな方に拒否されたということではなくて、

自分が好き勝手にまき散らしていたものが、誰かを脅かしていたという事実がショックだった。

誰かの主食は、誰かの地雷

わたし主食は、誰かの地雷

分かっていたと思っていたことを、突きつけられた気がした。

でも、わたしはだからと言って固定にはなれなかった。

だってラブラブも、シリアスの、コメディも、ハッピーエンドも、バッドエンドも好きだった。

捨てなくたっていいじゃないか自分の好きにすればいい。

だけど、自分が好きにすることで、わたしが好きな誰かを圧迫していた。

とっても自由だと思っていたフィールドが、自由すぎて怖くなった。

でも、その自由を知ってしまたから、今更あとには戻れなかった。

なにかを呟こうとして、打ち込んで、消して。

消したのをもう一度打ち込んで、下書きに保存して。

なにを呟こうか悩むことが増えて、その方がストレスになって、

わたしツイッターをやめた。

今は、繋がっていた友人とクロースドの環境で細々と盛大に語り合っている。

時々はまた作品ともいえないものを、支部にあげたりもしている。

でも、いまだ答えはは見つからない。

好きなものが違うなら、大事ものが違うなら、住み分ければいい。

それは明快だ。

だけどわたしあなたが嫌いなそれが好きで、

でもあなたが好きなそれは同じぐらい大切にしたかったんだ。

ヤッ●ルに乗って会いに行くくらいじゃ、到底足りないくらいに好きだったんだ。

ずっと隣にいさせてほしかったんだ。

同じくらい好きなんだねって言って欲しかったんだ。

あなたもそれが大好きなんですねすごく伝わりますって言っていたかった。

それが図々しいことなんて分かってるけど。

それをあなたが拒むなら、どうしたらよかったんだろう。

いまだに正解は見つからない。

でも、一度は活動を控えていたその方も、また作品をあげたりされているらしい。

またわたしの大好きな二人が見られるのかと思うと、おちおち夜も寝てられない。

残念ながら雑食のわたしは、そろそろまたあの自由世界に戻りたくなっている。

今度はどんなことがあるかわからない。

でもひとまず、そなたには森で、わたしはたたら場で暮してみたいと思う。

ヤッ●ルに乗って、会いに行けたらと思う。

から

走れヤッ●ル!!!

長々と失礼しました。

以上、ご清聴ありがとうございました。

2019-01-02

大原みちるクリスマスお渡し会レポ(20181223)

行ってきました。いやクリスマスどころか年明けちゃってるんだけど

12月23日、やや暗い空の下を都内某所にある某デパートへと向かって歩く。『大原みちるクリスマスお渡し会~パンタクロースがお届けしちゃうぞ!2018~』が開催されるからだ。なんてテンションの高い名前

このイベント製パン会社とのタイアップ企画で、参加希望者は事前に同デパート特設コーナーでサイン付きパンの詰め合わせを購入、整理券を配布してもらうのだがこれが高い。実質パンがおまけに付いてくるだけの整理券だと自分を説得したが、米が主食人間にとって小麦を買うために4桁円を支払うのはなかなか勇気必要行為だった。というかサイン付きパンってなんだ。お渡し会というイベントのものが初めてだったのでとりあえず1セット購入。まだこのときは、クリスマス当日の朝食はパンだなー程度のことしか考えてなかった。これが12月中旬の話。

23日に戻る。現地に到着したものの、予定までそれなりに暇になってしまったため、デパ地下に潜って面白そうなパンを探すことにした。お渡し会での話題作りのためである。まあ初参加なので話す時間があるかどうかすら知らなかったが(実際あんまりなかった)。そんなこんなで会場周辺に到着した私は異様な光景を目の当たりにする。

パンが、歩いている。

正確には、おそらく数千円程度であろうパンを抱えたオタクが群れを成して歩いていた。嫌な予感がした。とても。いくら推しパン好きだとはいえ、数日間ずっと三食がパンになるのは遠慮したかった。しかもその群れはお渡し会の執り行われているビルから発生しているように見えた。気のせいだろうと言い聞かせながら奇妙な行進の発生源へ突入する。

一縷の望みにかけながら待機列に並び、その時を待つ。列が終わり、係員に誘導されるまま歩いた果てに待ち受けていたのは、エグい量のパンを抱えて満面の笑みを浮かべたサンタだった。整理券付きだから高いのかと思っていたが特にそんなことは無かったようだ。ちゃんと代金分ある。それにしてもかわいい。この光景だけ目に焼き付けて帰りたい。しかサンタ無慈悲にもそれを受け取るよう促してくる。パン派の友人の顔をいくつか思い浮かべながら受け取り、その後は係員に剥がされるまでひたすらサンタコスを褒めまくった。

結局のところ、1セットしか買わなかったのは正解だった。これで5セットとか買ってたらそれこそ大原みちる本人を召喚しなければ処理しきれない量になっていただろう。まあ購入前に「整理券がメインだし大したことないだろう」と商品確認を怠ったのが悪いのだが。高かったのに。今回でそれなりに流れが把握出来た気がするので、もしも次回があるようならパン派の友人と相談しつつ数セット購入も検討してみたい。

ところで、パンの包装紙ってどう保管すればいいのだろう。アイドルサインが書いてあるのだが。

2018-06-28

ドイツってこんなに弱いチームだったかな?

自分達がボールを取って攻撃側に回ったら、パス回しを始めて相手チームのPAへジワジワ進む。

ボール占有率は高いのに、シュートが全く入らないばかり。

そして何度もカウンター攻撃を仕掛けられて、チーム全体の疲労が溜まっていく。

何と言うか、日本代表チームの「自分たちのサッカー」を見ている気がした。

クロースフンメルスシュートが全く決まらない、選手同士のパスの精度も悪く、結構韓国選手カットされていた。

前回のワールドカップ優勝チームのはずなのに、今回のドイツ代表チームは見る影もなかった。

2018-06-20

勝ったーやったー!!日本コロンビアに勝った理由!教えて!

まあ、コロンビアが退場で一人少なくなって、そもそもコロンビア調子よくなかったよね、それが勝因か。まあ日本調子よくなかったが頑張った。もともとコロンビアフランスタイプ個人技で点取るチームで連携がまずいって印象だったけど、本調子ではないハメスをだしたのも痛かったね。たぶん事情コロンビアにもあるんだろうね。


コロンビア試合にゆるく入ってしまって、事故が起きて、日本が頑張りつつ、その後コロンビアが交代で悪手をうち、バランス崩して、勝てたって試合かな。


守備のやり方としてFWなりトップ下がプレスしてボランチへのパスコースを切って、中盤と後ろはゾーンマンツーでケア相手を外に追い込んでそこでボール奪取と。メキシコドイツ相手クロースマークして、ケディラボール持たせてSBパスさせるのに似てるね。まあ、メキシコは更にSBを上げさせて、CB二枚のところをカウンターとか一段も二段もレベルの高いことをしてたわけだけども。


香川 PKで点とる、本田遠藤いないとなると香川が蹴るしかないよなあ、いやPK下手糞なのによく蹴った、よく決めた、それに尽きる。攻撃では消えていたけど、かなり守備がんばっていたね、めちゃくちゃチェイスしてたのと、パスコースがっちり塞いだり、素晴らしかったよ。


大迫 二点目取ったの素晴らしいね。もちろんいつもどおりのボールキープなり良い点はたくさんあるんだけど、ゲーム終盤のハメスシュートスライディングで防いだこと。これが良かった。よく止めた。個人的には大迫がMOM


乾 ドリブルめちゃくちゃ取られたけど、めちゃくちゃ守備がんばってた。宇佐美なり他の選手じゃ間違いなく守備がおろそかになるから、乾でよかった、乾がいてくれてよかった。仕掛けることで味方にスペース与えたりよかったね。ただドリブル取られすぎか?リーガだともうちょいファウル取ってもらってるだろうが今日審判プレミア仕様でしたね。イギリスBBCユーロスポーツでは乾がMOMサッカー素人なのでさすがにMOM理由分からん。まあ、仕掛ける選手ボール取られるのは当たり前だし、ドリブラーでここまで守備に貢献できる選手いないし、マジで替えが効かない。


本田 FK左利きが蹴ったことに意味がある。大迫の試合後の発言を見る限り練習してたっぽいしね。ただ、途中交代なのに守備をぜんぜんしないで穴になってたのはいただけない。え?なんで?守備せえへんの?


原口 そこまで攻撃で貢献できたかというと出来てない。ただ、おそらくチームの中で一番守備ができる攻撃陣であり、絶対にサボらないのがでかい守備ブロック形成のために戻る、身体をはる、両サイドで乾と二人で守備をがっつりやってくれたから、今日FK以外で点をとられなかったね。ありがとう原口


柴崎 怪我大丈夫か?柴崎でてないとなるとまともに攻撃機能しなくなりますよ。ということで、柴崎さんもパス縦横無尽に出してくれて素晴らしかった。もちろんコロンビア特にマークとかしてこなかったのもあるんだが、今の日本代表でパスをここまで散らせるのは大島柴崎しかいないからね。大島柴崎より守備が危ういし、すぐ怪我するからね。山口長谷部にはそこまでパス散らすの期待できないし。


吉田 昌司 酒井宏樹 長友 マジでがんばりました。頼もしかった。もちろん相手は一人少ないってのがあるんだけども、ロングボールに競り負けたりは少なかったし、酒井マルセイユいって一皮向けたところを見せてくれたしね。吉田も足の出し方、身体の当て方がマジでプレミアでよく見るやつだった。


正直ハリルを解任したサッカー協会の会長やらには本当に腹たったし、西野日本代表がかったところで、四年積み重ねたハリルのサッカーを全てひっくり返して、勝っても負けても辛いって状態だったけど。まあ、勝ってよかった。

グループリーグ突破した記念にはサッカー協会の老害どもには引退してもらいたい気持ちは変わらないけどね。


とりあえず、みんな!ばんざーーーーーーい!!

2018-06-15

ドイツ愛国心を発揮しにくい雰囲気があるらしい

日本場合環太平洋諸国上陸して占領するくらいしか暴れなかったけど、ドイツ欧州全土やロシア西部コーカサス地方占領しまくったらかね。

ドイツ人も日本人と同じように、愛国心を表明しづらい雰囲気があるとのこと。

そんなドイツにとっては、ワールドカップこそ自国愛国心を爆発させる絶好の機会。

2014年の準決勝ブラジルを1-7で撃沈したのも、普段は抑圧されている愛国心の爆発だと思えば全てがつながる。

6月17日(日)の24:00からグループFのドイツメキシコ戦が始まる。

私はもう日本は生温かい目線で見守りつつ、ドイツ一本で応援しようと考えている。

ノイアークロースフンメルス達の活躍に期待しよう!

2018-02-25

W杯イヤー

世間五輪一色モードだが、今年はW杯開催年でもある。4年間という時間の長さ、重みを感じるようになった。

W杯を初めて見たことを覚えているのは2002W杯だ。放課後解放された小学校教室同級生テレビにかじりついていたことを思い出す。W杯を見ながらサッカー面白さと世界には日本以外にたくさんの国があることを知った。

4年後2006W杯。この大会活躍した、カカシェフチェンコピルロトッティアンリは今でも俺のアイドルだ。14才の時だったが、俺は地元クラブチームに馴染めずサッカーを辞めて不良をしていた。それでもまたサッカーを始める機会に恵まれサッカー少年に戻ることができた。

4年後2010W杯中村俊介に代わり日本エースに名乗り出た本田圭介のブレ球に心躍った。高校最後大会、その先の大学受験に打ち込んでいた。サッカーを通じて海外への関心が高かった俺は大学留学したいと考えていた。

大学に受かり20才の時に1年間アメリカ留学することができた。そこでサッカーサークルに入り、世界中の人たちとサッカーをした。アメリカ女子サッカーも盛んであり、ミックスのチームでもプレーした。留学中はめちゃくちゃ興奮するサッカー経験をたくさんすることができた。

2014W杯。期待していたザックジャパン惨敗ショッキング出来事だった。大学友達とノリノリで見ていたこ大会は後味が悪いものになった。留学経験が活かせる仕事をしたいと思っていたが、就活がうまくいかなかった。結局地元銀行就職するハメになった。

2018W杯ネイマールケインハメスクロースデブイネと同世代が主役候補に挙がる時代だ。このW杯イヤー、誰が活躍してどの国が優勝するのか。今の俺は仕事婚活悶々とする日々だ。4年間という時間サッカー界、自分環境を違う景色にするには充分な長さだ。W杯の開催に乗じて、徐々に景色が閉じていく様な自分世界に変化がある年になって欲しいと思う。

2017-08-01

冷やし中華最終増田酢魔ウュし井坂ウュ致死や非(回文

女の友情は美味しいものでできている!

おはようございます

いやー

ラストナイトは行きつけの中華屋さんの

冷やし中華終わりました感動のフィナーレ。

大将オヤジの縄のれんをそれに見立てカーテンコール

パチパチパチ!

居合わせたお客さんも盛大に拍手

その拍手もパチパチパチから

アンコールアンコール!の調子になってくるの。

もう、最初からアンコールするなら、

早く出てきた欲しいものだわ。

この出たり入ったりする間も惜しく、

待ちに待ってやっと、アンコールに応えて出てくる大将オヤジ

恒例となっている

アンコールでの振る舞い冷やし中華替え玉

実はこのアンコールの間に大将は麺をこしらえてるのよ。

ジャズジャ!

から麺を水切るビートが聞こえてくる!!!

特有のゆらぐ4ビートではなくシンプルな8ビート

これがジャズ冷やし中華クロースオーバー

BGMでジャスをかけているラーメン屋さんのそれとはワケが違うわ。

でね、

キンキンに冷えて締められたその替え玉

もう随分前に平らげて温くなった冷やし中華の器をまた一気に冷やすほどよっ!

しかし相反して客席は一気にホットに!

ここからクライマックス

そして、さらサービスで乗せてくれる冷やしトマトの具!

子どもの頃かあちゃんが作ってくれた具の多いラーメンではなく、

いつか大人になったら、

麺だけのラーメンを作って食べてやるんだい!って誓ったあの夏の夜を思い出す、

ま、トマトは具だけれども。

またそのキンキンに冷えたトマトは、

質素だけど顔立ちのいい麺だけの器に上品にも赤い紅をさすようだわ。

ステキ

こんなにも具の少ない冷やし中華が贅沢だなんて!

それをシュッとしてパッと食べるのが、

最終日のちょっとしたイベントなの!

明日も食べたくなっちゃうわね!

まあ、ここ1年中やってるんだけどさ。

晦日の日は冷やし中華ナイト

まり替え玉無料な・の・よ!

うふふ。

夏はまだ始まったばかりよっ!!!

トマトだけに~

はい

リコピンリコピン


今日朝ご飯

ワサビおにぎりと明太おにぎりよ。

ワサビって言う割りにはぜんぜんピリッとこないんですけど。

カモン!モアホッツ!って感じね。

デトックスウォーター

スイカキュウリとのウリ科でまとめてみたわ。

スイカキュリーウォーター

のものは良いわよ!

海外に行ったときレストランでお水欲しいとき

お水ちょうだいって言うじゃない。

そうするとだいたいボトルの有料の水なのよね。

Sodaウォーラーが来ることもあるから、そうだそうだ!

炭酸のが嫌だったら

Stillウォーラーって言ったら

普通ボトルウォーラー炭酸じゃないのが来るわ。

Tapウォーラーって言ったら水道水ってことになるので、

これは無料で持ってきてくれるわよ。

学生時代の頃、お金いからよくやってたわ。

ま、海外から慣れてない生水は気をつけて欲しいところね。


もくもくもくようび!

ビックリした?

生きてる証拠やね!

すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2016-12-10

マスダクロースだけど

イヴの日にうんこ入れた靴下をベッドに吊るしといてくれたら

景品と交換するけど、

何がいい?

2015-08-03

http://anond.hatelabo.jp/20150803150956

その原因は教育であって、既にダメ人間に育っちゃった大人はどうしようもないけど、子供ダメ人間にしないように境遇によらない平等教育機会を提供するべきだと思うんだよね。

実際は金持ちクロースサークルに引きこもって教育機会の平等を壊すようなことばかりしてるから傲慢だという話になる。

2014-12-18

大吟醸オ○ニー終幕


http://anond.hatelabo.jp/20141214202726

http://anond.hatelabo.jp/20141215214900

大吟醸を使ったオ○ニーも3回目

今回はゼリー状にして中に入れてみた

ゼラチン大吟醸を固めてinしてみた

寒天よりゆるい固さのそれと大吟醸を混ぜて注入

……

……

……

アルコールの刺激に慣れてしまった

お腹いっぱいでもないがパンパンしてみる

濡れすぎるとよくない

どろどろぐちゃぐちゃにかき回して、らめええええを実演してみたが

奥で熱くなってひりつくだけでは物足りなくなってしまった

……

……

……

空しくなってシャワーを浴びる

から零れ出す透明な液体

腹に力を込めて太ももを伝うそれを見つめた

どうしてこんな体になってしまったのか

処女なのに性癖悪化していく

拗らせた私が全面的に悪いのだろうが、適当にセクロースするわけにはいかないから

ますます性癖悪化する 悪 循 環

こんなときはいいなと思う

いや 童貞でも適当にセクロースするわけにはいかないからオナニストが増加しているのであろう

ソロプレイを極めたところで生産性はあがらないのにねー

消費には貢献できているのでよしとしよう

大吟醸ものこり少なくなってきたことだし、これ以上極められそうにないのでアルニーは封印

隼鷹や千歳に慰めてもらうんだ 飲めないけど

ちなみににごり酒はニオイが駄目だったので試せそうにない

期待してた人はごめんね

おっぱい

2014-07-23

ハメス・ロドリゲスレアルなんて楽しみすぎる

クロースも入って、どういうフォーメーションになるのだろうか。

ケディラは出れるの?放出

ベンゼマが出されるかもしれないし、半分くらい違うメンバー

チャンピオンリーズ二連覇するのだろうか。

http://www.playmakerfeed.com/archives/18

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん